« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

LPGAの失態@クラフトナビスコチャンピョンシップ

今夜ゴルフチャンネルで仰天する話を報道していたが、話の後半しか聞けなかったのであちこち探した。今のところ、ネットで報道しているのはゴルフチャンネルのみ。

ややこしいので、すみませんが、よーくお読み下さい。番号は経過の順番。

1.今日のアーノルド・パーマーコースでのプロアマ出場予定のエイミー・アルコットが棄権した。

(メリー注:前夜までヘレン・アルフレッドソンのプロアマ出場待機リストは3番目のままだったというのだから、アルコットの棄権はぎりぎりになっての表明と推測する)

待機リスト1番目のソン・ホワ・リーがA・アルコットのスポットを埋めることになった。

待機リスト2番目だったマリア・ヨースが1番目に繰り上がり、3番目だったヘレン・アルフレッドソンが2番目になった。

2.8:40amのティータイムに現れなかったパティー・シーハンの代わりに、待機リストのマリア・ヨースを呼ぼうとしたが連絡がつかなかった。

LPGAオフィシャルは、シーハンが現れなかった理由はトーナメント側との「ミスコミュニケーション」と言っている。

(メリー注:これも怪しい説明ではないか。単なる連絡の行き違いとは思えない)

3.それから、LPGAオフィシャルは待機リスト2番目のヘレン・アルフレッドソンに連絡しようとしたが、つかなかった。

次の待機リストのアルタネートであったナタリー・ガルビスが呼ばれたが、1年に一度使える、プロアマ免除の権利を使用して出場しなかった。

結局ミシェル・ロッドマンがシーハンのスポットを埋めることになった。

報道記事はこちら

アルフレッドソンは試合“棄権”回避のため、「プロアマに出場出来たのに、オフィシャルからコンタクトがなかった」とアピールしたが拒否された。

1~3の経過とは関係なく、シャンシャン・フェン(中国)もプロアマのティータイムに遅刻し、“棄権”となった。彼女は火曜日のプロアマ。

Helenalfredsson_oregonga Helenalfredson_evian2008_3 Helenalfredson_evian2008_2 by Getty Images

右2枚は2008年エビアン・マスターズ優勝時のヘレン・アルフレッドソン。

この「棄権」は、ルールはルールで仕方がないと片付けられるケースではないように感じる。

疑問は数々あるが、一番憤慨するのはLPGAのサイトにこのニュースを書いてないことだ。93年のナビスコ優勝者、去年のソルハイムカップ・ヨーロッパチームキャプテンの話ですよ。1試合にプロアマを逃したという理由で3人も不出場になっているのに!

始まっていないリーダーボードに、棄権者として既に4人の名前があるのは奇異でならない。メジャーだというのに。

did not start って何だ!

リーダーボード

LPGAは何かうらめしくていけない。think

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

アーノルド・パーマー・インビテーショナル、エルス今季2勝目

月曜日に持ち越しのベイヒル、今朝まで雨が降ったそうで、残りホールのプレー再開は現地お昼ごろスタート。おかげで全部見られました。

エルス、11アンダー、一組前のケビン・ナーが9アンダーで追う。昨夕雷雨中止になる直前は、ナーが最も良いプレーをしていた。

昨日バック9の中盤からショットがぶれだしたアーニー・エルス、今朝は雨の中ホームコースのレイク・ノナ(タイガーのホームコース、アイルワースの隣)で練習し、「何かを掴んだので落ち着いて向かったが、それでもスタートホール15番でティーショットを引っ張った」と言っていた。

15番485Y、フェアウェイ左のファーストカット、爪先下がりのライ。セカンドはグリーンへのアングルがきつい。

グリーン面にランドしたが、左に転がり落ちる。チップで乗せ、6フィート(1.8m)のパーパットを入れる。

昨夕はダブルボギー、ボギーでコースを去ったのだから、このパーセーブパットは大きかった。

Bayhill_monday_16thrighttreeline by Getty Images. 16番511Y。ティーショットは右のツリーラインへ。そこからフェアウェイに出す(画像)。3打目103Yからピン右上30フィート(9m)へ。2パットパー。

この頃、一組前のケビン・ナーは16番グリーンでバーディ、10アンダーへ。エルスへ1打差に迫る。

*

17番パー3でもナーは素晴らしいティーショット。しかし17フィートのバーディパットは入るかと思った良いパットだったが、気持ちスピードが足りず、ローサイドに逃した。これが運命の分かれ目か・・。

Bayhill_17th_frontbk エルスはこの17番221Yをフロントバンカーへ。う~~ん、わたしにはスイングが今一だったように感じたが、どうだろう、打ってから風が落としたのかも知れない。

実に見た目の恐ろしい目玉だったが、解説のブライアン・シャンブリーは(エルスの)昨日の14番よりずっとイージーなバンカーショットだと言っていた。上りショット、ボールは半分埋まっているだけ。(とてもそうは思えなかったがsmile

セオリー通りのショットで(画像)、ピン下6,7フィートに打ち、これまた良いストロークでパーセーブパットを入れた。

ケビン・ナーは18番でティーショットを右ラフへ打ち込む。これで勝負あったり。ま、フェアウェイに出してそこからのアプローチがカップインすれば別だが。

ナーは、フェアウェイに出したあと、3打目をピン右へつける。パーセーブのチャンスは大いにある。

*

18番458Y。エルス、ドライバーで素晴らしいティーショット。フェアウェイ真ん中。

ナーは18番グリーンで、パーセーブパットを一転がりショート。あーあ。やっぱりねーと思った。ラインは完璧、ストロークも良いが17番でも微かに弱かった。ここも同じことだ。ナー、ボギーで9アンダー。

さて、エルスのセカンドは引っ張って(?)、グリーン上方、バンカーの間のラフ。

そこから上手いチップでピン手前につける。4,5フィートか。これも綺麗に入れて、結局15番、17番、18番でパーセーブパットを入れたのが勝因。

Bayhill_monday_winning1 Bayhill_monday_winning2 Bayhill_trophy 先週は出場していないので、エルスにとっては2試合連続優勝。

度々書いたことがあるが、タイガー、エルス、ミケルソンというのは他と才能のレベルが違うと思う。練習と準備に時間とエネルギーを注ぐ状況に自分を置いたら、まあこんなもんでしょう。smile

ビッグイージーはフロリダに家族を移し、米ツァーにスケジュールの重点を置くようになってほんとに良かった。

去年の何の試合の中継中か失念したが、解説のジョニー・ミラーが「これほど才能ある男がいつまでも不調でいていいわけがない。アーニーはもうすぐ出てくると思うよ。」と言っていた。

その言い方に情があって、わたしはホロリとしたものだ。

マスターズがますます楽しみです。

flagリーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

新5番ウッド(爆)

ちょっと思うところあって、5Wをバッグに入れようかなと考えた。(今は3Wとロフトの違う9Wを2本)

(電話)

メリー「あんたの5ウッド借りてもいい?」

娘「いいよ。どこにあるの?」(爆)

メリー「どこにあるって、あんたのゴルフバッグの中よ。」

娘「うちにあるの?」

メリー「ガレージの中に置きっぱなしじゃないの。」

娘「あーそうだっけ?」

こういう風だから、娘に持たせておくのは無駄。彼女は1W・5W・7Wを新しく買って、1回練習場で打ったっきり。

*

というわけで、今日のレッスンの前に娘宅にすっ飛んでいって、5Wを持ってきました。

Burner5w (日差しが強すぎて反射しています@ランチョの駐車場)

左がわたしのテーラーメード・バーナー3W、右が新しい型のバーナー5W。いずれもレディース。

「これ、娘の5Wだけど、買ってからコースに出たこともない人だから・・・」と先生に見せたら、

「孫の5Wだろ。(笑ってクラブを見る)」

「あの子があと6インチ、いや4インチ(10cm)背が伸びたら、このクラブが打てるよ。」

*

今日は3Wのレッスンを取る気だったのですが、最初にPWを打たせられ、そこでスイングをしこたま直されてweep、5Wを打たせてもらえた時はボールが最後の数球になっていた。

もう30分延長は腰に無理なので、しぶしぶ諦めました。

5Wは一冬ガレージで年越ししたせいか、レディースシャフトなのに硬く感じて、最初は右にふけた。打ち切れない感じ。

3,4球で当たりだし、先生に「その球が打てたらどこにでも行けるよ。」(どんなコースでも回れるよの意)と褒められた。smile

3Wとともに、また練習してみます。

*

5Wの理由。

最近フェアウェイの硬いところを転がったりすると、今まで諦めていたホールでパーオンが狙える場所まで行っていることがある。

ランチョは砲台が多く、わたしの低弾道3Wでは土手を登らない。というわけで球がいくらかでも高い5Wを使ってみようと思っています。

26度のほうの9Wを抜けば14本以内になる。(呆れ)

池がないコースだと、良いショットを打てばパーオンになるものならトライしませんとね。ミスしてボギーだから。wink

Mossphlox 娘宅の近所のうち。これは芝桜だと思います。

日本の最近の三寒四温もすさまじいが、ロスも気温差が激しい。木曜日に回ったときは最高気温18℃ぐらいだったのに、昨日今日は29℃。

明日から子守復帰。

*

追記。

PGAのアーノルド・パーマーインビテーショナルは雷雨中断後、再開はなく4ラウンドの残りは月曜日になりました。

最終組のアーニー・エルスは13番フェアウェイバンカーから池ポチャのWボギー、14番目玉バンカーショットでボギーの11アンダーながら、2打差で依然として首位。

Bayhill_sun_14th_bk_beforesuspended by Getty Images. 14番のバンカーショットは、あやうく空振りするところだった。クラブのトウがかろうじてボールにコンタクトし、グリーン上には出た。

圧倒の安定プレーだったが、ショットがぶれだし、バンカーにばかり入りだしたので、この雨天延期はアーニーにはラッキーだったかも。

ま、勝つでしょう。(笑)

flagリーダーボード

ゴルフチャンネルが月曜日に残りホールのライブ中継をするそう。東部時間の午前10時、ウェストコーストの7時から。早っ。

*         *         *

<YouTube>

懐かしいビデオ発見。(ハリウッド女優)ジェーン・フォンダの初代「ワークアウト」ビデオ。82年。

ビギナー用になってるが結構きついのです。関連動画のところに、2~5もあります。

Jane Fonda's Original Workout

彼女は近年も映画に出るが、いまだに太らずグッドシェープですね。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

傲慢なわたし

木曜日に回ったコースは、砂と肥料(?)のつぶつぶがあって3分の2のグリーンは遅かったが、もともとのグリーンの手入れがいいのでイレギュラーにバウンスしない。

ワンパットが6つ、そのうちの4つは2m~6m。セカンドパットで4mぐらいのも入れた(それほどショートするのもどうかと思うが・・)。

そこで、転がるグリーンだとパットが入るんだから、パッティングストロークを心配することないやと思った。(←これが傲慢)

昨日ランチョの練習グリーンで練習したら、芝がアンイーブンに刈ってあるので、軌道が維持出来ない。段々頭に来てやめた。

*

86の内容を考えるに、ミスショットはあるが(当たり前)、まああんなもんだろうと思うから、何かあんまり反省する気になれない。(←これも傲慢)

欲を言えば、ティーショットが飛ばない、転がらないだったが、コースのデザインとフェアウェイの芝質の違いだから、仕方がない。

しかし、3Wの「×」印が6回もあるので(14回使用)、明日はレッスン取ることにした。

5333Yで14回使うんだから、プレー距離も長いがわたしの飛距離もショボイ。(笑)

ランチョだと19回ぐらい使います。

地面から打つのは難しいクラブなのでミスが出るのは自然ですが、わたしはギブアップするわけにいかないのです。ランチョの7番や13番は1W→3Wでグリーンオンを狙えるので。smile 

*        *         *

今日は米LPGA中継をちょっと見ていてアホらしくなった。

今週のキア・クラシックは新しいトーナメントで、LPGAは試合数が毎年減っているから新規スポンサーは救世主というところなのでしょう。

(キア・モーターズというのは韓国の車メーカーだそう。ロスでよく見かけるのは凄く小さいコンパクトカー)

3日目終了で5打差をつけて首位になっている韓国からのプロを、コースレポーターが礼賛する。(彼女は韓国LPGAでまだ米LPGAのメンバーではない)

「ニックネームは『フェアウェイのスーパーモデル』だそうです。常にフェアウェイキープするから。」

「強いゴルフだけではなく見た目にもこだわりたいというので、ゴルフウェアの彼女のライン(ブランド)も持っています。」

ここで解説のジュディー・ランキンまで、「きっとそのラインは彼女の国でよく売れてると思うわ」と合いの手を入れる。

「彼女は綺麗なだけじゃなく(WHAT?)、フェアウェイを歩く姿なんか品がありますね。」

ゴルフの内容以外でこれほど褒めるのは、スポンサーに対してのおべんちゃらだろうと悲しくなった。

Heekyungseo_sat_1 Heekyungseo_sat_2 Heekyungseo_sat_3 by Getty Images

このキアモーターズはミシェル・ウィーのスポンサーになりました。今日はビッキー・ハーストとウィーが同組で、ほんに見た目の良い二人だったけど、Yahooスポーツにはハーストの画像がなかった。

Kiaclassic_sat_wie

二人ともパットをよく外して、あれじゃあ勝てまいと思う。

キア・クラシック flagリーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

新サンドウェッジの使い心地

孫がいないと暇でブログ更新ばかりしています。smile 明日フロリダから戻ってきます。

*

インダストリーヒルズGCのもう1つ、アイゼンハワー(アイク)コースはまたいつ行けるか・・。

自分にとってはスコアメークという意味ではアイクコースのほうが難易度が高いです。何しろ長い。(そりゃ白から回れば長いだろ・・爆)

ということで、ロス近郊在住のやきそばパンZさんがコース紹介を書いておられます。よかったらご覧下さい。

やきそばパンZさんのブログ An Open-and-Shut Golf

カテゴリーの「ゴルフコース」にロス近郊のコースがたくさん紹介されています。同氏の紹介記事flagインダストリーヒルズ、アイクコース

なおグリーンフィーは乗用カート代を含め、平日アイク$105、ベーブ$90。週末は各$145、$130とちょっと高め。

わたしはシニアレートなので、平日はディスカウント♪(年取って何か良いこともあるのですwink)各$80と$70。

普段回るコースはカート込みで42ドルです。

近かったら、インダストリーヒルズはもっと頻繁に行きたい。

*         *

それで数日前に買った新しいサンドウェッジ。Cleveland_cg15_56_14bounce_001

クリーブランドCG15、56度バウンス14。ろくに練習せずでしたが使いやすかった。

フルショット(ほとんどフルショット)で使ったのが、フェアウェイからの上り50Y。◎

このクラブはキャリー50~55Yだと思う。

30~40Yで使ったのが、5回。いずれも上り。ショットはどれも◎。

バンカーから。10番では砂が表面下グジュグジュで、1発で出なかったがこれはしょうがない。2回目は良いライだったので出た。

ほか2回の、パー3でのグリーンサイドバンカーからは◎。

たぶん、失くしたナイキフォージドのほうがバンカーからはもっと出しやすかったと思うが、フェアウェイやラフ、どこからもライを選ばないという点ではこのサンドウェッジのほうが容易だと思う。

カップに非常に近いところからの(カラーなどから)、低く出すチップは使用する場面がなかった。

合格・・・って、どっちが。クラブ?使い手?smile

*        *        *

<YouTube>

こんなに痩せて・・。weep 

中森明菜 note(97年ライブ)

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

難関インダストリーヒルズ・ベーブコース/バック9、10ラウンド目

コース紹介を書いています。ベーブコースのフロント9は1つ前の記事です。

10th_doglegleft_s 10thgreen_s

左、10番左ドッグレッグ赤から362Y。ティーショットは完璧だった。2打目の3Wが×、3打目フェアウェイから8番アイアン。これがちょっと足らず、バンカーの上のラフから転げ落ちた。

右、そのバンカー。顎が一番高いところ。砂が濡れていて(雨は降ってないのでスプリンクラーの水か?)、バンカーショット1回目出ず。2回目出して、トリプル。shock

11thhole_crookedfw_s 12th_par4 左、11番人差し指を曲げたように、左へ左へとドッグレッグしていくパー5。左ラフに転がって落ちてこず、4打目を3Wで叩き出してオン。

右、12番パー4。フロントバンカーを避けるため、2打目は9Wでグリーン右へ打った。

*

なぜか、ここから3連続パー。

13th_par3_s 14th_par3_s 15th_par4_s

左、13番池越えパー3。赤から133Y。以前は白151Yから少し後ろにティーアップしてドライバーを打っていたので、赤から何を打っていいか困った。赤ティーはもう一段下のひな壇で、池が水平に見える。

3Wミスショットで池をかろうじて越え、ラフを少し転がった。バンカー越えのチップをSWで、3.5mへ。

中、14番パー3のグリーン。ティーグラウンドは右側。9Wを左バンカーに入れ、ピン4m下へ。

右、上りでフェアウェイが左、グリーンへ右と蛇行して難しい。グリーン下からはきつい上りで、奥ピンへ96Yを6番アイアンで打った。(笑)

*

16th_doglegleft_s 16th_fromred_s_2 16thgreen_s_2 左、16番長いパー4。打ち下ろし。青ティー脇から撮った。フェアウェイがかろうじて見える。

中、赤383Yティーグラウンドから。ここからでもどこを狙うかが難しい。このホールは特にティーショットを完璧に打たないとボギーは取れない。 右、グリーン。

17番は池越えのパー3だが写真を撮る時間がなかった。赤ティーグラウンドは左の別な場所にあるので、池はプレーにかからない。

18th_doglegleft_s 最終18番パー5、ゆるやかな左ドッグレッグ上り。グリーンはかなり上っている。左奥ピン、めちゃくちゃな傾斜地に切ってあった。やっぱりねーの3パット。

INは、パー3が3つ、パー5が2つで、パー35の設定。

*

コース内外の景色。

Pacificpalms Parkway これは朝撮ったもの。左、一般道からコースへ入っていくコーナー。右、コースへの専用道路。カントリークラブコースのよう。(年間会員はあるが、パブリックコース)

Arbor_s Arbor_view_s Cablecarstation_s コースからクラブハウスに戻る途中で。左、こういうの日本語で何と言いましたっけ?(汗;)中、そこからの景色。左手にももっと市街地が見える。

右、ケーブルカーの発着所。昔はベーブコースをホールアウトすると、カートごとケーブルカーに乗って上がってこれたものです。もう長いこと使ってないのではないかと思う。

Hotel_s Snackhouse_s 左、上のケーブルカーの駅からホテル方向。右、軽食レストラン。今もオープンしているのか不明。(そうは見えなかったが、おじいさん達が外のテーブルに座っていた。)

ここはホテル付きで、1ラウンド込みの宿泊もあります。

コースサイト Industry Hills Golf Club

*

スコアカードは写真を撮った場所と時間まで書いているので、きわめて汚いです。Scorecard_2

トーナメントティー6826Y(一般には使用させない)、青6552Y、白6088Y、赤5333Y。男女ともパー71。

女性の赤からのコースレート72.1、スロープ133。

スコア41・45、パット31。

トリプルボギーが2つもあったが、自分としては非常に良いスコアだと思っています。グリーンは先週ぐらいに穴あけしたのかまだ砂が残り、半分のグリーンは非常に重かった。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

難関インダストリーヒルズ・ベーブコース/フロント9、10ラウンド目

ロス近郊で最も好きなコース。ちょっと遠いのと暑くなる地域なのでなかなか行けません。

もしロスにいらっしゃることがあったら、ぜひ体験していただきたいと思うコースです。

インダストリーヒルズは18ホールが2つあり、昔から全米オープンの地区クオリファイやシニアツァーのクオリファイなどに使われています。

アイゼンハワーコース(通称アイク、ともかく長い)、ザハリアスコース(通称ベーブ、こちらのほうがトリッキーと思う)、どちらも難関です。

今日はベーブコースに行きました。わたしはこちらのほうが断然好きです。

Downtown 朝の通勤ラッシュにかかったので、ダウンタウンを通過するまでの19kmに35分もかかり、残り35kmを25分で爆走。往路1時間かかったのは初めて。think

1sttee_blue_s 1stfw_hotel_s 1stgreen_s 左、1番ホール、青ティーからの眺め。真ん中に緑の開口部、あれがフェアウェイ。怖っ。

中、フェアウェイからクラブハウス方向を振り向く。ホテル。昔はシェルトンだった。右、グリーン。

実はベーブコースももう1つのアイクコースも、白ティーからしか回ったことがない。赤から回るのは今日が初めて。1W&7番Iで手前エッジにオン。

2ndhole_s 2ndgreen_s 3rddoglegright_s 3rdfwtogreen_s

左、2番短いパー4。左から2、2番グリーン。1,2ホールともグリーンは横に広く奥行きがない。長い番手で打つと大事。

左から3、3番右ドッグレッグ。曇天で残念です。このホールはパームツリーと花と青空ですごく綺麗なのです。右、フェアウェイからグリーン方向。

ドライバーでどこまで届くか不安だったので3Wでティーショットしたら、てんで短かった。1Wで良かった。

*

4th_par4_s 5th_par4_s

左、4番赤から317Y。ティーに立つと距離より短く感じるが上りがきつく、プレー距離は長い。ドライバーは良かったが残り165Yもあった。右、5番パー4。最初の数ホールはセーターを着ていても寒いぐらい。フェアウェイの芝付きが良いが転がらない!

6th_par5_s 7th_par3_s 7thgreen_s 左、6番ゆるい左曲がりパー5。上りがきついうえ、フェアウェイが右から左に傾斜しているので、全てのショットが難しい。この両側のラフのタフさ、このコースでも屈指。

ちなみに、どこのラフもボールは落ちてこない。(笑)

中、7番パー3。トーナメントティーから300Y、青から241Y、白220Y、赤170Y。右、そのグリーン。ドライバーでぎりぎり乗りました。

*

8th_doglegright_s 9thtee_s 9th_tree_s 左、8番右ドッグレッグ。赤からたった314Yなのに、そのプレー距離の長いこと。砲台グリーン下の土手はきついラフ。わたしは左ラフから9番アイアンが振り切れなかった。

中、9番赤から222Yの短いパー4だが、白より後ろのティーからはティーショットが非常に狭い。

右、右から張り出した木が常にプレーにかかる。ここも3Wでティーショットしたが、ドライバーで木とバンカーの間を狙うべきだった。

フロントはパー3が1、パー5が1のパー36。

短いことが幸いして(?)、難コースながら5オーバーと大健闘♪

バック9のコース紹介は後編に続く。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

クリーブランド・サンドウェッジ購入

ということで、ゴルフショップを再訪。

昨日店を出る時レジのカウンターにいたお兄ちゃんが愛想良く、(何も買ってないのは明らかなのに)「サンキュー!」と言ったので、「明日戻ってくるわ」とわたしもにっこり。

今日お店に入ったら、「ウェルカム・バック!」

ああいう子は出世するな。っていうか出世しないとしたら上司に目がないか会社が馬鹿だ。顔も利発そうな。

このショップの従業員のかなりはわたしの顔を覚えているが、このお兄ちゃんは新顔だった。チェーンのよその店舗から移ってきたのだろう。

*

昨日試打した中古ウェッジはもう無かったです。みんなよく見てると感心した。デモクラブだったのか知らないが、かなりキレイだった。

ロフトは自分の欲しい物とは違うが、クリーブランドCG15のオイル・クエンチ(胴色)と同型のブラック・パールを打ち比べた。

同じクラブのはずだけど(店の人は言った)、オイル・クエンチのほうが打感が柔らかい気がしたのでそっちを選びました。

Cleveland_cg15_56_14bounce_001 Cleveland_cg15_56_14bounce_hosel Cleveland_cg15_56_14bounce_lasermil クリックすると大きくなり、再度クリックでもっと大きくなります。

CG15 OilQuench。56度バウンス14。ランチョのチッピングエリアで撮影。

右、グルーブの両端に、LASER MILLEDの文字が入っている。ゴルフチャンネルで、レザーで溝を入れている映像のコマーシャルが流れていた。(笑)

<初練習の印象>

まあ、打ち易いウェッジだと思う。

20歩ぐらいのチップはよく感覚が合った。ほんとのグリーンではないので距離感は言いがたいが、たぶん大丈夫でしょう。

芝が薄いライからの短いローチップは、球がホットに出る気がするので、トウ寄りで打たないといけないと思う。

キャリーで30Yぐらいの高いショットは、ほかの人がいたので打ちにくく、まともに当たらなかった。

昨日ラウンドの今日では腰に堪えるので、20分ぐらいで止め。

今週のいつか夕方遅い時刻に、担いで回ってコースで試そうと思います。

米クリーブランド社でのサイトCG15 OILQUENCH

ロスは消費税が高く、ウェッジ1本で$131もした。

131ドル分はチップが上手くなりたい。smile

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

昨日の同伴者

先日、アスレティックな1本足のゴルファーのことを書いたが、昨日同組だった一人は左足が不自由な年配男性だった。

医学知識はないが、脳溢血か何かの後遺症で片足の麻痺が残ったというような感じでした。

不自由なほうの足に体重を乗せるのは非常に困難な様子。よって独特なスイングになるんだけどとても効果的で、結構長くこの身体的条件でゴルフやってこられたんじゃないかと思う。

ほとんど右足だけで立ち、左足は左後方に添えるだけというスタンスで、バックスイングは非常に短く、ニック・プライスどころじゃなく速い。

ボールとクラブフェースのコンタクトがいいので、だいたいは真っ直ぐ飛んでいきます。

*

最初、気難しい人かと思った。

1番グリーンで、彼のボールをマークしようとした他の人に「ボールに触らないでくれー!」と大声で。coldsweats02

「自分でマークするから。」

「人にボールを触られるのは縁起が悪いんだ。これからも僕のボールは絶対触らないでくれよ。」

ルール上は本人しかボールをマークして拾ってはいけないが、ロスでは当人がグリーンに来るまで時間がかかる場合、他者がマークしてあげる。初対面同士だと、断わってからマークすることが多いとは思う。

わたしは、「マークしましょうか?」と訊いてマークする。

これをやる目的は、プレーを効率よく速くするためと思う。セルフで、へたれも上級者も混じって回るわけですから。バンカー均すのだって、時間がかかるでしょ?(笑)

*

ところがどっこいおもしろい人で、人のショットに全部コメントする。(笑)

良いティーショットには、“You are the man!”(爆)

パットを外すと、“You just showed her a line.”(彼女にラインを教えてやったんだね)

次のホールで前が進むのを待っている間、カートに座りフードをかぶってハンドルにかがみこんでいる。

気分でも悪いのかしらと見ていると、人差し指をスコアカードにトントンしながら、スコアを数えている!

だいたい数えなきゃいけないほど叩いてないのに。

1番と2番は長ーいパット入れてパー。3番上手いチップしてパー。4番3パットボギー。5番パー。6番パー。

人のミスショットにはジョークを言って慰めるが、本人はミスショットや3アットすると驚くほど悔しがる。(罵ったり、クラブを投げたりはしない)

昨日は4サム全員はかばかしくなくて(爆)、悔しがるほど立派なゴルフもしてないのに可笑しかった。

*

難しいライ。

不自由なのが左足だから、左足下がりのライで打つのは非常に難しいようでした。(これは、先日ブログに書いた1本足ゴルファー、マニュエル・デ・ロス・サントスの奥さんも言っていた) 

それからバンカーショットも出せることは出せるがという感じ。

あとはゴルフをするのに支障はないようでした。身体に不自由がある人は、カートでグリーンぎりぎりまで乗れる。

グリーン上ではどんなに長いパットを残しても、人のラインにかからない限りお先する。(これも長いのをよく入れる)

カップのボールはパターの先につけたゴム吸盤で取ります。

*

カートにiPhonを乗せてるのか、音楽をかけていてティーグラウンドで待つ間、フェアウェイで待つ間、ちょっと音を上げる。

選曲は多岐にわたって(爆)、ラップ、ヒップホップ、ジャズ、ブルース。

わたしが聴いていると、“I'm old school, ma'am.”(僕は古い人間なんですよ、奥さん)

*

さらに驚いたこと。

ホールアウトしてスターターウィンドーのそばにいたら、彼は自転車に乗って帰ろうとしていた!

ここでも彼は最高のジョークをわたしに言う。

“You need a ride?”(きみ、アシが要るの?)

わたしはこの自転車についてしばし考えた。

だから彼はグッドシェープなんだ。まったく太ってない。

自転車はいわゆるスポーツサイクル型。

年齢は知らないが、わたしよりずっと上だろう。

今冬のパラリンピックの開会式でTVが言っていた。(身体の障害で)何が出来ないかではなく、何が出来るかだと。

ポジティブさが素晴らしい。

*

:

:

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

意気消沈の9ラウンド目

娘と孫が今日からフロリダ州オーランドに1週間遊びに行きました。ちょっと遠くにゴルフしに行こうかと思っていたが、その地区は気温が上がる予報だったのでやめてランチョにした。

オーランドはタイガーが住んでいる街です。孫はタイガーの家に通りかかったら写真を撮って送るからと言っていた。smile

*

今日はもうえらいことでした。

1番パー4の3打目を右バンカーに放り込み・・9番アイアンで(馬鹿かばチンドン屋)・・サンドウェッジを出そうとしたらバッグに入ってない。

えーっ、えっ、えっ!?トランクに入れっぱなしかな・・。

仕方なし52度を短めに持ってバンカーショットは良かったが、奥まで行ってしまった。

2番女性にパー5はグリーンに乗ったので、ノープローブラム。

3番140Y、ピンセンター。風がアゲンストだったので3W打ったら、当たり過ぎて逆瓢箪型の長いグリーンの左奥ラフまで。

仕方なく人のSWを借りて、長ーいチップを1mちょっとに寄せた。けどパットは外した。

4番を終え、5番ティーで詰まっていたのでカートで戻り車を見に行ったが、トランクにも入ってない。

ああ~ああ~あぁ~~~~。

失くしたのは確実。クラブはゴルフバッグの中かトランクの中。

チップイップスが消え、せっかくせっかく寄せられるようになっていたのに。

<下は人のSWを借りてチップしたホール>

○5番パー4で、35ヤードぐらいのチップはピン上3.5m。パット入れられず。

◎8番153Y、ピンフロント。風はアゲンスト、ドライバーのティーショットは右ラフ(いつもいつも同じところに行くのは何ゆえか!?)

下りチップをピン上1mに寄せてパット入れた。

●12番171Y。ドライバーのティーショットは駄目。カップが見えないところからのチップがショートしてグリーンに乗らず。weep

もう1回SW、ピン左3mへ。パット入れた。

●14番パー4、砲台グリーンの手前土手からのチップ。やはりカップ見えず。ショートしてグリーンにかろうじて乗っただけ。angry

○15番パー4、右バンカー上のラフからの4打目(!)。30Yのチップ、まあまあ。

●16番157Y上り、1Wのティーショットはピンハイ右ラフ。と言っても土手の下だからピンの上半分しか見えない。高いクローバーのタフなライで、グリーンに乗らず。crying 

再度SWでのチップは2mにつけ、パットは入れた。

もっと悲惨なのが、

●17番パー5、左グリーン。ティーショットから全てが悪く、4打目のAWを引っ張り左バンカーへ。

左奥あごぎりぎりで、やっと立てる、きつい爪先下がり。

ピン、すぐそこ。weep

ボールを直接打って、反対側のラフへ。これがクローバーとキクヨグラスが混じったタフなライで、チップはエッジへちょろり。shock

もうおうちに帰りたーい・・・とは思わなかったが、一人で何回打ってんだって話で、ふとフェアウェイを振り返ると後ろのグループのロングヒッターのお兄ちゃんが320Yと思われるティーショットのところに立っていた。

恥ずかしいっ!

このお兄ちゃんはマジで飛ばしてました。どのホールもどのホールも、えっ、あそこまで?と思うほど。

*

スコアはのちほどアップしますが、今日良かったことはパッティングストロークが格段に良くなった。

ストローク自体が悪かったのは2回ぐらいしかなかったと思う。

ショットが悪かったので、上りの長いパットもあったがどれもタップインにつけたし、ラインもパーフェクト、一転がりだけショートしたのが5回。(これはグリーンが重かったのであんまり後悔してない)

大オーバー、大ショートが1回もなかった。(初心者みたいなこと言ってるな)

13thpar4green 13番レディースから355Y。ドライバーと3Wでオン♪フェアウェイは右側。こちら側のボールがメリー。横から上り、カップ1個切れるラインを外した。

*        *        *

Newsetting_112109 そんなことより、サンドウェッジがないのだから何か見つけないと。1番左のナイキ・フォージドウェッジが失くしたSW。ロフト56度バウンス16(笑)。だからグリーンガードバンカーから失敗したことがなかったのです。

帰路、ゴルフショップで下見してきた。どうもピンと来るものがないのでお店の人に聞いたらこれを薦められた。

Clevelandcg15satinchromewedge (たぶんこれだと思う)クリーブランドSatinChrome。56度バウンス14。

セロファンに包まれたのばかりだったので、中古クラブの中から打たせてもらった。それが下。

Clevelandcg15oilquenchwedge クリーブランドOilQuench、同56度バウンス14。なぜか新品の棚にはなかった。

試打室の劣悪なマットからだったが、打ちやすかった。重さも丁度良いような。

ということで明日もう1回行って、買ってきます。

*

スコアカード「March22nd.htm」をダウンロード

44/48の92、パット32。ランチョ、レディースから6021Y(女性にパー73)

パー3つ、ダボ2つ、ロングで「8」1回。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ジム・フューリックとタイガー

今日もまたタイガーに振り回された日曜日であった。

わたしは午後、PGAトランジション・チャンピョンシップのライブ中継を見ていた。(前のブログをアップしてほどなく、悪天候中断後プレーが再開)

KJ・チョイの猛追も立派だったが、6番で追いつかれて首位タイになった以外、8番パー3でフューリックがピン左下に打ち、チョイが左奥ラフにティーショットを逃し、前者バーディ、後者ボギー。2打差になってからは、フューリックが安定して良いプレーを続けた。

最終組がバック9の半ばにかかる頃、Yahooスポーツで、「タイガーがESPNで一対一のインタビューを受ける。その模様は日曜日東部時間7時に放送」のニュースに気づいた。

ゴルフ中継はNBCだ。雨で3時間以上中断したので、タイガーのインタビューが流れる時間はまだホールアウトしないはず。う~~~ん、かち合うのかな??

というわけで、ロスの4時前(東部時間7時)から、1台のTVはESPN、もう1台はゴルフ中継で、逃しちゃなるまいと気もそぞろでした。

Transitions_sun_17th_bunkershot by Getty Images

見た部分は17番194Yのティーショットをバンカーに入れたフューリック、バンカーショットが良かったが(画像)、まだパーパットが9、10フィートあった。

それを迷いの無いストロークで入れ、フィストパンプ。フューリックの気合が入ったときの癖で、鼻に皺を寄せ右手でこする。(笑)

ほかのプレーヤーが写るときは、もう1つのTVでESPNを見るので、KJ・チョイがどうなったやらさっぱり分からず。同局ではすでにインタビューしたスポーツアナウンサーのトム・リナルディーに、インタビューの様子、タイガーの印象などを訊いている。!

次にフューリックを見たのは、18番ゆるやかに右に曲がる難ホールでティーショットを木に当て(昨日も16番で当てたがラッキーバウンスでフェアウェイに戻る)、今日も運良く開口部があるラフに落ちてきた。

この時点でチョイに2打先行。レイアップ策がとれる。

Transitions_sun_2ndshot_18th_2 木っ端があるラフからのセカンドを“ハーフシャンク”して、ボールは木の右をすり抜け、右ラフに立っていたコースレポーターのロジャー・モルトビーにもう少しで当たりそうになり(モルトビーは仰け反ってよけていた)、右ラフへ。

チョイがセカンドショットを左バンカーに入れる。

これでフューリックはボギーでも勝てるなと思った瞬間、

ESPNでタイガーのインタビューが始まった―――ッ!

Interview_espn_march21_2010 インタビューはたった5分です。時間は5分の制限付きだったが、質問の内容は自由、またあらかじめ質問を知らせておくこともなかったという。

movieTiger talks(ビデオの下にインタビューの全文があります)

*

そしてゴルフ中継に戻るとフューリックがファーストパットをタップインの位置につけたところだった。

右ラフからの3打目は見逃した。

Transition_sun_winningmoment_2 Transition_sun_winningmoment_2_2

そのファーストパットのあと、フューリックは感極まった様子だった。マークして、グーセンとKJ・チョイにパットを終わらせる。

ボギーパットを入れ、グリーンサイドでインタビューを受けるフューリックは鼻をすすっていた。

2年7ヶ月ぶりのPGA優勝。

flagリーダーボード

Transitions_trophy 後刻、フューリック達が18番グリーンにいる頃タイガーのインタビューがTVで流れたことを聞き、「ちぇっ、じゃあ誰も僕を見てなかったんだね」と冗談ふうに言ったそう。

最終日スタート前に、(プロ達がメディアから)タイガーに関する質問をされることについて、「ゴルフ界が前進するための過程の1つだから(構わない)」と語っている。(これはわたしも見ていたが、一流だなと思った)

「明日の新聞に僕が試合に勝ったことが出るだろう。それが3ページに渡る記事でも、タイガーのせいで紙面の隅にちょこっと載るんだって、僕は気にしない。」

「この試合に勝ったんだし、どっちでもいいことだ。」

タイガーは今日のインタビューで自分でも言っているように、叩かれてもしょうがないことをした。

しかし、仲間がダウンしているとき、鞭持って追うように批判したりネガティブなことを言うのは、男がすたるというもんだ。(笑)

*

何でESPNにインタビューさせたのか、1つはマスターズの予選中継をするからだろう。多くの試合の中継をしているゴルフチャンネルは飛ばしたのかな・・・と思ったが、こちらでもインタビュー!

同じ設定と条件なのはちょっと笑った。

場所はタイガーのホームコース、アイルワースのクラブハウスで、そのテラスだそう。

ゴルフチャンネルからは女性アナウンサーのケリー・ティルグマン。時間制約は同じく5分だったそうだが、こちらはそれをちょっと越えている。

movieWoods' first interviews

全文 Interview transcript

訳すほどのこともないと思うのですが、記しておきたいことを2,3書いておきます。(ESPN、ゴルフチャンネル共通で言っていること、片方だけで言っていること含め)

○マスターズ後のスケジュールは自分でも分からない。今後もセラピーを続けるのでと言っている。

○事故を起こした夜、何が起こったか、何で車をぶつけたかは、警察に記録が残っているしと加え、いっさいの答えを拒絶しています。

○タビストック・カップ(チャリティー&TVイベントチームマッチ戦)やベイヒル・インビテーショナルに出たかったが、準備にとりかかったのが遅かったので間に合わなかった。

なお、タイガーからトランジション最終日の放送終了後に流すようにリクエストがあったそうだが、雨で3時間余も中断したのでライブ中継は3時終了予定が4時になっても終わらなかったゆえ流したものらしい。

ゴルフチャンネルでは、インタビューとその「解説」を一晩中流して、フューリックの記者会見も写さなかったのは、わたしでさえむっとした。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

トランジション・チャンピョンシップ土曜日の逸話

日本LPGAのほうは北田瑠衣さんが優勝でいやー良かった。アメリカは男女とも世界のプレーヤーが集まるから、アメリカ人以外が勝つのは自然。日本は事情が違うわけですからね。

彼女のブログを読むと、シーズンオフはよく練習したとはっきり書いている。世界女子ワールドカップで藍ちゃんと組んで優勝したときに彼女のことを初めて知ったが、なかなか美人でよろしい(爆)。笑顔に知性がある。(わたしの受けた印象ですが)

強風で、10メートルだったとか。マイルにしたら・・22.5mph(アメリカでは風速はマイル/毎時で表す)。イーブンパーは素晴らしい。

*         *

昨日トランジション・チャンピョンシップの土曜日を見ていたが、おもしろい話を知りました。

例年シーズン開幕すぐは好調なジェフ・オギルビー、今週はいまいちのようで予選は73・71の2オーバー。

彼がホールアウトした12:45pm時点で82位タイだった。風も無いコンディション、予選通過ラインが変わるとも思えなかった。

よって、さっさと自宅(アリゾナ州)に帰ろうと、タンパからフェニックス行きの飛行機のファーストクラスを予約。空港でビールを飲みながらくつろいでいると、コースにいる友達から電話。PCでリーダーボードをチェックする。

5:30PM、飛行機に搭乗しようとする時、オギルビーの順位は72位タイに上がった!

(70位タイまで予選通過)

5:45PM、キャンセルを頼むも、本人が降りるのはいいが預けたゴルフバッグはもう降ろせないと言われる。

(離陸時間が迫っていたので、オギルビーの荷物を探してスケジュールが遅れては他の乗客の乗り継ぎに響く)

ゴルフバッグを受けとる唯一、ベストな方法はそのまま飛行機に乗り、(アリゾナ州)フェニックスまで行くことだった。

・・・とオギルビーが分かったときは、既にファーストクラスをキャンセルしたあと。フェニックスへはエコノミークラスで行く破目になる。smile

6:00PM、離陸⇒フェニックスへ。

まだある。

フロリダ州に2週間滞在する間、フットジョイゴルフシューズのCMを撮った。支給された新しいゴルフシューズを全てコースからUPS(アメリカ小包郵送)で自宅へ送った。つまりシューズは預けた荷物にさえ入れてない。

これは奥さんに電話して、フェニックス空港まで届けてもらったそう。(幼児と赤ん坊がいるのに、夜中にね~think

車で1時間はまあまあだが。成田ならえらいこっちゃ。

東部時間のフロリダ州から飛んで、時差を逆行するのでフェニックスに到着したのは午前1時ぐらいか・・??

2:00AM、今度はチャーターした飛行機でフェニックスを離陸。オギルビー、機内で1時間寝たという。

8:50AM、ティーオフ。coldsweats02

Transitions_sat_ogilvy by Getty Images

これが土曜日のオギルビー。

ここで3日目カットのルールを説明すると(池田勇太がこれを適応されて3ラウンド後にカットされた)、2ラウンド後の予選通過者が78人以上になった場合、3ラウンド後に70位タイまでにもう一度カットされる。

よって、オギルビーは好スコアを出す必要があった。

それが土曜日に「65」を出した原因とは思わないが。(笑)

最後に、ボールまで送ってしまったオギルビー、コースに戻ってロッカーで訊いた。「誰かタイトリストの黒使ってる?」(ProV1のこと)

ネーサン・グリーンが手をあげた。

オギルビー「1スリーブ貸してくれる?」(爆)

*        

日曜日の今、現地は雨と雷、時速40マイルの風という悪天候で4ラウンド目は中断しています。

最終組のジム・フューリック(-11)、KJ・チョイ(-8)、ラティーフ・グーセン(-8)はまだスタートもしていませんでした。

トランジション・チャンピョンシップ flagリーダーボード

追記。

プレー再開。最終組は午後2時半すぎにスタートしたらしい。再度中断がなければ今日中に終わるでしょう。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

レッスン、もう1つの注意

昨日書くのを忘れていました。っていうか、読み直すとアイアンは最初から最後までバシンバシン当たったようなことを書いて、わたしの記憶って自分に都合よく脳に残ってるんだなと思った。(ハッピーなヤツ)

最初2,3注意されたら、あとはミスショットなく打てたのはほんとです。

ちょっと屈伸などして、最初の1球目を打とうとテークバックしたとき、

「ストォ――――ップ!」の大音声。

いつもやられるのに、それでも毎度ひぃ~~~~っとなる。昨日はタイガーのようにスイングが止められた。

言われたことは、膝をもう少し曲げてもっと手も腕も落とせ(低くする)。わたしは突っ立ち気味のアドレスだから、ちょっと膝を曲げただけでチンパンジーになった気がする。

しかし、それでスイングするとクラブフェースで良くボールを捕らえる。

手と腕を低くするとは今まで言われたことがなかったのに、どうしてですかと訊くと、「身体が回しやすいからだ」

*

それからパッティングのレッスン。

これも、もっとシャフトを倒して(低くして)、パターのヒールが地面に着くぐらいに。(自然と膝も以前より曲げることになります)

「えーっ、この前言ったことと逆じゃないですかー。ヒールを上げて腕を立ててと言ったでしょー!?」

先生「ああ・・。あれは上手くいかなかった。」

( ̄ー ̄;)

ここで気がついた。この先生は自分がコースでやって、効果があったメソッドを言ってるなと思った。

メリー「このやり方だと、左足のスタンスは少しオープンになりますね?」

これも以前の姿勢と比べると、背中を丸めているようで年寄りになった気分だったが違和感はなかった。(ゴルファーとして今が年寄りじゃなきゃ、いつが年寄りだって話だけども bleah

この方法はアドレスしてラインを見やすい。ボールを真上から見るのではなく、背後から見るからだ。

それと何故かゆっくりストローク出来る。

シャフトを低くすると同時に両上腕を体に着ける、特に左腕はしっかり体にくっつけることを何度も直された。

これはわたし向きの注意だろう、最近インパクトでビクッとパターフェースを動かすので。

まだ昨日のレッスン時と今日ちょっとしか練習してないが、ショートパットがだいぶ良くなってきた。scissors

*         *         *

<YouTube>

Deep!(笑) 映画『シカゴ・ブルース』から。

Junior Wells note Cryin' Shame

*

*

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

久しぶりのレッスン、ああ

遼くんはどうしたんでしょうね。間が空きすぎたのかな。

米PGAトランジションチャンピョンシップ初日。1:54pmという遅いスタート。ロースコアは早いスタート組だった。午後組は風が強くなってタフだったとは思うが、12オーバーの83。ドベはねー。

スタッツ見てびっくり。トータルパット数の33も非常に悪いが、もっと悪いのがパーオンしたグリーンでの平均パット数、2.125。

PGAの試合のスタッツで、平均パットが2を越えているのは初めて見た!

*        *         *

腰の養生で今週のラウンドはやめ、今日ようやくレッスンを取ってきました。フルコース(笑)。アイアンはPWから5番まで。ウッドも全部。最後はパッティング。

前回のラウンドではアイアンも怪しくなってきていたが、レッスンでは全くミスが出ず、最初の2,3球のとき注意されたあとは、PWしゅーっ、9番しゅわーっ、8番ぴゅーっ、7番「うむ」(先生の肯定happy01)と快調そのもの。

わたしは良い当たりが出ると次々に番手を上げていくのだけど、1クラブにつき1球で終わりでした。

Ball ボールを真上から見たところ。(この画像を見つけるのに15分かかった。爆)

アイアンショットで注意されたことは、インパクトでクラブヘッドが入って来るとき、この白線の角度で打てと言われた。

以来、しゅわっ、しゅわっと当たった。

*

ウッドはまるでダメだったのでたくさん注意された。

グリップががちがちすぎる。think

腕に力が入りすぎている。think

クラブをピックアップする(手でひょいと上げる)のではなくて、左肩で押してテークバックしろ。(自分ではしてたつもりだったbearing

トップの位置で左肩はボールの上。「左肩はボールを通り越してますよ」と言ったら、「ボールの上だ!」と怒られた。

つまり左肩がボールを通り越すまでテークバックすると、自分の場合スウェイしているというわけです。shock

マットがつるんつるんで薄いのでダフって身体を傷めるのが怖く、低いティーアップしたら9Wの球が高く揚がる。

「そんなにボールが高く揚がるヤツは見たことない。」crying

手首がゆるゆるになるまで、(先生が)クラブを持ってテークバックをされ、「このぐらいゆるく持ってインパクトで一気に振るんだ。」

そのようにしたら、えらい飛んだ。(爆)

「ゴルフボールはそういうふうに打つんだよ。」(へぇへぇ)

*

3Wに上げたら、インパクトでゴムティーにバチン!と当たってフォロースルーがまったく無い。

フォローを長くし、左肩のほうにクラブをフィニッシュしていき、その時点で腰も回すんだと・・そんなに幾つも一度に出来ませんよ!

いい加減に切り上げ、ドライバーに移る。

しょっぱなからスライスが出る。

「スライス!最悪の球筋!」とわたし。

ほんと、自分に腹が立つ。どーしていつまでも下手なんだか。

3Wとドライバーはもう1回ぐらいレッスン取らないと、どもなりません。

パットのレッスンの話はまた後日。

*        *

Stpatricsday_school Gift_2 左、昨日はセント・パトリックスデーだったので緑の服を来た孫。一昨日と昨日は30℃あった。後方に写っているよそのお母さんはサンドレスです。

右、この前日本から若い女の子が遊びに来て、もらったお土産。小さい飴が入っています。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

アスレティズム

いつものようにアメリカYahooスポーツでゴルフの画像を見ていたらこれを発見。

Manuelde_lossantos_shot Manueldelossantos_withputter by Getty Images、画像を切り取りました。(謝)

クリックしてこの上半身を見て下さい。素人目にもアスレチックな肉体とトップクラスの運動神経が見てとれる。

今週のヨーロッパツァー、モロッコ開催のハンセン2世ゴルフトロフィーという試合だそうだが、名前に記憶がないので検索しました。

マニュエル・デ・ロス・サントス、ドミニカ共和国出身。25歳。

彼は元野球選手だったそうだ。数年前交通事故による怪我で野球を断念。奥さんと共にフランスのパリに移った。そこでゴルフを始めたのが2004年4月。

ストーリーをカバーした記事がいくつか見つかりましたが、その1つ、去年10月のヨーロッパツァーでプロアマに出場したとき。

flagManuel de los Santos

彼のヒーローはタイガーだそう。

凄いと思うのは、いったんゴルフがこれからの自分のスポーツだと決意したあとの努力ぶり。彼のスイングに感激したオーナーが練習場のボールを無料にしたそうで、1日2000球。

ハンディキャップ3ということですが、見る画像やビデオからとてもそうは思えない。+が抜けてるんじゃないか・・?(笑)

下は同じ画像の全身です。(3月18日)

Manuelde_lossantos_hassangolftrop_2 Manueldelossantos_putting_2 by Getty Images

ヨーロッパの障害者ゴルファーの試合に出ているし(2008年優勝)、ご存知の方もおられるでしょう。

彼のユニークな点は義足を使わないこと。ショットやパット時以外は松葉杖を使用。練習場の画像やビデオを見ると、芝を傷めないように下に大きめのゴムカバーを付けています。

YouTubeのスイング画像。

movieManuel de los Santos Dunhill Links Championship

*

彼のことを記事にしたのは、片足でこれだけのゴルフが出来るようになるのだから、わたしだってと発奮したのが理由ではありません。

この類い稀なアスレティズムに感服したからです。

むしろ、わたしがいくら練習しても経験積んでもへタレなはずだわと、さらに納得させられる画像でした。(笑)

ゴルフって良いなと思う。かように運動能力が違う人間が同じ土俵でプレー出来るのだから。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

He'll be back

タイガー出身地にお住まいのブロガーやきそばパンZさんに、マスターズからタイガー復帰のニュースを日本語で伝えたのは拙ブログが初めてではと書いていただいたが、わたしもそう思います。(笑)

東部時間で11時(ロス8時)に発表されたらしい。わたしは朝っぱらからPCに向かい、PCの隣にはTVがあってチャンネル7でのニュースをつけっぱなしていた。それで偶然聞いたわけです。8時過ぎ。

昼間はあちこち用事でTVは見られなかったが、夕方ゴルフチャンネルの「ゴルフセントラル」で1時間そればっかり、ESPNでも「スポーツセンター」でそればっかり。

これだからタイガーは楽しい。(笑)

Augustanational12th Augustanational16th

タイガーの復帰について有名人やらゴルフ界からのコメント。

昨日月曜日あったアーニー・エルス主催、オーティズム(自閉症)チャリティープロアマに出場したジャック・ニクラウス。そこでインタビューされた彼のコメントは、勿体なくて目がうるんだ。(おい、タイガー!あんたは幸せもんだ)

“タイガーはゴルファーなんだ。ゴルフが彼がすべきこと。偉大なゴルファーだ。彼の私生活は僕の関するところじゃないから、触れるつもりはない。

今年のメジャーの3つは彼の庭だからね。オーガスタ、ペブルビーチ、セント・アンドリュース。(こんなことで留まるには)彼は強すぎるよ。”

アーノルド・パーマーも今回のスキャンダル以来(その前もだが)、少しでも批判的なことネガティブなことを言ったことがない。

彼らこそ、タイガーの出現で賞金が上がった恩恵に浴したわけでもなければ、スポンサーの莫大な契約金でうるおったわけでもないのに。

それは偉大なゴルファーだからこそ分かる、タイガーのエクセレンスだからだろうか。

ゴルフチャンネルで流れた96年のナイキのコマーシャル。(タイガーのナイキでの初めてのCMだったそう)懐かしかったー。

これは日本で流れたのでしょうか。39秒で出る男の子、そのあとに良いスイングで打ってるでしょ?この子はゴルフを始めた3歳ぐらいから知っていて、今でもまだ高校3年です。

タイガーが最後に打っていますが(細い!)、撮影に使ったコースはグリフィスパークのウィルソンGCだと思います。

movieNIKE I'm Tiger Woods

*

タイガーもマスターズ出場のステートメントで言っていますが、初めてメジャーで勝ったところ。プロとして初めて出場したメジャーでもあった。

いまだに信じがたいですね。次位と12打差ってあんた。

これも良いビデオをYouTubeで見つけました。音楽が気に障る方は消して下さい。なかなかよく出来ています。

movie1997年マスターズ(10分間)

幾つかのホールで現在の設定よりかなり短いことが分かりますよね。8番とか11番。

*

さっそくのゴルフチャンネルの投票。タイガーの成績予想。

優勝:27%

トップ10:38%

予選通過するが優勝争いには入らない:26%

予選落ち:9%

頑張れ、タイガー!あと2週間!

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

タイガー・ウッズ、マスターズで復帰

Golf_g_twoods1_576 今しがたロスの16日朝、一般ニュースで報道されました。

タイガーのツァー復帰はマスターズから。

ネットサイトではスポーツ専門TV局ESPNですでに報道。

ESPNゴルフ ブレーキングニュース

本文は⇒Tiger says he'll play in Masters

これはメディアに出されたステートメントと思われます。

来週のチャリティー&TVイベントゴルフ、タビストックカップ、及びベイヒル・インビテーショナルは出場しないと言明しています。

今、詳しくは訳す時間ないので、出場のニュースだけ。

<追加>

4dxr9hjz

タイガーのオフィシャルサイトにも出しました!

Tiger to return to pro golf at Masters

以上。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

飛距離が落ちたとき

Balboa3rd_tree_s 先週のバルボア3番パー5。同組のお爺さんが打つまで、このツリーラインがプレーにかかるとは気がつかなかった。

木間は上手く抜いたがバンカー入り。バンカーを越えるような高い球は葉っぱに当たるから打てない。プロでもどうしようもないんじゃないかと思った。このバンカーはすごく深い。

*

このお爺さんに、「君はレッスン取ってるだろ」と言われ「もうそんなに頻繁じゃないけど、今でもたまに取りますよ」と答えながら、

う~~~んわたしもレッスンとってスイング見てもらわないから段々崩れてきたんじゃないかと思った。

いやはや、かなりひどかったです。その人なりの飛距離ではあっても、前回のラウンドより飛んでないとしたら、それはスイングが悪いからだ。

わたしは思うけど、年々飛距離が落ちるということを受け入れては駄目ですね。落ちるのは怠けてるからだ。(爆)

歳だからしょうがないと思っちゃあオシマイです。

道具を替える、ボールを変える、スイングを磨く(happy01)、転がるコンディションを選ぶ、まだまだ手だてはある。

*

わたしは一度どーんと飛距離が落ちたことがある。

体を壊してブランクをあけたからというより、1ヶ月寝込んで身体中の筋肉がなくなったからだと思う。長いこと片足を上げることが出来なかった、どこかにつかまらないと歩けなかったような。

復帰後ドライバーが130Yぐらい(ラン入れてです!)、次のフェアウェイウッドが120Yだった。これでランチョ回ったら、90後半がやっとかっと。ていうか、よく100切ったなと感心するぐらいだ。

何しろ少しずつ少しずつでした。初心者がゴルフを始めるみたいに、パー3ショートコースやランチョを夕方数ホール回ったり。

スイングを直すのと同時に、やはり練習場である程度は打ち込まないと飛距離は出ない。

160~165Yにするのに多分2年ぐらいかかった。(長っ)

最近の飛距離は不調な日で(爆)そのぐらい・・先週は160Y。think

好調な日も似たようなものだけど、1日に2,3回180Y越えが出ればヨシとしています。

*

新しいアイアンの飛距離がようやく分かってきた。ロフトが立っているへタレ用アイアンで、当たると結構飛ぶ。

前のアイアンは5,6番が全然打てなくなっていたが(いや8番さえ怪しくて)、ビッグバーサ・レディースは容易なクラブなので5番はそれほど難しくはない。頭を上下しなければ打てる。(うはは)

ということで、腰が沈静したらレッスンを取ろう。

2ヶ月で8ラウンドはちょっとやり過ぎでした。

*        *         *

<YouTube>

クール!

Roosevelt Sykes - noteI Got A Girl

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ビッグイージー復活!WGA-CAチャンピョンシップ

わたしは去年どころか一昨年の後半ぐらいからアーニー・エルスがもう来るかもう来るかと期待していたが、長くかかったー。

しかし去年(の早い時期だったと思う)家族もフロリダ州オーランドに住むようなり、おそらく復活は早くなるだろうと思っていました。

アーニーはオーランド、ロンドン、南アフリカと家を持っているが、家族は主にロンドンに住んでいた(娘のサマンサがロンドンの学校)。何度か書いたが息子のベン君(今7歳)が自閉症のため、その研究やセラピーが進んでいるアメリカに移住を決めたもの。

ヨーロッパツァーと米PGAのかけもちのスケジュールから解放され(今年はドバイも不出場)、家族と過ごす時間とゴルフに費やす時間が出来たというわけです。

*

以前ゴルフチャンネルでアーニーの特集をやっていた。彼は南アフリカでワイン会社を持っているが、その葡萄畑や工場を案内し、スタッフと打ち合わせをするシーンが流れた。

番組中、本人が「ゴルフで良い結果を出せてないのは、それほどゴルフに時間をつぎ込んでないせいもある」とあっさり言っていて驚いた。(笑)

*

今日優勝後のコメントを読むと(TVに写ったインタビュー以外の記者会見だろう)、「この優勝の意味は大きい。」「もう二度と無いかと思っていた」と語っている。

これほどの才能の持ち主が、これほど肉体に恵まれ天性のスイングリズムとショートゲームの感性を持っている人が、もう勝てないかと思った!?

ゴルフには自信がどれほど大きいか、怖い話ですね。

*

Wgcca_16thtee_charlschwartzelby Getty Images

16番ティーグラウンドから歩く、エルスと首位タイでスタートした南アフリカのシャール・シュワッツェル。同国の後輩というより、エルスがやっているジュニアゴルファーや若手ゴルファーを育てるアカデミーの外部メンバーだった。エルスは17歳のとき、シュワッツェルのお父さんと組んでクラブチャンピョンシップの競技で優勝したそう。

シュワッツェルはヨーロッパツァーでは6勝している。今日も良いプレーをしていたが、最終日に66を出されてはついていけない。

Wgcca_5thteeshot Wgcca_8thteeshot Wgcca_14th_longparsaveputt 数年前になってしまうだろうか、ビッグイージーのスイングリズムが素晴らしいと礼賛されたものです。それが戻ってきた観があった。

ワン・ツー、ワン・ツー、ただそれだけ。

右、14番460Y。アーニーはティーショットがフックし左ツリーラインへ(池がある近く)。224Yから2打目のレイアップが再び左ツリーラインのラフ。

レイアップでフェアウェイに出せないとは!もしアーニーが負けたら、このホールのせいになるだろうと思ったが、そこから2回続けてメジャー覇者の貫禄でした。

3打目はパームツリーの後方、ボールが完全に沈んだラフからピンハイ右へオン。そこからのパーセーブパットを入れた!6,7m、もっとあったか。

アーニー、17アンダーでシュワッツェルへ1打先行を維持。

これが大きかった。

プレッシャーを感じさせず好プレーだったシュワッツェルだったが、このあと15番パー3と17番パー4でボギーにしたところをみると、やはりアーニーのスーパーパーセーブが堪えたのではないか。

Wgcca_ernie_winningmoment Wgcca_ernie_18thgreen Wgcca_liezl_andrewchubbychandler Wgcca_genesarazencuptrophy

左、ウィニングパットを入れた直後。両手をあげたとき、アーニーは泣きそうな顔に見えた。左から3、真ん中は奥さんのリーズルさん、右はマネージャーのアンドリュー・“チャビー”・チャンドラー。

優勝賞金1.4ミリオンダラー!

WGC-CAチャンピョンシップflagリーダーボード

ハイライトのmovieビデオ

PGAツァー優勝は2年ぶり。40歳になって初めて。wink

あ~、久しぶりに感情移入したTV観戦だった。

タイガー、早よ出てこい。(そればっかり)smile

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

マリナ・デル・レイ

Marinadelrey_la Map 地図が小さくて恐縮ですが、マリナ・デル・レイはロスのヨットハーバーがあるところ。ロスアンゼルス空港の北西。右の地図はヨットを係留する桟橋。

付近にはリッツ・カールトンホテルを始め、ホテルやレストラン、なぜか病院もたくさんある。一軒屋は少ないが分譲や賃貸の高級アパートやタウンハウスなど。

用事でその地域に行って、帰路ちょっと車を止めて写真を撮ってきました。

Marinadelrey1 Marinadelrey2 Marinadelrey3

左、海のほうを見て。夕方4時25分でヨットがハーバーに戻っている。中、同じ場所から反対方向を見て。疾走?してくるのは警察のモーターボート。右、これは別な場所。無数のヨットやボートが泊まっている。ここは大きなレストランの駐車場のようだった。

*

用事というのは娘の高校生からの親友のお父さんが亡くなったので、親しい人達だけが遺族と旧交を温める集まりでした。お葬式や告別式とは違い、服もカジュアルで良いとのこと。

わたしは街の教会や、墓地付属の教会での葬儀に何回か出たことがあるが、アメリカ人は良い服は着てくるが黒一色と決まったものではなく、喪服というより教会行きのお出かけ服の人達も多い。

以前90歳のゴルフ友達のお葬式で、家族以外で黒いドレスを着ていったのはわたしだけだった!

それはまた死んで神の許に召されるのは祝福すべきことというキリスト教の考え方もあると思う。

Mariners1 Mariners2 故人が住んでおられたコミュニティー。そのサイトにあった画像。3,4階建の大きなアパートが集まり、分譲(コンドミニアム)と賃貸もあるようだ。敷地内にはテニスコート、プール、中央のビルにはクリーニング屋、床屋、軽食屋まであった。右、真ん中のクラブハウスを借りてメモリアルの集まり。

Condos Clubhouse Grandkids M1

上はわたしが撮った。左、クラブハウスに入る入り口。この左右にアパートが幾棟もある。左から2、クラブハウス。左の窓際に、レストランJunior'sから取った食べ物とスウィーツが。ここのスウィーツは最高なのです。

左から3、故人の電動車椅子に乗って遊ぶ子供達(娘の親友の子)。一番左の白いドレスはうちの孫。昨日も、今日のメモリアル終了後も娘はこの子達を預かっている。彼らは州外から来ている。右、駐車場で撮ったわたしと孫。奥さんに白いバラを持っていった。

ところで、娘の親友の従姉がアリゾナ州ツーサンから駆けつけていた。あなたゴルフする?と訊いたらイエスだった。smile 

「ツーサンにはいっぱい良いゴルフコースがあるから、そう思ったの」と言うと、ゴルフのメッカだからと。白人にしてはかなり日焼けしていて、背が高くスレンダー。上手いのかも。smile

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

笑えるツァープロたち

●スポーツサイコロジストの助言を鵜呑みにして儀式のようなルーティーンをするプロ

think

●ショートパットを引っ張り、キャディーを見上げるプロ

smile

●遠くで歩くギャラリーに何度も仕切り直しするプロ

coldsweats01

●カップ前で止まったボールを10秒めいっぱい待つプロ

bearing

●番手選択でキャディーを説得するプロ

shock

Wgcca_1sthole by Getty Images 画像のプロと本文は関係ありません(爆)

●池ポチャして、「どこに行った?」とキャディーに訊くプロ

wobbly

●ラフからチャックリして、or バンカーからダフって、しばしライを観察するプロ

wink

●木曜日にフィストパンプするプロ

coldsweats01

●リーダーボードを見なかったと言い張るプロ

catface

●インタビュアーの質問に関係なく、用意した答えを言うプロ

think

●好プレーを誉められ、ひたすらコーチを礼賛するプロ

catface

●ボールをドロップする前に1クラブか2クラブかと訊くプロ

gawk

*      *       *

また加筆します。(笑)

WGC-CAチャンピョンシップ第3ラウンド中継の前に冬季パラリンピックの開会式を見ているが、素晴らしい。入場式に続きヒップホップマスダンス、そのあとのロックシンガー。アイデア、効果、パーフォーマーとすべてが上手い!

聖火の点灯式で、最後に大聖火に点灯したのは将来のパラリンピアンの15歳の男の子。大勢の子供達のダンスと共に、明るく可愛い。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

飛距離はいずこ?8ラウンド目

わたしが住むロス西部と違いバレーという地区は良く言えばコンサバティブ、悪く言えば旧弊で自分以外の人種にオープンではなく、女にもしかり・・・の傾向がある。

ティーグラウンド付近にいたお爺さん達に、「(スタートナンバー)36番ですか?」と訊くと、「37だ!」。お前と一緒でたまるかと言わんばかりに睨みつけて愛想のない態度だった。

(わたしはにこやかに訊いたのだ!)

ロスのコースではグリーン周りや次のティーグラウンド付近で乗用カートがすれ違うと、別なグループでもHi!とか、How are you doing?と挨拶を交わすのが普通だが、ここらのジジイはにこりともせん。

女がゴルフする土地柄ではないのか知らないが(いまどきね~)、18ホールが2つあるのに女性ゴルファーは2,3人見かけたら多いほうだ。今日は見る限り一人もいなかった。コース、スターター付近、練習グリーン。なんちゅう未開地だろう。

そうして最初はわたしのグループのお爺さん達もそうかと思った。

ボールを見つけてあげて、「これナイキよ」と言ってもサンキューもなく(爆)、打球があっちこっち行くのでどの程度がナイスショットなのか言うのは難しいが、まれにグッショット!と言っても反応無し。

一人が打って、直後にわたしがアドレスに入ると別なお爺さんがスタスタとすぐ後方を歩き、きっと1日中こうだろうと覚悟を決めたが、どうも悪気はなかったらしく、耳が遠いか、自分の次のショットに気をとられて人がまだ打ってないとか忘れてしまうらしい。

3人全員がそうだった。(笑)

一人のお爺さんが毎ホール、どうかすると毎ショット、ボールを捜さねばならなかったが、プレー自体はみんな速い人で良かった。誰が遠いの順番にこだわらないし、セカンドパットはよほど長くないとマークしない。

というわけで、だんだん打ち解けて(爆)、楽しく回れた。

*

飛距離が出なかったのは腰痛で体が回ってないからだと分かっているが、それにしてもプレー距離が長かった。

最初の2時間は寒風。ボールにしばしば泥がつく。

それに、何で毎ホール、風がアゲンストなのか理解に苦しむ。ホールが隣同士、行って帰る方向になっているのにだ。ランチョの風はこうまでひねくてない。さすがバレーだ。(爆)

Balboa2ndgreen_s ずっと前にバルボアはフラット(平坦)なコースと言ったら、フラットじゃないぞと先生にたしなめられたことがあるが、この画像を見るとグリーンがかなり上っているのがわかる。2番315Y。

Balboa3rdpar5_s Balboa3rdgreen_s たった1ホールの改造だけで、このコースは飛距離がない者には一挙にタフになった。短いパー4だったが、赤から457Yのパー5へ。左、左フェアウェイバンカーが終わる辺りから、フェアウェイは左に曲がり、花道で再び右に曲がってグリーン(画像右)。

新しいグリーンはいつまでも綺麗にならず、見るたび醜くなっている。think

フロント9はパー38ながら赤から3307Y。飛距離が出ない、プレー距離が長い、長い番手のショットが悪いで、パーオンゼロ、ボギーオンも足りずにエッジへ。チップショットは良かったがなかなかパットが入らない。

あ~あ、チップのイップスが消えたら、ショートパットのイップスか。

Balboa11th_s Balboa13th_s そんな日は誰しもあると思うが、今日はついてないことがたくさんあった。スタートしてすぐのころ同組のお爺さんが、「君は縁起をかつぐほうじゃないよね?」「いいえ。でもどうして?」

わたしの乗用カートの番号が13だった。(爆)

画像左、このコースで唯一の短くて直線のパー4、276Y。ティーショットは良かったのに、黄色ロープをはる杭が倒れたままになっており、ボールはそれで止まっていた。(ー.ー;

右、13番122Y。お爺さん達が花道でショートをするのを見てプレー距離が長いとわかっていたのに、9Wで打った。全然足りず。

<本日の最悪ショット>

Balboa17thpar3_lr_s 17番198Y。ドライバーのティーショットは、腰くだけ左引っ張りで、左の排水路工事ぎりぎりのラフ。(打ったあと、そこから撮った)ティーグラウンドは画面右。

上り、ピンはバンカー右後方。キクヨグラスに囲まれたベアグラウンドからPWで、右フロントエッジ。

このドライバー以外、バック9のティーショットは全部◎印だったが、飛距離は150~160Yというショボさだった。shock

今日のスコア⇒「Balboa.htm」をダウンロード

*        *         *

<YouTube>

この映画はしばしばTV放映しているが、何度見ても感激する。実に上手く作ってあるのとハッピーエンディングが良い。

ベトナム戦争時のアメリカの世相も、見てない者には歴史の勉強になる。(笑)

子供が持っていたので、確か本も読みました。

映画Forrest Gumpnote Sweet Home Alabama

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

寒っ

このところ寒くて、風も強くセーターでウォキーングしていると風が体を通りぬけるが、今日昼は20℃に上がる予報。(ほんとかしら)

朝6時45分、ご飯に納豆をかけ食べたところです。ランチョで良い時間が取れなかったので一山越えたコースへ。

昨日の練習では・・・・・・・・・う~~~~ん。

Lesson_sw Lesson_2 Lesson_4_2

これは一昨日火曜日の孫。レッスン中。午後1時過ぎでこんなに着込んでいる有様。この上着は日本で買ったもの。やっぱり質と品が良い。smile

では行ってきます。

*

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

オーガスタナショナルのコースレート

米ゴルフダイジェスト誌4月号はマスターズ特集で、(いつになく)良い読み物がいっぱいあった。

そのうちの1つ、“HOW TOUGH IS AUGUSTA NATIONAL?”(オーガスタナショナルはどれほどタフか?)はおもしろかった。著者はUSGAのコースレーティングとスロープレーティングを発明した人、Dean Knuth氏。

オーガスタナショナルがコースレートを持たないのは有名だが、これは同クラブがメンバーだけの独自のハンディキャップシステムを持っており、したがってジョージア州ゴルフアソシエーションのコースレート査定を拒んできたからだそうだ。

創立者の一人であるクリフォード・ロバーツが開発したシステムで、プレーヤーの普段のラウンドでのパー数と、バーディで僅かにアジャストした数字を基にする。例えば、1ラウンドで平均6つパーをとるとしたら、ハンディキャップは12になる。(18ホール-6パー=12)

ここまで読んで、思わず笑った。

(なおハンディキャップのストロークを決めるときは、同じくロバーツの方法によりヤーデージを基準に使うそうだ。)

このコースハンディキャップの決め方は、ある程度のゴルフ歴を持つゴルファーには簡単でかつ妥当な方法じゃないかと感じた。

ランチョでの自分に採用してみると、ロバーツ氏の方法とUSGAの出し方のコースハンディキャップと誤差は0.46でかなり良い線だ。(笑)

(パーを1だからバーディを1.2個に換算してやってみた)

ついでに言うと、去年と今年のランチョ10ラウンドのうちパーが1個しかないラウンドが2回もあった(呆れ)。最多が6個。これは6021Yのティーからのみ。

Knuth氏によると、アマチュアは普段コースハンディ+3のスコアを出すそうである。あ、これは以前にも書いたのだった。

*      *

Augustanational13thhole Augustnational12thgreen

Knuth氏が2009年のマスターズで、どのぐらい苦労してコースレートを出したかというストーリーはともかく(同クラブから認められないので練習ラウンドの日にすみずみ歩く、試合中の選手達の歩数でグリーンの深さなどを計測するetc. etc.)、コースレートを査定する基準10ヶ条は下記。

難易度のスケールは「0」から「10」まで。

1.地形

ティーショットがランドするエリアのスタンスの難度。及び、グリーンへの縦のアングル。11番パー4の下り傾斜スタンスからの長いセカンドショットはレート「7」

2.フェアウェイ

狙いどころのエリアのサイズにホールの長さの要素を加味。18番465Yは右ドッグレッグで左の大きなフェアウェイバンカーと、右のツリーラインでランディングエリアがしぼられるので、レート「7」

3.リカバリーの難度とラフ

12番パー3が一番高く、「6」

オーガスタにはUSオープン並みのラフはない。同オープンでは「7」から「9」の間。

4.アウト・オブ・バーンズ

OB、あるいはティーショットのランディングエリア付近の極端にタフなラフ。「2」より高いところは無い。

5.ウォーターハザード

水がプレーにかかる難易度。13番パー5は左に水が流れ、ドライバーショットを右の木に打ち込みやすくするためレート「8」。

6.ツリーライン

ホール戦略にかかる場所の木のサイズ、高さ、それが及ぼすティーショットやアプローチショットへの影響。18番は「7」

7.バンカー

場所、大きさ、深さ、ランディングエリアやグリーンを狙う難度。18番は一番難易度が高く「7」。深いフェアウェイバンカーからは、難しい上りアプローチショットになり、グリーンサイドバンカーは深く、戦略に関わる場所にある。

8.グリーン

グリーンのサイズ、硬さ、形とアプローチショットの長さの関係。レート「8」になるのが、10番、11番、12番、13番、18番。

9.グリーンの表面

傾斜、高さ、スピード。マスターズの期間中に最も目立つ特徴だろう。1番、10番、11番、14番、15番、16番、17番、18番は難しいピンポジションや高い場所にある点、速いスティンプメーターで、レート「9」のクオリティー。

10.精神的影響

ターゲットエリアの障害による、スコアメークにおけるメンタルへの効果。1番と18番は両方とも「8」。スタートホールと最終ホールは常にホール価値が上がるものだが、これらのパー4は高いレートの障害の集まりで、メンタル面にインパクトがある。

障害の難易度で測られたもっともタフなホールは、同時に2009年マスターズでパーにするのが最も難しかったホールである。11番505Yパー4、12番155Y、10番495Yパー4と18番ホール。

*

というわけで、この査定基準を読むとなるほどと思うが、記載されることは少ないと思ったので書きました。

Knuth氏(USオープンでの経験が25回、うちUSGA従事者として16回)のマスターズ時のオーガスタナショナルのコースレート。

総ヤーデージ7,435Y。コースレート78.1、スロープレート137。

同氏による1990年の査定。6,905Y、コースレート76.2。

なお、スロープレート137は意外と低いが、氏は今のチャンピョンシップ仕様のオーガスタはボギーゴルファーでは届かないので、3打目を比較的短い距離からグリーンを打つことになり、多くの障害の難易度を最小限にする。

要約して、大叩きしにくくなるからということです。(笑)

(私見だが、かと言って3パットの数が減るとも思えないが。)

*

一興に氏はこれもつけ加えている。

ハンディキャップインデックスが10のゴルファーは、コースハンディキャップが12になり、チャンピョンズティーからの平均スコアは93になるだろう。

同18のゴルファーはコースハンディキャップが22になり、平均スコアは103になるだろう。(そうだろうとも!)

2009年の優勝者アンジェル・アブレラは平均すると+10のゴルフをしたことになる・・ということでした。

氏がUSGAインデックスごとに、コースハンディキャップと想定平均スコアの表を掲げている。

わたしがチャンピョンズティーから回ると、平均スコアは96ってことになっているが、そりゃウソだろうと思う。

パット数36に仮定したってショット数60だ。7,435Yでー?

コースレートなんてしょせんそんなものだ。だからオーガスタナショナルは査定させないのでしょ。わはは。

長くなってすみません。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

日本でPGAツァー開催計画

たった今Yahooニュースで見つけた記事です。デイリーニュース配信。

『日本ゴルフツアー機構(JGTO)の小泉直会長(70)は8日、米ツアーのティム・フィンチェム会長とマスターズ開幕前日の4月7日に、米国で同ツアーの日本開催を協議することを明らかにした。米側の要望を受けたもので、併せて15年プレジデンツ・カップ(米国選抜対世界選抜)の日本開催計画も浮上。両案件ともに日本側として前向きに検討する考えを示した。』(最初の段落コピー)

本文はこちら

『日本開催には米国側が積極的で、昨年10月のプレジデンツ・カップで、小泉会長がフィンチェム会長から持ちかけられて浮上。直接会談は4月が3度目で、機は熟しつつある。』

来秋、アメリカでのフェデックスカップが終了後の10月に日本で試合を開催したいということだそうだ。

以下は今季のPGAフォールシリーズ。

9/30~10/3: Viking Classic (Missisippi)

10/7~10: The McGladrey Classic (Georgia)

10/14~17:Frys.com Open (California)

10/21~24: Justin Timberlake Shriners Hospitals for Children Open (Nevada)

11/11~14: Children's Miracle Network Classic (Florida)

おそらく、このうちの1つか2つ(もっとかも知れないが)継続しないのかも知れない。いやしないのでしょう。

しかし、ティム・フィンチェムは商売が上手い。先手先手にビジネスをする。

4月7日の小泉会長とフィンチェム会長の会談で決定になったとして、来秋までに1年半しかないのだから、準備にそう時間があるわけではない。

どこで開催するか、わたしは日本のコースに知識はないが想像するのも楽しいですね。

誉められたことじゃあないが、聞くところによると今のツァープロは甘やかされていて、街が遠いだのレストランがないだの滞在ホテルからコースに時間がかかるだの文句が多いらしい。はなはだしきは、中継中解説者がその不便さをからかう有様(ジョニー・ミラー!)

長く続けるためには、開催地が重要になってくるでしょう。

デイリーニュースが報じているように、アメリカ側のアプローチはもちろん石川遼が貢献している。

すごいですね。18歳がゴルフの流れを変えているわけだから。

ということで、嬉しいニュースでした。

*       *        *

追加ニュース。

Pingeye2_sw ←これです。

今日Ping社のジョン・ソルハイムとPGAが話し合い、旧PingEYE2ウェッジは3月29日以降(アーノルド・パーマー・インビテーショナルの翌週)からツァーでは使用禁止とすることになった。

これはPGAツアー、チャンピョンズツァー(シニア)、ネーションワイドツァー、及びUSオープンに適用される。

なおアマチュア競技には適用されない。

スコット・マッキャロンがミケルソンを批判したことからの波紋や、それに続く選手ミーティングで、おそらくもう使っているプロはいないのではないかと推測します。

先々週のフェニックスオープン中継中、優勝のハンター・メイハンは既に使っていないと言っていた。ピンに新しいウェッジを作ってもらい、バウンスを変えて気に入っているということだった。

先週のホンダクラシックも、ここ2,3年よりラフが短いとジョニー・ミラーが指摘していた。ツァーもいろいろやりますなぁ。(笑)

以上。

         
           
         
     
     

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ホンダクラシック、先週のツァー

毎度言い訳のように書いているが、タイガーが隠れているとどうもTV中継観戦にも熱が入らず、ぼーっと画面を眺めて頭は別なことを考えている按配。

しかし、どこもここも優勝者は圧勝でした。

まず日本LPGA、初戦からして韓国の新人に持っていかれてしまいましたね。米LPGAの試合が激減したのでアメリカから出場するプロも増えるのではと思っていたが、そうでもなさそう。

去年の今頃だったか、来季は10試合しか継続が決まってないと噂されていたが結局24試合になり、新会長が正式に赴任して更に3試合増えた。

Song-Ju Ahnは、アメリカでも出たことがある。解説者は非常に才能がある子だと言っていた。

韓国の新人は同じパターンですね。ゴルフを始めるのは比較的遅く12,3歳。あっという間に強くなって、ハイティーンで勝ち始める。

韓国、オーストラリア、イギリスは国のプログラムでジュニアゴルファーを育てているからだとアメリカでは言っています。

*

Anzladiesmasters_26underpar Anzladiesmasters_mar07 オーストラリアでのANZレディースマスターズ、カーリー・ウェブは最終日に61を出し、-26で優勝。2位のキャサリン・ハルに6打差。

ANZレディースマスターズ flagリーダーボード

これでまた自信がついて米LPGAでも勝つでしょう。

*

Hondaclassic_anhinga_snakebird Hondaclassic_osprey フロリダ州パームビーチガーデン、ホンダクラシック開催コースでの鳥。左、anhinga、スネークバードとも呼ばれるそう。羽が水をはじかないのでこうやって乾かしている。

右、osprey、またの名をfish hawk、日本ではミサゴだそう。

Hondaclassic_4r_6th Hondaclassic_4r_12th Hondaclassic_4r_villegas 左、昨日までショットが良かったVJ・シン。パットはまだまだ良い時と悪い時が素人目にもはっきり分かる。

ところで、去年2回膝の手術をしたVJ、身体に負担にならないよう今季からトレーニングは月曜日と火曜日だけのウェイトトレーニング。あとの日は練習だけと解説のジョニー・ミラーが言っていた。その練習が長時間。(笑)

去年記者会見で、才能がある若手プロがいまいち伸びない理由は?と訊かれたジム・フューリックが「レイジー(怠け者)だからだ。」とはっきり言っていて驚いた。

「毎週毎週練習場で顔を合わせるんだから、誰が練習していて誰がしてないか分かってるよ。」「よく練習してるのはビジェガスだね。彼は努力してるよ。」

今季始まって毎試合上位に来ていたから、それが結実したのでしょう。

ホンダクラシック flagリーダーボード

今週はもうWGC・CAチャンピョンシップ、早いですね。ドラールもタイガーが強いコースだったのに・・・。まったくもー。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

パットのメンタリティー

先月は12日間も寝込み咳も長いこと出ていたので、今日やっとマッサージに行ってきた。チャイニーズ・チェア・マッサージ。(ベッドでも出来る)

予約無しで来た人順なのだけど、夕刻で混んでいた。わたしを終わった女性マッサージ師は、奥に飛んでいき日本のドラ焼き(セロファン入りスーパーで売ってるタイプ)を食べながら出てきた。

「それ中国製?日本製?それが好きなの?」と訊いたら、お昼を食べてないからと言っていた。彼女がメモする表を覗くと、わたしが10人目の客でどの客も30分のよう。おそらく5,6時間働きっぱなしだったろう。いやー楽じゃないですね。

彼らの英語能力は極めて貧しく、女性マッサージ師のほうが喋れる。

たったマッサージのことだけでも風習の違いを感じておもしろい。

英語がほとんど喋れない男性がいるので、30分お願いと言っても通じない。女性マッサージ師が代わりに訊くわけだが、うつ伏せになっているわたしの肩をバチバチと叩き(爆)、「ヘーイ、レーディ!30ミニッツ!?」

今日は中国のイージー歌謡曲とでもいうような女性歌手の歌が次々かかっていて、意外と癒される音楽で良かった。

*       *       *

それで、木曜日ラウンドしたとき、コースで反省した。

チップのイップスも無事なくなり(笑)、かなり良くなったがピンから遠いとがっくり来る。

なぜがっくり来るかというと、パットを入れられないと思うから。

この態度がイカンと思った。

わたしぐらいの練習量で、チップショットがそうそう寄るわけないのだ。期待ほど寄らなくてがっかりするのは厚かましい。

カップに3mについたら、「よし、パット入れるぞ!」と思わなくちゃいけない。「あーあ3mもある、パットが厳しいなぁ」と考えちゃあノーチャンスだ。

入る入らないは結果であって、少なくとも入れる気力で集中すべき。

16th_par3_leftgreen 16番パー3は、その日左グリーンでした。160Yぐらいで上ってはいるが、左グリーンにオンしたことがない。ドライバーで花道から右に曲がって右ラフ。左足上がりのチップ、距離は上り入れて28Yぐらいか。3バウンドで棹に当たり、ピン後方に転がった。

この1.5mを外したweep。ハイサイドを読み間違えたが、ストロークも下りパットを怖がって弱っちかった。情けない。

*

練習してナイキフォージドウェッジSWを復活させ、アイアンセットのSWは外した。

以下はSWのアプローチの結果。

3番で50cm、6番で40cm、14番で30cmに寄せた。(いずれも近いところから)

ワンパットに出来なかったか、ミスショットだった箇所が2番、8番(1m余を外した)、10番、12番、13番、16番、17番、18番。

凄い回数。(笑)

11回で寄せワン3回。まあまあだと思うsmile。3回に1回は寄せワン取るべきと考えます。今の練習量じゃあ半分は無理だ。

ということで、相変わらず課題はパットを頑張らねば。

*

<YouTube>

AC/DC: Whole Lotta Rosie

*

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

そろそろ・・・??

タイガーのことは事実以外は書かないように努めてきたが、練習を開始してるのは確かなので、隠し撮りらしい画像をアップしておきます。

Isleworthpractice_march4th_8to5 ソースは分かると思いますが。(笑)

今週の日曜日と月曜日に、ホームコースのアイルワースIsleworthで練習しているとき、同じくホームコースにしているチャールズ・ハウウェルⅢが会ったとCBSスポーツに語っている。ショットは今までのタイガーと全く同じだったと言っています。

(そうだろうとも。タイガーほどのゴルファーが2,3ヶ月クラブを振らなかったぐらいでショットが失せるわけない)

上の画像は木曜日に撮られたもので、ゴシップラインTMZは「朝から夕方まで終日練習していたそうだ」と伝えている。

タイガーはしっかり着こんでいるが、この日のオーランドは最高気温が14度、朝は2℃。shock 信じがたい冷え込み。平年なら日中25度になるところです。

*

ツァー復帰はどの試合になるか、確かな情報はまだ報道されていない。

来週のWGC・CAチャンピョンシップはエントリーしなかった。その翌週のトランジション・チャンピョンシップはタイガーは出ない試合。

その次がタビストック・カップ。3月22日と23日。

これはチャリティー目的TVイベントの非公式試合。トップゴルファー達が住むレーク・ノナとアイルワースに分かれてのチーム戦。開催コースは毎年交代。今年はアイルワース開催。

オフィシャルサイトTAVISTOCK CUP 2010

このトップページの左下部、Video Centerで真ん中の2009年タビストックカップSlideshowをクリックすると音楽入りでたくさんの画像が出てきて楽しいです。

去年はアイルワースからタイガー、JB・ホームズ、スチュワート・アップルビー、チャールズ・ハウウェルⅢ、ジョン・クック、マーク・オメーラ、ニック・オハーンら10名。

レーク・ノナからはアーニー・エルス、イアン・ポルター、ラティーフ・グーセン、トレバー・イメルマン、ヘンリック・スタンセンなど。

ギャラリーは招待客オンリー。ロープ無しで観戦。復帰第1戦としてはゴルフしやすい環境ということで、これに出場するのではないかと2,3回書かれていますが信頼出来る情報かどうかは不明です。(いかにも信じたくなる絶好の復帰舞台)

その次は、去年ツァー復帰後に初優勝したアーノルド・パーマー・インビテーショナル。開催は自宅から近いオーランドだから、出やすいだろう。

4月に入って、2週目がマスターズ。

もしマスターズに出場するつもりなら、その前に1試合か2試合は出ておきたいだろうから、上述のタビストック・カップかAPインビテーショナル、あるいはその両方・・というのが推測の根拠のようです。

連日練習しているのは事実ですから、復帰もそう遠くはないというのがファンの希望的観測。

頑張れ。世界はあなたを待っている。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ゆるゆるグリップで7ラウンド目

今日は寒くて風も強い予報だったので寒風に吹かれるのを覚悟だったが、最初の5ホールだけセーター。あとは半袖ゴルフシャツに袖なしウィンドブレーカーという軽装でした♪

ということで、今日のテーマ『コースで試そうゆるゆるグリップ』(爆)

1sthole 2ndhole クリックして開け、再度クリックすると大きな画像になります。

今日はあまりにコースが美しく、毎ホール写真を撮らずにはいられなかった。やはり夜中に雨が降ったらしい。

左1番343Y、ゆるゆるグリップ、ゆるゆるグリップとお題目のように唱えながら、ティーショットはよく飛んだ。がっ、3打目はギャップウェッジだったのにグリーンを逃した。

(ー'ー;)

右2番405Y、同3打目の8番アイアンを左引っ張りで左ラフ。ウェッジやアイアンでグリーンを逃しちゃあ意味がない。

4thhole_doglegright 5thfairway

左4番右ドッグレッグ489Y。右5番354Y。

同組の若い男の子がUCLA(カリフォルニア大学ロスアンゼルス校)のゴルフタオルを持っていたから、「UCLAを出たの?良い学校よね。」と言ったら、何かでもらったのだろう新しいボールをくれた。smile

Pinnaclegoldlady

Pinnacle GOLD Lady、ピンクリボンのマーク。6番352Yで使ってみました。

ティーショットは悪くなかったと思うが、ガキッという感じで打感が硬い!排水溝のコンクリートの向こうにランドしたのに、手前に戻ってきた。shock

セカンド3W、スイングも良くなかったにしろ低空飛行で、何かコンプレッション120のボールを打ったときみたいだ。

3打目の9番アイアンもボールをクラッシュ出来ず、ピンハイ右のスプリンクラーのすぐ横。チップで40cmに寄せたからセーブ出来たが、あやうくダボにするところだった。

このボールはわたしには合わない。不思議なものですね。人によっては飛ぶというけど、どのピナクルも合ったことがない。

note早くも2010年のハイライトnote

7thgreen 7thgreen_2

7番338Y。数日前に『ボギーゴルフを破るためには』というタイトルの記事で、この7番ホールを季節によってパーオン可能と書いた。

ティーショットはまあまあで、グリーンセンターまで残り160Yぐらい。奥ピンだし、つま先上がりのライだから届くとは思わなかった。でも渾身で打ちました。(爆)右の旧臨時グリーンの傾斜で降りて行き、あろうことかバックピンの方向へ転がり上がり・・・「イエ~イ!ラッキー!ピンハイだぁああああ」と喜んだ。

右はクローズアップ。左に2つボールがあり、遠いほうがメリー。

4m余ぐらい。このカップのピンハイはラインを知ってるんだーと内心思う。何と、このバーディパットが入った!!

グリーンに2オンするのも1年に一度あるか無いかなのに。こういうことがあるから、ゴルフはやめられない。

「ゆるゆるグリップ」のおまじないも、8番パー3でスライスが出てから効かなくなり、9番パー4はティーショットもセカンドもミスショット。

しかしチップとパットがかなり良くなったこともあり、逃したのはしぶとく拾って、フロント9は42(12パット)でした。

*

同伴者の二人の男性が7番のティーグラウンドで、コーリアン(韓国人)かと訊くからジャパニーズだと答えた。

男達“Japanese are best!”(爆)

メリー“Hahahaha. That's prejudice.”(そりゃ偏見じゃないのー)

男達“Yeah. But Koreans are too tight.”

(コーリアンの女性は堅すぎるという意味か、tightはケチという意味で使うこともある。たぶん前者だろう)

彼らは一人がフィリピン人で、もう一人も東南アジアらしい。

*

アイアンが良かったホール。

11thfairway 11thgreen 15thhole

左11番424Y、フェアウェイ。中、同じホールのグリーン。3打目を少し左足下がりのライから5番アイアンが打てたので嬉しい。ピンハイ左。

右15番375Y、3打目7番アイアンで奥ピンのピンハイ左。

*

【教訓】人のボールも探してあげましょう。

17thgreen 17番467Y、右グリーン。フェアウェイ真ん中、残り155Y地点から、花道はアングルがないので3Wでバンカー右外側のラフを故意に狙った。

行ってみるとラフが深くて見つからない。行ったり来たり。同伴者にプレーを続けるように言って、さらに徒歩で探す。

ついに同伴者の一人が、おがったクローバーの草に沈んでいるボールを見つけてくれた!(嬉嬉嬉)

他の人のボール探しも手伝っておくものですね。

ということで、風が強かったのは後半の2,3ホールで好天の素晴らしいゴルフ日和でした。

本日のスコアカード→Scorecard 6021Y(女性にパー73)からプレーしました。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ニッサンお前もか

今度はニッサンが54万台リコールするそうですよ。これまたブレーキの問題らしい。車種はピックアップトラックやインフィニティーSUVやミニバンで、わたしのインフィニティは入ってなかった・・というかリコールはもっと最近の製造車だから入ってるわけない。

Honda_1

これは今日ディーラーから戻ってきた娘の車。孫が喜んで運転席に飛び乗ったところ。

ホンダのオデッセー。修理にどのぐらいかかったと思います?去年の12月半ばからですよ!馬鹿馬鹿しい。新車で買って約1年半。

故障箇所というのが、このバンは後部ドアが横にスライド式で開閉する。それが閉まらなくなった。最初、修理するのに必要な部品を取り寄せたらそれが原因ではなかった。そして別な部品を発注して取り寄せ・・・というのがディーラーの説明だが、3ヶ月近くかかるって無能にも程がある。

その間ディーラーはレンタカー代を出してくれるが、最低限の金額だから超小型車。娘は嫌がって、2台持っている友人から借りていた。

ブレーキやアクセルの不具合ではないのがまだしもだが、トヨタにニッサンにホンダに、いったい何に乗ればいいのって話。BMWに乗っていて良かったとネットに書いているアメリカ人がいて笑ったが、買って次々に故障するのはアメリカ車と決まっていたのに、困ったことです。

*

日中に写真アップした五目寿司2種ですが、意外なことに孫は錦糸卵をのせた標準版を食べた。

Muffin_1 Muffin_2 Muffin_3 Muffin_4

人間の食べ物をやっちゃダメだと娘に言われるが、昔は犬に人間の残り物をやったんだ。ドッグフードなんか売ってなかった。

マフィンはご飯が好きなのです。と言うと、孫に犬は何でも食べるんだと言われた。手を差し出すとジャンプするので、写真を撮るのが難しい。この刈り方にしたらあんまりデブに見えなくなった。(笑)

Room_1 Room_2 Mitsuwa

左と中は孫の部屋。右、早い夕飯を食べた直後、娘が帰ってきた。日本食料店で、雛祭り向き?お弁当を買ってきた。孫に見せたかったからと言っていた。

作ってやりたくても作れない、哀れな母心だとじーんと来た。(爆)

*

明日は気が進まないがゴルフです。今夜半に雨、明日は風が出る予報。寒かろう。今夕も風が強かった。早よ寝よ。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

グリップそのもの

孫のレッスンを見ているとグリップの握り方が悪く、レッスン中は口を出すまいと思うが打席後方から見ている先生は気がつかないのかもと、「グリップ!」「グリップが正しくないヨ!」と注意する。

先生も左手をグリップの下にもっていかせ、次に右手で握らせ、それこそ正しいグリップをセオリー通りやらせるが、一度手を離すと同じように出来ない。

孫はパターを持つようにグリップする。両親指を縦にほぼ1直線に置く。

クラブを握るとき、右親指の根元を左親指に重ねない。良くないグリップなのはもちろん、孫の力で特にその握り方ではクラブの角度が維持出来ない。

先生が正しいグリップをやらせたあとは、球筋が良い。というかショットになっている。もう既にどうスイングするかは分かっているのだ。

それこそクラブを握るところからレッスンを取らせたのに、何で変なグリップをするのか腹が立つ。

Lesson_1 Lesson_2 

昨日は一番右端の打席でレッスン。左、3W、これは大して良くなかった。良いショットのときはキャリーで80Y飛ぶようになった。右、7番アイアン、たぶんダウンスイングに降りている途中。

Pro

真正面に立って孫が撮った先生のショット。たぶん7番アイアン?良いフィニッシュですねー。身体の柔軟性という点では硬くなっているんだろうけど、いまだにこれだけのフィニッシュが出来るのは凄いと思う・・・半世紀以上ゴルフクラブ振ってるからか・・?もともとの身体能力が違うのでしょうね。

Trees Highschoolteam Snack

左、練習グリーンの一番下でパットのレッスン。木の後方が9番グリーン。かなりの砲台。

中、2つのハイスクールゴルフチームが試合に来ていた。紫(ブルーに見える)のシャツがここらで一番強いらしい。タイガーもジュニアゴルフ時代に同様に来たそうです。(当時のわたしは無知で見逃した。think

右、レッスンが終わりメリー自家製のバナナケーキを食べる孫。このあとはミュージッククラスのレッスンなのです。

パットのレッスン時、「またパー3コースを回りたい」と先生に言ったそう。よしっ!

*

ロスは今日3月3日。わたしが子供の頃、母はいつも雛祭りに五目寿司(九州では散らし寿司と言う)を作っていた気がする。我が娘達が家にいた頃は自分も作ってやりました。

五目寿司を作るのも我が家ではわたしが最後の世代か。think

ということで、出来が悪い料理をアップするのも恥ずかしいが、さっき大急ぎで作った。

孫は錦糸卵が嫌いなので、右は孫用。真ん中は鶏肉の煮付け。海苔はしなびるので娘宅に行ったときにもっとのせる。

Gomokuzushi_2version

これから孫を迎えに行き、夕方はスピーチセラピーへ連れて行きます。孫はしばしば大人の女のように話すので、言葉が遅れているようにはとても思えないが(英語は学校でも進んでいるほう)、セラピーを受けることによって他の教科の理解を助けるらしい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ゆるゆるグリップ

人様のブログで読んだことを厚かましくタイトルもそのままですが。

日本のTVだからわたしは見てないが、レッスン番組の類でプロが「ゆるゆるグリップ」の話をしたのを思いだして練習でやってみたのだそうだ。なかなか良く再現性も高いと書いておられた。

今日、孫の迎えの前に練習に行った。まあいつものごとく当たったり、当たらなかったりでした。

正確に言うと満足な当たりなんか無いが、練習量が少ないのでそんなものです。アドレス時に両腕の力を抜くよう意識してもどうも上手くいかない。

それで、「ゆるゆるグリップ」を突然思い出し、クラブがすっぽ抜けるぐらいゆるゆるにした。ヒョイ~~~~ンと、ボールが7番アイアンのフェースを通り抜けたような感覚で、飛んだ。

それまでの着地点より20Yぐらい先でボールが落ちて唖然。

ほぉー、こんなに違うのね。どおりで飛距離がショボイはずだ。(笑)

*

だいたい自分は無意識緊張症で、何をしてもすぐ肩に力を入れる。ゴルフでも初心者がレッスンを取るように、いまだに両腕をゴチゴチにする。

たまにコースでのティーショットで、偶然この力みというか腕のテンションが抜けて振れるときがあるのです。するとエーッ?というぐらい飛ぶ。

これだ、これから毎回気をつけて練習しよう。

さらに飛距離が伸びるかも知れない。smile

*

無理をしない程度に(←誰かの専売特許の言葉)、練習に行くのは、やはりボールを打たないとスイングスピードが落ちると感じるからです。

ブランクのあとはいつも飛距離ががーんと落ちる。

今冬はプチ「エル・ニーニョ」ぐらい雨が多いそうで、春に入るまで雨が降るという予報。

1ヤードでもキャリーを出さないとスコアどころの騒ぎじゃない。

頑張ります。

*       *        *

昨日、孫の犬の餌を買いにペット屋へ。すごく大きな店で、めずらしい動物がおいてあった。

Pet_chinchilla Pet_guinea_pig1 Pet_guinea_pig2 ココログの画像は、クリックして拡大、再度クリックするともっと大きくなります。

左、チンチラ。分かりにくいですが、穴から横顔を出しています。初めて見た。なんと、1匹$110の値段がついていた。高い!

中と右、ギニーピグ(gunea pig)。これが登場する幼児向け人形劇があって、わたしは最近まで実在の動物とは知らなかった!

Pet_adoption Pet_adoption2 Pet_blackcat

この店は犬や猫の里親募集もやっている。右の猫はとても綺麗だった。後方のケージには漫画に出てくるような超デブ猫がいて、とても貰い手は無かろうと思った。

Pet_toys Pet_cookies

馬鹿馬鹿しいようなペット用の服やバンダナ(爆)もあったが、左はオモチャ。犬が噛みまくるのを想像すると、ニワトリ(下段右)が酷い。右、量りで買う犬用オヤツ。オレオクッキーやシリアルや、あまりによく出来ていて小さい子がいる家はやめたほうがいいと思う。(笑)

*

<YouTube>

今夜はロックが聴きたくて。センチメンタルになる瞬間。smile

KISSnote I Was Made For Loving You

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ