« 変わったゴルファー | トップページ | AT&Tナショナル3ラウンド目、ストームで遅延スタート »

猛暑のツァー、AT&Tナショナル予選終了

Friday_june29th_dangerousheatwave

ざっと見て、テキサス州から東のアメリカは全て猛暑に襲われている。このイラストはウェザー.comに載っていた金曜日の予想気温。表示は華氏で、95度が35℃。

今日のTV中継を見ていて、メリーランド州のAT&Tナショナル、アーカンサス州でのLPGA、ペンシルバニア州でのシニアPGAチャンピョンシップとどこもここもハンドレッド・ディグリーズ(華氏100度=37.7℃)と言っていて、それが彼らの仕事なれば、「35℃以上になったので棄権します」というわけにもいかないだろうとちょっと気の毒になった。

今日金曜日など、ハンター・メイハン、ダスティン・ジョンソンらがホールアウトする頃は、グリーン周りにギャラリーが数人もいなかった!

仕事を早めに切り上げて午後トーナメント観戦に行った人の話によると、「今日のストリーは『暑さ』に尽きる。ギャラリーに人気があったのはエアコンが入った展示場と18ホールそばに作ったラウンジだった」そうだ。

体感気温40℃、ゴルファーなら誰でも知っているが、芝の上50cmはもっと温度が高くなる。

*

ということで、まず木曜日の話。

木曜日は今日ほどではなかったが、35℃。風があったので、グリーンにオンしてナイスショットと思ったのがグリーン奥に飛び込んでしまうこと多々。

タイガーは12:50のスタート。バック9のプレーを見ていて、アイアンの距離は合っていないは、ウェッジでバンカーへ入れるはで、ひどいゴルフに感じたが、あとで考えるに、実はコース設定がタフなうえ、高温と風でコースが走り、グリーンは硬く「ウィンブルトン(のコート)のように跳ねる」コンディションだったので、実際よりはるかに悪いゴルフに見えたのだろうと考え直した。

ひどいショットは2つのバンカーショットだけだったと本人は言っていたが、あれは見ていて怒り心頭に達した。angry

15番、ティーショットは3Wでドローを打ち良いショットに見えたがフェアウェイの左寄り。あれがピンへのアングルを悪くしたとティーショットに腹を立てたそうだ。もう少し右に置くべきだったと言う。2打目は右バンカーのすぐ後ろのピンを狙い、1ヤード足りずにバンカーの左アゴから転がり落ちる。

そのバンカーショットはバンカー上のラフへ出ただけ。って、ハンディ30のオバサンじゃないんだから・・・。

4打目、ラフにちょっと入っただけの場所からのチップをビビリショート。このチップはDVRを何回も戻して見ておもしろかったー。わはは。ボールの下方にエッジを入れすぎたのじゃないかと思うが、あんなにショートするぐらいなら、パターでボールの頭叩きストロークしたほうがまだマシだったろう。

その次の16番パー5。ドライバーでフェアウェイ真ん中。セカンドはピンまで245Y、フロントエッジまで223Yと言ったような気がした。上り。4番アイアンでフェード打とうとしているのは明らか。フェードかからずだったのかミスだったのか左バンカーへ。これも無茶腹が立った。パー5だからピンそばに打つ必要はないわけで、4番アイアン持ってグリーンのどこかにオン出来ないのはねー、恥ずかしい。

ここからのバンカーショットがまた大笑いで、距離が大幅に足りず、グリーンフロント部分のほうへ流れていった。30フィートのバーディパットが残る。

この2つのバンカーショットのことを、「コングレッショナルのバンカーは砂がたくさん入っている。僕の60度のウェッジはこういうたくさんの砂向きにデザインされてない。それにアジャストするためにもっとボールの近くを打つ必要があったのに、それをしなかった。」と本人。

極めて滑稽な説明だが、タイガーは56度 VR PRO SWと60度 VR PRO LWを入れている。ナイキは60度にはバウンス6度とバウンス10度がある。PGAツァーコースによくある、薄いライのグリーン花道からのチップを考えるとバウンス6度を入れているのだろうか。

16番のバンカーショットはピンまで30ヤード近く、上りだからSWで打てたでしょーよ。

18番はティーショットも完璧。アプローチショットは163YをSWで。(「(高温で)馬鹿馬鹿しいほどボールが飛んだ」とタイガー) グリーン上でボールがバウンスし奥ラフへ少し入ったところまで行ってしまい、バーディならず。

72、1オーバー。

ラウンド後、コースセッティングとコンディションの厳しさについて、「今年はもう3回USオープンをプレーした気分だ。ベイヒルの最終日、この前のオリンピック・クラブでのUSオープンとAT&Tナショナルだ。」と語る。

初日のロースコアを出した、ボー・バン・ペルトを始め、聞かれたプレーヤーはみな去年のUSオープンよりはるかにタフだを言っていた。

*

金曜日のタイガーは7:50スタート。あいにくと言っては悪いが、ゴルフチャンネルではヨーロッパツァーのアイリッシュオープンが早朝から4時間も中継、その後はシニアPGAチャンピョンシップの中継が2時間。そのあとにPGAツァー中継。

いつものように通常番組中に、タイガーのプレーだけポイントで見せるファンサービスは出来ないのだ。

2ラウンド目のハイライト。最初に16番タイガーのイーグルパット。今日は10番ホールからスタート。14番では非常に良いパーセーブをしたそうだ。ショートアイアン、ウェッジ、パットと昨日より良かったようだ。

タイガーは正午少し前にホールアウト。その頃で34℃ぐらいだったろうか。インタビューで汗が流れ落ちている。コースは昨日(木曜日)よりはソフトだったと言っている。いくつかのホールではティーを前にして、コースをアタックしやすいようにしてあると別なインタビューで語っていた。

今日68、トータル2アンダー。

*

Att_fri_mahan

午後スタートのハンター・メイハンが6アンダーの65を出したのには驚嘆する。コースにいる間中、37,8度だったろう。良いスイングしてますね。

Att_fri_vijaisingh_9thhole


あと数ヶ月でシニアツァーに出場資格が出来るビージェイ・シンも好プレーだった。午後スタート組で、朝練習場にいたのはビージェイただ一人だったと、コースレポーター。ショットの合間、大きなタオルをかぶっていた。

予選通過ラインが6オーバー。去年のUSオープンのカットラインが4オーバーだったのだから、笑える。

コングレッショナルでは夜間雷雨があった。さて土曜日はどんなコースコンディションになっているか。

タイガーはボー・バン・ペルトと12:50スタート。最終組はハンター・メイハン(7アンダー)とブランデン・デ・ジョング(5アンダー)、1:40スタート。

Att_fri_brendondejonge_4thholeデ・ジョングも太っているのに、よくロースコア出しましたな。(笑)

さてさて明日も楽しみ。

リーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 変わったゴルファー | トップページ | AT&Tナショナル3ラウンド目、ストームで遅延スタート »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 変わったゴルファー | トップページ | AT&Tナショナル3ラウンド目、ストームで遅延スタート »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ