« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

舌の根も乾かぬうちにラウンドし・・本年16ラウンド目

まったく我ながら節操がなくて・・・(^o^;;

昨日は割りと元気で、孫を音楽教室とゴルフのレッスンに連れていき、帰宅して運動不足だと孫とウォーキングに・・・。

このぐらいなら大丈夫だなと思い・・。

今日は26℃になる予報だったので、朝6:18の予約を昨晩ネットで取った。

(最近簡単に予約が取れる。ロスの不景気も深刻と思われる)

ゴルフのため朝暗いうちに家を出た!

Parkinglot ガラガラの駐車場、朝5時38分。日の出は5時45分だそうです。

嬉しいことにさらに1グループ早いスタートにしてくれた。

*

プレー距離が長いことは分かっていたので、朝ボールを熱いお湯につけておいた。(爆)

『OK牧場への道』の某プロ氏が書いておられたけど、冬飛距離が落ちると嘆く人はボールを一晩中お湯につけておくといいそうです。

1番上り、当たりは悪くなかったが右ラフ。2打目で試しに5Wを使ったらトップでフェアウェイバンカーをぎりぎり越え右ラフ。ラフの分番手を上げた8番アイアンが、あれ~~~っのグリーン右下バンカー。

あー疲れる。

長い上りバンカーショット、同伴者の一人がピンのすぐ右に立つ、おいっ。

ショートしてならじとバンカーショットはまあ良かったが、奥エッジまで。

速くてものすごく曲がる下りパット。

スピードが足りず、きゅいんと折れた・・・。

横からの上りフックライン入れてWボギー。嬉!外してたらトリプルスタートだから、このパットは偉かった。

しかし、朝から何回打ってんだ。

2ndflag 2番ホール、3打目120Yを9Wでフルショット、やっとオン。パー。

で、次のパー3をまたダボ。

今日はダボとパーが交互に来る日かと思ったが、わたしはボギーゴルファーだから、そうは問屋が卸さないのです。

<本日のハイライトsmile

4番489Y右ドッグレッグ。ここで突然、スイングのことを思い出した。テークバックで、左肩がアゴを通り越すまで頑張る。(笑)

1W◎、3W◎、3W◎。しかしこの3打目が右に右にキックして、ものすごいラフへ。キクヨグラスがぼわぼわと伸びた箇所。

4thhole_red 4thhole_highrough_2 赤丸箇所をアップにしたのが右。(なお、曇天でどんよりなので、ほとんどの画像を自動修正で明るくしました)

その周りの短いラフはバミューダグラス。ランチョはフェアウェイもラフもバミューダってことになっているが、キクヨグラスは雑草みたいなもので、自然と出てくる。

ここからグリーンセンターまでわずか90ヤード。上り、グリーンが右奥、バンカー越えゆえ、9Wで渾身ショット!

ゴォ~~~~~~~ル、じゃないけど、グリーン右のラフ。

上出来です。自分はこのラフだと、アイアンではフェース取られるか距離が半分しか打てないのです。ショートフェアウェイウッドのほうが打てる。ハイブリッドは、天ぷらになってダメです(わたしは)。

高い土手のラフから爪先上がり、きつい下り傾斜のチップはエッジ越えて乗っただけ。3mぐらいのパット入れて、ボギー♪

*

しかし、人間どうしてこう馬鹿なのかと思う。

スイングで気をつけるべきことを思い出し、バシバシと当たるようになったのだから同じスイングをすればいいものを、もっと飛ばそうと思うのか(意識下では無いんだけど)、今度はだんだん頭がディップしてきて・・ナタリー・ガルビスのスイングのイメージで(いや、そんな感じでという話)・・・ドライバーで地面をこすりだした。shock

あっ、そうだ、ダウンスイングでアゴを落とさないように、と思い出してこれも解決。(爆)

だいたいのラウンドで、3Wは◎より、△や×印のほうが多いのだけど、今日は◎が11回もあった。アハハ

<わたしの好きなホール>

14番335Y。飛距離がある男性には容易なホールだと思うが、ティーショットが上りでわたしには3ショットホール。

14thgreen 砲台グリーン、グリーン土手下からはピンに近く打つのが難しい。

20年も回って最近気がついたが、セカンドを左の旧臨時グリーン方向に打ったほうが、残り距離は長くなってもカップが見えるから、52度からショートアイアンでピンを狙える。

左寄りに見えているのがわたしのボール。上りとアゲンストでキャリー75Y要る。9番アイアンで、ピンの3.5m上まで。ここの下りパットは難しくて、やっぱりローサイドに逃した。

*

6時12分スタートで(たぶん4サムでは先頭から3,4組目だと思う)、4時間20分かかるとは恐れ入る。

前の4サムも前の組の影も形もないほど離されていたし、うちの組の男性の誰かかれかのボール探しを毎ホールしなくちゃいけなくて、わたしはカートに乗っているので大して手間じゃないから極めて親切に手伝ってあげるけれども、ほんと自分のボールぐらいよく見ておけ!と思う。

前回ランチョを回ったときよりコンディションが良かった。

ということで、スコアカード⇒「RanchoScoreCard_630.htm」をダウンロード

8thpar3 エッジからパター使って3パットもあるし、チップで90cmに寄せて外したり、パットは数字ほど良くはないです。

15th_par4 16th_leftgreen 17thgreen 18thhole

上がり4ホール。15番パー4、16番パー3、17番&18番パー5。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

物言えば唇寒しゴルファーの風邪

今月はもうゴルフに行けそうもない。

あ~~~~無念じゃ。

ロスは5月のほうが暑かったような。あと2,3日で七月というのに、このところ午前中はいつも曇天。午後1,2時間日差しが強くなるだけで、また夕刻には半袖ではいられないほど涼しくなる。

雨か高温多湿の今の日本に比べると、ゴルフ天国の天候と言えます。

わたしは風邪をこじらせて気管支に来て、良くなってはまた咳が出る繰り返し。いったい風邪なのか、アレルギー(花粉や夏芝)のせいかワケわからん。

ロスでは百日咳が流行っているのです!

いや、ジョークにしちゃいけないが嬰児の患者が増えているそうです。予防接種を避ける親が多いからじゃないのぉー?

ということで、今のハンディキャップをしばし維持しそうです。think

(1ヶ月に一度、USGAから通知が来る)

*         *         *

書くこともないので、昔ゴルフ旅行で行ったコースでも。

Ranchosanmarcos_3rdgreen Ranchosanmarcos_5thhole Ranchosanmarcos_8thgreen サンタバーバラ。ロスから2時間弱ぐらいか。ランチョ・サン・マルコス。Rancho San Marcos GC

Ranchosanmarcos_9thgreen Ranchosanmarcos_10thgreen Ranchosanmarcos_10thhole ロバート・トレント・ジョーンズJr設計。

わたしが行ったときは出来て1年かそこらで、グリーンがまだ硬くあと3年ぐらいしたら良いグリーンになると地元の年配ゴルファーと話したが、コースレビューを読むといまだに硬いらしい。

Ranchosanmarcos_14thhole Ranchosanmarcos_15thfairway グリーンフィーは$100だったと思うが、現在平日$79、週末$104。何と値下がりしている。

もう少し奥になる、ラ・プリシマはUSオープンやシニアオープンの地方クオリファイに使われる非常にタフなコースだが、このコースもタフ。

Ranchosanmarcos_15thhole Ranchosanmarcos_cachuma グリーンは読みが難しく、1mでもよくこぼれる。最近のレビューを読んでも同じことを書いている。コンディションは非常に良いそうだ。

当時のスコアカードと現在のヤーデージは僅かな違いがあるが、大して変わらない。

現在のカードでは6817、6243Y、5004Yとなっている(各パー71)

わたしは6290Yの白から回った。

女性が白からのコースレート76.3/スロープレート141

スコアは97(パット35)。カードを見るとダボだらけだが、トリプルがないのは偉い。(ぇっ?)

当時はパットが大変下手で、この頃から平均パット数を5打ぐらい縮めたと思う。

余裕がある南カリフォルニアゴルフ旅行をなさる方には、サンタバーバラ地区のコースもお勧めします。

*

ワールドカップ、起きれるかしらん・・??(ロスでは朝7時開始)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

LPGAチャンピョンシップ&PGAトラベラーズ・チャンピョンシップ

先週今週とスポーツ観戦が忙しく、ワールドカップにウィンブルトンに、ゴルフも見なくちゃいけないし。

サッカーは普段見ないが、うらめしいところがありますね。

レフリーの連続失態では?早い時期に、今大会のレフリー失格になった人がいたが、昨日のドイツとイギリスの試合ではゴールに入っているのに無効にした。

ドイツが優勢だった、ドイツのほうが良いプレーをしていたから結果に違いは出なかったろう・・という推測はねぇ・・あれが得点になっていれば前半ハーフを同点にしていたわけだから・・・。

猛烈な抗議と脅迫があったと思われ、大会中のレフリーの警護を強化することにしたと書いてあった。

今日アルゼンチンとメキシコの試合の前半を見ていたが、ハーフタイムなった直後選手同士が喧嘩になりそうで、レフリーが走って分けていたし。

*            *

さて、ゴルフリーダーボードウォッチャーのわたしは(笑)、LPGAチャンピョンシップのスコアを見ていて目が点。

藍ちゃんが猛チャージ。

大したもんだ。

Lpgachampionship_sun_6thtee Lpgachampionship_sun_8thfairway Lpgachampionship_sun_9thgreen 今年4勝もしているが、ポコッと予選落ちしたり、今週もカットラインを1打クリアしてかろうじて予選通過するのは、彼女は体力が無いからじゃないかと愚察しているのですが、週末に好スコアを出して強いプレーヤーになったものだ。

あまりの猛チャージに、単独2位になることを期待してしまったが、17番パー5でパーだったのと、難しい最終ホールでボギーにしてかないませんでした。

しかし、最終日66は素晴らしい。今年は初メジャーが獲れるといいですね。

藍ちゃんのflagスコアカード

LPGAは録画中継で1時から4時まで。PGAのほうは正午からの中継。

ウィンブルトン、ワールドカップとチャンネルを変えまくる。(笑)

今LPGAはゴルフチャンネルで再放送しているけれども、カーが勝つとおもっていたので最後のほうを見たのみ。

6番までずっとパーで辛抱していたカー。7番で初バーディ。まあそれからはほとんど思い通りのゴルフをしたのじゃないかと思う。

8打差をつけてのスタート。攻撃は最大の防御なりをそのまま証明したゴルフだった。

昨日の日記で、『クリスティー・カーの体重』という検索で来た人がいて爆笑したが、LPGAに出てきたとき彼女は超おでぶちんだったのですね。大きなメガネをかけて、ちと滑稽だった。(わたしはその頃の彼女を覚えていない。たぶんTVにも映らなかったろう)

それからダイエットとトレーニング。2006年2007年頃はかなり細くなっていました。最近は少しずつ戻って・・まあ32歳だし良いじゃないですか。わはは。

Lpgachampionship_sun_fistpump Lpgachampionship_sun_18thgreen Lpgachampionship_sun_18thgreen2 Lpgachampionship_sun_trophy byGetty Images.

18番2打目をピン上に打ったカーは、歩きながら帽子をとり、ポニーテールをといて長い髪をほどいた。ぎょっとするほど美しかった。

それから髪をなでつけて帽子をかぶりなおし、ひさしをクイクイと押さえて形を整える。

上の画像をクリックしてみて下さい。綺麗でしょ?smile

クリスティー・カーのスコアカード

メジャーで12打差で優勝はすさまじい。

藍ちゃんと同じ3位タイに来たのがジーエイ・シン。虫垂炎手術から2週間後。

LPGAチャンピョンシップリーダーボード

*          *

PGAトラベラーズ・チャンピョンシップは、ジャスティン・ローズが3打差の首位、16アンダーでスタート。2位はベン・カーティスの13アンダー。

連日5アンダー、6アンダーが出ているので3打差ぐらいじゃあ勝負の行方は分からないと思ったが、分からないどころじゃない終わり方でおもしろかった。

いつまでもUSオープンの愚痴をこぼして何だが、結果はオーバーパーが優勝でもイーブンパーが優勝でもいい。

しかしサンデーバック9で誰かがチャージしないとおもしろくない。チャージ出来ない設定にしたわけだから。

ジャスティン・ローズは昨日までと打って変わって、スイングリズムもよくないしスイングも思い切りがないように見えた。

ラウンド後本人は「パットする度、2フィートを外すんじゃないかと感じてプレーするのはほんとに難しかった。なぜか1日中グリーンで居心地が悪かった」と語っていた。

パットが入らないと、すべてが狂ってくるのかバック9では3Wのティーショットが有り得ない池ポチャ!

ベン・カーティスもスイングが乱れて戻せずじまい。

最初にスコット・バープランクが、バック9で2つイーグルを出し14アンダーでホールアウト。

次に、今年チャンピョンズツァー(シニア)デビューしたコーリー・ペイブンが、17番で長い下りパット入れ同じく14アンダー。

ペイブンの一組後ろか、バッバ・ワトソンが15番短いパー4を3Wでグリーン右に逃したが、バーディ。

Travelerschampionship_16th_bubba_bi 16番パー3でカラーから(あれはグリーン上?)入れてバーディ。この時点で15アンダー。

(このときキャディーが、勝つチャンスはあるよと言ったそうだ)

がーーーー、17番パー4、弓なりに右曲がり、右側は全て池のホール。ワトソンはアイアンでティーショット。

またしてもcoldsweats02、フェアウェイにかなり左を向いている。大きなフックでフェアウェイに戻すつもりだ。

これが今一戻らず左フェアウェイバンカーへ。

何のためのアイアンでティーショットなんだか・・・。

Travelerschampionship_17th_fairwayb Travelerschampionship_17th_afterbun で、そこからのバンカーショットは半トップして。フェアウェイと反対側の池へ。

Wボギー。

しかし、ワトソンはコースでは明るい(いつも明るいように見えるsmile)。アプローチショットもピンに近く打てなかったが、キャディーと何か話しながらニコニコしていた。

18番444Y。

ワトソン、ドライバーを出したー!

トラブルを避けるためのアイアンでティーショットは上手くいかなかったので、いつもの作戦、ドライバーでぶっ飛ばすーという、メンタリティーが良い。(実際そう考えてドライバーを選んだのかは不明だが、おそらくそうだと思う。プレーオフでは3Wを打っていたから)

これがフェアウェイを横切るカート道に当たり(そもそもそれは330ヤード地点)、右ラフからキックしてフェアウェイに戻り、396ヤード!!

前の組のキャディーはまだグリーンの手前にいた。

そこからのアプローチショットはピンハイ左5フィートぐらい。入れてバーディ。14アンダー。

*

プレーオフはペイブン(50歳)、バープランク(45歳)、ワトソン(31歳)の3世代。

Travelerschampionship_18th_2ndshot 最初のホールは18番で、ワトソンは3W、残り129Yからカップインしそうなショットを打ち、カップ横50cmへ。

バープランクは142Yからピン左上へ。

ペイブンはティーショット3Wで天ぷら気味。長いセカンドをハイブリッドで右バンカーへ。

バープランク、このバーディパットを入れた!

ペイブンは脱落。

2ホール目は16番158Yで、今日最難関ホールという。

バープランク8番Iで、グリーンを左に逃す。ワトソンも9番アイアンでグリーン右下部へ乗っただけ。

バープランクはパターを使ったが寄らずパーパットを外した。

Travelerschampionship_varplankwatso ワトソンは長い上りパットを3フィートに寄せ、パーパット入れて勝負あったり。

Travelerschampionship_trophy トラベラーズチャンピョンシップリーダーボード

*

16番グリーンで奥さんとハグし、しゃくり上げて泣いていた。

デビッド・ファーハティーにインタビューされ、

“I'm just gonna say thanks to mom and dad.

Without them, I'm nothing.

My dad is battling cancer right now.

Dad, I played for you.

I love you.”

(TVから聞き書きしたので正確ではないかも知れませんが)

『父と母にありがとうを言いたい。

彼らがいなかったら、僕は何者でもない。

父は今、癌と闘っているんです。

お父さん、お父さんのためにプレーしましたよ。

愛しています。』

ワトソン、17番でWボギーのあと、18番ホールのプレー。

:

:

:

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

LPGA世界ランキング

今週はLPGAチャンピョンシップ。

2005年から09年までメリーランド州ブルロックGCで開催していたこのメジャー、今年はニューヨーク州のローカストヒルCCに移りました。

去年までマクドナルドがタイトルスポンサーだったが、今年はWegmansというNYロチェスター地域のチェーン店がスポンサー。

連日雨が降り、今日は朝のスタートを早め明日も早めるそう。ニューヨークというのは夏は暑く冬は寒いそうだけど(行ったことがない)、この時季雨もよく降るって日本みたいだ。(笑)

Lpgachampionship_course1 よってコースはプレー距離が長い。良いコース画像が見つからなかったが、林間コース。これは以前はLPGAのレギュラーツァーを開催していたところ。

Lpgachampionship_sat_jiyai Lpgachampionship_sat_ai Lpgachampionship_sat_cristiekerr by Getty Images

先週藍ちゃんが優勝して世界ランキング1位になりましたが、今週3日目の今日まで独走しているクリスティー・カーが優勝して、藍ちゃんが単独2位でなければ、世界ランキングはカーが1位になるそうです!

びっくり。

5月、メキシコでの試合を最後に引退したオチョア。入れ替わりに、ジーエイ・シンが世界ナンバー1になった。(今週は虫垂炎の手術後2週間で出てきて頑張っています・・スコアの差は大きいが5位タイの3アンダー。まだオーバーパーを叩いてない)

約2ヶ月半、J・シンがナンバー1。藍ちゃんが1週間ナンバー1・・??

現在ランキング5位のクリスティー・カーが、(優勝すれば1位になることを訊かれ)「ナンバー1になれるのは最高だけど、1週間だけナンバー1でいたくないわよね。」と言っていて笑った。

*

ゴルフに絶対は無いが、まあカーなら逃さないでしょう。

Lpgachampionship_sat_azaharamunoz  3日目終了で13アンダー。次位は5アンダーが3人。ジーミン・カン、スペインのアザハラ・ムーニョース(画像)、宮里美加。

最終組でカーと同組になるのはジーミン・カン。

カーは昨日最終5ホールを4つバーディで終了。バーディの度ギャラリーから咆哮のような大歓声が上がり、「ただ自分に応援してくれるだけではなく、アメリカ人に勝ってほしいというギャラリーの気持ちが伝わってくる声援だった」とカー。(これもはっきり言うので笑った)

今シーズンはほんとに試合が減っている。ブラジルカップなどを除き、3日間や4日間の通常の試合では、

2月、藍ちゃん2試合優勝

3月韓国プロ

4月ヤーニー・セン(ナビスコ)、藍ちゃん

5月セ・リ・パク、もう一人韓国プロ

6月クリスティー・カー、先週の藍ちゃん

去年だってアメリカ人の優勝者は少ないですからね。

*

宮里美加さんのゴルフを初めて見た。(最終数ホール)

この位置にいるからには3日間良いプレーをしたのだろうが、7アンダーで来ていての最終Wボギーはもったいなかった。

素人が分析してはいけないが、避けられたと思う。

まず、17ホールも同じだった。

478Yのパー5。ティーショットはフェアウェイ右寄り。雨がしゅんしゅん降っているから距離が出ない。

そこから3Wだったのですが、ミスショットで右ラフ。

画面で見る限りでは、ライは上り傾斜の爪先下がりだったのじゃないかと思う。雨中ではタフな番手選択だったと感じる。

(このコースはフェアウェイに平坦なライは少ない)

3打目、距離は残り81ヤードと言っていたような。雨でじゅくじゅくのラフ。グリーン右手前のバンカーにも届ず右ラフ。

そこからのショットをピン左につけ、パットでパーセーブ。

18番398Y上り。ドライバーのティーショットは左ラフ。セカンドのアイアンは完全にフェースを取られて、さらに左へ20ヤードほど進んだだけ。

Lpgachampionship_sat_mika_18th左ラフからのショットは写らなかったが、3打目は右バンカー下のラフへ。そこからの4打目が画像のチップ。これがグリーンに乗っただけ。ピンはフロント右寄りではあったが・・変な球の出方だった。2パットダボ。

見ていない方も、このホールbyホールで、ミスのあとにミスが続いたことが分かると思います。

去年からフル参戦しているので、アメリカのいろいろな芝やラフにも慣れてきたかと想像するが、連日の雨でこれほどラフがタフになるとは思わなかったのかも知れません。

でもメジャーで2位は大きい。もう1日頑張ってほしい。

LPGAチャンピョンシップリーダーボード

*

:::

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

お笑いのバンカーショットレッスン

Full_moon ひさ~~しぶりにゴルフの練習へ行って、気持ち良かった ー。今夜は満月で(100%full moonと書いてあった)、夜8時ごろネットの上空に大きい月が。

↑はネットで見つけた画像だけど、これそっくりでした。

*

いつのレッスンだったか、先生に注意されたことを思い出して。

①バックスイング時のクラブフェースの向き(最初はスクエアに後方に引き、だんだんオープンに)

②トップ位置に来たとき、左肩がボールを通り越している。

③ダウンスイングの最後は、グリップのバット(グリップの上端)でボールを刺すように降りてくる。う~~む文にするのは難しい。

④インパクトでは左臀部はまだ飛球方向に向いたまま。インパクトのあと、左に回す。

⑤③から④で下腹が起き上がらないように。

⑥両手グリップが左肩を越すまで回してフィニッシュ・・・するよう頑張る。

・・・以上に気をつけて、

あっ、

一番最初を忘れた!

①の前に、バックスイングでクラブフェースを引くとき、ボールを熟視出来る「速さ」で引く。(つまり、そのぐらいゆっくりテークバックしろということ)

球を打つのは10数日ぶり(前回は病気中で30球ぐらい打つのがやっと)、アイアンは8番までにした。9Wとドライバーを数球ずつ。最後にウェッジ。

*        *

昨日は孫のレッスンをランチョのパー3ショートコースにあるチップ練習場でやった。

孫がバンカーから打ちたがって。

Bunker_1 Bunker_1stshot 左、孫に打ち方を教えている先生。右、孫が2,3回空振りしたあと、初めて球は上がった→アゴに当たってコロコロと戻る。

Bunker_2_2 テークバックで手首をコックし、インパクトでは左手首を曲げてはいけないと言っている。

Bunker_ball_in_bunker_2 先生、お手本で打つ。クリ~~~~ック!!

あれ。

Bunker_2nd_attempt もう1回、先生、お手本で打つ。クリ~~~~ック!!

やっとアゴを越えただけ。

「わたしがやって見せましょうか?」と言いたいのを、ぐっと呑み込む。

先生「砂が無いんだよ。」と言ってレイキで砂を掘り起こす。

モラルがないへタレゴルファーが練習したあと、砂を均していかないから底が硬くなって砂が無いのでした。

さて均したあと。

Bunker_goodout 今度は孫のバンカーショット。クリ~~~ック!!

見事、バンカーから出たがボールは背後のピンへ。

孫はサンドウェッジを持っていなくて、PWのフェースをかなり開いて打っているので、このショットは上出来でした。

(真左に行ってしまうのは、左肩を打つ前から回してしまうから)

チップの練習は好きな様子。サンドウェッジを買ってやろう。わたしのお古をカットしようかな・・。(たくさんあるsmile

*          *

わたしが成功した脱出法。

1.バウンスが大きいサンドウェッジを買う。

(現在クリーブランドCG15、56/バウンス14)

2.両膝を傾斜に添って曲げる。

3.藍ちゃんのスイングテンポを思い出し(笑)、ゆーっくりテーバック。

しかし、インパクトからは減速しない。

.エッジとピンの中間にボールをランドさせる距離感で。(多少大きすぎでも出ないより百倍良い)

ライが悪かったり、難しい場合は出なくても仕方がないと思う。

*          *           *

PAPERBACK WRITER

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ブルーサムライ

今日昼過ぎ、遅くなったけどあと30分ぐらいで出るからと娘から電話があった。

時間通り来たことがない人なので気にしてなかったが、それから無しのつぶて。3時半ごろとうとう電話した。

娘「ごめんごめん。日本対オランダ戦見てたの。」coldsweats02

え~~~~~~~~~~っ。

知らなかった~~~~~~~~っ。

見なかったよぉ~~~~~~~っ。

「今ハイライトやってるから見なよ」

(後刻、孫が帰って夜見ました)

日本では勝った瞬間、若者が新宿や渋谷など街にくりだして祝っていたそうですね。

Japn_denmark_sportscafe_1 Japan_denmark_sportscafe_3 Japan_denmark_sportscafe_2 Japan_denmark_saitama

Japan_denmark_shibuya_1 Japan_denmark_shibuya_2 (しかし、わたしは浦島太郎で、日本にもスポーツカフェがあり、こういう大きな試合はスタジアムでパブリックビューイングするとは知らなかった)

日本は最近明るいことがなくて、景気は悪い、政府はめちゃくちゃ、学校出ても就職先がない、何でも韓国が強いで、愛国心以前に日本人であることを誇りに思う機会もないというのが今日びの若者だそうだ。

早朝から街に繰り出して喜び合う若者達をみていると、涙が出たと人が言っていた。

日本チームが試合終了後、日本応援団がいる観客席に向かってお礼をしている様子はとても良かったと娘も目をうるませて言う。

(わたしは全部見逃しましたがなweep

(孫が来る日はわたしが家にいるのは分かっているのに、ちょっと教えてくれたっていいじゃないの。気が回らないヤツだ)

*

前回のワールドカップでどこが優勝したかさえ知らないほど無知だが、始まる前あちこちのブログを読んだら、今回の日本チームは1回も勝てないで敗退するのかと思うほどみなけなしていた。

おかげで、初戦のカメルーンに勝ったときはマグレかと思った。(笑)

オランダ戦も負けたが健闘していたように見えたし、今日のハイライトを見ているとディフェンスも上手いですねー。イタリアのひどいディフェンスを見たあとは、レイカーズのディフェンスかと思うぐらいだった。わはは。

Japan_denmark_honda Japan_denmark_2ndgoal_endo 「無回転FK」という言葉を初めて聞いたが、日本のYahooスポーツ・ワールドカップの記事を読んで分かった。Cool!

あの監督じゃ勝てないと書いている人もいたが、素人はあんまり断言しないほうが良い好例でしたね。(笑)

ESPNのアナウンサーやコメンテーターが、“ブルーサムライ”を激賞していた。

次は今度こそ見よう。

*         *         *

GET BACK!

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

iPad

メジャーになると普段以上にゴルフのサイトに目を通す。日本ではブログランキングで全米オープンをタイトルにしているところをクリック。

アメリカでは個人ブログではなく、Yahooスポーツゴルフ欄、ゴルフチャンネル、他の中継局サイト。

スポーツライターが書いた内容より、それについた読者からのコメントを読むのが目的。

今年のUSオープンは退屈だったという意見がマジョリティー。

優勝スコアがイーブンパーは良いとして、勝利者のスコアが74だったこと、日曜日は誰もチャージをかけられないコースセットアップにしたことが退屈にしたという考えが多かった。

私見。難易度を上げるためであろうが、イーブンパー前後の優勝スコアにするためであろうが、グリーンが汚く、ボールの軌道が維持出来ないような仕上がりで世界一を決めるゴルフトーナメントをしてほしくないと思う。

アメリカ人達のコメントを読むのはおもしろいです。メジャーの時は、相当なゴルフクレージーやゴルフ知識のレベルが違う人達が出てくる。「ゴルフレポーター」や「スポーツライター」の記事そのものより、よほど勉強になる。

*         *

今日孫がiPadを持ってきた。

実物はまだ見たことがなかったが、想像していたより大きかったです。

Ipad_size Ipad_1 Ipad_3 大きすぎて片手で持ってもう一方の手で画面を操作するのは不自由じゃないか、という推測は違っていた。

右のように孫でも簡単に操作しています。重さは想像していたよりはるかに軽い。

中、まだインターネットを取り込んでないが、マージャンパイが・・。smile

わたしは全くもって、iPadのどういう点が良いのか知識がありません。いまどきiPhonもブラックベリーも持ってない。(ロスではよほどの貧乏人以外持っているような)

iPadを誕生日プレゼントに買ってくれとせがんだらしいが、娘は8歳の子のタメにならんと拒否したそう。(当たり前)

孫は今度はおじいちゃんに嘆願。せがんでせがんでせがみ倒したと本人。(呆れ)

友達が出始めに買ってもらって、さんざん自慢したという。

これまた娘は買わないでと言ったのに。

結局おじいちゃんは、娘と孫とで共有して使うようにとくれたそうだ。

孫に説教した。

自慢するのも浅ましいが、それを羨ましがって欲しがるのも浅ましいと。

女は8歳にしてこうだ!

*

孫は先週末から夏休みに入ったが、9月の始業は13日というから呆れてしまった。

去年から毎火曜日は短縮時間(全学年12:45終業)となり、冬休みも長くなった。

今年からさらに予算カットで、年間何回かの金曜日も短縮時間、ただでも長すぎる夏休みがもっと長くなった。

いまに、年間半年しか学校がなくなるんじゃないのと娘と話した。

去年夏も入っていた子供のミュージカルサマーキャンプは(40日間)来月半ばに始まるが、孫はそれまで1日中家にいる。

日中はわたしが面倒をみるわけでして(笑)、時間が長くなるので耐久力が要る。

よってしばらくゴルフは自粛です。わはは。

Nordstrom Speech 夏のストラップワンピースを着ると冷房が入った場所では寒い。今日デパートに行って、このニットのボレロを買ってやった。

わたしもここ数年探しているのだけど良いのが見つからない。

娘「あらー私は何枚も持ってるよー。今度ターゲット行ったとき買ってあげるよ。」

「ターゲットの服なんか着ないよ、わたしは。」

娘「そんなの分かりゃしないわよ。」

(それはあんたの意見だろうと思ったけど黙っておいた)

若い人は安物でもいいけど、わたしの歳になってあんまり安い物を着ると更にみすぼらしく見えるので。

画像右、今日連れていったスピーチセンター2階待合室。

週1のスピーチセラピーも夏の間お休みすることにした。

セラピストの先生は本人が気が進まないなら、もう要らないのじゃないかと言ったそうだ。

会話ではまず誰も気がつかないレベルになったが、セラピーで英語力全般が格段に上達し、読解力、作文、ひいては他の教科の助けになるので、娘はあとしばし続けさせる意向。

先生がお手製の「卒業証書」と「表彰状」を作ってくれ、孫はご機嫌だった。

*           *           *

これアップしましたっけ?

すごく良い歌詞です。ピアノも素晴らしい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

USオープンコースセッティングについて

残念ながらペブルビーチゴルフリンクスでゴルフしたことも見たこともないが、世のゴルファー同様、画像や映像はトーナメントや素人ゴルファーの写真でたくさん見ている。

先週のUSオープンのあの見苦しいグリーン!茶色と黒と緑のだんだら模様。

カメラがクローズアップすると、汚い泥水でも撒いたようではないか。

14番グリーンなど、日を追って酷くなっているのが判る。

言わずもがな、硬く速い「USオープン仕様」グリーンにするため、水を極度に減らすからです。

*

2008年から始まったゴルフチャンネルの企画、アマチュアがUSオープン開催コースにチャレンジゴルフ。

コースセッティングも使用ティーも、USオープン時と同じ、ということになっている。(1週間前だから完全に同じにすることは不可能として)

今年の出場者は、ホッケーのウェイン・グレツキー、スーパーボール優勝ニューオリンズ・セインツのQBドゥルー・ブリーズ、俳優マーク・ウォールバーグ、それと一般アマチュアから応募して選ばれたHDCP4.9の女性。

実際プレーしたのは、6月9日(水)。

その様子を、毎年USオープン最終日のTV中継の前に放送する。

ちらっと見た。コースの美しさ、グリーンが青々していること、同じコースとは思えないほどだった。

スティンプメーター12から12.5にしてあると言っていたけど・・(??)・・グレツキーのパットを見ていて10ちょっとかなと感じた。

脱線が長くなったが、その美しいグリーンと前日土曜日までの本番USオープンのグリーンをわたしは同じTVで見ているわけです。

ほんと、嫌になった。

USオープンにするために、コースにこんな酷いことをしなくてもいいじゃないか・・。

*

オーバードゥーしたのが2004年のシネコックヒルズで、(以前も書いたが)1年後の同コースの上空からの画像をゴルフダイジェストが載せていたが、USオープン開催時、黄変していたグリーンが全面茶色になったまま。それは悲惨な眺めだった。

Shinnecockhills_2004open Shinnecockhills_7thgreen_2004open 2004年シネコックヒルズ。グーグルで結構画像が見つかった。左、グリーンが茶色っぽいのが見て取れます。

右、7番パー3のグリーン。ボールがグリーン上で止らず、パットするとグリーンからこぼれた。最終日、プレーの途中で散水するという体たらくだった。

画像だけで判断は出来ないが、検索中に同コース開催の95年(コーリー・ペイビン)、86年(レイモンド・フロイド)ではグリーンが少なくとも緑色だ。

*

速くて硬くても表面が凸凹、見た目はパブリックのオンボロコース。

こうまでグリーンを痛めるメリットがどこにあるのかと思う。

昔のUSオープンはそれほどグリーンが速くなかったそうだ。古いゴルファーの話によると、10~10.5というところだったという。

もっと昔はもっと遅かったろうと思う。PGAツアーの試合も年々グリーンが速くなっている。

難易度を上げるために、グリーンを茶変させる以外の工夫はないのだろうか。

*           *

余談。

USオープンを木曜日に見に行った人の話によると、タイガーの組はあまりにギャラリーが多く、さっぱり見えないから別な組に移動したそうだ。

彼によると、ペブルビーチは普段仕様でも非常に難しく100切ったことないそうである。

わたしの友達は違う意見だったが。(爆)

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

2010年USオープン終了

Sun_ryolove_2ndhole まず、石川遼。彼は強い運の下に生まれているのかも知れないと思った。

予選の組み合わせはUSGAが決めたとしても、トム・ワトソンと2日間、金曜日はアーニー・エルス、最終日はラブⅢ。

学ぶところがたくさんあったに違いない。

今日は心身共にエネルギーが尽きたのでしょうね。昨日の最初にうちは2,3回映っていたが、予選の間よく入っていたパットが途端に入らなくなる。

来年も出場してほしい。来年はコングレッショナルです。(去年までタイガーがホストのAT&Tナショナルを開催していたコース)

*

Sun_johnson_4th ただで済むとは思わなかったが、こう早いホールで、こう劇的に落ちていくと誰が想像したろう。

昨日中継中ダスティン・ジョンソンのスイング解析をやり、トップの位置に来たときの彼の左手の甲を指摘していた。

ゴルフスイングの基本中の基本で、どんなゴルフインストラクターもバックスイングからトップまで左手首の付け根と手の甲を折るなと言うはずだ。

ジョンソンはこれがユニークで、左手首を内側に曲げる。ダウンスイングでそれを解いてインパクトでスクエアにするから、エクストラの飛距離が出るのだとTVは説明していた。

ジョニー・ミラーだったか指摘していたが、少しでもタイミングがずれるとスクエアに戻ってこないうちにインパクトになるから球は曲がるそうだ。

わたしは、ひぉえーっ、それじゃあサンデーバック9で、変な球が出てきやしまいかと思った。

もう1つ、ブッチ・ハーマンについてまだ数ヶ月らしいが、テークバックで左肩をもっと回して、結果スイングをもっとショートにするように調整しているという。

プレッシャー下では、古い悪い癖が出るのは誰でも知っている。

これらのどれかが原因で、スライスで海に行ったり(上の画像)、ドチーピンで藪に入ったり(4番ホール)したのだろうと思う。

予選から、ジョンソンがハウスキャディー(コースキャディー)を使っていることを礼賛していたが、AT&Tプロアマという芸能人が出場出来る設定の試合と、最も過酷な全米オープンじゃあ話が違うと感じていた。

往年のゴルファーならハウスキャディーにヤーデージとグリーンを聞くだけでメジャーをプレー出来るだろうが(J・ニクラウスとかベン・ホーガンの世代)、今の若いプレーヤーはどうだろうか・・・。

彼は普段からプレーも速いそうだが、ミスにミスが続いた時、時間をおかずに次々とショットを打っていた。TVが言っていたが、キャディーがスローダウンさせないといけない場面だったろうが、ハウスキャディーは言えないのじゃないか・・・。

何度も煮え湯を飲んで賢くなるというセオリーから言えば、彼のコヤシになるだろう。

*

ミケルソンは煮え湯を飲み続けて、まだ勝てない。(笑)

彼は「2位じゃなくて良かったよ」と言って、記者達が大笑いしていた。

USオープンで5回も2位になっているのがミケルソンの記録だからだ。

今日はショットが悪くて、見るたびにラフやバンカーから打っていたから、まあしょうがない。

アーニーは、自分にもかなりのチャンスがあったのに自ら吹き飛ばしたからよほど落胆したのだろう。

ホールアウト後インタビューに応じずに帰ったそうだ。

午後3時6分時点。

マクドーウェルとエルスが3アンダーで首位タイ。次が仏人ハーブレとジョンソンの1アンダー。タイガー、1オーバー。

10番ホールでティーショットを海に入れ、Wボギーにしたのが運の分かれ目だったのかも知れないが、わたしが何よりがっかりしたのは15番でバンカーから2フィートのバーディチャンスにつけたのに、ファーストパットの2倍ぐらい打ってしまったとき。

あれをチョークを言わず、何と言おうか。

それから最終ホールの右手前バンカーから素晴らしいショットで4、5フィートにつけたが、これも外した。

ジョニー・ミラーが「オー、アーニー!こういうパットは入れなくちゃ。」と慨嘆。

この時点で、マクドーウェルは1アンダー。上がり2,3ホールで何があるか分からない。

Sun_elsphil アーニーはバーディパットを決められず、パー。ミケルソンと共に今日73、トータル2オーバーで40歳のUSオープンは終了した。

*

タイガー。

これまた勝てるチャンスがあったのに、逃したからだろう。記者会見では眉間に皺を寄せ自分に腹を立てている様子だった。

わたしは今週タイガーのスイングが劇的に良くなっていて驚いたが、昨日も今日も出足でボギーが先行するのは、勝ちたい「焦燥感」が強すぎるからだと思う。

Sun_tiger_1stgreen_3putts 3パットボギースタートって、そりゃへタレでもむっとする。

目にしっくり来ないホールなのだろうか、昨日に続いて3番パー4で3Wのティーショットがチーピンフック。

Sun_tiger_3rdhole_left Sun_tiger_3rdgreen_parsave (直角近くに曲がってません?かなりのヘッドスピードが無いと、あそこまで曲がらないんだろうな)

このへスキューから出す時、ウオーーーッ!と猛獣のような声を出していました。TVが再生していたから可笑しい。そこから右ラフに打ち、チップしてパーセーブパットを入れた(画像右)。

Sun_tiger_4thhole Sun_tiger_8thfairway Sun_tiger_18th_2ndshot あとはもうあっちゃこっちゃトラブルに入れてはリカバリーショットも悪いという、難行苦行のゴルフを見せられて、ホールアウトする頃には全身の血が下がった気がした。

Sun_tiger_18th_walking Sun_tiger_18thgreen 本一プレーは難関14番。今日はティーを前にして550Y。フェアウェイから残り242Y、3Wでフロントバンカーに入れた。今日は奥ピンで、バンカーからピンへ30cmにつける。

4日間のうち、みな一度はグリーンからこぼれて苦戦しているが、タイガーは2回バーディ、2回パー。

最難関ホールで2アンダーにしているのがタイガーのゴルフ力だろう。

大雑把に言って、予選2日間はショットは良いがパットが入らず、土曜日はやっと両方がかみ合い、最終日はドライバー以外ショットもパットも良いとこ無し・・と。(笑)

来月頭はAT&Tナショナル。2週間後には全英オープン。セント・アンドリュースは自分の庭みたいなものだから、ま、勝てるでしょう。(笑)

*

Sun_mcdowellkencomboy Sun_mcdowell 終わってみて考えてみると、昨日までの3日間もっとも安定したゴルフをしていたのがグレーム・マクドーウェルだった。

71・68・71とオーバーパーを叩いてない。

彼は2週間前ヨーロッパツァーのウェールズオープンに優勝して乗り込んできたわけですが、ここ2、3年良く出てきます。

アメリカではフロリダ州オーランドのレイクノナに住まいがある。タビストック・カップ(2つのコース交代で開催のマッチプレーイベント)ではエルスやグーセンと共にレイクノナチームの一員として、タイガーやマーク・オメラのアイルワースチームと対戦。

彼はヨーロッパツァーで5勝。米PGAでは未勝利だが、メジャー優勝者の資質を持ったプレーヤーでしょう。

ヨーロッパツァーからUSオープン覇者が出たのはトニー・ジャックリン以来40年ぶりと、元ヨーロッパツアー委員長のケン・スコーフィールドがゴルフチャンネルで涙声になって話していた。

アイルランドは強いですね。

近年ハーリントンがメジャー3勝。これでマクドーウェル。マックロイもそのうち勝つでしょう。

*

イギリスは言うに及ばず、マーチン・カイマーなどヨーロッパには良いプレーヤーがたくさんいる。

Sun_havret_4thhole Sun_havret_15th Sun_havret_ceremony WGCやメジャー以外アメリカに出てこない人が多いので、なかなか知る機会がないだけだ。

タイガーと同組だったフランス人のグレゴリー・ハーブレも、良いスイング、良いプレーで驚いた。世界ランキング395位だったそうだ。

ヨーロッパでのクオリファイに勝って出場した。ヨーロッパツァーで2勝していますが、これからも度々見ることになるでしょう。

というわけで、疲れるTV観戦だったが、メジャーが2つ終わっていよいよ夏に突入です。

Sun_trophy USオープンリーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

USオープン Moving Day

USオープンのカットラインを決める、首位から10打以内はあんがい理にかなった、また夢もある基準じゃないかと昨日思った。

厳しいコース設定、156人もの出場者が朝から夜までプレーする間には、天候の変化による「運」「不運」も出てくる。

36ホールあれば、10打差からトップに出てくる可能性がある。少なくとも理論上は可能なわけだ。

わたしはタイガーのことを考えてそう思ったわけではないが、2ラウンド目が終わって彼が、“I'm right there.”とメディアに言ったとき、これはタイガーのネバーギブアップのメンタリティーからというより、現実的計算から言っているのかも知れないと感じた。

(I'm right there.とは、至近距離、狙える位置にいる意)

ジョニー・ミラーもカーティス・ストレンジも優勝はオーバーパーと言っていた(金曜日の時点では)。

とすると、まずは3日目、4オーバーをイーブンパーか、イーブンパーに近い数字に戻すことだ。

話はそこから。

と思って、ネットで早いスタートの組をチェックすると、ケニー・ペリーが最初の8ホールで4アンダー、ラブⅢが6ホールで4アンダー。スネディカーが8ホールで3アンダー。彼らはカットラインの+7でぎりぎり予選通過した組だ。

Moving Day!

*

30分後。

ラブⅢはフロント9を30。スネディカーが32。

トム・ワトソンでさえ33だ。(「さえ」とは失礼な表現だが、何たって60歳だ)

フロント9で可能な限りたくさんバーディをとり、バック9でボギーを少なくすれば・・・とへタレメリーの獲らぬ狸の皮算用@タイガーが始まる。

ゲストに招かれていたノータ・べゲイが言う。(金曜日の夜もタイガーと話したという。察するに毎晩ディナーを一緒にしているのかも知れない。ほんとの意味での友達は彼だろう。)

「タイガーが、『(優勝に)現実的チャンスがある』と言っていて嬉しかった。彼は9ホールごとに考えるつもりだ。」

*

1:40pm

期待を背負ってタイガーがティーオフ。(笑)

1番アイアンでのティーショットはスイングも結果も良い。パー。

2番3Wのティーショットは左ラフ、セカンドも左ラフ。チップは大きすぎる。プレッシャーか。ボギー。+5

3番、予想外にティーが20Y前にあったのでドライバーでティーショット。

スイングが素晴らしい!去年でもあんな良いドライバースイングはしてなかった。

ジョニー・ミラーがハイスピードのスイング解析を見て、パーフェクト、パーフェクト!

チップがピンを越えてランド、奥ラフへ。

試合勘がない証しだろうと、メリーの分析。(笑)

ボギー。+6

こんなしょーもないゴルフを何時間も見てられない。どうせ録画しているから、どっか行こうかと思った。

*

4番短いパー4でやっとバーディ。+5

5番181Y、ピンフロント。グリーンにオンして、短くホップしてピンハイ左に止まる。バーディ。+4(←これで振り出しに戻すpout

タイガーーーーーーーッ!ウォーーーーーーーッ!

というギャラリーの声援。

6番523Y。3Wのスイングは素晴らしい。

ハイスピードでスイング解析のジョニー・ミラー。「ミケルソンは(タイガーのことを)心配し始めたほうがいいな。」(この人はおもしろいから好きだ)

何度も再生されるが、この6番は2000年のUSオープン土曜日、右ラフから見上げるような上り220Yから7番アイアンでピン右下エッジへ打ったホール。

(今大会はラフを刈って、フェアウェイを海寄りにしたので、同じラフは存在しない)

今日はフェアウェイからアイアンでピンハイ右。イーグルパットは惜しくも入らず。バーディ。+3

わたしは思った。

タイガーの長いショットのスイングは復活した。

ドライバー、3W、アイアン。

もし今日優勝を狙える位置につけるスコアに出来なくても、今週勝てなくても、このタイガーを見てわたしは満足だと思った。

タイガーにとって、ショートゲームやパットを調整するのは簡単だ。

このスイングがあれば、どこでもまた勝てる。

(あー、ハンク・ヘイニーが辞めて良かったよ!)

(あの変てこりんな、ジーさんみたいな低いテークバックはタイガーにはまだ早い)

ま、へタレが言うことですから気にしないで下さい。

*         *         *

ミケルソン達がスタートしてから、タイガーの映る頻度が減って、全てのショットやパットを写さなくなってむっとした。

ここで娘から電話が入り、急用が出来て子供を連れていけないから孫を預かってくれと言う。

連日長時間のTV中継を見て、食べ物も飲み物もなかったので(汗;)、孫が来てからいろいろと買い物へ。

帰宅すると2本目のテープが録画されてなくて、11番から15番ホールは見ていない。

*

Sat_16th_birdie Sat_tiger_17thgreen 16番、長いことラインを読んでいたタイガー。バーディパットを入れて、全身に力がみなぎるフィストパンプだった。+1

J・ミラー「初めてのフィストパンプだ。」

17番202Y(昨日は222Yだったと思う)、タイガーのボールはフロントから転がり上り、ピンハイ右エッジ。

10フィート(3m)かそこらだが、J・ミラーは6,7フィート(2m)曲がるラインだという。

これ入れて、天を指差すタイガー。イーブンパーに戻す。

ワアーーーーーーーッ!

ギャアーーーーーーッ!という、女性の叫ぶような歓声。

*

18番、タイガーはティーショットをフェアウェイ右寄り。木がプレーにかかる。

3Wを持ち出したタイガーを見て、アナウンサーやジョニー・ミラーは「アグレッシブなプレーだな」

(下はアメリカでの中継NBCとは解説者が違うので、ネットライブ中継と思われます)

スティーブはヤーデージ260Yと言ったという。

打ったあと、Come on! Come on!

中腰になって行方を見るタイガー。

ピン上に止って、YES!

ビンテージタイガー。

伝家の宝刀、3Wフェード。

あー、世界中のファンがこの瞬間を待っていたろう。

長かった、長い、長い、7ヶ月だった。

もう誰がスコア幾つでも、どうでもよくなった。

タイガーが視界から消え、

TVブースのコメンテーター達の声が落ち、

コースは静かになった。

これがタイガーだ。

彼がホールアウトして、2時間10分後。

ダスティン・ジョンソンがグリーンに上ってきたとき、背後のギャラリースタンドはかなり人が減っているのに気がついた。

スタンド下の通路は人々が出口に向かっている。

ということで、あと1日。

USオープンリーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

2010年USオープン予選終了

今日も9時間の中継を見ていたが、夕刻ちょっとうたた寝してしまった。

「運命の分かれ目」ホール、14番パー5のグリーン。

下の画像は、普段のペブルビーチ14番グリーン、奥から撮ったもの。

今日プレーヤー達がWボギー、トリプルボギー、クオードプルボギーにした原因をカラーペンで。

Pebblebeach_14thgreen_color クリックすると大きくなります。画面右のラフをグリーンの傾斜下まで刈り込んでいる。画面手前も同様。ツンツルリンの小僧の頭。

昨日と今日のピンはほとんど同じ場所で、大体こんな感じ。

不幸のパターン。smile

1.黄色ライン

ピンに打って右下に転がり落ちる。

ピンを通り越して転がることを恐れ、チップでショートする。また同じところに転がり戻る。(リッキー・バーンズ「7」)

2.ブルーライン

ピンへ打って、奥まで転がる。

傾斜途中で止まっていればパターを使える。スピードが足りないと、カップまでの半ばで右に軌道を変え右下に転がり落ちる。(YE・ヤン)

3.ピンクライン

グリーン前、バンカー下の花道からチップして、同じところに戻ってくる。(今日のポール・ケイシー「8」)

パターンを忘れたが、今日のKJ・チョイ「7」

Fri_14th_poulter 可哀相なイアン・ポールターの解析。

3打目左ラフから残り78Y、ピンへ打ち右下(フェアウェイから見ると左)へ転がり落ちる。

4打目、チップは同じラフへ転がり戻る。

5打目、チップショットはグリーンにランド、グリーンフロント花道まで転がる。

6打目、ピンハイ右にオン。2パットで「8」

*

つまり、実際ボールをランドしてどこにも転がり落ちない部分というのは、極めて小さい範囲ということです。

Fri_tiger_14thteeshot Fri_14thfw_leetiger Fri_tiger_14th3rdshot 遼くんは昨日バーディ、タイガーは今日ウェッジで(画面の)ピン左8フィートに打ってバーディにしていて嬉しい。wink

*

Fri_ryo_8thhole Fri_ryo_9th2ndshot 日本ではTV朝日が中継しているそうですが、アメリカの中継では絶賛の嵐。

以下有名プロの言葉。(笑)

「あのスイングを見ろ、パーフェクトだ!」(カーティス・ストレンジ)

「ゴージャスなスイングだ。彼は全てが揃っているな。」(ジョニー・ミラー)

「日本人で初メジャーを獲るのは彼だろう。」(トム・ワトソン&ゲーリー・プレーヤー)

わたしが彼を見て感服するのは、メンタルミステークを犯さないことだ。初めてのペブルビーチ、初めてのUSオープン出場。

コースマネージメント、トラブルからのリカバリーと、選択ミスをしませんね。

これは日本で7勝している経験に負うのだろうと思う。

それと、スイング、パットと自分のベストの状態に調整してメジャーに来ているというのも凄いなと思う。

明日からは、まったく違う36ホールになる。思い切って戦って欲しい。

*

ビッグアーニーというのは善人で人に関してネガティブなことを言わないが、タイガーのゴルフを「パットが全然入ってないからね。(彼のゴルフは)ほとんど戻っているよ。ショートゲームもシャープだし。優勝争いに入ってくると思うよ。」

もう少しのところまで来ていると思うが(笑)、ともかくパットが入らないと話にならない。

木曜日は、パーセーブの4,5フィートはよく入れたが、一番長いパットで5フィートぐらいだったろう。

今日も入れたバーディパットは14番の8フィート、7番はそれより短かったろう。

Fri_tigerchipin_11th Fri_tiger_11thchipinbirdie もう1箇所のバーディは花道からチップイン。11番パー4。

Fri_tiger_3rdhole_unplayble 3番パー4では3Wを左に曲げて丈の高いへスキューに入り、ついにアンプレーアブルを宣言するという大ミスが出たが、スイングはコメンテーター達がけなし回るほど悪いと思わない。

全てがかみ合ったというホールがほとんどない。ティーショットを絶好の位置とアングルに打って、アプローチが大きすぎる、etc., etc.

パッティングストロークが悪いのは明瞭。

*

遅くホールアウトした、前USオープン優勝者組の18番グリーン。

まずジム・フューリックがピンハイ右からの長いバーディパットを入れ、+5。

似たライン、少し近いラティーフ・グーセンもバーディパットを入れて、+7。予選落ちを免れる。表情を変えないグーセンも嬉しそうだった。

アンジェル・カブレラはグリーン奥から、4mぐらいだったか、彼も入れて+5。

さすが全米覇者たちだ。

昨日ほどではなかったが、やはり夕刻とて表面はバンピーになっていた。彼らのパットを見ていると、しっかり打っているというか軌道がずれない。

*

ミケルソンは彼らしいバーディチャージで、最初の8ホールで5バーディ。

昨日はパットが入らず、パッティングコーチのデーブ・ストックトンに電話したという。

左肩が下がりすぎていることを指摘され、ルーティーンで左手だけで(あれ、右手だけだっけ?coldsweats02)ストロークしてからパットするようアドバイスされたという。

ボール位置も直したそうだが、今日は入りまくり。デーブ・ペルツは首にしたのかしらん。良かった良かった。(わたしは彼が好きじゃない。彼の理論は素人へタレは感心するかも知れないが、ロープの中で生きてきたプロ達に何言ってんだと思う。彼のドリルの幾つかは良いと感じる、40パットが32パットになること請け合い・・爆)

USオープンリーダーボード

残り36ホール。久方ぶりに興奮のUSオープンになるかも。

2004年シネコックヒルズ(グーセン)

2006年ウィングドフット(オギルビー)

2007年オークモント(カブレラ)

↑のUSオープンはおもしろかった~。

Fri_7thgreen 可哀相なグリーン。これは今日の7番。18番もかなり茶色になっている。硬く速くするため。シネコックヒルズは1年経ってもグリーンは茶色だった。

<加筆>

第3ラウンド

石川遼とアーニー・エルスが同組。最終組から2番目。

現地3:40pm(遅っ)

タイガーはVJ・シンと。1:40pm。久しぶりの同組では・・?

 

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

2010年USオープン初日

USオープンの話の前に、NBAチャンピョンシップファイナルのことを少し書きたいので、差しさわりがある方は読まないで下さい。smile

Thu_ryo_13thteeshot Thu_ryowatson_16thtee Thu_ryo_6thhole_bk Thu_ryo_6thhole_bk2

Thu_yang_17th Thu_phil_18thgreen Thu_mcilroy_18thgreen Thu_swafford_8th by Getty Images

NBAファイナルシリーズは7試合で先に4試合勝ったほうが今季のチャンピョンになります。(そんなことは誰でも知っていると思うが・・smile

最初の2試合をLAで。レイカーズ2連勝。

次の3試合は敵地のボストンで開催。レイカーズ、3連敗。shock

ボストンでの最初の試合に負けて以来、わたしはTVを見る根性がなくて、いつもネットで途中経過の得点をチェックするのみ。

そうして、土壇場に追い込まれたレイカーズ、ロスアンゼルスに戻り、6試合目を勝った。シリーズ3対3のタイ。

最終試合が今日だったわけです。

またしても見る根性がなく、夜7時にゴルフ中継が終わって近所の食料店へ。

帰宅して鍵を開ける間に電話が鳴っている。

孫「おばあちゃん、レイカーズが勝ったよ!」(笑)

しばし話をして、電話を切る。

また電話。

今度は娘婿だった。

婿「How are you? レイカーズが勝ちましたね」(爆)

メリー「全然見てないわよ。見る根性がなくて、近くの店に行ってたの。」

婿「ギャハハハハ。僕とおんなじだ。」

*

昨日ゴルフチャンネルにゲストで出ていたノータ・べゲイが、「昨夜(火曜日のこと)、タイガーと夕食を食べてレイカーズの試合を見た。それから色々話した。」と語ってた。

彼の口調から、大レイカーズファンのタイガーがレイカーズの土壇場からタイに持ち込んだ試合を見て、意気揚がるものがあったのだろうと感じた。

人間なんて、存外単純なものだ。

わたしがタイガーが勝つと、何事もばら色でポジティブになるのと同じ。

ま、レイカーズが優勝しても、数ヶ月は機嫌が良いのだけど。bleah

*           *           *

さて、USオープン。

最初に画像を出したけれども、遼くんは素晴らしかったですね。

最初、少し映って、中間は彼の組ではワトソンばかり写すのでむっとした。

ペブルビーチでの偉大なチャンピョンだったかも知れないが、+3、+4ペースのゴルフをしているのに。

遼くんは、伸び伸びしたスイングで、リズムも良かった。またパットが上手い!大したもんだ。

コメンテーターやレポーターも褒めちぎる。

ボギーにしては次のホールでバーディを取る。あの冷静さと、冷徹さ。他のプレーヤーのプレーやパットを観察している時の彼を見ると、冷徹さも備えていると思う。楽しみな子ですね。(子と言っちゃいかんが・・)

*

アメリカでは予選は9時間の中継で、9時間の全部を見た。

まずタイガー。

予想を裏切られた。

良い意味で外れたのはティーショット。

ミスショットというミスは無かったろう。ドライバー(3箇所か)、3W、アイアンでのティーショットは、リズム、スイング、結果と良かった。

メモリアルトーナメントから、どれほど必死に調整したか。

悪い意味で外れたのはパット。

フロント9は、グリーンパーオン率100%。19パット。

へタレじゃあるまいし。

1番から8番までパーオンして全て2パット。

Thu_tiger_9thhole_3puttbogie 9番は3パットにしてボギーだ。

最初の3ホールを見て嫌な感じではあったが。いつものタイガーなら、3つのバーディチャンスのうち1つは入れたろう。

上からのパットは高速で、しっかり打てない分ぴよぴよと揺れ転がるからほぼノーチャンス。

バック9は逆のパターン。

10番はパーオン2パット。

11番パーオンを逃し、ワンパットパー。

12番220Y、左バンカー、ワンパットパー。

Thu_13th_leftfairwaybk 13番445Y、左フェアウェイバンカーからグリーン前、チップしてワンパットパー。

Thu_14th_2ndshot 14番580Y。最も難しいウェッジショットを強いられるパー5と言われる。ドライバーのティーショットはFW。パーフェクト!レイアップのアイアンショットは音が良かった~。3打目はグリーン奥まで転がる。パターで寄せてワンパットパー。

15番397Y。ピンはフロント。ここはバック9では一番バーディを取り易いホールだろうと期待したが、アプローチがグリーンへショート。

むっか~~~~~っ。

パター使って寄せてパー。

16番ティーではどの組もかなり待ったようだ。セカンドはグリーンにオンするもファーストパットが大ショート。3パットのボギー!

2つ目の3パット。

Thu_17thgreen 17番222Y、最も難しいパー3。フェードでピン右下のバーディチャンスに打つのがタイガーらしい。

このパットもローサイドに曲がって外す。(カップぐらい触ってほしいweep

Thu_18th_layupshot Thu_18th_fairwaybk 18番543Y,上空には霧が出てきて空気が重い。3打目狙いゆえ、アイアンでティーショット。

フェアウェイ良い位置からのレイアップショットを左フェアウェイバンカーへ入れる。いい加減心臓に悪い。

3打目98Yから、キャリーで奥エッジ。ワンバウンスしてラフにもぐる。のろわれてるのか?(笑)

Thu_18thgreen_4thshot_chip ひどいライだったそうで、チップは大ショート。下りスライスラインはカップ右をなめ通り越す。トドメのボギー。

ノーバーディ、3ボギーの74(+3)

最後のホールでレイアップショットをバンカーに入れたのは大ミスだが、トータルではグリーンが跳ねるコンディションからすると悪いプレーではなかった・・・パットが入らなかったことを除き。

多少のショットの悪さは、タイガーのパットの上手さで拾うだろうと予測していたので、意外な展開だった。

推測するに、これだけ長いショットを調整してきたのだから、おそらくショートゲームの練習が犠牲になったのだろう。

明日は朝8:06スタートなので、グリーンもスムーズだろう。

正午から2時間中継したNBCのジョニー・ミラーが、マイク・ウェアー(70)、KJ・チョイ(70)、ティム・クラーク(72)がホールアウトした時、「このペースならオーバーパーで優勝するな」と言っていた。

また中継終了後、ESPNの解説カーティス・ストレンジも、「優勝スコアはオーバーパーになる」と断言。

ほとんど誰もが圏内と言える。

*

全部見たのに(根性だった)、誰が印象的だったというのがないのは、USオープン予選は比較的広く出場者を写すからか・・。

Thu_18th_weirtshot Thu_18thgeen_choi ポール・ケイシー(69)、KJ・チョイ、マイク・ウィアーがとりわけパットが良かったと感じた。

Thu_micheel_16thtee 午後スタート組では、ショーン・マイキール(69)も好プレー。22パット。14番でアプローチショットがカップインイーグルしたブランドン・デ・ジョーングも69。

flagリーダーボード

明日は今日より気温が低い予報。午後から風が出るが、今日と同じ程度のもよう。

今、NBAファイナルの再放送をしている。結末がわかっているので、楽しく見られる。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

明日からUSオープン

ニュース。

2019年USオープンは、ペブルビーチで開催と発表された。

この歳になるとあんまり先のことを言うのは何だけれども、まあ黒い目で見られるでしょう。smile

誰かがタイガーは43歳になるが、それが最後のメジャー出場になるだろうか・・とネットに書いていた。

タイガーが肉体を鍛えて細身の若者からマッスル男になったのは、ニクラウスの記録を破るには頑健な肉体で長くツァーでプレーする事が必須と考えたからだ。

記録を越すまでやめはしまいが、40代半ばまでに達成しなければかなり難しかろうと思います。

*

今日もゴルフチャンネルの「ペブルビーチからライブ」という特番を見、Yahooやスポーツサイトで情報を探る。

マスターズに続き、ゴルフチャンネルはゲストコメンテーターとしてPGAのノータ・べゲイを呼んでいる。

彼は今PGAカードは持ってないと思うが(度々の故障、多くは腰だと思う)、いまだ現役なことと、非常に頭が良いのでコメンテーターとして「役に立つこと」「視聴者には新鮮なこと」を話してくれる。

またタイガーのかなり親しい友人でもあるので、タイガー情報も信頼出来る。

Practice_wed_drivingrange_tigerstev Practice_wed_drivingrange_tigernota Practice_wed_drivingrange_tiger_wed by Getty Images

真ん中の画像でサングラスがノータ・べゲイ。YahooSports欄には、「誰か不明な男性と談笑しているタイガー」と書いてあった。メジャーに来るフォトグラファーの知識はこの程度なのだ。

べゲイはスタンフォード大学ゴルフ部のタイガーの先輩。大学時代というのは、後輩はバッグ持ちからやらせるそうです。

今日ではなかったが、練習場でジェイソン・ゴアと談笑している姿が映っていて、やはり同じような破顔一笑の表情。ゴアは南カリフォルニアでジュニア競技ゴルフからの友達。ゴアはバレンシアCC出身だから、タイガーより恵まれた家庭だったのかも。

*

Practice_wed_17thpar3 Practice_wed_14tee Practice_wed_18thtee Practice_wed_18thgreen_2 タイガーは昨日の練習ラウンドでバック9に入ってコースが混んできたので、ショートカットして13番フェアウェイを見てやめたそうだ。

今朝一番にバック9を回った。画像左から2番目、最も難関と言われている14番パー5、左から3番目、18番パー5。いずれもドライバーでティーショットを打っています。

どうもショットは不安定らしい。

*

Practice_wed_puttinggreen_tigermcil Practice_wed_puttinggreen_tigermc_2 Practice_wed_puttinggreen_tigermc_3 Practice_wed_puttinggreen_tigermc_4 練習グリーンでのタイガーとローリー・マックロイ。二人とも楽しそうですね。

マックロイはインタビュアーにトム・ワトソンと同組をどう思うかと聞かれ、「ペブルビーチで優勝しているワトソンとプレー出来るのは勉強になる」とお利口さんな答え方をしていたが、本心はタイガーと回りたいに違いないと思った。smile

彼がタイガーをヒーロー視してゴルフをしてきた世代でしょ。記録として、数字として知っている旧世代ゴルファーより、物心ついた頃からスーパーマンタイガーを見てきたのだからインパクトが違って当たり前だ。

*

Practice_wed_mcilroy_girlfriend1 Practice_wed_mcilroy_girlfriend2 ついでながらwink、練習ラウンドについてきていたマックロイのガールフレンド。以前18歳といっていたが、もう20歳ぐらいでしょうか・・?

*

Practice_wed_westwoodandrewchubbych Practice_wed_ryo_6thfairway Practice_wed_ryo Practice_wed_rossfisher 左、マネージャーのチャビー・シャンドラーとリー・ウェストウッド。彼は記者会見でも練習ラウンドのコースでも自信に溢れている印象。

左から2番目は6番フェアウェイでショットを打つ石川遼。遼くんのこういうウェアは好きなんですけどね、フラッシーかも知れないが18歳だからこのぐらい着てもいい。日本の試合でのウェアのほうが変なときが多い気がする。

右、ロス・フィッシャー。去年赤ちゃんが生まれてちょっとペースダウンしてきたが、この人も将来メジャーに勝てるのじゃないかと思っています。

ということで、明日はもうすぐ。朝スタート組も良いグループがたくさんなので、1日中見なくちゃ。

*           *            *

Steriogram- Walkie Talkie Man

ビデオは関係ありませんが、埋め込み出来るビデオがなかったので。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

USオープン間近

日本は西のほうも本州も梅雨入りしたそうですが、毎日雨もたまらないけど合間の晴れの日はもっとたまりませんね。

横浜の天気をみたら29度で湿度81%。shock

ひぉえ~~~~っ。

今まで最も暑かったゴルフは日本の梅雨が明けた直後。アドレスすると汗がポタッポタッとボールに落ちてきて。汗が入ってコンタクトレンズの目はうるうるなるし。ほんと困難だった。

もう1つ暑かったのはゴールデンウィークのパームスプリングス。アメリカはもちろんGWは無いんだけど、日本から客人が来てゴルフ三昧したいというので行きました。

5月上旬というのはパームスプリングスでは体温の気温になる。あっという間に腕が塩ふいて、首の後ろを氷を包んだハンカチで冷やし。(そーまでしてゴルフせんでもと今にして思うが)

わたしも昔は若かったのです。アハハ

*          *

今日からゴルフチャンネルはUSオープン特集で、記者会見やら練習ラウンドの様子やら、しょーもない現地レポーターのしょーもないインタビューもあるがついつい1日見ていた。

2000年のペブルビーチからかなり変えたようでコースビューを見てみたが、各ホールを覚えているほど記憶がないもののタフになった印象を受ける。

USオープンサイトのmovieコースビュー(空中映像、地面からの映像とあります。各ホールごと、上のバーで次のホールをクリックする)

*

ゴルフチャンネルのコメンテーターもUSオープンの優勝者予想は一番難しいと言っていたが、去年のルーカス・グローバーだって誰も予想していなかったろう。

強いて暇つぶしで考えてみた。

なお天気予報は4日間雨なし。曇りか一部曇り。気温は最低が10℃ちょっと、日中は16,7℃。

プレーヤーやレポーターの話によると、すでにコースは乾いてどんどん速くなっているそう。ミケルソンなど、水をまかないと週末のグリーンはシネコックヒルの二の舞になるだろうと言っていた。

Practice_mon_7thgreen Practice_mon_9thfairway Practice_mon_17thgreen Practice_mon_18thtee by Getty Images

画像は7番グリーン、9番フェアウェイ、17番グリーン、18番ティー。

ビッグガンでは、ミケルソンは常に開けてみるまで分かりませんの人ですが、やはり優勝候補筆頭でしょう。USオープン5回も2位になっていたら、もう勝ち方は分かっているはず。(笑)

今日練習場の映像がちょっと映ったが、アーニー・エルスのスイング!今季早い時期に2勝したあと、ちょっとしょぼった感じがあるが、あのスイングで勝てないというのは何かウソだと思う・・・ぐらい良いスイングをしていた。

その隣の隣で打っていたグーセンも良い感じでした。彼は近年パットがちょっと良くなっては落ちの繰り返しのような気がする。

*

Practice_tue_fyurik 優勝候補に誰も何も言わないが、フューリックもフェアウェイキープ率が良い人だから、パットが入れば・・(とそればっかりだが、彼も悪い週はとことん入らない。今季は少し良くなっていると思う)

*

Practice_tue_14th580y_westwood Practice_tue_4th_applebychoi リー・ウェストウッド。これだけメジャーで上位に来ていればそのうち勝つでしょう。

メジャー優勝未経験グループでは、ティム・クラークやKJ・チョイも優勝候補にあげていいと思う。スティーブ・ストリッカーもゴルフゲームから言ったら、USオープンが一番合うと思う。

Practice_tue_dustinjohnson 昨日だったか練習ラウンドを一緒にしたタイガーが、馬鹿みたいに飛ぶと評していたジェーソン・ダフナー。20代組で推すなら、彼とリッキー・バーンズ。

*

Practice_tue_5thgreen Practice_tue_press33minutes タイガーはどうしたって?

彼はだんだん良くなっているとは思うが、練習場で打ったあとまだ顔をしかめたりしているから(納得いくショットが打ててない様子)、まだちょっと間に合わないかもなぁと感じる。

(正直な予想はセント・アンドリュースには間に合うんじゃないかと・・)

今日の33分間もの記者会見で(長っ)、プライベートライフのほうは解決したかと訊かれ、にべもなく、“That's none of your business”と答えたのでセイセイした。

None of your businessというのは実は何と訳すのが一番良いのか分からない。

丁寧に言うと、「あなたの関するところではありません」というところだろう。

感覚としては、「あんたが干渉することじゃないよ」「あんたに言う筋合いは無いね」という感じでしょうか。

タイガーにではないが、いろいろなプレーヤーにインタビュアーが、「もしこのUSオープンに勝ったら、この優勝はどんな意味を持ちますか」と質問するのはアキアキする。

こんな馬鹿な質問があろうか。

何で、「優勝の公算は?」とか「優勝スコアの予想は?」とか訊かないんだろ。

日本は独自の中継をすると思いますが、アメリカのTV中継スケジュール。

時刻は太平洋岸タイム。

木・金:10~12pmESPN、12~2pmNBC、2~7pmESPN

土曜日:1:30~8pmNBC

日曜日:12~6pmNBC

ぎゃおーーーっ、全部見るのは大変です。

*        *        *

Poison、懐かしくないですか?

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

致命的コースマネージメントのミス/セントジュード・クラシック結末

午後半ば帰宅してTVをつけた。セントジュード・クラシック最終日、最終組のロバート・ガリガスが18番パー4、池前のラフから打つ一瞬前だった。

画面には13アンダー、リーダーとある。

池の右側フェアウェイに打つべきところ、池の反対岸ツリーラインへ一直線。

コースレポーター、解説者、アナウンサーが口々に言う。

・・ナニ?50ヤードしか行かなかった?

・・池には落ちなかったから、木に当たって左ラフだろう。

・・3打差でリード。ダブルボギーで勝てるんだ。

・・バーディでも取りにいったんだろ。

・・サンドウェッジで池越えたフェアウェイに出すべきだった。5番アイアンで、木がプレーにかかるラインに打つんじゃなくてね。

その前のプレーはまったく見てないわたしも、ようやく合点がいった。

ガリガスはティーショットをフェアウェイ左側の池に入れた。わたしが見たのは3打目だったのだ。

その左ラフから池越えでフェアウェイに出すだけ。そこからグリーンへ5オンする。

Stjudeclassic_18th_tripplebogyputt_Wボギーで優勝のファーストパットはカップ上を通り越し、返しのパットを入れたガリガス。トリプルボギーの10アンダー。

これで彼のチャンスはほとんどなくなった。

同組のロバート・カールセンと、既にホールアウトしていたリー・ウェストウッドと、3者サドンデスプレーオフとなる。

優勝経験が多いウェストウは、圧倒的に有利だろう。

<プレーオフ1ホール目>

18番453Y。

ウェストウッド、フェアウェイウッドでフェアウェイへ。

ガリガス、3Wだったと言うが飛びすぎたうえフェアウェイから右ラフを転がり、右の木の根元付近。(348Y)

ここで思い出したが、彼はものすごいロングヒッター。去年はドライビングディスタンスでPGAツァー1位。

今季も出場のトーナメントでいつも飛距離が一番。(今年はシード権を持ってないと思われ、PGAのスタティスティックには名前が出てこない)今週フィールド1位。326ヤード。

カールソンはフェアウェイウッドかハイブリッドで打ったのか、フェアウェイでもかなり後ろ。

彼とウェストウッドはグリーンに2オン。

Stjudeclassic_playoffeliminated18th ガリガスはピンハイ右12フィートぐらいにつけるが、パーパットはカップハイサイドのエッジを通り越して入らず。ボギーにして、プレーオフから消える。

*

残りウェストウッドとカールソンのプレーオフは、11番143Y、12番406Yと続く。

カールソンはティーショットが左カート道で跳ね左ラフ。ラフの丈が凸凹で、ボールの後ろの草が高かった(バミューダグラスだろう)。

残り154YをPW。解説のイアン・ベイカー・フィンチ「フライヤーを見越してのプレーだね」

ショットはキャリーで154Y(笑)、グリーン奥まで転がる。

ウェストウッドは115Yからピン左上、かなり遠いところへ。

二人とも3パットでボギー。

プレーオフ4番目は18ホール(453Y)に戻る。

ウェストウッド、3Wかフェアウェイへ。

カールソン、もっと短いフェアウェウッドかハイブリッドか、フェアウェイ。

カールソン、176Yから9番アイアンcoldsweats02→グリーンフロント部分にオン。

ウェストウッド、156YからPWcoldsweats01(Are they crazy?)→ピンハイ右6,7フィートへ。

Finally!

カールソンは今日全くパットが入ってなかったそうだが、バーディパットをちょっとショートしてタップインパー。

ウェストウッド、ようやくカップセンターから入れて優勝!

Stjudeclassic_sun_westwood Stjudeclassic_sun_trophy 今日重大な誤情報を書いたことに気がついた。

リー・ウェストウッドはこれが米PGA2勝目。初優勝は98年。

(『USオープン組み合わせ発表』の記事で、米での優勝はないと書いてしまった。訂正しておきます)

98年の初勝利は名前は違うが現在のズーリック・クラシック・ニューオリンズ。今年ジェイソン・ボーンが優勝。

これでインターナショナルを入れ32勝目。98年から2000年は優勝が多い!この頃ですね、ヨーロッパのタイガーと言われたのは。

96年から住友VISA太平洋マスターズに3年連続で勝っているのですね!?

セントジュード・クラシック flagリーダーボード

南部は気候が厳しい。テネシー州メンフィス(誰もが知っているエルビスの故郷)ですが、今週は連日32、3度以上、中でも今日は一番暑くて35.5度。

それに湿度だからたまらない不快指数でしょう。

代わりにエクスキュースを探すものではないが、ガリガスの初心者のようなコースマネージメントのミスは、連日の長時間プレーに最終日の緊張で頭がぼーっとしていたのかも知れません。

それとともに、優勝争いを回数を重ねることがいかに大きいかが分かる。

*           *

やっと画像が出てきました。

Pebblebeach_practice_sun1 Pebblebeach_practice_sun2 Pebblebeach_practice_sun_2ndgreen Pebblebeach_practice_sun_4thholetee by AP

今日日曜日正午過ぎペブルビーチに到着したタイガーは、すぐに練習ラウンドを始めたそうです。インドのアージュン・アトワルと一緒に回った。

ついて歩いてTwitterで報告している人がいたが、iPhonで撮ったらしき動画を見るとティーショットは悪くないようです。

あ~いよいよだ!

*          *          *

車KIAのコマーシャル。ハムスター。超おかしい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

パターのアドレスの仕方

ここ2ラウンド、パットが悪かったので先生に見てもらった。

1つは、インパクトのあと右肩でパターフェースを押し出すようにストロークしろと言われた。

言い換えれば、ボールに当てて終わりのストロークをするなということだと解釈した。

もう1つは、もっと重要なわたしが犯していたミスを指摘された。

アドレス時そもそもパターの置き方が悪かったのだ。

どーりでねぇー、そりゃ左に逃すわけだ。

わたしはまた左に引っ張ってるかとばかり思っていた。(へタレはミスの自己分析さえ出来ないから困ったもんだ)

*

自分のパターの画像はPCを変えて今持ってないので、それとなるべく似た画像をネットから拝借してきた。(持ち主の方、どうもすみません)

スコッティーキャメロンNewport2

クリックしてもらうと、以下の説明がわかりやすいです。

Setup_putter_2 このパターフェースの置き方が、ターゲットライン(黄色)に対して正しいわけです。

<わたしの悪いアドレス>

縦の赤い線のように、パターフェースをターゲットラインに垂直になるようにアドレスしていた。

すると、パターの白ラインは左下がりになる。

つまり、パターフェースをクローズに構えていた。

最初から左狙ってしまっているわけです。

<矯正>

直されるとパターフェースがずい分オープンになったように感じるが、パターの白線はターゲットラインに平行になっている。

何のことはない、白線に合わせてアドレスすればいいだけ。

*

これでやっと5フィートを真っ直ぐ打てるようになった!

怖いものですね。いつもと同じようにパットしていたつもりで、どんどんクローズにしていたのだから。

自分の感覚とは実に当てにならないものだと思う。

*           *

昨日金曜日、孫と娘がパー3でプレーイングレッスン。

わたしは孫のキャディー。(爆)

娘がオフィスを早めに出て午後4時半から。コースは混んでいた。

2nd 2番100Y。娘は何でも忘れる人で、自分のゴルフバッグを積んでこなかった。わたしの9W、6番&9番アイアン、PW、SW、パター使用。

ショットを右にふかしてばかりいたが、チップを3mに乗せて奇跡的にパットが入りパー。

わたしのサンドウェッジが良いからだと言ってやった。

3rdhole 3rdgeen 3rd_leftrough 左3番148Y。

先生が娘に「7Wが要るだろう」というが、「彼女ならちゃんと当たれば9Wで十分ですよー」

娘、これも右フケだったがピンハイのグリーンから少しこぼれたラフ。

「ほーら、9Wで丁度良いでしょー?」と母は自慢げに言う。(バカ)

中は同ホールフェアウェイ。孫は次のクラブを持って自分のボールへ走っていき、すぐ打つようになった。

先生に練習スイングしてから!と言われる。

右、同ホール左ラフから。しこってるでしょ?ここなんか手でこねると出ないラフですよ。孫はチップショットをミスするが、何故かいつもグリーンに乗る。

娘、チップで2m。孫、チップで4m。二人ともワンパット。イエ~イ!

ピンハイ左にワンオンした先生だけ外して笑った。

*

4thhole 4th_leftrough 4番90Y。娘は9番でグリーン奥にオン(後ろこすってる。彼女にはPWの距離だ)

右同ホール、孫は左ラフからチップ。ピンハイ右エッジへ。5mの下りをパター使って20cmに寄せた。

孫は1番でも4mをワンパット。

まだショットはほとんどまともに当たらないが、ワンパットするからボギーかダボぐらいで上がっている。smile

先生「この子はよくパット入れるなぁー」

「そりゃいつもお金がかかってるからですよ」

(先生はいまだにカップに1ドル札を入れる)

*

Behind3rdtee 3番ティーグラウンドではかなり待ち、背後のラフでチップの練習。

孫は良い当たりが出たらしく、嬉しそうにマミーの顔を見上げていた。

練習グリーンとチップ&バンカー練習場があるので、先生が今度からここへ連れてくるそうだ。孫は打席でのレッスンが好きではない。

金曜日の夕方は混んで、1時間弱で4ホールしか回れず。

わたしは風邪は相変わらずだが、外を歩いて気分が良かった。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

U.S.Open組み合わせ発表

Pebblebeach_8th_2nd_shot Pebblebeach_8thgreen Pebblebeach_8thgreen_frombehind 画像はいずれもペブルビーチ8番ホール、パー4。

今年の全米オープンでは2000年時より194ヤード長くなり、7040ヤードパー71の設定。

*

なかなか良い組み合わせです。以下、目にとまったグループ。

<午前組>時刻は現地時間の太平洋岸タイム

7:44(10番スタート)、ラティーフ・グーセン、ジム・フューリック、アンジェル・カブレラ

近年の全米オープン優勝者。カブレラは今年も1つぐらいメジャー取るんじゃないかと思っていますが、最近成績は今一ですね。グーセンは昨日のセント・ジュードクラシック初日でもショットがひどかった。

7:55(1番スタート)、アダム・スコット、ジェフ・オギルビー、ロバート・アレンビー

オーストラリア組

8:06(10番)、フィル・ミケルソン、パトリーグ・ハーリントン、YE・ヤン

初日の2日前に40歳になるミケルソン。ペブルビーチ開催のAT&Tプロアマに98、05、07年と3回も優勝している。全米オープンは設定が違うといっても好きなコースでしょうね。

8:28(10番)、ニック・ワトニー、ハンター・メイハン、リッキー・バーンズ

若手三羽烏じゃないが(笑)、29、28、29歳。

R・バーンズは去年の全米オープンではミケルソン、デュバルと共に2位タイ。今年のメモリアルトーナメントでも勝つチャンスはあったが、彼はどっかでヘチャやらかすところがある。いつかひょこっとメジャーで勝つ男じゃないかなという気がするのですけど。

*         *

<午後スタート>

1:03(1番)、デビッド・デュバル、トム・リーマン、ベン・カーティス

全英オープン優勝者組。ベン・カーティスは普段どこにいたかと思うけど、メジャーになると調子上げてくる人です。

1:36(1番)、タイガー、リー・ウェストウッド、アーニー・エルス

この3人は貫禄グループ(笑)。ウェストウッド、先日のインタビューで自分の現在のスイングはあんまり嬉しくないが、試合での成績は良いと語っていた。

今週のセントジュードでも初日は好調。彼の最大の弱点はチップショットだそうだ(今日のTV中継でピーター・ウースターハスが言っていた。彼は元ヨーロッパツァー賞金王)。

ペブル・ビーチでそれじゃあねぇ・・・。(笑)

1:36(10番)、VJ・シン(特別招待出場)、ダスティン・ジョンソン、デービス・ラブⅢ

VJは少し復調してきたが、まだまだパットが入らないような。D・ジョンソンは背が高くて若いロングヒッター、白人の希望の星のようだがsmile、メジャー獲る器かなぁ・・と思う。

1:47(10番)、石川遼、ローリー・マックロイ、トム・ワトソン

ゴルフチャンネルの解説者がワトソンにとってリョーは孫みたいなもんじゃないかと言っていた(同感)。ほんと二人も面倒みさせられる!

良いグルーピングですね。二人には良い勉強になるでしょう。

U.S.Openサイトgolf ティータイム表

*

公平を期す意図なのかTV中継上か、ミケルソンのグループとタイガーのグループは初日のスタート時間を2日目にまったく同じに入れ替える。

出場者はここ2,3日続々とペブルビーチに入って練習ラウンドしているらしいが、ネットには画像も映像も出てこない。

あー待ちきれない。(笑)

*          *           *

もう1つ、ワールドカップ、キックオフ・セレブレーションコンサートから。

とても良いですよ。

Vusi Mahlasela "Say Africa"

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

早起きは三文の得

↑三文のトクは「徳」でも「得」でもいいのだそうだ。わたしの日本語も怪しくなっているので、いちいち辞書を引かねばならない。(ネットの辞書なので大して正確とも思わないがsmile

先週水曜日、強い日差しを避けるため朝6時48分というティータイムの予約を取り、慣れぬ早朝ゴルフをしたから風邪を引いてしまった。

2,3日で良くなるかと思ったが、どんどんひどくなって鼻は出るわ咳は出るわ。昨日今日は孫の世話がなかったのに、練習さえ行けない有様。

ほーんと早起きして損した。

トーナメント(ただの月例です)は、1回出たきりになっているので、来週のに申し込んだ。いくらなんでも治るだろう。

その後練習ラウンドも行ってない。

これだから(それだけではなかろうが)、距離が短いのに良いスコアを出せないのだ。

*

『ミスを減らすには』じゃないが、『スコアを減らすには』を考えねば。

4thhole_par4s もう大分晴天が続いているから、コースももっと距離が出るかも知れないが、前回のスコアカードを検証。

パー可能なホールをボギー、順当ボギーホールをそれより悪くした原因。

●アプローチショットでの6番アイアンのミス

●ティーやフェアウェイから、3Wのミス

●アプローチショットの番手不足

●SWでのチップがざっくりやチャックリ(論外だ)

ま、パット以外は万遍なく悪い。think

アイアンは6、9、SWしか持って行かないので怪しい時は、1つ上げて打とう。

3Wのミスが多いなら5Wにしたらと思うかも知れないが、それじゃあ普段の長いコースを回るときにパーは取れないので、しぶとく3Wを使う。(笑)

それに5Wが別に打ち易いとは思わない。

*

いつぞやゴルフダイジェストに書いてあったが、統計では平均スコアというのは自分のコースハンディキャップより3打多くなるという。

じゃあ、このコースでは40が平均になるはず??

自分のコースハンディキャップ通りorそれより良いスコアというのは、平均20ラウンドに1回しか出ないそうだ。

わたしに限っては、こんな統計は一つも当てはまらない。

ハンディキャップって実にしょーもない。(笑)

*         *

来週の全米オープンはどんな展開になるだろう。

設定は海より遠い側のラフをフェアウェイ側に食い込ませ、フェアウェイを海寄りに狭くすると聞いたが、まだ最近の画像などは出てこないからどんなになっているか興味津々。

今週のPGA、セント・ジュード・クラシックが始まる前、左利きのスティーブ・フレッシュがゴルフチャンネルにどっちが有力かと訊かれ、ミケルソンもタイガーも優勝するとは思わない。優勝候補はリー・ウェストウッドか、ルーク・ドナルドを挙げていた。

タイガーは勝つまであと2,3~数試合はかかるかなと感じるが、全米オープンはパーで勝てるという伝統からいくと可能性は否定出来ないと思う。(笑)

が、天気予報では良好だからアンダーパーになるでしょうね。

過去10年の優勝スコア。

-4、-1、+5、+5、E、-4、-8、-3、-4、-12

あ~待ちきれない。

*          *            *

ワールドカップ、キックオフコンサート

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ツァー情報

まず、今週のLPGAステートファーム・クラシックに出場予定だったジーエイ・シンは、今朝虫垂炎の出術を受けました。病院は開催コースがあるイリノイ州スプリングフィールド。手術は無事終わり、経過は順調なもよう。

医者に今週プレーしていいかと訊いたそうですがsmile、手術をすることにしたということです。

幾つかメジャーも飛ばすかも知れないが、仕方がないですね。

*

タイガーは来月5日~6日アイルランドで、JP・マックマナス・インビテーショナルという36ホールのプロアマに出場を表明。

Jpmcmanusproam2005 by Getty Images 2005年の同試合に出場時のタイガー。

チャリティー目的のトーナメントで、アマチュアで出場は俳優のサムエル・L・ジャクソン、マイケル・ダグラス、ヒュー・グラントなど。H・グラントはかなりのゴルフナッツ(馬鹿)らしいです。

プロで出場は、ほかにジム・フューリック、リー・ウェストウッド、イアン・ポルター、アーニー・エルス、ルーク・ドナルド、ポール・ケイシー、マーチン・クライマー、ロバート・アレンビー。もちろん、ローリー・マックロイにパトリーグ・ハリントン。

きついスケジュールです。

タイガーは7月1日~4日まで自分がホストである、AT&Tナショナル。

翌週明けが、このプロアマ。その次の週は全英オープンです。

おそらくタイガーのように全部出るのが何人かいるでしょうね。

Adaremanorhotelgolfresort_1 Adaremanor_2 Adaremanorhotel_3 Adaremanorhotel_bar Adaremanorhotel_restaurant 開催地のアイルランド、リムリック地方。Adare Manor Hotel & Golf Resort.

少し内陸に入り、海べりのリンクスコースではないようです。ヨーローッパの建物は、豪華でも質実でも品が良い。

来月といってももうすぐですね。TV中継してくれないかな・・。

*

もう1つ、タイガー。

去年優勝したオーストラリアのJBWereオーストラリアマスターズにも出場すると発表。

同試合が11月半ばで、その10日ほどあとに車をぶつけて全てが始まったのでした。

オーストラリアでは、スキャンダル後もタイガーを応援する人が多いようでした。

タイガーの出場で$20ミリオンの経済効果があったといいます。アピアランスマナーを払っても、元取って余りある投資だったわけです。

*

昨日火曜日、バージニア州ブリストル、バージニアクラブで開催の、“Big 3 for Mountain Mission Kids”というチャリティー試合。

Big3とはもちろん、ジャック・ニクラウス、アーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤー。

バージニアクラブは特別入りにくいクラブで、パブリックのイベントが開催されたのは初めてだそう。これも特筆すべきことと思われます。

なんとなんと、たった1日のチャリティースクランブルゴルフで、15.1ミリオンダラー集めたそうです。

アンビリーバブル!

1日で集めた寄付金としては、PGA新記録。

寄付金はすべて、創立89年のMounain Mission Schoolへ。ウェブサイトを見ると、援助を必要とする子達(孤児などであろう)のための、私立の全寮制学校(幼稚園から高校)。運営はすべて慈善金でまかなわれているようです。

アメリカのプロスポーツは、個人でも組織ごとでもよくチャリティーをやるが、PGAが集める寄付金の額は破格だと思う。

素晴らしいですね。

*          *            *

ローリングストーンズがCDを出すらしいが、昔リリースしなかったものも入っているという。

:

:

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

『ミスを減らすには』

夕刻娘から電話がかかってきた時、「(孫の)英作文の宿題を手伝ってあげたんだけど。」と言ったら爆笑された。

「ママー、英作文ってナニ・・・作文でしょー?」

私「わははは。英語に決まってるじゃんね~」

だんだん日本語も英語もワケわからんようになって。smile

*

米ゴルフダイジェスト7月号の記事“Reduce Errors”の訳を『ミスを減らすには』とした。

ゴルフ解析サイト、shotbyshot.comをやっているピーター・サンダース氏が、悪いショットがスコアにどのぐらい影響するかデータに出来ると言っています。

以下、引用。

「トップしてもグリーンにオンするかも知れない、右フケして酷いラフに入れてもリカバリーで拾うかも知れない。

しかし、10万ラウンド以上の解析データを使うと、4つのミスがゴルファーのパーフォーマンスレベルを測る指標になる。

それらのミスをどのぐらいの頻度で起こすかで、ハンディキャップが判ると言える。」

*

ということで、興味がある方はどうぞ。

各ミスが1ラウンドで幾つあるか書き出す。

danger<ドライバーのミス定義>

ティーショットがペナルティーになるか(OBやロスト)、普通のセカンドショットが打てず、次のショットのために出すだけになる場合。

danger<チップやピッチショットのミス定義>

50ヤード以内から、グリーンに乗せられなかった場合。

danger<バンカーからのミス定義>

グリーンから50ヤード以内のバンカーショットで、グリーンに乗せられなかった場合。

danger<3パットの定義>

グリーン上で、カップまで30フィート(9メートル)sign03以内から3パットした場合。

*

以上の数字を5ラウンドなり10ラウンドなりのデータを取り、平均を出す。

【ハンディキャップ分けによるラウンド平均ミス】

左からドライバーのミス/ピッチのミス/バンカー/3パット=トータル

HDCPゼロ:0.6/0.3/0.1/0.3=1.3

HDCP5:1.0/0.6/0.3/0.6=2.5

HDCP10:1.3/0.9/0.4/0.9=3.5

HDCP15:1.8/1.4/0.5/1.5=5.2

HDCP20:2.0/1.9/0.7/2.0=6.6

HDCP25:2.4/2.5/0.9/2.5=8.3

*

言われなくとも我々誰もが知っていることですが、サンダース氏の勧めるのは自分の弱点を改善するのがレベルを上げる早道ということ。

その次にPGAティーチングプロが、ドライバー、チップショット、バンカーショット、パットの直し方やヒントを書いているが、文にして理解するのは難しいし誤解を招いてはいけないので訳すのはやめておきます。

引用してから何だけれども、こういう記事は全て男性ゴルファー用だから、女性には必ずしも当てはまらないと思う。

*

自分も暇つぶしに(汗;)、3月下旬から今月初めの18ホールコース、6枚のスコアカードでデータをとってみました。

1sttee_blue_s 14th_par3_s 4thhole_par3green Encino13thhole_361y

スコアは86から93。コースは4箇所、1つが5333Y、残り3箇所は6000Y以上。

ドライバーのミス/0.16、チップのミス/0.66、バンカーショットのミス/0.16、3パットのミス/0.33

トータル1.31で、スクラッチプレーヤーだ!(大爆笑)

だから女には当てはまらないんだ。特にわたしのように飛距離がなくて長いレディースティーから回る者は、こういう数字では測れないんですね。

私見。

ドライバーのミスがグリーンオンまでの打数を増やしたかどうか。

チップは距離ごとにカップインまで何打かかったか。

バンカーからカップインまで平均何打か。

番手ごとで、グリーンを外す確率。ショートフェアウェイウッド、ミドルアイアン、ショートアイアンに分けて。

どのラインのパットが入れられないか、ショートパットはどのぐらいから確実性がないか・・・。

そういう解析しないと、平均スコアは良くならないでしょうねー。

分かってるなら実行しろ?

そーなんだけど。わはは。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

USオープン最終クオリファイ

最近は知り合いの若い子が地方クオリファイに出場することもなくなったが、ツァープレーヤーのクオリファイはやはり気になる。

アメリカ各地では最終のセクショナルクオリファイが今日いっせいに行われた。1日36ホールのストロークプレー。同点者はプレーオフ。

昨日までメモリアルトーナメントに出ていたプレーヤーは殊に大変ですね。

かなりの人が出ている。

ミュアフィールドと同じ町にある、(午前午後交替で)2コース使用のクオリファイ結果。

<通過者>順番はクオリファイの上位から。(カッコ内はメモリアルトーナメントの成績)

スチュワート・アップルビー(予選落ち)

ボー・バン・ペルト(3位タイ)

ブレンドン・デ・ジョーング(12位タイ)

☆トム・リーマン(41位タイ)

☆ベン・カーティス(28位タイ)

アレックス・カヒカ(28位タイ)

アーロン・ブラッドレー(47位タイ)

☆デービス・ラブⅢ(52位タイ)

注:☆印のプロはメジャー優勝者。さすがというか、クオリファイの土俵では底力が違うのか・・・。

<非通過者>

ロッコー・ミーディエイト(メモリアル不出場)

↑彼はプレーオフ6ホール目をボギーにして落ちている。

ジャスティン・ローズ(メモリアル優勝者)

リッキー・ファウラー(2位)

ティム・パトロービック(5位タイ)

*

オハイオ州のもう1箇所の開催地スプリングフィールドからの通過者(3人しか取らない)。

ブライアン・デービス(イギリス出身。ヒルトンヘッドでのジム・フューリックとのプレーオフで、ルース・インペディメントにクラブが触ったと罰打を申請。世界に好かれたプレーヤーsmile

Erikcompton_2009 もう一人がエリック・コンプトン。名前に聞き覚えがあるでしょうか?

2回心臓移植を受けた人で、最後が2008年5月。

彼はメモリアルトーナメントで予選通過(去年も招待出場したと記憶している)。73・72・72だったが最終はボギーとWボギーのパレード、何と83を叩いた。

その翌日の今日69・65で通過しているから見事ですね。心臓移植後では1日に36ホールをプレーしたのは初めてだったそう。

*

それから珍しい名前では、これまた10年近く前第2のタイガーかと言われたタイ・トライオン。

メリーランド州でのクオリファイに通過した。

同じ会場からジェイソン・ゴア(今季はネーションワイドツァーでプレー)、インドのアージュン・アトワルが通っています。

トライオンはフロリダのミニツァーや、ネーションワイドツァーをマンデークオリファイから出場しているようです。いつぞやふと思い出してネットで検索したら、韓国のツァーでも数試合出ていた。

彼はまだ26歳になったばかりですが、23歳ぐらいの時のインタビューで、これから結婚する、子供も出来ていると披露した記事がどこかに出ていた。(ウィキピーディアで見ると既婚で一児と記載がある)

*

メンフィス州の会場からは、ショーン・マイキール、ポール・ガイドス、JJ・ヘンリー、ブランド・スネディカーらが通過。

USオープンは最も門戸が広いメジャーで、従ってツァープロからの出場資格も厳しいですね。

だから価値があるのだと思う。

なおテネシー州のクオリファイは天候による中断のため、残りホールは明日火曜日に持ち越し。NFL現役、ダラス・カウボーイクオーターバックのトニー・ロモは棄権した。

USオープンサイトのflagセクショナルクオリファイ結果

Pebblebeach8th 全米オープン6月17日~20日

*          *           *

サム・クックの歌は声を聴いているだけで胸に迫ってくる。惜しいなー、若くして亡くなった。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

メモリアルトーナメント終了

あーおもしろかった。辛抱強く見た甲斐があった。(笑)

それを望んでいたわけではないけど、リッキー・ファウラーの優勝は無い気がしていた。勝つことにフェアもアンフェアもないが、ツアールーキーでそう簡単に勝てるほどPGAは甘くあるまいと思ったから。

優勝圏内にいた上位者を見ても、2004年からアメリカPGAを主にプレーしてきた未勝利のジャスティン・ローズ。

勝てそうで勝てなかった試合が何回もあった。

全米アマチュアチャンピョン以来その才能をうたわれながら、ネーションワイドツァーで数年下積み、PGAでもやっと去年後半から何度か上位に来るようになったリッキー・バーンズ。

43歳のティム・パトロービックは昔1勝したものの、ツァーカードが維持出来なくて、ピザレストランで皿洗いまでしていたそうですよ。

ブレンドン・デ・ジョーング(ジンバブエ出身)もネーションワイドツァーとPGAを行ったり来たり、29歳であの顔だからおそらく苦労人だろう。(と勝手に想像smile

*

今週もまた「サンデーバック9」のゴルフがモノを言った。

しかし、今日のファウラーの脱落とローズの勝ち方を見ていて、これを数十試合やってきたタイガーや、ミケルソンやVJ・シンは怪物だなと思った。(近年わたしがTVで見てきたチャンピョン達)

*

Memorial_16thpar3backbk Memorial_sun_17thteeshot プレッシャーがかかって、チョークしたりナーバスになったりすると右フケするのは万人共通のようですね。

あれほどフェアウェイ真ん中に打っていたファウラーも、殊にバック9では右に逃すようになった。

10番パー4、右フェアウェイバンカー、結果ボギー。

12番はかの有名なオーガスタナショナルの12番に似せたパー3ですが、単にミスショットだっただけだと本人は言うが、ロースライスでグリーンの土手直撃、池に転がり落ちWボギー。

15番パー5のティーショットは右ファーストカットラフ。これはバーディにした。

17番パー4のティーショットも右フェアウェイバンカー。解説のイアン・ベイカー・フィンチは風で持っていかれたと説明していたが、こう何ホールも右に逃すのは肩が回っていないからだと思う。(緊張すると肩が回らなくなるから右フケするのだそうだ)

注:昨日までのファウラーと今日のスイングを比べて言うものではありません。自分の目で見て分かるわけない。(笑)

*

その点、ジャスティン・ローズは自分のスイングを貫けた、のだと思う。

解説のニック・ファルドーが昨日ローズに言ったそうです。「明日は右肩を(フィニッシュまで)回せよ」

昨日3ラウンドではローズが左ツリーラインや左から打つシーンが度々映ったが、ファルドー曰くこれは肩が回ってないから引っかかる故だそうだ。

Memorial_sun_15thteeshot Memorial_18thteeshot 自分のゴルフに応用して話すのも恐縮するが、スイングを通して右肩を回し続けるのは、重要なポイントなのだと思う。

最終日の66も素晴らしいが、バック9でボギー無し2アンダーにしているのは彼一人。これだけのフィールド、昨日までと違って風が舞っていたコンディションでやはり強い勝ち方をしていますね。

Memorial_sun_18thgreenbk Memorial_kateleorose ホールアウト後、グリーン後方にいた奥さんにキス。抱きあげた1歳4ヶ月の息子がパチパチと手を叩く。ローズは、イエ~~~イ!と声を挙げてそれは嬉しそうでした。

彼は相当苦労したでしょうね。ヨーロッパツァーで若くしてプロになったので、各地を転戦するのに全てお父さんがついていったという。そのお父さんが肺癌で、ローズが21歳の時に亡くなった。

それがしばらくゴルフに響き、2004年からアメリカに本格参戦して目が出ず、TVに映る姿も寂しそうだった。

彼もまた、ヨーロッパのタイガー、タイガーをしのぐ才能とまで言われたのです。(セベ・バレステロスはある時期、若いプレーヤーではタイガーよりローズのほうがベストだと言い張っていた)

近年、1年のかなりはフロリダ州オーランド、レークノナのコースプロパティーに住んでいます。(タイガーのアイルワースの近所)

インタビューで聞かれて、最近ようやく(アメリカが)ホームのような気持ちになり始めてきたと笑って言っていた。

今シーズン、10人目の20代優勝者。ローズは来月末に30歳。

メモリアルトーナメントflag リーダーボード

*

Memorial_sun_jaidee_1sttee Memorial_sun_17thtee_jaidee タイガーはジェイディーとトム・パーニースJrと同組。前者二人は、1番ティーグラウンド(左)や途中で談笑しているのが映っていた。

ジェイディーはタイガーより黒いですよ!どんだけ練習して、どんだけ世界を転戦しているかうかがわれる。彼は努力と根性の人ですね。

タイガーはティーショットが何を打ってもフェアウェイをキープ出来ない感がある。ドライバーはもちろん、3Wも、ときに5Wでさえ悪い。

全米オープンまでにどのぐらい調整出来るか、ペブルビーチリンクスは距離はないそうだから、2番アイアンでティーショットしたらどうか。(笑)

しかし2番アイアンももうかれこれ数年使ってないのじゃあ?

ま、気長に待ちます。(爆)

*          *           *

::

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

メモリアルトーナメント3ラウンド終了

慣れない早朝ゴルフをしたせいか、別に寒くはなかったが風邪を引いてしまった。昨日は頭痛・咽頭痛・鼻づまりとドヨ~~~~~ンとした1日だった.

今日は大分気分が良くなって、気温が下がった夕刻練習してきた。ひひひ。

わたしは練習せずラウンドするとダメですね。ラウンドとラウンドの間に最低1回は球を打たなければ。1回じゃあ厚かましいけれども。

*

今週のメモリアルトーナメントは雷雨で連日2,3回中断。しかし今日土曜日、日没ぎりぎりで3ラウンド消化出来たので日曜日には終わるでしょう。

何人かの選手は、月曜日各地で開催の全米オープンのセクショナルクオリファイに出場するので試合が月曜日に持ち越すと困るわけです。(そうなったらどうするのかな・・??)

*

Browne_alexadra by Getty Images.

さて、この可愛い子は誰でしょう?木曜日1ラウンドに来ていた。

名前はアレクサンドラ・ブロウン。

リッキー・ファウラーのガールフレンドだそうです。

Olinebrowne_mrmrs_2 お父さんはPGAプレーヤー、去年からチャンピョンズツァーに出ているオリン・ブロウン。ファウラーとオリンが同組で回ったときに娘さんと知りあい、年末休暇はファウラーがオリン家に滞在したと・・どこかに書いてあったがゴルフダイジェストだったか情報源は失念。

何と可愛いカップルでしょう!(笑)

*

ということで、リッキー・ファウラー、初日からリーダーの位置を譲っていません。

彼は一昨年からアマチュアの資格で何試合か出て、飛距離がないなと感じたが伸びましたね。コースマネージメント、試合でのリズムと全てに成長著しいように思える。

Memorial_th_fowler Memorial_fri_fowler_ohiostatecoach_ Memorial_sat_1sthole わたしはツァープロの身なりはあまりに気にならないほうだが、彼のこの帽子はねぇ・・・。なぜこんな帽子をかぶるのか理解出来ない。(小さい女の子みたいだと腐している人もいたから、わたしだけではない)

画像中、今週はオクラホマ州立大学にいた頃、ゴルフ部のアシスタントコーチだった人がキャディーをしている。リラックスする助けになるだろうとTVは言っていた。

TVやメディアは、5月初めのローリー・マックロイの優勝(クエールホロー)、下旬のジェイソン・デイの優勝(バイロン・ネルソン)、次はリッキー・ファウラー。ゴルフの時代は変わったと言わんばかり。

Memorial_sat_15thpar5_2ndshot 15番パー5、セカンドショット。タイガーは毎日ショットは良くなっているが優勝戦線とは程遠いし、ミケルソンは他の追随を許さぬ強さを見せるかと思うと、今日のようにクリークやツリーラインに打ち込む。

しかしミケルソンはおもしろい。

毎週毎週、「今週優勝すればワールドランキングNo1」と言われ続けて、見事なほどに期待を裏切る。彼らしくて、わたしは最近ミケルソンファンになっている。

*

リーッキー・ファウラー、16アンダー

Memorial_sat_rickybarnes リッキー・バーンズ、13アンダー。彼は変わったスイングしていますねー。アイアンショットなんか、素人がバランスを崩してトップした時のようだ。

Memorial_sat_timepetrovic トップグループで唯一の中年、43歳。ティム・ペトロービック、13アンダー

ジャスティン・ローズ、12アンダー

ブレンドン・デ・ジョーング、11アンダー

TVブースに来ていたホストのニクラウスが、「誰が後ろにいるかだ。後ろにいるのは優勝経験が無いか少ないプレーヤーばっかりだからね。(ファウラーが)逃げ切るかも知れないな」と言っていた。

連日ロースコアが出ている。初日65、2日目66、今日62(リッキー・バーンズ)

さあ誰が来るか。高みの見物。(笑)

flagリーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

80歳ゴルファーからのアドバイス

水曜日のランチョ、今一当たりが薄いながら最初の3ホールは順当ボギーゴルフでした。

4番パー5でティーショットが左一直線のロスト。5番きつい上りのパー4で、ティーショットがもう少しで右ツリーラインの葉っぱに当たりそうだった。

9番パー4は、フェアウェイが下りだから何とか転がったものの、80歳の方に50ヤード置いていかれた。(一_一)

10番きつい上りパー4、ティーショット天ぷら風味、フェアウェイにかろうじてランド。100ヤード置いていかれた。( ̄0 ̄;

どのホールでだったか失念したが、その往年の競技ゴルファーが、

「頭を下げてダメよ。」

(英語の訛りがきついので中々何をおっしゃりたいのか分からず、最初はタイガーのように頭がディップしていると言われたのかと思った・・coldsweats01

「はぁー・・」と言うわたしは間抜けな顔をしていたのだろう。彼女は身振りをつけて言う。

「こういう風に頭を上げちゃダメよ。ティーショットもアイアンも、あなたは全部でやってるよ。」

「こうよ」彼女は両手をグリップした格好をし、手首を返して打ち込む仕草をする。頭は地面を向いたまま。

その動きはマッスルバックのアイアンでゴルフした昔の男性のスイングだ。

っつうか、YouTubeで見たリー・トレビノのデモンストレーションとそっくり。

彼女が真似して見せた「わたしの頭の上げ方」は先生が生徒のスイングを直す時に同じことをしているから、実にそうに違いないと思った。

*

もう1つのアドバイス。

11番女性にパー5。ティーショット、×印。セカンドの3Wは会心。

残りはグリーンセンターまで125Y。ピンは左奥。グリーン前はかなりの上り。

9Wか、5Wを短く持って打つか迷った。

ライはかすかに左足下がりにかかった辺り。古いディボットに入ってロクでもない。

5Wを短く持つことにした。

アドレスしたとき、乗用カートから降りてきて、

「ボールをもうちょっとセンターに置かなくちゃ。2分の1インチね」と80歳。

メリー「は?こうふうに?」

「違う違う。それはドライバーよ。」(爆)

彼女、反対側からシャフトをつかみ、わたしのスタンスをこっちこっちと変えさせる。

そして、先生がやるようにフェースの向きを直す。

ふぇ~~~~っ、これは上手い。この人は上手いと思った。

「お~あ~そ~」とわたしはまたしても間抜けな相槌。

ライが難しかったし地面は硬いしで、振りぬけなくて気持ち右へ。ピンハイ右ラフ。

「何番打ったの?」(爆)

メリー「ファイブウッド」

「・・・・・・・・・・・・・・・」(この無言は何を意味するのか?)(爆)

*

初対面でコースで教えたがる人には閉口するが、わたしは自分より年長の人が何か言えば少なくとも聞いているフリをする。

年長者への敬意ゆえだ。

彼女の態度は、何か最初から傾聴したくなるものがあった。

輝かしい競技歴を披露したからだけではない。何か全てにゴルフを分かっているというか、奥まで行った人だと感じたからだと思う。

18番グリーンで3サムお互いに握手して、グリーン脇に下りてきたとき、

“Someday・・someday, hah?”とわたしに寄り添う彼女。

(いつか、また回るかもねの意)

“Of course! We're gonna play again!”

(もちろん、また回るわよ!)

彼女の肩を抱いて、そう答えたわたしは何故か涙ぐみそうになった。

あー素敵な女性だった。

7thhole コースの写真しか撮らないので、すみに写っていた不鮮明な画像ですが、カートに座っているのが彼女。

プレーもものすごく速い。カートで飛ばして人のボールも確認してくれる。あんなゴルファーは初めて見ました。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

どうしてこう下手なんだか、15ラウンド目

来秋まで、18ホールを回るのはもうこれが終わりか、もうこれが終わりかと思いながら、日射病や脱水症を避けるためどんどん早い時刻にしています。

今日は気温が上がる予報だったので、朝6:48の予約を取った。こんなに朝早くゴルフするのは生まれて初めて。

わたしは宵っ張りで12時前に寝たことがないのです。

で、3時間ぐらい寝て(笑)、あげくがこんなゴルフをしてるんじゃあ、ほんと腹が立つ。

*

それで1番ティーグラウンドに行くと誰もいないし1番ホールが空いている。前の組で一人お爺さんが遅れてるそうで、それを待つと言う。(呆れ)

ようやく4人がティーオフしたら、今度はわたしの組の他3人が現れないから更に待てと言われた。むかーっ。

早い時間に速いペースでゴルフするために早起きしたのに、何たるだらしなさ。

そうして誰がどうなったのか、2サムの男性とアジア人の年配女性が来て、7時にようやくティーショット。

*

しかーし、この同伴者達が素晴らしかった。

アジア人女性、80歳だってー!!!!!!

80歳でランチョをプレーする能力があるだけでも特筆に値する。

ご本人が言われたのだけど、以前近くのカントリークラブのメンバーでそこでクラブチャンピョンに何度もなった、ランチョのレディースチャンピョン、ロス市の女子シティーチャンピョンシップにも優勝したそう。

これは本当ですよ。わたしは信じる。(笑)

長年の練習しすぎで(毎日36ホールゴルフしたそう)、両手首を痛め、腰は少し曲がっておられた。背も少し縮んでいるでしょうね。それでも大柄でした。

彼女が普通に当たってわたしが会心の時、フェアウェイにボールが並ぶ。

9thfw ←9番(下り)と10番(フェアウェイがきつい上り)で、わたしが一度も行ったことない地点まで打っていた。

( ̄□ ̄;

8番パー3は谷越えになっているから、レディースからはグリーンが上っているのだけど、そこを7Wで。

わたしがドライバーを手にしていたら、「何番打つの?大きすぎるよー」と言われた。(結果ピンハイ右ラフ・・しくしく)

タイガーじゃないが、時々ティーショットを打ったあとクラブから左手だけ放していたから痛いんでしょうね。

あとチップが上手い。

全部ピンへ行く。グリーンが重くて(怒)、ショートはしても左右にぶれない。パットもそうだけど。セカンドパットをまず外さない。

勝っていたのは70年代のような話だった。彼女が40代ですね。ランチョのレディースクラブは去年いっぱいで辞めたそうです。

彼女と回れて光栄に感じたけれど、もし健康でゴルフ出来る身体であってもゴルフが上手くないと彼女の歳まで回れませんね。(笑)

2ndtee いくら曇天でもどの写真もボケてると思ったら、デジカメがフラッシュ設定になっていたthink。1番グリーン下から2番ティーグラウンド横のジャカランタの木(薄紫色)。

右でティーアップしている人がその女性です。

*

男性の一人は上の画像でカートに乗っている人。80は越しているように見えましたが、これがユーモアがあってチャーミングなジェントルマンだった。

年齢はかなり違うがもう一人の男性と長年のゴルフメートだそう。息があがると言ってフロント9でリタイアして帰った。

7thfw ←彼は体力に応じて、グリーンオンしたらボールをピックアップや、ファーストパットを打つだけでピックアップをするのでペースに遅れることなく、足を引っ張ることもない。わたしの90歳のゴルフ友達も晩年そうだった。

お年寄り、体力がない人、ゴルフ力がコースに追いつかない人はみんなこうするべきだと思う。

*

そうして最後の男性が、非常に面倒見がよくて、誉め上手で、実に感じが良い人だった。

お爺さんが彼はお医者だと言っていた。

「ナイス!」

(もしコースで心臓発作起こしても、面倒見てくれるに違いない・・とわたしは思った)

そういうわけで同伴者は、未知の人達だったのにそろいもそろって楽しい人だったのが救いでした。(ー^ー;

わたしも誉められました。自分のミスショットをすぐ笑うので。

ドクター曰く、あなたはゴルフ向きな頭をしてると。

そうでしょうかしら?(爆)

*

shock16年ぶりのロストボール>

4thtee クリックをどうぞ。4番右ドッグレッグ489Y。フェアウェイからティーグラウンドを振り返ったところ。

チーピンフックでもなし、ドローでもない、身体が早く開いたのだろうか?良い弾道で左のパームツリーへ。

最後の2本の間に飛んでいったが、バミューダグラスとクローバーのおがったラフで見つからない。

わたしはどこのコースでもロストボールはめったにないが、ランチョでは16年前に、やはり同じホールの2打目を左ラフでロストした。(後ろの組の男性が見つけて、次のホールで届けてくれたcoldsweats01

4thgreen 4番グリーン。このホール「8」。

でもすぐ思い出した。USGA・HDCPインデックスを取ったのでランチョのコースハンディキャップは13(←やめて欲しいよ、ほんと)

よってスコアの上限は「7」だそうですよ。

ということで開き直るのもどうかと思うが、スコアをポストするときは「7」ですむわけです。(このシステムも賛同しかねる・・爆)

9番、10番、11番、12番と3ホール連続でドライバーのティーショットがミス。

それからテークバックで、う~~~~~~~~んと左腕を後方に引っ張って、我慢してからダウンスイングに入るようにしたら当たるようになった。

早朝スタートで芝は朝露に濡れ、曇天で湿度が高く、飛ばない転がらないで200Y行ってるホールは1つもなかった。(80歳の方は転がってたけど。わはは)

何より、パットが入らなくて絶望的な気分になった。

最初の数ホールはグリーンが比較的スムーズで自分のストロークが悪かっただけ。途中で、左脇をもっと締めてちっとは良くなった気がしたが、後半になるにつれグリーンは芝が高くバンピー(凸凹)になり、誰もパットが入らない。

1パット3個(泣)。本日の最長ワンパット2.5m。

ウェッジやショートアイアンのかなりはメーカブルの距離に打ったのに、一つも入らない。

12thpar3 16thpar3 17thgreen 左、12番パー3。中、16番パー3。右、17番パー5のグリーン、向こう側にジャカランタの木。ボールはわたしの。ラフの白っぽい

のはクローバーの花。どこもかしこもクローバーで、グリーンキーパーはレイオフくらったのか・・?(怒)

*

ということで、レディースティー6021Y女性にパー73。

スコア45+48、パット数33

*         *         *

層が厚い!

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

Open House

“Open House”という言葉は不動産物件を一般公開するときにも使うが、この場合は学業発表の会とでもいうか、日ごろのクラスの成果を父兄に見せる日。

どこも平日の夕方から夜にやるようです。孫の学校は短くて、夕方6時から30分。我が子の教室のみ見学します。

先週の木曜日でした。

Openhouse_3 Openhouse_2 Openhouse_1 左、教室の中。くっつけた机の上や壁いっぱりに展示物。中、サイコロ状の箱の6面に自作の詩を貼ってある。娘に読んできかせる孫。

右、娘が特に感銘したという詩。(よく出来ているが、詩を訳す英語力がなくてすみません)

Openhouse_6 Openhouse_4 Openhouse_5 左、自画像と人物紹介。中と右は遠足でロッククライミングに行ったとき。右のサングラスしているのが孫。(炎天下はまぶしがるので遠足にはサングラス着用させている)

Openhouse_7 Openhouse_8_2 左、教室横のベランダ。これも生徒の世話した花壇。建物の中廊下と外のベランダと出入り口があり、朝はベランダ側から入る。

右、終わって学校の正面玄関外。親同士がお喋りしている間の孫とお友達。

*            *

孫はサンディエゴで遊びすぎたらしく、今日は連休明けなのに体調不良で学校を休んだ。

まったく、うちの娘共は親の体力で子供を引きずり回すから、いつもこんな風だ。

Walking_1 Walking_2 Walking_3 ということで娘が仕事する間、うちに来ていた。夕刻、日差しが弱くなってからウォーキング。孫と一緒だとゆっくり歩くから一つも運動にならないが、話相手がいて歩くと楽しい。

左、左奥の建物はフェデラルビル(連邦局)。中、道を渡ると公園だけど我々は歩道をぐるぐる回った。右、奥に薄紫が見えるのはジャカランタの花。

明日朝早いので、この辺で。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ