« 下手になってる! | トップページ | 初ハンディキャップ »

NBAプレーオフを見て・・

今夕孫が帰ったあと、たまには他のチーム(LAレイカーズ以外)のプレーオフも見るかとTVをつけた。

イースタンコンファレンス・セミファイナル、クリーブランドVsボストンの6試合目。何とクリーブランドは2勝3敗であとが無い。

いやー既に2敗もしてるとは知らなかった。レイカーズは見なくても試合予定と結果は調べるのだけど。

今再放送しているが、最初からボストンが優勢だった。

わたしが見始めのは、4thクオーターに入ってすぐの頃で、ボストンの得点が止まりクリーブランドが差を少し詰めた。そこからのボストンの猛攻が素晴らしかった。

久しぶりにラシード・ウォレスを見た。まだまだ使えるのじゃないの。彼はレイカーズが今世紀最初に3年連続優勝した時期にポートランドにいたので、よくレイカーズ戦で見ていた。

Easternsemi_rajonrondo Easternsemi_rasheedwallace by NBAE Getty Images

左、4thクオーター中ばぐらいか、ボストン・セルティックスのロンドがシュートする振りをして、画面右側にいるラシード・ウォレスにパス。そこから入れて3ポイント。右、30番ウォレス。

残り3分ちょっとで、点差は14点だったと思う。クリーブランドに諦めムードが漂ってきたように感じた。

そこがレイカーズと違うところだ。(笑)

レブロン・ジェームスはレギュラーシーズン中はその才能をコービーと比較されるほどだったが、今日は彼一人でターンオーバー9回!

疲労や肘に痛みなどの原因はあったと思うが・・。

ボストン94、クリーブランド85で終了。

その終わった後が良かった。

Easternsemi_kevingarnett Easternsemi_lebronjamesgarnett Easternsemi_docrivers 左、セルティックスのケビン・ガーネット。中、ジェームスとガーネット。右、セルティックス監督ドック・リバーズとジェームス。

彼はセルティックスの選手全員とハグしていた。

こういうシーンはプレーオフで片方が消される試合でよく見るが、今日のセルティックス達のジェームスへの温かさ、コートを去るジェームスへ声援を送るボストンの観客。

わたしはタイガーのことを思い出し、ゴルフは紳士のスポーツと言われるが、NBAとどっちが紳士だ?と思った。

タイガーがしでかしたことは誰も誉める者はいないとしても、ゴシップメディアのみならずゴルフメディアやゴルファー達までコキおろす冷酷さ。

どれほどのPGAプロが離婚、再婚を繰り返しているか、いったいその原因は何だ!?

そのかなりは別なリレーションシップが出きたからだろう。

再婚した相手は、たいていは不釣合いなほど年下が多い。

タイガーの私生活をしたり顔に非難する面の皮の厚さと、四方八方からバッシングされている人間を更に叩こうとする根性の悪さ。

まあその道ではNFLやNBAはもっと凄いと思うが、取りざたされたのは聞いたことがない。まして選手同士が非難するなど想像外だ。

ゴルフはインディビデュアルのスポーツだから、嫉妬が激しいのだろうか・・?(笑)

*          *          *

Corinne Bailey Rae - Since I've Been Loving You

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 下手になってる! | トップページ | 初ハンディキャップ »

Sports」カテゴリの記事

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 下手になってる! | トップページ | 初ハンディキャップ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ