« 2010年締め | トップページ | 石川遼を見て »

謹賀新年2011

Happynewyear_2

これは本年正月元旦、愚弟と多摩市を散策したときのわたくし。ありったけのものを着ています。(寒くてたまりません)

「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」と、家族同士でも挨拶するのはとても良い伝統と思う。

ということで、また少しずつ更新していきます。

*

年末年始は食い入るようにテレビを見ていたが、娘のところも母のところも地デジとBSしかなく、ひっきりなしにチャンネルを上下する。(つまり見るべき番組もなかなか無い)

(母に「すっかりTVッ子ちゃんになって・・前回来たときは本ばかり読んでいたのに」と嘆かれたcoldsweats01

どういうジャンルに入れるのか知識がないが、バラエティーショー、リアリティーショーの類で、「たけしの○○」というタイトルの多いこと。

進行は若いのがやり、ビデオを流し、スタジオのたけしはふぅ~むと頷いている画面が写り、自身のコメントは一言二言。

いかにたけしの名前を出すと視聴率がとれるかってことでしょうね。

本気のしゃべくりは、30日夜TBSでのたけしと鶴瓶の2時間のトークショーがあった。『たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5~6個のこと』

久しぶりに(そりゃあ20数年ぶり)、たけしのトークが聞かれてハッピーでした。チャンネル回していて偶然見つけた。

わたしは嫁に、ビートたけし・きよしほどおもしろい漫才はなかった、過去にない強烈な毒舌だったと話したことがあるぐらいだ。

まあ毒舌とは言い難かったが、相変わらずユニークな視点を持ち、ほんと感性とインテリジェンスレベルの高い人だ。

バラエティー番組というのだろうか、どこにもここにもお笑い芸人が出ているが(イケメンや爽やかな顔したのが多くて、愚息に聞くまでその人らとも気づかなかった)、彼らのレベルは台本以上のおもしろいことを話す才能は無いとみた。

箱根駅伝の勝者、早稲田の選手の翌日のインタビューのほうがよっぽどおもしろいこと言う。

*

わたしも人に日本語を忘れてるでしょうと言われるぐらいで、人のことを突っ込めたもんじゃないが、それにしても、国の総理たる人でああである。

先日の総理の所信表明演説を聞いていたが、「きちんと・・して」を3回は言った。また、「必ずしも・・ではない」という表現も3,4回使った。

大して長い演説とも思えなかったが、言葉の重複は読み苦しく(聞き苦しく)、語彙の貧困さが出るから最も避けるべきことだと思う。

管直人首相も言っていたように、(今の政治家は)政策より政局の論議になり、すぐに再組閣をしたがる・・云々。

先進国で日本ほど、首相がくるくる変わる国はない。アメリカには、変わりすぎて、交渉が困難とはっきり言われているんだ。

もう少しやらせてあげて下さい。(笑)

(誰であれという意味です)

*

日本帰国のたび、テレビはよく見る。世相や流行を知るには一番手っ取り早いし、勉強になる番組も多い。

今回良かったのは、中国のピアニスト、ユンディー・リーの特集。18歳でショパンコンクールで優勝。後年の小澤征爾さんとの協演、YouTubeでは見つからず。(年度が分かりませんでしたが、明らかに小澤氏が活動休止する以前でしょう)

腰の手術のために、今月末の公演をキャンセルしたそうですが、小澤さんのコンサートは見たいものです。

ということで、昨日は愚息宅で赤ん坊の子守、今日は娘宅でマッサージをとります。smile

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2010年締め | トップページ | 石川遼を見て »

日本」カテゴリの記事

コメント

メリーさん、明けまして...(笑)
日本人の政治家はまだ将来のビジョンが無いようなんですよ。
特に産業とかね。
だから付けたしみたいに今足らないところばっかりを。
こういう国にしていきたいので、そんな夢を語る人は一人もいないようです。
また、就職が無いなら自分でという若者も無いような世風。
竜馬曰く
頼むぜよ~
ってなところでしょうか

>Ezさん

明けましておめでとうございます。
お正月はいかがでしたか?

今日の読売新聞に、『日本の改新』と題して識者に聞くコラムがありました。
ワシントンのハレム氏という人が、日本は今後30年を見据えた国家戦略を立てるべきと語っていました。
30年先のことを考えられる政治家は、もう2,30年出ていないのでは・・?
カリフォルニア州の予算不足の原因も、簡単に言えば同じ原因と思います。今ウケル政策ばかり考えているので、州の借金は増えに増え、学校の先生までレイオフする馬鹿らしい事態に陥っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010年締め | トップページ | 石川遼を見て »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ