« 暑い冬 | トップページ | ティーショットのヒョンク、その直し方 »

気温29℃の初ラウンド♪2012年

ゴルフ仲間と約束していなければ絶対キャンセルしたと思う。何しろ昨日ランチョは30℃だった。孫をレッスンに連れて行って、日向には1分といられなかった。そして今日も暑くなる予報。

スタートタイムは11時12分。駐車場から降りると頭がカンカン。

1番ティーボックスで同伴者に頼んだ。「もしコースで倒れたらこれが娘の携帯番号だから電話してね。」smile

いや、本気でした。ゴルフをしていて日射病、脱水症になったこと、数回ではきかない。

でもまあ、もし昇天してもそんな死に方もいいかなと思って。(こんなことを言っては罰が当たるが、昔の平均寿命は50歳ぐらいだったんだからもう十分生きてるのよね。)

*

というわけで、パットの練習もしないままスタートした1番ホールは、ティーショット、セカンドの5Wと低空ながらまあまあ。しかーし、ボールは花道のディボットの中。長くて浅かったが、芝がワヤになっていた。AWが芝に取られてピンハイ左ラフ。

ダボスタート。

スコアより、こんなショットでランチョを回っては悲惨なことになる・・と暗然とした。

2ndtee 2番405Y女性にパー5。暑い日はみんなのろのろプレーするからイライラする(笑)。2番ティーグラウンドで既につまっているし。上り、セカンドの3Wが当たってようやくスイングを思い出した感じ。

わたしは脱水症が怖いので暑い時期はいつも日の出にティーオフする。朝露やスプリンクラーの水でコースが濡れ、プレー距離は非常に長くなる。

今日は気温が高く、コースは乾燥。わたしのボールでも飛ぶわ転がるわでほんと楽しかった。

3rdgreen 3番、左奥ピンだから160Yだろう。3Wで左奥エッジまで行っていた。チップがショートしてパット入れられず。あのショット打ってパーに出来ないのは馬鹿すぎる。

4thgreen 4番右ドッグレッグ489Y。女性にはタフでハンディキャップ1ホールだが、ティーショット、セカンドの3W、3打目の9Wと全てがナイスショットだった♪グリーン前の花道を登りきれなかったのは計算ずみ。チップはピン左にキック、入れてパー。(画像はグリーン後方から)

<開眼confident

わたしは飛距離がないので普通のコースではボギーオンしか出来ず、したがってボギーゴルフが基本だ。

でも今年はどのホールもパーを取りにいくメンタリティーで行こうと決めた。

・・と、コースで思いついたわけではないが、たまたま(笑)次の5番354Yも3打目の7アイアンがピン50cmについて、パー。

7thhole 7番338Y。ロスの冬は本当は雨季なのだが、今はどこも気候パターンが狂って、雨なんか降りゃあしない。そこへ強風やら高温やらだから、フェアウェイやグリーン下の土手がはげちょろけになっていた。芝がイーブンに生えてなくて、ボールがどんなライにあるか運次第だ。

日本のカントリークラブコースでは考えられないコンディションだけど、こういうコースでゴルフしたほうが上手くなると思う。(爆)

しかし、わたしはメンタルが弱く、「嫌な草の上に乗っかってるなぁ」と思うと必ずミスショットする。今日はそれを反省しました。ベアグラウンドからだって打てる時は打てるんだから、嫌なライだと思わなければいいのだ。

8thgreen 8番153Y、ピンは左奥(画像はグリーン後方から)。ドライバーでピンハイ左ラフ。慎重にピッチしたら下くぐり気味でグリーンに乗っただけ。こういうピッチのミスは、20何年もゴルフしているくせに許し難いです。ボギー。

そして、これも反省したが、もっとパー3でパーを取らなくちゃ良いスコアには出来ない。グリーンを逃したってカップに近いところにティーショットを打てているのだから、パーにしなくちゃねー。

9thtee 9番364Y。フロント9はダブルボギー2つ、パー2つでボギーゴルフ。

5番ホール、6番ホールぐらいが一番暑かった。午後1時ぐらいまででしょうね。カートに乗っている間も銀色のゴルフ用日傘を差し、人のショットを待っているときはツリーラインの木陰に停車(ランチョは巨大な木があるから楽)、グリーンには日傘を持っていって、それはそれは気をつけました。

ちなみに5時間ラウンドで、700mlの水を3本飲んだ。coldsweats02

*

バック9に入ったらもう暑さの峠は越えたのが分かった。

11thtee 11番424Y、女性にパー5。セカンドの3Wが当たった。今日は芝がちゃんと生えているところにボールがある限り、左足上がりや下がりの傾斜ライから3Wがよく当たって嬉しかるがるだった。

このホール、3打目がピン上、右ラフ。ボールの後ろに高い芝。下りチップで打ち損ない。難しいチップだったけど(おそらくプロでも簡単じゃなかろう)、どんな選択があるか先生に聞いてみよう。

12番171Yはティーグラウンドから打ち下ろしだけど、グリーン前25Yぐらいが上っているので、わたしは20年で数回しかパーオンしたことがない。パーオンの可能性があるとしたら、今日みたいな日だと思った。(高温プラス乾燥)

フロントエッジ、あと50cmでオンしたところだった。(笑)

13thgreen 13番355Yのグリーン。手前がわたしのボール。惜しくもパット入らず。ああ。

14thhole_centurycity 14番フェアウェイから右方向の遠景。センチュリーシティーのビル。

15thfairway 15番375Y。上ってるし長いし、グリーン手前と左右が傾斜だらけでオンが難しい。ショートアイアンなら乗せられるが、ミドルアイアンやウッドになると中々オン出来ない。今日もダボにしてしまった。weep

17thhole_righttreeline 17番467Y。ドライバーが前のホールから乱れだした。右へヒョンクする。勢いの無いスライスというか・・。右のツリーラインに入り、フェアウェイに出すには木の枝が垂れている。爪先上がりだったので、ドライバーをシャフトまで短く持って叩き出した。

一番低い枝の葉っぱに当たったが、フェアウェイ真ん中に出た。これは☆マークショットだったな。note

18thtee 18番左ドッグレッグ449Y。このホール、3打目をいつもミスショットする。ティーショットとセカンドが良くても、フェアウェイで芝が薄く打ちにくいところにボールが行ってしまうから。でもコースマネージメントで言うと、そこに打ったほうがグリーンやピンにアングルがあるからなんだけど。いったいどうすりゃいいんだ?(笑)

今日のスコア「Jan5th2012.htm」をダウンロード

5ヶ月ぶりのランチョ、3ヶ月ぶりの長いコースだった。また頑張ろう。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 暑い冬 | トップページ | ティーショットのヒョンク、その直し方 »

ゴルフラウンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑い冬 | トップページ | ティーショットのヒョンク、その直し方 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ