だからやっちゃダメなんだ

アメリカPGAツァーはトラベラーズチャンピョンシップが始まり、全米オープンのミケルソン騒動も静まったかに思える。水曜日にミケルソンが謝罪のステートメントを出したことで、それに対する新たな反応はあったが、ゴルフライターやスポーツライターはすでに言いたいことは言った感がある。

謝罪を扱った記事には一般読者のコメントがつく。それは今日になってもまだ続く。それらを読んで、ミケルソンの暴挙を初めて見たときと同じ危惧を持った。

ゴルフはしないがメジャーは中継を見る人、ゴルフをするがルール尊重の気持ちがないお遊びゴルファー、ゴルフは見るがよく知らない人、これらの人達にミケルソンの行為を肯定する人が多いと感じた。彼らの理屈の代表的なものは、「ルールを利用しただけだ」「ルールは犯したが2打罰うけたんだから何が悪い?」

これが、わたしの危惧するところだった。テレビでミケルソンのような人気プレーヤーがやると、「ああいうことやってもいいんだ」になる。「俺もよくやるけど、ミケルソンもやるんだね」そして、「そんなに目くじら立てることないじゃないか」となる。

プロゴルファーが自分に怒って罵り言葉を吐いたり、クラブを地面に叩きつけたりすると、アナウンサーや解説者は、「子供も見ているのだ。ああいうことをやるべきじゃなかった。」「プレーヤーに代わってお詫びします」というのが常套句だが、ミケルソンの行動こそ、最も見せてはいけないことではなかったか?

ミケルソンの愚行が最悪だったのは、そのままプレーを続けたことだ。自分から故意にルール破りをし、そのラウンドを成立させてしまった。言い換えれば、それが通る既成事実を作ってしまった。

だからして欲しくなった。

ミケルソンの謝罪ステートメント。これを主要メディアに送ったもよう。彼はツィッターやフェースブックをやらない。

“I know this should've come sooner, but it's taken me a few days to calm down," Mickelson said in a statement. "My anger and frustration got the best of me last weekend. I'm embarrassed and disappointed by my actions. It was clearly not my finest moment and I'm sorry."

そして、今週のトラベラーズチャンピョンシップで、ミケルソンの行為に関して聞かれたジョーダン・スピースとローリー・マックロイの答えは、わたしを落胆させるもので、ここに紹介して訳する気力もない。

Hacker’s paradise

これからは我々ハッカーも、パットが大オーバーするときは走って止め、チップショットがバンカーに転がり落ちそうなときは駆け寄ってボールを止め、ひどいライのときは蹴っとばしてフェアウェイに出し、何をやってもどうせ2打罰。イエイ!

Aef1561ab79546d4a9275a5f21d1f441

ではまたロスから更新します。


Aa408ae4850644578007d38b328b847a

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

藍ちゃん、結婚!!

宮里藍ちゃんが、誕生日の6月19日に結婚。今日公表したそうです。ご主人はアメリカでずっと支えてくれたマネージャーの方。

ツイッターで探したら、去年US・LPGAツアーでの最後の試合、ポートランドクラッシックからハッピーバースデーのツイッターがあったのを発見。

おめでとうございます。お幸せに。heart01heart01heart01

先々週、宮里藍サントリーレディースオープン、表彰式の藍ちゃん。33歳になってもわたしには藍ちゃんです。

6eabc0f0848348ff826a0b18446b6503


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

もうすぐ古巣へ

あと2日で旅立つので、ゴルフの練習はもう諦め、今日練習バッグを車から下ろした。今、気温は23度でも湿度83%。さっきポツポツ落ちていた。

ロスの天気予報を調べてわたしはご機嫌である。

5be04e2b8b2f49978d7d17c04b2c052f


上の画像で下段が来週の天気予報。ほとんどの日が最高気温20度台前半(嬉)。これはサンタモニカの天気で海に近いから内陸部より涼しい。7月になると気温は上るけれど、まあ下旬まではたかが知れている。湿度が低いので、カートに乗ればスイスイと。(笑)

プロツアーの話をしてもしょうがないと言われればそうだが、テレビでゴルフ中継を見ていると、どう見てもアメリカPGAツァーのコースのほうが難しいし、日本のツァーで使うコースは川奈など一部を除いて、どのコースも似たような感じに見える。

去年から今年は年に数ラウンドはしているのに、日本のコースではひどいスコアばかりだ。100を切ったのは何回あったか・・。90台でも100に近い90台(笑)。ランチョは昔LAオープンを10数回開催したコースで、前のティーからプレーしてもそれなりの難易度がある。たまに回るインダストリーヒルズとか、もっとタフなコースも回るが、一番前のティーからならそんなに三桁は叩かない。

わたしのゴルフはすでに下降線に入っているのは重々承知で、10年前、15年前のスコアを出すべきとは毛頭思ってないが、それにしてもダボ平均というスコアはひどすぎる。

最近はジェットラグを抜け出すのに日数がかかり、滞在を無駄にしてしまうが、今年は頑張ってラウンドしようと思う。

去年11月3ラウンド、今春は3月から5月まで7ラウンドしたと思う。そのうち6ラウンドは一人予約で知らない人と回った。

日本人男性の優しい面が出ている行動とは分かっているが、カート道にあるわたしのボールを、わたしより先に歩いて拾い上げてフェアウェイに放り投げてくれたり(唖然)、フィル・ミケルソンじゃないけど下りパットを強く打ちすぎたとき、足で止めたうえ、フロントエッジよりさらに転がっていたのにパターでグリーン上に押し戻したり、四苦八苦のゴルフをしているわたしに同情してか、時間がかかるから手伝ってくれているのか、ルール無視もいいところ。

わたしは、ラウンドの雰囲気を壊したくないから、苦情を言わない。

それに、おそらくわたしが90前後で回るゴルファーなら、そんなことはしないと思うから、悲しく我慢する。(爆)

女性が90前後で回ると、初対面の人にはスコアより上手いゴルフに感じるものだ。ミスが少ないゴルフだからだ。

その真反対のパターンが、初対面のわたしに、怒る人。右ラフからハイブリッドの芯食ってグリーン大オーバーした時、「大きすぎるよ!何番で打ってんの!」と怒られた。年下の男性に怒られたのは初めてだ。

フリードロップの仕方も間違っているとご指導を受け。(爆)

とかく、この世は住みにくい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

2018年全米オープン余話/ミケルソン

最終日が終わったあと、今年の全米オープンで何が記憶に残ると思うかとツイッターで問うた人がいて(アメリカ・・ツイッターではもちろん全世界のゴルフファンがツィートするのでアメリカと書くのはおかしいが、日本ではないという意味でアメリカにしておきます)、ミケルソンの13番グリーンの違法行為と答えた人が多かった。見ていた人のかなりには、史上稀な2年連続USオープン制覇よりインパクトがあったのだ。

日本のYahooニュース欄にミケルソンの前代未聞の行為が報道された時、あんな難しいコースにするからだ、あれはUSGAに抗議したんだと肯定的な意見が、非難する意見よりどちらかというと多かったのには苦笑した。まあ、コメントする人の中でゴルフしない人のほうも多いだろうし、何たって書き放題のヤフコメだから・・ま、そんなもんだろうという苦笑。

いつも愛読しているブログの筆者がどう書くか、わたしは楽しみに待っていた。(笑)火曜日になって出ました!

ミケルソンのルール無視プレーをどう見るかが、その人のゴルフへの向き合い方と人格が出ると思うからだ。許可なく紹介してすみませんが、ポジティブな理由なのでお許しを。プロのイラストレーター、長年ゴルフ記事にイラストを描いておられる、大叩き男氏。 と、「ゆくさきはボールに聞いてくれ」筆者のヨコハマダイオー氏

読者自らお読みくださるように。わたしには、期待にたがわぬ受け取り方をしておられて嬉しい。(笑)

二日前にわたしがミケルソンの行動を書いたとき、言葉が足りなかった、あるいは表現力がなくて伝わらなかったかも知れないが、わたしの意見は、ミケルソンは「ルールを悪用」したのではなく、最初に「ルールを破った」のだ。

あれは、パットしたボールがグリーン下に戻って、そこから何打かかるか分からない状況より打数を少なくあがるため、まだ動いているボールを打った。(事後の本人の説明)

「ルールを利口に利用した」説の人に聞くが、むごいライに自分のボールがあって、良いライならグリーンオン出来ると思うとき、あなたはクラブの先でボールを動かす「ちょこちょこ」をやるだろうか?(それをやる、オッサン、ジーサンを日米で何人も見たけど、少なくとも競技じゃあやらないでしょ?)

ミケルソンの行為はルールを自分に有利になるよう利用したプレーではなく、最初からルールを破って、「2罰打?いいっすよ」と開き直った行為だ。根本から違う。

こういう説もある。今年と来年が最後の全米オープン制覇のチャンスと臨んだミケルソンが、厳しいコースセッティングにとうとう切れて、自分を見失ってやった行動。やる時は2罰打になるのを知っていた。

事後にこれほど大騒ぎになるとは思わず、自分が切れてあんな行為をしたと告白するのはプライドが許さなかったので、2罰打にしたほうが時間も打数も節約できるから故意にやった案をでっちあげた・・という説。

ベテランのPGAツアー現役キャディーがこの説を言っていた(この全米オープンでは仕事していなかった)。

この説は幾ばくか信じられるものがある。スコアを提出して出て来た直後のインタビューで(カーティス・ストレンジと)、ミケルソンは相当にナーバスだった。「2罰打を言われたので、受け入れた」と繰り返した。彼は頭が良く、常に計算して物を喋って饒舌だ。この言葉数の少なさにナーバスさが出ていたと思う。その後大勢のリポーターに囲まれて話している時は、いつものミケルソンだった。レポーター達の笑いを誘いながら話の主導権を取っていく。

この説を信じるとすると、わたしは口は災いの元と思った。頭に血が上ってやってしまった。今は後悔してると言えば、笑いの種にされるだけですんだかも知れない。

もう一つ、これも書かないと公平ではないと思う。ミケルソンは土曜日夕方、帰宅してUSGA委員長のマイク・デービスに電話し、「(そのほうが良いなら)喜んで最終日は棄権するが」と申し出たが、デービスはその必要はないと答えたそうだ。最終日のラウンド後は、メディアのインタビューに答えず、30分間サインしてコースを去ったそうだ。

日本のゴルフチャンネルのスタジオからのポストゲームショーをYouTubeで見た。このミケルソンのルール違反による騒動を、アナウンサーは「マスターズの処置をめぐって、タイガーにも何か同じようなことがありましたよね?かなりの人たちが自分から棄権すべきと言って・・」

現地のレックス何とか氏「うーーーーん、なんとも言えないとこなんですけど。」

これは怒り心頭だった。まず、アナウンサー、タイガーの事を引き合いにだすなら、その全容を紹介すべき。何か同じようなことが、などという曖昧な言い方をするような記憶なら話題に出すな。

レックス何とか氏も、なんとも言えないと誤魔化すのは詳しい知識がないからでしょ?専門であるから聞かれているのに、そんな答えはそもそも恥ずかしい。

これは2013年マスターズ金曜日、13番ホールでタイガーの第3打がフラッグに当たって、手前のクリークに落ちた。ドロップするときに、最初に打った地点の出来るだけ近くにドロップしなかればならないのに、2ヤード後ろにドロップした。「ハザード」と「ウォーターハザード」のルールの勘違い、無知によるもの。

これをテレビで見ていた、元PGAツァーやUSGAでトーナメントフォシャルをしていた人がきづき、マスターズにPGAツアーから派遣されて仕事しているオフィシャルに連絡した。言わずもがな、間違ったスコアのままサインして提出してしまうと失格になるからです。

オフィシャルもその日の仕事が終わって帰宅する途中だったが、マスターズトーナメントディレクターのリドリーに連絡。しかし、タイガーがドロップした地点と、オリジナルに打った地点は大して離れていなかったと判断して、タイガーに聞いてみるまでもないことと結論した。

つまり、大会側は、ルール違反があるか検討したうえ、無いと判断した。

ところが、タイガーはラウンド後のESPNからのインタビューで、オリジナルの場所より2ヤード後ろにドロップしたと答えていた。(ルールを知らなかったからゆえの間違いとみるのが普通でしょう)

このインタビューを見た人たちがインターネット上で大騒ぎしだした。これを中継局のアナウンサー、ジム・ナンツがリドリー氏に知らせ、大会側はインタビューのビデオを見て、ルール違反があったことを認識した。

ここで、オフィシャル側にルール違反の可能性があると連絡があったにもかかわらず、無いと判断し
ということで、タイガーを失格にせず、日曜日朝に2罰打にしてサインしなおさせた。というのが事実。

これとて、論議はあろう。しかし、ミケルソンの故意のルール違反とは全く違う問題だ。

アナウンサーもコメンテーターも、今時知らないことはネットであっという間に調べられる。「何か同じようなことがありましたよねー」とは何という言い草だろう!(怒)

フラッグに当てたシーン



にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

第118回全米オープン終了、シネコックヒルズ

先日も書いたが、USGAも楽じゃない。マックロイがコングレッショナルで優勝した年や去年エリンヒルズのー16はUSオープンらしからぬ容易すぎるセットアップだと叩かれ、2004年のシネコックヒルズではグリーンを殺したと叩かれる。

アンダーパーが数人で優勝スコアがー5かそこらが万人を満足させるのかも知れないが、自然や天候を相手にしているのだから、そう都合よく事は運ばない。

色々あったが、昨日午後の酷いコースコンディションを含めて良い全米オープンだったと思う。昨日最初の11グループの平均スコアが73.5、最後11グループの平均スコアが77。確かにすごい違いだ。しかし午後から風が出たのは、誰のせいでもないのが一つ。そして3ランド目の最も厳しいコンディションで回った最後の数グループからトップ3人が生き残ったのは、結局ベストのゴルフをしたのが勝ち残るとも言えるのじゃないか。3ラウンド目、ケープカは最後から4組目、フリートウッドは最後から2組目、ダスティン・ジョンソンは最終組だった。

その日、ケープカが72で回ったのを注目したものの、まさか2年連続全米オープン優勝は再び起こるまいと考えたのは自分の単なる偏見というか頭の固さであった。(笑)

もう時代は変わったと思わざるを得ない。似たようなコースセットアップ、しかし土曜日は今年のシネコックヒルズより酷かったし、日曜日も風が吹いていた2004年のリーダーボードを見ると、9位タイまで一人を除き(フレッド・ファンク40代)、全員が30代だ。

今年は10位タイまでの11人中、20代が7人。ほかは30代。何が言いたいかというと、コースセットアップを厳しくしないと、この若い世代のプレーヤー達は二桁アンダーを簡単に出してしまうだろうということ。バーディが出ないゴルフ、プレーヤー達が下を向き、黙々とフェアウェイを歩くゴルフはつまらないと思うか、ー16が優勝スコアは見応えがないと思うかは個人の好みだ。

ケープカの過去の戦績を見ると驚く。途中からPGAツァーに出場しだした2014年からメジャーの予選落ちがないうえ、全米オープンに強い。同年からの成績が4位タイ、12位タイ、13位タイ、優勝、優勝。一方、これほどの実力でPGAツアーは全米オープン2回優勝を含めてまだ3勝というのもユニーク。

アメリカのゴルフ中継ではよくケープカはフットボールプレーヤーになってもいいような身体だと言う。ダスティン・ジョンソンもケープカも同じチームで鍛えているらしい画像があったが、両者アスリートでも体型が全く違う。ジョンソンは体脂肪何パーセント?と言う感じ。二人ともブッチ・ハーマンがスイングコーチ。息子のハーマンIIIが実際はコーチしていると思う。

Ed4e0fb57eca49558477a1330272f623

自分も含め、かなりのゴルフファンが土曜日の77のあともなおダスティン・ジョンソンが一番の優勝候補と考えたと思う。
いつも感情を外に出さず、何事もイージーゴーイングなジョンソンに見えるが、ベストの調子で望んだ今回の全米オープンを逃したのは堪えたらしく、スコアカードにサインした後、インタビューを待っていたレポーター達に一瞥もくれず、チッピングエリアにいたキャディー(弟)に、「車!車!」と大声で言いながら駐車場を指差したそうだ。
出場選手達のロッカーがあるテントに入り、出てからも一言も発さずコースを出たという。予選で同組だったタイガーが、ジョンソンは毎ショット、ピュアに、打ちたいところに打っている、パットも勢いがありよく転がっていると評していた。
土曜日からパットが入らなくなってしまったが、当分はメジャーでは毎回優勝候補だろう。


Fd00b6bbd15741429faefcc1e92524e9

2位になったトミー・フリートウッド。週が始まる前に、彼が優勝候補の一人と考えていたが、最終日全米オープン記録タイの63を出した。1打足りなかったのは、土曜日の78か、あるいは彼が+2のスコアで上がったあとも、サンデーバック9をパーでしのぎ、16番で2打のクッションをつけたケープカが強かったのか。いずれ、フリートウッドは良いプレーヤーだと思う。ヨーロッパツァーのプレーヤーは明るくていい。

パトリック・リードも、メジャーでは必ず上がってくるようになった。彼は2、3年前までの彼自身とは違うプレーヤーになったと感じる。

ニューヨーク地域で全米オープンを開催すると、そのギャラリーのうるささと節度がないヤジに辟易するが、やはりわたしはシネコックヒルズが好きだ。次回は、多少つまみ出してもらいたい。

というわけで、書いているとキリがないが、次は全英オープン!!

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ


«再び同じ間違いを犯したUSGA/シネコックヒルズ三日目

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ