« コースで練習、どうも下手だ | トップページ | 2012年ツァー本格的スタート »

レッスン/ドライバー

自分が回っているわけじゃなし大きなお世話だが、日本でラウンドしておられる人の画像を見ると、とてもスイング出来るような格好ではない。特に女性。セーターに上着にそのまた上に防寒防風ジャケット。下はフリース裏打ちのシャカパン。当然、見える服の下にも何か着ているのだろうし、ティー拾うのも大変じゃないですか?(笑)

身体を傷めないのだろうか。ほんと言ったら、せめて1月2月はスイング改善、チップショットの安定などに費やすのが理想でしょうね。

*

ということで先日ドライバーのレッスンを取ってきた。ちょっと迂闊だったのは前の日に9ホールコースを回るとき、いつもの腰痛防止ベルト着用を忘れた。

Belt1 ちなみに日本帰国時マッサージ&鍼クリニックで購入。ゴムのみで出来ており、厚過ぎず身体になじむ。わたしは服の下、身体に直接着ける。色んなタイプを数々買いましたが、自分にはこれが一番良いです。

そういうわけで、翌日はちょっと腰が痛く、球数は打てない。

なお直したい点は、ドライバーのスライス、及びスライスとは呼べない球筋でも球が右に出ること。

<インストラクション>

1.先生が打席マットの真後ろに座り、(飛球線に)手の平を伸ばして、「(テークバックで)クラブヘッドがここに来るように。それから(身体を)ターンだ。」

2.この前、一言アドバイスを仰いだときと同じことをやらされた。欲しい角度の画像が他には見つからなかったのでタイガーの画像を拝借。(赤面)

Tigerswingsequence_delivery_b クラブがトップの位置に来たとき、先生がわたしの右靴辺りに飛球線に向いて立ちます(自分で描きましたcoldsweats01) ダウンスイングはこの画像のタイガーのようなアングルで、グリップやシャフトが先生の身体に触らないように降りてくる。

そして、両手グリップがまだボールの右手前にあるときに(右膝ぐらい?)、スイングを加速し始める。と言われた。

球を打つとき、先生には言われなかったが、いつものようにアドレスしたあと右靴を2cmぐらい下げた。(身体をターンしやすくなる。シニアゴルファーにこれを薦めるツァープロが多い。)

これで真っ直ぐ、orかすかにドロー軌道で飛ぶようになった。それでもキャリーで150Yちょっとしか行ってなかったけど、まあそれはしょうがない。

来週はランチョを回る。

*          *          *

近代の偉大な女性歌手をわたしは3人挙げる。エラ・フィッツジェラルド、アレサ・フランクリン、エッタ・ジェイムス。

ほかにも良い歌手、エンターテイナーは数々いるが、ちょっとこの3人とはスケールが違うように思う。

そのエッタ・ジェイムスが金曜日73歳で亡くなった。去年から悪いと聞いていたのでこの日が来ることはわかっていたが、やはり残念です。1938年生まれ、母親は14歳のシングルマザーだった。

彼女はジャズ、ロック、ブルースと歌っている。彼女の伝記映画をビヨンセが主演。ジェイムスの代表曲“At Last”をオバマ大統領の就任パーティでビヨンセが歌ったのは、本人はもちろん、古い世代の音楽ファンには受け入れ難いことでした。

若い頃の歌と、71歳のジェイムスをアップしておきます

この歌は亡くなった昨日、カーラジオでかかったいた。

*

このビデオは以前もアップしましたが、71歳のエッタ・ジェイムスがライブで歌っている。声、容姿といい、出色ですね。ジェイムスはこれ以前、長年体重過多だった。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« コースで練習、どうも下手だ | トップページ | 2012年ツァー本格的スタート »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
飛ばして、なんぼっていう、コメント、とてもわかります。
わたしは、150ヤード飛べばいいほうです。
アイアンも七番で100飛ばないときもあります。
レッスンプロや周りの飛ばしやから、ゴルフは、道具じゃないって叱られますが
少しでも 飛ぶ可能性のある新作が出来たら買ってしまいます。
飛ぶ人には、ワタシの気持ちはわからないと涙を飲んでいました。
飛ぶ人の5ヤードは、ワタシにとっては、たかが ではないのです。
たとえ、1ヤードでも バンカーや池、越えるか ということなんですけど。。
レッスンで、打つときに 右足のお話をされていましたが、それは、本当ですね。
ワタシも そうしています。
そしたら、身体が回る気がします。

>ぱていさん

わたしも一昨年まで毎年ドライバーを買い換えていました。練習量が少ないのでもうお金の無駄だと思ってやめましたが。
道具を替えてもスイングが悪いと大して変化はなく、それよりボールを変えたほうが飛ぶことに気がつきました。
ここ数年はいわゆるディスタンス系のコンプレッションが低く、重さも軽いボールを使っていますが、風の日はチップがグリーン上で飛び跳ねるのと、パットのラインを維持しないのが難点です。
ボールはわたしのスイングスピードでも5ヤードは違いますよ。

わたしはキャラウェイのレディースアイアンで、ロフトが立っている型に変えましたが、それでも飛距離はさっぱりです。
番手変える意味もあんまり無くて・・(爆) ほとんど笑うしかないようなゴルフをしています。


こんにちわ
こちらは、寒波で、凍りついています。
ワタシは、アイアンを八回買い換えたんですが、キャロウェイが一番良かったと思います。
キャロウェィのxシリーズを新型が出たら、打っていました。
しかし、前のx20が良かったりして、がっかりしたことも。。
キャロウェィは、方向性が良かったんですが、フェース素材がステンレスだということで
距離がでなくなり、ゼクシオに変えました。
そしたら、右ばっかり。。
シャンクなんていう高等なミスではなく、笑 フェースが ひらきっぱなしで。
キャロウェィだと、そんなことなかったのは、フェースが少し左むいていたのかなー。
自分のスイングを見たら、頭を振り振り、変なダンスをしているようでした。
パターも たくさん 変えました。
入るって、書いてあったので。。笑
持てば、振れば、広告の距離が出ると信じていました。爆
よくよく、考えたら、家電感覚で 買っていた気がします。笑


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コースで練習、どうも下手だ | トップページ | 2012年ツァー本格的スタート »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ