« それぞれの夏 | トップページ | 今週からFedExCupプレーオフシリーズ »

米ツァー、長尺パター大流行

素人でも長尺を使っている人はシニアプレーヤーに多いと思うが、まあ使い出した一般的な理由は腰痛であったり、トップアマでパットが入らなくなる年齢の人とかだろう。

ついこの前まで、プロが使うと揶揄され、解説者にこきおろされ、「俺はこれでメシ食ってるんだ。人にとやかく言われたくない。」と開き直る後ろめたさがあったと思う。

使用者の多くはシニアツァーに行ったプロか、パットが入らず勝てなくなった、かつての強いプロであった。

キャリアのピークは過ぎた人達であり、メジャー優勝者も出なかったので黙認されてきた。

しかし、時代は変わった。

ルール適合なんだから使うのは当たり前・・という世代の若者がツァーに出てきて優勝する時代になった。

そうなるとゴルフ界、ゴルフファンの見る目も違ってくる。

アダム・スコットが長尺パターを使いだして、がっかりしたファンは多いと思うが、25歳のキーガン・ブラッドレーが、長尺パターでメジャーを勝った先駆者になって議論になりだした。

長尺パターが適合でいいのか、長さ、使い方になぜ規制がないのか・・??

わたしが見た限りでは、解説者、コースレポーター、ゴルフアナウンサーは総じて否定的であるが、ルール上認められている道具を個人的好みで拒否出来ないので、「ツァーではまずスコアを出して金を稼ぐことが最優先になるから・・・」「今のところは適合しているクラブだから・・・」と歯切れが悪い。

彼らが長尺パターをどう思うかと聞かれたときの表情、声色は、言葉よりはるかにその存在を拒否したい気持ちが表れている。

長尺パターでも特に最も長くて、胸骨にグリップエンドをつけ、両手を数十センチも離して握るやり方は(アダム・スコットがそうだ)、とてもゴルフスイングとは思えない。

アイアンやウッドでボールを打つことも、パターでボールを打つことも、ゴルフスイングだ。その物理的動作と違ってしまっているのじゃあるまいか。

PGAでは3週続けて長尺パター使用者が優勝。

Bridgestone_th_scott_longputter 8月7日WGCブリジストンインビテーショナル:アダム・スコット(31歳)49インチ長尺。

Sat_keeganbradley_17thgreen 8月14日PGAチャンピョンシップ:キーガン・ブラッドレー(25歳) 最終日最終組、首位タイでスタートだったブランドン・スティールも長尺でした。28歳。

Wyndham_webbsimpson_win 8月21日ウィンドハム・チャンピョンシップ:ウェブ・シンプソン(26歳)お腹に付ける長尺。

ベテランでは最近長尺パターに変えたのが、ジム・フューリックとアーニー・エルス。(最近じゃあ40越えたらベテランなのだ)smile

*

Couples_seniorpga_3rdplayoffhole_17 Couples_seniorpga_samsneadtrophy これはシニアツァーだし、頑固な腰痛持ちのフレッド・カプルス。20代の長尺パター使用プロと同等に語る気は毛頭ないが、先週末シニアプレーヤーズ・チャンピョンシップ(チャンピョンズツァーのメジャー)で優勝。

最近ではこの試合が一番おもしろかった。

開催のウェスチェスターCCウェストコースが素晴らしい。ツリーラインコース、起伏があり、幾つかのホールはティーショットを点で打たないと次打がない。

首位スタートだったカップルスに1打差で、ジョン・クックとオーストラリアのピーター・シニアがいて、タフなコースで接戦でした。

カプルスは最終日にさっぱりパットが入ってなかったが、ジョン・クックとサドンデスのプレーオフになり、風も相当吹いてきてますます厳しい。

Coouples_seniorpga_teeshot18th Couples_seniorpga_johncook_2 3ホール目で決着がついたが、最後はショット力で優勝をもぎとった印象があった。カプルスはクックとティーショットで30ヤード、40ヤード違うから、パー4で有利になること歴然。

シニアプレーヤーズチャンピョンシップスコアボード

*

それで長尺パターではなくて優勝したのがLPGAのみで、わたしは一人快哉を上げた。(笑)

韓国人プロは先行すると優勝するパターンが多く、ナ・ヨン・チョイが逃げ切ると予想した人は多かったろうが、なんと首位に9打後ろ、1オーバーだったスザンヌ・ピーターセンが週のベストスコア64を出して6アンダーでホールアウト。

2時間後、ナ・ヨン・チョイは18番をボギーにして6アンダー。ショットもぶれていたので、プレーオフに行ったら負けるなと思ったのですが、ピーターセンはプレーオフ待ちで練習場にいる頃から自信満々が見て取れた。

9打差を覆すなんて、アニカ以来じゃないですか?(調べてないが・・)この前はヨーロッパレディースツァーで、アイルランドオープンに勝っているし、ようやく調子が出てきた。

Safewayclassic_suzannpettersen_pump 彼女のウィークポイントはパットだけだったから、パットが入りだすとどもなりません。

めずらしくゴルフウェアも可愛かった。(^-^)

セーフウェイクラシック・リーダーボード

*           *            *

わたしの最も好きな映画“Pulpfiction”

YouTubeで映画のこま切れシーンを見て大笑いしています。これは音楽だけですが。

最初に入っているセリフはアホカップルがレストランで強盗を企てるシーン。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« それぞれの夏 | トップページ | 今週からFedExCupプレーオフシリーズ »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« それぞれの夏 | トップページ | 今週からFedExCupプレーオフシリーズ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ