« 今週のツァー、アイリッシュオープンとAT&Tナショナル | トップページ | 猛暑のツァー、AT&Tナショナル予選終了 »

変わったゴルファー

何がきっかけということもなく、ふと数十年前のことを思い出したりしてギョッとする。いよいよ脳ミソが高齢化してやしないか。

自分がゴルフを始めるずっと前のこと。都内のどこだったか、家人のゴルフの練習についていった。打ってみろと言われても、根が運動神経まるで無し、(その時代の主流)ミニのワンピースにハイヒールでボールの上15cmの空を切るばかりで、何がこんなものがおもしろいのだろうと思った。

(1回もボールにコンタクト出来ず)

それでまた見物人に戻っていたが、2つ3つ右の打席で真剣、寡黙にレッスンを取っていた女性。スレンダー、骨が細そうな体型で美人。服も上質で(ゴルフウェアか何か知らないが)、高いもののようだった。

年の頃は・・・人の年齢を推測するには自分があまりに若かったが、30代のどっかか。

レッスンが終わって、後方に下がりレッスンプロとこれまた真剣な顔と口調で話していた。レッスンプロのほうが、発言に気をつけている風があった。(笑)

「飛距離も出てきたね。」とか何とか言っていた。

2,3、今後の目標など話していたようだが、あげくその女性は、「ワタシ、ゴルフを遊びと思ってませんから。」

その、きっぱりとした言い方が異常だった。

「ゴルフはワタシには仕事なんです。」

わたしはついその女性の横顔を見てしまった。レッスンプロ、数秒沈黙。

レッスン中も、その後の会話でもニコリともせず、声は硬いまま、くつろぐことがなかった。

テレビのゴルフ中継さえ見ていない頃なので、スイングやショットの良し悪しも分からない。それでもその女性が真っ直ぐ、安定して打っているのは理解出来た。

わたしは想像をたくましくする。彼女はお金には困っていないが、何か不幸せな境遇にあって、ゴルフを生き甲斐にすり替えているのだろうなどと思った。

*          *

かく言う自分も、昔は、「ゴルフはメリーの仕事だな」とジョークを言われたものだ。

それは練習の虫で、毎日練習場に出没したから。

しかし、ゴルフを生涯の趣味にするのは老いてロクなことがない。娘がよくゴルフの悪口を言うがその通りだ。

大体上達するほど練習すると、後年、肩だの肘だの腰だのやられる。娘が言うには、ゴルフクラブを同じ方向に何十年も横に振るのは身体に良いわけがないそうだ。

そして、趣味という意味で「ゴルフが生き甲斐です」と表現するが、生き甲斐には当てはまらない。

体は正直だ。へばっているとゴルフしたい欲望も皆無になる。

そんなに簡単に生きてる甲斐がなくなっては困るじゃないか。(笑)

*

熱帯ストーム“デビー”はフロリダ北部を通過中。大雨で水害をもたらしていますが、プレーヤーズ・チャンピョンシップ開催のTPCソーグラス。

かの有名な17番アイランドグリーンは文字通りのアイランド状態。コース管理者制作のビデオ。月曜日。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 今週のツァー、アイリッシュオープンとAT&Tナショナル | トップページ | 猛暑のツァー、AT&Tナショナル予選終了 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週のツァー、アイリッシュオープンとAT&Tナショナル | トップページ | 猛暑のツァー、AT&Tナショナル予選終了 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ