« タイガー、スティーブ・ウィリアムズを解雇 | トップページ | エビアン・マスターズ宮里藍優勝 »

光るボールでナイターゴルフ/15ラウンド目

日本ではあの光るゴルフボールを何と呼ぶのだろうと検索したら、誰もが「光るボール」と称していた。

今日グローブを買いにゴルフショップに行き、発作的に光るボールも買ってしまったcoldsweats01。 ちょっと高かったけど、まあ失くさないわけだから(爆)

Twilighttracerball これは明るいうちに庭で撮ったもの。ショップでピンクのロストボールと比べたが重さは同じようなものでした。

Twilight Tracer(説明があるのでよかったらどうぞ)

サイズも重さも普通のボールと同じで、サイトにはレギュレーションボールとあるから、コンファーミング(ルール適合)ボールだと思うが、後日調べてみます。

コンプレッションは80と箱に書いてあった。ま、打てるだろう。(笑)

光るボールの話だけ読みたい方は、下のほうへどうぞ。16番ホールから。

*

ということで近所のパー64の18ホールコース。夕刻約7時にティーオフ。

10番ホールからスタート、まだ明るいので最初の6ホールは普通のボール、キャラウェイHX HotPlusを使用。

今週のLPGA、エビアンマスターズ、今日(第3ラウンド)藍ちゃんのスイングを何度も見ていて、「あれだけゆっくりスイング出来たら、わたしだってもっと上手いゴルファーになれるわ」と思った。

TV解説者やコースレポーターはあのリズムを激賞する。スイングもパッティングストロークも同じリズムで、決して早くなることがないと言うのだ。

藍ちゃんのテンポでテークバックしたときはショットが良く、ブリタニー・リンシコムのアグレッシブなインパクトを真似したときはとんでもないミスショットになった。(呆れ)

パットも藍ちゃんをよーく見てたんだ。今週は特にパットが良いですね~。

そのせいか、芝ぼこぼこで重いグリーンにもかかわらずパットが入って(スティンプメーター3か?shock)、

11thtee 11thgreen 10番340Yでボギー(自分にはボギーホール)、次の11番160Yパー3で(画像)8歩の下りパット入れてバーディ。heart04

12番148Yはショットもチップも悪くボギー。13番148Yは3Wのティーショットがピン右上エッジ。グリーンにハゲ道がついてコンディションが悪かったが、なぜかパター使ってこれが入りバーディ。heart04

という按配で、14番になって初めてパー。

15thtee 15thhole_airplane1 15thhole_airplane2 15thhole_church

15番515Y左ドッグレッグでは、ティーショットも2打目の3Wも3打目の3Wも良かったが、花道突き抜けてバンカー入り。まーそんなことはどーでも良くて、画像はティーグラウンド(左)、このホールの右手にあるロスアンゼルス空港に着陸する旅客機(左から2と3)。フィリピン航空とアラスカエアラインだと思う。右、反対側、次の16番ホールの向こうに見える教会。

*         *          *

さあて、ここから光るボールのレポート。

16thgreen_twilightball 16thgreen_twilightball_close 16番160Y(ティーが前だった)。3Wで、ガシャッ!と奇妙な音。でも当たりは良かったと思ったのに、こんなにショートしていた。両方とも同じ画像から。クローブアップしたボールは光っているのが分かると思います。(時刻は8時)

このボールは打つことで、毎秒7回ぐらいフラッシュしだす。5分間そのフラッシュが続く。

チップしてもショート、パットしても重い。

このボールって飛ばないのじゃないかしら・・?

Twilighttraceball_flashing Twilighttraceball_notflashing 17番も18番も、打っても打っても当たらない、距離は超しょぼい、パットは入らないで、ボールを変えた途端パーが拾えなくなってしまった。画像は両方同じ時に撮ったものだけど、フラッシュした瞬間に撮れると赤、フラッシュが切れると白。

最初の6ホールで1オーバー、今日は画期的なスコアが出ると思ったのにー!

クラブハウスのほうに戻り、1番ホール。108Yは8番アイアンで◎、グリーンフロントにちょっとショート。でもチップが良くてパー。

2番ホールからまた打っても打ってもミスショット症候群になり、たまにパットで拾う以外、ひっちゃかめっちゃかのゴルフになってきた。

3rdgreen_twilightball 4thgreen_twilightball 7thtee_doglegleft 左から、3番176Yグリーン前、4番145Yグリーン前、7番286Yティーグラウンド。(クリックしてみて下さい)コースの水銀灯はこの程度で、フェアウェイキープしない人には苦しいのですが、光るボールはかなり目立つ。

Twilighttraceball_rough_2in わざと深いところにボールを突っ込んで撮影。ボールの頭はすっぽり沈んでいるのです。(これもクリックしないと見えませんね)

空中のボールを目で追えるので(赤の点滅で実に変な感じですが)、ラフに行ってもどの辺りか見当がついているし、30Y手前ぐらいから識別出来る。

暗い場所に落ちているほうが分かりやすく、ラフにふんわり乗っていると50Yぐらいから見えます。

<<光るボールの印象>>

☆見やすさ、見つけやすさは最高。ナイターゴルフだけではなく、早朝ゴルフとか、夕刻で見えにくいとき、あるいは曇天で空が暗い日にも良いと思う。

☆飛距離や打感はスイングスピードの個人差があるので言うのは難しい。近年軽くて最も飛ぶボールを使っているので、このトワイライト・トレースのコンプレッション80でさえ自分には硬いのかも知れない。

(腰が不調で後半は足がしびれだしたので、最後の数ホールはスイングどころじゃなかった)

それを考慮しても自分には飛距離は落ちると感じた。

☆チップとパット

最初はショートばかりすると感じたが、夜のゴルフは夜露でグリーンが濡れてただでもショートするので、強めに打ってアジャスト出来た。

パットは軌道が真っ直ぐ維持出来てない印象があったが、ストロークが悪かっただけかも知れない。(汗;)

芯で打つと短いのは入るが、転がり自体どうも重い感じがする。

昼間、乾燥しているとき練習グリーンで試してみようと思う。

おもしろいのは、このボールは芯で打ったときとクラブフェースの変なところで打ったときの差が甚だしいことだ。

以上、光るボールのレポートでした。

*

バーディ2つ(嬉嬉)

スコアカード⇒「July23rd2011.htm」をダウンロード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« タイガー、スティーブ・ウィリアムズを解雇 | トップページ | エビアン・マスターズ宮里藍優勝 »

ゴルフラウンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タイガー、スティーブ・ウィリアムズを解雇 | トップページ | エビアン・マスターズ宮里藍優勝 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ