« メモリアル・トーナメント予選終了 | トップページ | タイガーとジャック・ニクラウス »

タイガーPGA73勝目/メモリアル・トーナメント

タイガーがニクラウス主催の試合でニクラウス73勝に追いついたとは、何たる筋書き通りの結果だろう。

メモリアル・トーナメントは毎年見てきたはずだが、今週ほどコースセットアップとコンディションがタフだった年は覚えがない。そうしてまた毎日コンディションが変わったのは、「自然の恩恵」でもあった。

初日は気温が高く、コースが走り、グリーンは硬く速かった。夜から金曜日にかけて30mm以上の雨が降り、2日目はボールは転がらずドライバーショットでさえフェアウェイで止った。木曜日からピンポジションは厳しかったし、連日風が吹く。

Memorial_sun_tiger_1stteeshot Memorial_sun_tiger_14th2ndshot

今日は青空が出て、すがすがしい景色だった。

よく言われる、「メジャー並みのセットアップ」というコース。

ボールストライクの力量が問われる。初日のラウンド後のインタビューからタイガーは言っていた。「このコースはごまかしが効かない。」

そのタフなコンディションに、タイガーが近年ベストのショット力を持ってきたので誰がボスか世に知らしめた。(笑)

タイガーは他の誰にも打てないショットを持っている。打てる日と打てない日があるだけで。

ラウンド前の練習場が写るとおもしろい。タイガーのウォームアップを他のプレーヤーやキャディーが見る。他プロのスイングコーチがじろじろ見るのは滑稽でさえある。

自分の練習の手を休めてじーっと見る人もいるし、ちらっと見ては見てなかったような振りをする人もいる。彼らの表情を見るのは興味深い。

わたしはいつも思うが、タイガーの凄さを一番知っているのはロープの中で生きている人達、プレーヤーやキャディーだ。

*

昨日3ラウンド目はフロント9で2アンダー、バック9の後半は油が切れたようにボギーを重ね、73でホールアウトしたが、ラウンド後のインタビューの顔を見て驚いた。目蓋ははれぼったく目の下には隈、顔が赤くて絶対熱があるなと思った。

今日のTV中継中言っていたが、タイガーは金曜日と土曜日38.8度の熱があり、土曜日の夜やっと下がったそうだ。

金曜日、ティーグラウンドで胸が苦しそうな咳をしていたのでアレルギーと風邪と両方だろうと思っていたが、いやー熱があったとは。

コースとの相性というのはあるのだろう。同じコースで開催される試合でいうと、アーノルド・パーマーインビテーショナル(ベイ・ヒル)で7回優勝、このメモリアル・トーナメントでこれが5回目の優勝。

記者会見で聞かれてタイガー、「このコースに来ると居心地がいい。僕はゴルフ歴中ニクラウス設計のコースで良いプレーをしてきた。それはゴルフを同じように見るからだと思う。どういうショットを打つか、どういう球を打つか、どうコースを考えるとかね(マネージメント)。アマチュアのときでも彼が設計したコースで勝っているよ。」

チェックしたところ、タイガーはこの試合に13回出ているが、全ラウンドの平均スコアが70を割っているのは彼だけ、最終日の平均スコアが68。

見た方も多いと思うが、あらたなタイガーミラクルショットのリストに加わるだろう、16番のチップインバーディ。これを見て、タイガーの勝利を確信しなかった人は、おそらくいまい。

このショットをTVブースで見ていたジャック・ニクラウスが「信じ難いショットだ」「アンビリーバブル!」と激賞している。

タイガーが、記者会見でこれはチップショットの自己ベストのうちどの辺にランクされるかと聞かれ、「最も難しいショットの1つだったことは確かだ。一番難しかったのは、たぶん日本でのワールドカップでプレーオフに持ち込むためのチップインだったろうね。でもあんた達は見てないから。(笑う)」

*

今週、素晴らしいショットに比し、連日パットが入らないもどかしさがあったが、最終日、最終ホール、タイガーらしくバーディで終えた。下り、右から左のバーディパットで優勝した試合が幾つあったろう。

Memorial_sun_tiger_18thbirdie Memorial_sun_tiger_18thgreen Memorial_sun_nicklaustiger_18thgree Memorial_sun_nickaustiger_ceremony

36歳、PGA16年目で73勝は気が遠くなる記録だ。あの、偉大なニクラウスの73勝は1986年のマスターズ、46歳であった。

3月のアーノルド・パーマーと今週のジャック・ニクラウスの試合で復活してきたのは感慨深いものがある。

タイガーの才能と努力に脱帽する。

70・69・73・67、トータル9アンダー

タイガー今週のハイライト

土曜日17番ホール、左フェアウェイバンカーからの高いショットはものすごい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« メモリアル・トーナメント予選終了 | トップページ | タイガーとジャック・ニクラウス »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

私もやりますが、ヘリコプターロブ。
決めるとこは、流石です(拍手)パチパチ

>メリーさん
今回は毎日4時に起きて、LIVE観戦していました・・・
三日目までは、タイガーらしいパットがなかなか見られなくて・・まだ完全に復活していないような雰囲気でしたが・・熱が在ったとは知りませんでした。
最終日、上位陣が崩れる中スコア-を伸ばして逆転♪
タイガー復活ですね~祝。
16番のチップイン・・TVで見てました素晴らしかった!

>パラメントさん

あれは見るより更に難しかったらしいですよ。
ボールが完全にもぐってライが悪かったこと、グリーンが硬く速かったこと。大きいと池まで転がり、左に行くとこれまた池まで転がりかねない。
それで大きなカット打ちにし、ボールの十分下を打った、もしミスショットしてもショートするだけになるようにと言っていました。上手いこと打ちましたね。トロトロトロトロ転がっていったのが入った理由でしょう。
ニクラウスはあの日の風の向きから、ピンを右奥にしても良かったとコース管理の責任者に言っていました。
タイガーとニクラウスが同席しての記者会見はなかなかおもしろかったです。

>Bogey-Donさん

連日パットで1,2打は縮んでいたように感じますが、何しろ硬くて速いグリーンのうえ風があったのでいずれ上からのパットは非常に難しかったのでしょうね。
有り得ないチップやパットを決め、ギャラリーが雷鳴のような大歓声をあげて勝つパターンはタイガーしか出来ませんね。
彼はほんとに見る者を興奮させます。
4打差からの王者の勝ち方でした。

メリーさん、最高の優勝でしたね。あの16番のミラクルチップインバーディーが出たときは涙がでてしまいました。待っていた一打でした。18番のセカンドショット、そしてメリーさんの大好きな右から左へのバーディパット。インタビューで言ったのは御殿場でのチップインイーグルで日本では伝説の一打です。18番で2打ビハインドをあのイーグルで追いついたのです。私はその時は病院でテレビ観戦を余儀なくされていました。その循環鳥肌が立ちました。すばらしい優勝、タイガーがタイガーとしてタイガーらしく勝った試合でしたよね。メリーさん、自力で頑張りぬいたタイガーの精神力の凄さと努力に私も脱帽です。またゴルフを見るのが楽しみになりました。

>志保さん

2005年マスターズ最終日、16番のチップインバーディを思わせるチップインでしたね。ちなみにあのマスターズのチップイン時のギャラリーの大歓声がゴルフ史上一番大きなボリュームだったそうです。
メモリアルでのショットは素晴らしかったですね。特に日曜日はどこからも思った通りに打てて楽しかったとタイガーが言っていました。
恐ろしいボールストライカーです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メモリアル・トーナメント予選終了 | トップページ | タイガーとジャック・ニクラウス »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ