« フェアウェイウッドを見てもらった | トップページ | 現実を受け入れること/8ラウンド目2012年 »

おいてけぼりになりそうな予感

ゴルフ仲間の誰も朝早くゴルフしたい人はいないので、わたしは一人で回るつもりだった。

それが俺達も回りたいという話になって・・ランチョはグリーンをエアレーションしたばかりで不人気なのか、あっさりと似たような時間が取れた。

誘ってもらうのは嬉しいことであるし・・・あるが・・・しかしわたし一人100ヤード置いていかれそうなメンバーで・・・。

それがどーしたと思うでしょうが、一人は女の子なんだ。('0')

たぶんバックティー(6630Y)から回るでしょうね。

ひぃーーーーっ。

下手なのは仕方ないが、一人ちょこまかちょこまか打つのは、なんかね想像しただけで漫画だ。

どんなゴルフするのか楽しみだわー。っていうか265Y、270Y打ったらウェッジから8番だろうから、どんなゴルフもへちまも無いだろうけど。羨ましいなー。(笑)

*          

最近パットの練習はしょっちゅうやっている。短い時間だけど、孫を迎えに行く前にちょっとランチョに寄ったり、うちの近所のコースへ夕食後に行ったり。

最大限に努力しているのは、①テークバックを超ゆっくり引くこと。

ショットもそうだし、短いチップもそうだし、何のクラブでもテークバックが早すぎるとボールを見ているのは不可能だと思う。

それから、②芯で打つこと。パターフェースのスイートスポットで打たないとパットはノーチャンスだ。

その次が、③インパクトのあともラインに向けてパターフェースを送り出す。

イメージとして、④カップのどの部分からボールがパコンと入るか、頭に描きながらストローク。

以上が最近の練習で集中していること。

練習グリーンも穴あけ砂撒きしたあとなので、長いのを入れるのは難しい。良いストロークしたかどうか、距離は合っていたかどうかだけ留意する。

短いのが入らないほどひどいコンディションではないので、短いのは確実に入れるようにし、外した場合は外した原因を考えて次を入れる。

今日練習していて、ふとランチョのスポーツバーの窓に目をやったら、自分が写っている。パットする時、以前より前傾しているし膝を曲げ頭も垂れている。

ぎゃーーーっ。

どこの老婆かと仰天。

パットのアドレスやストロークも時々自宅の鏡でチェックしないと、とんでもないことになっていると思った。

*          *           *

こういう曲は自分の好みではないが、ライオネル・リッチーですから。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« フェアウェイウッドを見てもらった | トップページ | 現実を受け入れること/8ラウンド目2012年 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

今のゴルフ中継ではあまりしなくなったと思いますが
あんまり中継見ないから...
パッティングの時にプレーヤーの後ろグリーンの上目線での画像
上手なプレーヤーはボールに対してパターの面が真っ直ぐに上がって
これまた真っ直ぐにラインに出ていました。
で、実際にそんなイメージでパッティングしていました
出来ていたかどうかは内緒ですがw
そして、距離感のイメージは転がっていくボールの速さと同じ速さで
パットするっていう感じでしたね。

>Ezさん

そう言えば、ボール真後ろからのカメラアングルは見ませんね。
パットは些細なことで狂っていくから怖いと思います。
フィーリングがモノをいうのでしょうね。
重いグリーンや長ーいパットでは転がりが良くなるように、ボールの少し上部を打つようにしているのですが、なかなかです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フェアウェイウッドを見てもらった | トップページ | 現実を受け入れること/8ラウンド目2012年 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ