« 新サンドウェッジの使い心地 | トップページ | 新5番ウッド(爆) »

傲慢なわたし

木曜日に回ったコースは、砂と肥料(?)のつぶつぶがあって3分の2のグリーンは遅かったが、もともとのグリーンの手入れがいいのでイレギュラーにバウンスしない。

ワンパットが6つ、そのうちの4つは2m~6m。セカンドパットで4mぐらいのも入れた(それほどショートするのもどうかと思うが・・)。

そこで、転がるグリーンだとパットが入るんだから、パッティングストロークを心配することないやと思った。(←これが傲慢)

昨日ランチョの練習グリーンで練習したら、芝がアンイーブンに刈ってあるので、軌道が維持出来ない。段々頭に来てやめた。

*

86の内容を考えるに、ミスショットはあるが(当たり前)、まああんなもんだろうと思うから、何かあんまり反省する気になれない。(←これも傲慢)

欲を言えば、ティーショットが飛ばない、転がらないだったが、コースのデザインとフェアウェイの芝質の違いだから、仕方がない。

しかし、3Wの「×」印が6回もあるので(14回使用)、明日はレッスン取ることにした。

5333Yで14回使うんだから、プレー距離も長いがわたしの飛距離もショボイ。(笑)

ランチョだと19回ぐらい使います。

地面から打つのは難しいクラブなのでミスが出るのは自然ですが、わたしはギブアップするわけにいかないのです。ランチョの7番や13番は1W→3Wでグリーンオンを狙えるので。smile 

*        *         *

今日は米LPGA中継をちょっと見ていてアホらしくなった。

今週のキア・クラシックは新しいトーナメントで、LPGAは試合数が毎年減っているから新規スポンサーは救世主というところなのでしょう。

(キア・モーターズというのは韓国の車メーカーだそう。ロスでよく見かけるのは凄く小さいコンパクトカー)

3日目終了で5打差をつけて首位になっている韓国からのプロを、コースレポーターが礼賛する。(彼女は韓国LPGAでまだ米LPGAのメンバーではない)

「ニックネームは『フェアウェイのスーパーモデル』だそうです。常にフェアウェイキープするから。」

「強いゴルフだけではなく見た目にもこだわりたいというので、ゴルフウェアの彼女のライン(ブランド)も持っています。」

ここで解説のジュディー・ランキンまで、「きっとそのラインは彼女の国でよく売れてると思うわ」と合いの手を入れる。

「彼女は綺麗なだけじゃなく(WHAT?)、フェアウェイを歩く姿なんか品がありますね。」

ゴルフの内容以外でこれほど褒めるのは、スポンサーに対してのおべんちゃらだろうと悲しくなった。

Heekyungseo_sat_1 Heekyungseo_sat_2 Heekyungseo_sat_3 by Getty Images

このキアモーターズはミシェル・ウィーのスポンサーになりました。今日はビッキー・ハーストとウィーが同組で、ほんに見た目の良い二人だったけど、Yahooスポーツにはハーストの画像がなかった。

Kiaclassic_sat_wie

二人ともパットをよく外して、あれじゃあ勝てまいと思う。

キア・クラシック flagリーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 新サンドウェッジの使い心地 | トップページ | 新5番ウッド(爆) »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新サンドウェッジの使い心地 | トップページ | 新5番ウッド(爆) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ