« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

全英女子オープン予選終了

PGA、LPGA、チャンピョンズツァーは話し合って、メジャーがかち合わないスケジュールにしてもらいたいと思う。

全米シニアオープンがシアトルで開催。コースが素晴らしい。

全英女子オープンは早朝中継で時間的には十分見られるが、メジャーは中継時間が長いから録画しておいたのを見ていると一晩中かかる。

女子オープンはロイヤル・バークデール開催。2008年のThe Openのコース。パトリーグ・ハーリントンが優勝した年・・・印象に残っているのはグレッグ・ノーマンが勝つかと思わせたオープンでした。クリス・エバートと新婚で、彼女のために出場したようですが、すでに離婚しました。(爆)

セント・アンドリュースもそうだったが、ロイヤル・バークデールも青々としている。今年は雨が多かったのでしょうね。

The Openのときの設定とは全く違うのが興味深い。

フロント9はパー5がなくてパー34、バック9はパー36。7173Y、パー70だった。優勝スコアが3オーバー。

女子オープンでは、6番をパー5にし、フロントがパー35。18番472Yもパー5にし、バック9はパー37。

上がり4ホールのうち3つがパー5になり、日曜日の優勝争いはさぞかしスリルがあるでしょう。

アメリカでは早いスタートの組を最初に録画中継で見せていた。

British_fri_tseng_18th British_fri_lincicome_2nd 特に良いスイングしているのが首位のヤーニー・センとブリッターニー・リンシコムだと思った。

ヤーニーは15番パー5のティーショットが右ラフ。セカンドのフェアウェイウッドが右行き。ロストを考慮してのプロビジョンは、もっと右のゴースの中。

幸い2打目のボールが見つかりパーセーブしたが、少し左足下がり、つま先上がりのライじゃなかったかと思うが、あの場面で同じクラブで打つのは・・・運が悪かったら大叩きしているところ。

クリスティー・カーは今日67。ピーターセンは、なぜ彼女のパットが入らないのか理解出来ない。今シーズン、パットがあと2,3入っていれば勝てたという試合が幾つあったろう。腰を痛めているらしいですが。

彼女ら早いスタート組がホールアウトする頃、雨が降り出した。

British_fri_momoko_eagle_18th コンディションがきびしくなる直前にイーグルで終了の桃子ちゃん。TVに後ろ姿が映ったときは唖然とした。これは半袖のウィンドブレーカーだろうか・・・。かっぽう着みたい。彼女はパーリーゲイツと思うが、可哀相すぎる。

メジャーは世界中の人が見てるんだから、メーカーはちーと考えていただきたい。

British_th_amyyand_14th British_fri_amyyang エイミー・ヤン。全米女子オープン中継時(5位タイ)、解説のジョニー・ミラーが、「この子は今に大スターになる。」とスイングと共に激賞していた。

大器と思う。今週はまだちょっと早いかも知れないが、遠からずメジャー獲ると感じる。

4アンダーで、クリスティー・カーやリンシコムと2位タイ。

*

British_fri_juli_1sthole それからライブ中継となり、午後スタート組で唯一リーダーボードの上位にいるのがジュリー・インクスター。スイングが良い!それが歳をとるってことなんだろうけど、入れたい場面でパットを外すのがほんとに勿体ない。

5位タイの3アンダー。

リーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

たわけ者

陽が照っているときに外をウォーキングしたくないものだから、一昨日下のジムで歩いていた。トレッドミルで速足、普通を繰り返す。脈拍によって、切り替えます。(心臓は悪くないけど、歳だから一応気をつける)

Gym_1s 飽きてきたし腰と背中を伸ばそうと、立ったままこの器具の上のバーを掴んで・・・ぶら下がり器がわりにギューッと下に引っ張っていた。右下の錘で負荷を調節できる。大して重いのにしなかったし、楽勝でした。

調子に乗って、ギュイーンギュイーンと引っ張ったら、

夜いっきょに腰が痛くなった。バカバカバカッ。

サトーの湿布を貼り、いくらも寝ないから翌日そのままでゴルフへ。ひひひ。

*

先生に昨日早朝のゴルフはプレー距離がものすごく長かった、6,300Yぐらいあるように感じたと言うと、

「フロントティーからか?そりゃあ6,400か、6,500Y近くあっただろ。」と言われて、何ぼか気が休まった。ぷっ。

「そーでしょー!ドライバーが良い当たりした時もあったけど、毎回いつも行くところより15ヤードは手前だったもの。」

と、勢いづいて言いました。(スコアカードのヤーデージは6021Y)

*

どっちにしろ、打てない気がするとどうしても打てないから、やっぱり買うことにした。

わたしはドライバーと3Wは定期的に打てない気分に陥り、定期的に買い換えるのです。

最も変えないのがウェッジとパター。パターは慣れるまでしこたま練習しないといけないから、怖くて変える気がしない。

競技ゴルファーで試合直前に変える人はすごいなと思う。

Burner_superfast_ladies Burner_superfast_ladies_crown 先日も載せましたが、テーラーメイドBurner Superfast レディースドライバー。ロフト10.5度。長さ45.5インチ。

ちなみに、画像を見るとクラウンは三角だけどショップで試打したときは気がつかなかった。今までのCGB・MAXが三角だったので、意識しなかったのかも。

eBayで買ったので、来週半ばぐらいに来るでしょう。

何ぼかマシになるといいけど。

*           *           *

エルビス・プレースリーが初めてラジオ出演したとき。最初のシングルレコードの両面を歌っている。19歳。

南部の古い価値観で育てられて礼儀正しかったとは聞いたが、話し方からもうかがえる感じがする。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

涼しかった17ラウンド目

エビアンマスターズのことも書かないうち、もう全英女子オープンの週になって、さっき見たらプロアマの画像が出ていた。

ロスは暑い週と涼しい週が交互に来ています。

海寄りの地域はここ数日マリーンレイヤーが漂い(何と訳すか分からん)、要するに海からの、気温が低く湿った風が吹き込むので午前中は超涼しい。

今午後1時過ぎだけど、わたしのうちは陽が燦々と射して、こんな太陽じゃとてもグリーンにいられないという感じ。

早く終わって良かった~。

昨日も午前中は涼しく、正午で20℃、曇りだった!

天気予報で今日も同じ展開と言っていたので、昨晩急遽予約して早朝ゴルフ。

6時6分スタート予約。

4時50分起床。

我ながら偉い!(⌒。⌒)

早朝ゴルフは睡眠3,4時間になるんだけど、暑くなければ全然平気。

今、6時2分が日の出だそう。

*

着いたらすぐ出られるかと聞かれ、1つ前の3サム男性の組に入れてくれた・・・。

3人は用意が出来てるのに、わたしは乗用カートを借りたりバッグを乗せたり・・・で、スコアカードが無~~~いっ!

あのレッスンからじゃあドライバーが不安になる。

1sthole ティーショットは何とかそこそこ当たった。(1番レディースから343Y)

行ってみると、えっ、たったここまで?

もう今日は飛距離に泣きました。

もともとがショボイうえに、ドライバーのスイングが悪い。

会心が出ても、なんせ日が出る前にティーオフしたんだから気温は低いわ、空気が重いわで、飛ばない、転がらない。

ま、ともかく最初の数ホールはバタバタ、バタバタ、リズムは速いし、ボールは見てないし、エイミングは悪いし。

ランチョでそういうことやると、ダボダボダボダボですからね。

ミスがすぐ1打につく。

4thhole ボギー・ダボ・パー・ダボ・ダボ。(画像は4番489Y・ダボ)

こんなにプレー距離が長いと、この先パーで挽回出来るホールがないのにと暗澹たる気分。

7番ではティーショット今いちも、セカンドの3Wをかなりぶっ放して、花道を下ってグリーン下まで転がるはずが、花道の途中で止っていた。漏水だろう、付近一帯ぐじゅぐじゅ。

左足下がりを52度で右奥ピン横90cmへ。パー。

(このパット、みんな左がハイサイドだと思うけどストレートなんだ。ランチョはめったにストレートパットがないから曲がるかと疑うのだ)

練習とは裏腹に、パットは良かった。っつうか、何か良いとこないと救いようがない。

ゴルフのひどさを人のせいにするものではないが、このリタイアーして週2,3回一緒にゴルフをしているという男性3人。

ジェントルマンだった。

プレーペースが速いのは嬉しいが、わたしがチップするときグリーン上にいて、ラインのほんの少し右に立って待ってるのよね。

今日は不調だったから(爆)、直撃するんじゃないかと恐怖だった。

ラフからで草がタフなときはさすがに言いました。

「タフなラフだから、シャンクするかも知れない。気をつけて~」と。

9thhole 9番364Y。ティーショットは身体が泳いで(はーっ)、右ラフにちょっと入ったところ。2打目をトップチョロで(情けないっ!)、溝を越えなかった。

越えないと、左足下がりのライから上りのショットになって2番手増し、5番アイアンは惜しくもショート。(惜しくない、惜しくない)

それでまたしても男性2人が、グリーン上でのチップラインのすぐ右で、じーっとわたしを見てるからトップして・・・・・・・・・・・・・・・。

あああああああ、鉄の心臓が欲しい!

一人の男性はバーディ2個で1アンダーだった(男性にパー35)。

わたしは11オーバー。(一^一)

*

11thhole 11thgreen 各ホールでメンテナンスクルーが働いていた。スプリンクラーは気前よく水を噴き上げ、ますます転がらない。わはは。

(クルーはみんな真冬のような格好をしていた)

11番424Y、ティーショットは大ミスしたときの距離にしか行ってなくて泣きたくなった。セカンドは3Wが当たったが、スプリンクラー前。

フェアウェイ右寄りをモーアー(芝刈り)トラック、わたしの真正面で待ってるのよね、運転のお兄ちゃんが。

防護ガラスになっているとはいえ、ぶち当てては失礼だから、グリーン左狙ったらへぼい左プルスライスになった。ああああああ。

アイアンは(ウェッジからショートアイアンしか使わないが)良かった。どれもピンハイかピン真下で、パットが上手い人なら7割は入れたろう。

わたしはボギーセーブパットは入れられるが、バーディやパーパットは入れられないという根性無しです。

13thhole 13thgreen 13番355Y。ラフはほとんどの箇所がきつかったー。これなんか残り80Yから8番アイアンを渾身ショットでピンにかなりショート。

14thgreen 一番好きなホールかも知れない。14番335Y。ティーショットが上りで、グリーンが砲台だから、わたしにはボギーホール。

グリーン前がラフなのでショートすると蹴上がらない、オーバーすると下りチップになってセーブほぼ不可能。

もっとも難しいグリーンだと言う人が多い。すぐ3パットする。グリーンは時計回りと反対に曲がる。

16thhole 17thgreen 18thhole 最終3ホールをパーであがろう、などと不埒なことを思うも、今日のゴルフで何言っとるかという感じ。

画像は16番パー3(左グリーン)、17番パー5(左グリーン)、18番パー5。ここでドライバーの会心が出た。フェアウェイが右から左に傾斜しているので芝が薄いところを転がった。

ということで、やっぱりドライバーを買おう。

6時ティーオフ、9時35分終了。4サムで3時間35分は悪くないですね♪(ボールを探さなかったらもっと速かったのにぃー)

コース到着時15℃、ホールアウト時16.6℃。信じられないでしょ?

本日のスコア⇒「072710.htm」をダウンロード

*

*

*             *             *

SALT、サウンドトラック

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

映画『SALT』

いやーおもしろかったーーー。

上映時間99分とあって、いまどきめずらしく短く(笑)、見に行く前から気に入っていたが、予想以上でした。

(最近の映画は子供映画を除き、どれもこれも2時間をゆうに越えて疲れる)

Salt_poster Salt_jolie1 Salt_jolie2 Salt_jolie3

しかし、人間こう美しくて良いもんだろうかと思う。このスチール写真!

Salt_jolie_action3 映画の最初のほうで、ロシアからの離脱者がCIAエージェントのアンジェリーナ・ジョリーに話すシーンがある。

カメラは正面から彼女を写し、その妖艶さは女でもドキッとする。

彼女の演技力に驚嘆したのが、99年の“Girl, Interrupted”(ウィオナ・ライダー主演、ジョリーはオスカー助演女優賞を獲った)

今にこの子は大女優になるなと思ったものだ。(あの映画の撮影時で22,3歳だったろうが、18、9に見えた)

*

先日のLAタイムズに特集があったが(封切り直前にいつも話題の映画の特集をやる・・それに取り上げられるだけでヒット作の予想がつく

この映画はもともとトム・クルーズ主演で話が進んでいたものだそうだ。

クルーズは、自分の映画キャリアの転換時期と考えて、出演を辞退した。(う~~~ん、マズかったかも)

それから、ではアンジェリーナ・ジョリー主演で女スパイにしようというアイデアが出た。設定、脚本を大幅に書き直したという。

ジョリーが出演を承諾。

監督のフィリップ・ノイスが、「アパートの11階の外壁を登るシーンがあるけど、スタントマン使うから君は奥(の部屋)にいるだけでいいから」と言うと、ジョリーが「いや、わたしが自分でやるから」と言ったそうである。

トレイラーを見るとアパートの上からジョリーの身体に繋いだ命綱が見えます。(映画館で見ると分からない)

ジョリーの強みはいまだにアクションが出来ることだと、うちの娘が言っていたけど、ほんとだ。“Tomb Raider”(2001年)撮影時もかなりトレーニングしたと、お父さんのジョン・ボイドが当時語っていた。

Salt_jolie_action1 Salt_jolie_action2 過激なアクションシーンの連続。わたしは背中をイスの背に押し付けて、しばしば意図的に肩の力を抜かねばならなかった。

ストーリーは終わりまでに二転三転する。

こういう映画を見ても、なおおもしろくないという人は、もう映画なんか行かず台所のガス台でも磨いてたほうがいいと思う。

ついでに言うが、公開したばかりの映画を見てきて、自分のブログにおもしろくなかったとか退屈だったとか、平気で書く人。その無神経さは耐えられない。

映画レビュー欄に書いていただきたい。(日本でもアメリカでもYahooムービー欄にある)

(わたしは自分がおもしろくないと感じた映画は、ここにも書かないし、人にも言わない

映画ほど人によって評価が分かれるものはないですしね。

ということで、わたしは娘に激しく勧めておいた。

トレイラーはこちら(ビデオ8本。8本目は出演者談)

Salt_premiere_la Salt_premiere_la2 Salt_premiere_lorenzodibonabentura_ ロスでのプレミア。中、会場に到着直後と思われるが、後方の男達の人相の悪さ、セキュリティーか。右、プロデューサーのロレンゾ・ディ・ボナベンチュラ。

ジョリーはよく痩せすぎと言われ、2,3年前はしきりに拒食症ではないかと噂されたが、細くないとあのアクションはとうてい出来まいと思った。

<加筆>

日本放映版は2時間らしいです。

トレーラーにあったセクシャルなシーンは映画館では無かったから、アメリカ版は“PG13”の観賞レートを取るためにカットしたのではと想像します。

“PG13”指定は13歳以下の子供は親や保護者同伴が必要。

この映画も、レナード・デカプリオのInceptionもPG13で驚いたが、夏休み映画だから、ティーンエージャー客のためでしょうね。

そう言えば、カスワード(罵り)も無かった。

昨日は、お母さんと12歳ぐらいと9歳ぐらいの母子連れがいました。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ドライバーのレッスン (x_x)

ともかくスイングが悪いには違いないわけだから、新しいドライバーを買う以前に見てもらわねばと思った。

ずっと前からレッスンの必要性を感じていたが、なかなかスケジュールが合わなくて・・。

今日はウォームアップに9Wで2球打ったあとは、ずーっとドライバーだった。

最初はまあまあ当たっていたというか、悪くなかったんだけど(自分の判断では)、何か注意されたらえらいことになって、どんどんひどいショットが出だした。

先生の機嫌が見る間に悪くなり・・・ああ恥ずかしかった。

わたしが不出来な生徒であることはよく分かってるが、自分が疲れているからって不機嫌にならないで欲しいと思った。

しまいに言ったことが、「君は僕が言ったことをしてない。」

( ̄□ ̄;

言われた通り出来れば、今頃あんたのレッスンなんか取ってないんだ!(怒)

*

徹底的に怒られた点は、インパクトのあとクラブフェースをすぐ揚げること。(ボールに当てて終わってしまっているスイングだそうだ

Carnoustie_sat_johncook by Getty Images.

もう1つは(最初の注意と同じことだけど)、インパクトを通して腕を回せと言われた。

分かりやすいように画像を。今週カーヌスティーで開催の全英シニアオープン、土曜日のジョン・クック。

言わずもがな、わたしは手首を返さないうちに左腕を曲げてヒョイと顔の前に揚げてしまう。

これは昔の先生(ロスに来て最初についたレッスンプロ)が、さんざん教えようとしてわたしが会得出来なかったことだから、この歳になって出来るとも思えないが、黙っておいた。

*

上記の注意が直ったわけじゃないけど、終わりの数球はスイングと球筋が良い雰囲気になってきて、先生もウムとうなづいた。

(ームー)←こんな感じ。

何十分経ったのか知らないが、トークン1個分打ったので終了。ドライバーでたくさん打ちすぎた。

*

もっと練習したらもう少しマシになると思うが、やはりドライバーは変えたほうが良いと感じる。

現在のドライバーはマンズだけど、スイングスピードが遅い人用。だから買ったわけですが、シニアシャフトはウィンピーといってもレディースシャフトほどトルクはないと思う。(テーラーメイドのサイトに掲載がない

う~~~~~~~~む。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ドライバーがほっしいっ

「花いちもんめ」という遊びがありましたが、今の子は知っているでしょうか?

勝~って嬉しい花いちもんめ。負け~て悔しい花いちもんめ。

(途中省略)

あの子が欲しい。あの子じゃ分からん。この子が欲しい。この子じゃ分からん。

(さらに省略)

○○ちゃんが欲っしいっ!

というんだけど、

ドライバーがほっしいっ♪

と、なぜか節を思い出してしまった。(ああ郷愁)

*           *

昨日は孫をミュージカルのキャンプに迎えに行き、夕食後孫は疲れて寝てしまった。

そこへ娘から電話。自宅が断水だから泊まらせてもらっていいかという。

娘は「どっちにしろ今日は映画を見にいくつもりだった」などど、ちゃっかり仕事場の友達と映画に行き・・・“Inception”(レオナード・デカプリオ)はすごく良かったそう、ぜひ見ろと勧めていた・・・長い映画で娘は夜中をとうに過ぎて戻ってきた。

わたしは短い睡眠のあと、目覚ましで飛び起きる。

孫にパンケーキを焼き、お弁当を作り、朝風呂を使わせ、ミュージカルキャンプに送り出した。

娘「ママ、いろいろとありがとうね。でも楽しかったね。」

(⌒ー⌒)

そりゃ、あんたは何もしなかったんだから楽しかったでしょーよ!

*            *

R7cgbmax_driver ここ数ヶ月ドライバーが飛ばない。というか打ててない。今年の初めごろ、1,2回ぐらいティーショットがよく飛んだラウンドがあったが、もちろんランチョではなく平坦でフェアウェイでボール転がるバレー地区のコース。

上の画像は現在使っている、テーラーメイドCGB・MAX、10.5度。マンズでシニアシャフトをつけている。

これを買った時点では(2007年の終わりごろ・・?)、テーラーメイド初の300g以下のドライバー。280gぐらいだったと思う。

ここ1,2年でフェアウェイウッドやアイアンを次々にレディースに変えていったので、ドライバーがきつくなっていったのかも知れない。

だいたい打ち込むほど練習しないのだから、ヘッドスピードはどんどん遅くなり、スイングはどんどんヘナチョコになる。

で、見てたんだけど。(笑)

R9_supertri R9 SuperTri。最初はこれが良いかなと思ったが、あちこちで調べてわたしにはハードスペックだなと感じた。

ソールのデザインは旧CGB・MAXに似ているが、それよりハード。レディースシャフトを着けたのもあるが、フジクラMotore60・・軽くないのじゃないかな?ホーゼルのところで、シャフトをネジで入れるのも・・。

*

Burner_superfast_ladiesBurner_superfast_ladies_toe Burner_superfast_ladies_face  もう1つ見つけたのが、Burner Superfast。シャフトはMatriz Xcon4.8というのですが、レディースシャフトは45g!グリップもWINNのスーパーライトで30g。(画像はレディース用)

Burner_superfast_men 左は男性用Burner Superfast。eBayに出ていた写真で、このほうが雰囲気が分かるかと思います。

(なおいずれも日本仕様はかなりスペックが違います)

*

それで、Burner Superfastをゴルフショップで試打してきました。

たいがい試打してるから、前のカーテンにぶち当てるのも大分慣れてきましたが、何とか当たるまでにちょっとかかった。

中古クラブの樽に、r7CGB・MAXの10.5度がたくさんあったがシニアシャフトはおろかレギュラーシャフトもなくて、仕方なくSシャフトで打ち比べた。

アドレスした時のフェースの向きやクラブの重さを比較したかったので。

全部で20回ばかりも打って恥ずかしかったが、球が揚がりやすいと思うし、振りぬけた・・・ような気がした。(どうだかね)

気に入ったけど、考慮中。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

今日のイメージ

今日は午後美容院で髪を切り、その足でランチョに行って5時ごろからトワイライトで回るつもりが・・・暑っっっっ。

気温は大したことないが、24,5度?日差しが強くて、ちょっと日向で立ち話しても頭が禿げそうだ。

それにまあ何だろ、5時になっても5時15分になっても人がどんどんティーオフしている。

みんな初心者風な人ばかりで、2番ホールにたどり着くまでに日干しになりそうだ。

もっと日が弱くなるまで待とうと打席で練習。

*

今日のイメージはこの人。(笑)

朝ネットを見ていて(わたしは毎朝ゴルフのニュースをチェックする)、今週の全英シニアオープンの練習光景があった。(開催はカーヌスティー)

Carnuistie_wed_watson1 Carnuistie_wed_watson2 彼はおそらくジムでも鍛えているだろうが、それにしても身体がまだ柔らかいですね。

左、後方でサンディー・ライルが見ています。プロはよく人のスイングやショットを見ているそうですよ。

右、ワトソンのこのフィニッシュが好きなのです。インパクト以降シュワッと加速させ、左足に完全に体重が乗って背中にシャフトを背負うようにフィニッシュ。

テークバックは先日先生に言われたことに思い出し、インパクトからフィニッシュまではワトソンの画像を思い出し。(“ v ”)

ま、そこそこでした。(爆)

*            *

何回も1番ティーグラウンドを覗く。まだ人が出てるのよねー。

6時15分、ついに最後と思われる3サムがティーオフ。

見ると1番フェアウェイのほとんどが日陰になってきた。これなら歩ける。

車に戻って練習バッグにドライバー、5W、9番アイアン、SWを入れた。

ランチョは全米で最も混むコースと言われていたが、この光景を見ているといまだに一番混んでるに違いない。

早暁とともにスタート、トワイライトの4時からスーパートワイライトの5時半までさえ途絶えない。すさまじい。

夏休みになって、俄然ゴルファーが多くなった。

1sthole 1stgreen ということで、1番ティーを出たのが6時35分ぐらい。上り343Y。

ドライバーは、あんまり飛んでなかった(悲)。最近1番ティーの後方から見ていると、よほど老齢者以外わたしよりショボイ人なんかいやしない。

セカンドの5番ウッドはなぜか突然芯を食った。("0")

番手を持ってなかったから、3打目が右奥ラフへ行ったのは仕方がない。(画像右、ピンク)

2ndhole 次の2番ティーへ行こうとすると、何やら男が歩き去る。えっ、あんたどこから来たの?

首を伸ばすと、まだ前に3人も4人もいる。

んも~~~~~~~~っ。

やっと自分達のボールへ着いたようだ。

グリーンが空くのを待っている。

405Y上り、女性にパー5。レギュラーから408Y、男性にパー4。

女性が待ってるのはどーいうこと?フェアウェイを横切る溝を越えたところじゃないよ。届くのはインポッシブルなのに、早よ打て。

今日のドライバーの調子なら真ん中にいる男達に届かないと思って、わたしはティーショット打った。

左過ぎたのでもう1発。セカンドは5Wを2球打つ。

3打目で長く待つ。向こうは3人、わたしは一人だから仕方ないとして。

3番パー3のティーで更に詰まっている。(ー^ー)

夜7時ですよ。

お腹も空いてるのにこんなことはしてられない。

わたしの後ろには誰もいないから、今来た2番と1番を逆にプレーして戻ることにした。

2ndtee_backward これがおもしろかったー。2番は2打目からがきつい上りで(2段目の画像参照)、逆行は長い下りになる。

グリーン右下、こぶのようになったところにティーアップしてドライバーを打ったら、球が揚がり左サイドから転がってフェアウェイ真ん中。

いやー気持ち良い。

こんな下り傾斜のコースでゴルフしてみたいもんだわ。

コンクリートの溝を境にティーグラウンドへ上り(白点がティー)。1W+5W(ミスショット)+5Wでティーグラウンドを越えた。(爆)

1sttee_backward 1番逆行は、グリーン脇バンカー横のフェアウェイにティーアップ。ボールはなぜか右へ行き、右ラフにちょっと入ったところ。

セカンド5W、またしても芯食って、ティーグラウンド(白点)の麓まで転がった。

初めてのコースをチェックするとき、18番グリーンからコースを逆行して歩いてみるのが最もよく分かる方法だそうですが、とてもおもしろかった。

おかげで、たった2ホールをプレーするのに13ドル払ったことを忘れられた。

あーランチョの夏は嫌だ。朝から晩までスローペース。

*

今週のLPGAはフランスでエビアン・マスターズですが、今日のプロアマで日射病になったミシェル・ウィーが途中棄権した。90度F(32℃)以上だったというが、湖のすぐ上なのにそんなに暑くなるとは知らなかった。

Evian_wed_wie_sick お母さんが・・・。人を見た目で言ってはいけないが、怖そうなっちゅうか。

Evian_wed_azaharamunoz_proam Evian_wed_hughgrant_proam スペインのアザハラ・ムーニョースとプロアマの同伴者

右、我らがポーラと俳優のヒュー・グラント。グラントはプロアマでどこにでも出かけていく風ですね。仕事がないのかな・・。

こういう画像を見ると、アジア人プロ(主に韓国)はHi!とBye!だけだと悪口言われたのが分かる気がする。高いお金を払ってプロアマに来るのだから、会話も気配りも出来ないのが出てきてもね~。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

お気に入りのグローブ

よそのブログに書いてありましたが、熱中症は脳梗塞も起こすそうですよ。ま、考えてみれば血がどろどろになるわけだからさもありなんと思いますが、わたしは心筋梗塞を起こすのかと思っていた。(それもどこかで読んだ)

わたしは脱水症を起こしたことは何回もあるが、熱中症は1回だけだと思う。(だけってアンタ)

熱中症のほうは6,7年前だったかゴルフ仲間と予約して、運悪くその日が猛烈な暑さ。確か37℃にもなった。

ランチョの4番ホールまで大丈夫だったが、5番6番と苦しくなり、7番ティーグラウンドでは自分が話しても同伴者は何を言ってるか分からなかったらしく、3回も訊きなおされた。

朦朧となり、7番でプレーはやめた。クラブハウスの屋根の下に入ると、吹き通しになっているけど冷房もないのに冷蔵庫のように感じた。そのぐらいコースは暑かったのです。

その後の症状は省略しますが、数日後に元気を回復しても呼吸器系をやられて2ヶ月咳と痰が出ました。(汚くてご免なさい)すごくないですか?

(それが一番ひどかった)

脱水症は、ゴルフや外でうろうろしなくても、風邪引きや過労でもかかります。冬でもなる。

これも進行しだしたらもう水を飲んでもゲータレードを飲んでも、身体が受け付けなくなるので怖いです。病院で点滴してもらうと早い。

どうも脱水症はかかりやすい人とそうでない人がいるし、一度かかると癖になる傾向がある。

Powerpakビタミン、ミネラル、ポタシウムなどが入ったものを飲みます(これは粉を水にとかして。日本のアミノバイタルと同類)。例えばゴルフの日は朝あらかじめ飲んでおいて、コースにも持っていく。風邪引きのときも日に2回ぐらい飲む。ゴルフバッグやハンドバッグにも予備を入れておく。

寒かろうが暑かろうが、水のボトルを持って歩きます。

何かに夢中になるとすぐ飲むことを忘れるので、これがいかん。(孫とショッピングに熱中して翌日脱水症になったことがある

これもブログに書いてあったことで、恐縮だけれども、ゴルフ場で熱中症になるパターンというのは、朝ごはん抜き、水は飲むが塩分を取らない、ランチでしょっぱいツマミ&アルコール飲料・・・だそうです。

みなさんもお気をつけ下さい。

*           *

いったい何が本題か分からなくなったが、グローブがツルツルしてきて、昨日のパー3でも素手でやった。

わたしが行くゴルフショップはよそより高い物もあるので、ネットショップやeBayで無いか探してみました。

大手ネットショップでは、$18.95だった。これに税金と送料がかかる。

eBayは一定額を買うと送料無料にしてくれたりするが、そもそもわたしが好きなグローブはほとんど出てなかった。

Footjoy_stasof いろいろ試したが、これじゃないとダメなのです。フットジョイのほかの型でもダメ。ほかのメーカーの高いラインでもダメ。安物はもっとダメ。すぐへろるから。

FootJoyの StaSof。ロジャーダン・ゴルフショップで&16.99でした。税後$18.64。よって2枚買った。

(ロスの消費税は9.725% 

*

明日は孫の世話がないので、夕方涼しければハーフでも回ろうかと思う。

先週の水曜日、ゴルフ仲間がスローで有名なシニアクラブの後に回った。

フロント9で3時間近くかかって怒ってやめたそうだ。一人はすごく短気な人。(わたしと回ったときフェアウェイをカートで疾走して前の組に文句言いに行った人

あとの二人はバック9に行ったらしいが、お金をかけているのにうち一人だけがレギュラーティーから回ったと、これまた彼は怒っていたらしい。

「あいつは“Whimp”だ(弱虫)」、もう二度と呼んでやらないと言ったそうで笑った。

そりゃそうだ。彼より20歳近く年下で、前のティーから回るってどんだけ根性無しだ。

こういう話はすぐ広まる。

*            *            *

ドリー・パートン、これはかなり昔のもの。彼女は唯一好きなカントリー歌手。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

シーズンオフのゴルフ力維持

例年より涼しい日が続いていたロスもついに夏になり、先週は31,2℃が数日続いた。

ウェストロスアンゼルスに住んでいるから31,2℃であって、よその地区は40℃近くになっていました。

横浜は(家族がいるのでYahooJapanの天気を横浜にしとく)、梅雨が明けたと思ったら連日32~34℃って。

かわいそ~~~~~~~~。

*

すぐ脱水症を起こすわたしは、おそらく18ホールはもう秋になるまで回れないと思う。

しかし、その間ブランクにしておいては復帰したときにひどいことになるので、そこそこゴルフ力を維持したい。

先週夜9時に練習に行ったが、打ち方を忘れてしまったようだった。当たらないときは靴の下にボールを置く。(身体の無駄な動きを減らすため)

左靴の下に置くと当たるが、ボールをのけるとシャンク風味トップが出るの繰り返しで恥ずかしい。

今日孫を迎えに行く前にランチョに寄り、先生に10分だけ見てもらった。

グローブは無し、先生のPWを借りた。(重いっ)

またしても(いつものことだが)、最初から、

「やり直し!そのテークバックはダメだ。」(ー、ー)

テークバックの途中からもっと右手首をコックするように言われた。

次~~~。

トップで左肩がボールを通り越しているように。

次~~~~。

そのトップの位置で止めたところ、カプリパンツの右ポケットの端を摘んで引っ張られた。

(つまり、腕とシャフトがトップに来てから、もうちょい腰を回す)

「そこからドロップしてから左サイドを回すんだ。」

(“ドロップ”はダウンスイングでクラブをドロップすること)

これでようやく当たりだした。

孫の迎え時間が迫っていたし、先生の次のレッスンの人が来たので10分でやめた。

*              

*

孫が帰ったあと、ランチョのパー3に飛んでいって数ホール回った。

(ジムのトレッドミルよりコースを歩くほうが良いし

今の日没は8:03だそうだ。晴れた日なら(毎日だけど)、あと10分、15分プレー出来るだろう。

SW、8番、6番アイアンのみ。

丁度の番手も持ってないし、グリーンオンにこだわらず、午後に先生に言われたスイングを心がけた。

6番アイアンで1回、8番アイアンで1回、そのスイングが出来たと思う。(少なっ)←ミスショットだともう1球打ったのでたくさんのうちの2回。

ラフは18ホールコースよりタフだ。キクヨグラスとバミューダグラスが混じって、ボールが埋まっているとSWで渾身スイングしてもグリーンに届かない。

パー3に来るのは初心者が圧倒的に多いのに、これはちょっと酷いと思った。

あとはまあ、チップの距離感が全然無かった。

日中の練習グリーンでは1mちょっとからカップにかすりもしないパッティングだったが、コース途中で左足をオープンにしすぎていることに気がつき、それから長いのも1回入った。

Par3_2ndhole Par3_2ndgreen Par3_3rdhole 若いお兄ちゃん達の2サム、4サムが多かったがその割りにペースは悪くなかった。

自分が下手と分かっている若い子は案外速くプレーする。

Par3_4thgreen Par3_5thhole 6番までで引き返し、帰り道に3番をもう1回やって終えた。小1時間。

ウッドは練習場で打っとけばいいというものではなくて、やはりコースで打たないと衰退するので、涼しい日のトワイライトかナイターをやっているコースに行こうと思う。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

139th THE OPEN 終了

今日という今日は早起きしなかった。(笑)

タイガーのスタートはロスの朝4:20だったのですが、6時ちょっと前に起きTVをつけた。

リーダーボードの6アンダーのところにもタイガーの名前が無かったので、何事も起こらなかったのだと分かっていたが、TVは早いホールでのタイガーのハイライトを見せる。

Sun_tiger_1stgreen_oldputter 「タイガーは今日元のパターに戻しました」とアナウンサーのマイク・トリーコがさり気なく伝える。

まるで視聴者が聞き逃してくれたらいいと願っているかのように。

タイガーの木曜日のあと、既にゴルフショップに買いに走ったの、eBayでクリックしたのがいたかも知れないと笑った。

そういう人はいるのだ。

お金もないのに、わたしがスコッティキャメロンを買ったのと同じ。

今度はMETHODを試してみようかなと思ったぐらいだ。

今日のABC局での録画放送では、ナイキのCMがパターのMETHODになっていたし。

*

優勝したルイ・ウーストヘイゼンは顔も名前も知っていたから(正確には顔はTVで見て思い出した。前は顔がもっと細かった)、ベン・カーチスほど「どっから降ってきたの?」という感じはないが、勝つと思っていた人は少なかろう。

12アンダー、5打差の首位で予選通過したとき、最終日までリードが持つと予想した人がいたろうか。ゴルフメディアも、優勝候補としてはまともに取り上げてさえいない雰囲気だった。

Sun_casey_12th そして差が縮まらなかった最終日、ポール・ケイシーが12番でトリプルを叩いて、わたしはもうすっかり興味が失せてしまった。

18番フェアウェイを歩くウーストへイゼンに長い大きな拍手を続けるイギリスのギャラリーに、そんな自分を恥じました。

終了後、解説のポール・エイジンガーが「(一方的な試合展開ゆえ)視聴者で退屈だと感じた人がいたかも知れないが、ほんとにおもしろいトーナメントだった。」と言っていたが、人情は理性では動かない。

*

Sun_caddy_zackrasego_10th Sun_oosthuizenzack_rasego 昨日の何ホールだったか、フェアウェイからのショットのとき、作戦と番手を彼のキャディーが大声で伝えていた(風の音がすごかったからか)。

それは弟子を説得する師匠のように、子供を諭す親を思わせる調子に聞こえておもしろかった。彼の年齢は知らないが、そう若いことはないだろう。

大舞台で経験がないプレーヤーは、こういうキャディの存在は大きいのだろうと感じた。

キャディーはザック・ラシーゴZack Rasego。ウーストハイゼンのキャディーを7年やっているそうだ。

訊かれて、『The Openの優勝が初めての勝利というわけではない。(南アフリカ国内ツァーの)サンシャインツァーで・・・』何とか?と言っていたので調べてみると。

サンシャインツアーで5勝しているそうだが、2008年2月のTelkom PGA Championshipという試合では14打差をつけて優勝している。大差が得意か。

黒人キャディー帯同で、The Openを優勝したのは、74年のゲーリー・プレーヤー以来だそう。

今日はネルソン・マンデラ元大統領の92歳の誕生日。こじつける気はないが、興味深い偶然の一致だと思う。

ワールドカップの成功といい、南アフリカには良い年である。

Trophy_chubbychandler_ism Trophy_schwatrzel_caddy_stander Trophy_nelmare_jana 初日から解説者達は彼のスイングを激賞していた。カーティス・ストレンジ「このスイングで今まで(表に)出てこなかったのは理解出来ない」

左、マネージャーのチャビー・シャンドラー(ISM)。彼はヨーロッパツァーの有名プレーヤーを何人もかかえていますね。中、同じく南アフリカのシャール・シュワーツェルのキャディーと。(わたしはシュワーツェルが大舞台で勝つかと思っていた)

右、ヨーナちゃん、クラレットジャグを舐めてる~~~!

*

Sun_tigerglover_18thfairway Sun_tiger_18thgreen イギリスのタブロイドメディアはアメリカのそれとどっこいのあくどさだが、彼の地のゴルフファンは常にプレーヤーに敬意を失わない。

タイガーの勝てない試合を見ていると、逆にツァーで勝つことがどれほど難しいかが分かる。

最近の話だが、記者会見でエルスがあと1つ2つはメジャーに勝ちたいと思うと語り、タイガーの14勝はクレージーだと言っていた。

ほんとにね。

去年7勝していてさえメジャーは1個も獲れなかったのだ。ましてゴルフの空白とスキャンダル後の騒動。去年より更に難しくて当たり前なのだ。

我々は、ついそれを忘れてタイガーの超人度に期待する。

いつか勝つでしょう。

どの試合でもいい、自信が消えないうちに早く1勝あげてほしい。

*

Sun_mcilroy_18thgreen Sun_shanelowry 結果は分かりきっていたからこそ、最終日ほかのプロのプレーぶりももっと見たかった。

ローリー・マックロイは良いプレーヤーですね。2日目に80叩いてから、69・68で3位タイ。

右、アイルランドのシェーン・ロウリーも伸びるでしょう。

ということで、今年のThe Openは終了。

リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

THE OPEN 土曜日35パット

夕方日本の老母から電話があったが、寝不足してゴルフ中継を見たのでカウチで寝こけていたとも言えず、がばりと起き上がった。

連日3時間の睡眠時間のツケが来て、何だか喉は痛いし咳は出るし。(愚の骨頂)

タイガーのパットを見ていたらイライラして、TV画面に飛び込んで跳び膝蹴りを背中にくらわしたくなった。

ドライバーのスイングを見ていると、近年こんなに良いスイングをしていたろうかと思う。年間7勝した去年でさえ、ドライバーはこれほど良くなかった。

パットを入れられないのも色々言われる。TVブースの解説者から素人のブロガーまで。

イ.もっとピンに近く打たないからだ。ロ.スピードが悪い。ハ.パターを元に戻せ。二.パットもコーチが要る。ホ.ラインが読めてない。へ.右手が強すぎる。etc. etc.

今日は35パットだった。

し~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん

あれが入らなかったから終日苦しんだわけだけど、1番ホールのピンハイ左からのバーディパット(惜しかった)。2番グリーンの長い下りパットがカップから飛び出さずに、入ったままなら、本人が言うように1日の流れは全く違ったものになったろう。

*

14日の拙ブログに、今回はヨーロッパ勢が勝つことになるかも知れないと書いたが、どうやら濃厚です。

それは練習ラウンド時の天候と今週の天気予報から、雨風のアメリカ人には惨めなゴルフになると思ったから。

ヨーロッパツァーの中継を見ていると、そんなコンディションはしょっちゅうだ。

1位、ルイス・ウーストハイゼン。27歳。

Sat_oosthuizen_16thgreen Sat_oosthuizen_caddy アメリカ人には発音できないらしく(わたしはローマ字で読んでいる)、とうとう「ルイス」と呼ぶことにしたようだ。南アフリカの27歳。99年からアーニー・エルスがやっているジュニアゴルフアカデミーに入り、それから各地の試合に出場する機会を得た。親は農業で、ジュニアゴルフの遠征代が払えなかったという。

アーニーは、ビッグスリーの頃のゴルフ力はなくなったかも知れないが、有望なジュニアゴルファーを育てることでも国とゴルフ界に貢献しているのだ。ニック・ファルドーもそうだ。

人を育てるのは10年15年かかりますからね。

今日のスコアを伸ばして69のトータル15アンダー。

Sat_casey_putting Sat_kaymer_18thteeshot (訂正)ポール・ケイシー昨日17番でトリプルボギーを叩いたが、次の18番ですぐ取り返していたし、今週来そうな気がする。11アンダー。

ドイツのマーチン・カイマー。そのうちメジャーを獲る大器と思っていたが、今日など上手いゴルフをしていた。25歳。8アンダー。

スウェーデンのヘンリック・スタンセン。今日早朝2ラウンドの残りホールをプレーし、3ラウンドを67で上がった。34歳。7アンダー。

Sat_westwood_18thtee リー・ウェストウッドはタイガーと競うほどパットが入ってなかった。ああ短いパットを外す週は、まあ勝てないだろうけど。37歳。7アンダー。

スペインのアレハンドロ・カニザレス。27歳。お父さんもゴルファーというが、チャンピョンズツァーに出ているホゼ・マリア・カニザレスじゃないかと思う。7アンダー。

ここらが現実的に、可能圏内でしょうか。

最終日の天気予報は、午後から曇り、南西から南南西の風8mぐらい。

アメリカの中継では遼くんは一つも映らなかった気がするが、明日は9:40am、トム・パニースJr.と。

タイガーは12:20、ルーカス・グローバーと。いい加減パットが入るところが見たい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

THE OPEN 第3ラウンドスタート時間発表

第2ラウンドの残りホールが終わり、第3ラウンドのスタート時間と組み合わせが出ました。

プレーは10:00amスタート。各組2サム

14:35 (-3)石川遼、フレデリック・アンダーソン

15:05 (-4)タイガー、ダーレン・クラーク

15:30 (-4)谷口徹、ロバート・カールソン

最終組は16:40 (-12)ウーストハウゼン(-7)カルカベッキア

リーダーボード(まだスタート時刻順になっていません)

時刻は現地時間。

午前8:50の現地の天候は、晴れ、14℃、西北西の風7m。

以上は現地時刻朝9時45分時点の情報です。

Sat_morning2ndr_canizares Sat_morning2ndr_clarke_17thhole Sat_morning2ndr_clarke_18thtee Sat_morning2ndr_jinjeong_18thgreen

画像は土曜日早朝、第2ラウンド残りホールのプレー。

左から、スペインのアルハンドロ・カニザレス(-6)。ダーレン・クラーク(-4)、右、韓国アマチュアのジン・ジョン(-6)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

THE OPEN 金曜日 強風セント・アンドリュース

やーおもしろかった。

本場リンクスコースの豹変ぶり。

バーディ合戦の初日の朝。雨にもかかわらず無風でロースコアが出た今朝。

首位ウーストハイゼンがホールアウトし1時間には風がつよくなり始め、5時間後にはプレー中断。グリーンはもちろん、フェアウェイでもボールが動いて打てない有様だったという。

風速18メートル余だったらしい。

2:20pmティーオフのタイガー。1番ホールのグリーンで同組のジャスティン・ローズのファーストパットが15フィートもカップを越え、見ていたタイガーは今度は10フィートもショート。

その直後に中断のホーンが鳴る。

約1時間の中断後は、その10フィートのパーセーブパットからプレー再開という嫌なパターン。

案の定3パットボギー。

画面には風の方向と強さが表示される。2番453Yもセカンドの6番アイアンをショートして3パットボギー。5アンダーから一挙に3アンダー。

Fri_tigerchasingpaper そのあとは、良いプレーをしていたと思う。ほとんどのホールがアゲンスト。ティーショットもセカンドも、9m~13mの風が常に吹いていた。

画像、紙が飛んで拾いに走るタイガー。ピンシートじゃないかと思う。

しかし、ESPNは素晴らしい。連続13時間のライブ中継。もちろんコースで働くオフィシャル、ボランティアのコースマーシャルも強風の中なんという重労働だったことか。

ゴルフ力と体力と根性とユーモアが試される、これぞ究極のスコットランドゴルフ。

Fri_11thtee_jamed Fri_stevetiger Fri_tigerrose タイガーが戻ってきているようで嬉しい。

練習ラウンドで、詰まったティーグラウンドで、コースで同組のプレーヤーと。キャディーのスティーブといる時の表情さえ1,2ヶ月前とは違ってきているように思う。

*

Fri_ryo_14thtee Fri_ryo_12thtee 石川遼はほんとに大したものだと思う。TVブースではカーティス・ストレンジ、エイジンガーがスイングを激賞していた。パットもよく入れていたほうじゃないだろうか。

トム・ワトソン最後のセント・アンドリュースで、2日間一緒に出来たことも恵まれている。

午後2:40の強風によるサンスペンディドの前にホールアウトした人と、そのあとにプレーした人の平均スコアが5打違うのだから、遼くんの73は非常に良いゴルフと言える。

Fri_watson_18thtee Fri_watson_swilkenbridge ワトソンはホールアウトして遼くんと握手するとき、また何か声をかけていました。

稀有のThe Openチャンピョンですね。75年から83年までほぼ隔年で優勝している。アンビリーバル。

今日もバック9は何ホールもピンハイの良い地点だった。パットを入れられなかったけれども、あの2つかそこら入っていれば予選通過出来ていた。

彼のリンクスコースの考え方というのは、風がある日もボールトラジェクトリー(弾道?)は変えないのだそうだ。ただフェースの芯で打つことだけを心がける。芯で打てば、どんな風でも球は打ちたいほうに飛ぶと言っていた。

今日も素晴らしいウェッジショットを打っていたから、遼くんも見ていたことでしょう。

Fri_7th11thgreen Fri_8th10thgreen Fri_11thflag Fri_11thgreen

コリン・モンゴメリーが、今週のセント・アンドリュースはフェアウェイが今までのベストだと言っていたが、TVでも写真でもこれほど青々したフェアウェイは初めて見た。

Fri_generalview Fri_tiger_12thgreen Fri_tiger_16thteeshot Fri_raclubhouse

リンクスコースでもほかに無い景色でしょう。良い画像を拾っておきました。

Fri_tiger_18thtee Fri_tiger_18thteeshot ショットでは相変わらずドライバーのスイングも飛距離も良い。最終ホールはタイガーの真骨頂だった。

18番357Y。打ったあと、“Come on!”“Be right!”

大きなフックを打ってもう少しでホールインワンだった。

Fri_tiger_eagleattempt_18th Fri_tiger_missedeagleputt_18th イーグルパットは良いストロークをしたが惜しくも入らず。こういう悔しがり方をするタイガーを、これまた久しぶりに見た。

明日土曜日は朝第2ラウンドの残りプレー。8時には終わる見込み。1時間休憩し、第3ラウンドは9時から10時のスタートの予定ということだった。

The Open リーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ホテルとビーチ

タイガーは強風の日曜日(最大は風速22mぐらいだったそう)と今日月曜日、もう2回も練習ラウンドしてるので早くバケーション記事を片付けないと。

この歳になると夢も願望も現実的リーチから出ることがなく、実現するとも思えないがセント・アンドリュース・オールドコースは見てみたいです。プレーしたいなどという贅沢は言いません。(笑)

あと、アイルランドを見たくてしょうがない。

*

Fess Parker's Double Tree Hotelというところに滞在したが、ダブルツリーホテルはビジネスホテルチェーンだそうだ。

ここは違っていて完璧なリゾートホテル。86年オープン。

Hotel_mainentrance Hotel_lobby Hotel_wedding Hotel_wedding2

左、正面ドア。左から2、ロビー。ロケーションが最高でした。目の前が海。右2つ、ホテルの円形上の広場は結婚式などが行われるらしい。孫に勧めておいた。

Hotel_room2 Hotel_room_view Hotel_room_dog

部屋からも海が見えて感激。わたし達は3階(最高階)でした。画像右、パティオから下をのぞくと犬を散歩させている人が。このホテルは犬も泊めていいらしく、ロビーでも外でもよく見かけた。

全館禁煙、外での喫煙も限られた場所でと断わってあった。

Hotel_wedding3 Hotel_beach ビーチはホテルから道路を渡ってすぐ。交通量が少ないし信号があるので安全。左、円形広場を外から。右、同じ場所からビーチを見たところ。

*

Beach_leftside_4 Beach1 Beach_rightside

左、簡単に言って左方向に行くとロスへ。中、正面の海。右、右方向に海岸沿いを行くと、いずれペブルビーチやサンフランシスコに着く。

Beach_ocean1 Beach_shore1 Beach_hotelmountain

左、サンタ・バーバラの海を見て悲しくなった。ロスの海はどれほど汚いことか。どんな天気でも、どの地域でもこんな色にはならない。

中、ハンドバッグは孫のものです。HARAJUKU LOVERSというメーカー。子供から若い子に人気がある。

右、正面に見えるホテルに戻るところ。後方の山の景色も綺麗でした。

*

Hotel_swimingpool Hotel_swimming2 Hotel_supper Hotel_breakfast

左、プールの外側。左から2、プールが好きと言うくせに、まったく自力で泳ぐつもりがない孫。

左から3、バーの横にあるカジュアルレストラン。右、朝食。後方は円形広場。その向こうがビーチ。

天候は毎日午前中は曇り、午後は太陽が出て好天になる。朝1時間ほど涼しいだけ。日中は18~20℃だった。

食事は1マイル離れたピアのシーフードレストランやこれまたすぐ近くのダウンタウンにさまざまなレストランがあった。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ミニ・サマーバケーション1

何しろ今週はもうThe Openでありますから、早く画像アップしなくちゃ。

というわけで、ロス近郊のサンタ・バーバラに娘と孫とで行ってきました。

インターネットで調べて行きたいところを決めた。

第一がOld Mission Santa Barbaraという、220年ほど前に出来たスペインのフランシスコ修道会の伝道所です。

アメリカは国の歴史が浅く、まして一番最後に開発された南カリフォルニアは80年90年前というとほとんど何も無かったぐらいらしい。

1786年から40年かけて造られた書いてあって、ほぉーっ何と古い!と思ったけど、日本なら数百年も千年も前の建造物が残っているのにと苦笑する。

その220年前当時、マリブ(サンタモニカのすぐ北)からサンタ・バーバラを越えサン・ルイ・オビスポ辺りまで、チュマーシュというインディアンが住んでいた。

(いわずもがなロスアンゼルスなど存在しなかった)

彼らをクリスチャンにするのがこの伝道所の目的であったそうです。

以下、画像たくさん。興味がある方は画像をクリックすると大きくなります。

ロスから101番というハイウェイを使って海沿いの道を行き、サンタバーバラ地区には1時間で着いた。が、このオールドミッションは小高い山の上にあるので、1車線の道をくねくねと行く。

Oldmissionsantabarbara_b1 Oldmissionsantabarbara_b2 Oldmissionsantabarbara_b3

左の画像のみ、ネットで見つけたもの。遠くからの写真を撮れなかった。

中、正面の建物の前の噴水。小さい花だったが蓮。孫が、ゴールドフィッシュがいる!と言う。何と金魚が数匹、投げ入れられたコインも。

孫もペニーを3枚投げ入れる。

右、建物を背にして、丘の下には海が見えます。サンタバーバラに到着した直後に空が晴れて、綺麗な景色だった。

入り口でいくばくかの入場料を払い、あとは⇒の表示に従って各自で見て歩く。

Oldmissionsantabarbara_b4 Oldmissionsantabarbara_cemetry1 Oldmissionsantabarbara_cemetry2 Oldmissionsantabarbara_cemetry3

左、中庭。向こう側の建物はかなり素朴で、クリスチャンの教育をほどこすインディアン達を住まわせたそうだ。中央の噴水では妻達が洗濯物をすすいだ。

左から2、中庭に面した建物の向こうは墓所。修道会でも上の地位にいた人であろう立派な墓や、十字架だけの墓もある。

左から3、真ん中にあった十字架とキリスト像。孫とわたし。

右、説明によるとインディアン4000人の墓があるというが、とても4000人を埋められる広さとも思えなかった。この大木の下に埋まってるんじゃあないかと、つい想像した。

Oldmissionsantabarbara_cemetry4 Oldmissionsantabarbara_cemetry5 Oldmissionsantabarbara_cemetry6

左と中、立派な墓。墓石はスペイン語。よって修道会での地位は分からない。1787年生、1851年8月没とある。右、このように墓所は建物と塀に囲まれている。

Oldmissionsantabarbara_cemetry7 Oldmissionsantabarbara_cemetry_skul

左、墓所内を一周して再び建物に戻るわけですが、これは元々は建物から墓所への「出口」。右、壁に頭蓋骨の彫りがあるのには驚愕した。アップで見ると、上の頭蓋骨はかなり古いのが分かる。下の2つは後年修復したのが明らか。

*

Oldmissionsantabarbara_church1 Oldmissionsantabarbara_church3 Oldmissionsantabarbara_church4 Oldmissionsantabarbara_church5

はっきり言って不気味な墓所から出ると、隣は教会になっている。これが素晴らしかった。

この長椅子が並んだ場所をチャーチ・ピューと言います(オークモントCCのバンカーが似ているのでこう呼ばれる)。

かなり縦長ですが暗いのでフラッシュが要り、全景は撮れなかった。右、祭壇の前にこのプレートが床に埋め込まれている。伝道所初期の伝道士や一般人で、床の下にある教会の地下室(納骨所)に埋められた故人の名前がある。ひぉえーっ。

この教会はいまだに礼拝に使われているそうです。

*

Oldmissionsantabarbara_room1 Oldmissionsantabarbara_room2 Oldmissionsantabarbara_room3 Oldmissionsantabarbara_room4

建物はどれも幅が狭く、個室や廊下を使って展示している。一番右、修道士の個室を再現。現代でも修道士や修道女の生活は質素と思うが、この寝具を見ると圧倒される。

建造物や教会の素材はほとんどがメキシコや南アメリカから運んだものだそう。

Oldmissionsantabarbara_room6 この床が印象に残った。赤いタイル。血のような色。画像ではわからないが、床はうねったような傾斜があって歩きにくい。

Oldmissionsantabarbara_outside1 Oldmissionsantabarbara_outside2 娘と孫はさっさと出てお土産を買っていた。外の回廊にはこんな俗物が置いてあり、あまりのコントラストに笑った。左がわたし、右が孫。

孫は霊感が強く(娘も強い)、わたしが長々とあれこれ見学しているうち、泣き出したそうだ。気分が悪くなるのだ。「外に出たら大丈夫だから」と健気に言ったそうだけど。

4000人のインディアンが埋まってるんじゃあ、霊気がただよっていたに違いない。

また後日につづく。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

Tiger

Attnational_fri_aroniminkclubhouse 今週のPGAツァー、AT&Tナショナル。去年までのコースであるコングレッショナルは来年USオープン開催コースなので、レギュラーツァーは休むということで今年はフィラデルフィアのアローニミンクAroniminkGC。

昨日タイガーは午後スタートで、7番ホールから見た。フロント9を1アンダーでバック9に入る。コースが難しい、グリーンが速く午後の風で少しでもローサイドに打つと、グリーンからこぼれる。

朝スタートの3人が4アンダーを出していたので、このまま1アンダーで終わっても好位置・・・と一人分析していたら・・・パー5の3打目83ヤードから右バンカーに放り込むという考えられないミス。

傷口に塩をぬりこむように、次のパー3では6番アイアンで池に落とす。

バック9を4オーバーにして、後味の悪い終わり方だった。

Attnational_fri_tiger_16th 今日はIN10番からのスタート。予選カットラインは+2から+3に上下。またしても終わり数ホールで2つボギーを叩き、トータル3オーバー。

8番パー3は、2フィート5インチのパーセーブパットを外した!(72cm)

ほんと、へタレじゃあるまいし。

毎週のように予選通過を危ぶみながらタイガーを見るとは、何と情けない!

こんなゴルフは見る価値もない、むらむらと腹が立つ。

ちなみに予選は、タイガー、ダスティン・ジョンソン、ラブⅢという豪華3サムだったが3人ともしまいにギャラリーの声もないようなラウンドで、ジョンソン5オーバー、ラブⅢが10オーバーの予選落ち。

*

今日孫が帰ったあと、夕刻練習に行こうと仕度していた時。

午後6時半近く。TVのチャンネル2(CBS)ニュースで、「タイガーは早ければ今晩中に離婚が終結します」

今晩中にって東部時間では既に夜だし・・と思ったけれども。

昨日から、「明日には離婚手続き終結」という“噂”は飛び交っていたが(笑)、ゴシップサイトだったので無視していた。

今度は大ネットワーク局の夕方のニュースですから、確かな情報だろうと思う。

要は離婚調停が合意に至る条件にたどり着き、全て書類が整ったということでしょう。

そのニュースを聞いて逆にほっとした。

救えないものなら、早く解決して前に進んだほうがお互いの為だろう。

アメリカは離婚率50%の国。親が賢く、子供思いなら、みな上手に分担して子を育てている。

ということで、タイガーがゴルフに専心出来る日も近いでしょう。

*           *

スキャンダルで、AT&Tがタイガーのスポンサーから退いた。

その際、AT&Tナショナルの冠スポンサーはこれからも継続、またタイガー・ウッズ・ファンデーションへの援助もこれまで通りと表明した。

AT&Tナショナルはタイガーがホストであったが、正式にはホストではなくなったと聞いて驚いた。

実際には変わりはないもよう。

これは120名のフィールドだが、スポンサー招待で出場プレーヤーの名前を見ると、もろタイガーの意向が出ている観がある。

Attnational_th_arjunatwal 初日66の好プレーだった、アージュン・アトワル。これはアトワル本人が言っていた。

彼もアイルワースに住み、普段からタイガーと練習ラウンドをしている。USオープンでの練習ラウンドでも連日一緒。

単にスケジュールの話をしていたとき、(メディカル免除の特典で年間8試合しか出られない)アトワルがフィールドに入ってないことを知ったタイガーが、1つ空きが出たと先週電話してきたそうだ。

ロッコ・ミーディエイト、親友ノーター・べゲイⅢ、スコット・マッキャロン、ここらはタイガーの口ぞえもあったのじゃないかと思いますがね。(何人ものプロがスポンサー招待にしてほしいと大会に手紙を送る、そのうちからピックされるわけです)

タイガーは結婚する以前、全英オープンの前に早く渡英し、北海に釣り旅行をした。マッキャロンはその頃の常連。

彼も初日は好プレーだったが、2日目叩いて、土曜日はタイガーと同組。

AT&Tナショナルリーダーボード

*

タイガーのポジティブ面。

予選2日間のドライバーの飛距離がフィールド中1位。

329Yや、340Yが狭いフェアウェイのど真ん中に飛んでいくのは、ほとんど信じがたい気がする。(笑)

タイガーも、ドライバーはここ何年もなかった球が打てると言っていた。

今タイガーより飛ぶのは何十人もいる、昔のように飛距離で優位になることはないと言われていたが(解説者は何でも言うのだ)、ここ数年膝の状態が悪いか、手術後かで思い通りのスイングも出来なかったのに、何言っとるか。

気温は20度後半だが、湿度24%で球が飛ぶのだそうだが、土曜日は32度、日曜日は34度で夕刻は風も出る予報。

グリーンがか~りかりでさぞかし好スコアが出よう。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

舌の根も乾かぬうちにラウンドし・・本年16ラウンド目

まったく我ながら節操がなくて・・・(^o^;;

昨日は割りと元気で、孫を音楽教室とゴルフのレッスンに連れていき、帰宅して運動不足だと孫とウォーキングに・・・。

このぐらいなら大丈夫だなと思い・・。

今日は26℃になる予報だったので、朝6:18の予約を昨晩ネットで取った。

(最近簡単に予約が取れる。ロスの不景気も深刻と思われる)

ゴルフのため朝暗いうちに家を出た!

Parkinglot ガラガラの駐車場、朝5時38分。日の出は5時45分だそうです。

嬉しいことにさらに1グループ早いスタートにしてくれた。

*

プレー距離が長いことは分かっていたので、朝ボールを熱いお湯につけておいた。(爆)

『OK牧場への道』の某プロ氏が書いておられたけど、冬飛距離が落ちると嘆く人はボールを一晩中お湯につけておくといいそうです。

1番上り、当たりは悪くなかったが右ラフ。2打目で試しに5Wを使ったらトップでフェアウェイバンカーをぎりぎり越え右ラフ。ラフの分番手を上げた8番アイアンが、あれ~~~っのグリーン右下バンカー。

あー疲れる。

長い上りバンカーショット、同伴者の一人がピンのすぐ右に立つ、おいっ。

ショートしてならじとバンカーショットはまあ良かったが、奥エッジまで。

速くてものすごく曲がる下りパット。

スピードが足りず、きゅいんと折れた・・・。

横からの上りフックライン入れてWボギー。嬉!外してたらトリプルスタートだから、このパットは偉かった。

しかし、朝から何回打ってんだ。

2ndflag 2番ホール、3打目120Yを9Wでフルショット、やっとオン。パー。

で、次のパー3をまたダボ。

今日はダボとパーが交互に来る日かと思ったが、わたしはボギーゴルファーだから、そうは問屋が卸さないのです。

<本日のハイライト

4番489Y右ドッグレッグ。ここで突然、スイングのことを思い出した。テークバックで、左肩がアゴを通り越すまで頑張る。(笑)

1W◎、3W◎、3W◎。しかしこの3打目が右に右にキックして、ものすごいラフへ。キクヨグラスがぼわぼわと伸びた箇所。

4thhole_red 4thhole_highrough_2 赤丸箇所をアップにしたのが右。(なお、曇天でどんよりなので、ほとんどの画像を自動修正で明るくしました)

その周りの短いラフはバミューダグラス。ランチョはフェアウェイもラフもバミューダってことになっているが、キクヨグラスは雑草みたいなもので、自然と出てくる。

ここからグリーンセンターまでわずか90ヤード。上り、グリーンが右奥、バンカー越えゆえ、9Wで渾身ショット!

ゴォ~~~~~~~ル、じゃないけど、グリーン右のラフ。

上出来です。自分はこのラフだと、アイアンではフェース取られるか距離が半分しか打てないのです。ショートフェアウェイウッドのほうが打てる。ハイブリッドは、天ぷらになってダメです(わたしは)。

高い土手のラフから爪先上がり、きつい下り傾斜のチップはエッジ越えて乗っただけ。3mぐらいのパット入れて、ボギー♪

*

しかし、人間どうしてこう馬鹿なのかと思う。

スイングで気をつけるべきことを思い出し、バシバシと当たるようになったのだから同じスイングをすればいいものを、もっと飛ばそうと思うのか(意識下では無いんだけど)、今度はだんだん頭がディップしてきて・・ナタリー・ガルビスのスイングのイメージで(いや、そんな感じでという話)・・・ドライバーで地面をこすりだした。

あっ、そうだ、ダウンスイングでアゴを落とさないように、と思い出してこれも解決。(爆)

だいたいのラウンドで、3Wは◎より、△や×印のほうが多いのだけど、今日は◎が11回もあった。アハハ

<わたしの好きなホール>

14番335Y。飛距離がある男性には容易なホールだと思うが、ティーショットが上りでわたしには3ショットホール。

14thgreen 砲台グリーン、グリーン土手下からはピンに近く打つのが難しい。

20年も回って最近気がついたが、セカンドを左の旧臨時グリーン方向に打ったほうが、残り距離は長くなってもカップが見えるから、52度からショートアイアンでピンを狙える。

左寄りに見えているのがわたしのボール。上りとアゲンストでキャリー75Y要る。9番アイアンで、ピンの3.5m上まで。ここの下りパットは難しくて、やっぱりローサイドに逃した。

*

6時12分スタートで(たぶん4サムでは先頭から3,4組目だと思う)、4時間20分かかるとは恐れ入る。

前の4サムも前の組の影も形もないほど離されていたし、うちの組の男性の誰かかれかのボール探しを毎ホールしなくちゃいけなくて、わたしはカートに乗っているので大して手間じゃないから極めて親切に手伝ってあげるけれども、ほんと自分のボールぐらいよく見ておけ!と思う。

前回ランチョを回ったときよりコンディションが良かった。

ということで、スコアカード⇒「RanchoScoreCard_630.htm」をダウンロード

8thpar3 エッジからパター使って3パットもあるし、チップで90cmに寄せて外したり、パットは数字ほど良くはないです。

15th_par4 16th_leftgreen 17thgreen 18thhole

上がり4ホール。15番パー4、16番パー3、17番&18番パー5。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ