« 2012年6月 | トップページ | 2012年10月 »

タイガー今季3勝・PGA74勝目/AT&Tナショナル

ちょうど1ヶ月前、PGA73勝というジャック・ニクラウスの勝利数と並んだ。

今日の優勝が74勝目。

タイガーというのはどうも「因縁」や「運命」を結び付けたくなる勝ち方をする。

ニクラウスの勝利数に迫り、追いつき、追い抜いたのが、アーノルド・パーマーのベイヒル・インビテーショナル、ニクラウスのメモリアル・トーナメント、自分がホストのAT&Tナショナルだ。

優勝数が幾つであれ、この3人が将来にわたって歴史上の三大ゴルファーとして語り継がれることは間違いない。

*

最終日のタイガーの勝ち方は印象深かった。ある意味、「新生」タイガーを感じる。

実に、実に賢い勝ち方をしている。

亀の甲より年の功とはこのことか。(笑)

今日はグリーンの左隅に切ってるピンが多かった。うんと右寄りも幾つか。

連日の高温、ボールは飛び、グリーンは硬く飛び跳ねる。タイガーはピンに多少遠くても常に安全サイドに打っていた。

コースコンディションがタフで、一度スコアを落とすと挽回は難しい。ボギーのリスクを避け、パットで狙えればバーディを獲るというマネージメント。

首位と1打差からのスタート。自分がリードしているわけでもないのに、この作戦はタイガーのメンタルの自信を物語っていると思う。誰が粘る切るか、どこまでミスをしないゴルフをするか。

しかし、ミスショットからフェアウェイを逃したときは、選択肢から最もアグレッシブなショットを打っている。

このコンビネーションが、見ていてまさにエンターテイメントだった。

Att_sun_tiger_3rdhole 3番466Y。3Wのティーショットは右ラフへ。ショットはグリーンを蹴上がりピン左へ。

5番413Y。139YからSWでピンハイ10フィートへ。これを入れ、7アンダーで単独首位へ。

Att_sun_youngpeople_adjacenthouse_6 6番パー5。フェアウェイ沿いにある住宅から(プールにいたと思われる)若い男性2人と女の子が「タイガー!」と声援。タイガーは手を挙げて応えていたそうだ。おそらくかなりの豪邸だろう。

ティーは前に設定したのかセカンドはアイアン、しかし大きすぎて左奥。グリーン前が池。チップはピン上22フィートでバーディならず。同組のボー・バン・ペルトがここで7アンダーに並ぶ。

この頃、アダム・スコットがフロント9で4アンダー、後半に入っていたが、タイガーやバン・ペルトにはまだまだホール数があるので、わたしはスコットが優勝争いに入るとは思わなかった。

9番パー5(今日は602Y)。

3打目で良いショットを打ち、ピン左下へ。続いてバン・ペルトがこれも良いショットで応え、似たようなラインへ。

バン・ペルトがこのパットをカップ右に外した(ローサイド)。ラインの読み間違い、スピードが足りなかった、原因は何であれ、あれだけのショットをタイガーのあとに打ってパットを入れられないというのは、後半も勝てるゴルフは出来まいとみた。

タイガーは入れて、8アンダーへ。この時点で、わたしはもうタイガーの優勝をほとんど確信していた。(笑)

このあと、4ホール連続でバン・ペルトはタイガーのインサイドに打つ。しかし11番でバーディにしたのみ。

*

Att_sun_tiger_behindtree_12thhole 12番471Y。タイガー、3Wのティーショットは左ツリーライン。木に当たって落ちたのではないかと思う。木の後ろ、182Y、9番アイアンで2,30ヤードのフックが要る。フォローで木に当たるので左に並ぶギャラリーにもっと引っ込むように言っていた。(クラブが折れて飛んでいく可能性があるので)

これはこれから何回もTVで流れるだろう。打った途端、コースレポーターのデビッド・ファハティー“What a shot this is!”(どんなショットだ、こりゃ!) 解説のニック・ファルドー“Oh, my goodness!”(オーマイゴッドと同じ)

このショットのあともバン・ペルトは良いショットを打ち続け、感服した。

15番今日は440Yだとファルドー。タイガーが152Yからピンハイ左21フィートに打つと、バン・ペルトはピン左下10フィートに打つ。

タイガーがこのバーディを入れ、ギャラリーは大歓声。このあとバン・ペルトがパットを入れたガッツは素晴らしい。

しかし、踏ん張りもここまでだった。

*

次の16番パー5が、おもしろかった。

バン・ペルト、ドライバーのティーショットはフェアウェイど真ん中。タイガーはドラバーを打ったあと、すぐに後ろを振り返って何か言っていたので、誰かが音を立てたと分かった。プロのカメラマンがタイガーのバックスイングでシャッターを切ったそうだ。

本人もかなり立腹していたが、これはひどい。この1打で試合の行方が決しかねないのだ。

左へ行ったボールはギャラリーの男性に当たった。ナイキのキャップをかぶった男性はサインしたグローブをもらって大喜びだ。

タイガー、レイアップしてフェアウェイ右サイドへ。バン・ペルト、残り240Y、フロントまで220Y弱。ピンは左奥。バンカー越えでピンを狙ったのか、単にミスショットか6番アイアンはバンカー上のアゴ。

これが勝敗を決めたに等しい。

タイガーの3打目は大きすぎてグリーン奥の下りまで転がり落ちる。

この絶好の相手のミスを生かさず(笑)、バン・ペルトはスタンスがバンカー内とは言え、グリーンのどこかにも乗せられず、グリーン左ラフへ。4打目のチップ、奥エッジまで転がる。

タイガー、土手下からのチップはカップとフラッグに当たりピン下15フィートへ。ラウンド後の記者会見で、『ピンそばに寄せようなどと思わずともかくピン下へ打とう、20フィート以内ならパーパットを入れられる』と思ってこのショットを打ったと言っていた。

みろ、タイガーでこうだ。バンカーショットも、チップもピッチもグリーンに乗せることが大前提なのだ。

このパーパットはカップ左エッジをかすりボギーにするが、タップインしグリーン脇に歩きながらぶつぶつと自分に怒ってつぶやく。向き直るタイガーの横顔は玉の汗。

カメラアングルは右からに変わり、両腕を頭に上へ。5秒ばかりして腕を下ろしたときは肩の力が抜けて、すでに表情が変わっている。この気持ちの切り替え!カメラがずっと追っているのが素晴らしい。

バン・ペルトもパーパットを外し、これで勝負あったり。(何回目?)

このあとボギーが止らなくなった。

18番523Y。タイガー、8アンダー。バン・ペルト、7アンダー。ニック・ファルドーは3Wでティーショットだろうと言い、ドライバーを抜くタイガーに、アナウンサーのジム・ナンツは、「ん、このクラブセレクションは?ドライバーで苦しんでいたのに」 ファハーティー「このチョイスをどう思う?」と口々に疑問を唱える。

黙れ!

ドライバーを構えるタイガーの真剣な顔。この顔は本日初めてだ。素晴らしいティーショットで345Y。今日のタイガーのベストドライバーだとジム・ナンツ。

Att_gallery_scoreboard_18th グリーンへ向かうタイガーへ、ギャラリーの拍手と歓声がすさまじい。

今週のタイガーのスタティスティックを見ると、優勝出来るような数字をしていない。フェアウェイキープが46位タイ、パーオンしたホールの平均パット数が24位、グリーンオン率が17位タイ、バンカーセーブ率51位タイ。

5打差でスタートの土曜日に首位に1打差の2位タイで優勝圏内のポジションにし、1打差スタートの最終日、最も利口なゴルフをして優勝。

36歳のタイガーは、これから円熟の時期に入るのかも知れない。

実質、この試合を連続優勝したとみていいと思う。タイガーはコングレッショナルで2009年に優勝し、去年一昨年は別なコースで開催したので、同コースで2回連続だ。

前も書いたが、この試合の冠スポンサーであるAT&Tは2009年のスキャンダルでタイガー個人のスポンサー契約は切ったが、以降も恵まれない子供達へ大学資金や勉強の場を提供するタイガー・ウッズ・ファンデーションには大口の援助者として貢献している。

Att_sun_tiger_walkingoff1Att_sun_tiger_walkingoff2Att_sun_tiger_trophy


嬉しそうなタイガー。復帰後のタイガーは、勝つと笑いが止らないような表情で微笑ましい。

*

最終日のハイライト。木の後ろからのショットも入っています。

リーダーボード

PGA、来週はグリーンブライアー・クラシック。タイガーは初めて出場。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

前代未聞、ギャラリー無しのAT&Tナショナル第3ラウンド

太い木が根元近くからねじ切られているのを見て落雷によるものかと思ったが、前夜のストームは風速35メートルだったそうだ。

プレーヤーやTV関係者が泊まっているホテルからコースまでの道路も、倒壊したものがふさいでコースに来るのも大変だったという。

プレーヤー達が口々に、コースを片付けて今日プレー出来る状態にしたことは信じ難いと誉めていた。

ちなみに、来週の試合グリーンブライヤー・クラシック開催コース、オールドホワイトTPCはコングレッショナルより更に被害が大きいそうだ。

*

ということで今日はPGAツァー史上初めて、ギャラリー無しのラウンドだった。

各ホールだけ見ていると、さほど変とも思わなかった。PGAの試合も木曜日や金曜日の朝9時、10時に行くと、タイガー組には既にギャラリーがかなりいるが、クラブハウスから離れたホールをプレーする他のグループなど誰も見てませんよ。(笑)

しかし、カメラが写すホールの左隣ホールも右隣ホールも、どこにも人だかりがないのは奇妙な風景でした。

Att_sat_tiger_1sttee

そろいの緑色のシャツを着た人達はボランティアのコースマーシャルと思われる。ギャラリーがいないのでマーシャルも必要ないということで、見物中。コングレッショナルCCのメンバーとその家族は入場可。

やはり昨日の雨で多少グリーンが柔らかくなったようで、60台がかなり出た。

最近のタイガーは良い日とひどい日の差が激しく、ファンの間では(?)『ジギルとハイド』と言われているが、初日の素人よりひどいバンカーショットから今日は危なげないバンカーショットで、タップインにつける。

初日はパットにスピードがなく、どれもこれもショート。今日は3番で34フィートの上りパットを入れた。

ティーショットをラフに逃しても、レイアップ後のアプローチショットが良いのでスコアを落とさない。

今日は調整してきたと思ったウェッジショットも、6番パー5の3打目118Yからグリーン左下に落とす。あーまた出た、あれはダメダメ。チップショットが初日のようじゃあパーどころかボギーのリスクも・・・と思ったら、あっさりチップインバーディ。

出場が多いとツキもひんぱんに転がりこむ。

この歓声、結構人がいる。

*

最終組がティーオフしたあとは、そこここにいたボランティアもみなタイガーがプレーしているホールへかけつけ、ホールを追うごとに歓声の人数が増えているのがわかる。

今日観戦した人は最高の経験でしたね。至近距離から、人の頭に邪魔されずにタイガーが見えるのだから。

9番パー5のバーディパット。読みが難しいラインと解説のファルドーが言っていたが案の定ローサイドに流れた。下りの速いパット。口惜しそうにギリギリと歯をかんでいる様子。だんだんタイガーが戻ってきた。(笑)

しかし、タイガーはよく汗をかく。10番パー3でバーディパットを入れたあと、グリーン脇に歩きながら頭を振っていた。顔と頭から流れ落ちる汗を振り切る。次のホールでも同じことをしていた。

TVで見る限り、タイガーほど汗をかくプレーヤーはいない。フロリダの家にいるとき、わざと昼日なかにランニングして酷暑の試合に備え耐久力をつけると以前言っていた。よほど新陳代謝が良いに違いない。

*

Att_sat_breandondejonge_5thtee


見た目より年齢は若いが(31歳)、このお腹が出たブランドン・デ・ヨーングが唯一3日間とも60台でバテる兆しもないのが不思議だ。彼は強いプレーヤーですね。ラフからのショット見ていると分かる。今日69、トータル7アンダーの首位。

メイハンは昨日最もコンディションが過酷な時間帯でラウンドしたので、疲れが出たのか待つ間スタッフバッグに座って首を回したり、ショットも少しズレ、パットもタッチで入らない。一晩休養すれば回復するかも知れないが、どうだろう。彼はベン・クレインが作ったビデオに出たとき、胴体がぶよぶよしていて驚いた。(笑) あれじゃあ大して鍛えておるまい。

フェアウェイキープ率とグリーンオン率からいったら、彼が勝つべきだろうが。今日73、トータル5アンダー。

ボー・バン・ペルトは良いプレーヤーだと誉める人が多い。わたしは今まで注目したことがなかったが、今日タイガーと同組でのプレーを見てなるほどと思った。パットのストロークが良い。バン・ペルト、タイガーとも今日67、トータル6アンダー。

タイガーは今日25パットだったが、どうもわたしはまだ好きじゃない。今日入ったパットも3つはカップの中をくるくる回って入った。ああいうのは入らない日は全部入らないのだ。パットが良いときのタイガーは、すべてカップセンターから入ったものだ。

最終日も3サム、1番と10番ティーに分かれ、11時にスタート。ギャラリーを入れる前に、さらにコースを片付けるでしょう。

タイガー、デ・ヨーング、バン・ペルトが最終組、1:15pmスタート。予想気温35.5℃、体感気温37.7℃。

リーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

AT&Tナショナル3ラウンド目、ストームで遅延スタート

Att_sat_storm1Att_sat_storm3Att_sat_storm4Att_sat_storm7


昨晩現地の天気をチェックしていて、いつまでも雷雨が続くなと思っていたが、ストームで開催コースのコングレッショナルCCはトルネードが通過したような有様。

スタッフは徹夜で片付け作業をしたそうだが、安全ではないという判断で3ラウンド目は一般ファンが入場禁止になった。

その説明をするPGAオフィシャル、マーク・ラッセル。コースの様子が写っています。

第3ラウンドは約7時間遅れでスタート。3サムに組みなおし、1番と10番ホールでのスタートになる。

まったくギャラリーのいないPGAは、タイガー出場の試合では今までなかったと思う。さぞかし奇妙に違いない。

雨量は少なかったようだが、コースは多少柔らかくなりスコアを出しやすくなるだろう。残念無念。(笑)

タイガーはボー・バン・ペルト、カメロン・トライアングルと2:40pmスタート。最終組のハンター・メイハンらは3:10pmスタート。

なお多少のファンが見られるのはコングレッショナルCCのメンバー。タイガー組についているもよう。

リーダーボード

:

:

:

:

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2012年6月 | トップページ | 2012年10月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ