« プレーヤーズチャンピョンシップ3日目終了 | トップページ | 今どきの『母の日』 »

プレーヤーズチャンピョンシップ終了

まずはこれから書かねば始まりません。

タイガーは45位タイだったのでスタートが早く、生中継開始の3時間も前から凝りもせずPGAサイトのショットトラッカーで彼のプレーを追っていた。

これはイラスト付きで各ショットがどこへ何ヤード飛んだか、逐一ライブで分かる。

1番パー、2番パー5ではバーディが取れず、3番5番でボギー。見るとパットが7,8フィートショートしたりオーバーしたり、そのセカンドパットを入れてない。これはもう体調でも悪いのか、優勝を狙う位置ではないのでさしものタイガーも気が抜けたのかと想像していた。

7番のティーショットは右のネイティブエリアと書いてある。セカンドをグリーン前に打ったあと、何となくわたしはリーダーボードに戻って他のプレーヤーのスコアを確認した。

そして、-2であるはずのタイガーの名前が無いことに気づいた。

ショットトラッカーが間違いで、チップインバーディーやWボギーの可能性もある。スクロールして上から下まで探すもタイガーの名前は無い。

とうとうリーダーボードの一番下まで来て、

「WD」147(位)Tiger Woods

ほとんど一瞬後にPGAサイトにNEWS ALERTとして、タイガーが首の故障で棄権と出ていた。

Sawgrass_withdrawal_2ndshot_7h Sawgrass_withdrawal_after2ndshot_7t Sawgrass_withdrawal_7thfairway Sawgrass_withdrawal_7th_jasonbohn

7番パー4のティーショットは右ツリーライン。画像左と左から2番目、セカンドショットを打った。ボールはグリーン前花道へ。

オフィシャルを呼び、棄権を表明。画像右2枚、フェアウェイにいた同伴競技者のジェーソン・ボーンに挨拶。

Sawgrass_withdrawal_leaving Sawgrass_withdrawal_joecorless_pgat Sawgrass_withdrawal_fitnesstruck コースから出るタイガー。白シャツの人はPGAツァーセキュリティー責任者のジョー・コーレス氏。

タイガーは右のフィットネストレーラーに入り37分フィジカルセラピーを受け、直後車に乗り込みTPCソーグラスを後にした。

トレーラーに入る前にメディアに答えた短いコメントは、「来週映像を取れと言われた(MRI)」「首が悪いままプレーしてきた、これ以上はプレーを続けられないと思い棄権した。」「首の痛みはマスターズの前からあった」

今週プレーして更に悪化したのかと訊かれ、「痛みで苦しんでいた、右側がずっと指先までうずく」と言っています。

木曜日の中継を見ていて、タイガーが首をゆっくり右から左にかしげてストレッチするのが写ったが、そのやり方が過去タイガーが時折やる首の曲げ方とは違うなと思った。(彼は若い頃からやっているが、以前はいかにもストレッチ運動という感じでした)

深刻な故障でないことを祈るばかりですが、胸が痛みます。

首の故障では、アニカがそうでした。しばらく鞭打ち症の人がするような首のブレースをはめ、確か半年ツァーを休んだ。

それからやはりスウェーデンのベテラン、ヘレン・アルフレッドソンが背中や首の故障で、やっと原因がわかりフィジカルセラピーで健康を取り戻して2008年のエビアンマスターズに優勝した。

デービス・ラブⅢも長く首の故障を抱えていたのでは?

・・と書いたところでゴルフチャンネルのサイトで記事を見つけた。ラブⅢが、「今週の最初のほうで、自分の首の故障をタイガーと話していて僕ももっとワークアウトしなくちゃ、今度一緒にやろうと言っていたところだった。」

「タイガーのフィーリングが分かるよ。指がピリピリ痛みながらショットを打って、(そのあと)頭痛がしてくる。実に妙な感覚で、途方にくれるよ。」

*           *

タイガーの途中棄権は上位グループがスタートする1時間半ぐらい前で、騒擾は収まっていたと思われる。

2番ホールでロバート・アレンビーがチップインイーグル、4番でバーディで16アンダー、リー・ウェストウッドが5番までで15アンダー。次位がティム・クラークの12アンダーだったか。

タイガーは棄権したし、ミケルソンは後退したし、わたしは録画にしてさっさと練習へ。(笑)

上位2人のどっちかが勝つかと思ったのですが、ゴルフはそんなに簡単じゃないのでした。

帰宅すると、ティム・クラークが16アンダーでホールアウトしたばかり。追跡ナンバー1はアレンビーの15アンダー。ウェストウッドは14アンダーに落ちている!

What happened!?

昨日まで3日間の平均スコアが2.7というアホらしさだった浮島17番も最終日では話が違うし、難関18番でバーディというのも厳しく、失礼ながら今日のアレンビーとウェストウッドにその力はあるまいと感じた。

アレンビーは昨日までのようにパットが入ってなかったし、ウェストウッドはティーショットがあっちこっち行っていた。

アレンビーの17番のティーショットは良いところにつけ、パットも入るかに見えた。惜しかったとは言えローサイドに切れたからスピードが転がり1つ足りなかったか。パーで、16アンダーに追いつく可能性は限りなく減る。

ウェストウッドは池ポチャ。理由不明。

アレンビーは昨日など18番のティーショットはあれほど良かったのに、今日はずいぶん後ろで(風はアゲンストだったと思うが)、セカンドはピンまで214Y。グリーンを右にこぼれ、パターでカップイン狙ったが入らず。

ティム・クラークは一昨年ぐらいからか、PGA優勝無しで最も生涯賞金額が多いプロとよく言われていたが、ついについに勝ちました。

PGA、これが206試合目だそう。

Sawgrass_clerk_18thparputt Sawgrass_timcandaceclark 左、18番のパーパットを入れて16アンダーでホールアウト。右、奥さんのキャンデースさん。クラークはタイガーと同い年。同じく12月が誕生日。

いっとき誰が一番先に勝つか、勝つまで髪を切らない約束で彼とアダム・スコットと長髪にしていましたが、残り一人はガルシアでしたっけ?

むさくるしいと終いにからかわれていた。

彼を最初に注目し始めたのはマスターズ。目立たないプロだったのに、毎年のように良いプレーをする印象があった。2006年には2位に入っています。

ウェストウッドはまた勝てなかったが、メジャーで頑張れ。smile

アレンビーは変則クローグリップというのか、あれに変えてパットが格段に入るようになったとTVで言っていたが、やはり最終日には入らなくなると感じた。

あれほどのショットを打つのに惜しいと思う。

*

*

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« プレーヤーズチャンピョンシップ3日目終了 | トップページ | 今どきの『母の日』 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プレーヤーズチャンピョンシップ3日目終了 | トップページ | 今どきの『母の日』 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ