« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

フェースをスクエアに当てる感覚

ゴルフショットというのはスイング軌道の途中に「たまたま」ボールがあって、それにクラブフェースが当たるからボールが飛ぶ、というのが根本理論で、フェースをスクエアに当てるという表現はよくないと思うが、意図はフェースがスクエアに当たるということを理解させるため。

月曜日に孫は4週間ぶりにゴルフレッスンだったが、その前も旅行や変則スケジュールで月1ペースという有様。誕生日のお祝いか(?)、先生がパー3コースに連れていってもいいしと言う。

練習場で20球だけ打たすも、左に引っ張りや右スライスとおばあちゃんの球筋じゃないの。先生も困った顔をしていたが、本人はコースに出る気満々。

仕方なし、わたしは巨大な銀色の日傘を差し、孫のゴルフバッグを持って歩く。(一応キャディーという建前でついていくので・・) 

各ティーグラウンドはコンクリートの上にマットを置いてある。

4thtee_training ティーショットを打つ前に、マットの手前にマットに付けてボールを置き、クラブフェースでポコッと打たせる。(画像参照)ピンクボールは孫が打って宙に上がっているところ。

ティーアップしたティーショットはドライバーも7番アイアンもまともに当たったのはなかったが、右ラフに少し入ったところやフェアウェイからのアイアンのほうが打てる。スパーンと振りぬけるのだ。

それを評して、先生は上の画像でやらせたドリルの効果だと言っていた。「今までも400回やらせれば良かった。」・・だそうだ。

この4番90Yのティーショットはミスでフェアウェイ半ばへ。そこからのチップショットが言われた通りのライン(右エッジ)で打て、ピン下へ。先生とわたしに誉められ、孫は得意満面。

芝から打つ感触が好きらしい。それと練習場で人がじろじろ見るのが厭なようです。

2ndhole 2ndteeshot 2番100Yぐらい。右、7番アイアンでのティーショット。ダウンスイング途中。画像で見ると良いスイングに見えるかも知れないが(笑)、実際はそうでもない。体がくねくねと動きすぎる傾向がある。


2ndgreen_chip 2打目が大きすぎグリーンオーバー。ラフからのチップを教わっているところ。どのグリーンもあまりに状態が悪くて驚いた。無能グリーンキーパーは本コースもショートコースもグリーンを殺している。

コースは風があって思ったより涼しく快適だったが、孫も陽射しに弱いのか、帽子をかぶっていたのにもかかわらず帰宅して頭が痛いと言っていた。オーノー!

楽しかったそうで、良かった良かった。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

10周年

昔はホームページやブログで人のゴルフの話を読むのが好きだったが、最近はご夫婦で旅行に行った話など書いてあるゴルフブログが好き。写真をほどよくアップしていて、文が上品でお話は短めというご婦人が良いです。(細かいヤツ)

いった先の食べ物を、何から何までこれでもかとアップしている人は嫌い。食べ物なんかいくら美味しくても、めずらしくても高が知れている。

筆者の年齢でいうと、わたしに近いぐらいが良いかなぁ。30代、40代はわたしの見たいところと感覚が違うから・・・。

わたしはもう日本に帰ってもなかなか旅行は出来ないので、日本の、しかも素人がデジカメで撮った画像を見ると親近感があって郷愁がわいてきます。

*

タイトルの「10周年」は、わたしのおばあちゃん歴10周年です。(笑)

先日、一番上の孫(ロスで同居)が10歳になりました。自分の年齢で10歳の孫がいるのはそんなに早くもないと思うが、初めての孫が出来てもう10年も経つのかと感慨深いものがあります。

孫のバースデープレゼントに何が好いかと迷っていたが、娘が「ボンゴを買ってやったら喜ぶと思う」と言う。何だかそれで策略にはめられて買う羽目になった。

Best Buyという、デジタルグッズや電化製品、音楽器具を売っている量販店チェーンで、ギターやドラムをプレーさせてくれる。孫は行く度、ドラムやボンゴで遊んでいたが、今年学校のコーラス部で先生が教えてくれたらしい。

Birthday_vuurdjembedrum1 Birthday_vuurdjembedrum2 これはボンゴでも、アフリカ音楽で使うタイプ。画像左のように座って両足にはさんで叩くのだそう。木琴で使う撥で叩いても可。木の部分はマホガニーで、皮は何の皮だっけ・・忘れました。音は小さくないが、孫の力で叩く分には近所迷惑ということは無いです。

来月で4年生終了。夏休み明けは小学校最高学年の5年生になる。あと8年で大学生。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

レッスンの成果11ラウンド目

先生に頼らずなるべく自分で練習するようにしているが、才能がないっていうかすぐ勘違いが始まるっていうか、どうもちゃんと当たらず気分が悪い。

それでちょっと見てもらうと即効で直るのです。

昨日はアイアンが当たらないので7番アイアンで見てもらった。PWや9番アイアンだと当たらなくても、気分悪い感触でもコースに出ればピン方向に打てる。ま、本能と言いましょうか・・。(笑)

先生が来て1球、2球打った。先生「何打ってるのんだ?」「7番アイアンです」

「俺の手の方へテークバックして。」

先生は椅子に座り、左手の平を膝の前へ出す。これはウッドのスイングでも同じことを言われるが、わたしの感覚からするとクラブフェースを真横に引っ張ってテークバックする感じ。

「いやいやいや、テークバックする時、右の肘をもっと体にくっつけて。」

それから数球は当たりは悪いながらも先生の言うことが分かった気がした。

なんと、そのあとは打っても打っても当たるじゃないの。わははは。何でかしら、右の二の腕を右わき腹に付けてテークバックすると、インパクトでボールが見える。(爆) わたしは「ボールを見ろ」と言われてもほとんどボールを見たことない。チップとパット以外では。

*          *

今週アメリカはメモリアル・デーの3連休。旅行に出る人も多いし、家族や友達が集まってバーベキューなどする人も多いです。

ちょろちょろ観察するに、近所のコースはあまり混んでないようだったのでナイターゴルフへ。

(わたしはもう晩秋になるまで日中のゴルフはしないぞcoldsweats01

(頭がカンカン照らされては寝込む繰り返しで、ババアがゴルフで体壊しては同情の余地がない。そうまでしてゴルフするなって話ですから)

(冬になったらまたタフなインダストリーヒルズに行くんだぁ。ゴルフはね、タフなコースでしないと意味がない。)

(それまでこういうコースで腕を磨くのです)(あっそー)

ふと見ると家族連れがカートにバッグを積み込んでいる。彼らの後ろになっては大変なのでスターターに許可をあおぎ10番から回ることにした。

スターターが見ていると思ったので、白から打つ。(笑)

10thfairway (このころ6時50分ぐらい)10番340Y上り。右ドッグレッグ。ティーショット快心、セカンド5W快心、アプローチ52度のフルショット快心。3打連続快心ショットはめったにないことです。長い上りのファーストパットをタップインにつけた。グリーンにはまだ穴あけの後遺症が見られ、ぼこぼこでひどい。

フェアウェイに男性2人が見えるが、彼らが次のティーグラウンドで誘ってくれたので合流。

Course

今日の持参クラブ:1W、5W、7W、7番アイアン、52度ウェッジ、パター。

(7番アイアンの次がギャップウェッジってバッグに入れるとき、何考えてたんだかね。)

11番149Y、5W快心。12番138Y、7W。左靴がすべったので今一。

13thgreen 13番135Y、7W快心。キックが悪くエッジから右ラフにかかる。ピンまで距離がない下りだったので、パターで頭叩きストローク。(←得意ですhappy01

14番125Y、2段グリーンの上の段にピン。7W快心。かなり大きかったがグリーン奥ギリギリに留まる。重い下りパットをタップインにつける。今日はパットが良かったぁああああ。あとでパット数を数えたら大したことなかった・・・。

15番パー5。3,4年前に3ホール加えたときに造ったホールで、お気に入り。同伴者達に、“I love this hole!”と言った。

15thfairway_targetline 485Y、左ドッグレッグ。赤矢印がティーショットのターゲットライン。セカンドの5Wも快心で、グリーンセンターまで140Yぐらいまで行く。

ここで同伴者の男1が(この人の英語は判りにくかったー!スペイン語圏なことは確かだがメキシコ人かな)、手前バンカー2つの間の開口部を狙えとけしかける。

15thgreen_targetline (クリックしてみて下さい。画像は打ったあと撮ったもの)「えーっ、あんな狭いところ無理よぉー。バンカーに転がり落ちるわー」と言いいつつ、万に一つ、蹴上がるかも知れないしと思う。(呆れ)

男1「ピンまで125ヤードだよ。」

たまにはウッドでピン狙わないとなーとも思い、7Wで。見事に(?)、狭い開口部を蹴上がっていったが最後に左に転がり左バンカーへ。

もぉーピンまで距離がないバンカーショットになっちゃったじゃんよぉーと思ったが、このグリーンは新しいぶん固いが重いのでピン左1フットぐらいのラインで打って、ピン下ベタへ。ほんと、最近のわたしのバンカーショットは天才かと思いますよ。52度で打ってるんですから。ふふふ。

最近バンカーショットもチップも全部ギャップウェッジですませる。2本も練習する時間がないので。

というわけで、INはボギー・パー・ボギー・4連続パー・ボギー・ボギー。

*

同伴者にお礼を言い、わたし一人1番ホールへ。

1番100Y、7番アイアン。当たり損ないもキックが良く、パーオンパー。

2番307Y、たぶんティーから少し上っているのと海からの向かい風で、ティーショット快心でもグリーンに打てる距離まで行ったことがない。グリーン手前右方向に小さい池があるが、夜は良い気がしない。

2ndgreen_targetline ティーショットがブラインド、2打目は水銀灯がまぶしくてブラインドショットになる。(笑) 赤矢印の水銀灯に向けてセカンドを打つ。1W快心、5W快心。グリーン下花道へ。ギャップウェッジはカップなめるも、大きすぎ。

今日は最初の2,3ホールのチップが悪かったが、それ以降は良かった。カップなめて大きすぎるのや、カップに蹴られること多し。

4番パー3で、前の2人組男性に追いついた。次の5番ティーグラウンドで自分達が打ったあと待っていて、「一人で回るの?それとも合流する?」と聞いてくれた。何と親切な。お互い同士では英語ではない言葉で話していたが何人だろう。東ヨーロッパからじゃないかな。

この5番下り255Y。ティーショット快心、セカンドは90Y無かったが、何しろ7番アイアンと52度しか持ってないから、7番アイアンをちょっと短く持って。スイングは悪くないと思ったが、また(!)グリーン左バンカーへ。

アゴが高いバンカーショット。グリーンの幅がなくて、向こう側は下り傾斜ラフ、そのまた向こうは低いフェンスに道路だからホームランしたら道路まで行くでしょうね。

ホームランしてならじと、かろうじてアゴ越えてピン下8フィートへ。これ入れて、また砂イチ。今日100%。ひひひ。

ということで、OUTはパー・ボギー・ボギー・パー・パー・ボギー・ボギー・パー・ボギー。

トータル73(パー64)、29パット。

3パットはなかったし、数字よりもっとパットは良かった気がしたが、パーオンしたホールでワンパットがないからなぁー。穴あけの跡がモロ残り、芝がもっこり生えているグリーンでこのパット数は良いと思うが、何か喜べないものがある。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

気楽にやればゴルフも上向き/10ラウンド目

LPGAのサイベース・マッチプレーのセミファイナルは前代未聞の見苦しい事態になった。モーガン・プレッセル対アザハラ・ムーニョ戦、フロント9でプレーペースが遅く、プレー時間を計られることになった。12番パー3でそれでも各打に時間をかけ規程時間内に打たなかったモーガン・プレッセルに罰打ならぬ、罰ホールが課せられた。それまで3UPだったプレッセルは、14番ティーグラウンドで罰の説明を受け、1UPへ。明らかにそれが響いて、結局モーガンはマッチに負けた。

また15番グリーンでは、ムーニョがラインを確認する際パターのソールをグリーン面に付けたとプレッセルがクレーム。ムーニョは否定、オフィシャルはビデオ画面ではソールしたかどうか不明として裁定はルール違反なしと見なされた。

決勝に行ったムーニョは台湾のカンディー・カンを破ってLPGA初勝利をあげるが、何ともはや後味が悪いトーナメント。

日本でも今季からですか、イエローカードというのを出してスロープレーヤーに罰打を課すようになりましたね。

*

ナイターゴルフ用に、真っ赤なパンツを買った。朱色がかった目立つ赤。これを履いてゴルフをしたかったから行ったようなものです。(笑)

今晩こそ18ホール回るぞとナイターが出来る近所のコースへ。運動のため歩くなら、途中でときどきボールを打ったほうが楽しいじゃないか。(笑)

先々週、フロント9だけ回ったとき以来、練習もしてない。わたしはめったに練習のインターバル無しにコースに出ないのですけどね。

何本持っていったって同じことだと、今日は5本にした。ドライバー、5W、8番アイアン、52度ウェッジ、パター。

バックティーから・・・って4346Y(笑)、パー64。

1番108Y。8番Iでミスショット気味もグリーン前へ。チップは思ったラインより左に行く。最初の数ホールは、アイアンのフルショットもチップショットも左に出た。何でかしらん。6,7フィートのパット入れてパースタート。

今日はパットが良い予感がする。楽観的。パットなんて、「入る入る入る」と思ってストロークすれば入るものなのだ。ほぉー。bleah

2番フェアウェイ右に池がある317Y。ティーから上っているのかティーショットが飛ばないんだ、ここは。池を避けるため、セカンドはフェアウェイ左のラフを狙う。回り道するから50Yか60Yのアプローチが残り、ボギーホールになる。

3番は176Yだけど、グリーンが上っていてフェアウェイもラフのように草が高いうえ、ミスヒットでとんでもなくショート。ボギー。

4番145Y。このホールは海に向かうので普通アゲンストのうえ、潮風だからプレー距離が長い。前回もドライバーでピンハイ。今日もセンターピンにピンハイ。4mぐらいのバーディパット、カップ下へ流れる。

5番267Y。ティーショットがあんまり飛んでなくて、セカンドは8番アイアンじゃあちょっと足りないが、グリーン下を狙った。

なぜか左へ。左バンカー手前のラフ。ピンは奥でアゴが一番高いバンカー越えチップ。52度でピンハイ10フィート。我ながら素晴らしい!(笑)パーセーブパット入れてプロの気分。わはは。

6番287Y、下り。セカンドはフロントピンまで125Yぐらいだったが、フェアウェイど真ん中というのにボールは沈み、グリーン手前から上っているので思い切って5Wで打つことにした。(っていうか8番アイアンの次は5Wしか持ってないのだもの)

ピン下のフロントエッジでボールは止ってしまった。距離がないチップなので、ヘッドを浮かせトウで打ってベタへ。パー。

7番286Yは直角左ドッグレッグで、パーが途切れた。フェアウェイ左が高いパームツリーなので、フェアウェイに沿ってセカンドを刻む。(笑)

このコースは15番から18番まで数年前造り足したが、15番が大のお気に入り。唯一のパー5。515Y、ゆるやかな左曲がり。

足が疲れてきたのかドライバーが少し右に行き出す。2打目の5Wも今一で右ラフ。3打目5W快心。残りはグリーンセンターまで120Yぐらい、わたしでは奥ピンに打てない。左手前、左、右奥、左奥と大きなバンカーが囲んでいる。

グリーンフロント部分に打とうと8番アイアン。こんな時に限って良い当たりで、グリーンを突き抜けて右奥バンカーへ。バンカー内がフラットで、アゴが低いというのも妙な感じ。アゴがある程度あったほうが思い切って打てるからじゃないかしら。

ピンまで上りだろうが下りだろうが、バンカーショットは両膝をピン方向へ曲げることにしている。これも52度で(SW持ってきてない)、ピン右3フィートちょっとに打てた!天才か。うはーはー。ボギー。

次のホール160Yでもグリーン右バンカーに入れたが、これはピンをかなり越えてセーブ出来なかった。

トータル4346Y、パー3が9つ、パー4が8つ、パー5が1つのトータルパー64。スコア36&38の74(31パット)

*          *            *

BADのアルバムを聴きながら書きました。

 

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

おもしろいレストラン

最近タイガーが出場する以外のツァーは見る情熱も失せ・・・何か見ていても退屈な。

誰かがゴルフというスポーツはドミナントなプレーヤーが出ないと盛り上がらない性質なのだと言っていたが、そうなのかも知れない。圧倒的に強い(かった)タイガーみたいなゴルファー。

日本でもゴルフネットワークあたりでヨーロッパツァーの中継が入るのだろうか。

わたしはヨーロッパツァーが大好き。中近東開催は別にして、だいたい開催地の景色が素晴らしい。今週はスペイン、アンダルシアでのボルボ・ワールド・マッチプレー。

既にセミファイナルのマッチが始まっていますが、クオーターファイナルのハイライトビデオはmovieこちら

Nicolascolsaerts_volvomatch 上のビデオで濃いラベンダー色のシャツが、ベルギーのニコラス・コルサーツ。このところ注目している。去年ぐらいから気がついてはいたが、今シーズン、何回か2位や3位に来ている。

188cmとプロフィールにあるが、TV画面で他プロと比べるともっと大男に見える。ヨーロッパツァー1番のロングヒッター。316.5ヤード。2位がアルバーロ・クイロスの312.9ヤード。すごいと思うのが4位にリストされているジョン・デイリー、309.8ヤード。デイリーはPGAツァーカードを失ったのでよくヨーロッパツァーに出ている。(PGAツァー1位はバッバ・ワトソンの315.1ヤード)

コルサーツの明らかな弱点はグリーン周りからのショートゲーム。これが上達したら強くなると思う。

娘夫婦が州外に出かけ、木曜日と金曜日孫と一緒に寝たのであまり見てないが、明朝のヨーロッパツァー中継を見ようと思う。

*            *

そういうわけで、孫の面倒を見るったって平日は学校があるからいいが、週末は1日一緒で3食食べさせなくちゃいけないし、アメリカは全く事情が違うから一瞬も母屋に孫一人にはしておけない。

つまり何かを母屋に取りに行くにも、わたしがついていく。お風呂はわたしの部屋で入らせる。大人のいない母屋に誰かが入ってきたらそれで終わりだから。これは、娘達がいても同じようにしている。

住宅街の自宅の前庭で遊んでいて、誘拐される国なのだ。数年前にサンディエゴ近郊であったが、両親が階下の居間にいる間、夜中過ぎに2階の子供部屋で寝ていた小学生の女の子が誘拐された。1,2年後に犯人が捕まったが、ごく近くに住む中年男が窓から侵入。誘拐して殺害した。変質者であった。

気をつけて気をつけすぎることはないのだ。

今日土曜日は、センチュリー・シティーにある、何回も行ったことがあるレストランで食べようと思ったがテーブル待ちの客がたくさん。そこでお隣のレストランに行ってみることにした。

Rocksugar_entrance これが大ヒットでした。客がぞろぞろ入るところも出てくるところも見たことが無かったので、流行ってないのかと思っていたがとんでもない。正面入り口は度肝を抜くような像が。(クリックしてみて下さい。おもしろいですよ)

Rocksugar_loby RockSugar Pan Asian Kitchenという名前のレストラン。食べ物はタイ、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシア、インド風。シェフはシンガポール生まれ、ニューヨークで修行したモーハン・イスメールという人。画像は正面から入って、ロビーになっている場所。ここは屋根がない空間。巨大な仏像の下が上の写真の入り口。

Rocksugar_interior Rocksugarpanasinkitchen1 ロスのかなりのレストランがそうだが、どこかの面はTVをおきスポーツ中継を流す。今晩はNBAプレーオフでレイカーズの試合だった。左はウェブサイトから貰ってきた画像で小さくてわからないと思うが、右は自分で撮った写真。入っている人物が座っているのは高い椅子のカウンター席。TVの前はバー。この仏像の頭を陳列したインテリアも奇抜な。(笑)

ビーフのバーベキューリブ、チキンと野菜の炒めもの(わたしが作るような味だった)、孫が注文したpotstickers(鶏肉のギョーザだった!よく知ってるなぁー)、マンゴーとパパイアのサラダ、beef skewers(ビーフの串焼き、超美味しかった)

たまに新しいレストランに行ってみるのも必要だと思った。つい安全に、行き慣れているところばかりで食べる。

孫は来週10歳の誕生日なので、これがバースデーディナーということにした。

帰宅してほどなく娘夫婦が帰ってきたのでわたしもお役ご免。明日は一人で映画でも見に行こうかなぁー。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

楽しくないゴルフ?

日本ではどうか知らないが、アメリカではゴルフ人口が減っているそうである。しばらく横ばいなのは知っていたが、その理由として新しいゴルファーが増えると共に、高齢などでゴルフをやめるゴルファーも同じぐらいいるからというのがUSGAの役職の誰かの説明だった。think

それがとうとう減り出した。長びく不景気が一番の原因なのは明らかだろう。ほかに、ラウンドに時間がかかりすぎる、見た目よりゴルフは難しいので思い通り上達しない落胆から諦める者も多い・・・というのが一般的に言われる原因。

最後の原因は近年子供のゴルファーに多いらしい。

ゴルフはスポーツではないなどと、したこともないくせに相変わらず無知丸だしの見方をする層があるが、他のトップレベルのスポーツをした人、あるいはコーチをした人はすべからくゴルフは最も難しいスポーツと言う。

またゴルフほど教えるのが難しいスポーツも無いと言われる。わたしのこれまた無知な推測によれば、フットボールは教えるのがそう難しいとも思えない。ははは。訓練についていける身体能力があるか無いか、どれだけ真剣にトレーニングに打ち込むかどうかだろう。しかし、あれも6,7歳から始めないとかなり出遅れるそうですよ。

わたしは普段混んでいるパブリックコースのスロープレーと、ゴルフマナー無しのゴルファー達を見てうんざりしているので、ゴルフ人口が減っているなら嬉しいぐらいのものだが(ロス近辺のコースは一番落ちた頃から回復し始めていると思う・・むっ)、ゴルファーが減ることはゆくゆくはゴルフ番組の視聴率が落ち、スポンサーが減り、試合数が減り、よって素晴らしいゴルフを見る将来が危ぶまれる。

(まあその頃はわたしもゴルフ引退しているか、今生にいないかも知れないから良いですけど。)(後ろ向きだ)

日本のツァーゴルフは既にその段階に入っていると見てもいいかと思う。女子ツァーより試合数が少なく、4月半ばまでシーズンが始まらないのだから。

アメリカでも似た現象が起こるかも知れないが、日本では第一次ベビーブームの世代がゴルフ出来ない高齢層になるとおそらくゴルフ人口は激減するでしょう。

*

ある人が分析していたには、なぜゴルフ人口が減っているか、それは上達への期待と自分の現実が一致しないゆえ落胆して熱が冷めるというものであった。

そのぐらいでゴルフをやめるようじゃあ、根性無しで話にならんが(笑)、「上達への期待と現実が一致しない」ときの無念さ残念さは考慮に値すると思った。

そう、期待するからいかん。自分は期待するほどポテンシャルがあるのか(あったとしても消えている、この年になれば)、期待していいほど時間と体力とお金を使っているか(ないないない)

じゃあ何を残念がってるのかってことでしょう。

ということで、これからは健康のため、クラブを振り回すことにしよう。わたしのゴルフ仲間もみんな年をとってきてハンディキャップは雪だるまのように増えている。遅かれ早かれ、みんな通る道だ。上達する前に下手になったのはわたしだけではない。shock

*

気温はまだまだだが日中はもう陽射しが強すぎるので、先週近所のコースのナイターに行った。最近ちょこちょこ寄っては、コースにゴルファーが多すぎるので見送っていたが、木曜日でやはりグループが多すぎてフロント9で1時間20分かかったから、9ホールで止めた。

18ホール、数本持って歩きで回るには2時間ペースじゃないと疲れるうえ、コースの奥にいるとき消灯されては目も当てられないのでね。(笑) 

(そうだ、万が一を考えて懐中電灯を持っていこう。それも悪いヤツがいたらかえってターゲットになるかも・・。不景気になるとロスじゃあゴルフも命がけだ。爆)

*           *           *

昨日歌手のドナ・サマーが亡くなりました。63歳。病没です。

Hot Stuff ライブ 1980

*

I feel Love ライブ 1977

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

Happy Mother's Day

::

ザ・プレーヤーズチャンピョンシップ土曜日は、タイガーがイーブンパーで終わり、まあ現実的に優勝のチャンスもなくなったので見る気も失せていたところに、あのケビン・ナーのけったいなプリショットルーティーンに奇声まで出されては耐えがたく、わたしは途中で見るのをやめた。

最終日は、コマーシャルと彼の部分を早送りでとばして見るようにDVRにとってあるが、実はまだ見ていません。ゴルフチャンネルのポストゲームショーやら記事やらでまあ大体どんな展開だったかは分かっている。後日タイガーの部分だけ見ようかな。(笑)

*            *

アメリカは今日母の日でした。

毎年書いているが、娘と友達は毎年恒例行事で子供を置いて、ブランチと映画に半日遊びに出かける。半日と言っても、子供の1日は夕刻で終わるから子供にとっては丸1日だろう。

わたしは毎年毎年腹が立つ。普段たいして母親らしいこともしてないくせに、何で母の日を理由に遊びに出るのだ?それに、映画でも外食でもしたい時にしてるじゃないの。

母の日の女だけのお出かけなどは、1年中家族のために時間を費やしている人の特典であるべきだ。

わたしが腹が立つのは、「母の日」を老母の「母の日」にせず、自分たちの「母の日」と考えるからだ。

婿の母親と、友達の老母になぜ「母の日」孝行でどっかに連れ出してやらないのだ?

わたしは孫にはっきり言う。孫もそうだそうだと同意する。(笑)

まあそういうわけで、わたしは元気な限り、母の日だろうが何だろうが1日家でじっとしているのは大嫌いなので孫と遊びに出ることにした。

前回はいつ行ったか忘れたが、ブログにもアップしたことがあると思う。

サンタモニカ・ピア。昨日も道路といいレストランといい、どこも大混雑だったので覚悟はしていたが、今日も駐車場が満車でぐるぐると回る有様。こんなに混んでいるピアは初めて見た・・というぐらい人が多かった。

最近、「母の日」の外出が流行っているのかしらね。

Beach_memorialサンタモニカ・ピアすぐ下のビーチには、戦没者を称えるために、元従軍者のボランティアが、模擬のお墓やお棺を展示する。ニュースや新聞で読んだことがあるが、このボランティアでやっている人達は確か第二次世界大戦従軍者ということだ。お墓はアメリカ国旗の形と色で並べてある。

Pier_oceanpark 午後半ばに着いた頃は曇天でロスの海特有の湿った冷気が降りて寒いかと思うぐらいだったが、陽が射したかと思うとあっという間に暖かくなった。

Pierparkテーマパークのように大規模な乗り物ではないが、ローラーコースターやらなにやらがあって、前回来たときは観覧車に乗ってひどいめに遭った。高いところから海を見下ろすのは独特の怖さがあった。

Pierride_1 Pierride_2

おばあちゃんは何も乗らないよと言って、孫は一人で乗る。これは海賊船でぶらんこのように揺れるヤツ。(画像左、真ん中に一人で座っているのが孫)

Bubbagumpshrimp Bubbagumpshrimp_beachside

バッバ・ガンプ・シュリンプという有名なシーフードレストランで食べたかったが、3時半という中途半端な時刻でもテーブル待ちの人達が外にあふれ、1時間半はかかりそうだったのでお向かいのもっとみすぼらしいシーフードレストランに入った。わたしは空き待ちで10分以上待ったことはない。アホらしい。それほど待つ価値があるほど美味しい食べ物があるわけない。(笑)(画像左がレストランのピア側で右はビーチ側から見たところ)

シーフードの大盛り合わせを孫と二人で。孫のほうがわたしよりたくさん食べた。彼女はカニが大好きらしい。

Pierride_3

元気を取りもどし(笑)、再び乗り物へ。上がったり下がったりするだけで何がそんなに楽しいか分からないが、子供達はきゃーきゃーと大喜びだ。

Shoreline_1 Shoreline_2 Beach_south Beach_south2

左、遠くにヨットが見えて綺麗です。左から2、ピアから見た南側にずっと続くビーチ。一番右、ピアからすぐの海をズームで。

ロス近辺の海は汚いといくら言われても入る人達が絶えない。下水設備が古いので、汚水が流れ出る地点があるのと、工場廃液などの不当投棄。

Beach_memorial_evening 一番最初にアップした、木で模造したお墓やお棺。夕方帰り際に見たら、ボランティアーの人達が片付けていた。手前の男性を見て、第二次世界大戦従軍者と確信した。グッドシェイプだが、ベトナムに行った世代よりはるかに年齢が上のご老人だ。

ということで、孫は学校があるので5時半にピアを後にした。

*

下は日本の孫。

Golfclub_may2012_s Tricycle_may2012s

息子から送ってきた画像。今、1歳7ヶ月です。息子はゴルフの才能なく、ゴールデンウィークに長女の婿らとラウンドしたらしいが、生涯ベストスコアが出て「120」だって。(呆れ) もう何回もラウンドしていると思うが。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ザ・プレーヤーズチャンピョンシップ予選終了

先週のウェルス・ファーゴチャンピョンシップではタイガーは予選落ち、マスターズでの予想外の不振に続いたこともあって、アメリカではタイガーが凋落の一途かと知性に欠ける騒ぎよう。

そこへ来て今週のプレーヤーズチャンピョンシップ、初日に74を叩いて、予選落ちが濃厚と言わんばかりのゴルフメディアの論調だった。

タイガーはプロキャリア中、2週連続の予選落ちはない。そりゃそうだろう、先週でたった8回目の予選落ちだから。

木曜日タイガーは朝8時35分のスタートで、中継が始まるはるか前。わたしはPGAサイトのショット・トラッカーでタイガー、リッキー・ファウラー、ハンター・メイハン組を見張る。(笑)

実際の状況が分からないだけに、ティーショットがどこへ行った、2打目はどこに打っただけの記述では、まるでハンディキャップ20のオッサンのゴルフに見えた。

後刻ハイライトを見せていたが、スイングが良い。スコアやショットの結果ほど内容は悪くなかった・・・ということが分かって、タイガーの予選通過は確実と思った。タイガーはポジティブで、ラウンド後のインタビューで自分のゴルフを笑いとばしていた。

ところで、ジャック・ニクラウスは116回予選落ちしているそうです。ニクラウスはメジャーなどつい近年まで出場していたから、何歳までのトータル何試合出場のうちの116回か伝わってこないが、意外に多い数と思いませんか?

タイガーは確か268試合中、8回。これらはPGAツァー試合だけの数字。3%未満だから、稀有の安定度です。

*

ということで、金曜日2日目は午後1:49のスタート。(ロスでは午前10時から午後4時まで6時間!)ライブ中継で全ホール見られるので、嬉しい。

まあ最近のPGAツアーはほとんどがそうだ。朝組と午後組に、タイガーとミケルソンで振り分ける。いわずもがな視聴率のため。

風がおだやかな朝スタート組がやはり有利で、パットの名手ザック・ジョンソンが66、トータル8アンダー。タイガーのスタート以前にホールアウト。

しかし、タイガー・ウッズでいるのも楽じゃないですね。ラウンド前の練習風景からしてカメラが据えられている。その練習場のターフ跡を見て、今日は良いゴルフするなと思ったのですけどね。いや、ほんと。

昔・・・という表現は使いたくないが、タイガーの練習場のターフ跡は、ナイフで芝を長方形に切り取ったように綺麗だった。ジェフ・オギリビーが初めて見たとき、驚嘆したと言っていた。

最近は、そんなターフ跡ではない日ばかりだったが、今日はかなり綺麗に見えたので、スイングも安定、ショットも良いのだろうと推測したわけです。

*

タイガー、最初の2,3ホールは様子を見ている感があったが、どうだろう。スイングが良い。短いアイアンのスイングテンポがゆっくりで、実に良い。

3番パー3、168Y。9番アイアンで打った直後、“Put the camera away!”(カメラをしまって!)という大きな声。キャディーのジョー・ラカーバだろう。昨日から、携帯電話で写真を撮るギャラリーが途絶えないという。

4番384Y。3Wで少しドローをかける。良いショットだった。マスターズでの不調で、わたしは今のタイガーはまだドローが安定して打てないのかと思っていた!セカンド103Yからピン上6フィートへ。このパットラインはキャディーにも手伝わせていた。何度も書いたように、ラカーバは長年フレッド・カプルスのキャディーだった。カプルスは84年と96年にここで優勝している。

このパット入れてバーディ。1オーバーへ。

5番471Y。ドライバーのティーショット、長いこと空中を飛んでいた。(笑) ジョン・デイリーやタイガーのドライバーはほんと長いこと落ちてこないのです。ショットは良かったと思うが、右に転がって大きなバンカーへの傾斜途中に止る。ここのボギーは仕方ない。2オーバーへ逆戻り。

この頃3時すぎ。どのホールも風が強くなる。

8番241Y。このティーで30分待ちだったのではないか。プレーペースの遅いこと、ひどいもんだ。昨日は9組目のスタートだったタイガー達は5時間20分かかっている。

昨日は230Yでタイガーは3番Iで良いショットだったが、今日は5W。ボールはグリーンの一番奥まで転がり上り、そこから傾斜でピンハイ左8フィートに戻る。左から右に曲がる下りパット、入れて1オーバーへ。

9番570Y。練習スイングがパワーフェードだなと解説のジョニー・ミラー。フェアウェイ右側は池だが、フェアウェイの右寄りのほうがグリーンへのアングルが良いという。タイガー、良いスイングだった。ファウェイ左寄りにランド、少し右に転がり戻る。

飛距離342Y、風はフォローだったが、本日このホールでのロンゲストドライバーだった。2位はキーガン・ブラッドレーの333Y、3位はローリー・マックロイの331Y。二人とも20代じゃないか。(笑)

フェアウェイ左サイドからはグリーンは左の木越えか、右からのドロー。タイガーは残り232Y。番手は何だろう、風がかなり後ろから吹いていたがやはり3番だろうか、木を超えてグリーン左バンカーへ。ピンはうんと左寄り。バンカーショットを6、7フィートにつけバーディ。イーブンパーにする。

フロント9を34.

10番403Y。左ドッグレッグ。

解説のジョニー・ミラー。「タイガーはカットショット(フェード)でベイ・ヒル・インビテーショナルを勝った。ここでドローを打てるかだね。ベイ・ヒルではドローを打てなかったから。ちょっとしたテストだよ。」

タイガー、3W、良いスイングでドロー、フェアウェイセンターへ。

ジョニー・ミラー「これが打てればタイガーファンは嬉しいね。」

彼はわたしは解説者の中ではだんとつに好きだ。ゴルフチャンネルとCBS契約のニック・ファルドーは解説者として落第だ。

セカンド140Y、ピン下5フィートにつけた。スイングがゆっくりで素晴らしいテンポだ。タイガーの必死な顔が良い。

Players_fri_tiger 今日は終日、同じ顔をしていた。ディタミネーションって書くと変だが、日本語でいうと決意に満ちたって、もっと変になるから難しい。(笑)

入れて、1アンダーへ。

11番530Y。タイガー、1Wのティーショット、良いスイングでフェアウェイへ。セカンド222Y、かすかに爪先下がりから4番アイアン。ショットをhigh towering cutだと言っていたが、ピン真後ろにランド、後方のエッジまで転がり上る。25フィートからパター使い、カップ下1フットへつけバーディ、2アンダーへ。

8番からこの11番まで4連続バーディ。

12番パー4、13番パー3をパー。

14番458Yではラインがなかなか決まらず、決まってさあ打とうとする時、右側に立つギャラリーで携帯で写真を撮るのがいたので再度仕切り直し。3Wは右ラフへ。ボールも見えないほどもぐっていた。セカンドはグリーンを上り奥エッジへ。80フィートからパター使ってショート。11フィートのパーパットを入れられずボギー。1アンダーへ。

ちなみに、この携帯カメラで昨日は1打ついたそうだ。同組のハンター・メイハンは3回やられたという。

PGAツァーではギャラリーに携帯電話の持参を認めるようになった。写真禁止とサイレンスモードが義務つけられるが、持ち込みを許した時点で終わってるのだ。人々のモラルは落ちる一方だから、常識と良識を期待しても無理というものだ。

16番パー5、503Yは見ものだった。これも悪いティーショットで、3Wを左に引っ張る。ツリーライン下、松の葉っぱの地面。左のツリーライン、フェアウェイ右側の池で、グリーンを狙うのもフェアウェイにレイアップもドローが要る。

この時点で、タイガーは1アンダー。予選カットラインはイーブンパー。グリーンを狙ってミスショットになれば、Wボギーまである。レイアップすれば、パー保証、バーディもある。

ひぃー、レイアップしてくれーと思った。タイガーが好きなコースレポーターのロジャー・モートビー(元PGA)も、「長いクラブを持っているようだよ。」と心配そうな声色。(笑)「リスキーなショットだ。」

Players_fri_16th2ndshot_3idraw (画像)3番アイアンで、グリーン下花道ど真ん中へ。

このショットについて、ラウンド後のインタビューでタイガー、「(ツリーラインの)ボールへ行ったとき、ラカーバに『もしフェアウェイ上にあったら何を打つ?」って言ったんだ。フロントエッジまで230Y、ピンまで250Y。少しアゲンストだったから3番アイアン。」

「今は(ドロー)曲げられるからなお丁度いい。フロントエッジか、グリーン左外に打てる。木をかすったからフロントエッジに行った。」

しかし、見てるほうは肝が冷えた。(笑) チップショットはカップをなめて7フィートへ。入れて、2アンダーへ。

17番148Y、PWは良いショットを打ったと思ったらしく、すぐにティーを拾って後方のギャラリーに手を上げて応えていたが、もう少しで奥からこぼれ落ちるところだった。パー。

Players_fri_tiger_18thteeshot Players_fri_tiger_18th2ndshot_9i Players_fri_tiger_18th2ndshot

(画像上)18番442Y。ティーショットは5Wでフェアウェイ。セカンド175Yから、グリーン右手前エッジに打ち、左カップへ10フィートへ。バーディパットは外したが、バック9も34。68。トータル2アンダー。

タイガー、土曜日はキーガン・ブラッドレーと。11:25スタート。

予選通過を喜ぶのも何だが、やはりタイガーがいないとTV観戦もつまらない。3日目は風が出るもよう。さあて、明日どれだけ差を縮められるか。

7時過ぎにホールアウトして、8時すぎにタイガーはなお練習していた。

ライブリーダーボード

::

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ボクシング/フロイド・メイウェザーJr.Vsミゲル・コットー

土曜日5月5日はシンコ・デ・マイヨ、メキシコの独立記念日。アメリカはメキシコ移民が多いので、他の人種もほとんどお祭り気分になる。

そのシンコ・デ・マイヨにボクシングのタイトルマッチがあり、これはTVではHBOという局がペイ・パー・ビュー(その番組だけ特別料金を払って視聴)でライブ中継した。

69ドルとかと書いてあったが、たった2,3時間でそれだけ取られるのだから、普通自分だけ、自分の家族だけでは見ない。というわけでゴルフ仲間の夫婦から招待されました。

いつも良くしてくれる人達で、行くと約束した以上、這ってでも行かねばならない。(なぜそんなことを書くかというと体調すぐれず、無理を押していったのであとで寝込んだからです。笑)

本ちゃんのタイトルマッチの前に2つ前座試合があったが、2つ目がなかなか豪華で、シェーン・モーゼリー対カネーロ・アルバレス。

モーゼリーは有名なので知っている人も多いと思いますが、ライト級、ウェルター級、ライトミドル級でチャンピョンになったアメリカ人ボクサー。40歳・・って無茶苦茶な。

アルバレスはメキシコ人でメキシコではスーパースターだそうだ。茶髪、肌の色が白く、メキシコ人には見えない。結構可愛い顔をしている。21歳。彼が154ポンド級のタイトルホルダー。

 Caneloalvarezshanemosley アルバレスはパンチが重い。当然のこと、彼のほうが速いし、パンチのランド率も高い。7,8ラウンドからモーゼリーとアルバレスの体力差が出てきた。

 Mosely_hugs_alvarez たぶんモーゼリーはこれが最後の試合になるかも知れないと考えていたのじゃないかと思うが、判定負けでした。

モーゼリーが負けたにもかかわらず、観客は彼にスタンディングオベーションをしていた。

<30秒ハイライト>

*          *

本ちゃんのフロイド・メイウェザーJr. 対 ミゲル・コットー。

メイウェザーは、98年から毎年チャンピョンベルトを保持。42勝無敗。ミシガン州グランド・ラピッズ出身。35歳。ボクサーの血統。父親、その兄弟がワールドチャンピョン。

Rogermayweatherrafaelgarcia_cutman トレーナーは2つの体重別級でワールドチャンピョンだった叔父のロジャー・メイウェザー。

けっさくな話がある。メイウェザーはこの試合で32ミリオンダラーが保証されていた。負けても勝っても入って来る金額。視聴者からのペイパービューの金額により、おそらくトータルで40ミリオンは固いと言われる。

メイウェザーは家庭内暴力の罪で90日間の実刑が決まっていたが、この試合のために執行を延ばしてもらった。ラスベガス開催のタイトルマッチは、試合の収益だけではない、試合観戦に来た客が莫大な金を落としていくからだ。

経済のため、刑の執行を延ばすとはアメリカらしいではないか。

試合運びが上手い!勝ち方を知っているというか、負ける試合をしないといおうか。往年のパンチ力はないのだろうが、王道の試合巧者ぶりでありました。相手のコットーはアンダードッグというので意外と応援する人も多かったが、わたしは勝つほうを応援するほうが好きだから、最後は満足でした。判定勝ち。

Floydmayweatherjr_toring Mayweatherjustinbieber

左、リングへ向かうメイウェザー。右、なぜかリング上にアイドル歌手のジャスティン・ビーバーがいた(あまりの違和感に笑った)。左上に顔が見えるのはオスカー・デ・ラ・ホーヤ。

<30秒ハイライト>

42

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

前半は良かった9ラウンド目/2012

ぐずぐず更新しないうち、ウェルスファーゴチャンピョンシップが始まってしまいました。

ここ何回かひどいゴルフばかりで、フィジカルにもう18ホールは無理なのかと考え始めているところだけど、そういうふうに諦めたらその時点でオシマイだと思って頑張って行ってきた。

そう大仰に言うこともないが、何しろ腰は痛いわ背中と肩のもみ返しは痛いわで、キャンセルしたほうがいいかと思ったが、まあ何もしなくても痛いので同じことだ。(笑)

今度こそ速いペースでゴルフしようと、6:48のティータイムを取りました。実際は42分に早くしてくれた。

6時すぎからゴルフ出来る明るさだが、6時半までスタートさせないらしい。

ここまで早い時間は久しぶりなので、忘れていた。朝露や湿度でコースが濡れているだけではない。フェアウェイやラフの芝を刈ったばかりで、濡れそぼった芝がフェアウェイに固まって落ちている。

ぜーんぜん飛ばない、転がらない。ひどいわ。

1番343Y。1W△、えーっコレわたしのボール?っていうぐらい飛んでない。同組のコーリアンの奥さん(初心者)と10ヤードぐらいしか違わない。(彼女はまだ球がまともに上に上がらない人) 

5W〇、距離は95Yだが上りとプレー距離をみて、思い切って6番アイアン(爆)。2パットボギー。速いとは程遠いがグリーンは結構転がる(嬉嬉)

2ndgreen 2番ホール、グリーン。画面が暗いですね。

2番405Y(女性にパー5)。1W、フェアウェイを横切る溝を越えてなかった(唖然)。フェアウェイからの3打目が右の奥から2番目の松の木への方へ。以前右ラフだったところは、大きなハゲがあちこち出来て完全なベアグラウンドにボールがあった。修理地にしなさいよっ!(怒)

右土手越えのチップショット。こういうのは怖がったらお終いだと思って、SWをダウンブローに打ち込みました。(ほぉー) ピンそば30cmへ。もうけもののパー。

3番グリーンセンターで140Y。ティーグラウンドが穴あけでボコボコし、刈った芝が散れてるので普段より高くティーアップしたら3Wで芯食ってしまってグリーンオーバー。逆さ瓢箪型の長いグリーンで、ピンまで長いチップ。52度で6フィートにつけパー。

4thhole 4番ティーグラウンドから。

4番右ドッグレッグ489Y。ティーショットを左に引っ張って、パームツリーの左下のラフ。ここはあんまり人が行かないのかいつもラフがきつくて、ボールが半分浮いていたから5Wで打ったら再び左ラフ。毎冬同じ間違いを犯す。もう冬じゃあないが雨が降ると冬と同じコンディションになる。

フェアウェイが転がらないと、グリーンへのアプローチが(パー4なら3打目、パー5なら4打目です)、ミドルアイアンや9Wになって苦しい、苦しい。7番Iがバックエッジへ。パターで寄せてボギー。

5thgreen_flag_s 5番354Y、上り。1W快心、3W快心で、残り100Y近くあった。むっ。ボギー。

8thhole 8番153Y。赤はピンフロント。各ティーグラウンドはひな壇になっていて、下って上る。最下点からはピンのてっぺんも見えない。1Wが今一でグリーンちょっと下。52度でカップなめて、カップ上1m。このパット外したのは口惜しかったー。今日はパットが良かったのです。ボギー。

9thhole 9番364Y。8時半近くだったが、日が射してきたのでフリースの上着を脱いだ。ノースリーブのゴルフシャツ(笑)。湿度が高くて気温より暑く感じた。今日は飛んでないながらも、2打でグリーン下の土手まで行って良かったー。8番Iでピンハイ右、7フィート。これは決めたかったんだけど入らずボギー。

こういうのを入れないとパットの練習をマメにしてる意味がない。自分に腹が立つ。

ということでフロント9は、2938Y(パー36)、スコア43(14パット)

*

80台を最後の出したのはいつかしらってぐらい、長いことボギーペースもままならないゴルフをしてきた。

前半ボギーラインを割れたものだから、そこはそれ、うむ、今日は久しぶりに80台が出るか?・・と期待する。心のどこかで無理無理と思ってはいても。

だいたいだ、15ヤードもいつもより飛んでない飛距離ではねー。上りホールじゃあキャリーの距離しか出てないから150Yじゃないの?そりゃあ無理だわね。

(あのコーリアンの奥さんは黄色いボールだったけど、何だろう?すごい低空飛行だけど、いつまでも転がる。聞けばよかったわ。)

10thhole_flag_s 10番上り360Y。前回と全く同じことをして自己嫌悪だ。前回はフェアウェイに穴あけした直後で、ウンチ状の土の塊が転がって飛ばなかった。3打目で9Wが要って、爪先下がり、左上がりのライでボールはグリーン右ラフへ。

今日も9W、グリーン真ん中を狙ったのにまたしても右ラフへ。キクヨグラスとクローバーが混じったラフで、ピン上にチップしたがパット入れられず。ダボ。

11thhole_flag_s 11番上り424Y(女性にパー5)、1W△、3W〇、3W◎、グリーン下から52度がショート。ボギー。

*

12番171Y。1Wのティーショットが天ぷらスライスになり、右最初のバンカーへ。

え、どこどこと探すとバンカー内の右寄りにボールはあって、左足下がりのライ。

こういうのは得意なんだ。わはは。難関ベーブコースで成功して以来、平気になった。

ピンはフロント左寄り。結構長いバンカーショットだから、52度で。フェースを開いたりと小ざかしいことをせず、ボールを右足寄りにしてゆーっくりバックスイングでゆーったり大きく振る。大きすぎだけどグリーン奥ぎりぎりに留まる。(左足下がりのバンカーショットは大きすぎるもヘチマもない。出れば上等だ。)

奥が短いグリーンとは言え、奥からフロントへ下りパット。重いグリーンの下りパットって最悪でしょ。速いほうがまだマシだ。重いからどのぐらい転がるか分からない。ショートしたらセカンドが入れにくいし。何とかタップインの距離に寄せてボギー。

13番355Y。ここのティーグラウンドから急に風が吹いてきた。1W◎、3W◎。フェアウェイ左寄りを狙っても傾斜でボールは右側に転がる。3打目は、グリーン面が見えない土手越え。何かね、グリップが変な気がしたが気のせいだろうとそのまま打った(笑)。見事にシャンクして、右カート道ぎりぎりのラフへ。

13thgreen 木の向こう側だったのでアングルはあった。PWで低いチップ◎。パット入れられずダボ。(画像はフェアウェイ左寄り側から撮影。カラスが地面をしきりに突いて虫か何かを食べている。)

14thgreen_flag_s 14番335Y。1W◎、3W◎、左の臨時グリーン麓のラフ。キクヨグラスとクローバーが密生していて、PWで渾身で振った。それでも奥ピンにかなりショート。ボギー。

書いているうちに思い出してなお疲れる。(笑)

15番上り375Y。風フォローにもかかわらず、ショットが良かったにもかかわらず飛んでなくて腐った。1W◎、3W◎、9Wがさっぱり当たらないから7Wにしたが土手のラフでショート。チップはエッジで止るし最悪。ダボ。このホールは年中ダボにしてる。

16番上り157Y、嫌いな左グリーン。1Wがスライスして右ラフ。SWのチップも体重移動せず、ピンに大ショート。最近後半のホールになるとよくやる。反省事項だ。ボギー。

17番467Y、左グリーン。2打目が左ラフに少し入ったところ。きつい左足下がりだから、クローバーは辛い。5Wをヤケクソで振った。(笑)4打目を8番Iで。ボギー。

18番449Y、左ドッグレッグ。ただただ気力で打つ。1W◎、3W△、3W〇、6番I〇、ボギー。

バック9、3083Y(女性にパー37)、スコア48(ひぃーっ)、パット18(ぎゃあーーーっ)

トータル91(32パット)

*           *

ところで、日本のサロンパスカップをライブスコアボードでチェックしているのですが、モーガン・プレッセルが7アンダー、藍ちゃんが6アンダーですね。(残り3,4ホール)

見たいわー。っていうか、中継してないみたいですが。夜に録画中継をするのでしょうか?

藍ちゃんはミシェル・ウィーと同組ですね。ウィーは最初の9ホールで6ボギー。彼女は米LPGAで、キアクラシック、クラフトナビスコチャンピョンシップ、ロッテチャンピョンシップと予選落ちしています。見ているとゴルフのやり方を忘れたようなゴルフをしています。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ