« はじめまして | トップページ | 今秋タイガー情報 »

滞在1ヶ月

今時の親は、健康であることに感謝すべきとか、世の中には病気で苦しんでいる子もいる事を教えないのか、娘の罰当たりガキどもに言ったら、キョトンをした顔で理解不能の様子だった。(怒)

普段一緒に暮らしているわけでもない子供たちを躾ける気は毛頭ないが、わたしはつい毎日怒りとばしている。

アメリカの親は子の意思を尊重しすぎると感じることも多いが、日本の子のほうがはるかに甘やかされ、我侭だ。

夜、最近日本に出てきたらしいアメリカ式のドラッグストアに行くと、小学生の兄弟が延々と走り回って遊んでいる。近くにも遠くにも親らしい人は見当たらない。娘に言うと、たぶん親は週刊誌の立ち読みなどして、気にもとめてないというのだ。

スーパー、デパート、デパ地下の食べ物街、いたるところで子供が泣いている。赤ん坊以上の年齢の子が、パブリックの場所で大声で泣き続けるのは、特殊な障害がある以外では躾がなってないからだ。

「外」でお行儀よく振舞えないのは実に恥ずかしいことであり、そんな子はどこにも連れていきませんよ、という教えがなされてないものと察する。

悲しくて、あるいは傷ついて、堪えようと思っても堪えきれず、ほろほろと涙がこぼれるといった泣き方をしない。自分の我侭が通らなくて、わぁーわぁーと泣き喚く。泣くことでアピールしているのだ。

そうして、今回日本に来て1ヶ月になるが、車椅子の人を一度しか見たことがない。それは東急デパートのエレベーターで、家族かアシスタントの人かが押していた。屋外では一度も見ていない。前回の帰国でもたった一度、何とかセンターという大きなモールで見たきりだ。

どうして、車椅子の人(子)や障害がある子、あるいはダウン症の子を見ないのだろう。ロスでは人の集まるところに行けば(モールや公園)、見るのが普通だ。

行きかう人、行きかう人、二本の足で歩き、自転車に乗り、難なく行動しているのを見るのこそ、奇異な光景に思える。

それから、どこへ行っても車椅子のまま乗り入れられるトイレがないのは呆れる。(空港にはありましたが)

これでは恐ろしくて年も取れないじゃないか。自分の足で歩けなくなったら、否応なく屋内引きこもりでしょうか。(T_T)

*          *

まあそんなわけで、ストレス解消でときどき練習場には行っています。

週1ペースでは打っているのに、どーしてこう毎回一からやり直しで、70球を超えた辺りでようやく思い出すのだろう。(悲)

お前が言うなって話ですが、わたしが観察した日本のゴルファーの傾向。もちろん平均的ゴルファーという意味です。

男性は、ドライバーが下手ですね。(ごめんなさい)

アイアンやフェアウェイウッドの球筋を見ていて、「あーこの人、結構上手いな。スコアまとめるんだろうな。」と思うわけです。それでドライバーの練習が始まると、ひぉえーっになってしまう。

ゴルフ業界で長く仕事しておられる方がブログに書いていたけど、日本のコースは狭いところが多いので、ティーショットが一番難しく、グリーンに近づくにつれて容易になっていく。

外国(アメリカと書いておられたか失念)のコースは逆で、ティーショットはバーンと打てるが、グリーンに乗せるのが難しい、ましてグリーンを逃したらセーブ出来にくい設計・・ということでした。(これは同感です)

そのせいで、ドライバーを持つと練習場でさえプレッシャーを感じるからかなと推測しました。

それからフェアウェイウッドやユーティリティーウッドが上手い方をよく見ますが、スイングがスウィープ型ですね。打ち込むのじゃなくて。これはフェアウェイの芝質から、打ち込まなくても球が上がるからじゃないかと思いました。

女性ゴルファーは、同性がじーっと(or ちらちら)見ると感じが悪いので、あんまり見ていません。

が、両極に分かれる。明らかにレッスンを取っている人はスイングが綺麗で、へたれのご亭主に教わるだけらしい人は歴然。女性は我流でスイングになる人はいないように思えます。

Kenzan_oct15th わたしは何から何まで飛距離がないので、何の番手でもポイントを狙って打つ(つもりで)練習します。

1階のときは(今日は風が強かったので1階にした)、左端に近い打席で(鏡でスイングフォームをチェック出来るから)、アイアンは練習の最後に左の溝にダイレクトで入れるのが目標。(笑)

(画面、左フェンス寄りに黒く見える。ボール収集か、蓋もないみたい)

幅は35cmか40cmぐらいでしょうかね。先日AW(50度)は何球目かで入りましたが、今日PWではかなりかかりました。

今日(土曜日)は風がアゲンストでしたが、わたしは良い球を打つとフェードらしくて、フェードじゃないとかすりもしません。ミスショットが入ったのが1発と、芯食ったのが1発。

7番アイアンは全然入らん。(笑)

ということで、今晩は愚息宅に骨休めに来てアップしました。

Baby_10daysold 生後10日の孫。すでに300gも増えて、でぶちんになってきた。( ̄0 ̄; 抱いているのはわたしです。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« はじめまして | トップページ | 今秋タイガー情報 »

ゴルフ」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

コメント

今晩わ(◎´∀`)ノ
そして、かわいいお孫さん、おめでとうございます。(v^ー゜)ヤッタネ!!
私も孫の見舞いで産科病院へ行ったとき、カルチャーショックを受けました。
受付はまるでホテルのそれのよう、食事はレストランなみ、これじゃお金がかかりすぎ、と思った昭和生まれの私でしたが(*≧m≦*)

只今孫二人と同居してますが、最近の親は子供に優しいですね、少子化も原因かもしれませんが、何かが間違ってる感じがする、今日この頃です。

日本の秋を楽しんでお帰りくださいψ(`∇´)ψ

メリーさん ご無沙汰しております
まったく同感です アメリカの父親のほうが子供の躾に厳しいように思います
自分の知っているアメリカの方はどなたも子供が悪い事をした時は真剣に怒られてます
アメリカに来るまではまったく反対だと思っていたのですが、今の日本の親は駄目ですね
(そう言う方ばかりではないでしょうが) かく言う自分もまったくダメおやじで娘が可愛く
甘やかしております 怒り役は全部妻にまる投げでして・・・反省いたいます

>paramentさん

ありがとうございます。孫は子供より可愛いと言いますが、その通りですよね。

子供を叱らないのは、1つは親自体がマナーやモラルの基準を持ってないからと思います。
基準を持って、初めて子供に教えられる、躾けられると思います。
例えば、子供が公共の場で騒ぎまわっても人の迷惑と考えない親は、子供を叱る理由がないですよね。
もう1つは、子供を躾けるのは非常なエネルギーが要ります。それを放棄している、面倒くさいから言わないというパターン。
まったく、日本はいつからこんな野蛮な国になったのかと思います。
おそらく、いろいろなことが、この5,6年で劇的に変わった・・悪いほうに変わったことが多いと感じます。
我々が頑張りませんとね。(笑)

>すかんくさん

こんにちは。
先々週のFrys.comは、すかんくさんのすぐ近くではなかったですか?
見に行かれるかも知れないなと思っていました。

ロスでわたしは自分一人で、あるいは孫を連れてしょっちゅうモールに行きますが、アメリカ人の幼児が泣き喚いているのを見たことがないです。
今、体罰はすべからく「アビューズ」とみなされる風潮で、子供に手を当てる親はほとんどいないと思いますが、部屋の隅に座らせ会話を禁じる罰など効果があるようです。(笑)
思うに、子供を叱るときは、ガンとした態度、解らせるまで引き下がらない真剣さが大切ではないかと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はじめまして | トップページ | 今秋タイガー情報 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ