« 新5番ウッド(爆) | トップページ | LPGAの失態@クラフトナビスコチャンピョンシップ »

アーノルド・パーマー・インビテーショナル、エルス今季2勝目

月曜日に持ち越しのベイヒル、今朝まで雨が降ったそうで、残りホールのプレー再開は現地お昼ごろスタート。おかげで全部見られました。

エルス、11アンダー、一組前のケビン・ナーが9アンダーで追う。昨夕雷雨中止になる直前は、ナーが最も良いプレーをしていた。

昨日バック9の中盤からショットがぶれだしたアーニー・エルス、今朝は雨の中ホームコースのレイク・ノナ(タイガーのホームコース、アイルワースの隣)で練習し、「何かを掴んだので落ち着いて向かったが、それでもスタートホール15番でティーショットを引っ張った」と言っていた。

15番485Y、フェアウェイ左のファーストカット、爪先下がりのライ。セカンドはグリーンへのアングルがきつい。

グリーン面にランドしたが、左に転がり落ちる。チップで乗せ、6フィート(1.8m)のパーパットを入れる。

昨夕はダブルボギー、ボギーでコースを去ったのだから、このパーセーブパットは大きかった。

Bayhill_monday_16thrighttreeline by Getty Images. 16番511Y。ティーショットは右のツリーラインへ。そこからフェアウェイに出す(画像)。3打目103Yからピン右上30フィート(9m)へ。2パットパー。

この頃、一組前のケビン・ナーは16番グリーンでバーディ、10アンダーへ。エルスへ1打差に迫る。

*

17番パー3でもナーは素晴らしいティーショット。しかし17フィートのバーディパットは入るかと思った良いパットだったが、気持ちスピードが足りず、ローサイドに逃した。これが運命の分かれ目か・・。

Bayhill_17th_frontbk エルスはこの17番221Yをフロントバンカーへ。う~~ん、わたしにはスイングが今一だったように感じたが、どうだろう、打ってから風が落としたのかも知れない。

実に見た目の恐ろしい目玉だったが、解説のブライアン・シャンブリーは(エルスの)昨日の14番よりずっとイージーなバンカーショットだと言っていた。上りショット、ボールは半分埋まっているだけ。(とてもそうは思えなかったがsmile

セオリー通りのショットで(画像)、ピン下6,7フィートに打ち、これまた良いストロークでパーセーブパットを入れた。

ケビン・ナーは18番でティーショットを右ラフへ打ち込む。これで勝負あったり。ま、フェアウェイに出してそこからのアプローチがカップインすれば別だが。

ナーは、フェアウェイに出したあと、3打目をピン右へつける。パーセーブのチャンスは大いにある。

*

18番458Y。エルス、ドライバーで素晴らしいティーショット。フェアウェイ真ん中。

ナーは18番グリーンで、パーセーブパットを一転がりショート。あーあ。やっぱりねーと思った。ラインは完璧、ストロークも良いが17番でも微かに弱かった。ここも同じことだ。ナー、ボギーで9アンダー。

さて、エルスのセカンドは引っ張って(?)、グリーン上方、バンカーの間のラフ。

そこから上手いチップでピン手前につける。4,5フィートか。これも綺麗に入れて、結局15番、17番、18番でパーセーブパットを入れたのが勝因。

Bayhill_monday_winning1 Bayhill_monday_winning2 Bayhill_trophy 先週は出場していないので、エルスにとっては2試合連続優勝。

度々書いたことがあるが、タイガー、エルス、ミケルソンというのは他と才能のレベルが違うと思う。練習と準備に時間とエネルギーを注ぐ状況に自分を置いたら、まあこんなもんでしょう。smile

ビッグイージーはフロリダに家族を移し、米ツァーにスケジュールの重点を置くようになってほんとに良かった。

去年の何の試合の中継中か失念したが、解説のジョニー・ミラーが「これほど才能ある男がいつまでも不調でいていいわけがない。アーニーはもうすぐ出てくると思うよ。」と言っていた。

その言い方に情があって、わたしはホロリとしたものだ。

マスターズがますます楽しみです。

flagリーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 新5番ウッド(爆) | トップページ | LPGAの失態@クラフトナビスコチャンピョンシップ »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント


こんにちは。

一つ前の記事に入れたふたつ目のコメント、また消えちゃったみたいですね。
7Wも入れたらいいかも知れませんよ、って書いたんですが。
風とか登りとかで、3Wの方がDRより飛んだりしますしね、って。


まぁそれはいいんですが、解説が3日目の14番のバンカーショットで、「うわー、水分外れてる!危うく空振りになるぐらい。」とか騒いでましたが、スーパースロー動画見てもそういう風には感じませんでしたけどね。
バンカーショットなんて、ウエッジのフェースで打ってませんし、あれだけ砂がエクスプロージョンしてたら、どこかには出ていくでしょう。 たとえ意図したショットになってなくっても。

エルスの好調のお陰が大きいんですが、キャロウエイのFT-Tourドライバーがツアーデビュー以来勝ちまくってますね。 440ccらしいです。

米国のプロも、日本のプロみたいに、ちょっと460ccはデカ過ぎか?って思い始めたんでしょうか?(笑)

>やきそばパンZさん

エルスのバンカーショット、そうですか?
わたしから見ても相当トウ寄りで打っていたというか、ボールがトウからすり抜けそうに見えましたが。
だからグリーンにやっと乗っただけだったのでは?
エルスはバンカーショットが上手いので、目玉でも難しいライだったのでしょうね。

Doralの直前に今のドライバーに変えたそうですね。
プロトタイプじゃないですが、たぶんプロトタイプでしょう。(笑)
市販の棚にあるのとは違うと思いますけどね。



こんにちは。

いやー、もちろんミスショットだったとは思ってますけどね。
あわや空振りは大げさかと・・・。(^^;


私は自分で思ってもたいしたコメント入れてませんから、1個や2個無くなっても、ま、いいか、てところですので、お見逃しが出ても全然OKです。

ゆるーくブログをお楽しみ下さい。(^^)

>やきそばパンZさん

まあどんな状況でもエルスが空振りはしないでしょうね。(笑)

よくコメントを見逃す方もいるし、後日気がついてレス書く方もいるし、わたしも気にしないほうです。
GDOはコメントを入れるのにすごく混んで反映されない時がありますね。
管理人がレスを入れようとする時もあるらしいですよ。
ココログはそういう点ではマシだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新5番ウッド(爆) | トップページ | LPGAの失態@クラフトナビスコチャンピョンシップ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ