« ツァー情報/タイガー情報 | トップページ | ヨーロッパツァー、オメガマスターズ »

ミケルソンも長尺パター( ̄□ ̄)

最近自分のゴルフのことは書く情熱がなくなった。

わたしぐらいのゴルフ遍歴になると、もう万年下手ですとしか言いようがない。それなりに努力しているつもりだが、5、6ラウンドに1回ぐらい上手くいく日があって、それ以外は自分の下手さ加減に呆れるゴルフをしている。

おもしろいことを読んだ。100Yからのショットが止らないと嘆いている人がいたが、誰か止る人はいるんだろうか?

チップショットで止る球を打てないのに、100Yが止るわけない。

この前、娘や孫と一緒に回ったとき、グリーン周りからのチップショットはすごぶる良かったが(全て52度ウェッジ)、ほとんどパットで拾えなかったから意味がない。

飛距離もある程度は要る、フェアウェイに打つ、グリーンを逃さない・・スコアにするにはいろいろなことが要るが、最後の分かれ目はパットになる。

良いショット打っても、チップで寄せても、素晴らしいバンカーショット打っても、パットを入れられないと実に落ち込む。落ち込むべきでしょう。

わたしの場合、練習すれば入るようになるので、長尺にしようとは思わないが。(夏は日差しが強いので練習量が激減する・・・とアホらしい言い訳)

*          *

先日から米ツァーでの長尺パター使用プレーヤーの活躍を書いてきたが、とうとうミケルソンがぁあああああああ。

次はタイガーか?(爆)

ジョークです。

ミケルソンはPGAチャンピョンシップの練習ラウンドで、優勝したキーガン・ブラッドレーと回った。

そのときは、「ミケルソンのようなプレーヤーと練習ラウンドするなんて夢のようだ。いろいろ教えてもらった。」とブラッドレーのほうが言っていたが、コースではあまりにブラッドレーが良いパットをするので、長尺パター(彼の場合はベリー・パターと言う呼称通り、お腹にグリップエンドをつけてストロークする)のことを委細に聞いたのはミケルソンだったそうだ。(本人談)

そしてキャラウェイに、ブラッドレーが使っているパターとほとんど同じ仕様の長尺パターを作ってもらった。ホワイトホットXGサーバートゥース。

Deutschebank_proam_phil_longputter 今週のドイッツェバンク・チャンピョンシップ、木曜日のプロアマで使った。

グリーン1箇所のパットのみのビデオですが、そのプロアマでのミケルソン。

今までのパターと長尺と両方バッグに入れ、フロント9は長尺でプレー。3パット2回のトータル18パット。

バック9は、長尺と普通のパターと交互に使ったということです。ラウンド後、本番でも長尺を使うかと聞かれ、「おそらくね。」とミケルソン。

ボール位置、アドレスなどキーガン・ブラッドレーに電話で聞いたそうですが、uncomfortable(心地悪い)と正直。

これだけ長尺パター使用者が活躍しているから、試してみたかったのだと言っている。

たぶんミケルソンには合ってないと思う。1,2日使ってみて、ギブアップするのじゃないかと推測します。

先週優勝したダスティン・ジョンソンも、使ってみようかと考えたこともあると言っている。

先日の全米アマチュアで何人か使っている子がいて、時代の変化を嘆いたが、今更禁止するにはあまりに使用者が増えてしまっている気がする。

しかし、長さも何も規制がないのは、いかにも面倒くさいから黙認してきた印象があって、R&AもUSGAも怠慢じゃないか・・。

ということで、今日が初日のドイッツェバンクチャンピョンシップ。開催コースはTPCボストン、7214Y、パー71。

リーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« ツァー情報/タイガー情報 | トップページ | ヨーロッパツァー、オメガマスターズ »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ツァー情報/タイガー情報 | トップページ | ヨーロッパツァー、オメガマスターズ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ