« 競技その後(笑) | トップページ | 競技ゴルフのスロープレー »

ショートヒッターがロングヒッターを負かした日

いやー、おもしろかった。日本は日曜日だから見た方も多いと思いますが、LPGAサイベース・マッチプレーチャンピョンシップ、クオーターファイナル。

ジーエイ・シンちゃんとミシェル・ウィー。

わたしは今週藍ちゃんやら桃子さんやらを見るのを楽しみにしていたのに、最初の2日ほとんど写らなかったのではないかと思う。少なくともわたしがTVに目をやる時は写ってなかった。

もう連日ウィーの組中心の中継。

ウィーのプレーをたくさん流すために、毎日彼女のマッチは最終組。(あまりにも露骨)

このマッチプレーが始まる前から番宣で(笑)、ウィーを売り出していた。アニカ引退の寂しさも埋まらぬうち、電撃的なオチョアの引退。次のベストゴルファーはウィー・・になってもらいたいわけです、TVは。(笑)

ウィーの今までのマッチの内容は1日目はパットが恐ろしいほど入った。2日目は大したゴルフはしてなかったと思うが、マッチというのは相手に勝てばいいのですけどね。

今日はシンちゃんが勝つと思っていましたが、最後の3ホールになるまで接戦で余計おもしろかった。

*

このコースは長くフェアウェイが広いので、ロングヒッターが圧倒的に有利という下馬評でした。

ウィーとジーエイ・シンのティーショットの差というのは、もうお笑いです。

少ないホールで40Y余、大きいところで60Y近く。

へタレのゴルフを引き合いに出してもと言われるかも知れないが、わたしがティーショットの飛距離差が50ヤードある女性と、同じレディースティーからランチョを回ったとします。(6021Y)

50ヤード先に行く人っていうのは、パーゴルフなのです。わたしはボギーゴルフでしょ。最初からその差があるわけです。

そう考えるとプロってもの凄いなと思う。

シンちゃん頑張れ。(爆)

*

見なかった方のために多少展開を書くと、2番パー5でウィーがバーディをとって1UP。そのままパー同士で来た。

5番パー5。ウィーのティーショット270Y、申は232Y。ウィーはフェアウェイ右ぎりぎりで、セカンドをミス。二人ともパー。

Match_quaterfinal_6thteeshot 6番ホール、申はセカンドを6番アイアンで打ち、ピン下5,6フィートへ。ウィーはセカンドが98ヤード!そこから奥エッジぎりぎりまで打ってしまう。

申は入れるべき5,6フィートのバーディパットを外して両者パー。

*

7番パー4は、ウィーがティーショットをミスして残り距離はほとんど同じ。申は209Yを5Wでピン左下へ。

ウィーは205Yから5Wを短く持って打ったが、奥ラフまで転がる。ボールは沈んでいた。チップはピンへショート。

ウィーがそのパーパットを逃したとき、レポーターのバル・スキナー「(ウィーの)パターは一晩で何か悪いほうに変わったのね。」(思わず笑った)

申、パーパット入れ、マッチはオールスクエア。

8番162Y、両者ワンオンパー。

*

9番396Y、風アゲンスト。ここも飛距離の差が凄かった。申のセカンドは191Y、5Wでピン左下。

ウィーは残り137Ycoldsweats02、9番アイアンでピン左下。申のボールの隣だが、ウィーのほうが遠い。

両者パー。

フロント9は二人でたった1個のバーディ。

10番326Y。ウィーはティーショットに初めて3Wを打った。それでもセカンドは申が先。(笑)

申104Yから右手前バンカーへ。申がグリーンを逃したのはこのホールだけじゃないかと思う。

バンカーショットを7,8フィートにつけ、両者パー。

*

11番パー5。両者レイアップ。今日は風が強いので、昨日までよりはるかにプレー距離が長いという。

申、84Yからピン左下へ。ウィーも72Yからピン左下だが、またしても遠い。両者パー。

12番181Y。ここも番手の違いが大きい。申、7Wでピン左上。ウィーは5番アイアンで良いショット。10ヤード近くのバーディパット入れて、ウィーが再び1UP。

*

Match_quaterfinal_13thteeshot Match_quaterfinal_jiyai_13thteeshot 13番382Y。ウィー打った途端、“Oh, sit! Sit!” ボールは左のファーストカットラフ。

そこからのセカンド、116Yからピン上にランド、グリーン奥の下り傾斜まで転がる。チップはカップ横2フィートにつける。

TVブース「わー、(申は)コンシードしないのね。」

申、15フィート(4.5m)のバーディパット入れる。オールスクエア。

14番409Y、ウィーはフェアウェイの右に打ち下り傾斜にかからず、申はフェアウェイ左に打ったので、ボールはいつまでも転がる。

このホールで初めてジーエイがウィーをオーバードライブ。TVによると申はボールを見てニコニコしていたそうだ。smile

両者パー。

*

Match_quaterfinal_15thfw_5w198y Match_quaterfinal_15thhole_2ndsho_2 15番401Y。申はフェアウェイから198Yの2打目、5Wを短く持ちピンハイ左へ。

ウィーはティーショットを左フェアウェイバンカーのさらに左の、丈の高い草に打ち込む。

これはバンカー越えのフェアウェイを狙って風で曲がったのか、それともミスショットか不明。昨日も同じようなところに打ってボギーにしたという。

ウィー、そこからグリーン前まで打つ。

3打目のチップはグリーンの傾斜を読み間違えたのか、ピン左7,8フィートに転がる。(キャディーはピンへの傾斜を予習してないのかな・・?)

ウィー、パーパット外して、申の1UP。このマッチで申が初めてUPになる。

Match_quaterfinal_16th_wie6i 16番167Y。ここも番手の差が甚だしい。申、7Wでピンハイ。ウィーは6番アイアンだったが、右バンカーに入れる。

高低差がものすごいバンカー。はるかにショートしてピンへ20フィートぐらいか。ウィーのファーストパットはカップを通り越す。

TV「何でウィーは申にパットさせるんだろう?」(申は2パットで勝ちなので)

ウィーのむっとした顔が写る。(笑)

解説バル・スキナー「たぶん頭から湯気出してるからでしょ。自分を取り戻すために時間を取りたいんじゃないの?」

Match_quaterfinal_16th どっちみち、申はバーディパット入れた。トドメを刺すような一発でした。

申、2UP!

Match_quaterfinal_deanharden 17番、ウィーはバーディパット入れられず勝負あった。

2&1で申の勝ち。彼女のキャディーはでかい。

直後のインタビュー。

申「午前のマッチが終わったあと、組み合わせを見てナーバスになってました。

ウィーはすごいロングヒッターだから。

今年すでに2,3回一緒に回っています。

彼女は今年は良いゴルフしてますね。

ちょっと心配してたんだけど。

ミスを犯さないようにしようと思って、そしたら勝てました。・・」

わたしはインタビュアーをおちょくってるのかと思ったぐらいだが、幾分か、あるいは相当は本心なのかも知れない。

彼女の嬉しそうな顔と達成感に溢れる表情で、そう思いなおした。

韓国のツァーにはマッチプレーがないから、申はこれが3回目のマッチの経験だそうだ。

どうだろう、これほどの飛距離の差はたった18ホールのマッチプレーのほうがはるかに響くのではないかと思う。

いずれ、メンタルが強い人ですね。この粘り強さは、おそらくツァー随一かも。

2,3週間前にTVが言っていたが、もっと飛距離が欲しいというのでシーズンオフからトレーニングを始めたそう。また体重も減らして、今年に入って15ポンド減ったそうだ。(約7kg)

見た目もずっと細くなったジーエイ・シンですと解説者が言っていた。細くslimmerって・・。coldsweats01

*

クオーターファイナルの結果

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 競技その後(笑) | トップページ | 競技ゴルフのスロープレー »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 競技その後(笑) | トップページ | 競技ゴルフのスロープレー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ