« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

藍ちゃん最終日とPGAフェニックス・オープン

結果は分かっていても、藍ちゃんが優勝となれば録画放送を3時間じーっくり見た。

彼女のゴルフに関してはだいたい想像した通りでした。smile 1日目と3日目を見ていたから、ライブリーダーボードの動きはおおよそ分かる。

スザンヌ・ピータースンはミスショットは全部左だった。インパクトのあと、右手でクイッとやる動きが・・・と思うんだけど、どうなんだろ。パットはエッジに蹴られてばかりと解説者が言っていたが、最終日はカップにかすらずになってき、しまいにショートパットを左に引っ張り。

クリスティー・カーは、プレッシャーなのか17番でティーショットを木の下に打ち込み、蟻の巣があるということでだと思うが罰無しのリリーフが受けられたが、結局このティーショットで勝負が決まった観がある。

藍ちゃんは、日傘をさし氷で首の後ろを冷やしながらでした。シンガポールやバンコックは早朝ゴルフして午前中にはホールアウトするべきなんでしょうね。スタートが遅いプロの試合は酷い気がする。

冷静、かつ粘り強いゴルフ、結果は1打差の勝利だが、バック9半ばからのゴルフを見ていると、勝つべくして勝ったと言っていいほどでした。

来週は日本LPGAの初戦、沖縄に出場するそうですが、米LPGAはあと1ヶ月試合がありません。think

桃子さんは最後の数ホールで、ドドドと崩れてしまった。15番パー5の2打目を右ラフ。つま先上がりからの3打目をパンチアウトでもするようなショットで打ち、右池。この3打目が、なんとも不可解でした。暑さで判断力がにぶっていたのか・・・??

最終日だけ桃ちゃんの人相が違う気がして、よく観察したらマツゲ!!ばさばさの長ーいマツゲでしたが、あれは付けマツゲ?それともマツゲエクステンションとかいうやつ?

18番、あれはタフな長いパー4だが、最終日は奥の奥にピン。藍ちゃんは距離感ぴったりのナイスショットでピン左へ。

そのあと、桃子さんが長いファーストパットをショートして、藍ちゃんのボールのすぐそばへ。

藍ちゃんのファーストパットは下り、カップ1つぐらい右だったのかな。1フィートぐらいカップ下に転がって、TVのコメンテーターが「マークすべきでしょう」と言ったがさっさとパットアウトした。

あとはニコニコとキャディーを見上げていました。

わたしも優勝の瞬間に大騒ぎするために10cmのパットもマークして待つのは好きじゃない。

あれをするのはタイガーだけでいいんじゃないか?言わずもがな、タイガーが優勝パットを入れるとギャラリーが騒いで静まらず、同組のプロがパットしづらいからです。

終わって全員とハグしたあと、両手を挙げて「イエーイ!」と言っていたのが可愛かった。

*       *        *

午後は孫や娘と買い物に出ていたので、男子PGAは夜の再放送を後半見た。

Phoenixopen_4r_16th_strekers このコースは好きじゃなくて、あの16番パー3の馬鹿騒ぎも聞き苦しいし(画像、今日はパンツ1丁のストリーカーも出たらしい)、しかしあのホールだけで1週間で5,6ミリオンダラーのチャリティーを稼ぎ出すと聞いて、まあ年に1回ぐらいいいかと考え直した。(笑)

YE・Yangが猛チャージをかけていたが、早くホールアウトするから無理だろうと思っていた。17番、短いパー4でティーショットを池に打ち込んで14アンダー。

Yangがホールアウトしてからは、優勝争いはハンター・メイハンと2組後ろのリッキー・ファウラーになった。

もしファウラーが勝ったら、近年これほど若い優勝者は出ていなかったんじゃないか・・考えたらタイガーの96年プロ入り初優勝以来ですね。ラスベガス・インビテーショナル。20歳と9ヶ月。

しくしくしく。タイガー、カームバーック!

しかし、タイガーに匹敵するようなのはそうそういない。(笑)

16番でメイハンがバーディにしたあと、15番パー5のフェアウェイで長いこと待っていたファウラーは、ピンまで213Yしかないセカンドをアイアンで刻む。

し~~~~~~~~ん。

TVブース、コースレポーターが口々に、「理解出来ない」「ショックだ」「こんなにイージーなピンポジションはないのに。」

故障中の副業か、最近コースレポーターを務めるPGAのビリー・アンドレードが「(ファウラーと同組の)マーク・カルカベッキアとキャディーのそばを通ったが、二人とも目を真ん丸くしていたよ。」

3打目、残り82ヤードからのウェッジショットはグリーンに乗らず転がり落ちる。

ぐわ~~~~~~ん。

アンドレード「1打差で追ってるんだ、グリーン2オン狙わなきゃ。」

今年トーレパインでのサンディエゴ・オープン最終日で、マイケル・スィムが刻んだことを思いだした。これも批判されていたが、わたしも憤慨した。彼も今季がルーキー。優勝のチャンスがあるのに、届くパー5で刻むとはねー。

ファウラーはホールアウト後のインタビューで訊かれ、「ずっと刻むと考えていた。ピンポジションがフロントだったから、もし左右にグリーンを逃したらUp&Downが難しくなるし、ウェッジで好きな距離だったし・・」と説明していたが、安全策をとったわけですね。

ピンまで213Yと言っても、昨夜の雨でフェアウェイのボールはpick&clean(6インチルール)だったそう。

寒風下265Yを刻むというのじゃない、213Yですよ。彼の飛距離なら4番ぐらいじゃないですか。ロングアイアンが打てんのかな。

ともかくがっかりでした。

遼くんなら絶対行きましたよね。(笑)

Phoenixopen_4r_16th_mahan Phoenixopen_4r_17th_mahan Phoenisopen_18th_mahan Phoenixopen_4r_trophy

左、16番でバーディを入れたハンター・メイハン。左から2、17番のティーショット。左から3、18番左バンカーぎりぎりのところからセカンドショット。

16番のバーディパットもだが、17番と18番の嫌な距離のパーパットを入れたのが見事でした。ライダーカップ、キャプテンピックに選ばれるだけある。クラッチパットを思い出す。

ツァー2勝目。

Waste Management Phoenix Opennote リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

藍ちゃん開幕2連勝!!

あー肩凝ったー。

そわそわと、一晩中ライブスコアボードをチェック。あちこち探して、日本はBS12でライブ中継をしていることを知った。

ということで、最後の2ホールは2ch掲示板と実況板でチェックしました。

(アメリカでは録画中継で翌日にしか見られない)weep

クリスティー・カーは最終組の2つ前でプレーしていたのかな。藍ちゃんが14番ボギーで1つ落とし、カーが16番でバーディの10アンダーにしたあとも、藍ちゃんも16番でバーディにすれば、絶対勝てる・・・と思っていたのですが、その通りになった。

カーが17番で落とし、最終18番でもボギーにしたのは意外だったが。

*

第3ラウンドを今日午前中に見たのだけど、ラウンド後のインタビューで、先週優勝したし自信を持っていますねと訊かれ、「アハハ。先週はすでに過去だから、明日を楽しみにしています。」と答えていて驚いた。

なかなかこうは言えませんよ。

老婆心ながら、わたしが一番心配していたのは体力。

昨日(3ラウンド目)16番ティーグラウンドで長く待っているとき、あくびをしているのが写ってしたし、それ以降も額をぬぐっていた。

ギャラリーの観戦風景を見ても半端じゃなく蒸し暑そうでした。スザンヌ・ピータースンは毎日ゆであがったような顔で。(笑)

*

藍ちゃんの去年の優勝以来、がーんと抜き出たことを考えると怖い気がする。

才能あるものが、(正確な分析か分からないが)“的確な努力”をして、目標に向かって邁進したときの加速のつき方。凄いとしか言いようがない。

彼女は新年のブログに、「目指すはプレーヤー・オブ・ザ・イヤー」だと書いていた。

明確な目標を持つことと、それを公言するのは大きな第一歩なのでしょう。

Hsbc_4r_11thgreen Hsbc_caddy_mikeseaborn Hsbc_trophy by AP

画像もYahooスポーツにはまだ大してアップされていません。これから出ると思われます。

ロスはもうすぐ日付が変わるところ。これで安心して寝られる。(笑)

明日の録画中継を見ることにします。

HSBC Wemen's Champinsリーダーボード

藍ちゃんのflagスコアカード

Hsbc_ai_1 Hsbc_ai_2

イエ~イ!

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ボギーゴルフを破るためには

金曜日のラウンドで、アプローチショットの番手と結果だけスコアカードに書いたのは、長いクラブもそこそこ練習出来るようになった今、スコアメークはアプローチの精度にかかっているから分析してみたかった。

自分のホームコースはレディースティーから6000Y以上なのでパーオン可能なホールは少ない。可能か不可能かを記載して、アプローチショットからカップインまでにかかった打数。

1番パー4(オン不可能)。3打。

2番女性にパー5(オン可)。3打。

3番パー3

4番パー5(オン不可能)。3打。

5番パー4(オン不可能)。4打。(3パット)

6番パー4(オン不可能)。4打。

7番パー4(季節によりオン可能smile)。3打。

8番パー3

9番パー4(オン不可能)。2打。

10番パー4(オン不可能)。4打。

11番女性にパー5(オン可能)。3打。

12番パー3

13番パー4(オン不可能)。3打。

14番パー4(オン不可能)。3打。

15番パー4(オン不可能)。3打。

16番パー3

17番パー5(オン不可能)。3打。

18番パー5(オン不可能)。3打。

*

4打かかっているのは不合格。内容は3パット、バンカーに入れた、ショートしてエッジからのパットをホームラン。

3打にしているうち、AW、ギャップウェッジ、SWでのアプローチは6箇所。その全部で3打かかっている。

(ー^ー;)

寄せワン全滅。

こういうところが何年ゴルフやっているんだって話。

(2打にしているのはPWのフルショット、上りバンカー越えのブラインドショットでたまたま距離が合っていたからだろう)

*

3打にしている原因はピンから遠いからばかりではない。パットが悪い。

数字上は31パットだけど、エッジからパター使ったのが4回。

良いストロークをしたのは2回だけだ。

1m以上で入れたのは9番のみ。

芯で打てたのは16番パー3の上りフックパットだけ。これじゃあねぇ・・。

ということで、タラレバというけれど、仮定の可能性に向かって努力しないとスコアは縮まらない。

①65Y以内からもっと距離が合わせられるように。

②パッティングストロークの向上と、3~4,5mのパットの上達。(たまには入れないと)

以上を、努力したい。

*

明るい分析。

この数ヶ月を通して言えるが、飛距離は(良い当たりをした時)伸びていると思う。過去パーオン不可能ホールの2,3で、あと少しで狙えそう。(笑)

Dtcarry (これはボールが貢献していると思う)

遠いところにパーオンして3パットするのと、グリーンに届かずチップでも拾えない時とどっちが確率が高いかというと、今のショートゲーム能力では後者。

ま、180ヤードをコンスタントに打てたらいいなと思います。

Puttinglesson 火曜日、孫にパッティングストロークを教える先生。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

フライデー本年6ラウンド目

スポーツドリンクのゲータレード(Pepci)がタイガーのスポンサーから降りました。タイガーゲータレードの製造を停止するのは去年の11月に決めていたが(これは売れ行きが悪かったゆえらしい・・無理もない、非常に不味かった)、今回の発表はスポンサー契約を切るということ。なお、タイガーウッズ・ファウンデーションとは引き続き関係を維持するというから、寄付は続けるのでしょう。

ま、賞金で10ミリオンダラー稼げるのだから、早いとこ戻ってきたほうがいいと思うが、あれほど奥さんの引きとめに必死じゃあねぇ~・・。

(あ、つい本音を)(爆)

*       *

ということで、今年6ラウンド。去年は年間で13ラウンドしか回ってない。暑くならないうちにガンガンと行きたい。

画像を見ると曇天の冬空のように見えますが、暖かかった。ラウンドの中ばはノースリーブシャツのみ。

今日はいつものように毎ショットの番手と出来を書かず、アプローチショットの距離(or番手)とその結果だけ書いた。

1番344Y上り。3打目AW、トップ気味、ピン上6m。ボギー。

Rancho2ndfairway_s Rancho4thgreen_s

2番(画像左)405Y、女性にパー5。奥ピンへ3打目125Y、9W(26度)、ピン下7m。パー。

3番140Y、ピンフロントで135Yぐらいか。9W(23度)でピン左上12歩。パー。

4番(画像右)右ドッグレッグ489Y。4打目フロントエッジのすぐ下からセンターピンへ上り35Y、SWでピン右上7歩。ボギー。

(グリーン上の自分の1歩はたぶん70cmちょっとsmile

5番354Y上り、3打目奥ピンへ105Y、7番アイアン、ピンハイ左12歩。ここから3パットダボ。weep

6番352Y上り、3打目右ラフから110Y。体がのけぞって、右バンカーへ。ピンハイからのバンカーショット、SWでピンハイ3m。ダボ。

Rancho7th_lr_s

7番(画像上)下り338Y。左ラフから160Yの2打目、3Wが芝の下をくぐって天ぷら、左ラフへ。フロントピンへ残り65Y、AWでエッジ。ボギー。

8番奥ピンで160Y余。ピンハイ右ラフから20Yのチップ、SWで3フィート。パー。

9番364Y、3打目左ラフから奥ピンへ75Y上り、PWでピンハイ右2m。入れてパー。

フロント9はグリーンティーから2938Y(女性にパー36)、スコア43。

うひひひ。これでバック9をボギーペースで行けば80台。INは女性にパー37。

*

Rancho10thtee_s Rancho11thgreen_s

ともくろんだ途端、10番(画像左)350Y上りで、3打目120Yからの5番アイアンがエッジまで。そこからパター使って大オーバー。thinkダボちん。

11番(画像右)、3打目ピンフロントへ130Y上り、9W(23度)でピンハイ右10歩へ。パー。

12番171Y、ティーショットはきつい左足下がりの奥ラフ。バーミューダグラスとクローバの深いラフに埋まり・・shock。ボールを直接打って、ホームランのごとくグリーンフロントのラフへ。そこからピンまで12Yのチップ、ピン右へ3フィート。ボギー。

13番355Y、3打目下り65Y、52度のギャップウェッジでピン上4.5mへ。ボギー。

Rancho14thtee_s Rancho14th_belowgreen

14番(画像左)335Y。3打目(画像右)がグリーン下のディボットの中。砲台なのでセンター右ピンへの距離は山勘で40Yかhappy01 、SWでピン左上3.5m。ボギー。

Rancho15th_s Rancho16thgreen_s Rancho17thtee_s

15番(画像左)375Y、3打目がフロントピンへ、えーっと上り入れて75Yか、PWでピン後方6m。ボギー。

16番(画像中)今日は右グリーン、157Y。花道は画像の右手、ドライバーでピン右下へオン。パー。

17番(画像右)、右グリーンで467Y。4打目、奥ピンへプレー距離100Y(上り傾斜&アゲンストの風)、8番アイアンが芯食って奥エッジへ。ボギー。

18番緩左ドッグレッグ449Y、4打目タフな左ラフ、フロントピンへ40YからSWでグリーンに乗らず。ボギー。

今日のスコア⇒あれれれれ

さっきからエクセルに写したスコアカードをアップしようとしているのですが、出来ません。PCを変えたので、う~~~ん。

おかしいな。

<エピソード>

スタート前に1つ前の組の知り合いの人が、「今日はどのティーからやるの?」と笑って訊くから、「うーん、考えてるところ」と答えたが、以前イエローティーから回ったときに一緒の組だったことを思い出した。

短いティーからロースコア、長いティーから90越えではイカンと思い、今日はグリーンにした。(以前のレッドティー)

*

HTMLドキュメントには出来たのに、ファイルでアップロードすると繋がらない。

面倒くさいのでスコアカードの写真を。汚くてすみません。(恥;)

鉛筆では薄くて読みにくいので、ボールペンを使う。

Scorecard (上段のパー数は男性用、パー71)

*        *        *

<YouTube>

なかなか彼の良い声が出ているビデオがなくて。彼以降、レゲイもさっぱり良いのが出てきませんね。みな粒が小さいというか。

Bob Marley:note Could you be loved?

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

HSBC Women's Champions1日目

久しぶりにLPGA中継を最初から最後まで見た。第1ラウンド、3時間。先週は最終日を見逃して、ゴルフチャンネルで再放送がなかったのでせっかくの藍ちゃんの優勝は見ずじまい。

先週も予選では藍ちゃんとオチョアが同組で、彼女はブログで嬉しいと書いていたが、今週も同組。すっかりトッププロ扱いで(実際世界ランキング4位だけど)、嬉しい。

録画中継はジーエイ・シンも含む彼女の組と、スザンヌ・ピータースン&アンジェラ・スタンフォード&諸見里しのぶの組を主に中継していた。

Hsbc_singapore_1r_3some Hsbc_singapore_1r_ohoa

オチョアはシーズンオフにバックスイングを短くしたということだったが、アイアンショットでは明らかに短くなっていると感じた。2,3左右にぶれたショットがあったし短いパットも外したが、やはり底力を感じさせる。

去年12月に結婚して、これから大変だろう。引退前にもう一度強いオチョアを見せてほしいと思う。誰も引退の話などしてないが、彼女はそう長くいないのじゃないかと思う。アニカが引退表明したころ、そんなことを言っていた。

第1ラウンドではチップやパットが大オーバーすることが何回か。

ジーエイ・シンはシーズンオフにオーストラリアでトレーニングしていたそう。先週は22位タイ。今週もまあまあの位置ぐらいか。彼女は遠からずまた優勝するでしょ。ウェッジショットがすごい。

藍ちゃんはアイアンはよくピンに打っていた。中ぐらいや長いパットは全部タップインにつけて危なげない。依然好調ですね。

見ていてアンジェラ・スタンフォードが一番パットが入っていると思った。この試合、なんか気合が入っている感じがする。

先週良いゴルフしたのに、最終日藍ちゃんに抜かれたスザンヌ・ピータースン。相変わらずショットは良いが、相変わらず入ってもいいパットが入らない。(笑)

諸見里嬢は、中継開始しばらくはスイングもショットもチップも悪くて、わたしは彼女を知らないのでこんなものだったの?と驚いたが、のちほどスイングは持ち直していた。

パットは全くカップにかすりもしない外し方をしていたが、キャディーは傾斜を調べてないのか?think

今第2ラウンドのライブスコアを見ているが、11番でダブルスコアにしている。左側が池のパー3。1ラウンドでは172Yの設定で、ピンは上段。昨日のオチョア組でピンに打ったのは藍ちゃんだけだった。

*

第2ラウンド、ジュリー・インクスターがトップタイに躍り出た。カーリー・ウェブも好調のよう。昨日ちらっと写っていたが、アイアンのアプローチショット、そのスイングの美しさ!smile

今やっている2ラウンド目は、ロスでは明朝の録画放送なので見られません。

明日は病み上がりのラウンドなので、あんまりスローペースじゃないといいんだけど。

ということで、また明日。

HSBC Women's Championsflag リーダーボード

*

別なものを探していて偶然見つけた、究極のスイング。

泣けてくる。この稀代の天才ゴルファーをつぶしたとしたら、それは現代の罪だとわたしは思う。

このビデオの良いところは、コメント欄に誰かが書いているようにTV中継の集音マイクで拾った音ではなく、ショットの生の音が聞けること。ほんとピュアな音ですよね。

Tiger Woods at Sherwood CC

2007年12月のターゲット・ワールドチャレンジ(非公式試合)の水曜日と思われます。タイガー優勝。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ブランク後の注意点

虚弱体質のおひい様じゃあるまいし、たかが風邪で12日も寝込んだが、その間腰痛防止のストレッチも出来なかった。このままラウンドすると結果は目に見えている。

ということで、孫を迎えに行く前に練習へ。

最初の数球はアンタ誰?の世界だったが、練習に間があいた時わたしが陥る悪癖は以下である。

1.両腕にゴチゴチに力を入れ、グリップもきつすぎ、手首はコンクリートのよう。

結果、テークバックを手で上げる。リズムが超速い。体重移動している暇もない。

2.こんなはずではないという自己過信があるため、少なくともボールに当てようと更に手打ちがひどくなる。

3.ボールに当てることを(無意識にでも)優先するので、上半身だけバイオレントな動きになり、下半身がスイングを保持出来ない。

*

逆に言うと、そうならないようにしろってことですが、今日自分で気をつけたのは以下。

(だいぶ変な球筋が出たあと)

1.左肩で後方に押すようにバックスイング。

2.スイングアークを大きくする。

病後は体が硬くなり、普段よりいっそう縮こまったスイングになっていると思うので。

3.ボールにアドレスする度、ワッグルしたり腕をぶらぶらさせ、無駄な力を抜くようにする。

4.バックスイングする直前に、下腹の腹筋に力を入れる。(弱っている腹筋でも力を入れないと、腰に来るので)

5.コースでもそうだがブランクのあとはエイミングの感覚が狂っていることが多いので、ラウンド時のようにボールの後方に立って確認する。

*

満足いく当たりは1回だけだったが(笑)、欲たれてもロクなことはないので、ショートアイアンから6番まで、ウッドも一通り全部打ちました。

孫を娘のオフィスに送ってから、夕刻パットの練習に行った。パットは1日、2日練習したってどもならんから、明後日はまあ2パットで収まればと割り切ろう。(笑)

ゴルフ仲間のMが18番から上がってくるのに遭遇。最近何だかの手術をしたのけど(盲腸だったけか)、6週間ぶりのゴルフと言っていた。

また誘える人が増えて嬉しい。

*

Rosiejones_usopen09 by AP

ロージー・ジョーンズ(去年の全米女子オープン時の画像)。来年のソルハイムカップ、アメリカのキャプテンに選ばれました。

一昨年かな引退しましたが、わたしは彼女が好きでした。飛距離がない選手で、多くのパー4のセカンドをフェアウェイウッドで打つ。ゆえにカップから遠いのですが、それをドカーンと入れる。

近年のTV中継を見ている限りではロングパットが最も上手い一人だと思う。

また彼女の最終ホールのワンパット率もすごいはず。パーパットであれ、バーディパットであれ。ミッションヒルズ(ナビスコチャンピョンシップ)の18番グリーンもそうです。

*       *        *

<YouTube>

映画『ショーロック・ホームズ』のサントラの1つ。

Sherlock Holmes:note The Rocky Road to Dublin

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

やっとウィンターオリンピック観戦

ウィンターオリンピックはいつもほとんど見ない。えっ、開催してたの?と知る頃には終わっている。coldsweats01

イナバウアーもYouTubeで見たぐらい。

バンクーバーオリンピックを、今日初めて見る。女子フィギアスケートがあるというので。

ようやく始まった。

Mirai Nagasu。16歳という。可愛い日本人の子だ。激しいスピンで演技を終了すると、解説席で口々にオーヤー!オーヤー!ワ~オ~!

Mirainagasu Mirainagasu_shortprogram by Getty Images

なかなか良かったのねーと思ったら、アメリカチームだった。

( ̄0 ̄)

日系人って多いのですよ。スピードスケートの、アポロ・アントン・オーノもお父さんは日本人。お母さんは白人だそうだが、赤ちゃんの頃離婚してお父さんが育てたということです。(下の画像左、お父さんはYuki Ohno、シアトルでヘアサロン経営と書いてあった)

Apoloantonyukiohno Apoloantonohno_1000m_1 Apoloantonohno_1000m Apoloantonohno_bronze

彼は可愛い顔をしているので(?)、アメリカでは人気らしい。(と娘が言っていた)

アメリカにいると当然ながらアメリカチームを写すから、なかなか日本人を見るのは難しい。

というわけで、ほかの女子フィギア選手が写るのを待っているところ。think

*       *

ゴルフは明日予約をとってあったが、昼過ぎに雨になる予報だし気温も上らないようなのでキャンセルして金曜日に変えた。

今日ランチョに行って、驚くことがありました。

ある知人が、彼女はランチョのコースHCが8なんだけど(これは結構すごいですよ。ランチョは女性のスロープレートが高いので)、レディースクラブの試合でわたしのワーストスコアぐらい叩いていた。shock

(各フライトごとグロスとネットスコアが張り出される)

彼女とだんなさんは引退するほどの歳でもないのだけど、1年間の休暇をとって世界旅行に出かけていた。(それも驚く)

世界旅行中はゴルフをしなかったのか・・・あんまりしなかったのでしょうね・・・、上級者も遠ざかると叩くのは簡単ということかと思った。

旅行から戻ってきたとき一緒に回ってと言ったのだけど、彼女がゴルフ復活するまでもう少し待とう。smile

*

もうすぐ浅田真央ちゃんのスケートが始まりそうですが、Yahooジャパンで見つけた画像。

人形の「久月」が作った、真央ちゃん雛人形。よく似ていますよね。

Maochandoll

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

好みのコース

ある程度ゴルフしてくると、自分の好きなタイプのコース、嫌いなタイプのコースが出てくると思う。

わたしはまあこのコースはボロだから行く価値がないとか、来るゴルファー達が品がないから回りたくないとか、そんな好き嫌いはしないほうだ。

そういうことを平然と言う人は好きじゃない。

何を偉そうにって話。

コースデザインがおもしろ味の無いコースは、新しいクラブの試し打ちとか、ホームコースで叩いて凹んだとき自信回復のためとか、ほかに予約が取れなかったときなど、利用価値はいくらでもある。

いつもいつもは嫌だけど、メンテナンスの悪いコースも修行になっていい。芝の状態が良くて高さが丁度良いフェアウェイから打てるのは当たり前で、禿げやイーブンじゃない芝から打てるのが技量と言うんだ。(あんたも偉そうな)

*

それはさておき、わたしの好みのコースのタイプは、ツリーラインで、山岳のように険しくはないが傾斜があるコース。

ティーショット、セカンドと狙いどころを考えて打っていかないとグリーンにショットがないような設計。

ランチョもマネージメントとしてはそれが要ると思うけど、その度合いをもっとタフにしたデザインが好みです。

そういうコースに毎度行っていたら心身疲れてしょうがないが。

いっぽう、嫌いというのじゃないが、どれも1回行ったらもういいやというタイプはいわゆるデザート(砂漠)コース。

先週のマッチプレー開催のコースも種類としてはそうだし、今週フェニックスオープンのコースなどその典型。両方アリゾナ州。

木がない。(笑)

パームスプリングスのコースもその範疇に入る。良いコースはいっぱいあるので未経験コースを回りたいとは思うが、どこも一度経験すると二度再訪したいとは感じない。

*

理想としては、18番をホールアウトしたとき、あー疲れた、途中で心臓麻痺起こすかと思ったわというコースが好きだ。

下の画像はそんなコースの例。(笑)

Course Outings_banner Golf_course Golfpic Contactpic

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

マッチプレー総括

今週のツァーは何か書けるほど見ていないが、今マッチプレーファイナルの再放送をやっています。

今日も午前中は寝こけて(咳止めにコデインが入っているので)、ようやくTV中継をまともに見始めた頃、孫から電話。

それで出かけなくてはならず、帰宅するとLPGAの録画放送もマッチプレーのライブ放送も終わっていた。

マッチプレー全体の感想。

見ごたえがあったマッチというと、2ラウンドではあったがラティーフ・グーセンとアーニー・エルス。グーセンはかなり調子を上げて来ているのではないかと感じる。アーニーも、パットが入るようになっている。

この二人が交互にホールを獲るゴルフは、戦艦ヤマトを思わせた(ワケわからん連想だ)。20ホールでグーセンの勝ち。

スチュワート・シンクもクオーターファイナルでポール・ケイシーに負けるまで良いゴルフをしていた。さすがメジャー覇者の感があった。

*

今週のガルシアは、(昔のライダーカップ以来)こんなにパットが安定している彼は見たことないというぐらいパットが入っていたのですがねぇ・・・。

土曜日のセミファイナルまでは。

ちらっと書いたように、開始後ほどなく強い雨で1時間半中断。その間、選手はコース上にとめた車の中で待機していた。

プレーが再開した頃は、低温と時折降る雨、かじかんだ指でそりゃ漫才のようなゴルフが1,2ホール続いた。

200Yのパー3をガルシアは、う~~んあれは何だったのか、シャンクというほど真右でもなかったが、バナナスライスか・・・?池ポチャ。距離もはるかにショート。そのホールをイアン・ポルターはグリーン左バンカー。今週ショートゲームが抜群だったポルターが、バンカーから反対側のバンカーへ。shock

そのホールをポルターがボギーでガルシアのダボに勝っている。どうもそれ以来ガルシアはリズムが狂って、今日の3位決定戦まで戻らずのままだったように思える。

今日は短いパーパットを、へなちょこストロークでローサイドに逃していた。あー。

昨日2組が4ホールと5ホールをプレーしていとき雨は止みました。ポルターはすぐに自分のゴルフを取り戻したが。

*

最初の3日間の好天、風らしい風もない、海抜ゆえ飛距離が出るデザートコースから、一転厳しいコンディションになったのはおもしろかった。

Match_final_fistpump Match_final_42 by Getty Images

セミファイナルのビジェガス戦が昨日では終わらなかったので、早朝出てきてプレーしなければならなかったポール・ケイシーには不利だったろう。ポルターはガルシアに圧勝したので、日没で引き揚げたケイシー達の3時間前に終わっている。

ポール・ケイシーは大学からアリゾナ大学だが、そこはイギリス人同士、またヨーロッパツァーで一緒のことも多いのだろう。

お互いの好プレーのあと、笑いながら次のホールに歩いていていく姿は、マッチプレーというのに駆け引きのない、ゴルフだけの勝負を感じさせた。

まあ、今週最もパットが入っていたのがイアン・ポルターだったのは早いマッチから見てとれました。ショートゲーム随一だったが、今週から新しいロブウェッジを入れ、それが良かったと本人。

Match_poulterterrymunday Match_trophy_timfinchem

わたしはポルターのゴルフウェアの大方が好きだが、このファイナルのウェアは屈指の良さだった。前も着たことありましたっけ?

ベビーピンク。画像よりTV中継で見るセーターが素晴らしい。

PGAツァー会長ティム・フィンチェム氏も今週は忙しいことでありました。タイガーの謝罪ステートメントのセットアップに週初めからかかっていたのであろうし、金曜日にフロリダのTPCソーグラスにかけつけ、またアリゾナに戻り、年棒は数ミリオンダラーらしいがそのぐらい取ってよかろうかと。(笑)

*

フロリダ州Boca Ratonで開催のチャンピョンズツァー、アライアンツ・チャンピョンシップ。

驚くことに、バーナード・ランガーが同じく3位タイでスタートのジョン・クックと今日5アンダー。プレーオフに行き、最初のホールで優勝。

どうもグリーンバンカーからカップインの「3」にしたらしい。

彼の根性にもたいがい恐れ入る。(笑)

アライアンツ・チョンピョンシップ flagリーダーボード

*      *      *

正午すぎに孫から電話があったのは、「マミーが具合が悪くてずーっと寝てる。お腹がすいたから何か食べ物持ってきて」というもの。

ほかに父親も誰もいないというから、駆けつけざるを得ない。日本食料店で出来合いのお弁当を買って飛んでいった。

Muffin_1 Muffin_3 Muffin_4 Muffin_grandma

娘は金曜日から風邪で気分が悪いと言っていたのに、土曜日にサンタモニカピアーに孫を連れて行ったそうだ。馬鹿め。

左、運動不足なのでマフィンと孫の近所を散歩。不動産の売り物が出ている!

左から3、怪しい日本人のおばさんが。こんな服を着るほど寒くないのだけど、風が強かったので。右、顔がやつれている。え、やつれてない?smile

Muffin_bighouse_2

上の桜の木があるちょっと坂下、向かい側の家が綺麗なので撮ったのだけど、PCにダウンロードしてびっくり!この車の中に運転手がいる!

写真撮りまくって、恥ずかしい。これはリンカーンで小型のリムジンです。

Muffin_6

犬を乳母車に乗せて散歩ってどんな馬鹿だと思っていたが、うちの娘も買っていた。think こういう小型犬は散歩させても体力がないのですぐ疲れて歩かなくなるのだそう。アホらし。

マフィンは乳母車での散歩が大好きらしい。

わたしも外に出たのは1週間ぶり。今度こそ峠を越えたと思いたい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

藍ちゃんシーズン初戦優勝

早朝に目が覚め、PCを立ち上げてびっくり。YahooJapanに、『藍、6打差逆転で米ツァー2勝目』

スザンヌ・ピータースンは18アンダー、次位に5打先行していたのに!

1イーグル、8バーディ、1ボギー。素晴らしい。

Hondathailand_ai_1 Hondathailand_ai_fistpump_18th Hondathailand_ai_birdie18th Hondathailand_ai_trophy by Getty Images

左から2、18番でバーディパットを入れたとき。左から3、その直後、クリスティー・カーと。カーは4位タイ。

Hondathailand_suzannpettersen Hondathailand_lauradavies

左、6打差で首位スタートのスザンヌ・ピータースン、今日3アンダーで2位。右、最終日65(7アンダー)、藍ちゃんに次ぐロースコアで回ったローラ・デービスは6位タイ。

LPGAシーズン初戦ホンダPTTタイランド flagリーダーボード

宮里藍のスコアカード

藍ちゃんは「オフシーズンの練習の結果が出た」と語ったそうですが、シーズン初めは実にその通りなんでしょうね。

去年初優勝から、『勝って兜の緒を締めよ』とはこのことか。

なおアメリカでは録画放送で、日曜日午後から。ゆえにまだ見ていない。マッチプレーの生放送と重なる。think

*

アメリカではこれからマッチプレーセミファイナルの、カミロ・ビジェガスvsポール・ケーシーの24ホール目からのライブ中継が始まります。

昨日は23ホールまでプレーして勝負決まらず、日没。

もう一組のセミファイナル、イアン・プルターvsセルジオ・ガルシアは7&6でボールターが勝った。

昨日は1時間半の雨中断後、気温の急降下と濡れたコンディションで、池ポチャ、トップ、バンカー渡りとへたれゴルファーのような展開でおもしろかったですよ。(笑)

Match_semifinal_garciapoulter Match_semifinal_villegas14th

マッチプレーリーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

雨の夜エイミー・ワインハウス

別に書くこともないのだけど、この曲をアップしようと思っては忘れるので。

新曲と書いてあるが実際は2001年に録音されたものだそう。去年まで発表されなかった。

この娘(こ)の歌を聴くと、どうもほかを聴けない。彼女はティーンエージャーでこれを歌っているのですから才能のほどがわかる。

YouTube: Amy Winehousenote Long Day

*

先週水曜日からの風邪がまだ治らず、今週は孫の世話も出来ず。

まだ咳は出ているが週末は練習でも思っていたら雨がぁああああ。明日も明後日もシャワーの予報。

咳が出ていると映画も行けないから腐る。

*

もういっちょ、エイミー。

YouTube: Amy Winehouse noteAddicted

*

風邪を引いて5日目にふらふらするのに練習に行ったのが悪かったが、ビッグバーサ・レディースアイアンセットのSWでチップしてみた。ボールが芝に乗っていると打てた。

クラブが軽いので、よりいっそうゆっくりスイングして柔らかいタッチで打つのがコツだと思った。

わたしはよろずせっかちなので、スイングもせっかち。素振りしないですぐ打つし、パットもボールの前でストロークもしない。

その早撃ちの癖がいけない。素振りや練習ストロークをしないのはいいが、バックスイングをゆーっくりするとチップでミスがない。

コースに出るとすぐ忘れるのです。

来週は何とか回りたい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

タイガー、謝罪ステートメント

去年11月の交通事故、それに続くスキャンダルでも経験したが、タイガーの会見がセットアップされて以来の騒ぎもまた、彼の人気度あるいは憎まれ度がどれほど大きいかを再認識した。

・・と思ったのだが、今朝ライブ放送されたスピーチの13分半、NYの株取引がスローダウンしたというのだから、あっけにとられる。売買人がTVを見入っていたためだ。

Statement_tigerentering Statement_tigerapproaching Statement_tiger5 by Getty Images

タイガーはこのように登場し、およそ30人と思われる友人、知人、お母さんのクルティダさんの前でスピーチを始める。用意した原稿を持って壇上に立ったタイガーは、今にも泣きそうな顔に見えた。焦燥感、ナーバスさ、彼の人生の恥辱の瞬間だったろう。

日本で放送されたのかどうか、全ステートメントをカバーしたCNNのビデオがYouTubeにあったのでアップしておきます。

movieタイガーのステートメント(14分)

タイガーオフィシャルサイトに掲載の全文トランスクリプトは下。

memoTiger's public statement

長いので全部を訳すのは荷が重いが、今のタイガーが言うべきことは全て網羅していると思う。

まず、列席の友人、ビジネス関係からの友人らに対して、無責任で自己中心的な行動をとったことを謝罪している。

次に、「自分がどうしてこんな馬鹿なことをしたのか、妻のエリンや子供達にどうやったらこんなひどいことが出来たのか知りたい人々がいるのは分かっている。しかし、常に私人(private person)であろうとした自分なので、これを言っておきたい。」

「エリンと僕は、僕の行動でもたらしたダメージについて話し合う段階に入った。僕からの謝罪は言葉ではなく、今後の行動にかかっているとエリンが指摘したように、これからたくさん話し合うだろう。しかし、どんな話が出ても、それは僕とエリンの間に留めておくことになる。」

このあと、室内にいる人々、自分のファン、友達、スタッフ、スポンサーに落胆させ心配をかけたと詫びている。

またタイガー・ウッズファンデーションに関して、今後も何も変わらないし、これからも成長していくと殊に言葉を割いて強調している。

タイガーはステートメント中、何回か謝っているが、ビデオの3分33秒はカメラを真正面に向き謝罪する顔は見る者の心を打つものがある。

下記の“驕れる者”の心境になっていた事を、パブリックの前でタイガーが説明したのは興味深い。

「教えられた芯になる価値観で生きることを止めてしまっていた。自分の行動は悪いとは分かっていたが、自分には世間一般のルールは当てはまらないと言い聞かせていた。」

「誰を傷つけているか考えず、自分のことだけ考えていた。結婚したカップルが守るべき境界線を突き抜けた。やりたいことをやって、それで通ると思っていた。」

「今までの人生をずっと努力してきたから、周りの誘惑に乗って楽しんでも良いんだと感じた。自分にはその資格があると感じた。金と有名なおかげで。大して求めなくて手に入った。」

そうして、スピーチのどのあたりだったか、時間では8分58秒で、正面にすえたカメラが作動しなくなり、一瞬ブラックアウトしたあと、カメラは右側からになる。

*

スキャンダル以来、メディアが2歳半の娘のプリスクールに追ってきて場所をさらしたり、奥さんにまとわりついたり、お母さんまで後をつけたりする。妻と子供達を放っておいてくれと頼んでいます。

また12月末から2月初めまで、45日間クリニックに入っていた。(治療は)まだ先が長いと言っている。

変えなくてはいけないのは自分だ。たくさん努力しなければならないが、それに自分を捧げるつもりである。その方向に向かう道の一つは仏教だ。小さい頃から母に教わった。僕は仏教徒として育てられたと語っている。

切りがないので、このぐらいで、最後にたくさんのイーメイルや電話を謝し、列席のPGA会長ティム・フィンチェムやPGAプロに感謝している。

*

終わってお母さんのクルティダさんをハグし、前列の友人達をハグして部屋を出ていくタイガー。同じくYouTubeで。

movieTiger comforts mom and friends

これを見てジーンと来ない人は少ないのじゃないかと思います。大丈夫だよ、良いスピーチだった、頑張ってね、という感じで大きな息子の背中を叩く母。

お母さんは良いですねー。何があっても無条件の愛だ。

Statement_motherkultida

久しぶりにMrs.クルティダ・ウッズの姿を見て驚きました。ここ数年、TVや画像で見るたびに太っておられたのに、今回の騒動で相当体重が減りましたね。

心労いかばかりか、このお母さんを見たってタイガーは猛省したろう。

タイガーは先週の土曜日、子供達と時間をすごさせるためにクリニックが1週間の休みを与えたもの。タイガーは明日戻ると言っていた。

ゆえに金曜日にこのステートメントを発表することにしたそうです。

(クリニックとはミシシップ州にあるアディクション(中毒)を治療するところで、タイガーはセックス・アディクションで入ったと言われているが診断は不明)

ツァー復帰には言及せず、いつかは戻ると言ったのみ。次にタイガーが見られるのは長い先でしょう。

Good luck!!

*

*

*

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

タイガー、明日の会見の波紋

まったくもって呆れ返るばかり。タイガーが現れる前からしてこの騒ぎ。アメリカはどうかしているのではないか。

アクセンチュアマッチプレー2R目は、ゴルフ中継中とCMの間まで“NEWS ALERT”と称して、タイガー関係のニュースがテロップで流れていた。

ALERTって大雨警報や高波警報じゃあるまいし。

そしてテロップで流れる内容は、明日タイガーが11月末の夜中の交通事故以来初めて公共に姿を現し、会見をするということから、PGAツァー会長のコメント。マッチプレーに出場プロのコメント。

ローリー・マックロイ(会見のタイミングがアクセンチュア・マッチプレーの週ということをどう思うか訊かれ)

「いつか出てこなくちゃいけないんだからね。彼を切ったスポンサーに仕返ししたかったのかもね。」

スチュワート・シンク「タイガーの顔が見られるのは良いね。彼がどこかにはいるってことだから。(金曜日の会見が)カムバックへのプロセスの始まりだと思うよ。」

パトリーグ・ハーリントン(タイガー側にコントロールされた状況での会見をどう思うかと訊かれ)

「初めて出てくるときは、彼がコントロールすべきだよ。今後は質問もされるだろうけど。状況をコントロールすることが、復帰するときに少しずつ楽になっていくと思う。」

アーニー・エルス(不出場なのに、マッチプレーの金曜日に会見を持つことをどう思うかという質問に)

「セルフィッシュ(自己中心的)だ。その通り書いてくれていいよ。月曜日はステートメントを発表するのに適当な日だ。金曜日じゃなくて。スポンサーに気の毒だと思うね。(タイガーの会見は)試合から注目を奪うね。」

ジム・ヒューリック

「金曜日というタイミングは別にどうも思わないね。会見は朝早くだし。」

※メリー注。タイガーのライブステートメントは東部時間の11時開始。アクセンチュアマッチプレー、3R目の一番スタート組の3時間前ということです。開催地のアリゾナはタイムゾーンがマウンテンタイムと言われ、東部より2時間遅れのため。

なお、エルスの厳しい批判に関して、タイガーのエージェントであるマーク・スタインバーグは、「コメントするときは正確な情報を調べて言ってほしい。会見を金曜日にしたのには大きな理由がある。来週ではダメな理由だ。」と語ったそう。

特にTVカメラに写り、インタビュアーにマイクを向けられた出場プロでは、ネガティブなコメントをする人はいなかった。

*       *

つい2時間ほど前、入ってきたニュース。これが驚く。

GWAA votes not to participate as pool reporters

GWAAとはアメリカ・ゴルフライター・アソシエーション。

金曜日の会見で、タイガー側はGWAAに出席するゴルフライターを3人選んでくれと言った。また会見では質問は受けないと。

これに怒ったGWAAは木曜日夜、委員で投票をし、抗議のためタイガーの会見をボイコットする決議をした。(19人賛成、4人反対、3人欠席)

“To limit the ability of journalists to attend, listen, see and question Woods goes against the grain of everything we believe.”

会員950人、上記の会長の弁がふるっている。Journalistだって!誰がジャーナリストか訊きたいもんだ。交通事故以来、読む記事読む記事、バッシングか揶揄するか、タイガーのネガティブな将来を語るフォーチュンテラーだ。

また、会見はすべてのメディアに開かれタイガーに質問出来るべきだと信じるそうだが、それを許したとしてどんな質問が出るか誰でも想像出来る。

最近ゴルフの調子はどうだと訊く記者はいまい。

常識で考えたって、今回は質疑応答の「記者会見」は成り立たないのだ。

タイガーのお父さんが癌末期で、誰しも時間の問題と知っているころ、試合中の記者会見でしつこいメディアの質問に、わたしは毎度血が上った。

よくタイガーが切れないなと感心したものだ。

「お父さんの具合はどうか?」「今どんな治療を受けているのか?」「お父さんのことが気にかかってゴルフに集中出来ないのでは?」「最近ではいつお父さんに会ったか?」

今回は名乗り出てきてるのが19人のホーどもだ。

*

というわけで、事態はほんとに馬鹿げてきました。

わたしはS・シンクのコメントと同じ感慨を持った。噂や隠し撮り写真だけで、タイガーを見た、タイガーに会ったという信頼出来る人物はこの3ヶ月誰もいない。

電話で直接話したと公表したのは、唯一フレンチオープンでのロジャー・フェデラーだけ。

近所に住む、マーク・オメーラやジョン・クックも、タイガーから音沙汰が無い。会えなくて寂しいと先週のチャンピョンズツァーで訊かれて答えている。

生きてるんだかというほど隠れてしまっていたタイガーなので、元気な姿を見るだけで嬉しい。

明日の会見で何かが見えるでしょう。

Practicehome5_feb1810 Practicehome4_feb1810 Practicehome2_feb1810 Practicehome3_feb1810 by Getty Images

これは今日公表されたタイガーの練習風景。マスコミ用に、カメラマンに撮らせたもの。場所はホームコースのアイルワースの一隅だそう。自宅から数ヤードというから、以前言っていた6番ホール沿いの道路際ではないか。

Practicehome_feb1810 Practicehome1_feb1810

最初はコースを回っているかと思った。左の男性は昨日ジョギングしていた人と同じでは・・?セキュリティーガードには見えないが。

タイガー、良い笑顔ですね。涙が出る。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

アクセンチュアー・マッチプレー1ラウンド目

情けなくもいまだに風邪で寝込んでいて、ライブの中継は夢うつつで見ていたが、さきほど夜の再放送を見たところ。

中継開始からしばらくは石川遼vsマイケル・スィム組は写らなかったが、遼くんが2UPでリードしていました。

Match_1r_ryo Match_1r_16th by Getty Images

それからスクエアになり、15番で1DNに落ちた。次の16番でスクエアにする。

17番確か482Yといっていたような。遼くんはティーショットを右バンカーへ。ピンまで残り170数ヤード、ピン右上にランドしてベタピンへ。素晴らしいショットだった。これで1UP。

18番パー4は、ティーショットが良く、スィムよりかなり前。残り120Y余。

Match_1r_ryo2ndshot_18th Match_1r_ryobirdie_18th Match_1r_ryowon Match_1r_ryomichaelsim by Getty Images

左、その18番のセカンドショット。良いスイングだったー。ボールを見ながら、“Get down.” “GET DOWN!”

発音が良くて笑った。

PGAサイトビデオmovie18番セカンドショット

左から2、ピン下12フィートにつけ、バーディパットを入れ2UPで勝ち。

右、後ろ姿のスィムのキャディーは、グリーンで待つあいだ遼くんと会話していて感じが良かった。ここらが欧米人の良さだ。

最後の2ホールで完璧なプレーで引き離したのは、彼の強さというか持ち味なんでしょうね。TVも何度も言っていたが、ほんと18歳というのは信じがたい。

石川遼のflagスコアカード

golfラウンド1の結果と組み合わせ表

終了直後のグリーンサイドインタビューでは英語で答えていて、わたしの嫌いな女アナウンサーが、Bright man.(頭が良い)と誉める。(笑)

明日の相手は、今日ストリッカーを負かしたR・McGowanだが、タイガーが不出場になって出てきた人ではないかと思う。

池田勇太は、最初は2ホールとっていますが、あとはずるずると負けていった観がある。彼は少ししか写らず、ニック・ワトニーをかなり写していた。

わたしは彼のゴルフを見たことがないので知識がないが、コースの練習不足などもあるだろうが、彼やキャディーの雰囲気を見ていて気後れしてしまっているのじゃないかと感じた。

外国で試合に出るというのはそれだけで余分なエネルギーが要る。

明日も遼くんが楽しみ。1つでも多く勝ち進んでほしい。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

タイガー、金曜日にライブスピーチ

追加画像+2

Jogging_nearhome_feb1710 Jogging_nearhome1_feb1710 Jogging_nearhome2_feb1710 by AP

公表されたタイガーのジョギング姿。自宅の近くという。Yahooスポーツの記載によるとこれは今日の画像とのこと。結構なスピードで走っていると思う。smile

*

アリゾナではWGCマッチプレー初日が始まりましたが、さきほどタイガーサイドから発表があり、ゴルフ中継はたびたび中断してそのニュースが流れている。

タイガーの初めての公共の場でのスピーチは、この金曜日フロリダ州午前11時、PGAツァー本部があるPGAソウグラスのクラブハウスで行われる。

記者会見の形ではなく、タイガー側の友人や仲間、親しい知人のグループを前に過去と将来について話す予定と彼のオフィシャルサイトにある。以下がそのページ。

Tiger_filephoto_twcom

Tiger to give remarks Friday

ゴルフライターアソーシエーションから少人数のレポーターが呼ばれるが、質問は受けない。

なおPGAツァー会長トム・フィンチェムも同席すると、レポーターに訊かれて会長自身が答えていた。

その様子はライブで流れる。ゴルフチャンネルでは現地の午前10時半からカバーする。(日本時間土曜日0時半ではないかと思う)

以上。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

パラノイド

トヨタのリコールはかなりメッシーなことになっていますね。Messyとはワヤになることかな・・・風邪で頭がうじゃうじゃとして日本語が出てこない。(英語もオカシイくせにthink

わたしは最近車を運転してパラノイドになる。ブレーキが利かない車に後ろからどつかれるんじゃないかと。

最近の小型車のリコール対象車の症状は、濡れた箇所や穴状になっている箇所でブレーキをかけると下にスカーッと抜けてしまう感触がして、車は逆にジャンプするようにスピードを上げる、というもの。

アメリカの新聞で読んだ所有者達の苦情はそうでした。

これで前の車に追突したり、よその庭に突っ込んだり、歩行者をはねたり。

昔、高速が朝のラッシュで全車線が完全に止まっているとき、後ろから追突されたことがあるが、そのあと1ヶ月ぐらいパラノイドでスピードを出せず、バックミラーで後ろをしょっちゅう見ていた。

*

今の車を買ってちょうど8年になる。ニッサン車。その前はトヨタのカムリだった。

アメリカで故障が少ないから(多少高くても)日本車を買っていたのに、残念です。

カムリのあとまたトヨタ買わなくて良かったぁというのが正直な感想。

今のインフィニティーを買うときに、同じぐらいのグレードのレクサスも試乗したが、レクサスのほうが$5000ばかり高いのでやめた。搭載している機能はインフィニティーのほうが多かった。レクサスの名前で値段を取るんだなと感じた。

*

去年の夏、サンディエゴ近郊の高速で、実に悲惨なレクサスの事故があったが、あれはアクセルが急加速してハイスピードになりブレーキも利かなくなったもの。

下は去年9月15日のNBCサンディエゴの記事。事故が発生したのは8月28日で、当時は原因については何も報道されなかったと記憶している。

Deadly Accident Prompts Floor Mat Warning

その車種は、ボタンを押してエンジンをかけるタイプで、緊急にエンジンを止める場合もボタンを3秒押し続けるというもの。

数々の起こらなくてもすんだ事故を読むと、車はそうそう便利になるべきではなかったのではと感じる。

マニュアルシフトで、運転者の技量ですべて車が動くなら、あんなセンスレスな死に方をすることはなかったろう。働き盛りの夫婦と13歳の娘とその30代の叔父さん。

運転者はカリフォルニア・ハイウェイパトロール隊員だったということと、車内にいた人が911に電話して最後の悲鳴まで入っているのが、事故がどれほど人間のコントロールを超えたものであったことを裏付ける。

ハイウェイパトロール隊員は高スピードで逃げる容疑者の追跡の業務のため、日ごろから高度な訓練を受けているという。

*

自分の車が殺人機になったら、どうします?

メーカーはもちろんのこと、知らずに買った不運な購入者も楽観説は持つべきではないと思う。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

スイング改造の怖さ

今冬は風邪も引かなくて調子良いぞと思っていたが(インフルエンザの予防注射はした)、とうとう。

最初は風邪の症状がまったくなくて気分が悪いだけ。現在は咳と鼻づまりで、体裁が悪いのでこそこそと日本食料店に行ったのみ。

驚くなかれ、今日は27℃でした。

もったいないわ~。今週はたぶんゴルフは無理だろう。悔しい。今のところ5ラウンド、平均は89.8です。(爆)

イエローティーから2ラウンドしたから。超短いのです。

あー飛距離が欲しい。

*      *

スイング改造の話は、マイク・ウィアーのスイング解析記事が米ゴルフダイジェスト3月号に載っていたから。

日本でも紹介されたかと思うが、Stack & Tiltのスイング法にウィアーは走ったそうだ(2006年から)。それで、去年の4月に元のスイングコーチであるマイク・ウィルソンって人に戻ってきた。

そのウィルソンがスイング解析をしているので、良くは言わないわけだけど、わたしには彼の分析は説得力があった。

ウィアーがゴルフ中継で写るとき、TVブースで「マイクはStack&Tiltメソッドでスイングを変えた」とイアン・ベイカー・フィンチが言うともう一人が暗い声で「ああ」と相槌を打ったのを覚えている。後者はファルドーだったか・・・それがいかにも賛同しかねるような響きだった。

そのメソッドでスイングをいじったので有名なのは、アーロン・バッドレー。彼もStack&Tiltを実践しているとネガティブな雰囲気で言われていた。

プロツァー内では評価されていない、むしろ評価は悪いのかなと感じた。

スイングのことを書いた文はわたしは端から読む気がなくて、理解力があるとも思わないが、Stack&Tiltがどうであれスイング改造は怖いと思う。

ウィアーはいっときショットがぶれていましたね。テークバックがえらい低くインサイドに引いていたし。アーロン・バッドレーはめったにTVに写りもしなくなった。

米ゴルフダイジェストに紹介されたときの記事(2007年6月号)

The New Tour Swing(ブルーのシャツの人が一般的スイング、黄シャツがStack&Tiltスイング)

今月号の記事はまだサイトには出ていなかった。ウィアーはスイングもゴルフも戻ってきている感じです。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ボールのリコール

人様のブログで読んだことで恐縮なんだけど、あるボールが公認ボールリストに入ってなかったのでメーカーは回収するそうだ。

メーカーサイトには以前は公認だったのか言及してないが、公認から外れた理由は球の出だしの速度が速すぎるということらしい。

思わず叫びたくなった。

わたしにそのボールをくれ~~~~~!

念のために調べたが、アメリカでは一般販売してないもよう。そのメーカーのボールでプレーしている人も見たことないし。

わたしなんぞは、クラブでもボールでもゴルフが楽になることなら何でもアリで良いんじゃないかと。(笑)

競技も出ないし、ハンディキャップで賭けルール決めるじゃなし、ほんともうゴルフ寿命いくばくもない婆さんゴルファーですから。

メーカーは回収したボールをどうするんだろ。

(ちなみに値段はダース6,500円前後だった。高っ)

<追記>

名前も出さないと、知らない方には何のことやらわからないのでメーカーサイトのURLを入れておきます。

golfボール回収

*

でも非公認になったというのを不思議に思った。

わたしの使用ボールやVOLVIKでも公認リストに入っているのに。

Dtcarry

タイトリストのDT・Carry、$20。わたしのヘッドスピードだとよく飛んで(笑)、ドライバーで8~10ヤード、アイアンで5ヤードぐらいは違うのじゃないかと思っています。(上級者が使うボールに比して・・ProV1とか)

ディンプルの数がエアロダイナミックにどう影響するのか知らないが、このボールはディンプル252個。公認ボール中、最少。

USGAの公認ボールリスト(このページのリストのPDFフォーマットをクリック)

膨大な数ですが、ボール名がアルファベット順になっているので見つけやすい。

ざっと見ても日本はたくさんボールを作っていますね。

先日CMでゴルフボール製造過程の映像があり、全米で年間ロストするボールは1.2ビリオン個だと文字が出た。(12億個?)

ゴルフメーカーはゴルフボールで儲けていると言われのがよく分かる。

愛用のDT・Carryは表面にすぐ傷がつき、気のせいだとは思うが(爆)飛ばなくなるのも早い気がして、ケチらずすぐ替える。ハーフの折り返しで新ボールに。(お前はツァープロか)

使い古しは、パー3やトワイライト、チップの練習に回す。

OB打ったりロストしなくてもかなり頻繁に買うが、以前使っていた上級者用ボールの半額以下だからまあ大したことない。

好奇心で、そのリコールボールを打ってみたい。送って下さる方、ウェルカム。(笑)

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

デュバル復活!

と書くと、まるでデビッド・デュバルがペブルビーチナショナルPro-Amで優勝したみたいだが、1打足りませんでした。

しかし言っちゃあ何だが、今日もまた見る価値があるゴルフしているのはデュバルだけでした。

えーっと何打先行していたんだっけ。スタートは最終組がダスティン・ジョンソンとポール・ガイドスの-18。次がJB・ホームズの-14だった。ラウンド中盤にそのトップ二人が交互にスコアを増やして、メジャーじゃあるまいし、こんなゴルフを見てもしょうがないと録画にして練習に行ってしまった。

デュバルがラウンド後のインタビューで、「(自分の)69が優勝するチャンスがあるスコアとは考えなかった。最悪でも6アンダーは出して、リーダーのスタートスコアの18アンダーにしないとどんなチャンスもないと思っていた。」

普通そう考えますよ。(笑)一人ならず二人も18アンダーでスタートしたのだから。

*

中継途中でアナウンサーが、デュバルは今年の全米オープンに出場出来るからと言っていてハッと思った。

去年べスページ・ブラックでの全米はルーカス・グローバーが優勝、2位タイはミケルソン、デュバル、リッキー・バーンズだったのですね!

去年のリーダーボードを見るまで完璧に忘れていました。

ゲーリー・プレーヤー曰く、『メジャーで2位になったのを覚えているのは、その女房と愛犬だけだ。それも良い女房を持った場合だよ。』

その資格で、今年のマスターズ、全米オープン、全英オープンは出場出来る。

デュバルはツァーカードを持っておらず、去年のQスクールも落ちた。しかし、信じがたいですね。ゴルフは恐い。その去年の全米オープンもセクショナルクオリファイから出場資格を獲ったのだから。結果タイガーより上位だ。

*

画像は見つからなかったが、プレーオフになる可能性があるので練習グリーンそばで待っている間、デュバルの子供二人がいて感無量だった。(3歳と5歳ぐらいか)

彼は、数年前に子供3人がいる女性と結婚、それから自分の子供2人も出来たので、5人の子持ちになった。

今日17番パー3で、3m半ぐらいのバーディパットを入れたあと、キャディーへ笑顔を見せていた。

またホールアウト直後のインタビューでも嬉しそうでした。ようやく、自分のしたいゴルフが出来るようになったからでしょう。記者会見でもそう言っていた。

遠からず優勝は、今日もう少しで届くところだったが、この繰り返しでどんどん自信は回復していくのでしょう。来週もマッチプレーの裏試合、メキシコのマヨコーバ・クラシックに出場。

Pebblebeach_4r_18thduval1 Pebblebeach_4r_18thduval2 Pebblebeach_4r_18thduval3 by Getty Images

左、18番パー5のティーショット。中、同サードショット。右、ホールアウトしてギャラリーに応える。

ラウンド後記者会見のデュバル(英文です)

デビッド・デュバルのオフィシャルサイト

*

Pebblebeach_4r_trophy

優勝はダスティン・ジョンソン。どんな試合も最終日はタフだろうが、メジャーでもなく、太平洋から強風も吹いてなかったのにオーバーパーで勝つのもねぇ・・・。

最終スコアボード

14番パー5のピン位置は左奥、フェアウェイからはバンカーの後ろ、グリーンの上段は奥へ下り傾斜。

ブライス・モルダーは打っては花道に転がり戻って「9」にし、それをフェアウェイから見ていたポール・ガイドスも「9」にした惨劇は、言っては酷ながらゴルフは耳と耳の間のゲームと言われるのがよくわかる。

さてさて、全米オープンではどれだけ厳しいセッティングにするか、楽しみであります。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ペブルビーチPro-Am予選終了

ペブルビーチの海の色はロス近海とは全く違う。ブルーが色とりどりで美しい。これは岩場だからでしょうね。ロスの海はずーっと砂で、岩があるところは・・・あったかいな?(笑)

コースの木を見ていると風がほとんど無いようなのに波が高い。

Nationalproam_3r_pebble7th_mahan Nationalproam_3r_pebble8th_cejka by Getty Images

左、ペブルビーチ名物7番パー3。パットしようとしているのはハンター・メイハン。右、8番ホールから海を眺めるアレックス・セヒカ(何と発音するか忘れた)。

Nationalproam_3r_pebble_kellyslater

左、コーリー・ペイブン、その隣は世界サーフィンチャンピョンに9回優勝したというケリー・スレーター。彼も度々海を見ていて、仲間がコンテストに出てるというようなことを言っていた。そのときは注目しなかったが、さきほどYahooのニュースで見てびっくり。

Maverickssurfcontest_1 Maverickssurfcontest_harfmoonbay Maverickssurfcontest_contestatfell Maverickssurfcontest_bigwave

これは今日北カリフォルニアのハーフムーンベイというところで開催された、Maverick's Surf Contestというサーフィンの試合。ハーフムーンベイはサンフランシスコ南方(たぶん車で数十分)、ペブルビーチゴルフリンクスの北方にある。

サーフィンに知識は無いがすごい波ですね。

Maverickssurfcontest_spectators Maverickssurfcontest_knockover Maverickssurfcontestwinner_chrisber

左、見物客はこのようなスタンドで観るらしいが、それが大波で倒されたそう(画像中)。下が岩場なので、足や腕を骨折などの怪我人があったが、海に飲まれることなく救助されたそうです。右は、優勝者のクリス・バーティッシュ(南アフリカ)。

*

喉は痛いし咳は出るしで、22℃の好天もうちでゴルフ中継でも見るよりしょうがなかったが、遼くんが写ったのは午後2時で(CBC中継開始2時間後)、ペブルビーチしか写さないのだから、リッキー・ファウラーともう少し写してくれてもよさそうなもの。

その前に10時から11時半まで中継のゴルフチャンネルは全く写さなかったように思うが、女アナウンサーの声が勘に障るので音を消していたから、分かりません。(笑)

タイガーじゃないが、ゴルフは音を消して見ると丁度良い。ただCMの間台所で皿の1枚も洗おうとすると不便ですけど。

*

ツァープロとアマチュアのゴルフ力の差を云々するのも馬鹿げているが、よく言われるようにパッティングに一番差があるというのを再認識させられた。

Nationalproam_3r_pebble18th_tombrad Nationalproam_1r_mp_tonyromo Nationalproam_3r_tonyromo16th by AP

左、NFLニューイングランド・パトリオーツのクオーターバック、トム・ブラディー。ロス近郊ニューポートビーチ、トランプナショナルGCでHDCP8だそうだがスイングも良いし、同組だったVJが笑うほどのプロはだしのショットを打っていた。

大きな画像がなかったが、中と右はNFLダラス・カウボーイのQBでトニー・ロモ。現役選手の中では彼が一番上手いと言われている。HDCPゼロ。プロアマではジョン・デイリーとチームを組んだが、かなりのグリーンでJDのインサイドに打っていて笑った。

ところが、二人ともパットが入れられない。

初日と2日目のビジネスの大物おっさん達を見ていても、まあパットで身体を動かすこと右手が強すぎること、人の悪いところはよく分かるもんだ。

素人の中年老年ゴルファーは、ショットの練習なんぞそこそこにしてパットを練習するに限るなと思った。

ということで、遼くんは予選落ちでしたが良い経験になったでしょう。この試合は何で出たのか、全米オープンの前にコースを回っておきたかったからか・・・たぶんそうだろう。

18歳の子に、ペブルビーチのプロアマに出るような人種とチームプレーはあまりに荷が重過ぎると思う。

AT&TペブルビーチナショナルProAm3Rスコアボード

明日も天候は良さそうなのでバーディ合戦でしょう。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ペブルビーチPro-Am2日目終了

せっかくの好天を体調を崩して一歩も外に出れず、昨日はゴルフ中継も夢うつつで見たが、石川遼とリッキー・ファウラー組は写らなかったのじゃあないですか?1R目のモンテリー・ペニンスラGCは9ホールだったか、アンジュレーションがきついグリーンのプレーだけ写していた。

スパイグラスに至っては全く中継無しで、TVカメラを入れないのなら開催コースにならなきゃいいのに。(怒)

ペブルビーチは値段は高くてもパブリックコースですから、中継中のほとんどが同コースを写す。

この試合は3日目まで予選で、明日ペブルビーチの遼くんは、下位とは言え写ることを期待したい。

トータル+3の遼くんですが、この不調は予想していました。本人は「プロアマ戦のペースには大分慣れた」と言ったらしいが、この試合を避けるプロがいるのも理解出来る気がする。

究極のスローペース!

今日もひどかった。ライブスコアボードで見張っていると(笑)、ティーオフタイムが10:12。(なお各コース#1と#10に分かれるので、これは一番最後のスタート)

スタートからして多少遅れたにしろ、前半9ホールで3時間半かかっていた。ホールアウトは4時20分ぐらいじゃないかと思う。プロアマなので連日6時間ラウンドは有名だが、初めての経験でチームのパートナーとは英語の会話ですから、くたびれあがるのが普通と思う。

よくほかのトッププロは我慢しますね。(ま、出ないのもたくさんいるけど)

*

Nationalproam_2r_duval9th Nationalproam_2r_duval18th by Getty Image

今日は、デビッド・デュバルだけが見る価値あるプレーヤーだった。(わたしは素人の酷いスイングや1mを外すパットを見たくない。JB・ホームズはロースコアでも見たくない)

先週のノーザントラストオープンでも良いスイング、良いショットを打っていたが、2ラウンドと3ラウンドでスコアを崩し、予選通過したけれども3ラウンド後にカットされた。

今日のデュバルを見ていると、遠からぬ先に優勝する予感がする。

相変わらずクールで良い。今日14番だったと思うが、バーディパットを入れたあとカップにかがみながら、右腕をポリポリと搔いたりして。(笑)

ギャラリーが沸いてても、手も挙げず、ノンシャランでグリーンを去る。あーカッコイイ。(笑)

ほかのプロがやると、何気取ってんだ、いつから偉くなったんだとけなされるが、デュバルがやるとクールだから不思議。

10アンダーが6人も出て、モンテリーベイのシーサイドコースも風が吹かなければ大した難易度でもないのだろう。それに、プロ用のピンポジションにするとアマチュアがゴルフにならないから、本番は決勝の日曜日というわけでしょう。

AT&Tペブルビーチ・ナショナルPro-Amflagスコアボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

明日からペブルビーチPro-Am

シカゴ、ワシントンDC、NYはスノーストームで積雪がすごい。ワシントンDCではこれで3日連続で学校は休み、政府機関もお休み。ここらがアメリカののんびりしたところ。

日本なら学校はともかく、会社も貸し布団で泊まりこみとか、たいていの人は何とか勤め先に行くでしょ?

ABCニュース movieワシントンDCCの積雪

わたしは子供の頃秋田の田舎に住んでいたが、平均でも平地で1m積もるのが普通で、毎日通学、大人はみな仕事に行ったけれども。

NYでは市長が、「こんな日に出てきてもどっかで車が立ち往生するだけだ。家にいるように。」と身振りを加え、スピーチしていたのには笑った。

かと思うと、今週開会式冬季オリンピック開催地、カナダのバンクーバーは先月観測史上最も暖かい1月だったという。雪がなくてトラックで運びこんでいる映像がニュースで流れた。

*

ヨーロッパもひどいらしい。

先週一緒にラウンドした若い人が用事でドイツに行くと言っていたが、1月以来40日連続で雪が降り、新記録だそうだ。

日本は日本で、東京は2、3日前最高気温20度とか書いてあった。今日は雪の予報?

クレージーですね。

ロスは昨日の雨で大気が冷えたのか、今日は晴れでも寒かったー。1日ちんまりとしていた。

明後日の金曜日には20℃に、そのあとは1週間ばかり快晴の23℃が続く予報。

ん~~~~~ん、素晴らしい。smile

*

明日から始まるペブルビーチPro-Am、現地の天気予報は、金曜日の確率30%のシャワー以外連日晴れになっている。

当たればめずらしく天候に恵まれることになる。

Nationalproam_practice_spyglass Nationalproam_practice_spyglass3 Nationalproam_practice_spyglass4 Nationalproam_practice_spylrass2 Nationalproam_practice_montereypeni Nationalproam_practice_montereype_2

練習ラウンドをする石川遼。オレンジのパンツを穿いている日は昨日と思うが、スパイグラスヒルGC。黒いレインウェアの日は今日水曜日、モンテリー・ぺニンスラCC。

同コースは今年から同試合の開催コースに加わった。数年前にゴルフダイジェストの記事になっていたが、今は亡きコース設計者マイク・ストランツが手がけたもの。

癌で50歳の若さで亡くなったのですが(同コースが最後の仕事)、ゴルフコースは永久に残るから素晴らしい職業ですね。

このモンテリー・ペニンスラを練習ラウンドしたミケルソンが、開催の3コースで一番スコアを出しにくいだろうと言っていた。

ボブ・ホープクラシックやこのナショナルプロアマを見るのはあまり好きではないが(何で素人のスイングを見なきゃいけないのか!)、このコースと全米オープン用にすでに少し変えたペブルビーチを見るのが楽しみです。

予選は石川遼とリッキー・ファウラーが同組。PGAもいろいろ考えますなぁ。

AT&TナショナルPro-Amリーダーボード(プロ名の左に国旗があるので分かりやすい)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

チップのイップス

イップスという言葉は使いたくないのだけど、まあどう表現しても内容に変わりはないので。(笑)

最近・・・どのぐらい前のラウンドからかナイキのサンドウェッジで短いチップが全く打てない。グリーンにも届かなかったり、トップして反対側まで行ったり。

ところが、グリーンそばからのバンカーショットは失敗したことがない。まともな人なら、セーブパットを入れるだろうというラインと距離に打てる。いやほんと。

ライが薄いとか厚いとか、関係なく打てない。はっきり言って、萎縮してスイングになってないと思う。

Newsetting_112109

↑最新セッティング(去年11月から)。一番左がナイキ・フォージドウェッジSW56度。

練習量が少ないとか、そんなことを言っても仕方がない。毎日練習出来るぐらいなら、そもそもイップスになってないのだから。

打てないクラブは使わないほうが手っ取り早い。(笑)

それで、この前PGAで論争になった20年以上前のPingEYE2を使ってみたり、アイアンセットのSWを試したり(これは購入時は使う気がなくてバッグに入れてなかった)。

Bigbertha_58 Pingeye2_sw

サンドウェッジじゃないが左がビッグバーサレディースアイアン。ロフトが立っているので、SWで54度。右が、旧PingEYE2。これはものすごく練習したし、15年ぐらい使ったので、スクエアグルーブもなにもボールが当たる範囲が摩滅している。

まだ身体が感触を覚えているので、Pingは打てるんだけど再び使うのは現実的ではない。

雨上がりの重く濡れたグリーンで、長いチップはビッグバーサのSWを使ってみた。ナイキほどショートしないぶん良いかも。

この前ラウンドして、ナイキSWのチップはことごとく大ミス。PingEYE2は3回全部成功。

*

その日は何故なのか思いつかなかった。

先日練習場で、PingEYE2を手に持って気がついた。ナイキフォージドより軽い!

以前違和感がなかったのは、ほかのアイアンもそこそこ重かったからだ!

ビッグバーサのレディースアイアンはデカヘッド、7番アイアンから上はハイブリッドのハーフムーン型(笑)、超軽いことは確か。

あんまり差がありすぎるから、スイング出来ないのじゃないか・・。

という「こじつけ」を考えついた。smile

原因はどうでもいいんだ、打てないから見切りをつけるだけですから。

困るのはバンカーショット。そのためだけに入れておいてもいいが、15本になってしまう。(呆れ)

1W10.5度、3W15度、9W23度、9W26度、5~9番アイアン、PW44度、AW49、SW54度(以上ビッグバーサアイアンセット)、ギャップウェッジPingMB52度、ナイキフォージドSW56度、パター。

これでボール5つ入れていくからどんだけ重いか。(爆)

今日は雨、明日はシャワーと言っていたが、何とか今週中にラウンドしたい。

*       *        *

今日の孫。

Massage_1 Massage_2

中国式チェアマッサージ。わたしが椅子にうつぶせになると、孫の声がする。

マッサージの人が“How long?”(何十分にする?)と訊き、孫が“20 minutes.”と答えている。

顔をあげて見ると、ちゃっかりわたしの隣の椅子に座っているshock。仕方なし、マッサージを受けさせる。

娘が度々来るので、孫は前もしたことがあるらしい。

(このマッサージ師が自分にも娘がいるがこの子と同じぐらいの背だ、15歳だけどと呆れていた)

終わって、スキップして踊りながら向かいの音楽教室へ。coldsweats01

そばを通ったお爺さんが、ハッピーな子だねと笑う。

Bookstore_1 Bookstore_2 Bookstore_3

本屋に行きたいというので連れていく。(このモールは近いうえ、一度で用事がすむので便利)

左、子供書籍売り場の片隅、本を読むコーナー。ガラスの向こう、デスクがあるところは映画館のチケット売り場。映画館はこの階とその下に。

中、同子供書籍。右、小さい声でぼそぼそと読む孫。毎日20分の読書が課題なので、本がいくらでも要るそうだ。孫は読むことと書くことは学年より進んでいる。算数が大変。今日はほんとの小銭を使って、宿題をやった。

ああ疲れた。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ノーザントラスト(LA)オープン終了

しつこく、タイトルに「LA」を入れている。(笑)

遼くんはスコアを落としていったのに、NBCはかなり写してくれて嬉しい。米Yahooスポーツのゴルフギャラリーでも最終日の画像がかなりあった。

今週のノーザントラストの公称ヤーデージは7298Y(パー71)となっている。幾つかのティーはときどき前にしたにしろ、雨でどのぐらいプレー距離が長くなったか、金曜日は酷かったと思う。

Northerntrust_sun3r_18th_2ndshot by Getty Images

これは今日早朝、3ラウンドの残りホールをプレーしているスティーブ・ストリッカー。これは18番475Yのセカンドショット。フェアウェイからウッドを打っている。おそらく左ラフに逃して、チップで拾えなかったからボギーにした。

最終ラウンドの18番では残り212Yからアイアンでピンハイ右に打っています。

(数年前ロバート・アレンビーがプレーオフで勝ったときも、セカンドを3Wで打った)

このように時間帯や天候によりプレー距離が大幅に違うのが、リビエラを始め傾斜がある西海岸の林間コースの特徴と思う。

何が言いたいかというと、遼くんのプレー距離の長さは半端じゃなかったろうということ。

石川遼flagスコアカード&スタティスティック

2ラウンド目のドライビングディスタンスが244.5Y。eye

画面に写るたびロングアイアンを打っていたような。これを68、68で予選通過したのは素晴らしい。

週末2ラウンドでスコアを落としたのは、本人曰く「せいいっぱいだった」そうだが、これはPGAの試合で何回も予選通過の経験を重ねると、おそらく持久力がついてくるのじゃないかと思います。

来週のぺブルビーチの天気予報はどうなのか、あそこも雨や風があると難易度がはねあがるコース。ProAmだから毎度6時間ラウンドだし。鍛えられますね。(笑)

Northerntrust_4r_1sthole Northerntrust_4r_2nd Northerntrust_4r_13thteeshot

左、1番ホールの2打目。ティーショットは30ヤードぐらいの打ち下ろし。左上の人がたくさんいる場所がティーグラウンド。右利きのプロだと、ギャラリーは背中側しか見られない。

このティーからのタイガーのティーショットを見たとき、普通の人間があれほど背中を回したら脊椎がねじ切れるに違いないと思った。

石川遼のウェアは派手で良いですね。何とかマンのコスチュームみたいだという感想もあるかも知れないが、細いし若いからこのぐらい着ていいと思う。

ということで、来週どんなゴルフをするかまた楽しみ。

*      *

Northerntrust_4r_16th165y

優勝はまあストリッカーがすると思っていたし(彼はもはや6打差を吹き飛ばすようなゴルファーではない)、11番パー5で、ルーク・ドナルドが手前バンカーからカップインバーディにした直後、ストリッカーが3,4mのバーディパットを入れた時点で多少早いが「勝負あったり」と思った。(笑)

週末はNBCの中継で、解説はジョニー・ミラーだったので嬉しい。TV中継もいろいろ腐されるが、CBCよりはるかに好きだ。最悪はゴルフチャンネルで、理由はたくさんありすぎて書く気力もない。

J・ミラーは歯に衣着せず言うので有名で、プロ達からは嫌われているらしいが、ほんとのことを言ってるだけだ。

今日もさっそくJB・ホームズをぼろくそ言っていた。

スロープレーに、「練習スイング8回だろ」

14番パー3、176Y。ホームズがティーショットを打つ直前、「彼がピュアに打つのをまず見たことない。マッスルで振ってるだけでさ。」(爆)

「でも、どういうわけか好スコアにするんだね。」

そのあと、ホームズ、思い切り左バンカーへ。(笑)

昨日、YE・Yangが短いパットを強く打ってカップの外を通り過ぎた時。

「ワイ・イー・Yanked」

(yankはぐいっと引っ張ること)

*

今季もPGAはコース設定を容易にする作戦と思われる。

2日間雨に降られて、優勝スコア16アンダー。

今日の17番パー5のピンポジを、ジョニー・ミラー「日曜日のピンポジションじゃないね。」コースレポーターのゲーリー・コーク「ああ。イージーだ。」

ラフをもっと伸ばさないとダメだ。スクエアグルーブを禁止にした効果が出ない。わはは。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

映画“From Paris With Love”

ノーザントラストオープンは2ラウンドの残りホールを朝終えたので、3ラウンドのスタートが石川遼が1時、最終組のダスティン・ジョンソンらが1時20分。

NBCの中継は上位の組がフロント9も終わらないうち終了し、わたしは映画に出かけてしまった。夜ゴルフチャンネルのハイライトを見たら、同局でボーナス中継もしたらしい。

スティーブ・ストリッカーの独走の観あり。明朝7時から残りホール消化、8時には4ラウンド目を開始して最終組も10時ごろにはティーオフしたいところと言っていた。

早く終わらないと、NFLの優勝戦スーパーボールが始まってゴルフなんか誰も見なくなるというわけです。(笑)

*       *       *

最近続々とハリウッドマネーメーカー達(俳優)の映画が出てきて、忙しい。12月から何本観たか分かりません。

Frompariswithlove_1 Frompariswithlove_3 Frompariswithlove_4 by YahooMovie

左、ポスター。中、映画でトラボルタが登場するシーン。フランスの税関で止められているところで、これが超おかしい。観客は、ガラス越しのトラボルタの後ろ姿だけで笑い出す。

というわけで、“From Paris With Love”

(007の『ロシアより愛をこめて』じゃないが、パリより愛をこめてとしか訳しようがないタイトル)

94年の“Pulp Fiction”(邦題はそのままの『パルプフィクション』と思う)は、わたしの最も好きな映画ですが、あれを見た人、好きな人は是が非でも見る映画です。

よるあるパターンだが、これは映画評論家達の評価はかなり悪い。一般観客のレビューは、大変良いの「A」か、ひどい、最悪といった評価の両極端に分かれる。(マジョリティーは良いほうなので、平均はB+になっている。(昨日オープンしたばかり)

以前も書いたことがあるが、こういう映画はたいていわたしの好みです。smile

ハリウッドのディストリビューターの目にかなって、一流映画館で上映される映画なら、「D」や「F」(落第)ってことはないと思うのです。

それはしょうもない映画という意味ではなくて、一部の人には毛嫌いされる要素があるということでしょうね。

DやFの評価をつけた人というのは、ポスターや予告編を見れば想像をつくわけだから、見に行ったのが間違いでしたね。(笑)

ここまで言うのは、場内の客はみな爆笑して大いに楽しんでいたからです。

アクション映画。最初から最後までテンポが良い。トラボルタはこういうキャラクターをやらせたら天下一品。真似できないものがある。彼は、どんな映画でも良い役者だと思うけれども。

日本のYahooでチェックしたが、公開予定は見つからなかった。

監督は、去年封切りの“Taken”を撮ったフランス人Pierre Morel。これはアメリカで$145ミリオンの興収で、監督から製作者まで驚いたそう。

movie予告トレーラー(ビデオ6つ)

eyeオフィシャルサイト

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

続報ノーザントラスト2ラウンド目終了

現在、ロスは土曜日午前10時40分。

昨日日没サスペンディドになり、残りホールを回っていた石川遼。14番から5ホール。

今朝も強い雨で予定の7時半には開始出来なかったと思われます。

15番でボギーの表示、4アンダーに落ちていたが、17番パー5をイーグル!

Northentrust_sat2r_17thteeshot Northentrust_sat2r_17th120y Northentrust_sat2r_17th3rdshot Norherntrust_sat2r_holingout3rdshot by Getty Image

↑イーグルの内容。左、ティーショット(良くなかったもよう)。左から2、残り120Yからの3打目。左から3、同じく。右、その3打目がカップインしてイーグル!(10:00am撮影とある)

結局2ラウンドを68(3アンダー)で終了。

トータル6アンダー、首位ダスティン・ジョンソンに5打差の4位タイで予選終了。(D・ジョンソンも残り2ホールを今朝プレー)

まもなく、3ラウンドのスタート時間が発表されるでしょう。

石川遼flagスコアカード

ノーザントラストオープン golfライブスコアボード

現地は今、雨はやんでいますが、お昼ごろからシャワーが降る予報。気温も落ちてくると言っています。

TV中継はあと1時間余で始まります。

追。

3ラウンド目、石川遼のスタートタイムは1:00pm。同組はアンソニー・キムとリッキー・バーンズ。

以上。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ノーザントラスト(LA)オープン2日目終了

かなわぬ愚痴ながら、伝統あるLAオープンなのだからLAをどこかに入れてほしいものだ。ニッサンが冠スポンサーになったときも、最初はニッサン・ロスアンゼルスオープンと称していたのが、途中からニッサンオープンになった。

ニッサンは89年から2007年まで冠スポンサーになっています。そのころ日本がリビエラを買ったのかしら・・・?もっと前かな、知識がありません。今は韓国の会社が持っていると聞いたことがあります。

(近年はチャンピョンズツァー開催)バレンシアCCも日本が買いとり、地元のゴルファーは驚嘆したらしい。ムニシパルと呼ばれる地域のパブリックコースで、昔とは言え10ドルちょっと、夏のトワイライトでは7ドルで18ホール回れたという。

ロス近郊の珠玉コースだったのに、メンバーコースになり会員権10万ドル、グリーンフィー120ドルになったんだから、そりゃ怒る。

金にあかせてそういうことするからバッシングされるのですね。やはり、人の国に入るときはその国の人のスタンダードを考慮せねば。

*

脱線しましたが、今朝は雨音で目が覚めた。リビエラCCでは7時から降り始めたという。

いつものごとく、ライブスコアをチェック。

Northerntrust_2r_phil12thteeshot_ea Northerntrust_2r_kim12thtee_earlymo Northerntrust_2r_stadler1stgreen_ea Northerntrust_2r_couples2ndhole_ear by Getty Images

朝スタートのミケルソン、昨日はチップは止まらないしパットはエッジにはじかれてばかりだったが、今日5アンダーを出しトータル4アンダー。

アンソニー・キムは確かスティーブ・ストリッカーと同組だったが、-5の好プレー。ケビン・スタドラーのお父さん、クレッグはニッサンオープンで優勝している。

Northerntrust_2r_ernie9th_middlemor Northerntrust_2r_stricker12thhole_m

同じく朝スタートのエルスは1アンダーにとどまる。スティーブ・ストリッカーが快調。昨日も今日もチップインがあったし、ウッドで打ったのがもう少しで入りそうなホールも。朝スタート組のコンディションがはるかにマシだったと思うが、それでもこれだけ降るなか65はすごい。

ということで、初日首位ダスティン・ジョンソンがスタートする前にホールアウトしたストリッカーがリーダーになり、10アンダー。

*

まあ2日目であるし、そんなことはほぼどうでも良くて(笑)、わたしは遼くんのゴルフが見たかった。

ゴルフチャンネル解説者のフランク・ノビロ(元PGA)が、初日が始まる前から、「リョー・イシカワがどんなゴルフをするか楽しみにしている」。また今日金曜日の中継開始直後、「今日はリョーのプレーを見るんだ」とまで言っていた。

18歳ということでついこう呼びたくなるが、この子は実に真摯ですね。何というか、ゴルフに、ゴルフで強くなるために全身全霊を捧げているのが伝わってくる。

昨日は午前中、半袖のゴルフシャツだったが、肩幅、上半身、腕と、かなり肉体を鍛えているのが分かる。(毎日トレーニングしていると本人がどこかで言っていた)

水曜日はVJ・シンの隣で4時間半練習していたと、TVブースの誰かが笑って言っていた。

わたしは去年のノーザントラスト木曜日に行ってちらっと遼くんを見たが、去年よりはるかにグリーンを読んでいますね。今日の中継中、チップの上手いこと。

1:09pmスタートが30分ぐらい遅れたと思うが、日没サスペンディド。13ホールまでしかプレーしていないとは言え、今日ボギー無し。これが凄いと思う。ほかに2人しかいないような。

Northentrust_2r_istholebunker Northentrust_2r_1stgreen_earlyafter

右、初めて気がついたが遼くんの親指!第1関節が反るのがタイガーと同じだ(笑)。彼は手が柔らかいですね。だからチップとパットが上手いんじゃないかと思う。

今日13ホールまでで2アンダー、トータル5アンダー。

石川遼flagスコアカード

いまだにパー5でバーディがないのはどうしたことかと思う。特に1番ホールはツァー屈指の難易度の低さ。

ノーザントラストオープンライブスコアボード

明日からが正念場。頑張れ。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ノーザントラスト・オープン初日

今日は、昨日ゴルフしといて良かったという曇天でした。午後2時ごろまでは今にも降り出しそうな空。それから陽がさしたが、明日は雨が免れないもよう。

石川遼のスタートは朝早かったので(8時29分)、ライブスコアでチェックしていたが、ちょっと興奮した。10番ホールからスタート、後半に入り5番パー4のバーディで5アンダーにしたときは単独2位でした。

公式記者会見では欧米の記者がいなかったとどこかに書いてあったが、やはり扱いは大きいのじゃないかと思う。数少ない練習ラウンドの画像にも入っていたし、今夕の米Yahooスポーツのゴルフギャラリーには、1ページ8画像の15ページ(120画像)のうち20枚が遼君のラウンド写真だった。(数えた・・・smile

Notherntrust_1r_14th_birdie Notherntrust_1r_15thteeshot Notherntrust_1r_2 Notherntrust_1r_6thteeshot by Getty Images

5番のバーディの次のホールでボギーにしている。あの、グリーン上にポットバンカーがあるパー3。

次のボギーは8番パー4。左右にフェアウェイが分かれており、真ん中は長いフェアウェイバンカーとぐにゃぐにゃ、ウネウネのラフ。

伝統あるリビエラCCにケチつけるのも厚かましいが、このホールはデザインが意味不明。左フェアウェイの左は土手、真ん中のラフは当然ギャラリーは入れないから、右フェアウェイの右側からプレーを見るわけで、左フェアウェイにアイアンでティーショット打たれると、さっぱり見えないうちにホールアウトしてしまう。(笑)

Notherntrust_1r_12thteeshot_hoffman Notherntrust_1r_charleyhoffman_12th

↑同組のチャーリー・ホフマン。最初は遼くんのほうがスコアが先行していたが、結局二人とも68、3アンダーで終了。もう一人はボーン・テイラー。背が高くて細ーい人。

TV中継では遼くんの映像はまったく出なかったように思う。(出かけていたので、今再放送を見ているところ)

石川遼のスコアカード。この数字でよく9位タイに来てますね。コースは距離が出なかったでしょう。

*

Nothentrust_1r_dustinjohnson Notherntrust_1r_kevinstadler Notherntrust_1r_barnes_4th Notherntrust_1r_strickerweir_2

左、初日首位、7アンダーのダスティン・ジョンソン。左から2番目、アンドレ・ロメロと2位タイ、6アンダーのケビン・スタドラー。日本で人気があったクレッグ・スタドラーの息子。顔から体系、歩き方、パットが入らなかったときのむっとした表情までそーっくり。

左から3、4位タイのリッキー・バーンズ。「フォーオオオオ!」

右、今季も好調でスタートのスティーブ・ストリッカー(6位タイ)と同組のマイク・ウィアー。

明日は昼ごろから降り始め、風雨が強くなる予報。雨は土曜日まで持ち越すと言っています。

毎年雨にたたられる。

遼くんの金曜日スタートは午後1:09。明日からコンディション、スケジュールと過酷になるでしょう。

flagライブスコアボード

追。

ここにその話は書かないが、今週の試合で旧PingEYE2ウェッジ(90年以前に製造の型)を使っているのは、フィールド中ハンター・メイハンとフレッド・カプルスのみ。

カプルスが使っているのはコッパーですね。ガレージから引っ張りだしてきたのか・・?

ミケルソンは使用をやめたそう。見た分では、ピッチもバンカーショットも球が止まりませんなぁ。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

スロープレーの5ラウンド目

先週一緒にプレー出来なかったのでゴルフ仲間が可哀想に思ったのか、今日の10時が取れたと誘ってくれた。

午前中シャワーの予報だったのにピーカンの快晴でラッキー♪

※すごく長いので、適当に読んで下さい。

男性達は賭け事の取り決めをしている。「ホールインワンは50ドルな。」とEが言っているのが聞こえ、「オーケー。ホールインワンだけわたしも乗るわ」と、調子に乗る。

どのティーから回るか協議していたが、バックティーから回るが、ピック&クリーン(フェアウェイ上ならボールを拾い上げて拭き、6インチ以内にリプレースして打つ)でやるという。

スコット・マッキャロンじゃないが、cheating(ズル)するのかとからかうと、「始める前に全員で決めるのだからcheatingがじゃないのだ」と真面目に説明するから笑った。

よってわたしもpick & cleanで行くことにした。(わたしはグジュグジュの場所以外いつもそのまま打つ)

「1番をプレーしてみて、あんまりプレー距離が長いようなら、2番からイエローティーでプレーします」と宣言。(そんなことは誰も気にしてないんだけど)

朝10時なのにラフもフェアウェイもかなり水気がある。何と朝方雨が降ったのだそうだ。

1番343Y上り。1W→右ラフ、9W○、9番I、3パットダボ。weep

次のホールから速攻で前進のイエローティーへ。「わたし一人ダボばっかり叩きたくないもの。」

2nd_2 4th 7th

画像左、2番ホール。女性にパー5、男性にパー4。こういう上りがきついホールは前の短いティーからプレーするとほんとに楽だ。1W○、3W×、右ツリーラインから7番Iを4分の3ショット◎、3オン2パット。

画像中、4番右ドッグレッグパー5。イエローティーはむちゃくちゃ前にあるのはいいが、芝が禿げで下はどろどろ、強振するとすべり転びそうだ。1W◎、9W狙いが悪く、右臨時グリーンの麓のクローバーのラフへ。ビチョビチョのクローバーだ(わたしは苦手)。ピンは大きなバンカーのすぐ後ろフロントピン。フェース取られてバンカーに入れたら大ごとだから、ビッグバーサアイアンセットのSWで思い切り振る。ピン左上方ラフ、パームツリーの根元。shock

「タフなライだったからバンカー入れるよりマシだわ」と平気な顔をする。実際わたしは平気だったんだけど、みんなシーンとなるから何か言わないといけない気がした。(爆)

同じSWでふんわりのピッチを打ち、ピンハイに転がらせた♪オー!と絶賛の声が(爆)。おまけにパットも入れた。

初めて良いストロークした。良いパットしたのはこれが最初で最後。weep

画像右は7番パー4。この前のホールもティーショットが右に行ったから先生に訊いた。「さっきから右に行くのはスイングをフィニッシュしてないからですかね?それとも狙いが悪くて最初から右向いてる?」

先生「(打球を)ガイドしようとして、アグレッシブなスイングをしてないからだ。」

ということで、7番からアグレッシブなスイングで(笑)、ティーショットもフェアウェイウッドも当たりだしたー。

フロント9は、41の17パット。

短いティーからは楽だ~~~~~。ドライバーで200Y以上打てない女は、冬場だけイエローティーからプレーするべきたわ、と能書き垂れるも誰も聞いてない。smile

*

10th 10th_2guys Practicegreen 10thgreen

画像左、10番パー4。プレーペースがのろくてのろくて、全体がスローだったが、特に前はへタレ男4サムだから見ていてイライラした。一人が打つ間、カートを隣あって3台止め、人が打つのをじーっと見ている。

何しろうちの4サムは、先生以外スロープレーが大嫌いで、Bなどときどき口笛吹いて「早よ打て」と催促したりする。(笑)

画像左から2、待つ間歓談するEと先生。ツリーラインの後方は1番フェアウェイ、さらに後方はカトリック教会。画像左から3、うちらの組のBは時間つぶしに練習グリーンへ行ってパットする有様。

画像右、10番グリーン。フェアウェイが傾斜しているので左めに会心ショット打っても右寄りまで転がる。セカンド7番Iでローショット。2オン2パット。

11thtee17thfairway 11thgreen 15th 16thgreen

画像左、11番長いパー4のティーグラウンドから11番フェアウェイと17番フェアウェイ(右)を見たところ。17番は画面右がグリーン方向。

画像左から2、11番グリーン。ここはグリーンティーからだと女性にパー5だが、イエローからはわたしのティーショット分ぐらい短いからパー4と考えるべきだろう。1W◎、右カート道の外のラフ。セカンド9番Iで奥エッジ。

画像左から3、15番長い上りパー4。イエローティーはつま先上がりの左足上がりで難しい。やっと会心が打てた。1W◎、3W◎でオン。(嬉嬉)

画像右、17番ティーから見下ろした16番左グリーン。ティーは右方向。パー3の距離が難しい。イエローティーはカードにも記載されていない。奥ピンで126Y+上りとみたが9Wが奥ラフまで。旧PingEYE2で絶妙なチップしたがパットを外す。(涙)

パットがまるで入らん!むかっ。

*

<今日のエピソード>

まず、13番パー4で左ラフからEがフェアウェイウッドを打った。普通に打てば届かないところ、トップしてボールは花道の下り傾斜を転がり、グリーン奥まで行った。

たまたまマーシャルが通りかかったので、前の組が、「打ち込まれた。後ろの組にはここのティーチングプロもいるのに」と苦情を言った。

マーシャルが先生にレポートしたが、何か上手く言ったようだった。

わたしはパットして、さっさと歩いて次のティーグラウンドへ。前の組が打つところだったが、わたしは女であるから何も言われない。

男3人が来ても、前の組は何も言わない。

(驚くことにEは謝らなかったcoldsweats02

それを踏まえて、話は続く。↓

17th 11thtee17thfairway_2

画像左、17番左ラフから残り250Yぐらいかな。途中からきつい下り傾斜になり(画像右はその傾斜)、グリーンが再び上る。

画像に写っている人たちではないが、前の組の一人が右ラフで行ったり来たり。ボールを捜しているのか、ほかの3人は下に降りていってしまった。

そこへうちの組の2サムがカートで前まで行って、Bが何か言ったらしい。男は、・・・fucking 30 seconds!・・・と繰り返して言っている。

30秒も待てないのか!?と激昂しているようだ。

わたしはかなり後方のイエローティーにいた。男がカートに乗ってグリーン方向へ降りていったら、その直後にEはわたしにティーショットを打てという。

いやだー、「当たったら、あなたが謝ってよ」とジョークを言いつつ打ったら、あいにく会心で、フォーオオオオオオオオ!!

黄色のセーターがカートでグリーン横に乗りつけるのを見たから打ったのだけど、「フォオー」でますます男が怒ったんだとBはわたしのせいにする。

そうして前の組が全員パットアウトした後、さあ打とうとするとき・・・

前の一人が左ラフからアプローチを打ちバンカー入り。あれは練習だったのか、モリガンだったのか、我々は唖然として見る!

EはFワードを使いつつ、ゴルフする前にルールとマナーを勉強しろと罵る。罵ったあと、左ラフ100ヤードぐらいから彼もバンカーに入れたので、何とも気の毒だった。smile

というわけで、超楽しかった。12,3ホールまではずーっとノースリーブで、それでも途中で暑いぐらい。

見るとイライラするから腕時計をはめていかなかったが、なるほどスロープレー。5時間半かかっていました。(ーー;)

後半のスコアは40(16パット)。トータル81(33パット)

12月14日にイエローから回ったときは80。出だしのダボが・・。

ショットが良くて嬉しかるがる。

あとはチップとパットだ。bleah

*

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

グラミー賞

今日はレイカーズが負けた。負けるべきチームではない相手に負けて、嫌~な感じ。レフリーも不公平だったし。昨日はかなり公平でした。

レフリーのせいにするのは贔屓の引き倒しだと思う人は素人だ。(笑)

レイカーズはきびしいのですよ、それで優勝するんだから偉い。

コービーは今日の試合前半でレイカーズでは歴代最多ポイントを記録更新(ジェリー・ウェストが最多だった)。1,2週間前に生涯得点25,000点を越え、達成した選手の中では最年少だそう。

先日からマジック・ジョンソンとコーチのフィル・ジャクソンの対談がよく流れる。コービーとマイケル・ジョーダンとどっちが優れたバズビーター(時間切れぎりぎりにシュートして得点すること)かと訊かれて、どっちとは言えないがM・ジョーダンはイージーなショットを選択するがコービーは難しいショットをとってシュートするとジャクソンは語っていた。

また、コービーのほうがロングシューター(より長いショットを入れる力がある)とも言っている。

どの時代もすごいプレーヤーはいるけれども、わたしとしては(笑)、ゴルフのタイガー、テニスのフェデラー、NBAではコービー・ブライアンが目撃する天才プレーヤー達と思う。

ひそかに、この3人は性格もよく似てると思っているのですけれども。

*      *       *

グラミー賞。昨日が表彰式でしたが、わたしはもう見ない。近年はカルチャーになるような歌や歌手が出てこないし、歌の上手いのはほとんどいないからあとで結果とYouTubeで見ればこと足りる。

ということで衣装など興味本位で選んだ、グラミー賞YouTube編。

Ladygaga1 Ladygaga2

Lady Gaga。左の格好でロールスロイスのコンバーティブル(屋根無し)に乗ってきた。右は歌ったときの衣装。

<YouTube>Lady Gaga & Elton John

*

これは圧巻、ぜひご覧下さい。

Pink1 Pink2

Pink。左が歌の開始、右、途中からサーカスのように宙吊りになって意表をつくパーフォーマンス。客席から見上げる人たちのほうがナーバスになっている表情。

なんか、糸みたいなものがと思ったら、これは水が出ているのですね!

<YouTube>Pinkeye開始2分からご注目!)

*

Beyonce_bestfemalepopvocalperforman

ビヨンセ!10部門にノミネートされ6部門で受賞。彼女の歌い方は必ずしも好きではないが、若手ではおそらくもっとも万人受けする。顔もいやらしさがない。

孫はあと2,3年したら大ファンになる口。smile

<YouTube>If I Were A Boy

*

Jamiefoxxslash

グラミー賞の画像を探していて見つけた。スラッシュが出ているとは露知らず。最後のほうに前に出るだけで残念だが。

南北戦争の兵士みたいな格好しているのはジェイミー・フォックス。

<YouTube>Jamie Foxx, T-Pain & Slash

*

これも一見の価値あり。

去年亡くなったマイケル・ジャクソンにライフタイム・アチーブメント賞が贈られ、MJに捧げる3Dの映像と歌手達のパーフォーマンス。

Mjtribute2 Mjtribute3

歌手達は左からジェニファー・ハドソン、セリーヌ・ディオン、黒スーツがスモーキー・ロビンソン、白シャツがアッシャー、一番右がカーリー・アンダーウッド。さすがに歌の上手いのを揃えました。

マイケルの歌声にステージ上の歌手達がバックコーラスになる箇所も素晴らしい。

<YouTube>Michael Jackson 3D tribute

やっぱり泣けてきます。

先日“This Is It”のDVDが発売されたが、わたしは映画も観てないしDVDも買う気がない。悲しすぎる。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ