いまどきめずらしいパット・ペレスのライフストーリー

日中のCIMBクラシック中継は音声を日本語にして見た。今週は丸ちゃんのキャディーだった杉澤さんの解説だったからおもしろかった。たまに、そこまでプレーヤーの心理を言わなくてもと感じることはあったが、丸ちゃんがPGAでプレーしていた時代に担いでいたから、知己も多く、色々な経験談を惜しみなく披露してくれる。

さっき始まった再放送は、原語放送で見ている。英語にしたり、日本語にしたり、あるいは両方にしたりとめまぐしく変えて見るときもあるが、両方は日本解説陣とアメリカ人解説陣が同時にたくさん話すと何が何やら分からない。(笑)

話は飛ぶが、やせ我慢して風邪引いてもアホらしいと、エアコンを暖房に変えて入れた。連日天気予報をチェックし、雨の予報は伸びる一方。いらいらいら。わたしはパターマットを楽天で注文した。あーゴルフしたい。何のために帰国したかわからん。pout

用意怠りなく、今日はビクトリアゴルフに長袖ゴルフシャツを買いに行った。ロスから持って帰ったゴルフシャツはほとんどノースリーブばかりなので。店にはわたしが着られそうなデザインはほとんどなかった。

パッチワークのミニスカードがかかっていたので、「わー、こんなのも出てるのね?わたしがゴルフを始めた頃からすると考えられないですよ。ネットで見てもゴルフウェアはティーンエージャーが着るようなものばかりで、おばさん達は何を着てるんでしょうね?」とレジの女の子に言ったら、「みなさん結構こういうの着られますよ。」「へぇー、みんなティーンエージャーみたいな格好するの?」レジの女の子、笑い転げる。

あれもダメ、これもダメ、こんなものを着ろとやかましいコースもどうかと思うが、人に連れていってもらうのに、せめて服装ぐらい年齢相当に、下品にならないようにせねばと思う。

脱線が長くなった。

* * *

確かパット・ペレスはジュニアゴルファー時代に南カリフォルニアだったからタイガーと同じ土俵で試合に出ていたはず、タイガーとはプロになっても親しかったと聞いたことがある。それで、彼のことを検索したらおもしろい記事が見つかった。

プレーヤーズ・トリビューンというサイトで、パット・ペレス本人が寄稿しているもの。今年3月。

抜粋する。彼はメキシコ系アメリカ人でサンディエゴで育った。両親と弟と、2000平方フィート、3ベッドルーム家に住んでいたというから、貧しくはないが、親の資力で子供を大学にやるのは厳しいぐらいだったかも知れない。

「中学生の頃、夏休みは寄せ集めのクラブを入れたゴルフバッグを持ってバスに乗り、トーレパインズGCにアルバイトに通っていた。ドライビングレンジのディボットを修理し(パブリックコースとしてめずらしいほうだと思うが、芝から打たせる)、ゴルフカートを洗ったり、ホールアウトしたゴルファー達のクラブを磨く。仕事のあとコースを回らせてくれるからそのアルバイトをしたわけだが、それはめったになくて、たいていは夜11時にへとへとになって帰宅した。

両親はあちこちのジュニアトーナメントに出場させてくれたが、アメリカ人でももっとも生活費がかかるサンディエゴという地域に住み、お金がかかるゴルフをすると、グリーンフィーまで払ってもらうわけにはいかなかったので、夏のアルバイトで稼いだ。

試合に行くと、子供は自分の戦う相手を値踏みする。俺のことは、『何だこいつ、何しに来てんだ』と思ったんだ。リーボックのバスケットシューズ履いて、長すぎる大人用のクラブでプレーしてたから。

Img_0133

(その記事から拝借)

最初のティーショット打ったら、みんな、何で俺がそこにいるか分かったんだけどね。そうやって、地域のジュニアトーナメントで毎週、毎週優勝してたんだ。

その子供達は、高いメンバーコースに所属していて、たまに招待してくれた。高校1年生の時(学年としては日本の中学3年生)、パームスプリングスのラ・キンタカントリークラブに友達とそのお父さんと行った。今まで見たこともないような場所だった。ドライビングレンジは素晴らしいし、クラブハウスは豪華だし、ロッカールームは木のパネルでね、コースのコンディションが最高なのはもちろん。これはゴルフコースじゃない、天国だと思った。

豪華なコースで自分が一番覚えているのは、食べ物。コースにあるスナックショップでビーフサンドウィッチを食べたとき、それは美味しくて、友達のお父さんにそう言ったんだ。そしたら、美味しいかい、じゃあもう一つ食べればいいじゃないかと言われた。ちょっとためらって、もう一つ食べてもいいの?って聞いたら、いいとも、幾つでも好きなだけ食べたらいいと言われた。

1つ9ドルのサンドウィッチなんだ。9ドルは、普段、俺が食べてる安いメキシカンの食べ物だと、2食か3食分だよ。

それで次の10番ティーに行って、それだけ胃袋に入れたら正しいスイングはしにくいって気がついた。確かボギーにしたと思う。その日、帰宅して、ラキンタカントリークラブみたいな綺麗なフェアウェイとグリーンフィーで毎週末ゴルフしたらどんなに素敵だろうと思った。

それが現実になるなんて、誰が思ったろう。」

2009年、パット・ペレスのPGA初優勝はボブ・ホープクラシック。パレス32歳。

2016年、マヨコーバ、2勝目。パレス40歳。

2017年、CIMBクラシック。パレス41歳。



Img_0136

今週2日目のパレス。汗びっしょり。今日優勝直後のインタビューで、「(この優勝でも)何も変える気はない。僕はワークアウトしないし、ハハハ。練習は一生懸命やるよ。」

上述のペレス自身の寄稿にはまだおもしろい話があるので、それはまた後日にします。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ファン心理…CIMBクラシック2日目

11時半からの中継が始まる前に雷雨中断になり、午後1時になっても再開しない。天気予報では午後中雷雨マークになっていたので待っていてもしょうがないと買い物に出た。

昨日ここらは30度にも上って、こんなことならもっと長くロスにいれば良かったと思ったが、今日は15、6度。わたしはゴルフするならこのぐらいの気温のほうが好きだ。次の次の日曜日までずーっと雨マークですよ。信じられない。過去の天気で去年の10月をみたら、雨なんかほとんど降ってない。

ある方が、松山がジャスティン・トーマスに苦手意識を持っていたと書いておられて思い出した。

アメリカ人にもかなりの松山びいきがいて、プレジデンツカップのシングルスで松山がトーマスに勝ったことを、松山が本来のゴルフをしたらトーマスなんかひとたまりもなかった、ざまーみろと言わんばかりだったのが可笑しかった。

松山はラウンド後に、僕は気になってませんでしたけどねと言っていたがどうだかね…。同組で回るといつもスコアで負けるとか、優勝争いしているとトーマスが勝つとか、そんなことを意識していたとしても認めるわけがない。

そのアメリカ人は、ゴルフの腕は大したことないが(本人曰く)、プロゴルフが大好きで、パーマーやニクラウスの頃から見て来ており、彼のプロゴルフの分析とゴルファーの能力を見抜く力はわたしの知っている限り、アマチュアでは群を抜いて目が高い人だと感じる。東海岸に住む人で、長年試合観戦もしてきた。

彼が言うには、プロゴルファーでも「ゴルフに取り憑かれた」のと「そうではない」のといるそうだ。

「ゴルフに取り憑かれた」タイプは、例えばタイガー、フィル・ミケルソン、ジョーダン・スピース、ビージェイ・シン、セベ・バレステロス、アーノルド・パーマー。

ジャック・ニクラウスは「そうではない」タイプだそうだ。アーニー・エルスやローリー・マックロイも「そうではない」グループ。ダスティン・ジョンソンも違う。

松山は「ゴルフに取り憑かれた」タイプだと思うと言っていた。

彼の分け方は、わかる気がしませんか?

さっき第2ラウンドの再放送を見ていたが、やはり再開してすぐ放送終了だった。明日の中継で、ハイライトを見られるだろう。

プレジデンツカップ2日目に風邪を引いて、中耳炎と副鼻腔炎と診断されたそうで、今週も練習場ラウンド後の記者会見ではまだ鼻声だった。今日の中継中の仕草を見ても身体もかなり痛いところが出てますね。背中が張ってる、左腕が痛い、臀部も痛いか張ってる。(笑)

安心したのが、プレーが再開する直前、17番ホールのセカンド地点で、松山はパット・ペレスと談笑し、彼のキャディーもジョークを言っていた。

アメリカ人は基本的に外国人、英語が母国語ではない人に優しい。相手が自分の生活圏だったり、共通の利害関係の人ならなおさらだ。つまり、仕事で組む人とか、近所に住む人とか、自分の子供の友達の親とか…。メモリアルに初優勝したときに同組になった、アダム・スコットやスティーブ・ウィリアムズもしかり。(アメリカ人ではないが)人間的に温かいのだろうし、年齢の余裕もあるのだろうと想像する。

こうやって会話できるようになるのが一番早道で苦痛なく上達できると思う。英会話のテープを聞いて覚えるなんて、受験生じゃあるまいし(笑)、楽しくない。

そのパット・ペレスは66・65で13アンダーの首位。急に頭角を現したザンダー・ショーフェルが1打差。ヨーロッパツァーのトーマス・ピータースがー9。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村


数十年ぶりに日本でゴルフレッスンを受ける

ボールがどこに行くかわからないゴルフをしてもしょうがないので、レッスンを受ける決心をした。

今日は朝からガス(霧)が出て、長いこと消えなかった。こんな都会で海が近いわけでもないのに10
月に霧が出るなんておかしくないですか?最近は「天気が変だ」で誰とでも会話になるから恐ろしい。日中はあんまり蒸し暑く、夕方早い時間に練習場へ。何人もゴルフインストラクターがいるようなので予約せずに行った。

だいたい予約しようにもレッスンプロの誰が望ましいか、履歴を読んでも皆目わからない。生年月日、趣味特技、得意なレッスン、レッスンのモットー、コメントが記載してある。わたしより数歳から10歳ぐらい年下が良いかなとか、レッスン中にスイングをビデオに撮ってここを直しましょうなんて言う人は嫌だなとか考えていた。(笑)

ストレッチして、2,3球どトップを打ったところで、インストラクターらしき挙動の男性が歩いて来る……この人、ボールボーイのお兄ちゃん?若いと言うより子供みたいな童顔で。お互いに○○ですと自己紹介するも、おまけに顔が赤い。昼間っからお酒飲んでたの?若いのにアル中か…とアメリカ帰りは想像が下品だ。(爆)

後で、ゴルフに行って日に焼けたのかも知れないじゃないのと思った。

若先生「今日はどんな点を直したいんですか?」

メリー「練習やラウンドの間隔があまりに開くので、何でも不安定なんです。」

若先生、困った顔で笑う。

若先生「今までレッスンを取ったことありますか?」

メリー「何十年もずーーっと取ってました。」(我ながら馬鹿みたいな返事)

しばらくはアイアンでスイングを立て直さなきゃと、9番、7番、ハイブリッド4番、それにサンドウェッジを持参。

先生目ざとくミズノMPのウェッジを手に取り、「これはメリーさんのですか?」(どういう質問よ)「スチールですね。」(爆)

オーバースペックと思ったろー。

メリー「ええ、ウェッジはスチールシャフトが好きなんです。」(気づかぬふり)

9番アイアンで打ち始める。どの程度のゴルファーか見るのだろう、最初は何も言わない。2,3球トップしたあと、スイング悪くカス球だがボールは空に上がり、とりあえず正面方向に行く。

若先生「上手いですね。」

……………┐( ̄ヘ ̄)┌

噛んでるのに、さっきより飛んたら、「これは上手い!」

レッスン取って、「上手い」と言われたのは初めてだ。普通、今のは良い球だったとか、アメリカ人の先生だったらgood shotとか言うと思う。

大丈夫かしらこの先生?と心細くなる。

褒められるべきではないショットを褒められシャンクが出だす。(笑)

先生、笑って近寄って来た。あんたワザと褒めたでしょ?

若先生「シャンクが何球か連続で出ましたけど、コースではあまり出ないと思うんですね。」

その通り!(何で分かるんだろ)

先生、わたしの前に立ち、アドレスしたクラブフェイスを掴んで「ボールがこっち寄りに(ホーゼル)当たるとシャンクが出るんです。」「もっと向こうに立って下さい。」

メリー「ボールに遠く立つってことですか?」

メリー「ボールに近すぎたとは思いもよりませんでした。」

最初の方で、「スイングスピードがないんです。」と自虐的に言ったのだけど、先生はかなり経ってから「スイングスピードがない件ですけど…」と、ボールを打った後も腕を長くフォロースルーするようにシャフトを持ってスイングフォームをしてくれた。

若先生「ショットが不安定なのは軸がずれているからです。」

つまり、テークバックで身体を回転せずスウェイしている。それから、ダウンスイングで身体が飛球方向に動いている、トップ位置からダウンスイングに入る時コックがほどけている、インパクトで左肩が開く…を指摘された。

全てロスの先生に何十年も、繰り返し繰り返し言われ続けて来たことだ。

若先生にもそう言った。毎度同じ事が直らないし、指摘されるまで自分では分からないんですねーと。

あら不思議、しまいにピュインピュイン当たるようになった。もう「上手いですね」とは言われなかったけど。(笑)

プロって凄いなと思った。わたしのスイングの悪い点は誰の目にも分かるものだったにしろ、会ったこともない高齢婦人にその直し方を教えられるのだものねー。

この練習場の個人レッスンは1回20分単位。ボール代は自分持ちでレッスンフィーは¥2500。ゴルフがひどくなっている時に自分で練習しても中々状態は好転しない。2500円をケチって、ボール代と時間とエネルギーを浪費するのは愚かだとわたしは思う。

アイアンからフェアウェイウッド、最後にドライバーとレッスンで上げていきたいと先生にお願いした。

ドライバーと言えば、その練習場にはビクトリアゴルフが入っていて、レディースクラブのところにゼクシオナインだかテンだかがあった。手に取っても打ち易そうにも見えなかったし顔もピンと来なかった。シャフトの根元近くに値段がついていて、8万5千円。アホらしい。そんな値段分飛ぶわけない。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村


ただいま

日曜日帰国しました。

連日、日本が暑いのには驚いた。ロスにいる間にチェックした時はえらく気温が低く、早く帰国してゴルフしなくちゃーーーと思ったのに。それでこの季節外れの高温が終わったら、毎日雨の予報。あんまりだ。

この歳になると飛行機の長旅は疲れて、着いた日と翌日は「もうロスと日本の往復は限界!」と思うのだけど、2,3日もすると「あーこれだから日本は良い」or「やっぱりロスは最高!」となる。(笑)

わたしが日本で一番好きなのはデパート。デパートは欧米から来たものだろうが、日本のデパートのほうが「百貨店」の名にふさわしい。売っていない物はないほど何でも扱っている。ロスのデパートでは食べ物が売っていない。文房具も売っていないし、絵画展もやらない。(笑)

「デパ地下」は中でも偉大なインベンションだ。smile

さて早くも明日からPGAシーズン2試合目のCIMBクラシック。ティータイムや組み合わせがPGAサイトに出ていない。

出場選手は分かっているが、去年よりさらにフィールドの層が薄くなっている感がある。トッププレーヤーで出場するのはディフェディングチャンプのジャスティン・トーマスと去年2位だった松山英樹。アダム・スコットとガルシアは抜けたもよう。ヨーロッパツァーからはトーマス・ピータースが出場する。

来週は新しいトーナメント、CTカップが韓国のNine Bridgesコースで開催される。これも予選カットなし、78人のフィールドで、うち60人は昨シーズンのフェデックスポイント上位60から。松山は出場するつもりだとどっかで読んだ記憶あるが、これに出ると3週連続になるのでねー…いつ休むのか。(笑)

言わずもがな再来週はディフェディングチャンプとしてWGC・HSBCチャンピオンシップ出場。その後は11月末のヒーロー・ワールドチャレンジまで4週間空く。日本のツァーのどれかに出るかもですが…。

そう言えば、今週の日本オープンは松山はディフェンドしないのですね。まあナショナルタイトルは1回獲っておけばいいだろう。

ということで、3週連続で昼間にPGAゴルフ中継が見られる。happy01


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村


諸説・諸分析

月曜日に終わったWebドットコムツァーの最終戦。石川遼は25位以内に入れず、PGA来シーズンのツァーカードを失った。Webドットコムツァーではよくあることだが、えらくロースコアが出ていた。優勝スコアがー24、6800ヤードでパー71の設定。今時短いヤーデージ。

初日サム・サンダースが59出し、あいにく、石川遼は同組だった。ついてない時はついてないもんだ。この試合で40位に終わったのがついてなかった結果とは思わないが、自分が悪いゴルフをしている時に、誰かが目の前でものすごいプレーをしていたら、ポジティブになるのは難しいと思う。

わたしは自分の主義として、現役でツァーに出ているプレーヤーに関してネガティブなことは書かないことにしている。例えばスキャンダルだったり、あるいは自分がツァー観戦に行って目撃したプレーヤーの人間として嫌な面とか。それは一般ゴルフファンが知らないなら、知る必要はないことだと思うから。

と、前置き、言い訳を書いたところで(笑)、今まで人に言ったことがなかったことを書かせてもらう。遼君が初めてPGAの試合に出た時、2009年のノーザントラスト(LA)オープンだった。当時18歳。遼君が15歳で日本ツァーに優勝してからの活躍は知っていたが、どんなゴルフをするのか興味があったので確か初日木曜日だったと思うがリビエラCCに見に行った。

ちなみにタイガーがプロ転向後に出場したLAオープンはほとんど毎年見に行った。

フェウェイからグリーン方向へ歩いてくる遼君。セカンドでグリーンを外し、チップは今一で大して寄らず、ボギー。遼君が緊張でひきつったような顔に見えて気の毒になった。18歳で、PGAプレーヤー達と同じ土俵でプレーするのはどれほどのプレッシャーと緊張だろう。

アイアンスイングは綺麗で、グリーンに打つ飛距離もあると思った。

驚いたのは身体の小ささ。背が低いのもそうだが、何より線が細い。その時、この子はとてもPGAでは通用しないなと思ったのです。その当時の推測も関係があるのか、わたしには分からない。しょせんプロゴルフには知識がないのだから。

(背だけでいうなら、今年ウェルスファーゴ・チャンピョンシップに優勝スコアしたブライアン・ハーマンは5フィート7インチ・・170cm)

PGAツァーを何十年と見てきた人達が、石川遼も勝てる日が来ると考えていた。その18歳の年でもPGAチャンピョンシップやWGC・HSBCで予選通過したし、PGAで戦うゴルフ力はあるのだと思う。

わたしのゴルフの先生は、昔LPGAのキャディーをしていた人で、彼自身もプロツァーに出ることを目指していたがそれには足りなかったようだ。その先生が、「プロは(ツアーの試合では)、パーセンテージゴルフだ」と言っていた。パーセンテージゴルフという言葉だけで、その意味は分かると思う。

タイガーは、アグレッシブで攻めるゴルフをすると考える人が案外多いが、彼はコンサバティブで堅いマネージメントをしていたと思う。大胆な攻め方をするように見えるのは、それを可能にするショットを持っているからだ。彼にとっては、狙うべきではないラインでも何でもないのだ。

パーセンテージゴルフをしなかったのがフィル・ミケルソンで(笑)、だからメジャー初優勝が33歳になった。

石川遼が近年、結果を出すべき試合でパーセンテージゴルフをしたのだろうか。テレビで映る部分しか見ないからよく知らないが、ネットで読む限り、そうは思えない。

これはわたしの推測と感触だけれども、日本のメディアは石川遼をつぶし、藍ちゃんが世界ランキング一位になったあと急激に不調になっていったのも、それが大きいとわたしは思っている。遅かれ早かれ、これが松山にネガティブに働くのではないかと、すでに心配している。

日本のゴルフメディアが毎試合押しかけ、毎ラウンド毎ラウンド、ゴルフの内容に関して質問する。フェデックスプレーオフシリーズの中継で、アメリカの解説者達がしみじみ同情したように、日本メディアの松山への度を越した取材を言っていた。プロアマの後でさえインタビューをすると。あれを1年中どうやってしのいでいるのか分からないと、あたかも松山に代わって慨嘆しているかのような調子だった。

同じ意味でアメリカのファンは、メディアのあり方がタイガーのメンタルを蝕んていったと見ている。世の中は、アーノルド・パーマーやジャック・ニクラウスが強かった時とは、まったく違ったものになっている。

ツァーカードを維持できなかった有名プレーヤーや、ツアー複数回優勝者はいくらでもいる。名前に馴染みがないプレーヤーは、我々はいなくなったのにも気がつかない。思うに、10年も20年も連続でツアーカードを維持し続けるプレーヤーのほうが少数派なのだろう。

ツアーカードを失っただけで、PGA挑戦は失敗だったと決めつけることはないと思うが、結果を出せなかった原因はどこにあるか、冷静に分析することが前進の第一歩であることは明らか。それが出来る人が彼のチームにいることを願う。

最後に、どんなにひどいゴルフをしていても、石川遼のハイライトを何度も流すゴルフネットワークチャンネル、いったい何の意味があるのか?ゴルフ中継をしているというプロフェッショナリズムはないのか?こんなポリシーの局はスポーツ中継をやる資格がない。

ということで、再びPGAツァーやWebドットコムツアーで活躍する日が来るまで、Good luck!


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村


«軽くて、くにゃのドライバーはないものか?

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ