« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

3Wが当たった11ラウンド目/2011年

自分のゴルフの話の前に、道アマ予選通過おめでとうございます。(ここを読んでおられるか疑問ですが、言わずにはいられません・・happy01) どの会場も7000Y近くで中年諸氏にはどれほど「拾う」ゴルフが出来るかなんでしょうね。

いずれハンディキャップ2,3のゴルファーは、ショートゲームが上手いに決まっているが。

*          *

今月はこれで4ラウンド目、妙に元気が良い。

アメリカは月曜日がメモリアル・デーの祭日で、3連休。連休というとどっか遠くに行くのか、あるいは家族の行事を優先するのか、こういう時は意外とコースは空いているものなのです。

特に午後のある時間を過ぎると、みんなサーッと家に帰る。

ということで、わたしはナイター設備のある近所のコースへ行きました。夕方6時30分ティーオフ。

若者2人がチェックインしていたが、お願いしてその前に出させてもらった。わたしは速いです、などと言って。(笑)

小さい練習バッグを肩にかついで歩きだから、速いペースで回らないと体が持たないから。

速いですと言ったからには待たせては女がすたる。最初の2ホールは、ほとんど駆け足で回った。(貧乏性の気遣い屋)

*

持参クラブ:3W、9W、8番アイアン、52度ウェッジ、パター。

しつこく3Wの練習・・・いや練習ではなく、コースで打てる度胸付けのために、打って打って打ちまくる。

コンディション:ノースリーブシャツにフリースの上着。強風。

Westchester_pond カメラは持参せず。コースサイトからの画像。2番パー4は、右曲がりで池が右から食い込んでいる。大した大きさじゃないんだけど、フェアウェイの良いところにティーショットが行くと、池越えでグリーンに打ちたくなる。(画像は池からティーグラウンド方向を見たところ)

芝の状態が今一のうえ、左足下がりのライ。右から左の激しい横風。いくら何でも池は越えるだろうと思ったが、池の向こう岸近くにポッシャーン⇒ボールは水面から飛び上がり、向こう側に出た!happy02

岩もないのに、あの跳ね方は何だろ?

いずれすごいラッキーブレークだった。

まあそんなことはどうでもよくて、ともかく今日はショットが良かった。

このコースはパー5が1つのみ、パー4が8つ、パー3が9つのパー64。

パー3ホールは、わたしの飛距離ではどこもフェアウェイウッドが要る。2箇所で9Wを使い、7箇所で3W。風が強かったが、グリーンを逃したのは3番166Yだけ。

1ピン内のピンハイ左や、ピン筋の手前やグリーン奥で、まあ気持ち良いほど打ちたいところに飛んでいった。イエ~イ!happy01

パットは全然入らず。(―~―)

バーディ1箇所(5m上りパット)、2パットパー5箇所、1パットパー1箇所、3パットボギー1箇所。

*

水曜日のラウンドでSWを忘れ、52度でチップしたら好結果だったので、これからグリーン周りからいつも52度を使うことにした。

問題はグリーンサイドバンカーからだ。

今日はうっかり入れて(笑)、アゴの高さはアドレスした体勢で肩近くか、グリーン面が高い。52度のフェースをうんと開いて打ったら出た。良いバンカーショットではなかったが、ピン下4,5mにつけたからまあまあだ。

*

バック9は、10番ボギー、11番バーディ、12、13、14番とパー。このままパープレーが出来るかと期待した。(そんなわけ無かろう)

先日よそのブログでエージシュートの話を読んで、このコースなら可能性はあるかも知れないと思った。

パー64なんだけど、72歳のときに72は無理だろうな、やっぱり。68歳ぐらいで何とかしないと、クラブを振り回せないかも。

んーーーむ、ちょっときついな。

今までのベストスコアは72。今日は73だった。smile

*

12番で前の男性3サムに追いつき合流。わたしより年配のゴルフ友達同士が2人と若い人。全員プレーが速い!18ホールトータルで2時間20分。

ラッキーデーnote

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

3Wの鍛錬

3Wは地面から打つのが難しいクラブであり、ゴルフ中継を見ていても世界のトッププロでさえしばしばグリーンを逃していますね。

しかしわたしは飛距離が無いので、パー3のティーショットやフェアウェイ途中から3Wが要る。

Burner5w 最近、また3Wでの頭叩きトップが増えてきた。定期的に3Wが深刻に打てなくなって、今まではその度に買い換えてきたが、今は全クラブをレディースにしたからこれ以上簡単なクラブはない。(画像、真ん中が3W、その右が5W。年違いのテーラーメイド・バーナーレディース)

3Wは打てなくなると、恐怖心が出るらしい。自分では意識したことがないが。

ということで、昨日金曜日夕方からスーパートワイライトの時間(トワイライトより更に安いグリーンフィー)にコースで練習してきた。

覚悟はしていたが、耐え難いスローペースで1ホール約30分。(笑)

さっさと回る必要がないのは幸いで、ティーショットから3Wを使った。

ドライバーのティーショットとほとんど距離が変わらず、グリーンへのアプローチの番手も同じだったから落ち込んだ。

ドライバーの打ち方も悪いんじゃないの!?

2ndhole  2番パー5では「打つの待ったほうがいいよ。」と言われたんだけど、「届かないわよ。3Wでティーショットしてるから・・」と打ったら、前の人達がいたところまで転がって・・。

画像は人が打つ間、左ラフで待っているとき。黄色がフラッグ。3W+3Wで、アプローチが8番アイアンでピンハイ左だったから、普段と同じだ。(笑)

4thhole 4番パー5も、前のグループで奥さんが打ったあとご亭主がスイングを教えてる風で、なかなか歩いていかない。早くしろ!と打ったら快心でcoldsweats02、馬の背フェアウェイの左側に転がっていた。2打目のライが難しく右に打ち出したが、あれは5W使うべきだったと反省。

3W×3回のあと、アプローチが9番アイアンだったから別にいつもと同じだ。

5番パー4もフェアウェイに土手がそそり立つ上りだが、ドライバーの快心と5ヤードぐらいしか違わない。3W2回打って、アプローチは8番アイアン。

6thhole 6番ホールは排水の溝は絶対越えないなと思ったのに、越えたから驚いた。3Wを2回で、アプローチはAW。(上出来)

ピンフロントで、1バウンスのあと棹に当たり、ピンそばにポトリと落ちた。ラッキー!

*

何なんだろ。練習と思うから当たるのか・・・。頭叩きのひどいミスショットを2回したが、まあティーからもフェアウェイからも良い当たりが多かった。

原因は練習量が少ないからでしょう。

まださほどではないがこれから暑くなるので、夕刻遅くコースで練習するのが良いかも知れない。

もう一つ感じたことは、わたしはドライバーを打つ時、ティーが高すぎるのではないかと思った。3Wとドライバーショットが、距離が違わなくていいはずがない。

ということで、次々と練習したいことは増えるばかり。

*          *          *

良いジャズです。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ちょっと芽が出てきた10ラウンド目/2011年

5月で10ラウンドは、月平均2ラウンドペースに追いついて嬉しい。ここ数年、年間10ラウンドちょっとという情けない回数だった。去年は23ラウンド。

いい加減ランチョでひっちゃかめっちゃかのゴルフをするのは厭きたので、バレー地区に行った。ここは平年なら既に28℃に上るところで、朝5時起床、6時過ぎに家を出た。(日本じゃあ当たり前かも知れないが、ロスじゃあ馬鹿だsmile

高速はすいすいで、28kmを20分で到着♪

なおロスは5時40分ぐらいが日の出。

*

Entrance_s これは帰り際に撮ったのだけど、駐車場からの入り口。左側はゴルフショップの裏手、右はレストランへ。雰囲気が可愛い。

Entrance_gladiolus_s Entrance_flower_s 左、グラジオラス。何か懐かしい。日本のたいていのうちはグラジオラス植えてませんか?右、パームツリーの根元に巻きついていた花。何だろう・・?(花の名前に疎いもので)

何でランチョもこういう風に愛情を持って、花壇の手入れをしないのかと腹立たしい。同じ市営コースなのに!

*

ということで、写真付きラウンドレポート。

Callaway_hx_hot_plus_2 ボールはeBayで6ダースも買ったのが昨日届き、さっそく使いました。

1stgreen_s 1番ティーグラウンドに立って、間違ったホールにいるんじゃないかと怪しんだ。ここは年2,3回はラウンドするが、記憶にある1番ホールと景色が違う。グリーンはどこ?あんなに左だっけ?という感じ。スタートから371Yって、長いわっ。1W+5W+52度+2パット=ボギー

2ndhole_s 2ndgreen_2 2番315Yも見覚えがないように感じたが、朝日が逆光になり、普段より傾斜が誇張して見えるからだと気がついた。というか、このコースは結構傾斜があるのね。(笑)

1Wミスショット+3W○で花道真ん中、ピンまで幾らもない。

ゴルフバッグを見る。

はっ

( ̄◇ ̄;)

サンドウェッジが入ってない。

小さい練習場バッグに入れたままなんだ!

あ~~~と思ったが(わたしはグリーン近くからのチップは全てSWを使う)、こんなところまで来て駐車場に取りに戻るわけにもいかず、覚悟を決めて52度でチップ。かなり短く持って、強さはSWのときと同じぐらいで。これがピン下に寄って1パットパー♪

もうこれでルンルンです。(ゴルフはメンタルsmile

3rdtee_s  3rdgreen_s 2番457Y、数年前改造して短いパー4からパー5に。長いことグリーンが悪かったが、ついに状態が良くなっていました。1W+5W+5Wで、最後を52度で打ったらショートしてグリーンエッジ。今日はしばしばショートした。目測のミスだと思う。パターで寄せてボギー。

4番パー3、172Y上り。ショットがしょぼくて届くどころの騒ぎじゃない。全然短い。グリーン下から52度のフェースを開いて打ったらショートした。あんまり小ざかしいことしてもダメだな、素人は。ボギー。

*

5thhole_s 5番482Y。ティーショットは良かったが、セカンドの3Wを頭叩き左引っ張りで、左のフェアウェイバンカーと松の木の間に転がる。そこから更に5W+3W、52度ショットが今一でピンにかなりショート。

あ~ああぁあああ、パー5でダボかしらと意気消沈も、ベストを尽くさなくちゃ。今日はどのパットも根性入れて読み、気魄でパットした。

11歩の上りパットだったが、しゅるしゅるー最後はへにょへにょ上って入ったぁ!

ボギー。これで気を良くした。

6thhole_leftrough 次の6番は赤から412Yで女性にはパー5。パーチャンス!←何をたわけたことを。ドライバー大ミスショットで右ラフ。次の3W◎、突き抜けて左ラフ。5Wでフェアウェイ右に出し、アプローチは52度でピン左横5歩。これ入れてパーセーブ♪

*

いやー今日は行けるかも、と思ったときに鉄槌が下る。(爆)

7番365Y、ティーショットは良くてセカンドの3Wが×、残り100Y。朝露で濡れているし、湿度は高いしで、プレー距離がある。100Yを9番アイアンじゃあ足りないのよね。

でも8番アイアンが無いんだ。7番アイアンも無い。(爆)

その2本も練習バッグに入れっぱなし。(ー_ー;)

100Yから6番アイアンでコントロールショットたって、そんな器用なことが出来るぐらいなら97は叩いてないわけです。(先々週のスコアweep

9番アイアンで、かろうじて乗った。あいにくグリーンは卵のとがったほうが下の形で、大きくて長い。ピンは奥。30Yのパットだった。3パット覚悟したが、やはり3パットになり、これはしょうがない。ついにダボ。

8番372Yも何やかやで4オンになってしまい、ダボ。

9番361Yも、3打目のPWがショートしてグリーンに届かず。52度でチップを4歩に寄せワンボギー。(笑)

あー、ワンパットって気持ち良い。このところパットがカコンと入る感覚をすっかり忘れていた。

グリーンのコンディションが良いと、わたしのパットはこんなもんなんだ。わっはっは。(~▽~;)

*           *

年配ゴルファーが(←わたしのこと)、身体の話をしてもウラメシイばかりだけど、前2ラウンドは分厚い腰痛ベルトをして回ったが、今日は膝下ショーツを履いていたのでベルト無し。最初の数ホールでもう腰が痛く、それが肩と背中に来てバリバリ。

速攻でアスピリン2錠飲んで、エレクトライトの粉を水に入れて摂取。(脱水症予防)

ここは朝8時9時でカンカンと陽射しが強く、帽子も車に忘れたので(何でも忘れるヤツ)、早くホールアウトして帰らなくちゃと気が気じゃない。

*

このコースはフロント9が3307Yもあって、女性にパー38。バック9は2792Yなので、42,3は出せるはず。う~~~ん、42なら80台で収まるのかな。

10番362Y。15歩から2パットでボギー。

11番276Y。おっ、短い、パーチャンス!・・と思うでしょ?しかし、意外とパーが難しいんだここは。

11thgreen_s まあ1Wをかち上げショットの右ラフ、セカンドの9Wも手打ちしゃくり上げじゃあねー。ピンフロントで、アプローチは、エッジまでで35歩だった。歩測して良かった、グリーンすぐ下が水でグジュグジュだった。知らなかったら上りきれずショートしてたところだ。52度ウェッジで、写真のように付けました。

パットは外しましたが。手前が低くなっているから、カップ2個ぐらい上のラインだけど、ちょっと弱くてローサイドへ。根性無しっ!

12thtee_s 12番461Y。左側の木、1,2本切ったのかしら。どうも少なくなった気がする。ショットがどれもショボイので、3打目やけくそで直ドラした。460ccのヘッドで薄いライからは難しい(爆)。それでも3Wでミスショットするより転がるから良い。ボギー。

13thhole_tree_s 13番122Y。左の木が逆光で良く見えないが、黄色い小さな花をたくさんつけている。よく見たら羽虫が無数に舞っていた。げっ。9Wの当たりは悪くなかったが花道にショート。上り20歩を52度で25cmに寄せてパー♪

最後の3ホールのどこかでパーを取りたかった。ショットが悪くてボギーオンもしなかったが、パターや52度で寄せてワンパットボギーセーブでした。

2、3のティーショットはキャラウェイHX Hot PlusとタイトリストDT Carryと両方打ってみました。2回続けて同じスイングが出来るものではないので、はっきりとは言えないが、ミスショット、ナイスショットの分を考慮してもキャラウェイのほうが飛ぶと感じました。イエ~イ!

やっと、マシになった~~~~♪

スコアを見たい方⇒「balboa_scorecard.htm」をダウンロード

*

*          *          *

この前見た映画のサウンドトラック。こういう映画好きなんです。ひひひ

音が大きいですから気をつけて下さい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

インパクトでの手首の返し

今日は日曜日だったが、午後から先生とジュニアゴルファー(高校生)と一緒にランチョを数ホール回った。

数ホールなら歩けるので、ショートコースバッグで。

1W、3W、8番アイアン、PW、SW、パター。

クラブ選択で、どれほど飛距離が無いかわかる。(笑)

いったいわたしのゴルフはどうなってるのか・・・。

ドライバーが当たった。キャラウェイのボールを6ダースも買ったのに、タイトリストのボールが飛んだ。(^-^)

ドライバーの練習なんか、もう10日以上してないのに。

3Wは相変わらず不安定でミスショットも多かったが、ほかのフェアウェウッドを持っていかなかったから、まあいいや。

*

今日の大問題。

常に自信を持っている(ぇっ?!)、ショートアイアンが壊滅状態。

1番3打目、番手を持ってないから8番アイアンを短く持って・・・引っ張りフックで、グリーン左下ラフへ。

もう少しで左前方を歩いている人に当たりそうだった!

5番3打目、8番アイアンを抜いたと思ったのに、持っていたのはPWで、トップしたおかげで、ピンハイ左エッジまで転がった。(まともに打ったらショートしていたはず)

6番3打目、PW、かろうじてグリーン左端に残ったが、これは身体が早く開いてのミスショットと自分で分かった。

7番3打目、8番アイアンを短く持って、右へスライスブロック。

ピンハイ右ラフ。( ̄□ ̄)

*

ショートアイアンでこう大ミスショットをしていてはゴルフにならない。これでは何回コースに出たって、90半ばから後半になるのは明らか。

ということで、しばらくゴルフの建て直しをしようと思う。

*

とりあえず、練習場で8番アイアンを見てもらいました。

「インパクトで手首を返せ」と言われた。先生のデモンストレーションは、インパクトの前後60cmぐらいでした。

シャドースイングでやってみたら、

「NO!スウィープじゃない!打ち込むんだ!」(Sweep)

何回かダメ出しされて、シャドースイングにOKが出た。

即効で当たるようになりました。

この先生は教える天才ではないかと思う。(^-^)v

それでもトップ風味左引っ張りが出ると、

「クラブを降ろすのが先だ。まずクラブを降ろして、それから手首を返す。」(いわゆる、クラブをドロップすること)

これまた即効で当たるようになり、いやー気持ち良かった。

何度打っても同じ球筋になるとはウソかマコトか。(爆)

*

もう一人の人は50代男性で、短いチップがしこたま上手かった。素人でこれほど上手い人は初めて見た。

手前花道からでも横のラフからでも、カップへあと一転がりの5cmから50cmにはつける。

ロスの住人じゃないそうだが、あれは色々なコースを回っていて、ラウンド頻度も相当高いのだろう。ラウンド数多くないと、いくら練習してもああはつけられない。

まあ練習しないことには、寄るチャンスも無いわけだけど。

*             *              *

スロープレーで悪名高い、PGAのベン・クレイン。去年ワークアウトビデオを発売。コミカルな面を披露して、すこぶる好評です。

下はその一部。

それから、これはそのメーキング。彼の笑い自体、笑える。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

再び飛ぶボール

現実的な話、わたしぐらいの歳になると飛距離を伸ばす(or 維持する)には、ドライバーを替えるかボールを替えるしかない。

筋肉トレーニングも何も、ゴルフ自体が体力消耗、健康のためのウォーキングさえ腰に堪えるのだから、楽しくゴルフしないとね。(ぇっ?)

Dtcarry 7,8年前から次々とボールを試していますが、ここ数年使っていたのが、Titleist DT Carry。これは廃盤になって(レコードでもないのに「廃盤」という言葉で良いのだろうか・・?think)←いや良くなかった、製造停止だな。今はDT Soloというのに変わっているが、在庫処分しているショップでたくさん買った。

(まだ1ダース半も残っているじゃないの!)

Callaway_hx_hot_plus 今年、Callaway HX Hot Plusというボールを2スリーブもらいました。コンペ用に作った、会社のロゴ入りのやつ。

これがタイトリストのDT Carryより飛ぶような気がする。何しろまともに当たる時が少ない最近だから、実際飛んでるかわからないが打ち易い、打感が良い。

値段はどんな根拠で設定するのか(怪しいと思う)、キャラウェイHX Hot Plusのほうが少し高かった。

Callaway_hxhotplus_2 ロスアンゼルスは消費税率が9.75%なので、買えるものはeBayで買うようにしている。

それで、6ダースも買う破目になった。(@。@;

*

使っている方がいたらごめんなさいだけど、このボールもタイトリストのDT Carryも男性が使えるボールとは思わない。すごーくヘッドスピードが遅いゴルファーじゃないとメリットは全くないと思う。

それから、当たり損ないのこすり球やトップしたとき、このボールは距離がいきません。もっと硬いボールのほうが、当たり損ないでも転がるとわたしは感じます。

風が強い日、グリーンがバンピー(ぼこぼこしている)なコンディションでは不利だと思うけど、どっちみち下手なゴルフをしているので、少しでも飛んだほうがわたしのゴルフには楽だと思う。

*       *

米ゴルフダイジェスト最新号にあった、トム・ワトソンのアドバイス。

『自分に合ったコースヤーデージを知ること』

☆アイアンでグリーンへ打てる距離のティーを選択する☆

「多くのゴルファーは長すぎるティーからプレーする。チャレンジになるかも知れないが、ゴルフの楽しみの要素を逃す。」

「総ヤーデージは最も大切である。アイアンでグリーンへ打てるゴルフがしたいはずだ。」

「コースデザインの経験と、アベレージゴルファーとラウンドした僕の体験からアドバイスするガイドライン。平均的男性ゴルファーは6,200Y、同女性ゴルファーは5,000Y。同シニアゴルファーは5,400Y」

平均的女性シニアゴルファーは4,700Y

「僕がコースデザインをする際、まずこのガイドラインに沿って少なくとも4つのティーグラウンドを設定することからとりかかる。チャンピョンシップティー、マンズティー、シニアティー、フォワードor レディースティー。」

「楽しくゴルフする。それに自分のゴルフ力にあったティーからプレーすることは、プレーペースを速くすることに繋がる。」

*

わたしはヘたれであるし、年齢もシニアだから、4,700ヤードのガイドラインに当てはまる。

(―。―);;;;;;

そんなこと言ったって、そんなコースは無いのだもの。

ウェスチェスターという、以前15ホールしかなかったのを18ホールに改造した、ごく近所のコースはバックティーからでも4,300余しかない。でもパー64だ。

ランチョでは試験的に、レディースティーの前に黄色ティーを造った。初心者女性と年齢の低いジュニアゴルファー向けという趣旨らしい。4,337Yとスコアカードには書いてあるが、コースレートも何も無いからスコアがポスト出来ない。(わたしはスコアをポストしているww)

(ちなみにそのティーから回っている女性は自分以外では一度しか見たことない)

正直に言うと、自分のゴルフでスコアになるのは、傾斜がきつかったりコース自体が難関コースでは5,300Yぐらい、それ以外では5,500~5,600Yぐらいだと思う。

超平坦、フェアウェイが超広く、グリーン手前左右に何も障害がないようなコースだと、まあもうちょっと長くても何とかなる。(運動場かっ!)

ということで、パットをどうにかしなくちゃ話は始まらない。

*          *          *

日本の孫の写真。

Photo_3 もうすぐ8ヶ月になる一番下の孫。

5_17_2011 いい歳して若い髪型にするのはやめてほしい愚息と。

なかなか髪の毛が生えてきません。嫁はおじいちゃん(彼女のお父さん)に似たからだと言うんだけど。(笑)

今秋また帰国する予定ですが、早く会いたいです。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

さっぱり良くならない9ラウンド目/2011年

月曜日のラウンドを木曜日に書いているのだから、どれほど冴えなかったか分かろうというもの。

わたしにしてはめずらしく前回から1週間でゴルフした。しょっちゅうしてもダメなものはダメなんだわね。(笑)ラウンドに間隔があくとショートゲームの勘がなくなるとはよく言われるが、パットがダメだぁあああああ。

ショットはかなり良くなりました。

パーが3つも取れて(爆)・・3つで喜ばねばならないのだ・・しかし、だらだらとダボを打つ。悲しくなるような下手さ加減です。

*

1sthole この前レッスンを取って、スイング軌道をターゲットラインより右方向に左腕とシャフトを出すように習った。それを1番ホールの3打目、9番アイアンでやろうとしたらミスショット。

9番アイアンでグリーンを逃すとは!( ̄□ ̄;

ラウンドの最中にスイングのことを考えてはいかんと反省。以後、やめました。

おかげでこのホールはまたダボスタート。

2番女性にパー5、3打目が9Wで、かすかにラインより右だったがやはり右の土手を上らず。(5Wで奥に抜けたら絶対拾えないので)

チップがショートしてどっちみち拾えず。(ー_ー;)

3rdgreen 3番ピンが奥センター、向かい風でドライバー。ここは良いスイング、良いショット。ひょっとして突き抜けるかと思ったが、グリーンが重いから助かった。(笑)ピンハイ右、2m半ぐらい。バーディパットは勿論外しました。(悲)

ほぼ同じラインからパットした人がカップ左に外したから、カップ右外狙ったけど、あとで考えたらあれはストレートだったんじゃあ?ホームコースでライン読めないのは馬鹿だ。

でも貴重なパーだった。(爆)

6thhole 4番パー5、5番パー4、6番パー4とボギーホールを何とかボギー。しかし、ショットはかなり良くなっているが、アンラッキーなバウンスが度々あった。まあそんな日はありますよ。

画像は6番352Y。だいたいここら辺にわたしのティーショットは落ちる(泣)。飛距離がないと、セカンドが一番上りがきついところになる。3打目の8番アイアンが良いショットだったのに、グリーンの右端、何か硬いものに当たったらしく真左に跳ねる。失礼しちゃう。

7番338Yはミスショットの連続だったが、4.5mぐらいのパット入れてボギーセーブ。

8thhole 8番パー3はまたしてもグリーン右下ラフ。毎度毎度同じところにグリーンを逃すんだ。何回もチップしたんだから、いい加減寄せなくちゃあと思ったら、今度は25cmに寄った。(笑)ピンはセンター右寄り。

9thgreencharch 9thgreen 9番364Y、3打目のAWが×で、ひぃ~~~~っとグリーンに上ったら何とか右端にボールはあった。長いファーストパットはもう少しで入りそうだった。画像左、ピコブールバードを挟んでお向かいのカソリック教会の尖塔が見える。画像右、3打目はきつい上りで、わたしにはいつもブラインドショットになる。

ということで、フロント9は2938Y女性にパー36、スコア44(16パット)。

久しぶりにボギーラインを割った気がした。

そうして、後半はまたダラダラと踏みとどまれないゴルフをしてしまうのであった。(呆れ)

*

最近いつも同じホールでダボにし、いつも同じホールで3パットする。ゴルフIQが退化している。

10thgreen 10番350Y、ダボ。

11thgreen 11番女性にパー5は、3打目3Wでまだ乗らなかったが、52度で8フィートにつけて、めずらしくパットが入りパーセーブ。

それで14番は3打目が右ラフ、たぶんバミューダグラスのラフだと思うが、きつかった。PWで渾身ショットでピン上につけたが、いくら重いグリーンでもここは下りは速いんだ。

で、カップをはるかに通り過ぎ、3パットのダボ。これもホームコースで弁解の余地がない。

15thhole 15番375Y、ここは昔女性にパー5だったぐらいで長くてタフ。3打目の9番アイアンは☆印ショット(自分の評価中ベスト)だったが・・・1バウンス後ピンに当たり、なぜか真後ろに転がり、グリーン奥の奥まで行ってしまった。

長い下りパットを、今度はショートして3パットダボ(泣)。

16番パー3も最初のチップがなぜかシャンク(!)のダボ。

17thgreens 17番パー5は、左グリーンで3打でグリーン右下ラフ(カート道が始まってるところ)まで持ってきたから上出来。っが、チップはピン右上。下りパットはまた大き過ぎて・・ショートばっかりするからパンチが入りだしたんだわね・・・3パットダボ。

もう情けないゴルフでした。

バック9、3083Y、女性にパー37、スコア50(20パット)

前回あれほどひどいゴルフでもハーフ50は避けたのに、まったく歯止めが効かなくなった。

OMG

*           *           *

“At Last”はエッタ・ジェームスのライフタイムソングですが、YouTubeに若い頃からと近年の同曲が山ほど出ていて、一度として同じ歌い方をしていない。

もうこんな歌手は出ないことは確かだ。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

『ネットワ―クで作る放射能汚染地図/福島原発事故から2ヶ月』

NHK教育テレビで放送されたものだそうです。

消されるかも知れませんので、時間のある方は早めにご覧下さい。

ビデオ1~6が各14分30秒。最後のビデオ7が2分です。非常に良い番組でした。日本人として、福島県民が被ってきた物心両面の甚大なダメージを知るべきと感じました。

*

その1

*

その2

*

その3

*

その4

*

その5

*

その6

*

その7

ビデオ5での農家を継ごうとしていた若者の涙に、胸をしめつけられました。言葉がありません。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

スイング軌道

この前のラウンドは97だったのだけど、はっきり言って、わたしはあんなゴルフはやっていられません。

97も叩くと身体が疲れてしょうがない。年と共にラウンドが堪えてくるので、天候、気温、陽射しの強さ、プレーペースの速さ遅さ、スコアと制限が出て来る。

真剣にスイングの悪いところを修正しないと、ということで先日レッスンを取ってきた。

またしても新鮮なことを聞いた。(いや、以前から言われていたのだろうが、先生の表現が違うから今回新しいことを聞いたような気がした)

レッスン開始のとき、開口一番言われた。

「これは今日発見したことだが、昔のアイアン(マッスルバック)は(フェースを)オープンにセットアップしたもんだ。今のアイアンは違うんだね。こうセットアップするんだよ。」

と、わたしのアイアンをボールにアドレスした。

「こうだ!」

何というか、ほとんどクローズに構えているような気がしてくるが、グルーブのラインがターゲットラインに直角になっているのだと思う。

(それはまあアイアンによるし、わたしのはレディースでオフセットだから、なおさらそうでしょうね)

*

スイングのインストラクションに入り、その日はほぼこれ一つだけ言われた。

ターゲットより右の方へスイングしろ。

左腕もシャフトも一緒に右へスイングする。

Benhogan_color 説明を分かりやすくするためプロの画像を探したが、欲しいアングルでは見つからず、畏れ多くもミスター・ホーガンのコースでの画像を拝借。おまけに色でラインまで描いた。

ここでのホーガンのターゲットラインが赤とすると、ダウンスイングを左腕主導、シャフトも同じアングルでこのように右にスイングしろというわけです。

どのぐらい右かというのは、これはスイング軌道の修正をしているのだから、気持ちの問題じゃないかと思う。(笑)

わたしの場合、PW、9番アイアン、8番アイアンで、想定ランド地点の右10ヤードぐらいにスイングするつもりで。

「当たった場合」、2,3ヤードドローして、ターゲットラインに落ちるか、かすかにドローのほぼストレート球が出る。

なかなか良い球筋になる。

*

昨日は近所の練習場で、芝から打った。

ウッドは低くティーアップして打ったが、基本的に同じセオリーで振る。

しばしば右にすっぽ抜けしたり、お腹が起き上がってスライスになったが、もうちょっと練習すれば「右打ち出しスイング」が出来るようになるのではと思っている。

本番の暑さになる前の静けさというところで、このところ17,8度。

97じゃあおめおめリタイアーも出来ないから、もう1回行ってきます。

相変わらずコースコンディションは悪く、通りがった18ホールフェアウェイはぞっとした。

今日風が強くて、パットの練習していてボールがふらふら動き、向かい風で歩くのはよろよろした。明日も同じようなものらしい。

今日は近所のゴルフコースで、風のパッティングの練習smile。つまり、腰を落とす、パターグリップを短く持つ、パターをソールしない。

ということで明日はリベンジ(←はこれはほんとに理性のない言葉だと思う)

*

エッタ・ジョーンズが先週入院。ここ2,3年特に健康がすぐれなかったらしい。つい2、3年前まで歌っていたのですね。

“フーチー・クーチ・ガールズ”後ろのギターがキース・リチャード、ピアノはジョニー・ジョンソン。前のソファで指図(?)しているのがチャック・ベリー。

ビートルズの“ロックン・ロック・ミュージックを聴いたときは、世界一好きな曲だと思ったが、エッタ・ジェームス版を聴いて、ちゃんちゃら可笑しいと思った。ここもキース・リチャードがいます。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

タイガー故障で棄権@プレーヤーズチャンピョンシップ

気温はまだまだ大したことないが、UVインデックスは連日マックスの10で、球を打つのは屋根下打席でもチップやパットの練習は日向なので体力消耗するらしい。昨晩は9時間も寝てしまった。(赤ん坊か)

今週のPGAはプレーヤーズ・チャンピョンシップで、かの有名な17番ホール浮島グリーンがあるTPCソーグラスでの開催。

タイガーはマスターズ、土曜日松の木の下で中腰ショットを打ったときに左膝をひねり、左アキレス腱を伸ばしたということで休養中。例年出場するウェルスファーゴバンク・チャンピョンシップ(クエール・ホロー)も不出場。

まさか、1球もゴルフボールを打ってないほど悪かったとは知らなかった。

現地入りした火曜日、9ホールだけプレー。ゴルフチャンネルではレンジでの練習風景、パッティンググリーンでのタイガーを見せていた。

グリーン脇から短いチップを何球か打った後(スタンスは両足をほとんど揃えた状態で、ごく短い距離からのチップ)、左足を揚げ、回すように前に踏み出し、そのあと右足を出す時ほとんど確かめるかのように歩き出した。

それを見て愕然としたが、とても18ホール、4日間プレー出来る足には見えなかった。

Players_wed_16fariway_dalelynchtige Players_wed_caddiechallenge__stevie Players_wed_caddiechallenge_tigerom これは水曜日の練習ラウンド。同じく9ホールのみ。左、友人のアージュン・アトワルのコーチ、デール・リンチと。火曜日も水曜日も練習ラウンドは、アトワルとマーク・オメーラと回った。

中、毎年水曜日恒例のキャディーの17番ホール挑戦。タイガーのキャディー、スティーブ・ウィリアムズのボールはグリーンにランドしたが跳ねて池ポチャ。右、オメーラと観戦するタイガー。

*

さて本番の木曜日、タイガーは8時台のスタートで、マーチン・カイマー、マット・クーチャーと同組。

1番のティーショットでドローを打とうとして、前に押したからだと本人(結果はフックがかかりすぎて左ツリーライン)。ティーグラウンドから歩くときは左足を少しかばっていた。

Players_th_tiger_press 下は9ホール終了で、リタイアしたあと記者会見しているタイガーの声と、9ホールのハイライト。

マット・クーチャーの話、「タイガーは2ホール目からビッコを引いているのが分かったし、3ホールからはときどき(痛みで)顔をしかめていた。終始ゆっくりゆっくり歩いていたよ。」

医者は出場していいとOKを出したとタイガーは言っていたが、新しいコーチのショーン・フォーリーによるとタイガーは、左足に医療用ブーツを履いて歩いたそうである。マスターズ後、初めてボールを打ったのがこの月曜日、初めてコースに出たのが火曜日・・・。

Players_th_tiger_2ndshot9th 全米オープンが1ヶ月後に迫っているので、足がどのぐらい持つか、試合で試してみたかったのではないかと推測するが、医者に診てもらうから2,3日くれと記者達に言っていた。画像は最後になった9番ホールの2打目を打ったあと、左足を痛がるタイガー。

*

ということで、来週明けには何らのステートメントがオフィシャルサイトに出ると思います。

2008年には左足のACLの手術をしたが、今度はMCLの手術かという噂も出ている。いずれ、今季はごく限られた試合数しか出ないでしょう。

タイガーは生涯4回膝の手術を受け、少なくとも過去3回の手術後は、理想的休養期間より早く試合に出場していると思う。

今回は、(字義通りの完治はしないかも知れないが)完治するまで休養してほしい。少なくとも普通に歩け、練習出来るようになるまで。

タイガーは初日の前半9ホールで棄権しましたが、ジェフ・オギルビーは肩の故障、ディフェンディングチャンプのティム・クラークは左肘の故障で、それぞれ金曜日最初の9ホール後、棄権しました。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ゴルフやめたくなる今日このごろ/2011年8ラウンド目

いやだわ、ほんと。

何が嫌だって、パットが下手な日は(パットが入らないではなくてパットが下手な日)、ゴルフやってる甲斐がないと思う。

ショットも悪かった。フェアウェイウッドで低空ゴロが止らず、あるいはたまに球が上がるととんでもない右行き。

ギャップウェッジは全部ピンの左へ行くし、チップはただでもパットが悪いのに近くに打てないから、拾うどころの騒ぎじゃない。どれ、どのぐらい寄ったかしらとグリーンに上って、あまりの遠さにげっそりの繰り返し。

同伴者が楽しくてもゴルフが悪いのは救われないとしみじみ思った。

久しぶり、今日の仲間は最高のメンバー。

賭けるのは嫌だと言い張るので、「ハンディ25やる」と言われた。これはちょっとひどい。侮辱してんのか!とむっとしたが、くれると言うものはいただかないと。

ほかの3人もお互いに賭けていたが、何打やりとりしているのかわたしは知らない。

*

コースが汚らしいのに驚いた。冬に回ったとき、青々としてあまりに綺麗で感激したが(ロスは冬が雨季)、何これは?

1番パー4上り。ドライバー低空ミスショット、セカンドの5Wは頭叩きそこら辺。343Yで3打目が3Wってアンタ、初心者じゃないんだから。

ピン下の良いところにつけていたんだけど、ファーストパットは途中で切れてカップ左下。

これを外したweep。あんな距離から3パット。

このスタートホールはよくダボにするが、3パットのダボは心に堪える。

2番パー5上り。気持ちを切り替え(爆)、ティーショット◎。5Wゴロ。3W△。SWでのチップ○。3メートルでも入る気がしない。ボギー。

3番140Y、ピン右奥。ドライバー、木にかすって右ラフ。爪先上がりから柔らかいチップが打てたが、それでもピン奥へ3m余も転がった。ボギー。

ハンディ25打ってことは、前半で12打、後半で13打。最初の3ホールでわたしは4オーバー。敵はイーブンパーだから、ハンデイ4つ使ってしまっている。

いやー25打もらってよかったかもと思った。(プライドが無いヤツthink

*

4番パー5のティーショットが◎だったあと、長いクラブはすべからく×印。今日はティーからドライバーを18回使ったが(パー3でも奥ピンや向かい風だと使う)、×印が9回。使いものにならないほど距離が短かったとか、右土手、右ツリーライン、左土手、木に当てる・・・。

いやはや。

5thtee 5番354Y。ティーショットはしょぼく、2打目の3Wを頭叩きゴロ、3打目の3Wはトウに当たったうえ、天ぷら右ふかしで(器用すぎる)、右ツリーライン。SWでピンにショート(ああ、1日中ショートしてた)、ダボ。

6番パー4、ボギー。※後日談あり。smile

7thtee 7番338Y。ティーショット○、3W×、それでも残り52度ギャップウェッジの距離だったからまあまあだったんだけど・・・。

7th3rdshot ギャップウェッジ(PING・MB)とAW(アイアンセットに入ってた50度)を持っていって、地面にAWを置いたのですが、こんな置き方しちゃいかん。方向のために置いたとみなされる可能性がある。置いたときもまずいかなと思ったが、人が待っているからついそのままにした。これが方向が悪いうえ大きくてピンかなり左上へ。(カートから撮ってもらったが、ボールが飛び出した画像では既に左に向かっていたshock

こんな重いグリーンで、きびしい下りパット、左から右に大きく曲がるライン(泣泣泣)。いっそ速いコンディションのほうがまだマシだ。

返しは上りパットになるから・・・と思ったが、カップの周りが盛り上がっているのを見ていたので上りパットも大変かもと、下手の考えが脳をかけめぐり、スピードが足りなかった。

ローサイドに転がって、ピンの上1mちょっとだけど、カップ外のラインで。セカンドパットは大きくカップの左側を通り越した。

「そんなに曲がらないよ!」

(曲がらなかったのは見たわよッ!angry

3パットダボ。

8番153Y。ドライバー、あああああ右のツリーライン。どうやったら、あんな球筋で打てるのか。グリーン右下、爪先上がりのラフから、グリーンが重いのでかなり打った。1.5mにつけて、このパットも外した。(恥ずかしい)

9番364Y。隣ホールのツリーラインへ打ち込む(唖然)。3打目5Wで右エッジ。これもチップが悪く、ダボ。

*

10番ティーグラウンドで、先生がみんなのスコアを数えている。へタレモー(モーは人の名前)の欄に「50」(爆)

先生「モーは50も叩いて俺に勝ってるんだぜ。」「パー1つしかないのに。」

「えー、ハンディ幾つやったんです?」

先生「たくさん」

「わたしも50だと思う・・・」

※後日談。あまりにひどいゴルフのせいか、6番も「6」と書いていたが、翌日2パットボギーだったことを思い出した。先生がつけた全員分のスコアカードには「5」とあった。

だから前半は49でした。20パット。

自分が20パットするとは思わなかった。

*

<本日のショットワーストホール>

後半の10番。上り350Y。ティーショット×、セカンドの3Wが右ツリーライン一直線。巨大なユーカリプスや松の木。

前方には開口部がなくて、真左のフェアウェイに7番アイアンで叩き出そうとした。

ユーカリの葉っぱが垂れていたが、7番アイアンで当たるような低さではない。

・・・と思ったのに、7番アイアンで当たった。

\(@0@)/

あ~~~~、だからこのアイアン嫌いなんだ。

キャラウェイのビッグバーサ・レディースアイアンは7番から上はソールが幅広で、空洞になっているのです(プロギアーのエッグアイアンみたいな感じだと思う)。だから球が上がる。

クラブのせいにするわけじゃないが、こういうアイアンは容易で、わたしのようにスイングスピードが落ちた者には楽だが、何たってトラブルからのショットには向いてない。

それでもフェアウェイ右寄りには転がり出たら、ここはグリーンが右にタックしているからピン方向には打てやしない。再び7番アイアンで、花道左へ。SWでのチップはまたしても奥ピンにショート。(いったい何回ショートしてるんだ!)

これはまあ違反というか、賭けてる相手にライン聞いちゃあまずかろうとは思ったが、「1フット左ですかね?」

先生、パターの先で狙いどころを指す。わたしが考えた通りだった。(爆)

上り、5,6m。初めてパターの芯で打った(ちなみに、この日唯一)。するするするーっと上りを駆け上がって入りました。

みんな、ウォーッと喜んでくれたが、「今のでダボよ。」

入れてなきゃトリプルだけど。(笑)

*

そういうわけで、パットは泣きの涙でした。13番で3打目を9番アイアンでピン右下1mちょっとに打って、パーパット外した。

14番では、3打目を8番アイアンで、ピンハイ左1.5m。このパットは短くてもカップ上1個以上外のラインだったとは言え、カップにも届かずのへろへろパット。

17番パー5では、4打目を8番アイアンで1番手足りず、上りを3パット。

18番パー5は、17ホール、パットはいつもいつもショートしたのでしっかり打ったら3mも越して(爆)、返しを入れられず3パット。

ダボ・ダボ上がりとはまた何と後味が悪い、どうしてこんなゴルフにお金払ったんだ?

しかし、賭けには勝ったから、ご機嫌。

ハンディ25打は馬鹿馬鹿しいから、今度から18打にしようということになった。(それも十分情けない)

14thtee_1_2 本日の同伴者。左はラウンド仲間のヘタレモー。右の人は元NBAのプレーヤー。

Reggietheus_bulls Reggietheussacramentkings ドラフト最初はシカゴブルだったそう。90年代に引退して、一昨年までサクラメント・キングスのコーチでした。6フィート7インチだそうだが、飛ぶこと恐れ入る。(逆光で顔がよく見えなくてすみません)

15thgreen 全員にハンディやって、全員に負けた先生。

後半は48で、18パット。(ー。ー;

6021Y女性にパー73、スコア97(38パット)

*

これから毎日パットの練習をしようと誓ったんだけど、今日孫のお迎えの前、正午前後に30分ぐらいパットしたら、かなり良くなった。

今日はレディースクラブの日だから、一番傾斜があるグリーンを短く刈る。スムーズだったし、転がったのでそのせいもあるだろうが、でも昨日のパットの悪さは重いグリーンのせいではない。ストロークしてなかった。

しばらくパットを頑張ろう。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

Happy Mother's Day!

The Black Keysの音楽をかけながら(YouTubeで)、書いていますが、最近はTVで全く音楽をやらないし、ラジオでは新しくて良い曲をかけないのでネットで探してCDを買わねばなりません。

彼らのBrothersというアルバムはおもしろいです。

*

ということでアメリカは今日「母の日」でした。

娘は恒例で子供を預けて、女友達と母の日お遊びデー。(アメリカ人の近年の流行らしい)

友達の1歳半の赤ん坊とうちの孫は親類の大学生の女の子が子守。

毎年思うが、いまどきの母親は子供を置いて年中出かけてるのに、何を「母の日」だからと特別女同士で遊ぶ必要あるのだろうと思う。

もともとの発想は普段一年中家族の世話、子供の世話にあけくれているお母さんを1日解放してあげるということらしい。その間、亭主が子供の面倒を見るわけです。

要するに、母の日のお母さん孝行というより、母の日にかこつけた女房サービスと思われる。

アメリカの男、アメリカの女らしいアイデアだ。(笑)

わたしにとって母の日のイメージは、子供達がまだ小さい頃は描いた絵や作った工作をプレゼントする。ちょっと大きくなったら、普段毎日ご飯を作ってもらうことのお返しに子供達が料理を作る。

さらに長じては、自分の稼いだお金でお母さんに何か買ってあげるとか、レストランで豪華ディナーとか、さらに余裕がある人は旅行に連れていくとか・・。

子供を置いて、遊びに行くのが母の日ねぇ・・。

*

しかし、わたしは普段良い母親であるにしても(笑)、綺麗な花をもらって恐縮しました。

Happymothersday 左から娘がくれた花。ピンクリボンをかけてあるのは小型のアルバム帳でわたしと孫との写真を入れてある。紙袋は、一昨日サンディエゴから遊びに来た姪からの「母の日」のプレゼント。右の花は、婿からのプレゼント。(撮る角度が悪かったけど、とても可愛いのです)

PGAのことも書こうと思ったが、明日は決戦なので(?)もう寝ます。最近はめったにゴルフ友達と回らないが、超久しぶりに。

ハンディ25やると言われて、わたしはむっとしました。失礼すぎ。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

セベ・バレステロス逝去

Seve_pgatoursite_may7th2011 金曜日にセベ・バレステロスの病状が急激に悪化しているとの発表が家族からありましたが、スペインの自宅で土曜日朝に亡くなりました。

1957年4月9日生まれ、54歳でした。

残念です。

Seveballesteros_theopen_1979_royall Seveballesteros_theopen_1984_standr Seveballesteros_theopen_1988_royall

左から79年、84年、88年の全英オープン。

Seveballesteros_rydercup1979 Seveballesteros_rydercup1985_euro1s Sevejosemariaolazabal1122_eurowinon

左から79年、85年、87年のライダーカップ。ホゼ・マリア・オラザバルとのチームで11勝2敗2分の記録を持つ。

今週のヨーロッパツァーは、スペインオープン。セベが3回優勝している。出場のプレーヤー達は悲しみで、言葉も出て来ないそうである。

世界各地で生涯91勝。ヨーロッパツァー50勝。全英オープン3回、マスターズ2回優勝。

*

以下にYouTubeで見つけたセベのプレー集やインタービューをアップしておきます。

作成者sevefanという人で、“Simply Seve” ショットやパットのみ集めている。音楽も良い。

*

同じ作成者、“Seve at Wentworth”(PGAのワールドマッチプレー)

*

このインタビューは、去年セント・アンドリュースの全英オープンに招待されていたが医者のアドバイスで行くことを断念したことを説明していることから、その少し前にインタビューを受けたのではないかと思われる。

場所はセベの自宅。小さいコースを造ってありますね。英語ですが非常に素晴らしいインタビューです。

今のヨーロッパのプレーヤーの多くが、バレステロスがヒーローだったと言います。彼らは例外なく、「彼は偉大な人間だ」という表現をする。このインタビューを見ていると、それが理解出来ます。

パート1

パート2

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

アイアンのバックスイング

不動さんのアイアンのスイングをスローモーションで見ていたら、彼女は早くからフェースを開いていくのです。

movieアイアンスイング(正面)2009年

それを自分に取り入れるということでは毛頭ないが、わたしはクラブフェースがシャットになってテークバックしているのはないかと感じた。

先生に聞いたら、「そんなことないぞ。それに、左肩でテークバックしたら、クラブフェースは自然にオープンになるよ。」

ごもっとも。

しかし、わたしが左肩でテークバックしてるとはとても思えない。(何せ体重移動無しの手打ちが得意技)

さあそれから、ひたすら左肩で押すようにバックスイングの型をやる。

でも打ってみるとさっぱりだ。それはリズムが速すぎるのと、バックスイングを完了しないうちにダウンスイングに入ってしまうのと、速すぎるからボールを見てないのと・・・。

いつもいつも同じことをして、全く進歩がない。

*

左肩でバックスリングをし、なおかつトップでは左肩の一番端がボールを越すまで押す。

見下ろすとボールが左肩の左斜め上5,6cmにあるぐらい。

そこまで来るには、身体をねじらないと出来ないから、硬くなった肩やら腕やら関節やら悲鳴を上げたくなるほど痛いです。

また、ここまでトップを持ってくるにはゆーっくりバックスイングしないと出来ない。

この位置までトップで上げて、なおかつ腰くだけにならないでcoldsweats01インパクトまで振ると、実に良い球が打てました。50球もショートアイアンばっかり打ったあとで。

「今のはプロの球だ」と、見物人に誉められた。

おいっ!

やめてほしい。ジョークでもお世辞でも、何であれ。だいたいアンタは何で真後ろに立って人の練習見ながらべちゃべちゃ喋るんだ?

しかし、人間慣れですよ。

こういうことされても、一向に影響しなくなった。

*

これだ!という当たりはそれ1発だけで、あともうちょっとというのが2,3発。

ものすごく速くテークバックする悪癖があるわたしには、それだけゆっくりバックスイングすること自体、チャレンジなのです。

しばらくこの練習をやって、いい加減なゴルフスイングから脱却しようと思っているのですが、たったトークン1個分打って腰が限界で、これだから上達出来ないのだと情けない。↑55球ぐらい。

*

思うけど、行き当たりばったりなスイングで打つようになってしまう。

ゴルフ歴が長くなると、それでもそこそこのスコアで回れるものだから、反省無く怠け者になる。

身体は悲鳴を上げるが、良いスイングを追及して努力しないといけないと思うこのごろです。

月曜日に久しぶりにゴルフ仲間と回るべくティータイムを取った。彼は腰が悪くて手術をし、2年近くほとんどゴルフが出来なかったそうだ。

(やっぱりねー手術はいかん・・避けられるものなら避けねば)

*           *            *

今週は連日暑い日が続き、火曜日は32℃まで上った。

Hotday_1 Hotday_2 学校から帰って、庭で水を撒いて遊ぶ孫。おばあちゃんも遊ぼうと言われ、水をかけられた。

Hotday_3 この日は、“crazy hair day”と言って、子供達はワイルドな髪にして学校に行く。(パジャマデーなどもあるのですsmile)てっぺんに赤いヘアカラースプレーをかけてあるのですが、見えにくい。

Hotday_4 夕方わたしの目を盗んで、おばあちゃんのピンクのシャツとサングラスとサンダルを履き、原宿ラバーズのハンドバックを下げて庭を歩き回っていた。

日曜日から涼しくなる予報。(嬉)

*

The Black Keys “Tighten Up”

この二人組みはなかなか良いです。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

米スペシャルオペレーション、オサマ・ビン・ラデン銃殺

昨夜帰宅したら、TVはホワイトハウスを囲んだ大勢の市民を写し、お祭りのように騒いでいる。

オサマ・ビン・ラデンが死んだという。

さあ、それからTVに釘付け。この数時間、大統領のスタッフは何一つ疎漏のないよう懸命にスピーチの草稿を書いているでしょうとCNNアンカーのウルフ・ブリッツァーが言う。

そして大統領のスピーチ。

*

オバマ大統領は就任直後、CIA長官にオサマ・ビン・ラデンの逮捕がアルカイダへの最優先の作戦と命じたという。

世界にめぐらしたCIAのスパイ網と、CIAに雇われた殺し屋の努力で(いやいやいや・・smile)、去年の8月にビン・ラデンの居場所に繋がる証拠があると大統領に報告があった。

そして先週、パキスタン、アボッタバドの邸宅に潜んでいるのは間違いない、攻撃するに十分な証拠が揃ったと大統領は表現していた。

木曜日、大統領は諜報、軍、外交担当のスタッフを呼び、どんな選択があるか言わせた。

諜報担当アドバイザーは、ビン・ラデンがアボットバドにいるとは限らない、いる可能性は50~80%と言う。

大統領は他のスタッフにも意見を出させ、最悪のシナリオはと聞く。「市民を巻き添えにして死傷者を出す」「人質にされる」「ヘリコプターの墜落」

そして3つの選択を提示された。

一つ目、もっと情報が集まるまで待つ。

二つ目、空爆で攻撃する。

三つ目、軍隊で地上から押し入らせる。

さらに話した結果、意見は2つに分かれた。一つはもっと情報を集まるまで待って、空爆する。もう一つはヘリコプターでの攻撃。

大統領は自分の意向をほのめかすことなく、お開きにした。

翌朝8時前、アラバマ州の竜巻被害の視察に行くヘリコプターに乗る直前、スタッフを呼び、ヘリコプターでの攻撃を命令。

(一晩寝てから、命令を下すというのがカッコイイと思いません?)

*

パキスタンの2日早暁。

軍用ヘリコプター2機(訂正⇒4機)がビン・ラデン宅へ。

そのうち1機が壁につっかかって墜落。(原因は報道されていない)

情報を消去するため、そのヘリコプターを破壊したという。

(何ミリオンしただんだろう・・?)

実行部隊はかの有名なネイビー・シールNavy SEALs

水中の作戦も遂行出来るとうことで、軍隊中もっとも能力が高いと言われています。ウィキピーディアで読むと、おもしろい。訓練中の写真を見ても、これ映画の撮影じゃないのぉ?という感じ。

ヘリコプターからロープで地上に降り、2人のガードを殺して母屋に入り、寝室にいたビン・ラデンに投降を命じたが拒否したので射殺。

証拠物件とビン・ラデンの遺体と共に退却。

しかし時代は変わった。(わたしは第二次世界大戦の世代じゃないが)作戦を命令した大統領が進行をライブで見られるというのは現実離れした感がある。

Osamabinladen_presidentstaff_situat この反対側に大きなスクリーンがある。その場にいた人達は、誰もライブビデオで見ていたとは告白していない。しかし、オバマ大統領の顔、クリントン国務長官のボディーラングエージが真実を物語る。

ネイビー・シールは、常にヘルメットにビデオカメラを装着しているという。

*

ビン・ラデンの遺体は、ただちにアラビア海に待機していた米海軍原子力空母カール・ビンソンに運ばれ、水葬にされた。

陸に埋葬すると、信奉者が聖人として利用しかねないという懸念かららしい。徹底してますな。

*

最初のほうに書いたCNNアンカーのブリッツァーが、ほかのレポーターに「ハリウッドは映画化するだろう」と言っていた。

ソマリアの「ブラック・ホーク・ダウン」も本になり、それから映画化された。普段わたしは現代物を読まないのだけど、あの本は素晴らしかった。

これも映画になる日を楽しみにしている。

*

考え方の違いだから大きなお世話だけど、セプテンバーイレブンの犠牲者の家族の想いが、ビン・ラデンの死で一つの区切りがついたという感慨には同感出来ないが、今までイラクやアフガニスタンで亡くなったアメリカ軍の若者達の死が無駄にはならなかったと、それが嬉しい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

不動裕理JLPGA50勝目!

不動さんはおもろい人ですね。

先々週熊本で西陣レディースクラシックに優勝したとき、「49勝で引退より50勝のほうが良いですよね?」と言っていて笑った。

昨日サイバーエージェントレディースに勝った直後、「みんなに(50勝は)まだかまだかと聞かれる前に勝てて良かったです。」(爆)

2009年は勝利なし、ブリジストンレディースで2年ぶりに優勝。「今までは勢いで勝ってきたけど、こんなに勝つことが大変だとは思いませんでした。勝ててホッとしています。」

*

不動さんは90年代末から活躍し始めた人で、わたしが日本に住んでいた頃はまだ出現していなかった。

日本帰国時に見たが(一度ならず見ていると思う)、他のプロが崩れていく中バック9のプレーの仕方が、勝ち方を知っている人だなと思った。その試合がいまだにどれか特定出来ず、わたしはイライラしている。

近年はちょこちょこ帰国するので、どの年か分からない。パスポートを見てみると(爆)、長女のお産の手伝いで日本にいた時期の2004年のゴルフ5レディース(北海道美唄開催)じゃないかとも思うが、確信はない。

2004golfladies5_fudo30thwin 2004_7_25golfladies5_kumiko_lowamat 大会サイトを見るとこれが不動さんの30勝目で、やはり強風のコンディション。27歳で永久シード権とったんですね。やはり類い稀な強さだったのです。右はローアマのキンクミ(可愛い)。14歳。首位で最終日に入ったそうだ。

ゴルフ5レディース2004年サイト

*

Fudo_sat_cyberagent さて、サイバーエージェントレディース、2日目の午後、最大風速13mにまでになった風の中、不動さんが66(特にバック9の4バーディは凄い)出したと聞いて、こりゃ勝つなと思ったのだけど、「(ショットを)風の下をくぐらせたり、時には風に乗せたり・・」(共同通信onサンスポ)とラウンド後に言っていてたまげました。

中々そうは言えませんよ。(笑)

Fudojiai_sun_cyberagent 今シーズン、米LPGAキア・クラシックでも最終組で回って1打差で優勝を逃したジーエイ・シン、調子は上がってきていると思うが、いっときに比すと今一強さが出てこないですね。しかし本人も言うように、彼女が負けたというより不動さんが勝った週だったのだろう。

50勝以上したというのは、樋口久子女史、岡本綾子プロ、ト阿玉さんのみ。この顔ぶれを見ても、不動さんの強さは格段であることが分かる。

樋口さん、岡本さんは、アメリカでの古い世代のゴルファーはみな知っている。ト阿玉さんはいまだにツァーに出ているけれども、わたしが日本にいた時期最も強かった人です。80年代半ばは、毎週勝っているような印象があった。(年間9~10勝しています)背が高くスレンダーで、ウェアはしばしば薄いピンクと白のツートンだったような。

ということで、わたしは見られなかったので誰かサイバーエージェントTV中継のハイライトをネットにアップして下さいsmile。(去年の明治チョコレートの最終日は見ました。ウッドのスイングも良いがパットのときの姿勢が好きだー♪)

ゴルフダイジェストサイトのスイング分析から。

movieドライバースイング(2011年ドライバー正面)

不動さんも癖があるスイングだが、癖があるスイングのプロがどれだけツァーで勝ってきたかと考えるとスイング云々を語るのはあまり意味がないように思う。素人が言うにいたっては頭がどーかしてる。

ボールの前30cmとインパクトの後30cmでどこを通っているかがキーなのだと思う。(ま、何十センチと言おうが同じことだけど)

不動さんも真後ろからの撮影を見ると、どれだけ軌道が良いか分かる。

あーおもしろかった。

見てないけど。

Fudo_sun_cyberagent Fudo_trophy_cyberagent 祝50勝!

最終スコアボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ