« 80年代PingEYE2ウェッジ | トップページ | グラミー賞 »

タイガー、カムバァ~~~ック!!

ぎりちょんで冠スポンサーがついたサンディエゴオープン(昔はそう呼んでいた)、何ですかあの最終日は?

偉そうなことは言いたくないが、あれじゃあ客は来年は行きませんよ。わたしは途中で見るのをやめて、NBAレイカーズvsボストン・セルティックスを見た。試合はボストンだったので、中継時間はゴルフと重なった。

楽しかったですよ。後半ずーっと5,6点差でレイカーズが負けていたのだけど、残り7.3秒でコービー・ブライアンがシュートを決め、レイカーズが初めて1点先行。そのまま勝ちきった。

ついでに、午前中録画放送していたテニスのオーストラリアオープン、男子シングル決勝。

これもおもしろかったー。

Australianopen_3setsoverandymurray Australianopen_2hours41minutes Australianopen_andymurrayspeechスコアだけ見ると、6-3、6-4、7-6とフェデラーの圧勝のように見えるが、最後のセットはタイブレークにつぐタイブレークで見ごたえがあった。

負けたイギリスのアンディ・ムーレイは表彰式のスピーチで声が詰まって、それも良かった。

フェデラーはこれでメジャー16勝。以前のように、タイガーに「16だよ」とテキストメッセージを送ってくれないかなと思った。

*

ゴルフはもう最悪。

最終組にベン・クレーンが入っていると知って悪い予感がした。有名なスロープレーヤー。

それが今田さんが勝てなかった理由とは毛頭思わないが、これで好プレーが出来なくなるのはほぼ確実だと、わたしは密かに予想していました。

何が嫌だって、みなちまちまとしてつまらん。

ベン・クレーンは早くにバーディ3つで抜け出た。しかし、バック9は、13番でボギー、17番でボギーと落としていっていたのに、誰もプレッシャーをかけられない。

同組のオーストラリアの若いの、マイケル・シム。3人の中で一番飛距離がある。最終ホールに入ったとき、彼は首位クレーンの1打後ろ。ベン・クレーンは17番で短いセカンドパット外したばかり。18番のティーショットを右ラフに打ち込み、レイアップした。

このあと、シムは7番アイアン(たぶん)レイアップ。TVではアナウンサーからコースレポーターからブーイングせんばかりに、このレイアップを疑問だと言っていた。

シムは計算が出来ないのか、それとも冷静さを欠いていたのだろうか・・?

セカンドはフロントピンまで242Yと言っていたと思う。シムがアイアンを持ったとき、コースレポーターは2番アイアンと思ったという。

2番アイアンじゃあ短かったかも知れないが(夕刻で気温が落ちていたろうから)、フェアウェイウッドで打って、万が一池ポチャしても、池前から4打目でパーセーブもあるし、悪くてボギー。

右バンカーや左ラフなら、上手くすればバーディ。もちろん乗ればイーグルの可能性もある、タイガーのように。(笑)

今季ルーキー、初めて米PGAに参戦して初優勝出来る可能性があるとき、良い若いモンが刻むなよー。

(ちなみに、映画を観て帰宅後、再放送をゴルフチャンネルでやっていたので最後のほうを見たのです)

18番グリーンでは、今田さんがバーディパットを外し、シムがグリーン前のラフからのチップをショート、ベン・クレーンがカップ下からのファーストパットをショート。

なんか賭けゴルフでいちいちマークしてはパットするオヤジ達をパー3のティーグラウンドから見ているようで、わたしはほんとに落ち込んだ。

*

ベン・クレーンのスロープレーはもう長年続いているのにTVブースが口々にくさすから、ツァー内でも相当嫌われているのだと思う。

中継で見るのが耐えられない。

flagファーマーズインシュアランスオープン最終スコア

来週はリビエラ開催の(LA)ノーザントラストオープン。もうちっとおもしろい試合を見せてもらいたい。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 80年代PingEYE2ウェッジ | トップページ | グラミー賞 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

メリーさま
私も3日目が終わりベン・クレインと同組になった今田君に嫌な予感はしていました。
最終日のTV中継は朝6時からなのに、5時に眼が覚め、パソコンで順位を確認する勇気もなく中継を待ちました。やはり中継が始まった時点で2位で、その後たいした盛り上がりもなく終わってしまい、眠いまま仕事に行くことになりました。
しかしあの遅さはサバティーニでなくてもイライラするのは当然!誰も注意出来ないものなのでしょうか?

>オルメカさん

悪い予感通りになって、ゴルフも不公平なものだと思いました。
最悪なのはベン・クレーンは飛距離がないため、パー4やパー5ではいつも2打目を最初に打つこと。
あれは同組のプレーヤーはたまらないと思うのです。

去年ゴルフチャンネルのアナウンサーが、クレーンに今季スロープレーで罰打を何回食らったかと聞いたら、「それほどたくさんじゃない」と答えたそう。
それを報告するアナウンサーも、聞いているスタジオのコメンテーターもうんざりした顔をしていました。

昔から本人にスロープレーの事を訊くと、「努力している」と答えるけど、自分を冷静に見ていない、人に迷惑をかけているとは思っていないのではとわたしは疑っています。
TVを見ていてもイライラしますよね?

わたしは彼が上位に来ている試合は、たくさん写るだろうとぞっとするんですよ。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 80年代PingEYE2ウェッジ | トップページ | グラミー賞 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ