« シェブロン・ワールドチャレンジ帰結 | トップページ | 2010年のゴルフ総括 »

シェブロン・ワールドチャレンジ後日談とLPGA

以前紹介したが、欧米トッププロ達が続々とツィッターをやりだし、私見では一番おもしろいのがイアン・ポルター。

最近彼がそそのかしてリー・ウェストウッドも始めたが、はまったらしく2,3週間で既に393もツィートしてる。

ウェストウッド、ローリー・マックロイ、グレーメ・マグドーウェルらはツィッターで会話してるので今回のように、ウェストウッドが南アフリカ、あとの3人がカリフォルニアで試合出場しているとなおのこと、からかい合って楽しい。

シェブロン・ワールド・チャレンジで初日、マックロイはマグドーウェルと同組だったが、2日目からスコア順になったのでタイガーと回ることになる。

ウェストウッド(若いマックロイをふざけて子供扱いしている)「ローリー、もう寝る時間だぜ。ビスケット食べて温かいミルク飲んで、ベッドに行きなよ。」

マックロイ「明日は一番最後のティーオフなんだ。66だしたご褒美で。」

ウェストウッド「手つないでフェアウェイを歩いてくれるマクドーウェルがいなくなるってわけだな。」

マックロイ「そうなんだ。寂しくなるよ。元世界ナンバー1、たぶん将来の世界ナンバー1が明日の同伴者なんだけど。」(タイガーのこと)

ウェストウッド「最近(タイガーの)毛が薄くなった話でもしとけよ。」(爆)

マックロイ「アハハハ。僕の毛を少しあげてもいいよね。」

*

Dec5_mcdowellpoulter シェブロン・ワールド・チャレンジのあと、フロリダに帰るプライベートジェットの機内で祝杯。通路に立っているのはマクドーウェルのキャディーと思う。右後方にいるのはフューリックでしょうね。これもイアン・ポールターのツィッターに掲載。

*

Dec4_chevron_playeroftheyear ところで、同試合の開催中に今シーズンのプレーヤー・オブ・ザ・イヤーがジム・フューリックと発表された。

ポイント制にしたLPGAと違って、PGAではいまだに選手達の投票で選ばれる。

何でもかんでもポイントシステムで決めるより、同僚プロ達に選ばせるほうが味がある。

メジャーを1つもとっていないフューリックが・・という感慨もあるが、何しろメジャーを勝ったアメリカ人はミケルソンしかいないのだからしょうがない。

今季3勝、フェデックスプレーオフの最終戦を勝ち、プレーオフ総合優勝もしたのだから、やはり彼が順当でしょう。

彼は人気トッププロが出ない試合もマメに出ますね。

*

ちらっと見た程度ですが、LPGAの最終戦LPGAツァーチャンピョンシップは、練習ラウンドのときからグリーンが無茶苦茶難しいと選手達から苦情が出て注目していた。

フロリダー州オーランドで開催というのに、初日と2日目はみな真冬のような格好で、数年前ジャック・ニクラウスがやり直したというグリーンは硬く速くボールが止らない。またアンジュレーションがきつく、短いパットもよく切れる。

初日早いスタートは強風で、午後スタートがはるかに容易なコンディション。朝のスタートで叩いたプロはそれが響きました。

連日80以上がたくさん出た。

2日目に、マリア・ヨースが68を出して、彼女が来るかも知れないなと思ったのですが、めずらしく予測が当たった。

なぜそう感じたかと言うと、ヨースは今ツァーで最も強い人じゃないかと思う。強い人というのは、打とうと思ったらかなりのロングヒッターであるし、強い球が打てるという意味です。

わたしはスタティスティックの数字は信用してない。ロングヒッターはしばしば3Wや、ローラ・デイビスなんかアイアンでティーショットするから、測ったヤードはあんまり意味がないのと、デイビスのようにドライバーが曲がる人はこれまた計測では飛距離が反映されない。

飛距離があり、球が強い人は、低温や風のきついコンディションでは有利でしょう。

最終日は最後のほうしか見てなかったが、グリーン上でボールが止らなくて、悲惨でした。

結局トータルをアンダーパーにしたのは6人のみ、優勝スコアは5アンダー。メジャー並みというか、今季これより優勝スコアが高かったのは全米オープンの3アンダーだけだそう。

最終ホールにエイミー・ヤンと2打差で来たマリア・ヨース、良い球を打ったヤンのあと、ヨースはグリーン手前バンカーに入れてしまう。

バンカーショットはカップ上につけた。

ヤンは長めのバーディパットを入れた。ヨースはこのパーパットを入れないとプレーオフになってしまう。下りパットでしたが、よく入れました。

キャディーとハグして泣いていました。ツァー4勝目だが、産後復帰したあとでは初めての優勝。

Dec5_lpgatourchampionship_hjorthdau Dec5_lpgatourchampionship_hjorth 子供を生んでも勝つことは可能と証明出来たのが良かったと語っていた。1歳のエミリーちゃん。

プレーヤー・オブ・ザ・イヤーはポイント制でメジャー2つ制覇したヤーニー・センが獲得。

賞金ランキング1位はナーヨン・チョイ。

この前ゴルフチャンネルが選手の一人にインタビューするとき言っていたが、来年は米本土で開催される試合は9試合だけとか。

あと2,3増えるかも知れないとは言っていたが。

LPGAは今やグローバルなスポーツになったとは聞こえがいい説明だが、活躍するのはアジア人ばかり、外国開催が多くTV放送も時差があるでは、ますます視聴率は落ち、ますますスポンサーは逃げるだろう。

*              *               *

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« シェブロン・ワールドチャレンジ帰結 | トップページ | 2010年のゴルフ総括 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

>メリーさん
>欧米トッププロ達が続々とツィッターをやりだし・・・
交わされている会話がなかなか面白いね♪
自家用ジェット機のなかで祝杯の写真も・・
選手の普段の姿が見られて興味が湧きますね~
神戸も寒くなりました、今日の最高気温は12度です、
太陽が出ないと寒い。。

>ボギードンさん

今やサイバーの時代ですね。(笑)
スーパースターの神秘性もとっくになくなっているので、親近感がわくメリットのほうが大きいでしょう。
それに、上手く商売に利用しているスポーツスター選手も少なくないようです。

横浜も最高気温が12,3度になっています。
つい先日まで17,8度でしたが・・・。
ちょっと憂鬱です。アハハ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シェブロン・ワールドチャレンジ帰結 | トップページ | 2010年のゴルフ総括 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ