« プレジデンツ・カップ初日終了、2日目組み合わせ | トップページ | ゴルフはスイング »

プレジデンツ・カップ終了、タイガー復活

暇なわたしでも、プレジデンツカップ中継を全て見るのは容易ではなかった。

3日目は各5組の4サムと4ボールマッチでスタートから最終マッチの勝負がつくまで12時間!

しかし、堪能しました。アメリカから12人、世界から12人のトッププロのプレーは見ごたえがあった。

素晴らしいコースですね。あの、オーガスタナショナルと同じアリスター・マッケンジーが設計したというのだから驚く。(いや、知らなかったのはわたしだけか・・?)

そうしてまた、今の時期、この天候の変化はオーストラリアでは珍しくないのか、金曜日は32℃の強風、土曜日は15,6℃で終日雨とタフなコースで全く違うコンディション。

世界から出場しているプレーヤーは、やはりそれだけの実力を持っているものだと知った。

初日の4サムで良いとこなしだった韓国のKT・キムや石川遼。2日目はキムに好調のアダム・スコットを組ませる。遼くんは引き続きエルスに面倒をみさせた。エルスの遼くんへの優しさは特筆に価する。素晴らしい男ですね。

遼くんは日本滞在中JGTOのゴルフで、パットが入っていないように見えたが、今週はよく入れていた。これほど曲がるグリーンも、これほど速いグリーンも日本のツァーではないと思うが、さすがというか何というか。(笑)

今日最終日のシングルマッチでは、終日良いプレーをして、3&2でバッバ・ワトソンに勝った。前回のプレジデンツカップは18歳で出場、今回は20歳で二度目の出場。

*

Furykwife 今週のベストパーフォマンスはジム・フューリック。5-0-0の完璧さ。今季は賞金ランキング53位に終わり、不調のシーズンだったがミケルソンと組んだチームマッチがはまり、勢いに乗った感がある。今日のシングルでアーニーに4&3で勝ったたあとのインタビューでも感慨を表情に出していた。画像は奥さんのティバータさん。彼女は選手奥さんの会の会長。

ちなみに、5-0-0達成は4人目。タイガーは前回サンフランシスコのハーディングパークGCで、丸山プロは98年、このロイヤル・メルボルンコースで同様に達成したそう。(すごっ)

先日も書いたが、デビッド・トムズも良いゴルフを見せた。彼のパットはプレッシャー下でゆるがないというか、良いストロークですね。

インターナショナルチームでは、チャール・シュワーッツェル、地元ジェフ・オギルビーがメジャー優勝者の底力を見せたように思う。

*

ということで、タイガーの話。

アメリカチームのキャプテン、フレッド・カプルスがキャプテンの裁量で選べる「キャプテン・ピック」の選手として、タイガーを早々と8月に指名して実はゴルフ界から一般ファンからかなりの批判を受けた。(キャプテンピック決定期限の1ヶ月余前)

ゴルフメディアは、カプルスがチャンピョンズツァー(シニア)に出場している試合にまで来て、連日インタビューした。

またインターナショナルチームのキャプテン、グレッグ・ノーマンも「僕ならタイガーを選ばない」と大きなお世話のコメント。(わたしは今回一連のタイガーに関するネガティブな発言で、ノーマンにすっかり落胆した)

偶然にも(!)、今日タイガーがアーロン・バッドレーに4&3勝ったマッチで、アメリカチームは18ポイントになり、優勝が決定した。(タイガーは12組のシングルマッチの最後から2組目)

その直後に、タイガーのピックを早々と公表した点を聞かれたフレッド・カプルス。

『それには理由があったんだ。タイガーは、ほんとに練習を頑張っていた。フロリダで毎日6時間、8時間やっていたそうだ。それを聞いて、良い気分になったよ。』

『彼のキャディー、ジョーイから、(タイガーは)良いプレーをしているという報告もあったしね。みんな知ってるように、ジョーイは僕のキャディーだったんだから。』

(以前もタイガー情報で書いたが、タイガーの新しいキャディーのジョーイ・ラカーバは今年まで長年フレッド・カプルスのキャディーだった。カプルスに「自分は出場試合も減っているし、若いプロを捕まえて稼げ」と勧められ、ダスティン・ジョンソンのキャディーをしていたがタイガーがスティーブ・ウィリアムズを解雇して、タイガー陣営に求職した。理由を聞かれ、10月初めに短く『タイガー・ウッズだから』と答えている。)

(ゴルフメディアや一般ゴルフファンより、プロキャディーは“見る目がある”ってわけだ。smile

カップルス『タイガーはプロデビューして以来、毎日インタビューを受けてきただろうけど、僕には初めての経験だった(タイガーピックに関して聞かれること)。正直、フラストレーションがあったよ。』

『自分が見た最も偉大なゴルファーを選んだと思ったのに・・(何で批難されるのか)・・』

このあとジョニー・ミラーは、決定期限が来る前はタイガー本人にだけ伝え、公に言わなければこれほど問題にならなかっただろうにと語っていた。

Tigerboxingfrediie1 Tigerboxingfreddie2 Tigerboxingfreddie3 Tigerfreddie_clinchingcup 勝った直後のカプルスは、タイガーにパンチする真似。ビデオで観ると短いが、画像で見ると、タイガーが実に良い顔をしている。

Tigerbonesmckay そのあと、グリーン周りのバッバ・ワトソン、ミケルソンのキャディー、ジム・マッケイ、2日目と3日目に組んだダスティン・ジョンソン、ニック・ワトニー、ルーキーのウェブ・シンプソン(今季PGA賞金ランキング2位)らとハグする様子に想像をかきたてられた。

それはチームメートの勝利を祝う仲間、アメリカの優勝が決定したという喜びのほかに、タイガーが戻った、単純な嬉しさもあったのではないかと思う。

13年間、強いタイガーだった。若いプロ達は、子供のときから見ていたろう。

今週のタイガーはショットは誰が見ても明らかに傑出していた。3日目の4ボールでは、フェアウェイキープが14ホールうち11ホールだった。

あとはパットが入るだけ。今朝の練習グリーンで、初日にペアを組んだ、スティーブ・ストリッカーがタイガーにアドバイスしたという。「もっとパターのトウをリリースするといい。それからボールを後ろに置いたらどうだ」と。(日本語で言うと、もっとトウ側を走らせろということか・・)

それから入りだしたと言います。今日は実にストロークが良かったし、パット時に左肩が動かなかった。

Tigerfuryk Tigerstricker ストリッカーやフューリックは、プレジデンツカップやライダーカップで何度もペアを組んだチームメイト。(前の記事で、ストリッカーは腰を傷めていてと書きましたが、正しくは首の故障。プレジデンツカップに入るまで6週間ほど大してゴルフは出来なかったということだった。)

*

マッチが決まった、タイガー15番パー5のバンカーショット。アーロン・バッドレーはグリーン奥からのチップが入ってイーグルを取らない限り、マッチ終了という状況。

アメリカ19ポイント Vs インターナショナル15ポイント

4日間のマッチ結果

*

見られなかった方のために、ビデオをアップしておきます。

日曜日シングルマッチ、タイガー10番ホールのバーディパット。ストローク、姿勢といい旧タイガーらしいパットと思った。17フィート(5m)

同タイガー、シングルマッチ5番ホールのバーディパット。これを入れて、1日のトーンが決まったように思う。これも17フィート(5m)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« プレジデンツ・カップ初日終了、2日目組み合わせ | トップページ | ゴルフはスイング »

プロツァー」カテゴリの記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ