He hopes to play...?

ほんの10数時間前に出たニュース。第一報はGolfweek誌のサイトにブレーキングニュースで出た、「タイガーが(来年の)ジェネシスオープンに出場表明した」というもの。それから、「出場するという計画」になって、最新版では「タイガーは出場するよう願っている」とトーンダウン。(笑)タイガーのスケジュールを直接知る立場にある人物からの情報だが、公にする許可を得ていないそうだ。

こう内容が変わっていく間、エージェントのマーク・スタインバーグは(まだ決まってないと)否定したというレポートも出ていた。

毎度、何の試合だっけと忘れてしまうが、ジェネシスオープンはリビエラCC開催のLAオープンのこと。この試合は近年タイガー・ウッズ・ファウンデーションが運営し、チャリティーのお金はその基金とロス近郊アナハイムにあるタイガー・ウッズ・・ラーニングセンターに行く。

タイガー側からの公式表明ではないので、トーンダウンしたのだろうが、これは確実な情報と思う。今年のジェネシスLAオープンは2月15日から18日。マスターズに照準を合わせているだろうから、LAオープンのあと1つや2つは試合を入れるでしょう。もちろん、LAの前にも何か入れるかもしれない。

ヒーロー・ワールドチャンレンジ後にネットに出てきた情報や画像などからも、健康状態は問題ないようだ。アメリカの土曜日、メキシコのカボ・サン・ルーカスにあるタイガー設計のコースでゴルフクリニックを開いた。

ビデオ

クリニックに来た人たちから質問を受け、それをデモンストレーションで見せるという趣向のようです。参加者が撮ったビデオで、連続の映像ではない。タイガーの話のみしかマイクが拾っていないが、たいへん機嫌がよく、明るい様子がみてとれる。今回はどうか知識がないが、タイガーのゴルフクリニックの収益もタイガー・ウッズファウンデーションへの基金へ行く。

先日は、ハリケーン・ハーベイの被災者への救援金集めの一部としてオークションがあり、タイガーのゴルフレッスン(2人へ)が21万ドル(約2千3百万円余)で落とされた。世の中、お金がある人がいますが、これは寄付することが狙いだから、じゃあタイガーのレッスンにしようということだと思う。

アメリカでは、こういうオークションで学校の運営費まで稼ぐ。孫が通っていた公立小学校では、ロスアンゼルス市の予算で学科授業ではない音楽や美術などの先生を雇えないため、その寄付の年額予算から先生の給料まで払っていた。年間いろいろな寄付で集める総額は当時2千万円ぐらいだったと思う。父兄の辣腕恐るべし。(笑)感心するのは、自分の子供は卒業したのに、毎年寄付を続ける親や、おばあちゃんだ。

中学も同様。小さくは朝や夕方、おかあさん達が校門の前でクッキーやピザを子供達や親に売る。学校の旅行費を家の経済事情で払えない子供なども、申請すれば援助される。これら全て役員会の親達の裁量で運営するのだから、信頼度も高い。基本的にクリスチャンの国なので、寄付には非常に寛大。

脱線しましたが、アジアツアーのインドネシア・マスターズは悪天候による延期も終わり、最終日の中継中。

勝負はジャスティン・ローズの独走だが、多くのプレーヤーが世界ランキング50位以内を狙っている。人に聞いたところ、宮里優作は4位に入ったら、50位になるという。パットをショートしないでほしい。(笑)

小平は出場予定だったが、棄権したそうだ。ブラント・スネディカーも1ラウンドで棄権。こちらは熱中症にかかったそう。ツイッターで、ビジネスクラスの値段を払ったのにエコノミークラスの席に
されたと怒っていたが、急に金曜日に帰ることになって満席だったんでしょうよ。ま、たまには貧乏人の気分を味合うのも悪くないと思う。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

寒い!

今夕のニュースで、飲酒運転を除く交通事故の56%は(確か56だったと思う)はヘッドライトをハイビームにすると避けられただろう、という調査結果が出たそうだ。

要するに普通のライトの高さでは直前になるまで歩行者に気がつかないことが多いということ。(これからは)「ハイビームが基準」だそうだ。

うーん、だけど、向こうからハイビームにした車が来るとものすごく眩しくて、めくらましのようになって一瞬何も見えなくなる気さえするけどなー・・と思ったら、「交通量の多い市街地を除く」って。

対向車がめったに来ない夜中過ぎとか、田舎とか山道とか、そんな場合はとっくに実行してますよ。

娘がわたしのアイアンやハイブリッドを打っていたら、アイアンのグリップが細くてちゃんと握れないと言っていた。うちはわたしも娘二人も手が大きい。ONOFFのレディースアイアンだが、わたしにもグリップが小さくて、手の中で泳いでいると感じるいことがある。(笑)

車がないと、こういうことまでつい我慢してしまう。車が来たらショップに持っていって変えてもらおう。

それから娘はアイアンが 短すぎると言っていた。わたしにも短い。(笑)身長何cmを基準に作っているんだろう?

ハイブリッドは、アイアンよりはグリップが幾分太いが、これもちょっと太く変えるべきだろうな。

手になじまないようなクラブで打ってるから当たらないのじゃない?(←そんなことを超えた下手さだと思いますけど。)

こんなに寒くてゴルフする人がいるのだろうか?昨日、午後3時半ごろ、買い物に行く時、皮の手袋をはめてもすぐに指先が冷たくなった。

クレージーゴルファーのYouTube、『雪の中でゴルフするには』。11分のビデオ。アメリカのインディアナ州のようです。この男性は過去4年間ゴルフしない日はなかったと言っている。グリーンを傷めないために、グリーン付近に旗を立て、水(氷)を入れたガロン瓶(3.8リットルで牛乳を入れてスーパーで売っている・・笑)を置いてある。ガロン瓶のそば、クラブヘッドの長さ以内につけたらカップインしたとみなす。

同じ4ホールを2回まわり、もう1ホールまわって、最低でも9ホールにすると言っています。これはこれで楽しそう。一人で回るから早いし、常に動くからさほど寒くはないかもです。

ビデオ

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ローカルルール/視聴者の指摘は受けつけない

USGAとR&Aから発表があり、テレビ放映される試合で、(ルールに関する問題が起こったとき)今後も事実の証拠を確認するためビデオを使う。大会側から一人以上のオフィシャルを、中継映像をモニターさせ、1つは、ルール違反の可能性があるプレーを見つけ、その解決を助ける。2つは、コースにいるレフリーが必要としていることを教える。

上記のことはテレビ放送される試合なら、すでにどこもやっていることと思われるが、大きな変更は以下。

『テレビ中継を見ている視聴者からのルール抵触に関する情報や通報はいっさい受けつけない。』

その理由をUSGAが幾つか並べているが、それは問題ではないので、わたしは脳みそをしぼって翻訳する気はありません。(笑)これは画期的決定です!(わたしの見解によれば)

「例えば中継映像を見たプレーヤーや、大会従事者、あるいはメディアが何か(ルール抵触の可能性がある)情報を持ってきたら、考察する。ルールに関することは映像をモニターしている間に見逃されても、情報を無視するものではない。」

(当たり前)

それから、プレーヤーが罰打が課されることを知らずに、スコアに罰打を足さなかったペナルティーの2罰打は廃止される。つまり、ルール抵触に気がつかず、「4」と書いた場合、以前は罰打(2罰打とすると)にさらに2罰打が加えられて、トータルで4打罰になったが、この変更で、2罰打のみとなる。

以上、ローカルルールとして2018年1月1日から履行されるが、2019年1月1日から永久のルールとなる。

話は戻って、視聴者からのルールに関する指摘、意見、見解を受けつけないというローカルルールは、やっと当然のことが文になったというところ。

当人のプレーヤー、彼のキャディー、同組のプレーヤーやキャディー、マーシャルやルールオフィシャルが気がつかなかった(目撃しなかった)ことは、ルール抵触として存在しなかったと考えていいとわたしは思う。

スポーツの審判は時として、不正確なときもある。野球しかり、フットボール、サッカー、何でもだ。正確を期すべきなのは当然として、ときどき起こるんだ。

その場にいる審判が裁量をまかされている、それでスポーツは成り立っている。視聴者がテレビにボールやクラブヘッドが大写しになったとき、クラブが触ったの、ボールが動いたの、それを通報して、その行為が勝負の行方を変えるのは正しいことではないだろう。

どこかでボーダーラインを引かなきゃね。

それにしても、ジュニアゴルファーの頃から10年20年と競技ゴルフをしてきたプロゴルファー達が、しばしばルールを知らないのは恥ずべきことだと思う。

わたしは、世界の各ツァーは秘密裏に「ルール教室」を開き、例えば1年に2回、出席を義務つけたらよかろうと思う。秘密裏にするのは、勿論恥だからである。(笑)

飛距離増進(?)、下肢に筋肉をつけるため、足首につけるウェイトを買った。

最近ゆうパックで来るのが多いが、配達の人はわたしより下にしろ、年齢も近いのじゃないかと思う。この前土曜日の夜8時半に配達してきた。今はお歳暮もあるから、長時間働いているんでしょうね。

この部屋はエレベーターから一番遠く、宅配業者の人が外廊下を走ってくる足音を聞くと、わたしは気の毒でしょうがない。

一番気の毒はゴルフバッグの宅配ですよ。よそのマンションで真夏に2つバッグ持って、外廊下をずっと歩いている人を見たときは、なんとも言えない気分になった。あれ以来、わたしはゴルフバッグを宅配で送るまいと思った。重さに応じて給料が支払われるべきだ。

196538f5293d4d0d8c9a478d943cd14a

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村


ゴルフの男女差

何もライブのゴルフがないと思っていたら、日本ツアーの3ツアーチャンピョンシップをやっていた。朝始まる前からギャラリーが集まっていたのには驚く。2℃だった。列に並んでいる人で、女性客の一部は明らかに体を震わせていた。よちよち歩きの幼児を連れている人やら。わたしは過保護で風邪引かすから連れていくなんてとんでもない、とすぐ言うほうだ。(これは母親に似た・・笑)

聞いたことがないコースだったが、千葉の成田空港の近く。

趣向は3つのツァーそれぞれから2人のペアを3組(訂正)出し、午前中はベストボールのストローク競技、午後はアルタネートショットのストローク競技。

これが結構おもしろかった。1番ホールがパー5で、レギュラーツァーとシニアツァーに515Yだったか、LPGAには486Y。距離の差が少なすぎる。3番がパー4が、各443Y、426Y、381Y。私見ではLPGAは350か360の設定でいいと思う。

パー5が3箇所あるフロント9で、届かないのはLPGAにはきつすぎる設定と鈴木愛が試合後言っていたが、同感。4番ホールの170、154、135Yだって、昨日の気温を考えたらLPGAにはもう少し短くても良かったんじゃないかと感じた。

この3ツアーチャンピョンシップだけではなく、普段のツァー中継を見ていても、プロゴルファー達の男女差の最も顕著なのが、ショートゲームだとわたしはかねがね思っている。

ついさっき日本LPGAのサイトを見たら、出場の成田みすずが感想を聞かれて、もっとも勉強になったのがアプローチとパッティングと言っている。

女子ツアーは、彼女らが飛距離がない分、ショートゲームに頼るから、(短い)アプローチやパットが上手いというゴルファーが多いが、それは事実ではないと思う。男子ツアープレーヤーのほうが格段に上手い。

ティーからの飛距離の差はこれは肉体の差、身体能力の差で、技量の差ではないとわたしは考える。じゃあ、比較的、肉体能力が左右しないピッチやチップショット、パットでなぜ男子ツアープレーヤーのほうが技術が上なのか?

アニカ・ソレンスタムがPGAツアーのコロニアルに招待された時、その準備にタイガー・ウッズと一緒に練習した。おそらくアニカはグリーンを逃すだろうから、ショートゲームが鍵になるとタイガーが考え、ウェッジショットの打ち方をアドバイスしたという。アドバイスというより、アニカが打ったことがないやり方を教えたそうだ。あのアニカが、と驚く話だった。

3ツアーチャンピョンシップで、午前の早いほうのホールだったと思うが、グリーン左奥のラフから、ピンまで下り傾斜の難しいピッチショットで、イ・ミニョンが上手いロブショットでカップそばに寄せた直後、池田勇太が打ったピッチはクラブフェースをカップに伸ばし、完全に入れにいくショットだった。手の平にボールを乗せ、平手で放るようにというか。ミニョンも上手かったが、池田のショットは一段階違うレベルの上手さだったとわたしは思っている。

チームプレーに慣れているベテランと言ってしまえばそうだけど、池田や片山さんの思い切りの良いパット!

男女差についての理由づけや分析を言った解説者を聞いたことがない。

その差は何でだろう。

(おそらく)たくさんの理由の一つは、わたしは男性のほうがイマジネーションが強いのではないかと思っている。もう一つ思いつくのは、一点、一瞬、集中するのは男性のほうが得意なのかなと思う。これは人類が始まったころからのもので、要するに遺伝子じゃあるまいか。

今日は日中17℃に上る予報で、その通り暖かく、ロスの娘とわたしはゴルフの練習をしてきた。娘はクラブを握るのは4年ぶりと言っていた。(ー。ー;

わたしは最後にラウンドしたのが先月28日だったか、クラブの振り方をまだ忘れてなかったから良かった。

車で行ったから簡単で感激だった。(爆) 車は代車を貸してもらっているが、わたしは人の車を運転するのは嫌なので、娘が使っている。買った車はもうすぐ来るそうだ。どのぐらい、「もうすぐ」なのか・・?

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

遠い人から打つ順序じゃなかったっけ?

11月28日に、これが打ち止めですとあちこちで宣言して良かったー。(誰もそんなことは気にとめてないと思うが。) ここらは朝1、2度まで落ちる。

来春は車であちこち行ってやるぞと張り切ったものの、うちから遠くないゴルフコースを調べると、どこも35km、40kmはあって、日本は(首都圏は?)どうしてゴルフ場が遠いのかとうらめしい。ロスのように、その距離でも高速で30分ならまだ行く気がするが(それでも躊躇する)、神奈川ではおそらく50分から1時間かかる。帰りはもっとだろう。

人間慣れるものだ。フロント9とバック9の間に、どっかり座って食事をするなど、なんと悠長な、ゴルフに間が抜けてしまうじゃないかと思っていたけど、今や7、8番ホールになると、ああ疲れた、お腹も空いてきたと思うものね。

プロの試合もほとんど終わり、見るテレビもなくて退屈だが、昨日まで、2日間のLPGA新人戦というのをやっていた。いままで知らなかったが、どうも今年チャレンジツァーにデビューした選手達の最終試合ということのようだ。(違ってましたら、ごめんなさい)

ほとんどが名前も知らないプレーヤーだったが、みんな若くて初々しいというか、可愛らしさがあり、態度がまだプロ慣れしていないように見えて好感が持てた。

2日間、朝のスタートホールの中継と、午後は最後の15番から18番をライブ放送。

それでアラ?と思ったことがある。優勝者の沖せいらさんの組が、17番パー3、197ヤードに来たとき。グリーンは横に長く、左側は池。ピンは左、池に近いほう。

沖せいらがグリーン右フロント部分にぎりぎりオン。同組の小祝さくらが、ピン方向のグリーン手前、池に落ちるかとアナウンサー、解説者、テレビを見ているわたしもアーーーッ。ピン下のラフに留まった。

カメラの位置やアングルにより、視聴者の目にはどっちがカップに遠いか判断しにくい時もあるが、あの場合は明らかに沖さんのパットが長かったと思う。アナウンサーも解説者も2パットに収められるかと危うんでいる口調だったぐらい。

あれ、沖さんがパットに入らない。1組に一人つくハウスキャディーもピンのほうに歩こうとしない。すると、小祝さくらがチップする様子じゃないか。チップショットはカップをかすったが、カップを超えて結構転がった。次に沖さんが長ーいパットを良いスピードでカップ手前少しまで持ってくる。

両方を見て、沖せいらの距離が絶対長かったと確信した。

見てない人にはちんぷんかんぷんと思うので、ネットで探してきた17番の画像。

5cb5cde530a84050ba54268cd6dfea2f

もう1枚、下の画像はどなたかのブログでアップした画像と思われます。(拝借、お許しを。)

25b5c7ccdb494349a40661fa37cbcc30

沖せいらのボールは2番目の画像で、右1つめのバンカー寄り、ぎりぎりに乗ったという感じ。小祝さくらのボールはグリーンと手前の池の間のラフ。どう見てもいくらも距離がないでしょ。

遠くの人からプレーするというルールはグリーン上でも、グリーン外でも関係なく距離でいうわけだから、沖さんのパットが先だったと思うのだけど、なんで小祝さんが先にチップしたのだろう?解説者も何も言わなかった。

これはアマチュアではよくやる誤解で、グリーンに乗ってないからと距離が近くても先に打つ人が多いが(わたしはそんな時、正しくはこうですとルールを主張しない。同伴者の誰かが指摘したのに、先に打った人が信用しなかったら、指摘したことに同意を言う)、あんまりこれをやられると、わたしのほうが勘違いかと不安になる。(爆)

川崎国際で回ったときも、同伴者のうちの二人がそれぞれ別なホールで、「グリーンに乗ってないから、◯◯さんが先」と言い、キャディーさんも同調した。わたしは何も言わず、黙認。

これを書くにあたって、今一度USGAのルールを再確認した。(ちなみに、親しみやすさをアピールするためかUSGAのウェブサイトが激変しており、ルールもどこに書いてあるか見つけるのにさえ苦労した。極端すぎる・・笑)

引用する。

“10-2 Stroke Play

b. During Play of Hole
the farthest from the hole is played first.”

これも簡単すぎる。(爆) 「ホールに遠い人から最初に打つ」って書いてあるでしょ。

ここら辺、もし読んでおられましたらクラブの競技ルール委員をやっておられた、half36さんにご教授願えたら嬉しいです。(外国にゴルフ旅行中なのに、わたしのブログを読む暇があるわけない・・笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

«郷に入れば郷に従え・・?

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ