« テークバックでの左踵 | トップページ | べライゾンヘリテージ、ジム・フューリック今季2勝目 »

ボール製造停止

今日孫に買うものの下見にゴルフショップに行って、ついでにボールを買おうと思ったらいくら探しても見つからない。

出口のキャッシャー(レジがあるところ)で訊いたら、「もう製造してないですよ」

「えーっそんなぁー。一番気に入ってたボールなのに~。」

(みんな笑う)think

「気に入ったのが見つかると、メーカーは作るの止めるんですよね。」と若い店員はニコリともせずに言う。

Dtcarry Dt_solo 左、製造停止になった愛用ボールDT Carry。右、新しく出たDT Solo。

DT Carry とDT Rollというのがあったのですが、この2つを1つにしたのがSoloだとお店の子は言っていた。

(だいたい販売し始めて1,2年しか経ってないと思うが)

未練がましくなるのは、DT Carryに変えて飛距離が伸びたから。わたしのスイングスピードでもボールをクラッシュした感じがする。だから思い切って振れるというか・・。

たまにほかのボールを使うが、硬くて硬くて打ち負けてる感触。

ん~~~~~~~~~~~~ん。

わたしのように飛距離が無い者はティーからの5ヤード、10ヤードはものすごく大きいので、残念どころじゃない。

*         *          *

<グリーンサイドバンカーからのチェックリスト>

5月号の米ゴルフダイジェストのTipsコーナーに、フィル・ミケルソンのティップがあった。

☆ボールは真ん中より少し前足寄りに。かすかにハンドファーストにアドレス。短いスイングになりやすいよう足はオープンスタンスにする。

☆常にアドレスではクラブフェースをオープンにする(開く)。オープンフェースにするとソールのバウンス角を大きくし、深く砂を掘ることがなくなる。さらにロフト角も大きくなるので、ボールが早く揚がる。

☆早い時期に手首を折る(コックする)。テークバックで手首を曲げるとき、腕でスイングすることを制限する。インパクトのあとまで、その手首の角度を維持する。スイングを通してハンドファーストになっているように。

☆インパクトを通してフェースの角度を同じにする。フェースがクローズになるようにクラブを回さない・・それをやるとリーディングエッジがスイングにかかり「掘って」しまう。

インパクトを通してフェースはオープンに。そうすればアドレスでセットしたクラブのロフトが維持出来る。

訳者:文を読んだ時は何とわかりやすい表現だろうと思ったのに、日本文にしたらずいぶんややこしくなってしまった。(汗;)shock

プラス、わたしはアドレス時から両膝を飛球方向に曲げます。正面から見ると逆「く」の字。

これは(以前も書きましたが)PGAでパトリーグ・ハーリントンの下肢を見て解説のジョニー・ミラーが、アマチュアゴルファーが真似するべきバンカーショットのコツだと語っていた。

私見ながら、バンカーはわたし共へタレは「避けるにしかず」と思う。砂一なんかまぐれに過ぎない。出ればいいのだ出れば。

世界トッププロでもこんなもの、2009年PGAサンドセーブ率

1位ルーク・ドナルド64.4%

2位ケビン・ナ62.6%

3位タイガー61.8%

・・・・128位ミケルソン46%(うーん、これはバンカーショットのあとのパットが悪いのかも知れない)

その点、タイガーのセーブ率はピン近く打つというより、「パットに絶大な自信を持っているからバンカーショットでプレッシャーが無いのだ」というのがアーニー・エルスの分析。

最下位はカプルスの30%(これは腰痛によるものと思う。2000年は1位で66.9%)

*          *           *

YouTube、孫が先日友達とミニコンサートに行った、Jordin Sparks。孫はこの歌が一番好きだと言う。

*

*

Jordinsparks コンサートのあと販売している新アルバムCDを買うとサインをもらえるというので、二人は長いこと列に並んでサインと写真も撮らせてもらったそう。真ん中がジョーディン・スパークス。可愛いでしょ?化粧で大人っぽく見えるがまだ二十歳。

歌手発掘番組の『アメリカンアイドル』に最年少で優勝した子。

下は第6回アメリカンアイドルでトップ2に残ったときの歌。当時16歳。上手いですよね。

*

*

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« テークバックでの左踵 | トップページ | べライゾンヘリテージ、ジム・フューリック今季2勝目 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テークバックでの左踵 | トップページ | べライゾンヘリテージ、ジム・フューリック今季2勝目 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ