« ゆるゆるグリップ | トップページ | ニッサンお前もか »

グリップそのもの

孫のレッスンを見ているとグリップの握り方が悪く、レッスン中は口を出すまいと思うが打席後方から見ている先生は気がつかないのかもと、「グリップ!」「グリップが正しくないヨ!」と注意する。

先生も左手をグリップの下にもっていかせ、次に右手で握らせ、それこそ正しいグリップをセオリー通りやらせるが、一度手を離すと同じように出来ない。

孫はパターを持つようにグリップする。両親指を縦にほぼ1直線に置く。

クラブを握るとき、右親指の根元を左親指に重ねない。良くないグリップなのはもちろん、孫の力で特にその握り方ではクラブの角度が維持出来ない。

先生が正しいグリップをやらせたあとは、球筋が良い。というかショットになっている。もう既にどうスイングするかは分かっているのだ。

それこそクラブを握るところからレッスンを取らせたのに、何で変なグリップをするのか腹が立つ。

Lesson_1 Lesson_2 

昨日は一番右端の打席でレッスン。左、3W、これは大して良くなかった。良いショットのときはキャリーで80Y飛ぶようになった。右、7番アイアン、たぶんダウンスイングに降りている途中。

Pro

真正面に立って孫が撮った先生のショット。たぶん7番アイアン?良いフィニッシュですねー。身体の柔軟性という点では硬くなっているんだろうけど、いまだにこれだけのフィニッシュが出来るのは凄いと思う・・・半世紀以上ゴルフクラブ振ってるからか・・?もともとの身体能力が違うのでしょうね。

Trees Highschoolteam Snack

左、練習グリーンの一番下でパットのレッスン。木の後方が9番グリーン。かなりの砲台。

中、2つのハイスクールゴルフチームが試合に来ていた。紫(ブルーに見える)のシャツがここらで一番強いらしい。タイガーもジュニアゴルフ時代に同様に来たそうです。(当時のわたしは無知で見逃した。think

右、レッスンが終わりメリー自家製のバナナケーキを食べる孫。このあとはミュージッククラスのレッスンなのです。

パットのレッスン時、「またパー3コースを回りたい」と先生に言ったそう。よしっ!

*

ロスは今日3月3日。わたしが子供の頃、母はいつも雛祭りに五目寿司(九州では散らし寿司と言う)を作っていた気がする。我が娘達が家にいた頃は自分も作ってやりました。

五目寿司を作るのも我が家ではわたしが最後の世代か。think

ということで、出来が悪い料理をアップするのも恥ずかしいが、さっき大急ぎで作った。

孫は錦糸卵が嫌いなので、右は孫用。真ん中は鶏肉の煮付け。海苔はしなびるので娘宅に行ったときにもっとのせる。

Gomokuzushi_2version

これから孫を迎えに行き、夕方はスピーチセラピーへ連れて行きます。孫はしばしば大人の女のように話すので、言葉が遅れているようにはとても思えないが(英語は学校でも進んでいるほう)、セラピーを受けることによって他の教科の理解を助けるらしい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« ゆるゆるグリップ | トップページ | ニッサンお前もか »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント


こんにちは。

うちの息子くんも、スピーチセラピーを受けています。
2ヶ国語をやらざるを得ませんので、どうしてもちょっと遅れがちになっちゃうんですよね。

まぁ、得意なことも沢山あるから大丈夫でしょう。(^^)

>やきそばパンZさん

うちの孫は3歳になってもほとんど喋らず、プレスクールの先生が検査してもらったほうがいいというのでそれからあちこちで調べました。
診断はつきませんでしたが(はっきり決められないケースもあるのでしょう)、わたしと娘は自閉症だと考えています。
でも知能検査では自閉症の特徴が出てなくて、普通なのです。

スピーチセラピーは4年近く通っています。
よく喋るんですけどね。(笑)
いつもわたしの英語を訂正してむっとしますよ。
アメリカは他の国に比すと、治療や教育が進んでいると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆるゆるグリップ | トップページ | ニッサンお前もか »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ