« アブダビHSBCチャンピョンシップ3ラウンド目スタート | トップページ | 東西ツァーで驚きの最終日 »

アブダビHSBCチャンピョンシップ3日目終了タイガー首位タイ

初日はタイガー組の特別生中継がロスの夜7時45分から夜中過ぎまでで見やすかったが、実は2日目は深夜から朝方までTVをつけっぱなしで寝たというか見たというか(笑)、最初の数ホールを見たことは確か、最後の2,3ホールも見た。それで翌日、18ホール全部をDVRで3回見直したが、頭に残らない。

スポーツはライブで見ないとダメだとしみじみ思った。

アメリカのゴルフファンは、タイガーとローリー・マックロイのメジャー最終日、最終組での一騎打ちを見たがっている。

マックロイはタイガーの留守中(笑)、あれほどの圧勝でUSオープンを勝った。何より、その才能と若さと怖さ知らずのゴルフスタイル自体魅力であるし、将来タイガーの後継者としてゴルフ界を引っ張るスーパースターになると予想するファンが多い。

ついに故障が直り、思う存分練習出来るコンディションになったタイガー。去年終盤でゴルフの復活を見せたところで、今季最初の試合。その最初の3日間でマックロイと同組というのだから、ファンには堪えられないご馳走である。

*

日本でも多くの人がゴルフチャンネルを見られる環境にあると思うが、そうでない方のために、幾つかのホールのプレーを書いておきます。

1番ホールをバーディでスタートのタイガー。そのあと、パーが続く。マックロイが4番パー3でバーディ。-7へ。

6番469Y。タイガー、3Wでフェアウェイへ。タイガーはマックロイがドライバーでティーショットするホールでも、かなり3Wを使っている。

セカンド(195Y)、7番アイアンがバウンスしてグリーンから少し入ったラフへ。チップは入りそうに見えたが5フィート越す。タイガーが落胆の表情。

マックロイ、グリーンの左奥にオンし、ファーストパットが大ショート。3パットボギーで再び同スコア(-6)。

7番199Y。ロバート・カールソンがオナー。ティーショットは奥ラフまで飛んだ。タイガーがティーショットを打った途端、“In the hole!!”と二人一緒に叫び、ワハハハと笑うファンがいた。まったくねー、アメリカ人か、故意にアメリカ人の真似をしているファンだろう。

ピン左を通り、ピンの真後ろ7フィートへ。そのあと、マックロイがピン横20cmにつけた。この大胆さ、ショット力がマックロイの魅力。両者、バーディ(-7)

8番597Y。タイガー、ドライバーでフェアウェイ右寄りへ。ヨーロッパツァー名物解説者のロントン・ラドローが、「初日、ローリーはタイガーをオーバードライブしようとしてたね。」と笑いながら言う。(マックロイもインタビューで認めていた)

タイガー、セカンド(299Y)、3Wがグリーンを僅かに上り切れず右バンカー左端のカラーへ。ここからのチップ(ピンは奥)が大きすぎ(パンチが入ったのか、恥ずかしいヤツだshock)、カップをはるかに越えグリーン奥ぎりぎりへ。パー、マックロイはフェアウェイ右バンカーに入り、アイアンでレイアップしてパー(-7)。

9番441Y、右池。タイガーは3Wのティーショットで右靴が滑り、右池際の砂地へ。ギャラリーに当たったが、そのおかげか(?)、池に入らずにすむ。セカンド(176Y)、グリーン左よりへオン。ピンはフロントだったが、ファーストパットのスピードが良い。パー。

タイガーもマックロイもフロント9を34。トータルスコアは7アンダー。

*

10番562Y。1Wでフェアウェイへ。タイガーがティーショット打ったあと、女性マーシャルの「動かないで下さい!」の制止を無視して、ギャラリーはすたすたフェアウェイ方向へ歩く。(笑)

セカンド(280Y)、3Wでピンよりはるかに左を向いている。ビンテージタイガーのお家芸。3Wのフェード。奥にひょろ長い2段グリーンで下の部分にオン。ピンは奥の奥。40フィートの上りパットはライン完璧でちょっとショート。バーディでー8へ。3日間で初めてマックロイを抜く。

マックロイ、フェアウェイの同じようなところからFWで同じショットを打とうとしたように思えるが、グリーンの右、木がある砂地へ。

わたしはいつも不思議に思うが、3Wでグリーンに打って止らせられるプロは非常に少ない。そこがタイガーと他のプロの違いと言ってもいいぐらいだ。

11番471Y。パー。ファーストパットはリッジの下からだったが、スピードが良い。グリーンのスピードに合うようになっている。マックロイのアプローチショットは同じようなラインで、リッジを越えた。マックロイもバーディパットを外した。

12番191Y。タイガー、7番Iで奥ピン左下へ。8フィート入れてバーディ。-9。

後ろを回るポール・ローリー(99年全英オープン優勝)と首位タイになる。

13番414Y。タイガー、3Wのティーショットが右フェアウェイバンカーに入るが、パーセーブ。

Abudhabi_3rdr_peterhanson スウェーデンのピーター・ハンソンが64、トータルスコア9アンダーでホールアウト(3:20pm)

*

☆14番490Y。わたしはこれが3ラウンド目、タイガーのキーホールだったと思う。3Wでティーショット。

Abudhabi_3rdr_14thapproach_2 (訂正→)右サイドは池、ピンはフロント右寄り。セカンド(195Y)を7番Iで、フェード。たぶんこの画像がそうじゃないかと思う。Yahooスポーツではしばしばホールを明記していなかったり誤ったホールになっている。

Abudhabi_3rdr_14thgreen Abudhabi_3rdr_14thgreen_fistpump ピンハイ左、23フィートへ。バーディパットは良い転がりでカップセンターから入った!今週入れた一番長いパットであり、ライン、スピード、ストロークと完璧に打てたパットだったろう。

スコア、10アンダーで単独首位へ。

マックロイは次の15番171Yで奥ピンの真後ろにティーショットを打ち、バーディ(-8)。

17番483Yではタイガーの1Wでのティーショットがフェアウェイを突き抜け、セカンドでグリーン左サイドに乗せたがパー。マックロイはフェアウェイからピン下1フットに打ってバーディ(-9)。

18番567Y。マックロイがティーショットを右に曲げる。池には行かなかったが砂地の岩の間。

時間がかかりそうなので、カールソン、タイガーと先にセカンドを打つ。タイガーは3Wで、奥に深いグリーンに登らせる。しかし、ピンはフロント。

Abudhabi_3rdr_18th_roryto9thfairway マックロイは岩の隙間から9番ホールのフェウェイ方向へ打つ。同ホールと18ホールの間と思われる、砂地を転がる。ギャラリースタンドにかかるため(?)、救済ドロップ。3打でグリーンオン。

タイガー、50フィートの下りパットをカップ下3フィートにつけ、バーディ。今日66、トータル11アンダー。

Abudhabi_3rdr_robertrock それより先、ロバート・ロック(イギリス)も66を出し、11アンダーでホールアウト。タイガーと共に首位タイ。

最終日は、タイガー、R・ロック、ピーター・ハンソンが最終組となる。11:45スタート。TVライブ中継は現地12時から。ロスの夜中12時

まだ書きたいことはあるが、また後日にします。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« アブダビHSBCチャンピョンシップ3ラウンド目スタート | トップページ | 東西ツァーで驚きの最終日 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アブダビHSBCチャンピョンシップ3ラウンド目スタート | トップページ | 東西ツァーで驚きの最終日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ