明日からツァーチャンピョンシップ

はっきり言って、フェデックスプレーオフシリーズで、毎週毎週同じ顔ぶれのプレヤーを見るのに飽きてきた。トッププレーヤー達が全員出場するから、いきおいテレビに度々写り、4日間でなくとも1、2ラウンドは良いゴルフをし、さらに頻繁に写る。そうして、出場プレーヤーが70人や30人というのも、なーんか緊張がない。

松山が優勝争いしているなら、話は別だけれども。(笑)

松山は調子を落としているが、悪いゴルフを続けるのは気分も悪かろうから、まあ適当に流してというわけにもいかないだろうけれど、ま、今季はこんなところで引き揚げて、シーズンオフに心身を休め、来季に向けてまた一から調整していけばいいのじゃないかと思う。

先週のBMWチャンピョンシップはちろちろしか見ていなかったので気がつかなかったが、ドライバーのフェースが割れたそうだ。(あんまりひっぱたくから・・・smile)(ジョークですよ!)

今週火曜日の練習ラウンドで、違うシャフトをつけているとライターが指摘していた。

ツァープロではよく聞く話だけども、ドライバーは同じセッティングで作ってもらっても、なかなか同じ感触にならないのだそうだ。数年前LPGAのモーガン・プレッセルが移動の飛行機でクラブをなくされ、同じスペックでもコレというものになるまで何本も作り直してもらったと言っていた。

Img_0031


シャフトはUSTMAMIYAだそう。


同じライターが、火曜日朝、松山は練習グリーンに少なくともパター4本持ってきていたと言っている。プレーオフシリーズでは毎週パットが悪かった。先週も最終日だけで3フィートを1回外していたし、5フィートから8フィートを何回が外していた。bearing


Img_0032


今週誰々が優勝すれば$10ミリオンのフェデックスカップも獲得とか、誰々が優勝してフェデックスカップポイント1位が何位以下ならカップも勝つとか可能性が決まっている。お金はあって困らないから、賞金や契約金ですでに金持ちの彼らも$10ミリオンへの欲はあろう。しかし、ファンの目からは、ああそう言えば〇〇は何年か前、フェデックスカップに優勝したなぁ・・・という程度じゃあるまいか。(わたしはそうだ)

ツァーチャンピョンシップが毎年イーストレイク・ゴルフクラブで開催するのも、見直したほうがいいのではと感じる。毎年開催するほど、$10ミリオンがかかる試合にふさわしいコースとも思えない。フェデックスプレーオフシリーズのスケジュールはさらに早くなるので、ひょっとしたら将来変わるかもしれないと期待。(笑)


松山は初日1:30、ジャスティン・ローズと同組。そう言えば、プレーオフシリーズではポイント順でグルーピングするから、松山が同じ顔ぶれと同組になるのもいい加減うんざりしていたところ。ローズと同組は久しぶりじゃないかな。ということで、なるべくたくさん写してくれるよう、そこそこ良いプレーオフを期待したい。(勝手なことばかり言うんじゃないよ!)

リーダーボード

https://www.pgatour.com/competition/2017/tour-championship/leaderboard.html


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

残念、見られず・・史果嬢の初優勝

日本滞在中に、この子はもうすぐ優勝するだろうと楽しみにしていたのに(22歳にこの子というのも何だが、テレビを見ていて22歳とは思わなかった)、初優勝のテレビ中継が見られず残念です。川岸史果のゴルフが好きで、まず飛距離があること、体が大きくて、ぬーぼーとした風貌。去年から急激に強くなったタイのアリヤ・ジュダヌガンが好きと言えば、何となく好みがわかると思う。


初優勝は後ろから追いかけるほうが勝ちやすいと思うが、川岸史果も2打差からスタート。フロント9で6連続バーディだったそう。(あー見たかった)トータル8個のバーディ、自己ベストの64。


Img_0022_2


QTを3回も落ちたというのだから、ゴルフは分かりませんなぁ。鈴木愛、藤田光里、杉森彩香と同年齢だそう。同年齢と言っても、早咲きや遅咲きがあるから、比較はもちろん、言及してもしょうがないと思うが、毎ショット、毎パット、ぶーたれた顔をしすぎでも、鈴木愛も好きなプレーヤー。根性が入っているのが分かる。(笑)

なかなか勝てなかったとは言え、今年は最初から頻繁に上位に入っていた。ほとんど毎試合だった。それだけ実力は十分なのだろうから、1勝をきっかけにどんどん強くなってほしいと思う。来月のアメリカLPGAのQスクールも出場するそうだ。Good luck!

*. *. *

今日も涼しかったので、夕刻食材買い物の前にちょっくらコースで練習。1番ホールはプレーイングレッスンの生徒と先生一人ずつがいたので、スターターが薦めたように飛ばして2番ホールで3サムに混ぜてもらう。

ロスに来て喘息は出て来たし(娘の意見ではこの前酷暑で山火事が起こったとき、空気が悪かったせいだという)、大したこともしていないのにすぐ疲れでへたばるが、コースに出ると、練習バッグを担いで飛ぶように歩く。(笑)

男性3人はティーショットが途中からどこへ行ったが見えなくなるような人達で、わたしはその度、ラフへ歩いていって探すのを手伝う。真上にこないと見えないというほどキクユグラスのラフは深くなかったが、ボールのてっぺんがやっと見える程度。キクユグラスはタフだから、次のショットもラフで、グリーンまで何打もかかる。

わたしは先日よりはるかにマシだったが、最初のホール(2番パー4)は、やはりティーショット、右スライス。体の真後ろに木が立っているところからのショットでテークバックで木や枝にはぶつからないのだけど、怖がって振り切れず、ラフそこら辺に出ただけ。またしてもダボスタート。出だしあたふたする癖を直さないといけない。

Img_0021


iPadで更新のため、画像加工処理のサイトを新たに見つけてやってみた。画像縮小や文字入れ程度しか出来ないが、とりあえずコース写真ぐらい事足りる。

上の画像のホールだったと思うが、ようやくドライバーがまともに当たったと思ったのに、ホール両側の距離杭からみて、140ヤードぐらいしか飛んでなかった。ng まったくこれじゃあ普通のレギュレーションのコースを回れないじゃないの。いつも番手の距離を打てるのはパー3で低くティーアップして打つハイブリッドの5番だけ。


Img_0024_2


前回もそうだったが、今日も良かったと言えるのはパットだけだった。グリーンの状態が悪く、ピッチマークもいっぱいついているので、下り、上りパットとも、打っただけ転がらない。オーバーしたりショートしたりのセカンドパットを外さなかった。(評価基準が低いこと・・)

フェアウェイからどれもまともに打てない。わたしも終わってますね。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

藍ちゃんが終わった

プロフェッショナル最後の試合になったエビアンチャンピョンシップでは、藍ちゃんの希望で予選の同伴プレーヤーをポーラ・クリーマーとヤニー・センにしてくれたそうだ。引退を発表したときからの数々の記者会見、ツァー側の扱いは彼女がどれほど愛され、尊敬もされていたかが分かる。

エビアンがメジャーになって以来、開催が9月になり、毎年悪天候にたたられるので、このスケジュールは不評だ。今週も初日は風雨が強く、途中でラウンドはキャンセル。いちはやく試合は54ホールに短縮されると発表された。藍ちゃんもスタートが早かったらしく、酷いコンディションでプレーしていた。これまた、この天候は予想されていたので、スタートさせずに、最初から中止にするべきだったと批判する人もいた。こんなことにこだわるのはわたしだけかも知れないが、今週は藍ちゃんのゴルフウェアも良かった。(笑)

初日、ポーラ・クリーマーと。彼女は火曜日の練習で左手首を傷め、第1ラウンドの途中で棄権した。

Img_0012

2日目、最終ホールでヤニー・センは短いパーパットも外し、トータル8オーバー。彼女は1、2ラウンドは良いスコアを出すときもあるが、復活にはほど遠いゴルフが続いている。そういう自分の長いスランプの思いも加わってだろうか、最終日、18番グリーン脇で藍ちゃんをハグした彼女はほとんど泣きじゃくっているように見えた。

最終日はさぞかしプレーしにくかったろう。ラウンド後の記者会見で、「プレーに集中しようという気持ちと楽しもうという気持ちと80%、20%だった」と言っている。気温も低く、コンディションも厳しかったと思う。3日間、良いショットもあったし、ボギーもあった。良いプレーの時は、ああ、これで藍ちゃんはLPGAで勝ってきたのだなと思った。

まだ32歳という見方もあるが、アマチュア時代から日本で試合出場し始め、プロ転向後14年、アメリカLPGAに来て12年の32歳は、長い長い年月だったと思う。今週は不出場と決めた、ステーシー・ルイスが、「もう年間30試合も出場しない。私より一世代下のプレーヤー達と競っているのだから。」彼女もまた32歳、そして既婚者だ。2、3日前、日本のメディアに自分に言いたいことはと聞かれて、「毎日毎日プレッシャーの中を戦って来ました。自分にお疲れさまと言いたいです。」

アメリカでメジャーに勝てなかったのが唯一の心残りだそうだが、9勝の中にメジャーが1つあったか無かったかで、藍ちゃんのゴルフキャリアーの価値が変わるものでもないと思う。自分で目指したかったLPGAプレーヤーになり、日本からの大きな、大きすぎる期待を背負って、まだ勝たないか、まだ勝たないかというプレッシャーの中、強い藍ちゃんに変わっていった素晴らしいプレーヤーであり、女性だと思う。

コースで宮里藍が見られないのは寂しいが、彼女には幸せになる資格があり、これからの人生でも幸せになる人だろう。素敵な笑顔をありがとう。



*

Img_0013


'
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

とんでもない・・・

天気予報で今日から気温が下がると言っていたが、午前中は霧かと思うような曇り方、それは涼しくて、よーしコースに出ようと思い立って9ホールコースに行きました。歩きなので、1W、4W、ハイブリッド#5、9番アイアン、56度ウェッジ、パター。

ウッドは練習場で打ててもコースで打てないことのほうが多いと、その練習のつもり。サンタモニカのビーチまで数ブロック、今日も今日とて、海に向かうホールはアゲンスト。

Img_0141


貰い物だったのか、孫に買ってやったのか、ピンクのボールを処分しないとうらめしい。孫もピンクボールは使いたがらない。どうも打感が嫌い。スイングも悪いから、なおさらこっすったような打感。(笑)ティーショットがどれぐらいショボイことか。ほんと、昨日の記事で飛ばない人の平均9番アイアンが55ヤードでその2倍がドライバーの飛距離ってことになると110ヤードで、1番ホールはそんなもんだった。(悲)

ライも良くなかった。やめときゃいいのに、4Wを打ってすくい打ちで左に舞い上がる。こうまで下手とは自覚してなかった。SWのチップはヒョンクでスライス。もう1回チップでダボ。ビギナーに戻る。

2番もティーショット、バナナフックで左ラフ。これは80ヤードってところだった。3オンして何とかボギー。

3番はパー3で、4Wで打ったと思うが、左手前エッジにかろうじて乗ってパー。これまでショットは何を打ってもこするか、左に引っ張るか、右プッシュスライス。こんなことでは日本でラウンド出来ないなと暗くなる。これじゃあ人に迷惑かけるし、だいたい高いお金払うのにアホらしい。

5番パー3は海に向かうホールで常にアゲンストの風が吹き、右手前に大きなバンカー。チップでまた乗らなかった。ほんと、愛用のウェッジがないというのはかように自信をなくす。まあいいや、日本に行ったらミズノMPがあるから。ボギー。

Img_0145

6番は唯一のパー5だが、ティーショットを左引っ張りで左ラフ。ここはリビエラCCと同じでラフはキクユグラス。タフなんだ。いつ雨が降ったのか、フェアウェイも歩くと、ぎしぎし音がするほど水気があった。4打目が転がりすぎて奥エッジに行き、ダボ。まったくしょうがないなー。

Img_0149


8番パー3は、ハイブリッド#5で本日唯一の良いショットだった。ピン右上から2パットパー。今日はグリーンの状態が悪く、4フィート以上は入らないと割り切ったが、長いのはタップインにつけ短いのは外さなかったからまだ救われた。

Img_0151_2

9番パー4、3打目をピンハイ右ラフに外した。ピンまで6、7ヤード、エッジもキクユグラスだから、下手するとボールにブレーキがかかる。難しいチップだなぁーと思いつつ9番アイアンで打ったらカップ右からカールして入ったぁーーー。チップインパー。noteheart01

パーが3つあったのに(あったのにって目標が低すぎる)、8オーバーで、このコースではかなりひどい。

悪かったのはスコアだけではない。最初の2、3ホールは大きいクラブを振ると左臀部が痛み、後半は右の腰が痛み、駐車場の車に戻るときはビッコ引く有様。帰宅しては、右足の指が攣り、アイタタアイタタと体をひきずって夕飯を作った。(笑)

これじゃあ18ホール回れないのじゃない?tulip

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

飛ぶドライバー・・・

わたしはもうロスでラウンドするのは諦めて(日中は日差しが強くて暑すぎる)、日本の秋にラウンドするのを楽しみに練習に勤しもうと思っているが、その練習もたまに行くだけで、これじゃあまたまた百叩きかと。

しかーし、年なのだから(いーえ、年齢は単に数字ですなどと言っていただきたくない・・落ちる体力が物語る)、スコアだなんだ言ってもしょうがないとも思う。楽しく、自己嫌悪に陥らない程度のゴルフが出来ればヨシとしなければ。

リアリティはあんまり下手じゃあ楽しめないので、なんか飛ぶドライバー、わたしのスイングスピードでも飛ぶドライバーはないものか検索した。新しいiPadにしてネットもめちゃくちゃ早い。「150ヤードしか飛ばない女性用のドライバー」そんな言葉で検索したって良い結果は出て来ない。(爆)

まあ、ドライバーを探すよりまずは良いスイングを身につけることだとか、体幹を鍛えろとか、ボールに当てにいくのをやめて、思い切り振るとか、そんなアドバイスが出てくる。そんなことは解ってるので。

よく言われるのがドライバーの飛距離は9番アイアンの2倍だそうだ。アマチュア女性の平均飛距離を、飛ばない人、平均的な人、飛ぶ人と分けて番手ごとのキャリーを紹介しているサイトがあった。

1W:150ー175ー200
3W:125ー150ー180 (キャリーで180?ほんとか?)
5W:105ー135ー170
2番I:105ー135ー170(2番アイアン入れてるって、ベーブ・ザカリアスの時代?)
3番I:100ー125ー160(わたしが初めてクラブを買った頃はレディースでも3
番が入っていた)

4番I:90ー120ー150
5番I:80ー110ー140
6番I:70ー100ー130
7番I:65ー90ー120
8番I:60ー80ー110
9番I:55ー70ー95(えーっほんと?じゃあドライバーでキャリー110Yがわたしの飛距離?)
PW:50ー60ー80
SW:40ー50ー60

この表をみるとおもしろい。ゴルファーにより、アイアンが飛ぶ人飛ばない人、ウッドが得意な人、不得意な人とあるゆえだろうとは思うが、例えばわたしはドライバーでキャリー150Y飛んでいたのは10年ぐらい前までだ。飛ばない人の平均よりさらに飛ばないということ。しかし、アイアンでは6番でキャリー70Yってことはないし、9番アイアンでキャリー55ヤードはチップでしょ。(笑)

コースでのプレー距離はピンまでPWで75ヤード、9番アイアンで80から85ヤードとみている。まあ、
フェアウェイやラフからまともに当たるのは8番アイアンまでだから、その上のアイアンなどは使うけれど距離を考えるレベルにない。think

100ヤード以上はハイブリッドと決めている。5番で打つと芯食ってグリーン大オーバーするから困る。

ドライバーの飛距離はトータルで160から170ヤードあるべきということになる。ここ1、2年、本一で当たった時で155ヤードはいかないのじゃないかと思う。

落ち込むことが書いてあった。ドライバーで平均的飛距離を出す人の35%が100台、200ヤード越えを出す人の52%が90台ですと。これはおかしくないですか?ドライバーでキャリー175ヤードの人の3割が100台?ビギナーなの?(笑)

今使っているもの以上に飛ぶボールは違法ボールしかないと思うし、日本に帰ったら真剣にドライバーを探してみようかな。だいたい日本は湿度が高いからボールが飛ばないのじゃないか。良いコースはフェウェイの芝つきが良くて転がらないし、安いコースはころころ転がって柵の外。(爆)とかくゴルファは難しい。



にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

«Japan Airlines チャンピョンシップは成功

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ