こちらも3年ぶり優勝/AT&Tバイロン・ネルソン

人間は少しずつ気候になれるらしく、夜に入って23度、冷房を切って窓を開けると、「あー自然の風は気持ちがいい」と感じるのだから我ながら結構順応したものだと思う。

最後に真夏の日本にいたのは13年前。長女がお産したときに手伝いに帰国した。朝7時半にゴミを出そうと玄関のドアを開けると、外全体がむわーんと熱風で、数十歩歩くのも命がけの気分だった。(笑)

*                *

今朝はとうとう寝坊してしまい、NHKBS1の中継が始まるころに起きた。さすがに石川遼のハイライトはなく、ライブプレーの中継を続けていたから嬉しい。

最終日のプレーを始めから見ていた人達によると、上位プレーヤーは前半みなさえないゴルフをしていたそうだ。見たところ、大して風は強くなかったと思うが、優勝争いのプレッシャーからだろうか。

首位スタート、オーバーパーのゴルフになり勝てなかったジェイソン・ハーン。彼はアイアンが切れる人で、渋いプレーヤーだと思うが、リビエラで勝ったわりに安定度がない。

プレーヤーズチャンピョンシップ中継中にも言われたと思うが、ジェイソン・デイ、オーストラリアに住むお母さんが、(今年初めと思う)肺がんで余命1年と診断され、デイは彼女をアメリカの病院に連れて行った。

心痛で、成績も悪く、棄権もしたが、お母さんは手術も成功、順調に回復し、すでにオーストラリアに帰った。デイのゴルフもようやく上向きになってきた。今週は優勝には1歩足りなかったが、今夏のメジャーも活躍するだろうと思える。

今週はショットが良いのが目立ったビリー・ホーシェル。何でガムを噛みながらプレーするのかと疑問に思ったが(わたしは好きじゃない)、あれは神経をおさえる、緊張をやわらげるためじゃないかと推測した。それを意識して噛んでいるのかどうかは別にして。

彼は見ていてわかるが、結構感情が激しい人だと思うし、(歳のわりには)気持ちが純で、かつ温かい人。

わたしの勝手な評価だが、失礼ながら彼程度のプレーヤーが2014年にフェデックスカップ・プレーオフシリーズに勝ったときは驚いた。

先週のプレヤーズ・チャンピョンシップに優勝したS・I・キムじゃないが、ホーシェルもこの試合の前は4月から4試合連続予選落ち。

それが、何がクリックしたのか、いつ調子が変わったのか、ジェイソン・デイに堂々と戦って勝ったのだから、ツアープレーヤー達の実力に差はないということかと思う。これがPGA4勝目。30歳。

リーダーボード

LPGAは全く見てないが、ようやくという表現はおかしいけれど、ANAインスピレーション以降、日本でも優勝争いをしていたレキシー・トンプソンが5打差でキングスミル・チャンピョンシップに優勝。

ゴルフチャンネルのサイトでビデオを見たが、短くないパットを恐ろしいほど入れていた。つい1年ぐらい前までだろうか、彼女のパットが1日に2つ3つでも入ったら、毎試合のように勝てるのに・・と思って見ていたものだ。

日本でも見せたように、ショートゲームも上手くなったし、弱点がないゴルフになってきたので、これからLPGAのドミナントプレーヤーになっていくかもですね。

彼女も大好きなプレーヤー。子供の時から見ているから、やはり可愛くてしょうがない。


にほんブログ村

上田桃子3年ぶり優勝/中日テレビ・ブリジストンレディース

29度どころか、ここらは午後1時半で32度まで上った。その頃にはとっくに窓を閉め、ブラインドを引き、冷房をがんがんかけていたから、室内の暑さで気がついたわけではないけれど。5月に32度にもなったことがあるのかと、過去の天気をさかのぼったが見つからず。恐ろしい地球になってきた。

今週もまた上位に入っていたので、今度は桃子ちゃんの番かと、リーダーボードをチェックしたら、首位じゃないか!しかも、リーダーボードはもう停止されている。

あれれ、藍ちゃんは11アンダーで既にホールアウト?えーーっ、藍ちゃん出てたのー?(初日はリーダーボードのあんまり下で名前を見逃したらしい。)

昨日と今朝は1番ホール中継をやっていたのですね。知らなかった。(がっくり)

3時放送開始にアラームをセット、それまで競馬中継を見てお勉強。(爆)

わたしはせっかちだから、結果をサンスポのサイトで調べる。14:16に、上田桃子3年ぶり優勝と出ていた。

嬉しい。これで安心して見られる。(爆)

14番まで安定して良いゴルフをしていたもよう。(見てないからスコアで想像するのみ。)

ちなみに、こういう気温が高くなった日はボールが飛ぶから、特に女子プロの試合ではスコアが出ますなぁ。アマチュアだってそうだが。

14番で長いバーディパットを入れたあと、ドラマが始まったのは15番パー3。143Yと言っていた気がするが、テレビが映したときは旗は左から右だった。アゲンストと判断したのだろうか、8番アイアンで風にぶつけてピンの方に打とうと思ったのか・・、誰か聞いてみたらいいのに。(笑)

大きすぎて左奥エッジへ。難しい角度で、おそらくパターは使えなかったのじゃないか?チップは、あれ以上は打てなかったと感じる。エッジから左エッジにランドさせて、ピン下に転がりすぎたが、あとはパットを入れるか入れないかだけ。

入らなかったが、これで、テレサ・ルーや川岸史果ちゃんと同スコア(-14)になって、おもしろくなった。(結果知ってるからお気楽です)(爆)

15番最後のパー5。ティーショット、左に引っ張る。あるいはフックか。左土手の大きな岩のほうへ飛んでいく。(しかし、何で脈略のないところに大岩があるんだろ?)すぐ近くにOB杭が見えた。

勝つときは、こういう運もついているもので、ボールが岩に当たり左ラフに落ちていた。ここから225Yとか言っていたような、5Wでグリーンを転がりのぼり奥ラフへ少し入ったところ。チップはとーろとろ転がり、ピン上。このパットもよく入れた。下りフックラインで、結構曲がった。こういうところも、熊本の上田桃子とは違う桃子ちゃんになっていると感じる。-15へ。

17番は良いティーショット打ったが、なぜかセカンドは魂が抜けたようなショートアイアンで(8番でしたっけ?)、右ツリーラインの葉っぱに当たったのじゃないかな、グリーン右ラフ。ベアグラウンドに近く、芝がないか、はげてる部分でボールの前に芝の塊のようなものがあった。

このコースのラフは野芝でしょうか?カメラでクローズアップすると見栄えが悪い草ですね。

チップしたボールはかなり転がり、解説者は、これはボギーになるかなと思ったそうだが、わたしは入れると思った(笑)。16番で曲がる下りバーディパット入れてるから、ここも入れるぐらい落ち着いているだろうと・・・。

最後のひと転がりでカップに落ちた感じでお見事。これが勝負の分かれ目になったろう。桃子ちゃんにも笑顔が出ていた。

18番のティーショットも相当飛んでいたから、アドレナリンもあるし、スイングも絶好調。彼女は、ここ数試合見ているけど、スイングが良くなりましたね。というか、昔よりスイングが良くなった気がする。確か解説者の誰かも言っていた。

2打目、たった113Y。またしても風はフォロー。あのピンは嫌らしいところに切ってある。ピンより上にランドして左奥エッジぎりぎりに。ボールが止ったときはギャラリーのほうが安堵のどよめき。(笑) 勝つ時は、こんなもの。

ファーストパットがすごかった。するするするーっと転がってど真ん中からドーンと入った。タイガーみたいなやっちゃな・・・とわたしは思った。もう勝つのは決まっているのに、トドメを刺して、俺は強いっと証明するみたいな。(笑)

彼女はここ3年勝ちがなくて苦しんだと優勝インタビューで言っていたが、アメリカLPGAで苦しんでいたのも見てきた。藍ちゃんが初優勝に4年もかかった。

上田桃子に勝つ力がなかったとは思わない。彼女はフラストレーションをどんどんためてポジティブな方向に向けられなかったのではないか。「自分で抱え込むタチなんで・・」と解説者に語ったというが、やっぱりと思った。

今年は良いゴルフをしている。またこれからも勝ってほしい。

Momoko_bridgestonladiesopen_sunday


今日8アンダーのゴルフをした藍ちゃん。先週は確か出場予定を棄権したのですね。宮里優作の沖縄での優勝の写真に、上のお兄さんやお母さんと写っていて、藍ちゃんは華がある、気持ちが良い笑顔は人の目を引く。

藍ちゃんは、ウェッジやショートアイアンの正確さ、ショートゲームの素晴らしさとパットで勝ってきた人だ。彼女のショートゲームも、松山と同じでアメリカで色々なコースや芝で戦ってきた、レベルの違う腕を持っているのがわかる。

ギャラリーも嬉しそうだった、18番で迎える他の選手もボランティアも嬉しそうだった。こちらもまた勝つのが見たい。ワールドレディースの週、解説者が藍ちゃんは少し肉がついて飛距離も伸びていると言っていたが、今日見て、少しふっくらしてきたとわたしも思った。

アメリカでいっとき大丈夫かと思うほど細くなって、心配したものだ。

Air_bridgestonladies_11under


我が史果嬢の話は、長くなったのでまたにします。彼女は可愛いですね。独特の可愛さがある。もうじき勝つでしょ。(笑)


にほんブログ村

うんざりのゴルフ中継/AT&Tバイロン・ネルソン

他に見るものがないときに、ちらちら見る程度だが、相変わらず巨人は弱く、しかし実況アナウンサーは巨人の敗色濃い試合に、「(投手)よく抑えましたーっ!」「(野手)あーッ、捕ったー、〇〇、捕りましたぁー」と絶叫する。あんなアナウンサーと付き合う解説者も気の毒な。

相撲は終わりの30分ぐらいはほとんど毎日見ている。明らかに、先場所からの左腕と左胸の怪我が痛そうだが、稀勢の里は頑張っている。ああ声援があっちゃあ休場も出来まい。すごいですね、賞金の束。(笑) 中日にもなっていないのに。大相撲も一度見てみたいなと思うが、正座でなくともあの桟敷席に長く座っていられそうもない。

若い人は相撲を見ないのかも知れないが、見だすと案外おもしろい。昔のように相撲巧者はいませんが。

*               *

さて、愚痴に入ります。

何も今に始まったことではないかも知れないが、今週のAT&Tバイロン・ネルソンではもううんざりして、見る気が失せた。

ゴルフネットワークでは、頻繁に石川遼のハイライトを映す。懇切丁寧な分析付きだが、わたしは嫌になって英語版の音声にしていた。英語版にしておくと、その間長いこと無音になる。

ハイライトはいいけど、時間を割きすぎている。ライブで、今プレー中の試合中継をしているという意識が欠けてるのか?

放送権料を払っているから、下位でもアメリカのゴルフチャンネルは時々は遼くんのプレーを映す。良いプレーをすれば、上位に行けば、もっともっと映してくれる。

初日5オーバーのゴルフだったのだ。2日目は1アンダーだったが予選落ち。ハイライトで毎ホールのショットやパットや、ショットを打つ前にヤーデージブックを見て検討しているシーンまで映さなくていいのじゃない?

わたしはアンチ遼くんではありません。(そもそもスポーツ選手にアンチって何?理解出来ないものがある。)

ほかの選手達のプレーを見ることが、その分減ってしまうから腹が立つのだ。こういう時もままあった。石川遼のハイライト→ゴルフネットワークのCM→石川遼のハイライト。

昨日2日目の中継では、最後のほうに、再び石川遼の話になり、えーっ、今ジョーダン・スピースがバーディを取って予選通過ラインに戻せるかの肝心なときなのに、中継に戻らないのかな・・・と思っているうち、画面は遼くんのスコアカードを1分以上写して、中継は終わってしまった。(泣)

それで今朝だ。NHK・BS1は、そんなことはしないだろうと期待したが、ゴルフネットワークほどではないにしろ、また石川遼のおさらい。

トドメは、プレーヤーズチャンピョンシップのハイライト。たった2時間しかないライブ中継に、そんなことで時間を減らさないでほしい。

この試合ダラス・オープンの歴代の勝者のビデオや画像を紹介したのは良かったけど。あれは、NHKが編集して入れている部分だと思う。

スポーツは何でもライブ中継であるべきと思うし、プレーそのものの中継を最優先すべきと思う。これから大きな試合が続くのに、こんな中継を我慢せねばならないのかと、わたしは憂鬱です。

*              *

昨日、ここらは29度で、暑さに弱く、すぐ熱中症や脱水症になるわたしは夜7時すぎて買い物にいった。今日も同じぐらい上る予報。朝から陽ざしが強い。

ゴルフ中継が残念に終わり(笑)、窓外を見ると(最上階から見下ろすと)、年配男性がジョギング姿で走っている。そうか、朝ならわたしでも歩ける・・・と急いで外へ。近所の公園は、緑が鬱蒼とあまりに綺麗だったので写真を撮ってきました。

Park1


Park2


Park3

鴨がいる。春に見たときは、3羽はいたと思う。孫の話によると以前は蛍がいたが、近年は見たことないそうだ。水がこう汚くてはねー。

Park4

Park5


こんなに自然が残って・・・と感心することはありません。(笑) 周りはすべて大型マンション。コンクリートとアスファルト。この東急開発の住宅街に住宅が建ち始めたのは50年近く前と思う。しかし、こっち側はほんの10年前から続々とファミリー型マンションが建設され、少子化はどこの話?というほど小学校が混んでいる。

小さい子や小学生がたくさんいる町は活気があっていい。子供の声や音をうるさがるジーサンの気が知れない。(笑)

ようやくジェイソン・デイが上ってきた。3日間で一番コンディションが容易だったであろう今日、ダスティン・ジョンソンがオーバーパーを叩くとは思いませんでした。

バイロン・ネルソン、リーダーボード


にほんブログ村

ツァー情報5月18日

昨夜見るともなし、プロ野球をつけていたが、何で巨人はこんなに弱い?最近負けてばっかりでしょ。後楽園のドーム球場は立派ですね。このために後楽園遊園地をつぶしたのですか?

腰痛は、1日アイスで冷やし(20分冷やしては外しの繰り返し)、アイボプレフェン(沈痛、消炎剤)を1日半のんだらかなり軽減。あんまり何もしないのも身体がなまるので、昨日は気温が低いことだし練習に行ってきました。ほとんどの人が半袖で、むわーっとした。19℃で湿度が60%と言っていたがもっとあったのじゃないか。

前回のラウンドで4Wがさっぱりだったから持っていったが、シャフトが硬くてしょうがない。レディースクラブで硬いって、いったいどうすればいいのか?

*              *

遅いニュースになるが、プレヤーズチャンピョンシップのスケジュールに関して。

この試合は2006年まで3月開催だった。マスターズのそのまた前で、まだゴルフシーズンが明けてトッププレーヤーが本調子ではない時に、残酷なコースでプレーする感があり、視聴者や試合観戦にいくゴルフファンには5月のほうが良い気がするが、再び3月に戻る話が出ている。

新しいPGA会長モナハン氏が将来のスケジュールに関して、その可能性を話したそうだ。(わたしはその記者会見を見ていない)

これはフェデックスから向こう10年の契約更新をとりつける際の、合意だったろうと噂されている。UPSと新しく契約したプレーヤーは出場できないとの規制と共に、フェデックス側が要求してきたことではないかと推測する人が多い。

ツァー側がプレーヤーズチャンピョンシップを3月に戻したい理由は、最後のメジャー、PGAチャンピョンシップを5月に動かそうというアイデアが出ていることによる。

そしてフェデックス・プレーオフシリーズを秋のフットボールが始まる前に終わらせようという案。(フットボールが始まると、殊に男性はゴルフを見る気分ではなくなるcoldsweats01

ゴルフチャンネルのビデオで、PGAオブアメリカの新会長レビー氏へのインタビューを見たが、「PGAチャンピョンシップを5月に移すかについては過去18ヶ月話してきた、今後6ヶ月の話し合いで方向が見えると思う」と語っていたが、わたしの勘だが彼はさほど乗り気には見えなかった。またPGAチャンピョンシップは開催コースが数年先まで決まっているので、季節的に5月ではコース整備が難しいコースもあるもよう。

いずれ、ツァースケジュールの大移動は2,3年はかかるかも知れない。

今週のバイロン・ネルソンは結構トッププレーヤーが出ている。

ガルシア、パトリック・リード、ジェイソン・デイが12:50.ジョーダン・スピース、ブランディト・スネディカー、マット・クーチャーが7:50、ダスティン・ジョンソン、コーディ・グリブル(先週まで彼のことは知らなかったcoldsweats01)、ルイ・ウーストハウゼンが12:40。

ティータイムとグルーピング(リーダーボード)

今、現地は夜7時40分で、気温31度。明日初日は雷のマークがついている。

ところで、日本は夏時間というものがないから、朝明けるのが早く(今4時半ぐらい)、わたしは早く目が覚めて二度寝できません。coldsweats02


にほんブログ村

ニュースがおもしろい

トランプ大統領の言動で毎日毎日がブレーキングニュース。もちろん重大なニュースであるし、視聴率も稼げる(笑)、ニュース局は普段の番組を変更して朝な夕な、ほとんどわめかんばかり。

各局により多少トーンは違うが、どこもほぼ同じ見方をしている。一度見だすとやめられず、ニュース局サイトで、視聴者のコメント欄を読み、一般アメリカ人がどうとらえているか知るのもおもしろい。

いよいよ、大統領の頭上に暗雲たれこめてきた。一つ目の最新暴露ニュースは、先週ホワイトハウスでロシアの外相とロシアのアメリカ大使が大統領と会談した折り、トランプはISIS対策に関しての、機密情報をロシア側にもらした・・・というすっぱ抜きがワシントンポスト新聞に出た。

それが現地月曜日。その夕、国家安全保障大統領補佐官のマックマスターが大統領は、どんなときも国家機密に関することを話してはないと明言。

ところが翌日、本人のトランプがあっさりと、「大統領として、前から決まっていた会合で、テロと航空に関してロシアと(情報を)分かち合う権利がある」「人道的理由で、それにロシアにはテロとISISに対する戦いをさらに強化してほしいからだ。」とツイッターで、情報を話したことを認めた。

ISIS対策の機密情報とは、シリア内でISISがラップトップコンピューター(ノートパソコン)に爆発物をしこみ、空港のセキュリティーにひっかからない方法を開発をしているというものだが、それはイスラエルからアメリカに流した情報で、彼らの情報員がシリアのラッカから報告したものであるという。これは、情報を流した側の生命にかかわることであり、ISIS掃討のために同盟を組んでいる国々の信用をなくすこと。

さらに最新ブレーキングニュース。

FBIのジェームス・コーミー長官は今月大統領に首にされたが、3月、安全保障の会合がホワイトハウスで開かれたとき、会合後にほかの参加者を帰らせ、大統領は元安全保障大統領補佐官マイケル・フリンのロシアやトルコとの繋がりに関しての調査をやめてくれるよう言われた。

コーミー長官は、大統領が現在進行している調査へ不適当な影響を与えようとしたとして、その時の会話を逐一書きとめ、FBIの高官らに提出した。

これをFBIの誰かだろう、ニューヨークタイムズに漏らした。

もし事実とすれば(事実だろう)、重大な罪。英語でオブストラクション・オブ・ジャスティスといいまして、調べたけど日本ではどういうのか分からず。司法への妨害でしょうかね。(笑) 裁判で証言する前に手を挙げて真実のみを話すことを宣誓するが、それでウソの証言をすると、オブストラクション・オブ・ジャスティスの罪に問われると思う。

さすがに、共和党議員達も、厳しいことを言うようになった。

誰でも望めば大統領にさえなれるというアメリカンドリームがこんな形になるとは夢思わず。


にほんブログ村

«勝者予想は難しい/プレーヤーズチャンピョンシップ帰結

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ