« 東高西低 | トップページ | 2010年全米女子オープン終了 »

全米女子オープン土曜日まで

サンタ・バーバラにいる間、まったくゴルフは見られなかった。ゴルフ中継をやる時間は外に出ていたし、夜のスポーツニュース番組ではレブロン・ジェームスのマイアミ・ヒート移籍の話ばっかりで。smile

Sakura_3rdr_1sttee_sat 土曜日、今日こそと張り切って見ていたら、最終組のティーオフが予定よりさらに遅れて現地4時45分。

(画像、横峯さくらの1番ティーショット)

TV中継は現地の6時(ロスの午後3時)までのはずが、なぜか5分も早く終わってしまって「スポーツニュース」。

ブリッタニー・ラングが4番グリーンでバーディを入れたところまでで、最終組は1番から3番ホールの中継しかなかった。

ほんと女子ゴルフは軽視されてる。男子のメジャーなら、予選中継局に切り替えて延長中継するか、タイガーがホールアウトするまでそのままやるぞ。

それに、プレーに時間がかかりすぎじゃあるまいか。予選を見ていると6時間ぐらいかかっている。

TV終了後もネットでチェックしていたが、最終組が13ホールに4時間10分ぐらいか。

Sakura_3rdr_3rdhole_sat 予選終了して、唯一パーのポーラ・クリーマーと横峯さくら。日本でも今季は勝利が少ないのにとてもメジャーで持ちこたえまいと思っていたけど、早いホールで次々スコアを落としてちょっと酷かった。

画像は3番の左フェアウェイバンカー(チャーチ・ピューバンカーと呼ばれる。教会の長椅子が並んだ形に似ているから)。ここからの2打目がグリーン左下のラフ。3打目のチップが短く、花道を転がり落ちてさらに遠くなる。4打目のチップは大きくピンを越え、さらに3パットしてトリプル。

解説のジョニー・ミラーが、「タイガーもここをWボギーにして、カブレラに1打足りずに優勝を逃したんだ」・・・慰めてるのかと思った。(笑)

選手達はみなこのコースのタフさを激賞しているそうだ。

ラフに入れたり、バンカーに入れるとほぼ1打2打増えてしまうのは、本来のゴルフのあるべき姿のようで、わたしは好きだ。グリーンはなるほど速いが、ペブルビーチのように、汚くて凸凹ではないし。

Kerr_3rdr_5thhole_sat TV中継がある間はパーペースだったカーとクリーマー。カーは直後に連続Wボギーにしているんですね!

5番ホールはフェスキューに打ち込んでのWボギー。2番325Yでもアイアンのティーショットが左ラフ、ラッキーにも右にキックしてファーストカットラフだったけれども。2ラウンド目からショットがぶれていたのではないかと思う。

彼女とクリーマーを優勝候補にしていたが、flagクリスティー・カーはあと23ホールある。上がずりずり落ちてきたらまだ分かりませんね・・・いや無理か、人がたくさんいすぎる。

Creamer_3rdr_8thgreen Creamer_3rdr_9th_sat Creamer_3rdr_10thtee_sat_2  アメリカ人のアイドル、flagポーラ・クリーマー手術したばかりの左親指が長丁場に持つかだとTVは言っていた。2ラウンド目が終わったあとのインタビューでも氷で冷やしていた。スコアはもちろんだが一番堅実なプレーしているように見える。

彼女も全米オープンでは何度かチャンスがあった。そろそろ来るか・・?

Lang_3rdr_4thhole_sat Land_3rdr_8thgreen_satflag ブリッタニー・ラングはわたしの好きなプレーヤーなのだけど、まだLPGA入りして優勝がない。なんと、デューク大学ゴルフ部出身者で優勝したのはいないのだそう。びっくりー。大学対抗では(チームで)5回も優勝しているそうだが。3ラウンド目も中盤でボギーが止らなくなった・・?

本日の特ダネ、じゃないが嬉しい驚き。

Aithompson_3rdr_1sttee_sat Thompsonai_3rdr_1sttee_sat Thompson_3rdr_4th_sat Thompson_3rdr_2ndtee_sat この子が将来LPGAを背負って立つんじゃないかと思っているのですが、ミシェル・ウィーの例もあるのでみな冷めてるのか、知らない人も多い按配でわたしは憤慨している。

flagアレクサス・トンプソン

今年のカーティス・カップ終了後、15歳でプロ転向。2007年には史上最年少(12歳)でクオリファイから全米女子オープンに出ています。一昨年から去年にかけて急に背が伸び(180cm近くあるのじゃないかと思う)、飛距離もそれにつれ飛躍的に伸びた。今週では2ラウンド目で300ヤード。このコースでそれだけ振る度胸があるのがすごい。(笑)

弱点はパットだとわたしは思うが(外すときの外し方が・・)、入ったら怖いものがある。

ミシェル・ウィーと違うところは、フロリダ在住なので数々のジュニアゴルフで勝ってきている。この子のほうがキラー・インスティンクトが強いと感じます。

ということで、明朝3ラウンド残りホールを消化すると、またリーダーボードは変わっているでしょう。(当たり前か・・smile

65回全米女子オープンリーダーボード

*

最後にミシェル・ウィー。

Wie_2ndr_4thhole_friday Wie_2ndr_8th_sat 82・76の16オーバーで予選落ち。初日はフェアウェイキープ率が24%だった。左は金曜日の2ラウンド目。このあと雨で中断。

Wie_2ndr_12thhole_sat Wie_2ndr_11thgreen_sat パットも悪い。先々週のLPGAチャンピョンシップでもフェアウェイキープ率が悪かったようです。

画像を保存しなかったが、練習ラウンドでコーチのデビッド・レットベターとフェアウェイ上に立ち、その間にお父さんがヤーデージブックと鉛筆を持っているのがあった。

その画像だけで判断は出来ないが、ん~~~~~んと唸ってしまった。ヤーデージブックはキャディーや本人が書きこむものじゃあ?

ほんとにゴルフしたくてゴルフしているのだろうかと感じてしまった。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 東高西低 | トップページ | 2010年全米女子オープン終了 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東高西低 | トップページ | 2010年全米女子オープン終了 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ