« 食べもの話あれこれ | トップページ | 競技その後(笑) »

初競技(ぷっ)

こういうのも競技と呼ぶのが妥当か知りませんが、アメリカではレディースクラブやマンズクラブの月例もトーナメントと称します。プロの試合と同じ。

このクラブに入会するときに最新5ラウンドのスコアとコースetc.入力するようにと書いてあったので、その通り入力したら11.3などという豪いハンディキャップになって・・・早くも後悔しつつ、申し込んだ以上仕方ないのでコースに行った。

着いたら、普通とは違う緑色のスコアカードを持っている人が何人もいたので、彼らがマンズクラブのメンバーだなと立ち話している3人の男性に近寄った。

アメリカ人の初老紳士が、「あなたがメリーだね。今日は僕と一緒に回るよ。」。

そばにいたマンズクラブの会長も紹介してくれ、会長はメンテナンス小屋の奥にある部屋で手続きなど教えてくれた。

最初の紳士が練習グリーンにいた奥さんを連れてきて紹介したが、彼女は日本人でした。smile

ファーストネームから日系人か日本人かなと推察していたけれど、こちらの生活が長いのでしょう、英語にほとんど訛りがなかった。

*

彼女とスコアカードを交換して、わたしが彼女のマーカー。

持参クラブ、1W、3W、9W、6番&9番アイアン、SW、パター。

女性は前の黄色ティーからだそうだ。

1番257Y。最初のティーショットから会心で、残り100Y弱だったが9番じゃあ届かないので6番アイアンで3クーオーターショットしようと企み、あっけなくミスショット。チップで1mにつけパー♪

2番317Y。2打目と3打目をどうしたか忘れたが、3オン2パットボギー。

(トーナメントのスコアカードは何も書き込めないので、記憶をたどって書いている)

3番121Y。6番アイアンでワンオン2パットパー。

日本人の奥さんと毎ホール後、お互いにスコアを言い合うことにした。スリー・ツゥー(スコア3、パット2)という具合に。最少パット数コンテストもあるのでパット数も書く。

それでわたしがスリーツゥーと言うと、彼女が「オーマイゴーシュ!」

4thhole_par4s 4番270Y。競技になるとさすがにあんまり写真が撮れない(笑)。このコース用に買ったへなへな小型バッグはスタンドがついてないから、ショットの度地面に置く。それに日傘も畳んで置いてだから、カメラまで出す余裕もない。

ここは1W+6番アイアンで、2パットパー。

ここまでは、上手い人かと思わせるようなゴルフだったが、だんだん馬脚を現し・・。

*

5番149Y。ここも10日前と同じようにアゲンスト。プレー距離が長いので3Wでも良いだろう。

良いだろうどころか、大引っ張りで左ツリーライン。ボールが見つかるかしら・・!?

幸い禿げ地の茶色いダートだったのですぐ見つかった。

9番で低いチップはエッジへ。パターで寄せてボギー。

6thhole_par5s 6番398Y(女性にパー5)。ここは白からだってパー取れそうなものに、毎度毎度ボギーだ。

今日もドライバーは良かったが、2打目も3打目も3Wをミス。フェアウェイに微妙なアンジュレーションがあって打ちにくい。4オン2パットボギー。

7番336Y。2打目がミス、3打目の9番アイアンがちょっと届かず、チップで拾えずのダボちん。やってしまったー。coldsweats01

*

8th_pa3_green 8番141Y?今日も変なお山のてっぺんのティーグラウンド。分かりやすいようにグリーンは緑で色をつけた。

3Wで一番低い木越えでグリーンの右半分を狙ったら、ピンハイ右ラフへ。チップを50cmに寄せパー。

*

最終ホール。(ここはエギュゼクティブコースといって9ホールのみ)

9番337Y。ドライバー会心。3W△、3打目は奥ピンへ70Yぐらいか。PWを持ってないので乗せれば何とかなるとSW。爪先上がりをダフってはるかにショート。

馬鹿馬鹿馬鹿っ。9番アイアンで3クオーターショットすりゃ良かったのにー。

グリーン前からのチップをトップしてshockグリーン奥。

馬鹿馬鹿馬鹿っ。さっきの3打目、9番アイアンでフルショットしたって同じとこに行ったわよぉー。

奥ラフからピンまで距離が無い下りチップ、カ~~ンでピンはるかに下へ。

ひぃーっ。

日本人の奥さんも驚いた風でした。(恥)

さっきから一人で打ってるのよね。

「もう何打打ったか分からなくなったー。」と言いながら、

渾身の上りパット、カップセンターから入ったのに1周して出る。少し強かったんだろう。

旦那さんのほうが、「7だと思うよ。」

「ちょっと待ってね。このホール、数えないと分からないから。」

・・・ウェッジの距離から5打かかっている。shock

良いゴルフをしていたのに、最後の最後でトリプルやりました。

女性にパー34、スコア42(パット15)

*

☆初めて競技に参加して気をつけたこと。

誤球しない。

☆初めて競技に参加して良かった点。

3パットしなかった、短いパットを外さなかった、お先パットを外さなかった。smile

☆自分のゴルフ評価

ここで8オーバーは良くないが、10日前より1打縮んだからまあまあだろう。

ということで楽しゅうございました。(^ー^)

*          *          *

ジャズピアニストのハンク・ジョーンズが数日前91歳で亡くなりました。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 食べもの話あれこれ | トップページ | 競技その後(笑) »

ゴルフラウンド」カテゴリの記事

コメント

ハンクジョーンズは名前しか知らないのですが、「サムシングエルス」でピアノを弾いていると言うことで、それなら、よく知っているなあ。ところで映像ではwillow weep me を弾いていますが「サラ・ボーン」の同曲を聴いたことがありますか?彼女がなにか冗談を言いながら歌うと聴衆と掛け合いで笑いがおきるのです。アドリブで何か歌うのですが残念ながら意味が分からずにいつも悔しい思いになります。
 機会があったら聞いてみて解説お願いします。(笑)ついでで気か向いたらで良いです。

>tonoさん

わたしもハンク・ジョーンズは名前に覚えがあった程度です。彼の逝去のニュースが、LAタイムズに大きく記事になっていたので調べました。中々良いですねー。彼は晩年遅くまで演奏していますね。

サラ・ボーンの同曲ですが、エラ・フィッツジェラルドなどを聴いてみると最後のほうはS・ボーンが歌詞を変えて歌っているのが分かります。
以下はレイ・チャールズ版の歌詞がネットにあったのですが、S・ボーンはこれで歌っていると思われます。
最後のほうで、

Weeping willow tree
Weep in sympathy
Bend your branches down along the ground and cover me

この後のフレーズで客が笑いだすでしょう?
即興と思われる歌詞は意訳すると、「この曲を上手く歌ったわ。私はもう終わってることになっているけど、まだ(歌は)終わってないから、このまま歌い続けるわ。Willow weep for me, willow weep for me・・」
と言ってると思うのです。

YouTubeで見つけたのは映像がないのでこれは推測のみですが、時間が押してサラ・ボーンの持ち時間は終わっているのに(あるいはショーの時間)、曲の途中でやめられないので即興の歌詞を入れたのではないかと感じます。
たぶん客に分かっていたのでしょう。誰かが合図したとか・・??


超 うれしいっす! 

長年の胸の支えが取れました。 すっきり便秘解消!(笑)

これは多くの日本のjazzファンの共通の悩みだったと思われます。周りの笑いに取り残される事は辛いことです。(爆)

ワーイワーイ! あのアルバム聞くのが楽しくなるぞお!

>tonoさん

すっきり便秘解消!には笑いました。
何度もスピーカーに耳を傾けて何とか聞き取れました。(笑)
あれだけ客が笑っているのですから、音には出てこないS・ボーンの表情とか「巻き」の合図など可笑しいことがあったのでしょうね。

>周りの笑いに取り残される事は辛いことです。(爆)

ほんとですよー。
わたしもいまだにあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食べもの話あれこれ | トップページ | 競技その後(笑) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ