« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

バックスイングの完了とゆっくりテークバック

気がついても実践出来ないか、次に行ったときはもう忘れているかですが、最近また実感したことがある。

数十年の間に何度も言われたことだけれども、「バックスイングの完了」が大事だと思った。

“Complete your back swing.”

テークバックをひょいと手で持ち上げる⇒バックスイングの完了出来るアングルにならない。

テークバックが速すぎる⇒どこがバックスイングの完了か分からないうちに振り下ろす。

テークバックのアングルが根本的に間違っている⇒肩も入らなければ体重も移動しないからバックスイングの完了以前の問題。

バックスイングの完了を意識してダウンスイングに入るには、ゆっくりテークバックが不可欠です。

藍ちゃんのゆっくりスイングですが、テークバックを超スローでするトレーニングをしているのだそうだ。

ネットで調べたところある人は20秒でテークバックすると書いていた。(それが藍ちゃんの方法かどうかは無知です) 以前、丸ちゃん(丸山茂樹)が2分かけてテークバックする練習をしていると、彼の知人が目撃談として言っておられた。

それで、20秒のテークバックは練習場ではしてないが、テークバックをゆっくりを努力している。

*

藍ちゃんのスイング。何のトーナメントか不明。最初のティーショットのテークバック、スローモーションかと思った。(笑)

*

わたしは腰が弱いので、情けなくも一度に50球から60球しか練習出来ない。良い練習が出来た日でも、終盤の数球になって当たりだす。(凹)

バックスイングが完了してからクラブが降りてくる、ゆっくり肩を入れてバックスイング出来る、クラブフェースの芯に近い場所(?)で打てる。

それが出来るようになって、5,6球でもうやめなくちゃいけない。

どうりでコースでは18ホール当たらないまま終わるはずだわと思った。

ショット数60+32パット=92

この前はショット数66+27パット=93だった。

わたしはほぼノーミスでも55,6ショットは要る。飛距離がないうえレディースから長いコースを回ることが多いので。66は多すぎにしても。(笑)

今日は雨の予報で、そろそろ落ちてくると思うので、その前にパットの練習行っとこう。唯一のグッドニュースは最近パットが良いこと。練習グリーンでは芯で打てる。(爆)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

宮里藍LPGA8勝目/ロッテチャンピョンシップ

LPGAコミッショナーのマイケル・ワン氏も頑張っていますね。試合が減る一方だったLPGA、韓国企業のロッテを引っ張ってきての新トーナメント。

アイデアも良い。試合を水曜日から土曜日にして、韓国や日本の日曜日午前中にライブ中継で見られるようにした。ハワイ開催ならでは。

推測でモノを言ってはいけないが、前の女性コミッショナーがスポンサーを怒らせて、以前あったハワイ開催の試合が消滅したという噂でした。(笑)

アジアのプレーヤーが増えているのだから、東南アジアのみならずハワイ開催の試合も年に1,2試合あっていいでしょう。どんな契約になっているのか伝わってこないが、これからもぜひ継続してほしいと思います。

*

いやはや藍ちゃんは強かったですねー。

4日間を通じて理想の勝ち方をしたのじゃないかと感じる。連日風が強かった。(ハワイのゴルファーは風の中でゴルフするのが上手いと言われるが、いつも風が強いのだろうか・・・)

2日目の木曜日はその中では容易なコンディションだったという。そのチャンスを逃さずロースコアを出した(65)。

彼女は、自分にチャンスがある試合、開催コースというのをよく分かっていると思う。

今週のパット!男女ツァーを通じて、これだけのパッティングパーフォーマンスはそうそう見られない。

不振だったナビスコ・チャンピョンシップのあと、お父さんからのアドバイスでパット時のスタンスの幅を狭くしたそうだ。優勝後のインタビューでなぜアドバイス通りにしたのかと聞かれ、「何でって、お父さんを信用しているから」と笑って答えていた。

*

覚えている人も少なくないと思うが、藍ちゃんがLPGAデビューしたあと最初の1,2年。ことに悪かったのがパットだった。

上りパットを大ショートしたり、ラインが読めてないファーストパットなど、見てるほうも悲惨な気分になった。

これはアメリカのコースの芝やグリーンに慣れるのに、しばしかかったのだと思う。

わたしはただただ尊敬する。

過去、藍ちゃんが優勝するたび書いたと思うが(笑)、20歳の女の子が外国暮らし。すぐにも勝つことを期待されてLPGAでプレーし続けてきたのだ。

日本から見ている人は、ゴルフ業界から素人から好き放題言う。わたしはしばしば呆れた。

成績を出せないと、遊びほうけてるだの、練習してないだの、あたかも見てきたかのように。そんなわけないでしょー。

藍ちゃんがブログに今年のマスターズの感想を書いていたけど、ハイライトを見ただけで、日曜日バッバ・ワトソンの優勝が決まった時間も練習していたそうである。

LPGA初優勝が2009年のエビアンだから、2年ちょっとで8勝挙げたことになる。

Lotte_sun_winningmoment 藍ちゃんも猿腕ですね。彼女が履いているハイソックスは有名になり、他のプロもたまに履いている。TVではコンプレッション・ソックスと言っていた。日本ではアディダスからも出ているが、アメリカでは見つからなかった。どこで売ってるのかしらん。(腰痛から下肢の血のめぐりも悪いと思うので欲しいのです)

Lotte_sun_17thteeshot あの超ゆっくりテンポのスイングはアメリカでも絶賛される。今週はどのショットもリズムが同じだった。好調の理由だろう。

Lotte_sun_18thgreenbunker 18番、セカンドが転がって奥バンカーへ。このバンカーショットも上手かったですねー。藍ちゃんが日本のツァーに出ているときのプレーを見ていると、スコアが奮わない週でも、チップショットやバンカーショットのテクニックが格上と感じる。

18番のティーショット、3ラウンド目のティーショットと今日のティーショットはほぼ同じ場所だった。フェアウェイ右ぎりぎりで、2ヤードぐらいしか違わなかったのじゃあ?

12番パー3で、右バンカーにボールが目玉になったあとも、バンカーショットが左ラフまで行ったが(あれはしょうがない)、ボギーセーブは良かった。

13番の長い下りパット、15番のエッジからのパットもボールの転がりが素晴らしい。解説のジュディー・ランキンが下りのパットが上手いと言っていたが、パットが上手い人はそうでしょ。

ということで、観戦が楽しいトーナメントでした。藍ちゃんには体に無理をしないように、故障をしないように留意して、これからも活躍してほしい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

現実を受け入れること/8ラウンド目2012年

こんなに疲れていると気がつかなかった。早いスタートだったので1時前には帰宅。午後はゴルフ中継を見ながらうたた寝し、夕刻からさらに熟睡してしまった。夜になってゴソゴソ起き、軽いサンドイッチを食べこれからいったいどうやってエネルギーを費やそうかと考えている。う~~~む。

ゴルフはわたしが一番ショートヒッターで格段に下手という3サムで楽しかったですよ。わはは。

*

3rdgreen 先週遅いトワイライトで4ホール回ったとき、グリーンは砂撒きしたばっかりでバンカーと見まがうぐらいだった。(クリックしてみて下さい。9日前の3番グリーン)

昨日9番グリーンをチェックしたら、砂は沈んでいたが芝が高くぼこぼこしていてとても普通にパット出来るような状態に見えなかった。

それで、今日はスタート時から「グリーンがひどいから、ファーストパットを外したらボールをピックアップしようよ(自動的に2パット)」と言ったが、みんなちゃんとパットアウトするから仕方なく、わたしもパットする羽目になった。(笑)

「スコッティーキャメロンの表面に砂がざらざら付くほうが厭なんだけど。260ドルもしたのに。」と未練がましく言う。

2ndfairway 2番405Y。これだけ地面が濡れてるのに、ティーショットがスライスで右ラフ。今日はラフからのフェアウェイウッド(7W、5W、3W)は全て上手く打てた。

まあゴルフというのは練習場で出来たことがコースで出来ないのが普通なのだ。(笑)

練習場ではドライバーが良くて、フェアウェイウッドがダメだったのに。

3番パー3、ピンは奥真ん中。160Yあるがドライバーで突き抜けたら厭だと思って3W。左エッジ。チップで7フィートにつけパー。7フィートったって、あの状態のグリーンで入れるのは大変なのだ。(・・と自慢)

4thfairway 次の4番ホール489Yを見て唖然とする!グリーンの砂撒きのみならず、フェアウェイに穴あけして、犬のウンチが!(ウンチ状の土の塊がごろごろ) 

これはわたしのようなゴルファーには圧倒的に不利になる。だいたいが飛距離がショボイうえ、キャリーの距離がない。快心でキャリー150Yちょっとしか行かない。うまく転がって170Yでしょ。その転がりがウンチで止るんだから。

このホール、4打目が狙いより右に行ってフロントバンカー入り。バンカーからはフロントピンに3mにつけたがパット入れられず。ダボ。

<これが飛ばし屋の女の子>

6thfairway (画面暗いですが、ぜひクリックして下さい)

6番上りフロントから352Y。バックティーから373Y。左に立っているのが、その飛ばし屋の女の子(ノースリーブ)、その右はキャディー役しているお父さん。

どんだけーっ!上りでウンチフェアウェイなのに、270Y飛んでます。

彼女はドライバーもアイアンも、ものすごくゆっくりスイングするのです。ボールをスマッシュしているという感じもないし、そんな音もしないし(笑)、何であんなに飛ぶのか分からん。ドライバーはインパクトの少し前からスルーするとき、体重を乗っけるんだろうなと思います。

というわけで、フロント9は、2938Y(女性パー36)、スコア46(16パット)

ドライバーのティーショットが悪く、△(左ラフ)、△(右ラフ)、×(右ラフ)、〇、×右ラフ)、×(左ラフ)、×(右ラフ)

これで穴あけフェアウェイに文句言ったってね~。フェアウェイなんか打ってないじゃないの。(爆)

*

10thfairway 後半、10番ホール、あっ、フェアウェイに穴あけしてない!と喜んでいたら急にスプリンクラーが回りだして、水がシューッ、シューッ。ついてないわ。右ドッグレッグ。ここもティーショットがミスで右ラフ(泣)。セカンド3W◎、3打目はフェアウェイ左寄りからでプレー距離が長くなるので7W、ピンハイ右ラフへ。チップで50cmにつけボギーセーブ。

13thfairway 13番パー4、ここら辺からもうアイアンで腰が全く回らなくなった。分かっているのに、腕だけで振るのが止らない。腰まわりががちがちに硬くなっているのと、疲れからだと思う。それを見越して1番手、2番手大きな番手で打っているのにグリーンに届かない、右に逃すホールが続いて悲しくなる。

ダボになるところをパットや、エッジからパター使って拾ってボギーセーブにした。

あんなひどいグリーンで、パットだけは良かった。(まったく何なの!)

バック9、3083Y(女性パー37)、スコア47(11パット)

トータル6021Y(女性パー73)、スコア93(27パット)

*

ということで、これだけショットが悪いとどもならんが、練習も週2回が限度じゃあ、このヘタレゴルフを現実として受け入れる時が来たように思う。

今日の取り得はパットだけだった。(笑) これでパットが悪かったらまた100近くいってたろう。

気温が高くなる予報で、暑くなる前に終わるかしらと心配だったが、21℃かそこらにしか上らず快適でした。

飛ばし屋の女の子はたぶん2オーバーじゃなかったかと思う。GPSやブッシュネルでかなり丁寧に距離をチェックして打つが、番手が大きすぎてグリーンの奥バンカーのそのまた上の土手まで行ってしまったときもあった。

花道からチップが上手い。上手いっていうか、カップ下4,50cmに確実に打ってくる。低くて止る球。グリーンすぐ下のラフからチップインバーディがあったが、低いからずっと軌道を維持する。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

おいてけぼりになりそうな予感

ゴルフ仲間の誰も朝早くゴルフしたい人はいないので、わたしは一人で回るつもりだった。

それが俺達も回りたいという話になって・・ランチョはグリーンをエアレーションしたばかりで不人気なのか、あっさりと似たような時間が取れた。

誘ってもらうのは嬉しいことであるし・・・あるが・・・しかしわたし一人100ヤード置いていかれそうなメンバーで・・・。

それがどーしたと思うでしょうが、一人は女の子なんだ。('0')

たぶんバックティー(6630Y)から回るでしょうね。

ひぃーーーーっ。

下手なのは仕方ないが、一人ちょこまかちょこまか打つのは、なんかね想像しただけで漫画だ。

どんなゴルフするのか楽しみだわー。っていうか265Y、270Y打ったらウェッジから8番だろうから、どんなゴルフもへちまも無いだろうけど。羨ましいなー。(笑)

*          

最近パットの練習はしょっちゅうやっている。短い時間だけど、孫を迎えに行く前にちょっとランチョに寄ったり、うちの近所のコースへ夕食後に行ったり。

最大限に努力しているのは、①テークバックを超ゆっくり引くこと。

ショットもそうだし、短いチップもそうだし、何のクラブでもテークバックが早すぎるとボールを見ているのは不可能だと思う。

それから、②芯で打つこと。パターフェースのスイートスポットで打たないとパットはノーチャンスだ。

その次が、③インパクトのあともラインに向けてパターフェースを送り出す。

イメージとして、④カップのどの部分からボールがパコンと入るか、頭に描きながらストローク。

以上が最近の練習で集中していること。

練習グリーンも穴あけ砂撒きしたあとなので、長いのを入れるのは難しい。良いストロークしたかどうか、距離は合っていたかどうかだけ留意する。

短いのが入らないほどひどいコンディションではないので、短いのは確実に入れるようにし、外した場合は外した原因を考えて次を入れる。

今日練習していて、ふとランチョのスポーツバーの窓に目をやったら、自分が写っている。パットする時、以前より前傾しているし膝を曲げ頭も垂れている。

ぎゃーーーっ。

どこの老婆かと仰天。

パットのアドレスやストロークも時々自宅の鏡でチェックしないと、とんでもないことになっていると思った。

*          *           *

こういう曲は自分の好みではないが、ライオネル・リッチーですから。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

フェアウェイウッドを見てもらった

さっきぐるぐるとチャンネルを探してしていたら、昔の映画を放送するチャンネルで往年のイタリア映画『昨日・今日・明日』をやっていた。

おお~~~懐かしい、見ようと思ったら英語の字幕だった。大したことは言ってないから英語は問題ないのですが、ソフィア・ローレンがまくしたてる場面は早口で字幕もぱっぱか変わるので集中が要る。字幕だとよそ見が全く出来ないことに気がついた。

『昨日・今日・明日』は1963年作、ビットリオ・デ・シーカ監督、3つのショートストリー。どれもソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニが演じる。アカデミー賞外国映画賞。

懐かしいなと言ったが、ストリーは全く覚えていなかった。幾つかのシーンに記憶があるだけ。封切り時には見ていない。おそらく高校生か大学生のころ、TV放映で見たのじゃないかと思う。

*           *

最近はほとんどレッスンを取らない。練習で何とか自分で修正しながら打つ。何百回(?)とレッスンを取ってきたから、言われたことはたくさん脳裏にある。そのときどきで、どれが一番「効く」かということなのです。

いろいろ試しても球筋が良くならない場合は、助っ人をお願いする。(笑)

アイアンはまあまあ。ドライバーは当たるようになった。

フェアウェイウッドが最近とんとダメだ。7Wでさえオカシイ。明らかにスイング軌道がオカシイ。まともに当たらない。何とかコンタクトしてもほとんど右行き。

最初の1球のバックスイングしているところでダメ出し。

「クラブフェースをもっと地面すれすれにテークバックしろ。」

それで打った2,3球を見ていた先生、やおら立ち上がり、「どれ、アドレスしてみろ」

いつもの自分のアドレスの仕方は変えられず、「そのままでいい。ヒップをこっちに向けろ」

と、腰を時計周りにぐるりと回されました。イタッ!(何しろ体が硬くなっているから・・)

鏡で見たわけじゃないが、左の臀部を飛球方向よりさらに右に向けて立っているような気分でした。他の部分は何も動かさず、臀部だけぐりっと回す。

そうするとアドレスは同じでも、ボールが後ろからよく見える。またテークバックでクラブフェースを低く引きやすい。

「それでゆっくりスイングすればボールをスマッシュ出来るんだ。」

「打ったあと足を回せ。」

これでだんだん当たるようになり、というかミスしても球筋が良くなってきた。

このスイングでほんとに当たるとドローが出る。しかし、ドローしてボールが落ちるときターゲットラインに戻ってくるには、ゆっくりスイングからインパクトまでのタイミングが要る。

やるべきことは分かったので、(腰が痛いので)早々にやめた。これから一人で練習すときにぽちぽちとやろう。

最近気をつけていること。

ドライバーで特に、スイングが長くなるよう、バックスイングでは腕をめいっぱい伸ばすように努力している。

年を取ると体が硬くなるから、油断しているとどんどん縮こまったスイングになる。飛距離が激落ちする原因でしょ、たぶん。

*

前回も前々回もゴルフ仲間と回ったために、9時台10時台のスタートで5時間半近くかかった酷いラウンド。

とてもじゃないがゴルフにならない。わたしはただでも体力がないのだ。

よって今週は早朝スタートで回ろうと思ったが、7時過ぎしか取れなかった。今日の出は6時20分ぐらい。5,6組目かしらん。

*           *            *

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

コースで練習、わたしのミスの原因

前回はエピソード1などと、あたかもエピソード2に続くような書き方をして実は書くべきこともないのです。

ところで、孫が持ち帰った嘔吐症状はノロウィルスじゃなかったのかと疑っています。1年前、バージニア州や隣接州でノロがかなり流行ったらしい。潜伏期は3日から2週間だそうですが、最近のノロは潜伏期間が長い傾向にあるそうだ。

孫の症状が始まったのが、バージニアからの帰路の機内で。帰宅してもその夜まで吐いていた。これが先週の木曜日。

それでわたしも次第に気分が悪くなっていたが、昨日木曜日についにダウン。午後4時から20時間も寝ていました。(爆) 

たまに食べられないのも良いことだと思うが、これが毎日だったらさぞかし辛いことだろうと想像する。

孫は食欲減退でいつまでも食べると胃が痛い、腰の辺りも痛いというので医者が念のためと超音波をとった。採血の結果も異常なく、スタマックフルー(お腹に来る風邪)が治るまで待つしかないということでした。

*

先日は1番ホールの番狂わせを除き、一人で回ったのでミスショットしてはもう1球打ち、また素振りもしてトップの位置の確認などしながら打った。

それで考えたが、コースに出るとひっちゃかめっちゃかになるのは、わたしがせかせかと打つからだと思う。

年を取るとせっかちになると言うではないか。(笑)

昔からほとんど素振りをしない。ロスに来て初めてついた先生にラウンドレッスンで言われた。「練習スイングはやめなさい。君は練習スイングでエネルギーを使ってしまうんだ。」

どれだけ練習スイングも力を込めて振っていたのかと思いますが。

いまだに唯一、何回か練習スイングするのは、難しいライからのグリーン周りの短いチップ。草が深かったり、タフだったり、爪先下がりライ、左足下がりライなどなど。

(それでもトップが出たりするが・・あーあ)

トップ位置までバックスイングを完了してからダウンスイングに入らないと、左サイドを我慢するも何もない。

スイングのタイミングは人それぞれだろうが、わたしの場合、トップで2分の1秒待つぐらいの気持ちで良いように思う。

もう一つ気がついたのは、インパクトで手(両手)を滑らせないといけない。レイトヒットなんていう芸当は下肢が安定して脚力がある人がすることで、わたしがやろうとすると後ろをダフるのが関の山だ。

練習場では打っていて気がつくが、コースでは手や腕に力が入って、ボールに当てて終わってしまうんだわね。20年以上もゴルフしてこうですから、下手なわけだ。

2ndhole かなり暗いですが、2番ティーグラウンドから。1球目のティーショットが少しスライスした。もう1球は良い当たりで真っ直ぐ行ったように見えたのに、フェアウェイ右ぎりぎり、同じラインで3ヤードしか違わない場所にあってがっくり。わたしのゴルフ力を典型的に表している。

3番パー3(センターまで140Y)、ピンはフロント、風アゲンスト。

グリーンは逃したが(笑)、7Wでピンハイだったのでこれからこのクラブ使おうっと。(5Wと7Wは娘から拝借中)

今日はかなり強い雨と午後はすごい雷。一度はどっかに落ちたと思う。どこか燃えてないかドアを開けて見たかったが、軒先でも雷に打たれるそうだからやめといた。

ロスは雷も少ないが、たまの雷が結構落ちる。何でもニョキニョキと木が育つので、市街地や住宅地の木が高いのだ。

*         *         *

Train

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

コースで練習、怖い男に遭遇

今深夜を過ぎたところですが強い雨で・・ブウォーッという雨の音です。

わたしは嬉しがってさっきから時々ドアを開けて、外の雨の音と匂いを確認している。懐かしいのです。南カリフォルニアは非常に雨が少なく、日本のように雨脚が強いことがない。

雨は懐かしいが、ロスの雨は長くて1日で終わるから嬉しいのであって、毎日降ると鬱っとおしい。

夜から降り始め翌日一日雨の予報なので、運動代わりにコースを歩こうと暗くなるころランチョを数ホール一人で回ってきた。

*

エピソードその1。

怖い男がいた。7時過ぎてからコースに出るのは流石にわたしが最後で、ティーショットは1回だけにしたが、フェアウェイからのセカンドをミスしたので2球目のボールを打った。

1つ目のボールのアプローチショットを打ったあと、フェアウェイ後方から何かわめきながら猛烈な速さで近づいてくる男。かなり大きな声でわめいているが、何を言っているか分からない。

何せ周りに誰もいないのだから、ちょっと怖かったが(頭がオカシイ人かと思ったので)、こちらも男の方へフェアウェイを戻った。

満面の笑みで、「ハーイ!何て言ったの?聞こえなかったわ。」

男「タイトリストのボール打たなかった?」「僕のボール打たなかった?」

メリー「いいえ。わたしはキャラウェイのボールなの。」

近づいてきた勢いの割りにはあっさり納得して、「そうかキャラウェイか。僕のボールが見つからないんだ。タイトリストで、僕のラッキーボールなんだ。(笑う)」

男は逆戻りして右ラフを探している。わたしは2球目のアプローチを打って、右ラフをグリーン方向へ歩き始めた。

男は、また急ぎ足でこちらに来る。

メリー「ボールは見つかったの?」

男「(グリーンまで)157ヤードだと思ったら、177ヤードだった。ラフがすごくて飛んでなかった。全米オープンのコースみたいだね。(笑う)」

メリー「わたしもティーショットの当たりが良かったと思ったのに、ボールは飛んでなかったわ。フェアウェイの芝が伸びてるんだもの。」

メリー「あなた、追い越したいなら先に行っていいわよ。急がなくていいから。」

男「いやいや、2ホールだけプレーしたいんだ。僕はあっちに戻るから、あなたはこっち(2番ホールのほうを指し)に進んで。」

男はしゃかしゃかと超急ぎ足でグリーンへ上る。グリーンにわたしのボール2個あるのを見て、

男「ナイスショットじゃないか!」

わたしはグリーン上にもう1球ボールがあるのを見てゾッとした!

彼はわたしがグリーン下5、60ヤードにいる時、何も言わず後方の右ラフ177ヤード地点からグリーンに打ったのだ!

ゾーーーーーーーーッ。

やっぱりキの字でしょ?

メリー「グリーンに乗ったらボールをピックアップしようと思ってパターも持ってこなかったのよ。」

男「ふーん。パター持ってこなかったの?」

男はピンも抜かず、パットする。砂撒きグリーンなので強く打ったのだろう、強すぎて2mぐらいピンを通り越した。

男「速い!」

セカンドはカップにはじかれ、30cmをタップインする。

男「ボギー!」と恥ずかしそうにいう。

何も言わず、小さいバッグを肩にかついで速足で隣の4番ホールへと降りていった。

わたしはあっけに取られて見ていました。

1sthole グリーンセンターまで150Y地点辺りから撮った1番グリーン。白く見えるのは砂撒いたばかりだから。よってパターは持参せず。

4thgreen 1番フェアウェイから隣の4番グリーン。左がバンカーで右がグリーン(爆) ランチョは春、大きな穴をあけ、大量の砂を撒く。どこのコース行ってもこんなに砂を撒くところは見たことない。砂についている足跡や、ボールの跡をみると、たぶんわたしが行く1,2時間前に撒いたのだと思う。

遭遇した男は練習場で打ったあと、ティーグラウンド付近に誰もいないのを見計らって1番ホールをプレーし、4番のフェアウェイからグリーンに打って戻るのだろう。そういうことするのは彼だけじゃあるまい。

猛烈な勢いでわたしに近寄って、自分のボールを打たなかったと聞いたときの彼の目は大きくて厭な光りだった。あれは何かでハイだったに違いない。(笑) 

4番でティーショットを打った辺りでもうボールも見えなくなったので、ボールを拾って戻りました。思ったより日没は早かった。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

バッバ・ワトソン

日本ではあまり知られていないのか、あるいはTV中継で選手の情報まで言わないのか、マスターズ優勝者バッバ・ワトソンの検索で来る方が多いので少し書いておきます。

<マスターズで使用したギア>

ドライバー:Ping G20 (Grafalloy BiMatrx) ロフト7.5

4W:Ping G20, ロフト16.5

アイアン(3~PW):Ping S59

ウェッジ:Ping Tour-W 52 & 56, Ping Tour-S Rustique 64

パター:Ping Redwood Anser

ボール:Titleist Pro V1x

最近ピンクヘッドのドライバーを使っているが、これは特別作ってもらったもの。チャリティーに寄付してもらうためだそうだ。彼と奥さんは独自でチャリティーをしており、小規模でいろいろなところに寄付や援助をする主義と言っていた。(ゴルフチャンネルのショーに最近出演して語っていた)

☆ニュース速報(笑)

Pingpinkbubbadriver


Ping社はバッバ・ワトソンが使用しているドライバーに近いもので、ピンクヘッドとピンクシャフトのドライバーを、5000本の限定で市販するそう。

右利きには、9.5、10.5、12。左利きには10.5。

シャフトはS、R、L。

販売価格、$430 おいっ、高すぎ。

えーっ、こんなのー?と思うでしょ。俺もあのドライバー欲しいと思うのがアメリカ人なのです。あはは。

<家族>

Sun_bubba_caddiemom プレーオフで決着がついた10番ホールのグリーンでハグしているのはお母さんです。キャディーはテッド・スコット。お父さんは2010年に癌で亡くなっている。

お父さんはタイガーのお父さんと同様グリーンベレー上がりで、育ったフロリダの家では玄関の鍵を閉めたことなかったと以前話していた。

Angiewatsonbubba 前のブログで書いたが奥さんはアンジェラ(アンジー)。元WNBA、女子プロバスケットボール選手。身長6フィート4インチだそう。193cm(アーニー・エルスぐらいか) バッバは奥さんよりほんの少し低い。この画像は去年のズーリッヒ・クラシック・ニューオリンズに勝ったときだと思います。彼は勝つたびに大っぴらに泣く。

奥さんがプロアスリートなので良い影響を与え、ワトソンが強くなったことに貢献したといわれています。

今回のマスターズを含めPGA4勝。そのうち3回をプレーオフで勝っている。距離で圧倒するせいもあるのじゃないかと思う。

コーチは持っていないので有名。子供の頃はお父さんが教えた。

*            

バッバ・ワトソンとハンター・メイハン出演、今年のPingのコマーシャル。結構好きなのです。(笑)

ドライバー版

次はアイアン版。トーナメントスタート前にバッバが鏡を見て、自分を鼓舞しているところ。「お前が勝つんだ。お前を負かすヤツはいない。」メイハンが顔を出して、「俺もピンのアイアンなんだけど。」

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

2012マスターズ終了

今年のマスターズの帰結を見て、勝つ勝たないは紙一重だと感じた。

紙一重のミスショットの結果、紙一重のショット選択の決断。

わたしはウーストハイゼンを優勝候補の一人に選んでいたが(お金は賭けないがゴルフサイトで優勝予想して遊ぶところがある)、タイガー以外では現実的に最も信頼出来る「馬」だと考えていた。

マスターズが始まる前に選ばねばならないから、彼がこれが4回目の出場で去年まで一度も予選通過していない事実を知らなかった。ひぁーびっくり。今までのベストスコアは73だったのですよ。

(反省、もっとスタティスティックとレコードを下調べして賭けるべし)

彼を選んだのは調子を上げてきているのを知っていたから。彼とシュワーツェルの実力はメジャー1勝してあとは勝てなくなる人達ではないと思う。あのスイングとステディーなゴルフは、いずれ勝つんだ。

(ちなみに、ウーストハイゼンは今年1月南アフリカ開催のアフリカオープンで優勝している。ヨーロッパツァーの試合)

*

プレーオフ、まず最初の18番ホール。およそピンハイ右からのパットはウーストハイゼンのほうが長かったが、良いストロークした。あれが入らなかったのは何だろう・・?

次にパットしたワトソンのほうがはるかに短い。全く同じではないがラインを見ていたはずだ。カップの下側に逃したが、カップに触りもせず。DVRを何度も見直したがボールの転がりから見て、ウーストハイゼンよりピュアなストロークをしたとは感じない。

次の10番。これは難しいホールですね。最初にワトソンがティーショットをまたミスし(4ラウンド目でも同じようなところに打っている)、大きく右に行く。しかしツリーラインからのアングルで、「ショットがあった」のはラッキーだった。

トラブルに行ったとみて、ウーストハイゼンはティーショットを3Wに変える。これも大きく右にそれたのは大ミスショットだった。木に当たって戻ってきたのか、誰かが蹴飛ばしたのか不明だが(笑)、ボールは右ラフにあった。これもラッキーと言えるかも知れないが、残り231Yもある。

これは少し爪先下がりのライだったでしょう。ファルドーは4番アイアンだろうと言っていた。「これはマッチプレーの状況だ。勝ちたいと思うなら、ここで絶対グリーンセンターに打たなきゃ。」

ショットのあと、ファルドー「(当たりが)少し薄かったね。」(草を取ってなかった)

画面見ているとボールはちょっと変な軌道だった。与えられたライとグリーンへのアングルから、グリーン左を狙ってフェード打つのが普通じゃなかろうか。その作戦でミスショットしただけか、番手不足か。

結果的にこれが境目だったと思う。

マスターズはサンデーバック9まで始まらないとよく言われるが、ワトソンは13番から16番まで4連続バーディにしている。

Sun_bubba_ceremony


去年のチャンピョン、シュワーツェルは史上初めて15番から18番まで4連続バーディにして優勝したが、今年もまたバック9のパーフォーマンスが制覇しました。

*

日本では放送も違うと思うので記しておきます。『ごるふな日々』のhiroさんも書かれていて、優勝の直後10番グリーンでお母さんがハグして変に感じた方もいたかも知れません。

こういう事情です。ワトソンの奥さんは赤ちゃんがまだ小さいのでオーガスタまで行けず自宅で留守番していたため。

この赤ちゃんは、ワトソン夫婦が2週間前に養子として正式に我が子にしたばかり。生後1ヶ月でワトソン家に来た。

奥さんは元WNBA(女子プロバスケットボール)の選手で、子供が出来ないのだそう。4年前から養子を申請していてやっと実現したもの。

育てられない事情の親に生まれた赤ん坊が、ワトソン夫婦のようにお金に不自由のないうちに貰われてラッキーな子だと祝福する人が多かったが、わたしは逆だと思っていた。

養子で子供が見つかって、ラッキーなのはワトソン達のほうだと思った。

Angiebubbawatson


このマスターズの優勝で、ますますその思いを強くした。この子はワトソンにラッキーチャーム(幸運の魔法)ですよ。画像は赤ちゃんがワトソン家へ来て1,2日後。彼がツィッターにアップしていた。ベイヒル・インビテーショナル後の月曜日に南フロリダに赤ちゃんを迎えにいったそう。

コングラチュレーションズ!!

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

2012マスターズ金曜日・土曜日終了

いやはや、毎年のことながらもの凄いマスターズですね。サンデーバック9どころか、まだ日曜日も始まっていないのに。

これだからマスターズ観戦はやめられない。

まずタイガーの話。昨日はひどいゴルフでした。あまりのショットの悪さに、TV観戦のあと自分も練習場に行かずにはいられなかった。(どういう関係が・・?)(爆)

2つ前のブログに書きましたが、タイガーは練習風景からして撮影されるので、ゴルフチャンネルのニュースで流れる。

水曜日の練習ラウンドで、打った後の彼の目線と表情で左に行ったなと思った。また月曜日の練習ラウンドでは、15番グリーン前のクリークからボールをウェッジで拾っているのが写った。

なんか今週は最初から調子が悪かったのだと思う。スイング改造の途中で、古いスイング軌道と新しいスイング軌道がかち合い、メジャーのプレッシャーでどんどんひどくなっていく・・というパターンだったのじゃないかと思う。

金曜日のショットでは、16番で9番アイアンで右バンカーに放り込んだショットより、15番パー5のセカンド216Yを4番アイアンではるか右にプッシュアウトしたショットが腹が立ったと言っていた。

そこからのチップで目の前のバンカーに放り込んだのも、去年のもっとも悪いときのタイガーの再現でした。

13番パー5、3Wで打ったにもかかわらずティーショットがフックして、クリークに入るかと思われたが左寄りで止っていた。そこからのコースマネージメントが、TVのコメンテーター、レポーターが昨日も今日も批判していた。

Fri_13thleftrough_lacava Fri_13thleftrough Fri_13thleftrough2 キャディーのヤーデージ(?)を聞いている風なタイガー。なんか聞いてないような顔してません?(笑)

Fri_13th_creek Fri_13th_creek2 コメンテーターのピーター・コスティスが、グリーンに打つには50ヤード曲がるフックが要るという。ショットはフックがかかりすぎたそうだが、左手前のクリーク方向へ。どうやってここにボールが留まったのか不思議でしょうがない。覗きこんでボールをピックアップするタイガーに、キャディーのラカーバは呆れた顔をしているように感じたがどうだろう。

先にヒメネスとキャディーが通って興味深げに見下ろしていたのがおもしろい。タイガーはアンプレーアブルからチップで寄せてパーセーブする。

Fri_18th_tigerbunker 18番もひどかった。ドライバーで良いショットを打ち、左バンカーに届くかと思うほど長かったが、そこから7番アイアンで左フロントバンカーに放り込む。しかしピンフロント、良いバンカーショットで寄せてパーセーブ。

しかし、こう書いているとどんなに悪いプレーでもタイガーのことを書いているのは楽しい。(爆)もう1回DVRを見ようかな。わはは。

最近は体力が落ちて、タイガーがプレーしていない中継を見ているとすぐ居眠りしてしまう。(すっかり婆さんだわ)

*

今日土曜日は10:35スタートで、中継開始前に終わってしまう。予選中継局のESPNでは、「フィーチャー・グループ」としてタイガー&シュワーツェル組をライブ中継でネットで流していた。これに気がついたのが、彼らが10番グリーンにいる時。それからずっと見ていた。

わたしは今週のタイガーは、練習場で調整して巻き返すということが出来ないのではないかと推測していたので期待はしていなかったが、2番パー5でまたしてもバーディに出来なかったのでやっぱりと思った。(笑)

13番パー5では3Wのティーショットがまたしても激しくフック。これはほんとへたれ素人のチーピンフックみたいに早い時期から左へ曲がった。クリーンの土手にボールはあった。やっと立てる傾斜でフェアウェイへ出す。ここからの3打目がまた奥ピンに大ショート。パットも良くないのに、長い上りが入るわけない。

14番、フェアウェイから良いショット打って、“One yard! Not again.” 狙いより1ヤード右に落ちると、グリーンから50フィート下まで転がり落ちてしまうからだとピーター・コスティス。タイガーのボールは奥ピンの右へ。15,6フィートか。これは良いストロークして良い転がりだったが入らず。

ちなみに、ハイライトで見るとフロント9ではパットは良いストロークしていなかったと思う。バック9は入らないが、良い転がりをしていた。

15番530Y、ドライバーのティーショットは良いスイングをしたように見えたが、フェアウェイ左寄りへ。セカンドは大きなフックが要る。これも4番か5番アイアンぐらいか、打った後、“Come on. Turn, turn!”と言うも、フックが足りず右バンカーへ。(金曜日と同じバンカー)

Sat_tiger_15thgreen 左寄りピンへバンカーショットは短かった。最後のパー5もバーディを獲れず。ここも良いパットしたがカップ左をすり抜けた。がっかりするタイガー。

16番166Y。昨日は9番アイアンのひどいスイングで右バンカーに入れたが、今日は8番アイアンのハーフショットで右バンカーに入れた。まったくねー。今日はライが良かったので、ピンへ3フィート余につけてパーセーブ。

17番、セカンドをピン左上へ。このピンの旗がパタパタしていっときも垂れなかった。いくつかのホールでは結構風があったと思う。パットはボールひと転がり足らず。

18番、ドライバーのティーショットは良いスイングで昨日とほぼ同じ、左フェアウェイバンカーのちょっと前。奥真ん中のピン下へ打ったが、パットはカップ右を素通り。

バック9はオールパーで、72。トータル3オーバー。

*

書かずばいられぬフィル・ミケルソン。

今日中継で聞いていたが、タイガーやミケルソンがチャージをかけたときのギャラリーのウォーという地響きでもするような大歓声は他のプレーヤーでは聞かれない。

ミケルソンのフロント9がオールパーというのもどういうプレーだったのか知らないが、10番からCBSアナウンサーの「このホールから始まるよ」という希望的願望の予測どおり(彼のご贔屓はフレッド・カプルスとミケルソンなのは有名)、バーディ。

そこからの着々とした攻めとスコアにしているプレーは見事でした。

木曜日のブログに書いたと思うが、彼は10番のトリプルで4オーバーになった。そこから必死の巻き返し、最終ホールを渾身のバーディで2オーバーまで持ってきたとき、ミケルソンは優勝争いに入るなと思った。スコアではなく、ティーショット右や左の乱調から、2打戻してきたゴルフ力です。悪いゴルフをしていても、それだけの調子はあるということだから。

ラウンド後のインタビューで、調子は悪くないんだと非常にポジティブで、2オバーまで戻したことに興奮している様子だった。

そこから金曜日68、今日の66とスコアにしているのだから、恐るべし。

今日のバック9の攻め方を見ていると、コースを知り尽くしている、グリーンを知り尽くしている。

ミケルソンも6月で42歳だ。毎年どのメジャーも照準を合わせているとは言え、ここ2,3年が勝負と思っているのは当然だ。

初日からこれほどフィストパンプに力が入っている彼を見たことない。今日のバック9もイーグルやバーディの度、フィストパンプしいたような。

Sat_phil_13thgreen1 Sat_phil_13thgreen2 13番のイーグル。インタビューで、「あのラインのパットは何十回もしたことある。途中まで上りでそこからカーブしてカップのほうへ落ちていくんだ」

15番パー5はセカンドのアイアンが大きすぎてグリーン奥へこぼれた。TV中継には出なかったが、彼にはめずらしく(?)クラブで地面を叩いていたそう。(Yahooスポーツ画像による)

15番のグリーン奥は芝が短くてもグリーンへ逆目に生えていてねちっこいそうだ。よってパターでは寄せるのが難しい(今日マット・クーチャーがショートしていた)。ミケルソンはバウンスが無い64度ウェッジで、ロブショットしていた。

ぎゃああああああ。

あの薄いライから、あの速いグリーンにロブショットってあなた、見てるほうが心臓に悪い。インタビューで、「どうしてもピン通り越した奥へ打ちたくなったから。ラッキーにも例年よりほんの少しピンが前だったし」

パット入れて、ショットを見事にスコアにした。

Sat_phil_18th_hookshot1 Sat_phil_18th_hookshot2 18番もすごかった。ティーショットは3Wでツリーラインのファーストカットラフへ。30ヤード曲がるフックが要ると言っていたような。フィニッシュ前に左腕でクィッと一押しするテクニック。

Sat_phil_18thgreen 奥ピンの下、12,3フィートか。これもラインが簡単に読めている印象がある。この難しいホールを3日連続でバーディにしているのはクレージーだ。1ラウンド、ピンフロント。2ラウンド、ピン左奥。3ラウンド、ピン右奥。

首位ピター・ハンソン、9アンダー。2位ミケルソン、8アンダー。

3位ウーストハイゼン、7アンダー。4位バッバ・ワトソン、6アンダー。

ミケルソンには他プレーヤーよりプレーシャーがない。2年前に勝ったばかりで自信は余るほどある(笑)。2,3打内にいるプレーヤーは、誰もミケルソンほどグリーンを知っていない。

彼が有利でしょうね。さあて、誰が崩れるか、誰がサンデーバックをサバイブ出来るか。楽しみです。

タイガーは11:30、VJ・シンと。最後の7,8ホールは写るのじゃないかと思う。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

2012年マスターズ初日終了

あややや、またしても日付が変わってしまった。娘と孫がバージニア州から戻ってきて空港に迎えに行ったが、スタマックフルー(お腹に来る風邪)か何か移ったらしく飛行機の中で嘔吐して大変だったそうだ。大人でも飛行機で吐き気は辛いのに。

友達の子供のうちの二人が、前の晩に同じ症状だったというから移ったのでしょうね。バージニア怖るべし。(笑)

*

タイガーはティータイムが10:35。マスターズは他のPGAツァーの試合のようにショットトラッカーもない。

中継局ESPNに「スポーツセンター」という、スポーツ全般のニュースを次々の流す番組があって、たまに(30分から45分に一度というところか)まとめてタイガーのプレーを流す。

あとは、ESPNやゴルフチャンネルのレポーターがマスターズのメディアセンターに詰めているのでそこからツィッターで、ライブの情報が伝わる。

わたしは勿論、ずっと情報を追っていました。(笑)

メジャーはプレッシャーが違うから、予想はしていたが、1番、見事なダックフック。ツリーラインから、下は松葉のライで葉っぱの下からリカバリーショット。これはグリーン前花道へ言って、チップしてパーセーブ。

Th_tiger_2nd 2番パー5は、さらにひどいチーピンフック。これはツリーライン下のクリークに入ったそうだ。アンプレーアブルでドロップ。3打目をフェアウェイに出し、これもチップでパーセーブ。(画像はアンプレーアブル宣言のあとドロップしたボール)

3番短いパー4ではアイアンでティーショット。バーディ。

4番249Yパー3では惜しいパットが入らず、2パットパー。

5番パー4、6番パー3をパー。

7番パー4ではフェアウェイをキープしたがボールに泥がついており、ボールは大きすぎたうえフックしてグリーン後ろバンカー。セーブ出来ずボギー。

8番パー5(あの上りがきついホール)。ティーショットは右フェアウェイバンカーへ。2打目はフェアウェイ左寄りへ。チップは大して良くなかったがパット入れてバーディー。1アンダーへ。

9番パー4をパー。

10番パー4はピンフロント、右のバンカー寄りだったがセカンドを良いショットでピンハイ右。バーディ。2アンダーへ。

アーメンコーナーへ。

11番難関パー4。アプローチショットは今一気に入らないようだったがパー。

12番パー3。ピンは木曜日では有りえなかった、右寄り。例年の日曜日とほぼ同じだったという。8番アイアンぐらいじゃないかと思うが、ピン左下もかなりショート。パー。

13番パー5。3Wのティーショットはフェアウェイ右寄りの良いスポット。セカンドを打つ前に、同組のヒメネスがクリークに入れた。タイガー、セカンドはアイアン、奥バンカーへ。バンカーショットは15フィートぐらいカップを越し、バーディパット入れられず。

この頃、現地の2時25分ごろ。気温22度。風は4,5m。

14番パー4をパーで、15番ホールからライブ中継が始まりました。

17番パー4で、ドライバーが左ラフ。このホールは近年たたられるのじゃないか。去年のマスターズ、土曜日にアイゼンハワーツリーの下、中腰で打って左膝とアキレス腱を痛め、結局5ヶ月棒に振った。

今日も木の葉っぱの下を抜く低いショットしか打てず、フロントバンカーへ。バンカーショットはピンにショート。パット入れられずボギー。

18番パー4、ドライバー、さらに酷いチーピンフック。アンプレーアブルにしたのだからどれだけ曲がったんだか。3打目が225Yもあったそうだ。

グリーン左下へ打つしかなく、そこから良いチップでピンハイ右4フィート。入れて、ボギーセーブ。

今日のティーショットの悪さは、タイガー得意の素晴らしいリカバリーショットが無ければ、75,6叩いていたでしょうね。

今日は朝のウォームアップから悪く、終日どのクラブでもスイングが悪かったと言っていました。ラウンド後のインタビューでは意外と穏かで頭から湯気をだしているような風は全くなかった。速攻で、コーチのショーン・フォーリーと修正すると言っていました。

タイガーはマスターズ初日でロースコアを出さないので有名だが、今週は早く挽回しないと無理じゃなかろうか。

あまりに多くがアンダーで回っている。

*

オーガスタの酷さを早くも思い知らされたのが、今年やっと復調の観があるヘンリック・ステンソン。

フロント9はイーグル2つとバーディの31。バック9でも5アンダーで最終ホールまで来た。そこでチーピン。

木のアザリアの間から左ラフへ出した。オフィシャルに救済がないか聞いたぐらいだから、ギャラリーが踏み、泥がついた悪いライだったのだろう。フェアウェイ右寄りへ。そこからのアプローチショットが不用意だった。

ピンを越えて奥へこぼれた。チップはエッジまで。以下省略の「8」

それでも、1アンダーで終えた。

午後スタート組ははるかにタフなコンディション。(午前組でもピンポジションゆえにタフだったが)

Th_phil_18th_birdie ミケルソンはタイガーに輪をかけてショットが右へ左へ。ロストボールしたぐらいだが、最終ホールをバーディにして2オーバーにとどめたのは流石。

リーダーのリー・ウェストウッド(5アンダー)、ピーター・ハンソンとルイス・ウーストハイゼン(4アンダー)のほかに良いプレーをしていると感じたのは、強かった時期の彼に戻りつつあるカブレラ。

Th_cabrera 彼はマスターズでいつも上位に来る。最終ホールでボギーにしたが、ホールアウトした表情はボギーで抑えて好位置にいるという気持ちが見えたように思う。今週でなくとも、わたしは彼がもう一度メジャー獲ると感じている。

40過ぎで衰えない飛距離とアイアンのスピン。むちゃ止る球が打てるのはメジャーコースでアドバーンテージですよね。

Th_westwoodvijai Th_vijaiqasssingh ウェストウッド、VJ・シン(-2)、ジム・フューリック(-2)組は午後スタートにもかかわらず全員良いプレーをしていた。右、VJはキャディーに息子を使っていたのですね。中継中は気がつかなかった。去年から今年大学卒業ぐらいじゃないかと思います。

Th_vijai_18th_birdie 18番グリーン左下からパターを使ってカップインバーディにした。ギャラリースタンドの人の少なさに驚く。午後組がバック9をプレーする映像でここかしこのギャラリースタンドで空席が目立った。シャワーがちょっと降った程度だったと思うが、朝から詰めていた人達は雷雨の予報でタイガーがホールアウトした頃から帰ったんじゃないか・・?

Th_matsuyama 最後の日本からの松山君。マスターズ開始前の彼のコメントと今週の練習風景の映像のショットを見て、良いプレーをするのじゃないかと予想していましたが、1アンダーの好プレー。最終ホールのボギーは口惜しそうだったですね。

石川遼は苦しいゴルフをしているようですね。フレッド・カプルス、ダーレン・クラークと素晴らしいプレーヤーと同組で、招待を無駄にしないよう予選通過は果たしてほしいと思う。

明日はタイガーは午後スタートなので、ホールアウトまで十分写るでしょう。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

今日からマスターズ

ぐずぐずしているうちに西海岸でも日付が変わってしまいました。4月5日、今日がマスターズの初日です。

中継局のESPNからゴルフチャンネル、マスコミに一般ファンと、もう待ちきれない待ちきれない待ちきれないと言う人ばかりです。みんな異常に興奮しています。

運を左右するのは天候もあるかも知れない。異常な暑さが続いたあとは雨。火曜日の夜から朝にかけて50mmぐらいの降雨。風も強かったのか知らないが、コースはわやになっていました。

Wed_groundcrew Wed_groundcrew_tree Wed_fowlerbubba Wed_groundcrew_bunker

↑水曜日の朝、グランドクルーが出て短時間で片付けたということですが。オーガスタのバンカーは砂質から目玉になることは稀なのだそうです。

水曜日は毎年恒例のパー3コンテストがあるが、タイガーは出ていない。月曜日から連日同じメンバーで練習ラウンド。

Wed_tigerohairomeara_nelsonbridge Wed_tiger_approach Wed_16th_2 ショーン・オヘアとマーク・オメーラ。右は16番パー3の水切りショット。水曜日は水切りしたボールは見事グリーンにオンしたらしいが、月曜日はマーチン・カイマーの水切りショットがホールインワンした。彼はマスターズで予選通過したことがない。

Wed_tigerteeshot Wed_tgier_chip カメラアングルがよく分からないが、水曜日の練習ラウンドの映像ではどうも3Wのティーショットで左行きがあったように感じた。

*

水曜日のパー3コンテストの途中で雨、それ以降打ち切りになった。夕刻また陽が出たそうだが、木曜日初日は断続的シャワーに午後からは雷雨。風も出る予報。

天候中断、再開、中断、再開になるかも知れない。

今のところの予報では朝スタート組が有利になるかも。

それから今までの雨で既に地面は濡れて、グリーンでボールが止るそうだ。ミケルソンは記者会見ではっきり、「コースが柔らかいからバーディー合戦になるだろう。木曜日からロースコアを出していかないと」と言っている。

ティータイムは、タイガー組が午前半ばの10:35am、フィル・ミケルソン組は午後最終組の1:53pm。金曜日はそれを逆にする。ちゃんと視聴率が取れるようにしてある。(笑)

タイガーは、M・ヒメネスと韓国のサン・ムーン・バエ。バエはさぞかし勉強になるでしょう。彼はまだアメリカのコースに慣れていないから時々、ひどいコースマネージメントをする。良いプレーヤーですけどね。

その前の組にカール・シュワーツェル、キーガン・ブラッドリー、ケリー・クラフト(AM)

一つ後ろの組にはルーク・ドナルド、F・モリナーリ、ニック・ワトニー。

ミケルソンはハンター・メイハン、スウェーデンのピーター・ハンソン。彼も石川遼と同じように米PGAのテンポラリー会員になった。

その一つ前にローリー・マックロイ、アンゼル・カブレラ、バッバ・ワトソン。おもしろい組み合わせでしょ。

TVライブ中継は現地時間の3時からなので、タイガーはおそらくホールアウトした後と思うが、同じESPNのスポーツセンターという番組で随時放送するもよう。

リーダーボード

さあて、タイガー、好スタートが出来るか。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

今日からマスターズ週間

今ここらの学校では春休みで、娘と孫はバージニア州の友達のところへ遊びに行っている。まあワシントンDCと同じです。

Springbreak_martinlutherkingjr Springbreak_martinlutherkingjrmemor マーチン・ルーサー・キングJr.メモリアル。左はキング牧師の巨大な像。右の壁には師の有名な言葉が彫ってあるようだ。

桜がたくさんあるところで開催した、ジャパニーズ・フェスティバルに行ってきたそうだ(孫曰く)。今回の旅では、孫に桜を見せるのも目的の一つ。春休みは短いので日本へ行くのは難しい。

今はバージニア州のリゾート地に友達母子と行っている。

ということで、わたしも孫がいなくて羽を伸ばす絶好のチャンスなのだが、ゴルフで疲れてしまったのか、元気なく毎日TVを見て暮らしている。(情けないっ!)

*            *           *

今年のマスターズはタイガーが復調してきているし、例年よりさらに期待と興奮は高まり、日曜日が終わるやいなや、もうPGAもLPGAもどうでもいいやという感じで、ゴルフファンはみなマスターズ談義です。

ところで先週のシェル・ヒューストンオープンはハンター・メイハンが優勝。メイハンは2月のWGCマッチプレーにも勝って今季2勝目。3月初めのマイアミ開催WGCキャデラックチャンピョンシップではジャスティン・ローズ。2週間前はベイ・ヒルでタイガーが勝った。

この3人の共通点は?

コーチがショーン・フォーリーであること。

タイガーが新しいコーチとしてフォーリーを選んで途端に渦中の人になった。タイガーの変てこりんなプリショットルーティンの軌道、アイアンでグリーンオーバーしチップショットでショートするタイガーに、フォーリーを選んだタイガーが批判され、フォーリー本人も叩かれた。

ゴルフチャンネルの元PGAの解説者達や、マスゴミのようなゴルフレポーターが、そのボロクソに言うことあんまりであった。

しかし、タイガーの2年半ぶりのPGA優勝と昨日のメイハンの優勝で、フォーリーのスイングコーチとしての株は一挙に天井知らずの勢いで上昇。

みんな現金で大笑いだ。

タイガーのマスターズの成績は凄い。スキャンダル以来、試合にも出ていなかった2010年のマスターズで4位タイ。去年のマスターズでは土曜日に膝とアキレス腱を痛め、足を引き摺りながらの日曜日でも4位だった。

そこへ元気になり2週間前に優勝しているのだから、タイガーファンならずともタイガー優勝を予想する人は多い。

ラスベガスやロンドンの賭け元では、タイガー、次にマックロイでしょうか。(笑)

下は月曜日の練習ラウンド風景。

Mon_cabrera Mon_kj_holing Mon_ryo1 Mon_ryo2

左、ギャラリーの声援に答えるカブレラ。 フェアウェイからのアプローチショットがカップインしたKJ・チョイ。右2枚は石川遼。これもカップインしたのじゃないかな。

Mon_olazabalfernadezcastanoquiros Mon_schwartzeloosthuizen_2 Mon_westwoodwoosnam

左、スペインからホゼ・マリア・オラザバル、フェルナンデス・カスターノ、アルバーロ・クイロス。クイロスは意外とマスターズに目があると思うが、いまだに実現しない。中、ディフェンディングチャンプのカール・シュワーツェルとルイ・ウーストハウゼン。この二人も優勝候補にあげていいと思う。右、リー・ウェストウッドとイアン・ウーズナム。ウェストウッドも今年はメジャー獲得に必死でしょうね。

Mon_scottogilvy_2 オーストラリア勢のジェフ・オギルビーとアダム・スコット。スコットはメジャーに照準を合わせ試合数を減らして練習を増やすと宣言しているが、今季PGAではノーザントラストLAオープン、WGCマッチプレー(1回戦で敗退)、WGCキャデラックにしか出ていない。ストロークプレーではたった2試合。極端ですね。その方法はスコットじゃあ無理じゃないの・・?(笑)

今日は初出場者の記者会見がありました。カイル・スタンレーがすっぱりヒゲを剃っていて笑った。マスターズに敬意を表したのかしらん。

明日は大物の記者会見があるのじゃないかと思います。




にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ