« U.S.Open組み合わせ発表 | トップページ | 致命的コースマネージメントのミス/セントジュード・クラシック結末 »

パターのアドレスの仕方

ここ2ラウンド、パットが悪かったので先生に見てもらった。

1つは、インパクトのあと右肩でパターフェースを押し出すようにストロークしろと言われた。

言い換えれば、ボールに当てて終わりのストロークをするなということだと解釈した。

もう1つは、もっと重要なわたしが犯していたミスを指摘された。

アドレス時そもそもパターの置き方が悪かったのだ。

どーりでねぇー、そりゃ左に逃すわけだ。

わたしはまた左に引っ張ってるかとばかり思っていた。(へタレはミスの自己分析さえ出来ないから困ったもんだ)

*

自分のパターの画像はPCを変えて今持ってないので、それとなるべく似た画像をネットから拝借してきた。(持ち主の方、どうもすみません)

スコッティーキャメロンNewport2

クリックしてもらうと、以下の説明がわかりやすいです。

Setup_putter_2 このパターフェースの置き方が、ターゲットライン(黄色)に対して正しいわけです。

<わたしの悪いアドレス>

縦の赤い線のように、パターフェースをターゲットラインに垂直になるようにアドレスしていた。

すると、パターの白ラインは左下がりになる。

つまり、パターフェースをクローズに構えていた。

最初から左狙ってしまっているわけです。

<矯正>

直されるとパターフェースがずい分オープンになったように感じるが、パターの白線はターゲットラインに平行になっている。

何のことはない、白線に合わせてアドレスすればいいだけ。

*

これでやっと5フィートを真っ直ぐ打てるようになった!

怖いものですね。いつもと同じようにパットしていたつもりで、どんどんクローズにしていたのだから。

自分の感覚とは実に当てにならないものだと思う。

*           *

昨日金曜日、孫と娘がパー3でプレーイングレッスン。

わたしは孫のキャディー。(爆)

娘がオフィスを早めに出て午後4時半から。コースは混んでいた。

2nd 2番100Y。娘は何でも忘れる人で、自分のゴルフバッグを積んでこなかった。わたしの9W、6番&9番アイアン、PW、SW、パター使用。

ショットを右にふかしてばかりいたが、チップを3mに乗せて奇跡的にパットが入りパー。

わたしのサンドウェッジが良いからだと言ってやった。

3rdhole 3rdgeen 3rd_leftrough 左3番148Y。

先生が娘に「7Wが要るだろう」というが、「彼女ならちゃんと当たれば9Wで十分ですよー」

娘、これも右フケだったがピンハイのグリーンから少しこぼれたラフ。

「ほーら、9Wで丁度良いでしょー?」と母は自慢げに言う。(バカ)

中は同ホールフェアウェイ。孫は次のクラブを持って自分のボールへ走っていき、すぐ打つようになった。

先生に練習スイングしてから!と言われる。

右、同ホール左ラフから。しこってるでしょ?ここなんか手でこねると出ないラフですよ。孫はチップショットをミスするが、何故かいつもグリーンに乗る。

娘、チップで2m。孫、チップで4m。二人ともワンパット。イエ~イ!

ピンハイ左にワンオンした先生だけ外して笑った。

*

4thhole 4th_leftrough 4番90Y。娘は9番でグリーン奥にオン(後ろこすってる。彼女にはPWの距離だ)

右同ホール、孫は左ラフからチップ。ピンハイ右エッジへ。5mの下りをパター使って20cmに寄せた。

孫は1番でも4mをワンパット。

まだショットはほとんどまともに当たらないが、ワンパットするからボギーかダボぐらいで上がっている。smile

先生「この子はよくパット入れるなぁー」

「そりゃいつもお金がかかってるからですよ」

(先生はいまだにカップに1ドル札を入れる)

*

Behind3rdtee 3番ティーグラウンドではかなり待ち、背後のラフでチップの練習。

孫は良い当たりが出たらしく、嬉しそうにマミーの顔を見上げていた。

練習グリーンとチップ&バンカー練習場があるので、先生が今度からここへ連れてくるそうだ。孫は打席でのレッスンが好きではない。

金曜日の夕方は混んで、1時間弱で4ホールしか回れず。

わたしは風邪は相変わらずだが、外を歩いて気分が良かった。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« U.S.Open組み合わせ発表 | トップページ | 致命的コースマネージメントのミス/セントジュード・クラシック結末 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« U.S.Open組み合わせ発表 | トップページ | 致命的コースマネージメントのミス/セントジュード・クラシック結末 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ