« メモリアルトーナメント3ラウンド終了 | トップページ | USオープン最終クオリファイ »

メモリアルトーナメント終了

あーおもしろかった。辛抱強く見た甲斐があった。(笑)

それを望んでいたわけではないけど、リッキー・ファウラーの優勝は無い気がしていた。勝つことにフェアもアンフェアもないが、ツアールーキーでそう簡単に勝てるほどPGAは甘くあるまいと思ったから。

優勝圏内にいた上位者を見ても、2004年からアメリカPGAを主にプレーしてきた未勝利のジャスティン・ローズ。

勝てそうで勝てなかった試合が何回もあった。

全米アマチュアチャンピョン以来その才能をうたわれながら、ネーションワイドツァーで数年下積み、PGAでもやっと去年後半から何度か上位に来るようになったリッキー・バーンズ。

43歳のティム・パトロービックは昔1勝したものの、ツァーカードが維持出来なくて、ピザレストランで皿洗いまでしていたそうですよ。

ブレンドン・デ・ジョーング(ジンバブエ出身)もネーションワイドツァーとPGAを行ったり来たり、29歳であの顔だからおそらく苦労人だろう。(と勝手に想像smile

*

今週もまた「サンデーバック9」のゴルフがモノを言った。

しかし、今日のファウラーの脱落とローズの勝ち方を見ていて、これを数十試合やってきたタイガーや、ミケルソンやVJ・シンは怪物だなと思った。(近年わたしがTVで見てきたチャンピョン達)

*

Memorial_16thpar3backbk Memorial_sun_17thteeshot プレッシャーがかかって、チョークしたりナーバスになったりすると右フケするのは万人共通のようですね。

あれほどフェアウェイ真ん中に打っていたファウラーも、殊にバック9では右に逃すようになった。

10番パー4、右フェアウェイバンカー、結果ボギー。

12番はかの有名なオーガスタナショナルの12番に似せたパー3ですが、単にミスショットだっただけだと本人は言うが、ロースライスでグリーンの土手直撃、池に転がり落ちWボギー。

15番パー5のティーショットは右ファーストカットラフ。これはバーディにした。

17番パー4のティーショットも右フェアウェイバンカー。解説のイアン・ベイカー・フィンチは風で持っていかれたと説明していたが、こう何ホールも右に逃すのは肩が回っていないからだと思う。(緊張すると肩が回らなくなるから右フケするのだそうだ)

注:昨日までのファウラーと今日のスイングを比べて言うものではありません。自分の目で見て分かるわけない。(笑)

*

その点、ジャスティン・ローズは自分のスイングを貫けた、のだと思う。

解説のニック・ファルドーが昨日ローズに言ったそうです。「明日は右肩を(フィニッシュまで)回せよ」

昨日3ラウンドではローズが左ツリーラインや左から打つシーンが度々映ったが、ファルドー曰くこれは肩が回ってないから引っかかる故だそうだ。

Memorial_sun_15thteeshot Memorial_18thteeshot 自分のゴルフに応用して話すのも恐縮するが、スイングを通して右肩を回し続けるのは、重要なポイントなのだと思う。

最終日の66も素晴らしいが、バック9でボギー無し2アンダーにしているのは彼一人。これだけのフィールド、昨日までと違って風が舞っていたコンディションでやはり強い勝ち方をしていますね。

Memorial_sun_18thgreenbk Memorial_kateleorose ホールアウト後、グリーン後方にいた奥さんにキス。抱きあげた1歳4ヶ月の息子がパチパチと手を叩く。ローズは、イエ~~~イ!と声を挙げてそれは嬉しそうでした。

彼は相当苦労したでしょうね。ヨーロッパツァーで若くしてプロになったので、各地を転戦するのに全てお父さんがついていったという。そのお父さんが肺癌で、ローズが21歳の時に亡くなった。

それがしばらくゴルフに響き、2004年からアメリカに本格参戦して目が出ず、TVに映る姿も寂しそうだった。

彼もまた、ヨーロッパのタイガー、タイガーをしのぐ才能とまで言われたのです。(セベ・バレステロスはある時期、若いプレーヤーではタイガーよりローズのほうがベストだと言い張っていた)

近年、1年のかなりはフロリダ州オーランド、レークノナのコースプロパティーに住んでいます。(タイガーのアイルワースの近所)

インタビューで聞かれて、最近ようやく(アメリカが)ホームのような気持ちになり始めてきたと笑って言っていた。

今シーズン、10人目の20代優勝者。ローズは来月末に30歳。

メモリアルトーナメントflag リーダーボード

*

Memorial_sun_jaidee_1sttee Memorial_sun_17thtee_jaidee タイガーはジェイディーとトム・パーニースJrと同組。前者二人は、1番ティーグラウンド(左)や途中で談笑しているのが映っていた。

ジェイディーはタイガーより黒いですよ!どんだけ練習して、どんだけ世界を転戦しているかうかがわれる。彼は努力と根性の人ですね。

タイガーはティーショットが何を打ってもフェアウェイをキープ出来ない感がある。ドライバーはもちろん、3Wも、ときに5Wでさえ悪い。

全米オープンまでにどのぐらい調整出来るか、ペブルビーチリンクスは距離はないそうだから、2番アイアンでティーショットしたらどうか。(笑)

しかし2番アイアンももうかれこれ数年使ってないのじゃあ?

ま、気長に待ちます。(爆)

*          *           *

::

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« メモリアルトーナメント3ラウンド終了 | トップページ | USオープン最終クオリファイ »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

メリーさん、こんにちは!

ティショットが良くないとのこと、タイガーはまだ体(首)が
本調子ではないのでしょうか。

メリーさんがTVでご覧になった感じではどうですか?
大雑把な質問ですいません。

>hiroさん

首は問題ないと思います。本人も大丈夫を言っているし、身体の動かし方を見ても居心地悪さもないように感じます。

ティーショットについてインタビューでこう答えています・・「フェアウェイに打とう、アングルがある所に打とうとするあまりディフェンシブになってイージーにスングしすぎたりした。思い切って振るより、いろいろトライしすぎたのかもしれない」

分かってるじゃないのと思いました(笑)。
タイガーはドライバーが定まらないのは昔からで、それをメジャーに合わせて調整し優勝する時はフェアウェイキープ率が高いです。
今季はまだまだ試合不足というのが大きな原因だと思います。
たまにw良いスイングでフェアウェイど真ん中に打つので、そのうち良くなるでしょう。(笑)

さっそくのご返事ありがとうございます。

>首は問題ないと思います。

そうですか。良かったです!腰や首はゴルファーとして
致命傷になりかねませんもんね。

「ディフェンシブになってイージーにスングしすぎたりした。」

世界一のゴルファーにしてこの台詞、心底ほっとします(笑)。

>そのうち良くなるでしょう。(笑)

ありがとうございました。メリーさんの言葉通り、じっくり
待ちたいと思います。たしかにタイガーのティショット
がバラけるのは今に始まった話ではないですもんね(笑)。

>hiroさん

7勝した去年でも、時期によってドライバーが悪かったりパットが悪かったりする度、ゴルフメディアはタイガーがどうかしたかのように取り沙汰していましたから、今季はコーチのせいだの、コーチがいないせいだの(苦笑)、かしましいです。

タイガーは、自分のゴルフやスイングを批判されると反論することもありますが、いずれ本人が一番正確に分析していると思います。
だから世界一なわけでしょう。
また世界一でないプロでもその理解度は素人が知らない域だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メモリアルトーナメント3ラウンド終了 | トップページ | USオープン最終クオリファイ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ