« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

ボールはどうだ

わたしは若い頃でも飛距離がなかったが、歳と共にちびちびと距離がショボクなっていく。

『飛ぶドライバー』は無いので諦めたが、再びボール探しの旅が・・。

割り切ってディスタンスボールに変えてしばらく使っていたのが、タイトリストのDT SoloからDT Carryのシリーズ。5箱も6箱も買うので、まだ5スリーブもある。

人からもらったのがきっかけで、そのDT Carryより飛ぶと分かったのが、キャラウェイのHX HotPlus。これもまだ3ダースある・・あった。

ネットで色々調べたが、なかなか分かりませんね。

幾つか候補を書き上げて、ゴルフショップに行ってみたが、候補のうち1つしかなかったから、1ダース買った。

Callaway_solaire キャラウェイのSolaireというレディース用。日本のキャラウェイJapanのサイトでは同じものが無い。スペックは2ピースで、外がInomerでコアがPolybutadieneだそうだ。

同社は女性初心者用のクラブセットをゴルフバッグ付きで出しているが、その名前がSoleire。

確か日本ではERCを1スリーブ買ったような。薄いピンクだった。

Callaway_solaire_ball ショップにはピンク(パール)しかなかった。ピンクはコースで見難いから嫌いだけど。

手に入らなかった候補ボール。

かの有名な(笑)、プリセプトレディーでは、Precept Lady IQ、Precept Lady IQ plus、Precept Lady IQ180と3つあってIQ180が欲しかったがショップにはなかった。

ナイキのKarmaはコンプレッション50だそうだ!これほどコンプレッションがなくても飛ぶのだろうか。これも店になかった。

この類いのボールはネットショップでも店頭でもダース$20ですね。

*

タイトリストはともかくとして、ゴルフボールも日本は良いものを作ると思う。

以前日本に帰国する度、1ダースか2ダース買ってきたのが、TourStageのX01シリーズ。あのボールは最高だった。飛ぶ、打感が良くて柔らかい、チップもOK。

しかし高いっ!わたしが買っていた頃でダース6千円余した。今は幾らになっているやら。shock いったい自分のゴルフにそんなお金を出す価値があろうか。

ということで、次回のラウンドで使ってみます。

孫の誕生日プレゼントにキティーちゃんのゴルフボールをと、eBayで買う前にショップで検証。

箱からとりだして見たが、あれはラウンドで使える素材とは思えない。日本で発売しているキティーボールと違うのじゃあるまいか・・。

ロスも平年よりかなり寒く、昨日バレー地区のほうのコースにゴルフ仲間の夫婦が行ったが、雨とヒョウが降って震え上がる寒さだったそうだ。しかし日曜日には26℃に上る予報。happy01

今日は横浜で雪が降ったとか。昼で1℃って・・。相模原は大雪警報だそうですね。ま、うるう年ですから。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

愚か者のわたし

マッチプレーファイナル戦のDVRを見終わって、今夜はアカデミー賞授賞式だったことを思い出した。大急ぎでTVをつけると、今まさに主演女優賞の発表が始まるところ。

えーっと何という名前の俳優だったか、“King's Speach”(2010年)と“Tinker Tailor Soldier Spy”(2011年)に出た人・・コリン・ファースだった・・彼が主演女優賞にノミネートされた女優達を紹介する時が素晴らしかった。やっぱりイギリス人だ。(笑)

なお後者はアニメ映画みたいなタイトルですがスパイ映画でとても良かったです。

“Iron Lady”主演のメリル・ストリープが獲りました。イエーイ!

Oscar2012_merilstreep_ironlady 彼女はあまりにも芝居が上手くて、ほとんど毎年のようにノミネートされるので却って受賞には選ばれないということがあると思う。芝居の上手さで選んだら、他を選べないからだ。『ソフィーの選択』以来、29年ぶりの受賞。今まで17回ノミネートされているのだからすさまじい。

画像はアカデミー賞でのメリル・ストリープ。スピーチは涙ぐんで、明るいながら感無量のようでした。これが最後って感じがするからと言っていましたが、どうだかね・・?(笑)

彼女のmovie出演作リスト

近年の出演作では、“The Devil Wears Prada”(2006年)や修道女役の“Doubt”(2008年)が良かった。実は“Iron Lady”は見ていません。見るつもりです。

アカデミー賞ノミネートされた映画で見たのは、“The Help”ぐらいか。アメリカ人はよく映画館に映画を見に行くところが素敵だ。

*           *           *

それでタイトルの「愚か者」の話。

もうドライバーを変えても飛距離は限界だと悟ったつもりが、何だか突然むらむらと欲の皮が突っ張ってきて、新しいドライバーを買ったらちょっと飛距離が伸びるような気がしてきた。

漠然とドライバーを新しくしたいというのではなく、お目当てのドライバーがあった。

まあ商品は言いませんが。新発売のクラブをこき下ろして商売の邪魔をしては悪いじゃないの。

ともかくゴルフショップに行った。

狙いのクラブを棚から手にとって、ソールを床に置いたり、手でぷらぷらと持った時、すでに「え?大したことないじゃないの?今のわたしのドライバーよりちゃちくない?」と脳内で独り言。

その時点でがっかりしたが、まずは打ってみなくちゃというので、ソールの下に透明テープを貼って打たせてくれた。

試打室は改善されてどこもモニターがついている。これがほんと恥ずかしくて。

135ヤード。

えっ?

体調を崩して練習もしてないから、スイングは悪い、テンポは速い。おまけに人が空くのを待っているので焦ってさっぱりだ。

129ヤードやら、一番長いので145ヤード。わたしは試打室では目の前のキャンバスに当たる音が怖くて、いつも距離はそんなものだけど、それにしてもシュミレーション画面で地を這うような球筋になっている。(大笑い)

テクノロジーの進歩でいい加減恥をかかされる。

クラブフェースに当たる感触も気に入らなかったし、数球でやめた。待っていた若い男性に、「ひどかったわ」と言うと、笑いを堪えた顔で微笑んでいた。(爆)

打たせてくれた店員に、ダメだったわ、もう一度考えて来ると言いました。

自分のスイングはともかく、ほんと気に入らなかったし、落胆した。

Burner_superfast_ladies←それからランチョに行って、今のドライバー(テーラーメイド、バーナーレディーズ/スーパーファースト10.5)を自分の古いボールでかなり打った。

特にドライバーは広いところで打ってみないと分からないと思うが、わたしはこのドライバーのほうがパーフォーマンスが良いと思う。

人に話したら、知り合い(男性)がわたしが欲しかったドライバーを買って、あんまり良くなかったと言ってたそうだ。やっぱりねー。

ということで、努力せず飛距離を伸ばそうという浅はかな考えを今度こそ改めようと思った。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

WGCマッチプレーチャンピョンシップ終結

タイガーが敗退して、すっかり見る意欲がなくなりましたが、ファイナルをDVRで見たところです。

正直言うと、いい加減このコースも見飽きた。

わたしはこういうコースは好きではない。砂漠にティーボックス、フェアウェイ、グリーンと造って、遠景で見ると実に殺伐としてる。このドーブマウンテンはサボテンだらけだが、サボテンがなくてもデザートコースというのはフェアウェイ以外ボールを捜すのもはばかられる。何がいるか分からないからだ。まあ、ガラガラ蛇とかスコルピオンとかですけどね。

アリゾナは陽射しが強いのに(行ったことは無いがcoldsweats01)、ギャラリーは立つ木陰もない。ホール間の距離もあるし、観戦にはきついコースですね。

ジョニー・ミラーはコースを設計したジャック・ニクラウスのデザインを誉めていたが、砂漠以外何もないから、グリーンにしこたまアンジュレーションをつけてグリーン周りも傾斜でボールが転がり落ちるようにしている。標高が高く、空気が乾燥してボールはどこまでも飛ぶ。

ロングヒッターのダスティン・ジョンソンが練習場で、「今週良いショット打ってるわけじゃないんだけど、アホらしいほどよく飛ぶ」と解説者に言ったそうだ。

このコースを使いだしたのは2009年からと思うが、そろそろどっかに変えてくれないかと思うものです。

*

たった18ホールのマッチプレーというのは、開けてみないと分からない。3日間あれほど堅実なプレーをしていたマット・クーチャーが4日目で6&5というコテンパンの負け方をした。

1ラウンド目のマッチで、ザック・ジョンソンにかろうじて勝ったハンター・メイハンがその後、連日4,5アンダーでプレーしている。13ホール、15ホールしかプレーしてなくてのアンダー数だから凄い。

世界からワールドランキング上位64名が出場、といってもブラケットにより、勝ちやすい相手にばかり当たる選手もいる。今週はローリー・マックロイがそうだったと言ってもいいと思う。

マックロイも今週はベストのゴルフはとうていしていなかったと思うが、彼は昔のタイガーを見るようだ。運を自分で引きつける力を持っていると思う。生まれた星、才能と選ばれた者でしょうね。

マッチプレーの日曜日は決勝進出者にはエネルギーが要る。メンタルのエネルギー。リー・ウェストウッドとマックロイは今週優勝するとワールドランキングが1位になるということで、午前中のセミファイナルでエネルギーを使ったのかも知れない。そこら辺の配分が、まだ22歳の所以か。

フロント9はマックロイ良いとこなしで、メイハン3UPで折り返し。バック9で、イーグル1つ、バーディ3つのゴルフをしたが、覆せず。

メイハン1UPで優勝。

Matchplay_nomeputter2Matchplay_nomeputter1 ところで、メイハンは今季パットが入らず、契約社のピンに計測してもらうとアラインメント(狙い)がずれていたそうだ。あれこれパターを試すも効果なく、ピン側が3月発売の新しいパター、Nomeを持ってきた。これでアラインメントが直り、今週はポコポコと入って(笑)、今週バーディ35個。

画像は16番ドーミーホールでパットが惜しくも入らなかったときのハンター・メイハン。Nomeはマレット型。3種類発売されるらしいです。

Matchplay_mahan_nomeputter ネットで見つけた画像。

Matchplay_huntermahan というわけで、PGA4勝目。そのうち2勝がWGCというのだから、実力十分ですね。

flagマッチプレースコアボード

来週はホンダクラシック。引き続きタイガー出場。この試合は出たことがないそうだが、ジュピターアイランドに引越し、開催のPGAナショナル・チャンピョンコースはタイガーの自宅から20分か30分と思う。

チャンピョンコースはトム&ジョージ・ファズィオのオリジナルデザインをジャック・ニクラウスが90年にデザインし直したもの。18ホール中16ホールで池がかかる。コースのニックネームが、Bear Trapだそうだ。直訳すれば熊の罠だろうが、要するにジャックのしかけた罠というわけでしょう。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

WGCマッチプレー初日終了

何しろ中継が6時間で、日中見られなかった分を録画CM早送りで見たらすっかり疲れて寝てしまいました。(それでも午前1時半までDVRを見ていたcoldsweats01

もう第2ラウンドマッチは始まっているので大急ぎで、第1ラウンドマッチの印象を書きます。

マッチプレーの結果予想ほど難しいものはないと思うが、わたしは3分の1ちょっと当てただけだった。(-_-);

ひいきプロに勝ってもらいたいという願望は捨てて、今年に入ってからの成績や家庭の事情(赤ちゃんが生まれたばかりとか)を考慮してピックしたが、外れたのが遼くん。

3ダウンで残り5ホールから覆して18ホールで勝ったのは素晴らしい。インタビューでは、ドライバーとパットに集中力をそそいだと言っていました。

相手のビル・ハスは去年のフェデックスカップ優勝者、先週リビエラCCでのノーザントラストLAオープンに優勝した人。

DVRを見たら、遼くんとハスのプレーは結構写っていますね。

*

あんまり写らず残念だったのが、イタリアのマテオ・マナセーロ対ウェブ・シンプソンのマッチ。これはマナセーロ勝ちの予想が当たりました。

マナセーロはマックロイのように派手なプレーヤーではないが、大器ですよ。まだ18歳!この年齢のプレーヤーはみなそうだが、彼もパットで思い切りの良いストロークをする。

ウェブ・シンプソンは長尺パターで去年2勝し、PGAチャンピョンシップ優勝のキーガン・ブラッドレーとよく才能やポテンシャルを比較されるが、わたしは去年からキーガン坊やのほうがはるかに才能もガッツもあると思ってきた。

シンプソンは既にお父っちゃん風になってきた。(~。~)

*

さあて、タイガー。最初のマッチが最難関で、確率はフィフティー・フィフティーだとわたしはシビアに見ていたが、やっぱり勝った。

アメリカではフィル・ミケルソンのことを、“Phil the thrill”というが、昨日のタイガーもホール経過はそうだった。(笑)

タイガーのゴルフはジグソーパズルの途中、しかし2、3のピースをはめれば一気に完成が見えるというところまで来ていると思う。

彼のドライバーを心配する人が多いが、15番343Y、ドライバブルパー4で、タイガーはグリーン左手前に打ち、ピンすぐ後ろを通過、ピン斜め上20フィートにつけた。フィールド中のベストショットだったろう。それからどのホールだったか、「何で一番狭いフェアウェイを打てるんだ?」とファルドーが言っていたホールのドライバーも良かった。

相変わらずパットは悪い。ストロークが良いがラインが読めてないとファルドーは繰り返し言うが、10フィート、13フィートを何回外したか。

真骨頂は18番だった。2打目がピン右を打って、右に跳ね、バンカーに転がり落ちたのは何が原因だったのか知りたいものだ。ピンからは右へと傾斜が上っている。1ヤード落としたいところより右に打ったのか、風が右へ落としたのか・・?

Matchplay_1str_18th_bunkershotMatchplay_1str_18th_patputttowin バンカーの縁からフロントへ下り傾斜のバンカーショット、刈れ芝色と緑の芝の境界に打ったでしょ。タイガーの組の前に、ジョナソン・バイアードが同じように打ってピンに4フィートにつけたそうだが、ツァープロのテクニックはすごい。ピン下8フィートにつけ、やっとタイガーらしいパットをした気がした。

スペインのフェルナンドカスターノに勝つ。

今日2ラウンド目のマッチはニック・ワトニーと。ワトニーは今季に入って大して成績を上げてないが、昨日のマッチを見るとパットが良い。

ということで、タイガー&ワトニー組は今ティーオフしたのでこの辺で。

flagマッチプレーライブスコア

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

レイカーズ観戦

昨晩はゴルフ仲間からチケットをもらいhappy01、ものすごく良い席でレイカーズ対ポートランド・トレイルブレーザーズの試合を見てきました。

高速に乗ってダウンタウンに行くのだけど、夜あっち行きの高速に乗るのは久しぶりだった。ダウンタウンを見ると都会に来た気分がする。(笑) ロスは広範に街が広がっているので人口は多くても、あんまり大都会という感じがしないのです。

Ritzcarltonhotel Nokiacenter 左:この背の高いビルは高速から見ると、おもしろい形だった。新しく出来たリッツ・カールトンホテル。住居マンション部分もあって、数年前狭い部屋が1ミリオンで出ていたが。右:その右にあるのがノキア・センター。アカデミー賞授賞式やコンサートなどの会場になる。

Staplecenter 道路を隔てて反対側がステープルセンター。何箇所もの入り口を開けているが、金属探知のセキュリティードアを通らせられ、ハンドバッグの中身を調べられるので入場の列はなかなか進まない。列に並んで待っている間に写真を撮った。

*

Beforegame どのぐらい良い席だったかというと(笑)、レイカーズのベンチの真後ろ。コーチらが座る折り畳み椅子を並べるのが最前列。その後ろ2列のコートサイド席。そこからがシーズンチケット席(画像で黒い板から後ろ)。前から3列目でした。目の前に男性の頭が写っているが、彼の後ろがわたしの席でした。試合開始前。

Gamestart_kobe ティップオフ直前。真ん中がスーパースター、コービー・ブライアン。赤いブレザーの人達はセキュリティー。休憩の間は立ち、試合中は観客に対面して椅子に座る。みな、マジ真剣な目つきです。

Lakersgirl タイムの間、TVではCMが入るわけだが、コートではレイカーガールズが飛んだり跳ねたりして踊る。コート真上の巨大スクリーンに写る。

Derekfisher_shooting_2 ファーストクオーター(最初の12分)、デレック・フィッシャーがシュートするがショートして入らず。プレーをデジカメのオートで撮るのは無理。以後撮るのはタイムの時だけにした。

レイカーズは「玉」不足なので、選手を上手く使って得点させている。このコーチ(監督)は中々良いなと思った。ファーストクオーターはレイカーズ29点、トレイルブレーザーズ7点というご機嫌な夜になった。

Time 後半のタイム。左後ろ姿、「9」はマット・バーンズ。今一の選手だった。真ん中でこっち向きに立っているのがポー・ガセール。左腕がこちら側なのが、アンドリュー・バイナム。以前より大部上手くなってきた。しかし、あんまり賢くない気がする。精神年齢も幼稚なんじゃないか。こちら向きに座っている眼鏡の人が、フィル・ジャクソンのあと新コーチになったブラウン。

「玉」不足、現在のスターターでは戦力が足りない。チーム全体のスピードもないし。コービー一人で引っ張っているので見て気の毒になる。コービーももう若くはない。スピードも落ちているが、テクニックが稀有だから得点を上げられる。

レイカーズの一方的試合になったので、差を縮めさせるためかレフリーのアンフェアなファールコールもあったが、点差が減ってくるとコービーを導入し、また引き離すの繰り返し。

結局レイカーズ103、トレイルブレーザーズ92。

 

以下の写真はYahooSportsから。

Derekfisher Kobe_2ndhalf_2 Kobe_afterpoint_3 右の画像、コービーが良い得点のとり方をしたあと、このポーズでベンチに戻ってくる。

*          *

明日からWGCアクセンチュアー・マッチプレー。

flagマッチ組み合わせとライブスコア (選手名をクリックするとライブスコアカード)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

エクサイティング・ミケルソン/ノーザントラストLAオープン終了

ゴルフ中継はロスの午後3時に終わるところを4時20分ぐらいまで延長しましたが(出勤前)ライブで見られたでしょうか。

今週のミケルソンを見ていると、やはりツァーを引っ張っていくのはタイガーかミケルソン、あるいはその両方だとしみじみ思った。ギャラリーのつき方が違う。

木曜日も強風にもかかわらず結構ギャラリーが多くて驚いた。金曜日は、ミケルソンが終わったらマジョリティーの人は帰ってしまったような。(笑)

今日の18番グリーン周辺の人数は、ここ数年で最多じゃなかろうかと思った。ミケルソンが先週ペブルビーチで強い勝ち方をしたのと、今週はずっと首位を維持してきて2週連続優勝がかかっていたことも貢献しているでしょう。

午後用事があったので途中まで見て外出、一度帰宅すると試合は佳境に入っていた(笑)。というか、これを見たらもう録画した分は見なくていいのじゃないか。

18番ホールのミケルソンのドライバーでのティーショットがフェアウェイを打ち、少し右手に止ったのは奇跡のような気分。昨日はここを3Wでティーショットしたのです。この長い上りパー4でね。

唾吐きキーガンも素晴らしいティーショット。

ミケルソンの残りが164ヤード。これを9番アイアンとTVは言う。昨日、16番パー3、169ヤードを9番アイアンとコースレポーターが言った時はTVブースのニック・ファルドーが仰天したようだが、左のツリーラインを向いて大きなドローをかけたボールはピン右8フィートへ。

Riviera_sun_phil_18thbirdieputt Riviera_sun_phil_18thbirdieputt2 今日の9番アイアンもドローだろう。ピンハイ右エッジへ。27フィート(9ヤード)。このパット入れたときのギャラリーの喜びよう、ミケルソンのタイガーもどきのフィストパンプ。ミケルソンファンはこれで勝ったと思ったに違いない。

Riviera_sun_bradley_18thbirdieputt 後先になったが、キーガン・ブラッドレーは2打目が残り152Y。ミケルソンは9番アイアンだったが、ブラッドレーはPW。これをピン右下、13フィート。入れたキーガンもパンプアップしてました。

Riviera_sun_bradley_8thgreen しかし、往年のLPGAプレーヤー、パット・ブラッドレーの甥っ子、キーガンはけったいな若い子ですね。パットのラインを読むとき、顔を半分そむけて、目ん玉を左隅に寄せて睨む。

*

Riviera_sun_playoff_18thtee そしてプレーオフになるわけだけれども、ミケルソンは18番でのセカンドショットとバーディパットでメンタルエネルギーを使い果たしたんじゃないか。プレーオフでは急に疲れた顔になっていた。

ビル・ハスは性格が穏かな人ではないかと思う。それも初優勝まで数年かかった理由の一つかも。

セカンドがグリーンにショートしても一瞬苦い顔をしたあとは、慌てず騒がずの感があった。

プレーオフの勝敗が決まったのはニクラウスが世界一の短いパー4ホールだと言った10番。今日は315Y。

ビル・ハスが大きすぎの左ラフ。ミケルソンがショートして右下ラフ。ブラッドレーが右下バンカー。

ビルがあっさりと右奥ピン方向を諦めグリーンの下部へチップ。賢いなぁ。ミケルソンのライは悪くなかったが、ボールは反対側のバンカーに転がり落ち、キーガンは奥エッジへ。

Riviera_sun_playoff_10thgreen_45ft ハスのパットは45フィート。するするするーっと上っていって入ったー。彼は4ラウンド目でも左ラフに打って、チップでピン横8フィートに打ってバーディにしている。ビル・ハスは感情を強く出さなくて、いつもクール!って顔をしている。

Riviera_sun_playoff_10thgreen_bradl こんなに口惜しがらんでもと思ったが、ブラッドレーは才能あるゴルファーですね。PGAチャンピョンシップで無名で優勝したプロは、それだけで消えてしまう人が少なくないが、彼はそうではない器でしょう。

優勝を逃したミケルソン、ペブルビーチの最終日と違って今週は内容は大して良くなかったが、ショートゲームとパットで首位を維持してきた。強い「2位タイ」だったと思う。

マッチプレーは不出場。次の試合は3週間後の、WGCキャデラック・チャンピョンシップ。

flagリーダーボード

来週はWGCマッチプレーチャンピョンシップ。組み合わせの正式発表は明日だが、すでに決まっています。なおマッチプレーは水曜日が初日。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

コースで練習

ノーザントラスト・LAオープンの初日を見た方、風が強かったですね。今、再放送をつけているところですが、ときどき突風さえ吹いている。

わたしは風の中ゴルフするのが大好きだ。

今日体が空いたので、午後トワイライトで数ホール担ぎで回ることにした。ここ2,3日風が強くて昨日は雨で地表が冷えて震え上がる寒さだったが、今日は一転暑かった。(忙しいっ!)

持参クラブは、ドライバー、(娘から拝借の)7W、(マグレガーアイアンの)8番、9番、PW、サンドウェッジ、パター。

昨日雨が降ったうえ、今日は風でゴミも排気ガスも飛んでいったらしくランチョが綺麗に見えました。

1stfairway 1番パー4は凄いアゲンストで、ティーショットでまともに球が上がった人は叩き落されていた。がっ、わたしはスイングが悪く低空飛行、ミスショットなのにいつもの距離行っていて笑った。

フェアウェイ上の白い旗は、バックティーから240Yの印。

新しくバッグに入れた7Wを練習したかった。これもミスショットで・・。

奥ピンまで距離でいうと95Yぐらい。上り+風で8番I。それでもピンに8mぐらいショートした。ファーストパットは3mショートthink。入れてボギー。

2ndtee 2番女性にパー5。ここもアゲンスト。強風の日の常識・・・ティーを少し低くし、ゆっくりスイング・・・したつもりが「あぁーーースライスだぁーーー」

出来もしないことをしようとしたってねー。(苦笑)

左足上がりの右ラフから7W◎。フェアウェイ真ん中にランド、ボールはフェアウェイを戻ってきた。ひどいわ。(フェアウェイの右が高いので)

4打目、80ヤード上り、9番I良い当りもエッジ下を転がり上らずショート。ボールに泥。

ピンセンターだけど、濡れて薄いライから8番Iで低いチップを打つガッツがなく、SWでの低いチップはスピンかかって、あっという間に止った。shock

コースで実戦しないと、チップ練習場で練習しても意味がない。何のためにチキンなるんだか・・。

3rdhole 3番パー3。ここから風はフォローになるが、左斜め後ろからになったり、左横からだったり風はくるくる変わる。(午後2時過ぎというのに、ティーで3組詰まる)

ピンフロント。普通なら7Wでぎりぎりかというところだけど、追い風なので丁度良いんじゃないか。右の大木の左端の葉っぱにかかりそうだったが、グリーンに転がりピン真後ろ12ヤード。

4thhole 4番右ドッグレッグ486Yだっけか、ここも追い風なので嬉しい。(画像の左がグリーン方向)

1W、ばり飛んだ。つま先上がりから7W◎、3打目の7Wも◎、グリーンすぐ下まで行った。エ~~~イ!

上りチップで今度こそ8番アイアンで低いチップを打ったが、芯は食ったが強すぎてピン上5mへ。ダメじゃん。

5thgreen 5番上りパー4。ここはアゲンストめの横風。ティーショットも7Wも◎。奥ピンへ9番アイアンで、当りは悪し。ピンハイ右、6m。

まともにゴルフになっていたのは5番まで。6番ホールから急に足が踏みとどまれなくなり、何を打ってもミスショット。ランチョは傾斜がきついので担ぎでは大体6ホールか7ホールが限界。(情けない!)

7番を終えて、とぼとぼと下り坂のカート道を歩いて戻りました。5番のティーショット打ったお兄ちゃんの球が頭上を通り、ありゃチーフックだな。

ということで、この7Wは良い武器になると思う。

7W:△、◎、△、◎、◎、◎、◎、〇、〇

アイアンのフルショット:8番〇、9番◎、9番△、9番×(`0`)

*          *           *

先週末オープンの映画“Safe House”(デンゼル・ワシントン主演)のテーマ音楽。

映画は良かったです。予想以上に良かった。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

雨の練習/何事もメンタルか

横浜では今雪が降っているそうです。ひぃーーーーっ。

今日はロスも寒かった。気温を言うと、何が寒いの?と言われるだろうが、寒さとは慣れの問題です。今冬は雨が少なくて、ようやく恵みの雨。

ファンドレイジング(寄付集め)のためにオバマ大統領がロス入りするというので交通渋滞が予想され、よも孫のお迎えに遅れることがないよう早ーく家を出て、ランチョで時間を潰すわけです。

高速でかなり降っていたので心配したが、練習場は開いていた。屋根下でしか打てないから満席。女はわたししかいなかったが。(苦笑) しかし、コーリアンのおばさん達はコースに出てましたよ。アジア人は雨が降っても槍が降ってもゴルフするのね。

旧アイアンに戻してから練習に余念がない。打つのが楽しい。やはり、当たったとき、当たらなかったとき、芯食ったとき、トウ寄りで打ったとき・・そういうことが打った瞬間分からないと練習の意味がないように思う。

まだほんとに良い当たりは30球に1、2回です。でもミスショットが良くなってきた。

不思議なことに、このアイアンのほうが飛ぶ。ロフトが少ないのに、金属が良いのだろう。(笑)

それから以前このアイアンを使っていたときに打てなかった、8番アイアンなんかでのチップショットが打てるようになった。上りのグリーンで、SWでは完璧に打たないとショートする確率が高いとき、ロフトのないアイアンで上らせる時のショット。

さらに奇妙なことに、買った当時は7番アイアンだけが打てなくて、アドレスしても同じアイアンに見えず、クラブを組むとき間違えたんじゃないかと疑ったぐらいだが、これが違和感が無くなった。先日のベーブコースでも芯食ってピン筋に打てた。(右へ転がったがcoldsweats01

ということで、このアイアンを処分しなくて良かったと嬉しかるがる。

*

ぼんやりしていたら、LPGAのホンダ・タイランドクラシックが既に始まっていました。藍ちゃんや桃子ちゃんは、この試合から今季スタート。

リーダーボード

*         *         *

この前、日本の娘から送ってきた孫の写真がとても可笑しいのでアップします。4ヶ月検診(昔は3ヶ月検診だったけど今は適当に行っていいのかしら?)

Feb8th_2012 おんぶした赤ん坊を娘が手を伸ばして携帯で撮ったのでしょうね。後ろの奥さんごめんなさい。4ヶ月で7.3kg。小児科医お墨付きの健康優良児だそうだ。(笑)

背中におんぶする昔風のおんぶ紐は、わたしが日本に滞在しているとき買わせたもの。今流行の前抱きでは家事は出来ない。それに前がふさがっていちゃあ、外を歩くとき危ないと思うが。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ミケルソン40勝目/ペブルビーチAT&Tナショナルプロアマ

すっかり遅くなってしまったが、先週のPGAツァー、日曜日はタイガーとミケルソンの夢の競演(笑)。

ミケルソンは去年1勝のみ、4月のシェル・ヒューストンオープン。最近では、もう勝てないのではないか予想するゴルフファンも少なくなかった。

今シーズン、ヒューマナチャレンジ(昔のボブ・ホープクラシック)49位タイ、地元サンディエゴ開催、何回か優勝しているファーマーズ・インシュアランス・サンディエゴオープンは予選落ち。先々週のフェニックス・オープンで26位タイ。

わたしはミケルソンほどの才能の持ち主が、そうそう簡単にキャリア終焉になるものかと思っていた。言っちゃあ何だけど、今日びポコポコと出て来る若手のプレーヤー達とは才能のレベルが違うと思う。

まあ日本語でいうと、乗ったらどんなゴルフをするか分からないのが彼だ。

最終日が始まる前から、ミケルソンは公言する。タイガーが同組になったとき、自分の一番良いゴルフが出る。だからタイガーとプレーするのが好きだ。

そうしてその通りになった。

先週自分が勝てるとは思っていなかったという。9アンダー、首位と6打差スタート。誰ということなく、わたしは9アンダーまで勝機があると思っていたのですけどね。いやほんと。9アンダーにはほかにケビン・ナ、ダスティン・ジョンソン、ボブ・エステスらがいた。

ミケルソンは、記憶するところでは最も良いゴルフをしたのではないか。これほど全て揃っているミケルソンは見たことがないような・・。

そして先週は初日が暖かかった以外、寒くて風があり、時折雨も落ちるコンディションだったので、コンサバティブにプレーした。それも勝因でしょうね。

Pebblebeach_sun_12thbk Pebblabeach_sun_12th_tigerphil 12番パー3、タイガーがバンカーからチップイン。バーディ。このあと、ミケルソンが長いパーパットを入れる。こんなやり取りが18ホール続いてくれたら、ファン冥利に尽きるところだったのに。(笑)

これで気をよくしたタイガー(と思う)、次の13番で良いドライバーショットを打ったが、ボールはディボットに完全に沈んでいた。あれは何だろう、修理してなかったのか、修理した人が砂を十分に入れなかったのか、あれはターフ取った人の責任じゃないかと思うが、ツイてない日はこんなもんだ。プロツァーでターフ跡を修理しない人は結構多いらしい。けしからん。

Pebblebeach_sun_phil_parsaveputt15t 15番でもさらに長いパーセーブパットを入れたミケルソン。これが出来るのがミケルソンやタイガーだ。タイガーは最近してないが。(笑)

Pebblebeach_sun_philamy 最後の最後まで見事なパーフォーマンスでした。バーディパットを入れたあと、18番グリーンでキャディーのジム・マッケイが目を赤くしていた。ミケルソンも努力がスコアに表れなくて、多少自分を疑い始めていたらしい。感慨深い優勝だと本人。

最終日64、6打差からスタートして2打差で優勝。

flagリーダーボード

生涯勝率のスタッツ。

米PGAツァー:

タイガー、27.2%(261試合出場/71勝)

ミケルソン、9.4%(447試合出場/40勝)

(ジャック・ニクラウスで7.9%ぐらいじゃなかったかと思う)(いわずもがな、リタイアするまでには勝利は減るのが自然ですね)

ミケルソンの勝率は意外に高いと思いませんか?

だいぶ忘れてしまったので、さっきDVRを飛ばしながらタイガーのプレーを見たが、本人が言うように「スコアで見るよりはショットは良かった」かも知れないが、プレッシャーがかかると・・だろうか、最終日は左肩を下げている。クラブがトップの位置に来たとき、左肩を下げてダウンスイングに入っている。俗にdipと言われるが、ウェッジでディップすると球が上がってショートしますな。(笑)

素人が何を言うって話だけど、再生して見るとよく分かる。

試合のプレッシャー下でプレーすることが必要とゴルフファンが慨嘆していたtころ、タイガーは今日、3月1日~4日のホンダ・クラシックに出場を表明。

これで来週のWGCマッチプレー、ホンダ、WGC・CAチャンピョンシップと3週連続で出場です。

*           *           *

日曜日のグラミー賞を獲ったアデール。グラミー表彰式でのビデオは音が悪いので、こちらをアップしておきます。最近出てきた人では唯一歌が上手い歌手じゃないかと思う。ほかの出場者は聴くに堪えず。(笑) 何でイギリスから良い歌手が出るんだろ。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ホィットニー・ヒューストン逝く

2月11日午後3時55分、ホィットニー・ヒューストンの死が確認された。

ランチョの練習グリーンにいたとき、2機のヘリコプターが前後になって通過した。何か気になってじーっと見上げていたが、時間から言って発見された滞在先のビバリー・ヒルトンホテルに向かっていたのに間違いないと思う。

グラミー賞表彰式を明日に控え、ビバリー・ヒルトンでは前夜のパーティーが開催される予定で、それに出席するために同ホテルに滞在していたもの。

発見はボディーガードだったという。救急隊が駆けつけたときは既に反応がなく、死亡が宣告された。犯罪が関与した要素はないと警察は発表したが死因は調査中。

ヒューストンがどれほどスーパースターだったか、その報道を見て今更知らされた。ニュース専門局のCNNは一晩中やっている。

48歳。

いくつか代表曲をアップしておきます。

::

* 

*

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

4ラウンド目後半

7番ホールの写真以降、しばしデジカメを出す元気も無し。

何しろ朝食をとったのが7時前。ティーオフしたのは11時50分ぐらい。だいたい高速を飛ばすとお腹が空く。(笑)

各ティー、フェアウェイで待つペースの遅さに、「わたしはもうお腹が空いてるんだけど」と言うと、同伴の男性が、「ライス(ご飯)を食べるか?」と肉ちまきみたいな食べ物をくれました。(恥)

で、太巻きよりちょっと短いぐらいだけど大きい。切ってくれないかと言ったが、自分はもう食べたからいいとおっしゃるので、遠慮なくいただいた。

説明すると(わたしは食べたことなかった)、海苔がない太巻きの外観で、中にお餅のような平べったい食べ物が入っていてその周りを日本でいうと錦松梅(きんしょうばい)に似たふりかけで巻いてあり、それをもち米で太巻き状に。

これは、娘に聞くと“sticky rice”というのだそうです。

彼ら3人は台湾人で、アメリカ生活も長いと思われた。このコースの近くにはいっぱい良い中華レストランがあるそうだ(羨)。3人ともゴルフマナーも良いジェントルマンでラッキーでした。数人を見て、その人種全部を言う気は毛頭ないが、ロスに来て、知るかぎりの台湾人は中年も若いのもみな育ちが良く、好感が持てる人ばかりだ。娘も同意していたが、人はそうやって評価するから外国に住んでいても(旅行しても)、自国民の評判を落とすことをしてはいけません。(笑)

*

ここはバック9のほうがいつも多少スコアも内容も良くなるので、巻き返しを!と後半に臨んだが・・・。

10番右ドッグレッグ362Y。①打、ドライバーで右プシュアウトスライスが出た!やだわ~、後半疲れてくるとすぐコレだ。②打、右ラフから7W◎、フェアウェイを突き抜けて左ラフへ。ちなみに先日から娘の7Wを拝借して練習してきた。テーラーメイド・バーナーレディス。

③打、ラフでフェースが取られたのか、そもそもスイングが悪かったのか、8番Iはグリーン左下ラフ。④打、SWでのチップはラフの芝がねちっこくてフェースを開いてでは振りぬけず、グリーンまで届かず。ピンそばにつけようとするからだ!バカかお前は。⑤打、ライは容易なチップだったがヒョンクしてピンより遠くへ遠くへとボールは転がる。⑥打、ファーストパット。⑦打、ホールアウト。

あー、トリプルボギー。今日はパーを取るのがしこたま難しいのに、何をやってるんだ。

11thhole_approach 11番ぐるぐるとUの字に左回りのパー5、赤から434Y。ここもティーショットがちょっと右ラフへかかった。つま先上がりを5W◎。このあとが問題。グリーンはフェアウェイの反対側にあり、山と木がさえぎっているので自分のようなゴルファーは9番Iで前方のフェアウェイにレイアップする。画像は、レイアップ後の第3コーナーであります。(笑)4打目、9番Iを再度打ってボギー。

12thtee_mountain 12thgreen 12番左曲がり、305Y。1W◎、残り127Y。バンカーが囲んでいるのでわたしではピンを狙えない。9Wでグリーン右側の花道に打つ。もうちょっと左だと奥バンカーに突き抜けるところだった。チップで7フィートにつけ、やっとパー。(左の画像、遠景の山が綺麗でしょ)

13th_par3 13番池越えパー3、赤から133Y。赤ティーは右下方にあるが、白ティーからのように打ち下ろしにならないのでかえって池の威圧感を感じる。大きめの番手で打つからどうしても奥ラフに行ってしまう。5W◎。良いチップしたが、ピン前からトロトロトロトロ止らず9フィート越し、パット外した。上りパットなんだから、あれぐらい入れないとダメだ。

14thpar3 14番赤から120Y。ここも腹立たしい。このホールのために娘の7Wを練習してきたのに、ティーショットをミスして右バンカーに放り込んだ。かなり距離があったので52度のギャップウェッジでバンカーショット◎。それでもピンにショートで2パットボギー。

16thgreen_longpar4 16番左ドッグレッグ。赤から383Y。ここは長くてタフだ。1W◎、5W×(あちゃ)、7番I◎芯食った(フォージドアイアンは芯食うと分かるから嬉しい)、ピン方向に転がり上るはずが右へ右へ。グリーンのアンジュレーションがきつい。このボギーは上出来。

17thgreenmountain 18番ティーから見た17番グリーンと遠景の山。ここへ来る高速から見る山の景色は素晴らしいが、自分で運転しているから写真を撮れない。うちからでは、まず東へ内陸部へ走り、それから別な高速で北上、さらにPomonaフリーウェイという高速で東へ。

ホールアウト後、気をつけて運転して帰るように男性3人に言われた。(笑)

そういうわけで、バック9は44(パー35)。トータル90(パー71)、パット数33。回る度にスコアも内容も悪くなっている。どんより。

あと10分でペブルビーチAT&Tナショナル・プロアマの初日タイガーの組がスタートする。今日はスパイグラスヒルGCの10番ティーから回る。TV中継は定時の東海岸時間3時、太平洋時間正午まで無いもよう。がっくし。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

速かったグリーン、4ラウンド目/2012

『小言ばあさん』よろしく、文句ばかり言いたくないが、最近のゴルフマナーの無さはどうだ。ランチョよりはグリーンフィーが高く、来るゴルファーもあるレベルの腕はあるはずのこのコースで、今日はひどいのばかりだった。

From1stbluetee 1番ティーグラウンドへ行くと、2つ前の組、男性3サムがティーショットを打とうとしている。一人は左の崖下(OB)、一人は大きくスライスして右の山、一人だけフェアウェイ方向へ。右の山へ打ったヤツは乗用カートを発車する前、缶ビールを飲んでいた。

(写真は1番の青ティーから見た景色。フェアウェイは画面の右手)

次の男性4サム、そのうち2人はぎりぎりに来て、打つ番になっても準備が出来ていない。一番年配らしい男、左崖下。プロビジョンも左OB杭へ。

全員青ティーから打つ厚かましさ。乗用カートで通り過ぎるとき、一人が「$10でいいよ。」←賭ける額を言っているのは明らか。

おいっ、フェアウェイも打てないのに賭けゴルフしないで欲しい。

プロビジョン打った人は、そのボールをOB杭の外から強引に打っている。

今日は長い1日になるなと憂鬱になる。おまけにまたしても暑い。

天気が良かったので、同じホールを撮っても綺麗に見えるので良かったらクリックしてみて下さい。1月11日に回った同じコース。

*

ところで、自分の旧アイアン、マグレガーフォージドVIPに戻してから、コースに出るのは初めて。

1番赤から295Y。急傾斜の下りフェアウェイ。ティーショットは右の木の上部に当たり、フェアウェイに落ちた。セカンド、かなりの爪先上がり、6番アイアンで軽く打つつもりががっしりと噛んで(呆れ)、グリーン左下。

ま、ここまではよくあることで、チップして2パットでもボギーなんだからどーってことないはずだった。

③打、サンドウェッジでのチップをトップしてグリーン奥のバンカーへ。あんた初心者じゃないんだから。④打、バンカーショットはエッジにランドしてグリーンに転がった。⑤打、ファーストパット、力が入って(爆)、ほとんどグリーンフロントまで行った。⑥打、セカンドパット、上りのはずなのにカップ大きく越えた。ぎゃあ~~~!⑦打、今度は慎重にパット。カップ下ちょっとにつけ、⑧打、やっと入った。

高速をアクセルペダル踏みっぱなしで運転、コースに着くやいなやティーオフすると最初の2,3ホールはアドレナリン全開で何を打ってもトップ、パットはノーカンということはありますが、4パットってねぇー、馬鹿としか言いようがない。

「8」

2ndgreen_2 2番255Y。ティーショットが右ラフ。横に長いグリーンの右奥にピン。バンカーがあるからピン方向狙えず。9Wはミスショットで、ギャップウェッジでピンハイ右エッジ。パターで寄せてボギー。

3rdtee 3rdhole_water 3番右直角ドッグレッグ、307Y。ドライバーだと右の池に届くので、池よりずっと左を狙ったつもりだったのに、池方向へ。かろうじて右ラフに止る。わたしのボールはこの男性の後方で、9Wで目の前のパームツリーの左側を。左ラフからチップして大きすぎ、ファーストパットは恐怖の下りスライス。わたしより上から先にパットした人はフロントエッジまで転がり落ちた。ボギー。

1月に回ったときのグリーンも速かったが、今日の速さは下りはどうしようもないぐらい速かった。

4thgreen 4番きつい上り317Y。3打目のギャップウェッジが大きすぎ、ピン上5mぐらい。パターのトウ寄りで文字通り触るだけ。とろとろとろとろ、止らない。かろうじて2パットでボギー。(画像がグリーン。左側がフェアウェイ)

5thhole 5thgreen 5番323Y。グリーン右が池。セカンドの3Wをミスショット。3打目のギャップウェッジをトップ気味。奥エッジで、ラフにボールが寄りかかる。パターで寄せてボギー。(画像右は次のホールから撮ったグリーン)

上の左の画像でカート道にカートが見えるが、あれは左隣(次のホール)から来た人。つまり2つ前の組。ティーショットを隣のホールの遠いほうのラフに入れるってどれだけ曲がっているんだか。

何の断りもなく、シャカシャカ乗り入れ、うろうろ探し、我々の人がティーショットを打ったあと、自分が打つからと身振りで示して打った。サンキューもソーリーもなく自分のホールへ戻る。

今日はこんなヤツばっかりだった。

6thfairway_uphill 6番上りのパー5、446Y。1W◎、5Wまあまあ、3W◎、SW◎、ピンハイ左8フィート。入れてパー♪ここのパーは飛び切り嬉しい。446Yでも長いんだ。砲台グリーンのピンはフロントだったが、このグリーンの手前部分は非常に難しい。チップをピン右に打って、8フィートも左に転がるし、ショートすると花道を転がり落ちる。

7thgreen_par3 7番パー3。レディースティーからいつもは170Yだが、今日は下のティーグラウンドで(あれは新しく造ったのかしらん?前は170Yが一番前だったのに)、150Yとスプリンクラーヘッドにあった。

嬉しい。3Wが快心。ピン左下から登って、ピンハイ右8フィートへ。(これだけ転がるんだから恐ろしい) バーディパットはローサイドに逃し(笑)、パー。

この頃1時半ぐらい。暑くて、帽子はかぶっていたが、一人で乗用カートに乗ると傘まで差したり閉じたりの余裕がなく、ジリジリと焼かれて気分悪し。

9番短いパー4、222Yはフェアウェイ右に木が立っていて、左に打とうとするのに何故か木の付近に行く。左側は住宅でOBだから、左を嫌うんだろう。6番アイアンで花道にゆるいパンチで出す。SWのチップをヒョンクして乗っただけ。げっそり。

3パットダボでフロント9を締めくくる。(ー゜ー;

ということで、前半46(パー36)、17パット。

後半はまた後日書こうと思います。

往路は40分。帰路は1時間以上もかかってふて腐れた。車中眠いのにコーヒーもなし、甘いものもなし。カーラジオでロックをがんがんかけて無事帰宅。

明日からペブルビーチ・AT&Tナショナル・プロアマがスタート。そのことでも書こう。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

カイル・スタンレーのリデンプション/フェニックスオープン

モーガン・フリーマンとティム・ロビンス共演の“Shawshank Redemption”(94年)はわたしの最も好きな映画の一つだが、先週と今週のPGAツァーはカイル・スタンリー主演のPGAツァー版リデンプションであった。

2つ前の記事にちょっと書いていますが、先週ファーマーズ・インシュアランスオープン、24歳のスタンレーが5打差のリードで最終日をスタート。

最終ホールをダブルボギーにしても勝てたものを、3打目がスピンバックして池ポチャ。5打目でグリーンにオン。そこから3パットしてパー5ホールをトリプルボギー。プレーオフになり、ブランディト・スネティカーに負けた。

今の男は育てられ方が違うから、負けて泣く。ラウンド後の記者会見でしまいにすすり泣きながら答えたのには、同情転じてげっそりしたが、このスタンレーは好きなタイプのゴルファーで憎めない。

サンディエゴでは、経験の無さと、神経の細さ(?)で酷い負け方をしたが、ボールストライキングの能力が非凡な気がする。タイトリスターで(笑)、マッスルバックアイアン。パターはオーソドックスなアンサータイプ(スコッティキャメロンだろうけど・・?)。つまり今の若いPGAプロの、猫も杓子も長尺パターの類いではないところも良い。

これだけのボールストライカーだから、きっと近々優勝するだろうとは思ったが、さっそく次の週、今度は彼が追う側で勝つことになると誰が予想したろう。

*

今週はスペンサー・レビンが6打差で最終日を迎えた。どうも華がないプレーヤーで、こんなおもしろくないゴルフを見てもしょうがないと思っていた頃(笑)、テレビを見る度、レビンはフェアウェイを逃している。グリーンを逃し、昨日までと違ってパットが入らない。

スタンレーはショットが良い。バーディを重ね、あるいは惜しいバーディパットを外してのパーが続く。

スタンレーはレビンの2組前を回っていたと思うが、勝負の分かれ目は15番ホール。というかレビンの流れは終始悪く、彼以外が抜け出るのは時間の問題だったろう。

Phoenix_stanley_15th2ndshot 右の砂地にティーショットが行ったスタンレーはフェアウェイにレイアップ。3打目をピンのかなり左上に打った。解説のニック・ファルドーは「無駄にした」(パー5なのにバーディシャンスを潰したの意)と言ったが・・・彼は実にネガティブなことを言うのが好きだ・・・多少引っ張ったにしろ、クリークに入れないことを最優先したんでしょうよ。

ファーストパットはカップをなめ(良いパットだった)、返しが4フィートはあったんじゃないか。入れてパー。

二組後ろのレビンもティーショットが右の砂地へ。しかし、サボテンの下で、パターで右ファーストカットラフへ叩き出すだけ。よく、あんなデカヘッドのパターで出すね。アホらし。

この次のショットが問題。ファーストカットラフでも芝の色が濃かった。ピンまで223Y、クリークをクリアするのに208Yと言った。TVの画面ではボールは沈んでいるように見えたが。

レビン、5番アイアンで・・あれは噛んだのか、中途半端なスイングになったのか(彼のスイングの癖を知らないが)、黄色ラインのはるか前にドボンと入る。

223Yを何で5番アイアンで打つのかね。今の若いプロは何でも目いっぱいの番手でめいっぱい振る。芸が無いというか、高校生じゃないんだから・・。

クリークの幅の広いほうに右フロントバンカーがあり、その後方にフロントピンがあった。狙うべきじゃなかったのでしょうね。タイガーみたいにロングアイアンでハイフェードが打てないのだろう。(爆)

ダブルボギー、13アンダーに落ちてほぼ優勝の目はなくなった。

*

ドラマはまだ終わらない。(笑)

スタンレー(15アンダー)、16番のあの馬鹿げたパー3をパーでしのぎ(あのパーパットは良かった)、17番短いパー4、今日は315Yと言っていたが、飛距離がある彼は3Wでティーショット。

Phoenix_stanley_17th_chip Phoenix_stanleycaddie_17thchip またしてもプレッシャーで力が入ったか、大きく右に行き、サボテンの下へ。ここから素晴らしいチップでピン上へ。危機を免れ、キャディーとハイファイブ。

Phoenix_stanly_brettwaldman 18番でも、距離を出そうと意識して左に引っ張ってしまったそうだが、ティーショットは左ラフ。残り107Yからピン上へ。パーセーブパットを入れ、15アンダーでホールアウト。

キャディーはブレッド・ウォルドマンといって、以前カミロ・ビジェガスのキャディーだった人。ツァープロとして、クオリファイからネーションワイドツァーで去年1年プレーしたが、成功せずキャディーに戻った。

Phoenix_stanley_trophy 新しい雇用主のスタンレーは先週2位、今週優勝で既に賞金$1.79ミリオン稼いでいますから、彼も20万ドルぐらいの給料じゃないか。(笑)

ということで、この馬鹿騒ぎのウェスト・マネージメント・フェニックスオープンはコースもタフじゃないし、あまり興味がない試合だが、思わぬ見ものになって最後まで観戦した。

flagスコアボード

来週は、AT&Tペブルビーチ・ナショナル・プロアマ。タイガーの米PGA初戦。今年から開催コース3箇所のうえ、アマチュアが出るからTV観戦にも忍耐を要求されるが、タイガーの出場する時間とコースはおそらく全て中継されると思う。

さてどこまで磨いてくるか、楽しみだ。

*         *         *

今日のスーパーボール(NFLフットボールの決勝)のハーフタイムパーフォーマンス。マドンナ。(探した中ではマシな音声でした)雰囲気が伝わればと思います。

さっそく削除されたので別のビデオを。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ