« オデッセイ・DIVINEパター | トップページ | ツァーニュース3月&トランジションズ・チャンピョンシップ後記 »

パットがあぁああ・6ラウンド目/2012

(筆者より)長いので暇な方だけお読み下さるように。

最近ラウンド自体は楽しいのだけど、ブログに書きたくない日が多い。なぜかというと、ラウンドの後味が悪いのだ。

そっ、それは、パットがひどいから。(涙)

グリーンのコンディションという意味では両極端のコースを回っている。インダストリーヒルズはコースメンテナンスが良く、今年行った日は全てグリーンが速いっ!初ラウンドだったと思うが、生涯2番目に速かった。(生涯最速は数年前の府中CCでした)

そりゃラインを読めてスピードが合っていれば入ります。ストロークが良ければ・・。

ランチョはコースメンテナンスはこの2,3年悪化の一途で、特に刈ってない日のグリーンは(何でグリーンの芝を刈らないということがあろうか、庭の芝生じゃあるまいし)、もこもこで重いのみならず、ボールがぽこぽこ跳ねる。

良いグリーンではパットが良く、劣悪グリーンで悪くなるなら、誰にでも起こることかと思うが、どっちも悪いのだものねー。

インダストリーヒルズは上りも下りも大オーバーする・・次のラウンドではチキンでどれもこれもショートする。

ランチョは言葉も無い。(ー"ー);

では行きます。

寒かったです。午前曇りで日が出ると20℃になる予報で、ゴルフシャツの上にウールのセーターで行ったが、駐車場に着いてノースリーブの防寒ベストも着る。

ティーショットが良い当たりと思ったのに、あまりにショボイ距離でプレー距離の長さを知る。順調ボギー。five(以下、この赤丸数字はスコアです)

2番405Yは女性にはパー5だけど、今日はティーが前方にあった。イエ~イ!1W、3W(快心)、PWでグリーンフロント部分にオン。

これがまず失敗だった。ピンはセンターだったがフェアウェイからはもっと前に見えて、プレー距離が長く上りなのにぎりぎり番手で打った。9番アイアンにすべきだったのよねぇー。

遅いグリーンで1番では4フィートもショートしたから、今度はしっかり打ったら3mも越えて。わははは。モノには限度というものが・・。3パットボギー。six

口惜しいけど、どのホールもボギーは悪くはないのだと気持ちを切り替える。ゴルフはポジティブでなければやってられない。

3番140Yだがこのパー3では最も難しいピン位置の右奥(風なしで160Yだろう)。左後方からかすかに風がフォローの気がして、奥にこぼすよりピンの下のほうがいいと3Wにした。

3rdhole 右にユーカリの大木があるので、左のティーマーカーぎりぎりにティーアップ。ピンの右狙ってドロー、快心だった。ちなみにわたしのなんちゃってドローはアドレスで右靴を少し下げるだけです。happy02 ボールは左エッジぎりぎり、ピン斜め左下。タップインにつけてパー。three(そのユーカリの木の陰から撮った)

4番右ドッグレッグ489Y。ティーショット左引っ張り。ラフから7Wで改心。3打目の5Wがトップ気味で距離が出ずフェアウェイ左まで行かず。

ピンはバンカーの後ろだから、フェアウェイ左ぎりぎりがバンカーがかからないアングルなのだ。わたしは飛距離がないから、コースマネージメントが完璧じゃないと次のショットが苦しくなる。

4打目バンカーに左端ぎりぎりでPW打ったら、意外と芝がきつくバンカー左ラフ。アホらしい。9番アイアンでピンのてっぺん向けて打つべきだった。パットは左に引っ張って、2パットダボ。seven

このホールが一番口惜しかった。理由は言えないが。(爆)

*

5thhole 5番右ドッグレッグ354Y上り。3打目9番Iがトウ寄りに当たりピンハイ右でピンに遠い。だいたいわたしのレベルではピンに遠くに打つから3パットのリスクが高くなる。そもそもショットを責めるべきなのだ。(左奥が5番グリーン。右ツリーラインの隙間に見えるのが10番グリーン)

横からのフックライン。グリーンが重いと分かっていても下りラインを強く打てず、5フィートショートして3パットダボ。six 勝手知ったるランチョで連続ダボは最悪。

6thhole 6番は、セカンドの3Wが大当たりで残りは52度ギャップウェッジの距離。あわゆくばワンパットの距離に打ってパー狙い・・・と喜んでボールに行ったら古いディボット跡にはまっている。think

これがゴルフで良かった。人生じゃなくて。ゴルフはポジティブに。

52度はPINGのMBウェッジだけど、使いやすいです。ボールの下の地面に打ち込むしかないと、体も頭も上げないように打ち込んだ(笑)。初めてまともにターフが取れた気がした。タイガーみたいな大きなターフが取れて、ボールは見事弾丸ライナーで飛んでいきました。

地面から打つときは何でもああいうスイングで打つべきなんだわね。ふむ。5mぐらいあったからパーパットは外しましたが、ってまた上りの重いグリーンをショート。five

*

<本日のハイライト>7番338Y。1W◎、3W◎、ここはグリーン前50Yが下っているので良いショット打てばグリーンに転がり上る。

しかしグリーン前のエッジがクレーターのように禿げた箇所が広がり、わたしのボールはそこで止っていた。ピンはフロントで目の前、普通ならパターで寄せるところをパターが使えないので、前回のラウンドのあとレッスンを取って先生に教えてもらった、クラブを浮かしてトウでボールを打つチップをした。惜しくも入らずピンそば30cm。パー。four wink

8番153Y奥ピン、風アゲンストでドライバーでも届かない気がしたが、その通りだった。チップを5フィートに寄せてパットはカップにかすりもせず。同伴者によると、ボールがパターのフェースを離れてすぐぐいんと左に曲がったそうだ(芝のでこぼこで)。ま、良いストロークしたとも思えないが。four

<本日のワーストホール↓>

9thhole 9番364Y。ティーショットが右に行き過ぎ(こんな広いフェアウェイでねー)、ラフから降りて来ず。ラフが見ためよりタフで、2打目は下り傾斜の途中しか行かなかった。

左足下がりのアイアンはわたしの最も苦手なパターン(なぜかフェアウェイウッドだと打てるのだ)。7番Iがグリーンにショート。

そこからのSWをホームラン。グリーン奥ラフ。最近ボールにアドレスして何か以居心地悪いなと思うと、コレやるんだ。仕切り直しする勇気を持たねば。(爆)

奥ラフはクローバーとバミューダ(多分)が混じった草で、しっかり打たねば出ないし、強すぎるとグリーンは下ってるしの状況。SWで上手く打てたがピン右6,7フィートでこれもパット入れられず。

でーーーー、数えたら「seven」だった。(泣)ホームコースでトリプルって下手すぎ。

フロント9は2938Y(女性にパー36)、スコア47(19パットshock

<<本日の罵詈>>

ランチョの予約を取るときは、マンズクラブ、レディースクラブ、シニアクラブのトーナメントが入っていないか調べる。スロープレーで彼らが全員出たあともコース全体が超スローになるからだ。

知らなかったが、この日南カリフォルニア・ゴルフアソシエーションのBクラスだかCクラスだかのティームマッチプレーが4サムで5組入っていた。わたし達の前の前がその一番最後の組。

これが遅くて遅くて遅くて、見ていると誰もかれもWGCアクセンチュアマッチプレーみたいにプレーしている。ボールのライをじーっと観察、何度も何度も素振りして、あげくグリーンにショートして何なの、あんた!

3番のパー3だって、グリーンの何十ヤード前からセカンド打ってるんだ。恥ずかしい。ああいうゴルフしてトーナメントに出る自体理解出来ない。それでティーで詰まらせてる。

わたし達の4サムはゴルフ友達二人が仕事が入ってキャンセル、スコットランド人の兄妹と組んだからみんなブリブリ言う。スコットランドじゃあ18ホール3時間半が当たり前だそうです。(しかもあちらはみんな歩きじゃないの?)

TVでヨーロッパツァーを見るが、ヨーロッパのプレーヤーはPGAよりずっと速くプレーすると、わたしもぶりぶり言う。

レベルの如何によらず、スロープレーは弁解の余地がない。

下手なくせに、気取って時間かけるのはスロープレーでも最悪の人種だ。

競技だから時間かけても良いと思うヤツはもっとサイテー。

*

長くなったので後半はまたの機会に。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« オデッセイ・DIVINEパター | トップページ | ツァーニュース3月&トランジションズ・チャンピョンシップ後記 »

ゴルフラウンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オデッセイ・DIVINEパター | トップページ | ツァーニュース3月&トランジションズ・チャンピョンシップ後記 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ