« USオープンコースセッティングについて | トップページ | ブルーサムライ »

iPad

メジャーになると普段以上にゴルフのサイトに目を通す。日本ではブログランキングで全米オープンをタイトルにしているところをクリック。

アメリカでは個人ブログではなく、Yahooスポーツゴルフ欄、ゴルフチャンネル、他の中継局サイト。

スポーツライターが書いた内容より、それについた読者からのコメントを読むのが目的。

今年のUSオープンは退屈だったという意見がマジョリティー。

優勝スコアがイーブンパーは良いとして、勝利者のスコアが74だったこと、日曜日は誰もチャージをかけられないコースセットアップにしたことが退屈にしたという考えが多かった。

私見。難易度を上げるためであろうが、イーブンパー前後の優勝スコアにするためであろうが、グリーンが汚く、ボールの軌道が維持出来ないような仕上がりで世界一を決めるゴルフトーナメントをしてほしくないと思う。

アメリカ人達のコメントを読むのはおもしろいです。メジャーの時は、相当なゴルフクレージーやゴルフ知識のレベルが違う人達が出てくる。「ゴルフレポーター」や「スポーツライター」の記事そのものより、よほど勉強になる。

*         *

今日孫がiPadを持ってきた。

実物はまだ見たことがなかったが、想像していたより大きかったです。

Ipad_size Ipad_1 Ipad_3 大きすぎて片手で持ってもう一方の手で画面を操作するのは不自由じゃないか、という推測は違っていた。

右のように孫でも簡単に操作しています。重さは想像していたよりはるかに軽い。

中、まだインターネットを取り込んでないが、マージャンパイが・・。smile

わたしは全くもって、iPadのどういう点が良いのか知識がありません。いまどきiPhonもブラックベリーも持ってない。(ロスではよほどの貧乏人以外持っているような)

iPadを誕生日プレゼントに買ってくれとせがんだらしいが、娘は8歳の子のタメにならんと拒否したそう。(当たり前)

孫は今度はおじいちゃんに嘆願。せがんでせがんでせがみ倒したと本人。(呆れ)

友達が出始めに買ってもらって、さんざん自慢したという。

これまた娘は買わないでと言ったのに。

結局おじいちゃんは、娘と孫とで共有して使うようにとくれたそうだ。

孫に説教した。

自慢するのも浅ましいが、それを羨ましがって欲しがるのも浅ましいと。

女は8歳にしてこうだ!

*

孫は先週末から夏休みに入ったが、9月の始業は13日というから呆れてしまった。

去年から毎火曜日は短縮時間(全学年12:45終業)となり、冬休みも長くなった。

今年からさらに予算カットで、年間何回かの金曜日も短縮時間、ただでも長すぎる夏休みがもっと長くなった。

いまに、年間半年しか学校がなくなるんじゃないのと娘と話した。

去年夏も入っていた子供のミュージカルサマーキャンプは(40日間)来月半ばに始まるが、孫はそれまで1日中家にいる。

日中はわたしが面倒をみるわけでして(笑)、時間が長くなるので耐久力が要る。

よってしばらくゴルフは自粛です。わはは。

Nordstrom Speech 夏のストラップワンピースを着ると冷房が入った場所では寒い。今日デパートに行って、このニットのボレロを買ってやった。

わたしもここ数年探しているのだけど良いのが見つからない。

娘「あらー私は何枚も持ってるよー。今度ターゲット行ったとき買ってあげるよ。」

「ターゲットの服なんか着ないよ、わたしは。」

娘「そんなの分かりゃしないわよ。」

(それはあんたの意見だろうと思ったけど黙っておいた)

若い人は安物でもいいけど、わたしの歳になってあんまり安い物を着ると更にみすぼらしく見えるので。

画像右、今日連れていったスピーチセンター2階待合室。

週1のスピーチセラピーも夏の間お休みすることにした。

セラピストの先生は本人が気が進まないなら、もう要らないのじゃないかと言ったそうだ。

会話ではまず誰も気がつかないレベルになったが、セラピーで英語力全般が格段に上達し、読解力、作文、ひいては他の教科の助けになるので、娘はあとしばし続けさせる意向。

先生がお手製の「卒業証書」と「表彰状」を作ってくれ、孫はご機嫌だった。

*           *           *

これアップしましたっけ?

すごく良い歌詞です。ピアノも素晴らしい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« USオープンコースセッティングについて | トップページ | ブルーサムライ »

雑感」カテゴリの記事

コメント

職業上興味ある話題にコメント.

日本ではゆとり教育のせいで授業時間が減って,日本の子どもは昔より馬鹿になってるんですが,そちらの授業が減るのはやっぱり予算のせいですか?
日本は予算のせいではないので,ゆとり教育の見直しが始まってますが,そちらの事情ではこれから授業が増えることってあるんでしょうかね?
個人的にはアメリカはもともと勉強する子は勝手にする,というか,しっかりした家庭は親が子に「投資」するので,そんなに影響ないとは思いますが,アメリカ人がこれ以上馬鹿になったらどんな風になるのか恐ろしいですね(笑)

>gotoguyさん

アメリカは先進国中では子供達の学業到達レベルが低いのは有名ですが、近年は移民が増え(親が英語を話さない家庭が増える)、公立学校の責任や負担は大きくなっています。
それが逆に教育の質(クラスの人数、アシスタントティーチャーの数)が落ち、授業時間が減っているのですから、ほんとアメリカの将来が危ぶまれます。

>しっかりした家庭は親が子に「投資」するので・・

おっしゃる通りで、授業時間が減り休みが増えても経済力と教育レベルが高い親の家庭はさほど影響ないでしょう。
しかし、子供の宿題も手伝ってやれない親の層はますます落ちて格差がひどくなるだろうと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« USオープンコースセッティングについて | トップページ | ブルーサムライ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ